Hang Tough
ジェフが好き、旅行も好き、仕事もがんばろう、うん。
プロフィール

khou

Author:khou
本好き、旅行好き。
でもここ数年、ずっと旅行に行けてない・・。

twitter、はじめてみました。

@khou_hangtough



ジェフ千葉_試合情報



ジェフ千葉_試合日程



最近の記事



月別アーカイブ



カテゴリー



ブログ内検索



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

3-0の完封勝利!・・・ストやん不在も中島/水本が奮闘!
今日の試合は3-0の完封勝利!
その内容はいろいろ解釈の幅がありそうだけれど、「完封勝利」を素直に喜ぼう!
(J's GOAL)(ジェフ公式)

今日の試合、なんたって驚いたのはストヤノフの不在。試合前のスタメンメールでは名前があったのに、実際にピッチに立ったのは中島浩司!よってDFラインは斉藤/中島/水本という構成。
正直、一抹の不安。その一方で、水本や中島の活躍に期待もしつつ。
(斉藤のパフォーマンスいは信用できるからね)

今日は、そんなジェフを攻撃陣が引っ張る。
12分:巻のポストプレイから、羽生が個人技でゴールを落とす。
35分:大分DF陣のミスで流れたボールを拾った山岸。スクリーンプレイから勇人が一撃。
54分:巻と羽生が敵PA陣内に切れ込、PK奪取。そのPKを、阿部が沈め、トドメ。
これで3-0。

ここから、今日はふんばった!FC東京戦や広島戦のように自滅せず、最後のところで崩れるずに守りきった。確かに偶然に助けられたラッキーなシーンもあったし、大分のミスに救われたところもあった。でも結果は3-0、とにもかくにも完封勝利。

巻/阿部/羽生・・彼らはよりたくましくなり、勇人は復調。山岸は今シーズンの好調を維持し、クルプニは試合ごとにピッチの上で自分の居場所を確立している。楽山も途中出場でチャレンジすることができた。

そして・・
5月3日(水):Home浦和戦。
5月6日(土):Away横浜FM戦。
W杯中断の前、連戦のクライマックスは、浦和/横浜FMと、強豪との二連戦が待っている。

がんばれ!



===<ジェフクラ:敗戦!>===
大分戦に先駆け、秋津で行われたジェフクラxFC刈谷の試合は、1-3で敗戦・・・。
(JFL公式)(ジェフ公式)

見にいけなかったのでどんな試合かわかんないなー・・・と思っていたら、「Dog's Tail」さんにレポートが!

読むと、厳しい中でもがんばって戦っていたような印象です。
しかし川上が途中出場できたのは嬉しい限り。
安里ももちろん、市原や中牧も、みんながんばれ!
スポンサーサイト

テーマ:ジェフユナイテッド市原・千葉 - ジャンル:スポーツ

大分戦!・・・今までは7勝3分
ちょっと過去の記録を調べてみたのですが、大分との初対戦は2000年のナビスコカップ予選。当時J2だった大分とぶつかって、2-2の引き分け。得点はジェフが寿人とブルカ(!)。ナビスコ予選で次にぶつかった時は3-1。林の2発と寿人のゴールでした。

それから今まで、まだジェフは大分に負けたことがない。

興味深いのは、あのマグノに点を取られていないこと。
さらに水本にとっては、2004年6月20日にJ1デビューした相手であり、2005年4月9日、開始10分で下げられた相手でもある。

結城がナビスコの一発レッドで試合に出れないのだから、水本にとってはココがかなりの肝どころ。

勝ちたいなぁ・・!
(いつもの半分以下の文章量ですが、今日は眠いのでここまでっ)
(つか、いつもこれくらいにまとめろ・・という話も)

テーマ:ジェフユナイテッド市原・千葉 - ジャンル:スポーツ

ナビスコ広島戦は4-3、自縄自縛。・・・U-19青木も0-2で敗戦。
なんだ?なにがあったんだ?

2分:坂本が先制、5分:巻が追加点、26分:巻の2発目、34分:勇人の復活弾。
これで、前半終了時には4-0。
これならいけるだろ、今日はもう楽勝だろ。こーゆー展開なのにベンチに韻とか松ヶ枝とか伊藤がいないなんて、もったいないよなー。
・・・そう思っていたのに。

47分:結城、退場。
48分:盛田、反撃弾。4-1。
61分:森崎、追撃。4-2。
86分:盛田、肉薄。4-3。

終わってみれば、4-3という1点差・・・これって、どーゆーことよっ!?
(J's GOAL)(Jリーグ公式)

後半には1本もシュートを打てなくて!
シュート数は7-10。コーナーキックも1-7。フリーキックは14-17。
記録を見ても、前半だけで4点を取ったとはとうてい思えない数字が残っている。それだけ後半は広島に押し込まれていたのだろう。見てないけれど、想像だけど、「同点にされず、なんとか逃げ切れてよかった」そんな試合だったんじゃないか。

・・・前半で4点も取ってるのに、なんでそうなるんだ?
審判がどうこうっていうのは、とりあえずどうでもいいや。結城が一発レッドで1点を返された、それもまぁ、実際がどうだか見てないけれど、とりあえず置いておこう。

問題は。
なんで4点もリードしているのに、落ち着いて試合を支配できないんだ?一人少なくなって1点返されたって、それでもまだ3点もリードしてるのに、自滅。どうしてそんな展開になっちゃうんだ?自らメンタルの陥穽に落ち込んでしまって、自分で自分のできる事を縛ってしまって・・・どうしてそうなるんだ?


ナビスコに優勝しても、選手たちにはまだどこか「怯え」があるのか?
もういいよ、もうそろそろ、自分たちが「戦える」という事に確たる自信を持とうよ。
ジェフは「チャレンジャー」である事に変わりはないけれど、でも、もうオレらは「負け犬」じゃない。

自分たちで自分たちに自信がもてない限り、明日にだって、すぐまた「負け犬」に戻ってしまうよ?

背伸びしてればいつかは中身が追いつくんだ。
そのかわり背伸びをしつづけなくちゃならない。
本当は背が高いのに、自分は背が低いって思って腰を屈めていれば、いつしか肩もすくんで背中も丸くなって、本当に小さくなってしまうんだ。

胸を張って、頭を上げて・・・自信をもとうよ!



===<青木、中国で0-2、敗戦!>===
トップチームがアタフタと試合している一方で、中国に遠征していた日本U-19。今日の中国との親善試合で、0-2。負けてしまいました・・・。
(監督コメント:J's GOAL)(選手コメント:J's GOAL)

ココとかココとかココとか・・・なんだか日本よりずっと向こうは盛り上がってますな。『抗日』『反日』教育も背景にあるんでしょうが、その気持ちは想像がつきます(笑)
中国U-19代表の監督は、賈秀全。その昔はG大阪に所属し、初めての中国人Jリーガー。その当時の事も、ちょこっと記事になってたりしてます(コチラ)
漢字から意味やニュアンスを解釈するしかないけれど、実際はなんて書いてあるんだろう・・・。

で。
そのU-19の試合なんですが、どうやら内容的にもかなり苦戦した模様。

ゴール数(入球):0-2
シュート数(射扉次数):7-11
枠内シュート数(中目標次数):2-3
コーナーキック(角球):4-3
ファウル(犯規):16-8
オフサイド(越位):2-1
イエローカード(黄牌):0-1
レッドカード(紅牌):0-0
(コチラの記事から)

青木孝太、フル出場とはいえ、点はとれず。
サポの目線かもしれないが、Awayの経験を糧にして、これでめげず、代表というチャンスがある限り、がんばってほしい!


テーマ:ジェフユナイテッド市原・千葉 - ジャンル:スポーツ

ナビスコ第3節・・・広島戦!
これはジェフサポのblogです♪
ついでに仕事の愚痴と旅行ネタとテキトーに思いついた事を書くblogです。
・・・ちょっと二日連続で甲府ネタが続いたけどね(笑)


そのジェフですが、今日はナビスコカップ予選リーグ第3節、広島戦です。そもそも予選リーグの第1節が広島戦で、その時は2-1(J's GOAL)。この試合前後を境に、ジェフは自分たちのリズムを取り戻してきました。・・ある意味、契機となった試合です。その広島と、早くも今シーズン2戦目。

このJ's GOALのプレビュー(コチラ)によると、広島はディフェンスの立て直しをまず目下の課題としているそう。さらに、起用のチャンスに恵まれなかった選手たちをこの試合に投入する事も、可能性濃厚だそうです。今まで出場できなかった選手たちは、きっとチームの試合を見ていて忸怩たる思いだったでしょう。厳しいチーム状況。その中で、何も出来ない悔しさ、歯がゆさ。試合への飢え。それらが高いモチベーションとなって噛み合えば、今日の広島は、かなり手強いチームなると思われます。・・・TOTOの格言で、「監督が変わったばかりのチームは買い」って言うらしいですしね。

対するジェフは、水野の怪我がもう少し長引きそうですが、勇人や結城も復活。ストやんも出場停止が解け、ハースもそろそろ戦列復帰しそう。となれば組もうと思えばほとんどベストメンバーが組めるという状態です。そしてオシム監督の今までを考えれば、ナビスコの予選だからといってメンバーを落とすことは考えづらい。巻や阿部や羽生といった、彼ら、代わりの利かない選手たちがそのまま試合に投入されるでしょう。週末のリーグのために戦力を温存・・・という事、ないでしょうね(笑)

だからこそ。
いつものメンバーに加えて、ベンチに誰が入るのか?
そして選手交代によって、ベンチの誰が出場チャンスを手に入れられるのか?
その点が凄く気になります。

工藤や楽山は?新人の韻や伊藤は?松ヶ枝や藤田やトンスは?
・・・『3-1でジェフがリードしている75分、そこに韻を投入。しかも初出場で初ゴール!』(以上、想像)・・・なんて事になったら、もう、狂喜乱舞なんですけどね♪
(新人や若手の台頭・・・というシチュエーションにすげー燃えるのです)


とか、勝手に自分の希望でキャーキャー言ってますが、ナビスコ予選リーグの突破のための、重要な試合です。今日勝てば、予選リーグ1位突破に王手をかけると同時に、2位突破の可能性もかなり高いものとします。まずは地に足をつけて、予選リーグ突破目指して、Away広島戦、きちっと戦ってもらえれば嬉しいな・・・と。

19:00、キックオフ!




===<ジェフクラ、2勝目!>===
JFLに初参戦し、苦戦の続くジェフクラ。
川渕や田中に続いて、安里と川上も新規に加入しましたが、JFL残留を目指した厳しい戦いが続きます。そのジェフクラが、この前の4月23日(日)、Awayでホンダロックに3-0と快勝。今シーズン2勝目をあげました!
(JFL公式:PDF)(ホンダロック)

得点は、樋口と柏崎!ジェフクラの11番と10番を背負う二人が活躍!しかも失点の多かった守備陣も、この日は無失点に抑える奮闘ぶり!これで順位も10位まで浮上して、再び自動降格ラインを上回る事ができました。

・・・初めてJFLで戦うジェフクラは、試合のたびに、いろいろと慌ててしまったり、戸惑ってしまうでしょう。遠征するにしても初めていく土地でしょうし、戦う相手も初顔合わせ。今までよりも上位のリーグですから、簡単に勝てるわけもない。去年からメンバーの入れ替わりもある上に、さらにトップチームから加入してくる選手たちもいる。
そう考えると、ジェフクラの現場で実務をまかなっているスタッフたちや、ピッチで戦う選手たちは、「JFLで戦う」、それだけで必死なんだろうなって思います。今はもうJFLを体当たりで経験する事が一番重要。その肌身で味わった貴重な経験を次につなげていくためにも、今年はなんとしてでも残留してほしいっ!

トップチームから加入した選手も、ジェフクラといっしょに戦ってきた選手たちも、みんながんばれ!


テーマ:ジェフユナイテッド市原・千葉 - ジャンル:スポーツ

甲府x横浜FM、写真など
日曜日の甲府x横浜FM戦。
ひとつ、自分の事ながら面白かったのは、「写真を撮る余裕があった」という事です。いつもジェフの試合を見に行くときはそんな余裕なんてなく、ひたすらピッチを凝視してしまうのですが、ジェフクラや他クラブの時は、どうやら多少、心に余裕があるみたいで・・・(笑)
とはいえ、甲府戦、かなり甲府に思い入れて見ていたので、試合中の写真はないのですが・・・。


試合後の2チームは、・・・対照的な結果に。
throwin.jpg end01.jpg end02.jpg


甲府の選手達、めっちゃ嬉しそう♪勝った試合のスコアボードって、嬉しくてついついニマニマ見てしまいません?(オレはそう 笑)
つかビジュ。試合が終わったときには、その勝利にピッチを叩いて何か叫んでいたのがかっこよかった。それだけ気持ちがはいっていたんだな、と。で、その反動か、この客席挨拶のときには両手を振ってなんだか踊ってたのが可愛い♪その陽気さは、やはりブラジルの血か?(笑)
10.jpg walk.jpg back02.jpg



んでもって、バレーのバンザイ煽り♪・・・これって「ぉぉぉぉおお・・・・・・わーっ!」って感じに、お客もノっていたので、毎回の恒例なのかな?ジェフでいうとこの、でんぐりや、ハースのバンザイ煽りみたいなもの?
bare01.jpg bare02.jpg


そして、煽ったあとにガッツポーズしながら、メチャクチャ笑顔なバレー。最後まで客席に笑顔で手を振って下がっていく。いい人だぁ・・・(笑)
bare03.jpg bare04.jpg


ということで、1-0の勝利。
かっこよかったぞーっ!
win.jpg




おまけ:
ゴール裏の最前線、子供が20~30人も鈴なりになって試合にワーワーキャーキャー言っていたのですが、そのうちの一人が持っていたフラッグ。
kannu.jpg

・・・なぜ、関羽????
「蒼天已死」の蒼を横浜FMにひっかけているのか!?
それだったら、甲府の青がベースじゃないかっ。
なんでだ、なんでなんだーっ・・・!!
と、すげー気になってしまいました(笑)


ご相談:
選手の肖像権や一般のお客様のプライバシー等、掲載した写真に何かしら問題があるようでしたらコメント等、ご一報いただけますと幸いです。ご連絡を確認しだい、すぐに削除いたします。ヴァンフォーレ甲府や甲府サポの皆様にご迷惑をおかけする意図はございませんので、なにとぞよろしくお願いいたします。

テーマ:ジェフユナイテッド市原・千葉 - ジャンル:スポーツ

おとぎ話のように甲府は戦う。
昨日は甲府x横浜FMの試合を見に、レンタカーを借りて山梨県へ。

結果は1-0(J's GOAL)で甲府の勝利!
ジェフサポとしてはオミがすげーがんばってたのがとても嬉しい♪(ここ最近は不調だったみたいだし)さらに倉貫や石原やバレー、彼らは必死でピッチ上を駆け回って、横浜FMに立ち向かっていた。

確かに横浜FMの選手たちはうまいし、強い。
甲府を卑下するわけじゃないけれど、クラブの規模や歴史や選手層や、いろんな意味で横浜FMはやはり格が違う。しかしサッカーは格で決まるわけじゃない。甲府の選手たちは、なんだか、泣けてくるくらいにひたむきで、意地をはって、一途にプレイしていた。この試合に勝つ事だけを考えていたように思えた。その一途なプレイは、後半ロスタイムに奇跡のように結実する。

・・・後半ロスタイム、横浜FMのパワープレイを必死で防いでビジュがボールを奪う。オレは、ビジュがそのままぽーんって蹴り上げてクリア、そしてホイッスルが鳴ると思った。引き分けだね、強豪相手に善戦したね、・・・そうなると思ってた。
でも、ビジュはそのままドリブル。甲府のゴール裏で見ていたオレにとっては、遠いピッチの向こうから、まさにオレらに向かって必死にビジュが走ってくる姿が見えた。がまんできずに後ろからマグロンがファウル、そしてFK。思わず、オレも甲府サポといっしょに叫んでしまう。

ビジュから石原にボールが出る。ライン際、甲府の誰か(藤田?)が石原を追い越し、その動きに横浜FMの那須がつられてしまう。プレッシャーのなくなった石原が、ゴール前に最後のクロス。そこにはさっきまで自陣で体を張っていた甲府のCB秋本がいた。ジャンプしてヘディングを狙うが、しかし秋本の頭はボールにあわない。さらにすぐ後ろの堀井もボールには遠い。甲府の二人を通り過ぎて、ボールが流れる。

そこにバレーがいた。

バウンドしたボールに頭をあわせて、丁寧にゴールマウスにプレゼント。記録上は89分・・・けれど映像で見返すと後半47分32秒だった。
ホントのホントの最後のプレイ。
まるで出来すぎた映画やマンガのような、甲府のゴールだった。


帰り道。
夜の中央道で眠らないよう、眠気覚ましにいろいろ話してみる。

「甲府の選手たちは、きっと、このメンバーで今年限りだってわかってるんだよね、来年はこうじゃないって。だからあれだけ一途なのかもね」
そうだね。
「来年は、バレーか誰か、他のチームに移籍しちゃうよね」
今年はバレー残ってくれたけど、・・・来年はどうだろうな。
「倉貫クンは残りそうだけど・・・」
でも、きっと誰かは移籍するよ。給料とか環境とか、ステップアップとか、いろいろあるだろうし。
「だから、みんなひたむきなんだよね」
きっとそうだね。
「・・・今日の試合、勝ってよかったね。最多動員だったしね」
ジェフサポ含む・・・だけどな(笑)


間違いなく、来年の甲府は今年と違う。
みんな年を取るし、選手は移籍するし、サポもスポンサーも他クラブも変わっていく。
シーズンが変わるたびに、甲府は他のクラブ以上にいろんな変化を迎えなければいけないだろう。
だから、大木監督と選手たちは、今だけの甲府のサッカーをしている。

2006年・・・甲府というクラブがJ1で戦っている。
そんな、おとぎ話。



===<おまけ:ついでに観光も♪>===
やはり甲府に行くからには「ほうとう食べたい」「ワイン飲みたい」「信玄見たい」・・・というのもあるわけで(笑)なので、15:00のキックオフ前にいろいろ周ろうと思って朝8:00出発。深夜2:30ごろに寝て7:00起床だったのと、先週は実質徹夜の日があったので、体の芯がマジ眠い・・・。

眠気に負けじと、口の中で頬っぺた噛んでみたり、PAで2度程うたた寝したりしながら、無事に甲府に到着。
まずは武田神社へ。入り口の手水舎に、算額が奉納されててちょっとびっくり。算額って初めて見たよ。有名な「和算の館」を見たら、全国算額案内にちゃんと武田神社があったのね。ふむ・・・。
続いて20kmほど離れた恵林寺(信玄の菩提寺)に。庭がすごく綺麗。境内を清流が流れてて、夢窓国師の造った庭園も見事。武田信玄のお墓もそうだけど、空気が凛としてて気持ちいい。
などと、観光したところで小瀬スポーツ公園へ。

・・・名物の焼き鳥。ここで食べるとめちゃくちゃ美味しかった!車だったのでビール飲めなかったけど、これならまた食べたい(笑)惜しいのは塩味が売り切れだったこと。

20060423140627.jpg

スタジアムでビールを飲まなかったのは生まれて初めてでした(笑)

テーマ:ジェフユナイテッド市原・千葉 - ジャンル:スポーツ

勝てなかった磐田戦(それもまた勝負の綾)・・・で、明日は甲府を見に行きます♪
ぬぉぉぉぉっ、勝てなかった!
「負けなくてよかった」というのが試合が終わった時に真っ先に思ったことだけど、でも思い返せば思い返すほど、「勝てなかった」のが悔しい!

===
つかさ、あの前半の巻のゴールはオフサイドじゃないぞ!
巻がボールを競り合うたびに、背中から磐田DFに圧し掛かられても巻のファウルってなんでだ!?
そもそも、ファウル取りすぎ!今年のレフェリング基準、ちゃんとわかってるか!?
===
・・・などと、審判に言いたいことは多々ありますが、誤審もサッカー、それはそれとしましょう(笑)
悔しいなぁ・・・と思うのは次の点です。

1:試合後半、ジェフの中盤がぽっかり。
開いた中盤を福西や成岡に使われて、そこから両サイドを攻め立てられた。前半は、単純なサイド攻撃だけだったので、怖くはなかったんだが・・・。

2:勇人が「いつもの勇人」じゃなかった。
怪我あがり故、しょーがないとは思うけど、あそこまで試合に入れなかった事にちょっとおどろき。

3:気持ちをこもった阿部のプレイ。やはり勝ってほしかった。
ピッチに出てくる前から表情が今までと違っていた。一時期、あれだけ元気が無かった阿部だけど、どうにか復調してきたようでとても嬉しく思います。だからこそ、勝ってほしかったんだどね。。

4:楽山や水本、気合が入ってた。
それぞれ、ベンチ入りやスタメンの当落線上にいるこの二人。共に前回よりも気合の入ったプレイ。特に水本は、正面からの1対1ではほとんど負けなかったはず。ガチな1対1になる前のタイミングで、時々マークをはずしていたけどね。それから楽山、左サイドの突破からペナルティエリアの手前を中央に切れ込むプレイが素敵♪楽山の課題は、とにかく周囲から信頼される事かな・・・。

5:クルプニのガス欠と選手交代
残り3分でのハース投入って、さすがに短すぎか?(苦笑)
それからクルプニ。一試合ごとに良くなってきてる。特に前半終盤は大活躍!しかし後半に入ってから急にガス欠。上手さでカバーしてるんだけど・・・。もちろん、選手交代なんて結果論だし、交代させづらい展開だったとは思うから、「うぅぅん?」と疑問に思うだけなんですけどね。


とまぁ、こうやって思い返せば、やはりますます悔しくなるわけです。
勝てたよなぁ・・・。

でも同じことは磐田にも言えるわけで。
前半、成岡の決定機は立石がファインセーブ。後半、何度も何度もビッグチャンスを作るけど、またまた立石のファインセーブや磐田自身がシュートミス。「磐田が外してくれて、助かったぁ・・・」というのも正直な感想です。
つまりはどちらが勝ってもおかしくなかったな、と。

いい試合、おもしろい試合、そういうのとはちょっと違う試合だったけれども、なんていうか、どちらのチームも腹をくくって戦っていたと思います。
少なくともジェフは、最後まで踏みとどまるべきトコロで踏ん張って、集中力も気持ちも切らさず、崩れずにがんばっていたと。「ある意味」では、前節のFC東京戦よりも「良かった試合」だと考えることもできると思います。

浮かれず、慌てず、悪いときは悪いなりに、地に足をつけて戦った試合だったんじゃないかと。


だからこそ、勝てなかった事がよけいに悔しい・・!!
だんだんリーグ順位が、上位/中位/下位にそれぞれ分かれてきたけれど、流れはつかみつつあるのだから、一試合一試合を覚悟を決めてがんばってほしいと思います!

次はAway大分戦!!!



===<今日の審判のこと>===
笛、吹き過ぎ!
いっつもいっつも思うけど、オレらは、お前ら審判を見るためにスタジアムに行くわけじゃない。プレイを止めるな。お前らがゲームを壊すな。でしゃばるな。

試合の流れは選手たちが作るんだ。お前ら審判が作るわけじゃない。
審判はあくまでも黒子なんだよ。



===<ジェフクラ:Awayホンダロック戦!>===
安里と川上が参戦したジェフクラ。
明日、生目の杜運動公園でと戦います!

そのホンダロックの公式HPはコチラ
生目の杜運動公園というのはコチラ(週間JFLニュースさん:スタジアムガイド)

この試合に安里と川上の出場はあるのか。
2試合連続ゴールの川渕は、また点を獲ることができるのか。
そして厳しい戦いが続くジェフクラは、この試合に勝てるのか。

13:00キックオフです!



===<甲府x横浜FM>===
で。
明日は山梨県は甲府市まで、甲府x横浜FM戦を見に行ってきます(笑)

いえ、ウチの相方である奥さんが、甲府をかなり好きになってしまいまして。
というのも・・・、柏との入替戦やそれまでの経緯に感情移入してしまったらしく。さらに某掲示板の某AAスレで知った有名Flashを見て、ボロボロ泣いちゃったり、バレーや大木監督や倉貫がカッコイイ!!とか、そんな感じです(笑)

あと、甲府に行けば、ほうとうが食べられる!ワイナリーに行ける!という理由もありまして。
明日、レンタカー借りて、甲府までドライブがてら行ってきます♪

オシム監督も大好きな甲府のサッカー、それが横浜FMにどこまで通用するのか。
Homeで金星を挙げるのか、それとも潰されるのか。
ジェフ以外のクラブ同士の試合を、スタジアムで観戦というのも、そう滅多にないので、なかなかワクワクしてたりします(笑)

テーマ:ジェフユナイテッド市原・千葉 - ジャンル:スポーツ

今日は磐田戦!
今日は磐田戦ですよ?磐田戦。
オレ自身としては、去年一年間で2勝2分・・・ナビスコ準々決勝で打ち破った事、なんといっても万の思いでぶつかったあの4月13日の試合で勝った事、これをもって雪辱を果たした気持ちです。なので去年のように「入れ込む」事はないんですが・・・。

でもねぇ・・・。

やっぱり負けてなるものか。


という事で今日の試合、気になるのは、次のとおり。
・ハースと勇人、戦列復帰なるか?
・羽生とクルプニの二人、同時に起用されるのか?
・ストやん不在のディフェンス陣は?

そして、起用が続く楽山や、今シーズンあまりまだ出番のない工藤、おそらくハースの代わりに出てくるだろう要田、彼らがどのように起用されるのかも気になるところです。

対する磐田。太田/菊地/前田、そういう若手たちが怖い。菊地の出場は微妙だとしても、特に前田は去年のフクアリでも点を決められたし嫌な印象があります(苦笑)あの試合、後半から登場した前田がボールがキープ。それを拠点にMF陣が前に上がりだし、ジェフが押し込まれ、結果、同点に追いつかれてしまったという印象。

前田に何度もやられるわけにはいかないし、徐々にチームの歯車が噛み合いだした流れを止めるわけにもいかない。

34試合のリーグ戦、34分の1ではあるけれど、「流れ」という意味ではここは踏ん張りどころ。

がんばれ!



===<メディア情報>===
「J1:第9節 千葉 vs 磐田 プレビュー」(J's GOAL)
公式戦3連勝で波に乗ってきた千葉。磐田との熾烈な中盤の攻防を制して、上位浮上を狙う。

【千葉側】
・「千葉は異例の連休でリフレッシュ成功」(ニッカン)
・「右太もも負傷から復帰の千葉結城が先制点」(ニッカン)
・「連勝中の千葉阿部”いいムード続ける”」(ニッカン)
・「千葉は因縁の磐田戦へヒートアップ」(ニッカン)
・「巻“御前弾”へ仲間もバックアップ」(スポニチ)
・「”巻”弾ジーコ監督に見せつける」(報知)

【磐田側】
・「磐田は苦手千葉戦”すきをつくらない”」(ニッカン)
・「磐田MF菊地、復帰へ前向き」(ニッカン)
・「磐田MF太田が紅白戦で2得点に絡む活躍」(ニッカン)
・「磐田MF村井、紅白戦主力組で前後半奮闘」(ニッカン)
・「天敵打破へ…川口&田中“日本代表守備陣”で千葉・巻封じ」(サンスポ)
・「磐田DF田中、巻封じだ」(ニッカン)
・「磐田は鬼門の千葉戦を浮上の足がかりに」(ニッカン)



===<おまけ>===
磐田の菊地って、菊「池」じゃなくて、菊「地」なんだよね。
地元での知り合いに菊池さんがいまして。そのせいで、キクチという姓は「菊池」と書くのだとずっと思っていたのです。「菊地」という書き方もあるんだなー、と知ったのは、「武王の門」(北方謙三)を読んでから。いや、菊地武光がめちゃくちゃかっこいいのですよ!!!

ちょっと調べてみたら、由来の神社なんかもあるんですね(福岡県久留米市:宮の陣神社)。菊地武光と征西将軍宮懐良親王が、少弐縁頼尚と決戦を繰り広げた「大保原の合戦」。その懐良親王が手植えしたといわれる「将軍梅」なんかもあるそうな。
ココ(龍造寺氏-龍造寺氏の歴史)とかココ(矢部村の歴史:歴史の脚光を浴びた中世の矢部)でも、その南北朝の動乱時代における九州の様子が書かれてて、おもしろかったりします。

テーマ:ジェフユナイテッド市原・千葉 - ジャンル:スポーツ

松本、トップ契約!・・・そして安里と川上はジェフクラ加入!
今日は異常なくらい早く帰ってきたので、とりあえず、さっそく書いてみます(笑)
ジェフの生命線は逸材発掘、そして若手育成!・・・という事で、動きが二つ。


===<陸上 末続の従弟、松本がトップ契約!>===
今まではジェフクラでの契約だった松本憲。懸案だった腰の負傷も癒えた事を受け、トップチームでの契約が決定しました!
(ニッカン)(J's GOAL)(ジェフ公式)

松本、陸上200メートルで世界陸上銅メダルの末続選手の従弟というだけあって、なんと50メートル5秒台だそうな!(足ハヤッ)ジェフクラの試合や練習試合を見た人が、掲示板の書き込んだ内容を読むと「あまりそうは感じない」っぽいけれど、それって試合において瞬発力/敏捷性をまだ生かしきれていないということなんだと思う。となれば、「先を読む力」「瞬間の判断力」「試合勘」・・・それらを磨く必要があるんだろうなぁ・・・。

それと、ちょっと前のエントリーですが、コチラ(「それでも人生は続く」さん)に、2005年6月、松本がジェフの練習に参加したときの情報がありました(エントリー自体は今年1月のです)。
当時はFWだったみたいですが、それを読むと刺さるのは二つ。
一つは「流通経済大との練習試合、中盤を切り裂いて独走」したという事。
さらには、ジェフスカウトの要:昼田強化部長と、坂本隊長がそのスピードを絶賛しているという事。
実際に練習試合を通してこの二人が注目しているという事は、単なるスプリントのスピードではなく、サッカーとしてのスピードが優れているという事だと思うので、やはり、逸材であるのは間違いないんだと思います。

ジェフクラで4試合に出場したという事をベースに、さらにトップチームで揉まれて、伸びていってほしいと思います!

・・・でもですね。
なんだかんだと書きましたが、これらの記事でオレが一番心に残ったのは「膝から下が長い」という事。・・・胴長短足のオレとしては、めちゃくちゃうらやましいっ!
チクショウ、それで活躍しなかったら、ヤジるぞ?


===<安里/川上、ジェフクラへ!>===
そして松本のトップ昇格と入れ違いに、安里と川上がジェフクラに参戦。
(J's GOAL)(ジェフ公式)

一度だけとはいえ、実際に見に行った感想から思うのは、ジェフクラに参戦するっていう事は、絶対に、「期待されている」選手だという事。決して、「降格」として送り出されているとは思えない。

「いいモノはある」、でも「J1で戦うには足りない」。そういう選手達が、実戦で叩かれて揉まれて鍛えられるために、ジェフクラに参戦するのだと思う。だからこそ、この二人にはがんばってほしい。
それに、今のジェフクラはどうにもディフェンスがうまくいっていない印象。安里と川上の二人が参戦して、ジェフクラのディフェンスを立て直したら・・・それは、スキルだけじゃなくて、メンタルや「経験」という点から計り知れないとても大切な事を学べるはず。
それに、早速、今週末のJFL前期第6節 ホンダロック戦から出場できるそうなので、ぜひ「ガチなリーグ戦」を戦ってほしい。

安里、川上・・・期待してます!



===<ジェフの営業活動>===
スポンサーをとってくる、というような営業はちょっとわかりませんが、「ほほぅ?」と思ったのがこれ。

千葉市中央商店街「春まつり2006」にジェフィとユニティが参加!
千葉市中央区の商店街のイベントに、ジェフィとユニティが参加。しかもジェフグッズ販売ブースを出店するそうです。
(J's GOAL)(ジェフ公式)

市原市をホームタウンとしてたジェフは、千葉市にも広域化しました。
ホームタウンとの結びつきは、ビジネスと理念、どちらから考えてもホームタウンとの結びつき強化は必須項目。
こういう活動はもっと強化してほしいなぁ・・・と思います。

それから、こういう情報って、もっと積極的に発信してほしいと思います。自分は千葉県に一度も住んだ事がないので「地元の感覚」は無いのですが、千葉ならではの情報メディア(地方紙?フリーペーパー?)にも、積極的に発信していってほしい。
そしてこういう活動をとおして、地元の千葉県経済との連携をもっと強化していってくれれば、と。


選手だけじゃなく。
営業や広報も、・・・がんばれ!

テーマ:ジェフユナイテッド市原・千葉 - ジャンル:スポーツ

ハワイ:ワイキキビーチの汚染
ちょっといつものサッカー話とは違うけど・・・。
どうやらハワイの海岸が大変な事になってる?なってた?みたいです。


「ハワイを震撼させたニュース! 」(965*Cafe@viva-hawaiiさん)

これ、4月10日付けのエントリー。
要は大雨でどうしようもなくなった下水(処理前)が、大量にハワイの運河&海岸に流れ込んだという事です。

ちょっと調べてみると・・・

「ワイキキビーチ閉鎖」(本当は怖いハワイさん)
「4月その1「突然ですがアラワイ水質調査」」(モーハワイ★コムさん)
とか。
「Sewage spill forces Waikiki beach closures」(MSBC)
「Sewage creates PR stink」(Star★Bulletin)

そして先の「965*Cafe@viva-hawaii」さんが書いてた事件の記事も。
「'Horrible, horrible death' by infection 」(The Honolulu Advertiser)


これ、現地の人は大変だろうなぁ・・・。
観光産業としても、普通にそこに住む人の暮らしとしても、かなりつらいニュースだと思います。


中欧の大洪水もそろそろ大丈夫なんだろうか・・・。

テーマ:災害 - ジャンル:海外情報

日本列島・・・経県値!
ジェフサポのblogを巡るのは好きですが、ジェフだけじゃなくて、他クラブのサポのblogをふらふら巡るのも、けっこう好きだったりします。というのは、やっぱり全然オレとは見方が違うので、「あのクラブってこうだったんだー」とか、「どこも同じような事、悩んでるのかもなー」とか、「ココと来週あたるんだよな・・・」とか、そんなことをつらつら考えるのが面白かったり。
それに、ジェフサポのblogには絶対無いコメントとかもあるしね、羽生の事を「化け猫」って表現してたりとか(笑)


で、そんな時に便利なのが、めちゃくちゃ有名なリンクサイト二つです。そこでリンク先を飛んで飛んでってやってたら・・・面白い企画を見つけたので、ついつい参加。

それは、C大阪のサポさんのトラックバック企画、経県値マップというものです。これは自分が今まで訪れたり歩いたり、住んだり、・・そんな「県」の経験をスコア化してマッピングするというもの。元ネタのサイトはコチラ(経県さん)で、作成したのは「碧碧亭」さん
(TB企画自体は3月31日なので「今更」ですけどね 笑)


さっそくやってみた結果は・・・こんな塩梅でございます。
score.jpg



こうやってみると、オレ、けっこうあちこち行ってるし、泊まってる。

東北: 東北生まれで一時期東北勤務だったから、北海道/東北が濃いのは当然。
関東: 浪人&大学時代&今と、東京在住故、関東が濃いのは、そんなもんでしょ。
中部: 長野や石川は友達がいるので遊びに行ってるし、新潟も同様。
東海: 名古屋は出張で、静岡は友達つながり。
関西: 大阪は出張、それとウチの相方がめちゃくちゃ京都好きなので。
中国: 広島は修学旅行で、島根と鳥取も出張。
四国: ・・・讃岐うどんと鰹刺身と徳島ラーメンを食べたくて、そのために遊びに行きました(笑)
九州: 福岡に出張だけ。

縁が薄いのは九州だなぁ・・・。
九州は福岡によく出張があるのですが、それ以外はトンと縁が無し。友達が佐賀にいるので「遊びに行こうかな?」とは時々思うのですが、さすがに気軽に行ける距離じゃないし。・・・福岡とか鳥栖の試合を見るのとあわせて行ってみようかな(笑)

「行ったことが無い」と思うと、それだけで行きたくなってしまいます♪


テーマ:ジェフユナイテッド市原・千葉 - ジャンル:スポーツ

マスロバルの事
「監督」・・・というネタを書こうと思って、ココ(広島公式)ココ(C大阪公式)ココ(トルシエ来日)ココ(トニーニョ・セレーゾ辞任)ココ(ジョルジーニョ名監督?)なんかをまとめていたりしたのですが、ふと、とある記事を見つけてしまい、どうしてもそっちのネタを書きたくなってしまいました(笑)

というのは、ネナド・マスロバルの記事。
サッカーライターの宇都宮徹壱の記事ですが、・・・詳細はコチラ。宇都宮さんの文章って、ときどき感傷的過ぎるというか自分に酔ってるというか、はじめに「こういうのをオレは書きたいんだ」という結論ありきというか、ちょっとイタイところが目に付く印象があるのですが、でも、東欧をテーマにした面白い本を書いてくれるので、好きだったりもします。

その宇都宮さんがモンテネグロでマキにあったそうな。

写真で見るマキは、随分と顔がふっくらとしていて、髪の毛も、まぁ、それなりで。時間がたったんだなぁって思ってしまいます。
彼が故郷で「JEF」という名のお店をやっていることは、知ってました。なんだったっけ、サッカーとは関係ない雑誌を読んでて、ビールかワインか、お酒の記事で紹介されてて、それを偶然読んだんだよな。でも、二人の娘さんに日本風の名前を名づけていたとは、知りませんでした。


あまりどうこう書けないんだけれど、なんていうか。
マキがいて、江尻がいて、中西や茶野や山口がいて、さらに酒井や広山がいて、武藤がいて・・・あれって、99年だったっけ?あの頃をどうしても思い出します。カラオケのジョイサウンドでジェフの歌をかけると、前までは昔のジェフの試合シーンが流れてて。そこにマスロバルがいるんです。いれたことなんてなかったのに、ある時ふと「ネタでいれてみるー」っていれてみたら、その映像を見てオレ一人だけ懐かしさに泣きそうになったことがあります(爆)

そんなマキの、記事中の台詞。
===
「去年、ジェフがナビスコカップで優勝したこと。それから、アビスパがJ1に昇格したこと。いずれもインターネットの情報でチェックしていたよ。それくらい、今でも心は日本に向いているんだ。
(中略)
ジェフでプレーしていた時代が、私のキャリアでは最も美しい思い出だね。私のキャリアの中で最も充実していて、しかも最も楽しくプレーできたのは、やっぱりジェフでの5年間だった。それは確信をもっていえるよ」

===


あなたのFKには、いつでもドキドキしました。
ありがとう。

テーマ:ジェフユナイテッド市原・千葉 - ジャンル:スポーツ

青木孝太、ベリンツォーナ国際で優勝!・・・清水のGK武田が大活躍!?
今日は朝イチで商談先に直行だから、いつもより遅い朝・・・・ららら♪
こういうのは妙に得した気分で嬉しいものです(笑)
という事で、気になっているベリンツォーナ国際。決勝戦に臨んだ青木は勝ったかな?とニュースを探してみると・・・。

「news.ch」(コチラ)「Nachrichten.ch」(コチラ)(公式ページは更新なし・・・苦笑)
1-1の同点からPK戦、3-1で、日本・・・優勝です!!
おめでとーーー!!

であれば、どんな試合だったのか?と、これらの新聞を見てみれば、どちらも書いてることが全く一緒です。情報としては「ひとつ」しかありません(笑)なので、レイアウトが読みやすい「news.ch」で、がんばって文字を追いかけてみると・・・。(オレの言語力はツッコミ無用っ!・・間違ってたらゴメンナサイ)

58分:日本、FW森島(C大阪)がPKを蹴るも、敵GKのSommerに止められる!
67分:日本、DF宮路(福岡大)のゴールで先制!
74分:FC Basel、Hartmannのゴールで1-1の同点に追いつく!
(他にも、57分と72分にFC Basel側に何かあったっぽいけど、わからない・・)

そしてPK戦へ。

【一人目】
日本:森島、またもSommerに止められる。(0-0)
FC Basel:GündüzのPKを武田(清水)がセーブ!(0-0)

【二人目】
日本:平間(愛知学院大)、決める。(1-0)
FC Basel:Morganella、二人連続PK失敗!また武田が止めた!(1-0)

【三人目】
日本:小澤(FC東京)、決める。(2-0)
FC Basel:Zambaz、決める。(2-1)

【四人目】
日本:菅田(早稲田大)、外す。(2-1)
FC Basel:RahmenのPK、またまた武田がセーブ!(2-1)

【五人目】
日本:宮路がPKを決め、優勝!!!(3-1)


お互いのGKが大当たり、特に日本のGK武田が大活躍っぽい!!
わざわざ「Takeda hält」って書いてあるって事は、まさに武田がセーブしたのだろう。向こうは向こうで、Sommerが、試合中とPK戦、2回も森島のPKを止める活躍。
・・・一方で、記事の中に一言も「Aoki」が出てこないのが気になります(苦笑)出場した選手もFC Basel側しか書いてないので、そもそも出場したのかどうかもわかりません。少なくとも、怪我してなければいいんだけれど。

青木は日本に戻るなり、息つく間もなく中国遠征(JFA公式)。Awayでの国際試合は、遠征すること自身が貴重な経験になるはずだから、とにかく体には気をつけてがんばってきてほしいものです。


ともあれ、これでこの大会、日本は1996年以来の優勝(コチラ)です。
おめでとう!!!

テーマ:ジェフユナイテッド市原・千葉 - ジャンル:スポーツ

青木、決勝進出!
青木孝太が高校選抜として参加しているベリンツォーナ国際大会(U-19)。まぁ・・・「Selezione Giappone」と書かれてますが、SelezioneはSelection、GiapponeはJapan、そういう事なんでしょうな。「高校選抜」と言われると「えーっ!?」だけど、U-19と言われればちょっと納得。

その高校選抜チームですが、解釈に間違いなければ、なんと決勝進出らしい!!!
前回のエントリーでFC Basileaとの戦いで勝ったほうがグループリーグ勝ち上がりと書きましたが、どうやらそれは間違い(苦笑)
グループAとB、それぞれ上位2チームが勝ちあがって、互い違いに決勝トーナメントを組んだっぽい。で、さらに決勝トーナメントの第1戦は、1-0でFK Stella Rossa Belgradoに勝ったっぽい!(コチラ)(コチラ)

おおおおおっ・・・・しゃ!
こうなった優勝だ!

FK Stella Rossa Belgradoといえば、つまりはZvezda、レッドスター(コチラ)。ここに勝って決勝進出というのは、価値があるなぁ・・・と思うわけです。この年頃って、ちょっとした事でも自信になって、その自信がさらに成長を後押しするはず。「男子三日会わざれば刮目して見よ」なわけですよ。

で、さらに青木。U-19日本代表として中国遠征(コチラ)にも選出決定!
鹿島の内田、柏の柳澤、大分の梅崎や福元、伊藤翔やマイク・ハーフナー。そういった面子とU-19で張り合うためにも、青木にはぜひともここで優勝して、中国遠征に望んでほしいと思います。


がんばれ!

テーマ:ジェフユナイテッド市原・千葉 - ジャンル:スポーツ

巻!巻!クルプニ!、走り始めた3-2・・・さらに青木!乾!ジェフクラ!
前半は完勝!後半はいろんなミスでリズムを失うも、なんとか逃げ切り3-2!

なんといっても、前半は久しぶりにジェフの選手たちがピッチ上を縦横無尽に駆け回っていました。こーゆープレイが「オシム監督のジェフ」の本分のはず。誰が「拠点」になったというよりも、とにかく誰もがボールを持ったら前に走り、パスを受ければシンプルに捌き、自分たちのプレイで試合を自分たちのリズムに染めていく。

うん、ジェフの選手たちが、自分たちを取り戻しつつある印象。走って、パスして、追い越して。そんなワクワク感がピッチ上に戻りつつあります。FC東京の三日前にあったナビスコの対新潟戦。この試合の後半から、それが戻りつつあるような。その局面のプレイに誰もが連動し、人もボールもリズミカルに動いて攻め込むサッカー。今までのオシム監督の3年間が積み重なって今日のプレイになっている。こういうプレイをさらにもっと発展させて、ジェフなりの「トータルサッカー」あ見られるようになればいいな・・・。

そういえば。
録画していたナビスコ新潟戦を見ていて思ったんですが、ジェフが新潟に押し込まれて劣勢だった前半、その新潟のプレイは・・・まさに「2003シーズンのジェフ」を見ているようでした(笑)敵がボールを持ったらすぐにチェックに走り、2人3人で囲んでボールを奪い、そこからの速攻。しかも中盤から二の矢三の矢、激しく飛び出していく。・・・えーと、これはやはり江尻コーチの影響もあるんでしょうか?(笑)

・・・とにかく。
これで公式戦は三連勝。自信とかリズムとかそういうモノが空回りして悪循環になっていたシーズンですが、ようやく地に足をつけて、自分たち自身の居場所に立ち戻りつつあると思います。

まだ心もとないけれど、でも、あともう少し。
結果が背中を押してくれるはずだから、このあとの数試合が、今シーズンのジェフを大きく左右すると思います。

がんばれ!


おまけ:
オシム監督の台詞、・・・社会人として己が姿を省みて反省させていただきます(笑)
「疲労、疲労と言うが、彼らはプロフェッショナルな選手。どちらにしろ練習か試合をやるわけで、ときには練習の方が試合より激しい場合もある。だからこそ、疲れているという言い訳は許されない。こういう場で疲労が溜まっているということは言えない。スタジアムというのは、彼らが仕事をする場所である」



===<青木は!?:ベリンツォーナ国際ユースサッカー大会>===
高校卒業しているのに、「高校選抜」の一員として青木孝太が召集されたこの大会。いまさら高校選抜ってどうなのよ?とは思いますが(笑)でも環境ががらっと変わる「海外」で、しかも日本国内とは常識の異なる敵を相手に、しかもAwayで「日本代表」として戦う・・・そんな経験はぜったい貴重なはず。青木にはこの大会でぜひプレイチャンスをつかんでほしい。

そんな高校選抜ですが、どうやら初戦(対UC Sampdoria戦)を3-1、第二戦(FC Porto戦)を1-0、二連勝を飾った模様。次の相手はFC Basilea。敵も二連勝しており、お互いに「勝ったほうがグループリーグ勝ち上がり」というシチュエーション。こりゃまた、なんとしてでも高校選抜には勝ってほしいものです♪(大会公式ページ)(結果速報)
つか・・・公式ページに、得点者の名前くらい出してくれよ(笑)

なお、大会の行われているベリンツォーナという町ですが、スイス政府観光局公式HP(コチラ)に紹介がありました。アルプスにあって中世の姿をまんま残す城塞都市らしい。地政的にはフランスとイタリアのつなぐアルプス越えルートの拠点だそうな。3つの古城(15世紀モノ!)と町を囲む城壁・・・石畳、石造りのアーチに飾られた回廊、アルプスの急峻な峠。世界遺産に指定されたそうです。

あとあと、なんてったって、コチラ(top)で紹介されているようなローカル鉄道(ココね)なんかは・・・旅行好きにはもうたまりません!(爆)
・・・行ってみたいなぁ・・・・。



===<ユース乾の活躍はいかに!?:モンタギュー国際>===
1戦目、ポルトガル相手に3-1と勝った日本U-16!
2戦目、オウンゴールでコートジボアールに0-1で敗戦!
3戦目、イタリア相手に0-1と敗戦!
(結果はコチラ)

この3試合、結果だけはなんとかわかっても出場選手やその活躍は、ちょっとわかりません。ウチのユース期待の乾。試合に出れたのか出れてないのか・・。気になりますっ!

・・・このモンタギューの大会公式ページはこちら。で、そのモンタギューという町そのものの公式ページはこちら。この中にある、小さな町の小さな市場、それに石畳と石の町並みの夜・・・そんな写真、めちゃくちゃツボです♪



===<ジェフクラ連勝ならず!>===
前節、なんとか初勝利をあげたジェフクラですが、今日の対三菱水島FC戦は1-2と敗戦・・・連勝はなりませんでした。
しかし嬉しいのは、川渕がまたまた得点した!という事。前節の決勝点に続いて、この試合も先制点を奪ったそう。

・・逆転されたという事は、ジェフクラ、守備が安定してないんだろうなぁ・・・。自分が見に行った試合でも、MFとDFとが連動できてなかったし。けれど、この調子でがんばれば、修羅場の経験は必ず今後に生きるはず!

とはいえ。
何はともあれ、今シーズンはJFLに意地でも踏みとどまってくださいまし♪

テーマ:ジェフユナイテッド市原・千葉 - ジャンル:スポーツ

スタメンはどうなるのか!?FC東京戦!!・・・そしてジェフ関連の小話
過密気味の日程のなか、ここ最近、ようやく結果がついてき始めたジェフ。
そんな中、羽生の存在感を思い知らされたり、山岸の頼もしさを実感したり、さらには楽山や水本、工藤といった「準スタメン」にチャンスがあったり・・・少しずつでも前に進もうとする姿があるのは嬉しい限りです。

そして今日は、リーグ戦第8節のFC東京戦、Away。FC東京は監督が変わったばかりだけれども、どうやらホームでの公式戦にはかなりの強さを誇っている(J's GOAL 試合プレビュー)。となれば今日の試合、FC東京は自信と気合、それに上位争いに食い込むための覚悟をもって試合に臨むとおもわれます。それに対してジェフはHomeとかAwayとかよりも、自分自身本来のプレイを取り戻す切欠をつかみつつあるところ。こんな時期はお互い負けられない。

その今日の試合。ハース/水野/勇人/結城、この辺が怪我?体調不良?で出て来れないんじゃないかと予想。出られればそれにこしたことはないけれど、彼らスタメン組が出れない代わりに誰が出てくるのか。

ハース欠場 ⇒ 巻の1トップに羽生とクルプニの2列目。
水野欠場 ⇒ 坂本と山岸の両サイド
勇人欠場 ⇒ ここは中島か。
結城欠場 ⇒ FC東京は2トップのため、こちらも2ストッパーが必要。となれば水本。

期待するのは・・・。こういう素人予想をひっくりかえすようなオシム監督の慧眼があればいいな!!という点。例えば、【巻と要田の2トップでキックオフ、途中からトンスや加藤の登場!】とか、【2ボランチが阿部と坂本で、両サイドが山岸と楽山!】とか。
なんといっても、意味深と言うか底が見えないと言うか、オシム監督の煙に巻くコメントに、まんまと踊らされているのです。

いわく・・・
===
Q:普段、リーグ戦になかなか出られない選手で、今日のプレーで監督が次のリーグ戦のメンバーを決める際に頭を悩ませるような活躍ができたという選手は?
A:その答えはFC東京戦のメンバーを見てくださいということです。
(J's GOAL)

===

さてさて。
今日のスタメンおよびベンチの面子がどうなるか、ワクワクしてしまいます(笑)
スタメン発表は14:00!!
キックオフは16:00!!!!!



===<巻、海外へっ!?>===
ニュースソースはスポニチ・・なのですが、まぁ・・半分以上は記者の作りでしょう(笑)巻がどんなニュアンスで、じっさいに何をしゃべったのかわかりませんけどね(苦笑)
(スポニチ)

とはいえ、巻が海外のトップリーグでプレイして通用するかどうかなんて、オレにはわかりません。けれど「今のジェフ」にとって巻は必要不可欠な、代えの聞かない選手です。
巻が海外に挑戦したいというのであれば、それは笑って応援して送り出してあげたいな・・とは思います。

長くは無い選手生活。
好きなクラブの好きな選手には、悔いの無い時間をすごしてほしいと思います。



===<オシム監督、教授へ!?>===
ニッカンとスポニチに書いてあったこのニュース。
(ニッカン)(スポニチ)

正直、巻が海外挑戦というよりは、現実味があるんじゃないかとは思いますが・・・、W杯中のリーグ中断期間に客員教授・・・やべぇ、めちゃくちゃその講義受けたい。
平日だったら有給とってでも行きたいぞ♪

その場合、やはり通訳は間瀬さんなんだろうか(笑)



===<ナビスコ新潟戦の後、江尻コーチ>===
我らが飯田留美のblogに書いてありましたが、この前のナビスコ新潟戦、終わった後。江尻コーチがミックスゾーンでそのまま待ってくれて、監督や祖母井さんや選手たちと、挨拶したり挨拶したり、そんなシーンがあったそうです。
(飯田留美 公式blog)

選手としてもコーチとしても、ずっとジェフを支えてくれた江尻。今は新潟でがんばっていますが、いつかまた、ジェフに戻ってきてくれれば・・・って思います。
選手時代、とても大好きだったんだよね(笑)

がんばれ!

テーマ:ジェフユナイテッド市原・千葉 - ジャンル:スポーツ

ウィンナーで思い出した(笑)・・・ローレライの町に行った事。
ちょいっと今日はジェフから離れて、旅行の話。

・・・旅行が好きです。
特に旅行に行って何がしたいというわけじゃなく、とりあえず「どこかに行く」という事、それ自体が好きなのです。よって、行く前から、何するこれするという予定はあまりなく、現地でふらふらしてるだけというのが多いです(笑)

いえね、昔、「あ、オレ、インドに行ったことありますよ」という話をしたときに、上司が・・・「何しに行ったの?」と真顔で聞いてきたのですよ。(えーと、えと、えーと、行ってどうこう・・じゃなくて、行く事、それそのものが楽しいんですがー・・・)と心で思ったのですが、そこで反論してもね、場の空気ってもんがあるし(笑)そういう事を聞いてくるって事は、「行った事無い場所に行く」事自体を面白いとは思ってくれないだろうな・・・と。ひっくり返せば、その上司からすると、オレは結構な時間とお金と労力を無駄にドブに捨ててると思うんだろうな・・・って。
なのでその時はお酒の席というのもあったので、あまりまともに反論せず、「いやいや、インドもおもしろいですよー、こんな事やこんな事があってですねー・・・」と話をつないでしのぎました(笑)


という事で、この前のウィンナーをきっかけに、昔の旅行が思い出されます。オチも何もなく、ただその時に見た光景というか風景だけが、ぱらぱらっとスライドショーみたいに・・・です。


ドイツって、英語が「普通に誰にでも通じる」と本気で思ってたんですよね。確かにベルリンやミュンヘンでは通じました。道を聞いても答えてくれるし、ご飯を食べようと思えば英語のメニューがあるし。

けれど、地方の小さな町に行った時は・・・全く、ダメ。
スーパーのレジのおねーちゃん、買い物ついでに道を聞きたくても、ぜんぜん英語が通じません。それこそ片言も通じなくて、金髪碧眼の可愛い顔で小首を傾げるだけ。
オレの無理矢理な「えんしゅるでぃぐん?(英語でのexcuse me?)」には反応してくれるけど、そこからはもう意思疎通不可能。その時は道を聞くのを諦めてお会計すませて「だんけ しぇーん」。これ、平仮名で書いたとおりに発音しても通じるので、ニコって笑ってくれましたけど(笑)

その町、ライン川沿いの小さなトコなんですが、いわゆる「ローレライ」の伝説の、そのローレライの像がある町なんです。St.Goar(ザンクト ゴア)ではなく、St.Goarhausen(ザンクト ゴアハオゼン)の方です。ローレライの像のほかにはBurg Katzなんかがあったりする小さな町で・・・なんだか小さな町の小さな郵便局が妙に可愛かった事、記憶に残っています。

ざざっと調べてみれば、そのSt.Goarのツーリストインフォメーションはコチラ
他にもココとかココとかココとかココとかココとか、こんな感じの町だと思ってください♪

で、オレはここのユースホテルに泊まったのです。
ドイツのユースホテルというのはとにかく綺麗で設備がよくて、他の国よりもずっといいのですが、この町のユースも例にもれず、すっげー綺麗な宿でした。微妙に季節が繁忙期からずれていたこともあり、オレの他には誰もお客がおらず・・・お宿の家族といっしょに朝食を食べたりしました。・・・あ、やっぱり朝食にもウィンナーは出てきましたよ(笑)

===
オレの「綺麗な宿」という定義ですが、ちゃんとシーツが清潔で、ベッドに寝てもスプリングがちゃんと生きてて、シャワーからお湯が出て、トイレの水がちゃんと流れる・・・という事が判断基準です(笑)一番のポイントは「シャワーからお湯がでるか?」ですな(爆)
===


で。
このライン川沿いの小さな町で何をしたかというと、とりたてて何もしませんでした(笑)

観光地ではあるけど、ものすごく小さくて静かな町をあちこち歩いたり、ローレライの像まで山登り?して、また降りて、川の水でぱちゃぱちゃして呆けてみたり。ぼけー・・・っとしてると、ツアー船やら小船やら、いろんな船が川を下っていったり上っていったり、それをただ見ていたり。
で、ミネラルウォーターを飲んだりチーズを齧ったりしてれば、日もかげり、夕日がライン川を照らしてものすごく綺麗だったりするのです。
中洲から町を見ると、川沿いに立ちならんだ普通の家の後ろが見えて。小さな庭に芝生。ある家にはブランコがあったり、別の家には犬がいたり。・・・あ、子供たちが庭でケンカしてるのも見たな(笑)

そういうの見てるだけで、旅行っていいなー・・・・・・・・・・・・・・・・・・と、心から思います。


あぁぁぁ、脈絡の無い文章。
こういうのを、さらっとまとめて「面白い」文章にするセンスがあればいいのですが、オレにはそんなセンスはありません、すみません(苦笑)

とりあえず、何が言いたいか?というと。
今年もどこか旅行に行きたいぞ、と。
そういう事です(笑)
打ち合いに競り勝ち、ナビスコ予選、2勝目!!
ナビスコ予選リーグ第2戦。対新潟戦は3-2で勝利!
2度も敵にリードを許しても、そのつど追いつき、最後は巻のゴールで逆転!!

【0-1 ⇒ 1-1 ⇒ 1-2 ⇒ 2-2 ⇒ 3-2】
こうですよ!?
今年、まだ調子のあがってこないジェフだから、リードされるたびに「あちゃぁぁぁぁぁ」とか一人心の中で唸ってました(会社だったからね)。特に「2-2」になったときは、・・・絶対このまま2-2だ、引き分けだ、ドロー沼だぁ・・・って(笑)いや、そんなこと思いながら、会社でJ's GOALのリアルタイム速報をびくびくしながら見てたわけですよ!(笑)

・・・いえ、まるっきりサボってたわけじゃないですよ?仕事してましたよ?秀丸で資料をとりまとめつつ、その後ろでSleipnir立ち上げて、タブが変わるたびにビクビクドキドキ、そんな感じだったのです。

勝った試合の翌日は、やはりメディアの取り扱いも大きくて。
しかも巻が代表選出ありやなしや?という時期だから、どこもかしこもそのネタにかこつけて。
(J's GOAL)(ニッカン)(サンスポ)(スポナビ)(スポニチ)

勝てばメディアの取り扱いが増える。露出が増えれば、コアサポ以外の人も「ジェフ」の名前や選手達に「情報接触」する事が増える。情報に触れれば触れるほど、親近感を持つようになる。そうなればスタ動員も増える!

・・・魅力的なサッカーだろうと、つまらないサッカーだろうと、まずは勝たなければメディアには露出しづらいわけで。もちろん事はそれだけと言えるほど単純じゃないけれど、あえて「単純化」すればそういう事で(笑)

故に!
がんばれ、選手たち!
勝てば必ず自分たちにフィードバックがあるぞ♪


それと。
楽山のコメント(J's GOAL)読んで、ちょっと切なくなったり。やっぱり、サッカー選手は試合に出てナンボ。ピッチの上で何ができるか、というのが本分だよね。工藤は工藤で久々のスタメンだったけれど、ちょっと自分でもダメダメだと思ったらしく、コメントもかなりショボンとしたものに。
・・・サブ組にしてみればチャンスは少ないかもしれないけれど、でもそのチャンスに何ができるか、オシム監督なら必ず見ていてくれるはず。めげずにがんばれ!

テーマ:ジェフユナイテッド市原・千葉 - ジャンル:スポーツ

ナビスコ・・・対新潟戦にチャンスはあるか?
「・・・はあるか?」というタイトルにしてみましたが、こういうノリのタイトルだとついつい「電気羊はアンドロイドの夢をみるか?」(P.K.ディック)を思い出します。
「三国無双」のコーエーも、その昔、「オランダ妻は電気うなぎの夢をみるか?」(コーエー)という迷作を出したりもしてましたが(笑)、まぁ、長くてちょっと奇妙なタイトルというのは、記憶に残りやすいんだなー、と。そーいや「流れよわが涙、と警官は言った」(P.K.ディック)とか「月は無慈悲な夜の女王」(ロバート.A.ハインライン)とかもあったなー・・・。

タイトルから、つらつらと昔に読んだ小説を思い出してしまいましたが、ウィンナーといい、これといい、昔の事ばかり思い出してしまうのは・・・どーにも、オレがオッサンだからでしょうか?(苦笑)

という事で!
無理やり今日の試合の、個人的な注目点!!!


楽山っ!・・・今期2試合に出場、しかしその出来の波が激しい!そのポテンシャルを今日は発揮できるか?そしてリーグ戦出場への足がかりをつかむ事ができるのか?今日もダメならチャンスは遠いぞ!楽山ゾーンに期待をこめて!
水本っ!・・・とにかく今日は完封だ。性格が素直なんだとは思うんだが、前回のようにあっさりと「オレのミス」と認めちゃうのは政治的に損しやすいぞ!(笑)二度とそう言わなくてもいいような安定した守備を求む!
工藤っ!・・・今シーズンは、羽生やクルプニの影に隠れてしまい、未だ目立った活躍はない!しかし、その体にあふれるスキルは健在のはず!ためや捌きといった自分のストロングポイントを今日は試合でいかせるか?

・・・そして!

加藤韻っ!
伊藤淳嗣っ!
藤田義明っ!


去年と今年の新人達に、今度こそ出番はあるのか!?この3人はすでに今シーズンベンチ入りの経験あり。今度こそ出場チャンスはあるのか、そして彼ら以外の新人達のベンチ入りはありえるのか・・・!!??


・・リーグ戦とは違ったチャレンジを見ることができるナビスコ予選リーグ第2戦、対新潟戦は19:00キックオフ!!

テーマ:ジェフユナイテッド市原・千葉 - ジャンル:スポーツ

サテにユースにジェフクラに。・・・それとウィンナーの思い出話。
先週末はトップの勝利以外にも、サテやユースやジェフアマや、いろんな「ジェフ」が戦ってました!


===<ジェフ サテライト:対柏戦!>===
3-0の完勝!
ジェフは、工藤/水本/要田/楽山/中島といった「いつトップで出場してもおかしくない選手達」が主力で、そこに新人だけどベンチ入りの続く伊藤が加わった面子。対して柏。まず瀬戸!それに宇野澤にイ・チュンソン。注目のU-18代表柳澤や10代の選手たちも登場。面子的にはジェフの方がトップに近い選手たちが多かったため、このスコアも、まぁ、むべなるかな・・・と。でも柏の若手・・・とくにユースやジュニアユース世代はいい選手たちがいるみたいで、うらやましい限りです。「育成」が売り&命綱のジェフとしては、負けてられないですな(笑)

その試合の、出場選手リストなどはコチラ(柏公式HP)
さらに柏のリアルタイムテキスト速報がコチラ(柏公式HP)
(ジェフの公式でも無料で、こーゆーのやってくれればいいのに・・・)

それに実際に見に行ったジェフサポの観戦記は・・・
「ジェフ夢 ~時々現実~」さん
「かめの洞窟日記」さん
「いつも勝利をめざし★」さん
など!
おつかれさまでした!


===<ジェフクラ:FC琉球に初勝利!>===
川渕のゴールで、1-0・・・ジェフクラが今シーズン初勝利をあげました!
(JFL公式PDF)(週間JFLニュース)

4月10日(月)現在、JFL公式HPのトップでも試合レポートが!それによると、前半、風上のうちにジェフが攻め込み、川渕がゴールを奪って先制。後半は劣勢を必死にこらえて・・(ロスタイム?には幻の同点ゴールも奪われつつ)なんとか逃げ切った模様。
これで順位は17位から12位に大きく上昇。17・18位がJFLからの自動降格ゾーンなので、脱出できてちょっとほっとしてみたり。このまま勝ったり負けたりしつつも、降格しない順位になんとかしがみついてほしいものです。

でもいろんなクラブがそれぞれ別々の思惑をもって戦うサテライトよりも、同じ土俵で逃げ場のないシビアな試合を戦うJFLの方が、「実戦」を経験できるのだと思います。選手によっては、そういう環境で戦う事で大きく成長できるだろうな・・・そう、改めて実感します。いや・・・田中にしろ川渕にしろ。トップからジェフクラにいった選手たちはマジで貴重な経験してると思う・・。そして元からジェフクラにいた選手たちも、トップからきた選手を食ってしまうくらいの気持ちでがんばってください!


===<ジェフユース:プリンスリーグ 初戦引き分け>===
ユースのプリンスリーグが開幕。初戦はベルマーレユースと1-1で引き分け!・・・だったそうです。
(JEF UNITED MANIACSさん)

ジェフユース期待の乾は、U-16日本代表として、モンテギュー国際大会に出るためにフランス遠征中(コチラ)。となると、DF金子にFW小井戸といった選手に期待がかかる。
このプリンスリーグ。「リーグ戦」とはいえ短期決戦だからあまり悠長な事も言ってられない。なんとかがんばって、高円宮杯にまで勝ち上がってほしいものです。


===<おまけ:ウィンナーとウィーンと旅行の思い出>===
先のエントリーでウィンナーの出店について書きましたが、ぼんやりお酒飲んでいたら、いろいろと昔のことを思い出したのでつらつらと。

大学生時代、あまりお金が無い生活だったのですが、でもアルバイトのお金や何やらをためて、しばらくヨーロッパをふらふら旅行した事があります。で、その旅行中、ドイツやオーストリアにも立ち寄ったのでが・・。あっちって、公園や駅にマジでソーセージスタンドがあるのですよ。日本で言えば駅の立ち食いソバみたいな感じ。お金に余裕のない旅行だったので、しょっちゅうこのソーセージスタンドにはお世話になりました。(現地では・・・んーと、記憶だとヴルストスタンドかシュタンドって発音をしたよーな。。。)「ソーセージ スタンド」とか「ヴルスト スタンド」で検索すると、旅行記のblogやらページやらがいっぱい引っかかります。・・・旅行好きなオレとしては、しばし読みふけってしまったり。

で「ウィンナー」ってのは、ウィンナーコーヒーよろしく「(オーストリアの)ウィーン風」というのが語源ですが、調べてみるとウィンナーもフランクフルトも、もちろんヴルストも、みんなみんなソーセージ(腸詰)。でもですねー・・。オレだけだとは思うのですが、ソーセージと聞くと、どうにもこうにも「魚肉ソーセージ」しか思い浮かばないのです。よって、豚肉が入っているのは、みんなウィンナー!!!それが太いとフランクフルト!!(あー、自分勝手)

でもあっちのソーセージ(笑)ってめっちゃくちゃ美味しかったのですよー。また行きたいなー。また行って、あの大雑把に焼いたのがまた食べたい♪

「安くてチープで、焦げたりしてて。で、パンに挟んで食べるよね。うん・・・。ケチャップかけすぎるとその味しかしなくて、やたらにしょっぱくて・・・・でも美味かったなー」なんて、懐かしみながらお酒飲んでいるのです(笑)


・・・旅行ネタを書いてたらきりが無くなってどうしようもないのですが、まぁ・・・それだけフクアリのスタジアム前ウィンナーはおすすめ!!!という事で(笑)

(※この<おまけ>、これでも書いた文章の三分の一にまで減らしました 笑)

テーマ:ジェフユナイテッド市原・千葉 - ジャンル:スポーツ

試合前の「突然ですが!」・・・ウィンナー万歳!
試合とはまた別に、昨日の試合でおもしろかった事♪

===<フクアリ演出>===
試合前、ふとオーロラビジョンを見ると真っ黒。それも一瞬じゃなく、真っ黒。つい相方に「あれ、オーロラビジョン、落ちた?それともスイッチングとか信号のミス?」なんて会話をしていたところ・・・。

響き渡るDJの声。
『突然ですが!!』
突然だよ!
『ジェフのゴール、今日も見たいですかーーーーっ』
(ゴール裏から歓声!)
しかも落ちた?と思っていたオーロラビジョンには、黒字に白で、台詞と同じ文字。
『声が小さぁい!
・・もういちど、ジェフのゴール、今日も見たいですかーーーーっ!!??』

おいおい、なんか始まったぞ。
と思ってみていたら、今シーズンのジェフのゴール集が突然放送開始!巻のゴールに、ハースのヘディング、阿部のPK、要田のゴール。試合前にライトなサポがあれを見ていたら、気分が盛り上がること必至!ってな感じでした。やっぱりゴールシーンってのはいいよね。
個人的には試合前の演出としてはすげー面白いアイデアだと思います。
ぜひ次回もやってほしい!

だけど課題としては次の二点かな・・・。

【1:毎回同じネタは使えない】
さすがに毎回ゴールリプレイじゃ飽きるだろ(笑)だから、「試合前にリプレイを流して盛り上げる」という骨子は変えずに、その流すネタを変えていくのがいいのでは?と。たとえばドリブル突破シーンとか、FKやCKとか、スルーパスとか。毎回違うネタを考え、しかも映像編集しなきゃいけない手間がありますが、でも、やってみる価値はあると思う。
※今回は映像の頭だし。スイッチングをミスってましたけど(苦笑)

【2:ゴール裏が微妙に戸惑っていた】
「試合開始直前」というタイミング、試合へと気持ちをもっていくところに突然のゴールリプレイ。そのせいか、ゴール裏のサポたちが、微妙にどうのればいいのか、とまどっていた印象がありました。けれど、バクスタから見ていたオレからすると、あれ・・・なんだかHomeという雰囲気を盛り上げるのには格好の演出だと思うんですよね。
あまり戦闘的ではないジェフのHomeですから、ああいう映像や演出で「場」を作っていくのは、とてもいいと思う。浦和や鹿島みたいに、サポ自身が、クラブやスタジアムの頭をこえて「場」を作れるのであれば、また違うんだろうけどね。ほとんどのクラブはそこまでサポが戦闘的じゃないし。

・・・という事で、試合前のリプレイ演出 or DJ煽り演出は大歓迎!次回もぜひ期待します♪



===<スタ前のウィンナー屋>===
スタ前にopenした出店軍団ですが。オレ、フクアリに行く度に、ウィンナーの盛り合わせ(@400円)を毎試合必ず買ってます(笑)ここのお店の人が元気がよく、ついつい軽口などしてみたり。

この前の鹿島戦では、火が通っていたウィンナーが少なくて・・・。
「おにーちゃん、ごめんね、ちょっと足りなくてさ。焼くの時間かかるけど、いいかな?」
『あ、残ってる奴だけでいいっすよ』
「そう?じゃあ、おまけして100円!・・・あー、でも100円にしちゃ多いな。200円でどう?」
『100円って言ったじゃんー(笑)、それにオレ、毎回買いにきてるよ』
「そーだよね、覚えてる(笑)じゃあ100円でいいや!サービス!」

なんて事もありました(笑)

昨日は、、、
「今日こそ勝つといいよねー、勝てないよねー」
『ジェフが勝ちだすと、売り上げもあがるかもしれないよ?(笑)』
「だよね、だといいよねっ」

とか笑いながら、ウィンナーを購入。なんか紙皿に盛るウィンナーも、お店のにーちゃんのノリで量が変わるみたいです(笑)

鹿島戦のときも、、
「今日こそ勝ってくれないとねー・・」
とかぼやきながらウィンナーを盛ってくれましたし(笑)

味は、出店でかつ豪快な鉄板焼きという印象以上に、めっちゃジューシー!!!なのでオレ的にはすげーーーーー好きです。ビールもすすむというもの。

で、ここのいいところは、マヨネーズにマスタードにケチャップが自分で好きなだけかけ放題!という点。「ウィンナーには塩と胡椒だろ!」という自分にとってケチャップはどうでもよかったりするのですが、マスタードかけ放題というのはとてもうれしい。

あと、ここの紙皿。\____/こんな形状しているのですが、そこに、ホントのホントに、山盛り&てんこ盛りにウィンナーが盛られるのです。落とさないかちょっと心配。この前は、マジで落としそうだったので、お願いして紙皿をもうひとつもらい、、、
/ ̄ ̄\
\_____/・・・・こういう風にかぶせました♪


・・・と、こんな事を書いていたら、「ジェフ夢~時々現実~」さんで、まさにそのウィンナーの写真がありました。それから、「なのはなユナイテッド」さんや、「ジェフグル」さん、さらに「白目がちの犬」さんでも!!

いや、ほんとにお買い得ですので、皆様、せひおすすめでございます♪


===<おまけ:斉藤の二の腕>===
昨日はなんとか先行逃げ切り、しかもリーグ戦ではHome初勝利なのですが、試合後の選手たちがめっちゃうれしそうでした。
で。斉藤がひさびさに満面の笑みで両手をあげてガッツポーズをしていたのですが。

・・斉藤。
やさしい笑顔のくせに、ガッツポーズの二の腕がめっちゃ太いんですよね(笑)さすがチームメイトにも驚かれるくらいの鋼の体を持つ男。

昨日は西澤相手に1対1。お疲れ様でした。

テーマ:ジェフユナイテッド市原・千葉 - ジャンル:スポーツ

対C大阪戦 2-1 勝利!!!・・・実は去年の戦績とタイスコア!
・・・・っっっっっっっっしゃあ!!
C大阪に2-1の勝利!!勝ったぞ!!!!(J's GOAL)


===<試合のこと>===
勇人と結城を欠いたこの試合。とにもかくにも・・・山岸!羽生!クルプニ!この3人のがんばりが目に付きました♪

試合は前半のあたまからジェフが猛攻。羽生、山岸と立て続けにゴールを奪って、今日は大量得点もありえるか!?と思った出だしでした。
しかしパスミスや、得点機に凡ミスしたりして、気づけばC大阪に試合の流れが傾いてしまいます。サポだけでなく選手たちも、セットプレイにナイーブになっているのがよく伝わってきてしまう。
水野がディフェンスで凡ミス(見送ればゴールラインを割っていた敵ボールをむりやりクリアし、C大阪のCKに)。そのCKを、一瞬フリーになった西澤にダイレクトボレーを決められ、2-1に。こればかりは、もう、西澤を褒めるしかない、そんなシュートでした。前半の残り時間は、しかしジェフペースのまま。ハースや水野の惜しいシュートもありましたが、点にはならず。

後半もジェフペース。C大阪に逆襲されるシーンがあっても、とにかく鍵となる西澤を徹底マーク、まわりとの連携を断ち切ります。西澤のマークは斉藤の仕事だったようですが、時々水野にマークを渡すシーンが。水野、・・・西澤のボールにガチでアタックせず、彼のプレイを「邪魔」する事に徹した印象です。おかげで、西澤の効果的なポストプレイは数えられるほどしかない。

そして互いの選手交代によって局面が流動的になります。
足が張った山岸にかわって水本に。これで水本が最終ラインに入って、阿部がDFラインから中盤の底にあがります。さらに故障した足を再び痛めたハースから、要田に交代。C大阪は後半開始から酒本に代えて、河村。そして森島に代えて柿本。徳重に代えて苔口。交代カードを全てきったC大阪に対し、オシム監督はタイミングをみて、足の止まった羽生にかわって中島をピッチに。
最後はジェフが敵陣コーナー際でのボールキープで時間を稼ぎ、なんとか2-1で逃げ切り勝利!
これで今シーズン2勝目をあげました!!

いや・・・大宮戦や甲府戦を思えば、あきらかにみんなのプレイがよくなってきています!今日、特に活躍していたのは、羽生に山岸、それにクルプニ!

羽生の運動量とその献身的で健気なプレイがものすごい!とにかく中盤をカバー。さらに今日は勇人がいないため「二列目の押し上げ&飛び出し」をも羽生が一身に引き受けてました(1点目はまさにそれ!)。2点目も、羽生の奮闘が鍵になって得点かと。
山岸は山岸で、点を決めたシーンのみならず、対面していた酒本にほとんど完勝し、攻守にわたって積極的なプレイ。山岸のプレイから「ゴール」の雰囲気が出てきたのは、ものすごく嬉しく思います。
そしてクルプニ。確かに後半のプレイは厳しかったけど、前半は何度も美しいスルーパスを通していた。運動量こそあまりないけれど、彼がボールを持つことでジェフの前線拠点に成り得ている。リーグの試合の度にチームにフィットしてきたのがとてもよくわかります。・・マジ、期待してます。

坂本の闘志剥き出しのプレイ。水本のチャンスに必死なプレイ。阿部の自分を取り戻しつつあるプレイ。嬉しいプレイが多かったけど、特に上記3人が印象に残った次第です。羽生や山岸のコメントも、すげー力強くなってきたしね!!(J's GOAL)

(あ、でも・・・巻が後半、絶対的な決定機にゴールをはずしてしまったのは、脱力しました・・・苦笑)



===<チーム戦績:去年といっしょだよ>===
これで2勝2敗3分。ようやく自分たちの足で立てるようになってきた気がします。ふと気がつけば、この7試合で2勝2敗3分という戦績は、去年の7試合目とまったく同じ戦績なんですよね。

しかも・・・、
2005シーズンは、この時点で首位鹿島が勝ち点19、差が10。
今年は、明日、浦和が勝って首位になったとして、勝ち点17、差が8。

・・・という戦況。

まだまだ続く2006シーズン。

ジェフが今年のリーグ優勝を諦めるにはまだ早すぎる!
ひとつひとつ・・・がんばれ!

テーマ:ジェフユナイテッド市原・千葉 - ジャンル:スポーツ

C大阪戦・・・スタジアムは黄色くなれるか?
4月8日はC大阪戦。
2004シーズン、2005シーズンとまるまる二年間も勝ち星がない相手。

向こうは1勝5敗0分の勝ち点3。
コチラは1勝2敗3分の勝ち点6。
ともにシーズン開幕から苦境に立たされている。

いくら2シーズンにわたって勝ち星がない相手だとはいえ、さすがに今度ばかりはそんなことも言ってられない。何がなんでも勝たなきゃいけない。つか、勝つ♪

特にね、明日の試合ではオレは山岸に期待します。ハースとクルプニが復帰してくると思ってますが、そうなると巻とハースの2トップに坂本と山岸の両サイドとなるはず。今年になって結果はあまり出せていないけれど、山岸・・・去年よりもよくなっていると思う。突破力にしろクロスにしろ、「点に結びつける」という気持ちが感じられる。確かに集中力?持久力?・・試合中に動けなくなる時間帯はあるし、クロスがワンパターンになってしまったり、パスミスが目立ったりはする。

でもさ、それだって今までよりずっといいよ。
去年の序盤~中盤、よくなかったころの山岸は、切り込んでもパスを出すことに怯えてバックパスばかりを選択していた印象がある。
それを思えば、たとえワンパターンでもクロスをあげるようになったのはスゲーって思う。それに最近は自分自身が点を決める・・・かつてFWとしてユースカップの得点王をとった事を思い出したような、そんな攻めの発言も出てきた。

ジェフのサイドというと水野が特に注目されるけど、山岸だってまだまだぜんぜん若いし、それに水野とは違う意味での突破力がある。明日は、その山岸の活躍が見たい。

他にも、注目すべき点は・・・
「阿部が復調なるか?」
「開幕からずっと奮闘している巻は、明日もそのがんばりを結果につなげられるか?」
「そして伊藤や青木、加藤といった若手に出場のチャンスはあるのか?」

・・・勝つ!という点以外でもそういった気になる選手たちのプレイに注目したいと思います。


それと。
明日は今シーズン4度目のHomeフクアリでの試合。
約7,500枚の当日券が発売されるようだけど、・・・明日、観客は1万人を超えることができるだろうか・・。そしてその1万人は、どこまで黄色くなれるだろうか。

「スタジアム総黄色化計画」って煽って、クラブもHomeの舞台作りに気を使い始めている。選手達の背中を後押しできるようなHomeにするために、少しでもスタジアムが黄色くなればいいよね。
せめてタオマフ巻くくらいでも違うんだろうな。

やっぱりなんだかんだ言っても、浦和や鹿島のサポはすごいなって素直に思います。
(好き嫌いとか、そーゆーのは別にして)

あの迫力は、確かに「場」を支配できると思う。
オレらもオレらなりにフクアリという「場」をHomeにするために、声を出せなくても、拍手だけでもしたいって思います。


おまけ:
【4・8松本決戦!】って煽ってて、赤字にシルエットの松本城・・・そんな甲府x新潟の試合のポスターがかっこいい!!(J's GOAL)

オレは、甲府x新潟の「川中島決戦」というマーケティングが大好きです。サッカー関連で好きなのは、他にも「絶対に負けられない戦いがある」というコピーも大好きなんですが、オレ的には「川中島決戦」の方に軍配があがるかと。

・・・コミュニケーションワードそのもののかっこよさでは「絶対に~」の方なんだけど、あれって、極論、どこのクラブにも使えちゃうんだよね。
それに対して「川中島決戦」は、新潟と甲府の2チームが戦うときにしか使えないし、しかも日本史上有名な合戦でもある。さらに武田信玄に上杉謙信と、ビジュアル化もしやすいし、イメージもはっきりしている。わかりやすさ、差別化、独自性。それらを総合すると、・・・「川中島決戦」はとてもとてもいい切り口だなー・・・と。

それにジェフが対抗するためには「里見八犬伝」に絡めるしかないのかな(笑)

テーマ:ジェフユナイテッド市原・千葉 - ジャンル:スポーツ

茂原選手。
茂原選手のことは、前も書いたけれど(こちら)


先日、住宅侵入容疑で逮捕された茂原選手。在宅での捜査という事になり、まずは処分保留ということで釈放されました。川崎との選手契約は解除され、所属は柏に。この件について、川崎は茂原選手との選手契約解除に加え、クラブ首脳陣の減給も発表しました。柏としては、本人と面談の上、改めて処分を検討するそうです。
(ニッカン)(スポナビ)(川崎HP)(読売)(デイリー)

そして。
この「住宅侵入容疑」ですが、「いまおかゆう子」さんのblogに、本人との会話のやり取りが書かれていました。それによれば、お酒に弱い茂原選手が、なにかしらお酒を飲みすぎてしまって泥酔。結果、自分の部屋と間違えて違う他人の部屋に入ってしまった・・・という状況らしい。
「いまおかゆう子|ブログ|茂原くんのこと」

また、「いまおかゆう子」さんの情報以外で、公式発表の向こう側にある情報としては、こちらの記事が詳しい。
(フットボール定食:サッカー小僧にサッカーを)

現状、あくまでも在宅捜査という状況らしいので、起訴猶予になるかどうかはこれからを見守るしかない。それに、もしこれから起訴されたとしても、有罪無罪が確定したわけではない。
そんな中、川崎は「選手契約解除」という判断を下し、柏もまた、厳しい判断をするんじゃないだろうかと思う。そして、その川崎や柏の判断は、間違いなく「正しい」とオレは思う。

だけど、確かに川崎の判断は間違いなく正しいと思ってはいても。

まだ司法判断は確定していない。
彼の行為が「犯罪」だと確定していないのに、サッカー選手である茂原選手がサッカーを失ってしまうとすれば、とても哀しいことだと思う。


・・・見知らぬ他人に部屋に進入された被害者の気持ちを、決して軽んじるわけじゃないし、「犯罪」は法に照らして、処罰が下され、償われるべきだと本気で思う。


でも、だからこそ、茂原選手にはサッカーを諦めてほしくない。
あなたは、サッカーの専門家として、他の可能性や未来を捨ててまでサッカーを選んできたのだから、最後まで「サッカー選手」としての自分を信じてがんばってほしい。
そして、「サッカー選手」として、もう一度、立ち上がってほしい。


川崎サポも、茂原選手も、がんばれ。

テーマ:ジェフユナイテッド市原・千葉 - ジャンル:スポーツ

そして、京都:林。
ジェフを去っていった選手たちについて昨日書いてみたけど、・・・林については別項にしたくて、今日、書きます。

===<京都:林丈統>===
ジェフの誇るスピードスター。何かをしてくれると、期待をかきたててくれるスーパーサブ。林にプレイでジェフは何度もピンチを救われ、勝ち残ってきた。だけれど、「スーパーサブ」のスペシャリストではなく、あくまでもスタメンにこだわり、林は2006年から京都に移籍。
その京都に移籍した林は、現在、リーグとナビスコ合わせて7試合中6試合に出場。うち、スタメンが3試合。記録は3ゴール1アシスト。

スタメンで体力の続く限りピッチを駆け回って、敵陣をその足で突き破って、裏に飛び出し、ゴールを狙う。これから京都MF陣と連携がかみ合っていくことで、そんな林のプレイはさらに鋭い武器になるだろうと思います。


心底。
がんばってほしい。


(滝澤・・・早くどこか決まらないかな。。)

テーマ:ジェフユナイテッド市原・千葉 - ジャンル:スポーツ

仙台:金子、札幌:芳賀、水戸:椎原、熊本:高橋、柏:瀬戸
2005シーズンいっぱいでジェフを去っていった選手たち。
彼らが新しいチームでどうなっているのか、それはやはり気になってしまいます・・・。もちろん、生観戦する余裕もありませんし、TVで見るような時間もあまりないので、各クラブのサポのblogを眺めてみたり、数字で追いかけてるだけですが。

===<仙台:金子慎二>===
千葉県出身。ジェフ千葉のジュニアユース、ユースを経て、高校卒業後は仙台に。U-17日本代表経験もあるMF。
仙台ではどうやら監督に高く評価されているらしく、なんと、開幕から6試合で4試合にベンチ入り!まだ公式試合でのプレイチャンスはないけれど、この調子だと遠からず出場チャンスがめぐってきそうです。どうやら仙台の練習では、体をうまくつかって寄せるディフェンスが伸びているらしく(掲示板情報ですが)、今後の成長っぷりにも期待ができます。ジェフユース特産の「ユーティリティっぷり」をぜひ発揮して、仙台の中盤を支えるプレイヤーになってほしいですね(オレ、東北太平洋側の生まれなので仙台も応援してますし)
そんな金子の初出場は・・・いつなのか!

===<札幌:芳賀博信>===
宮城県出身。もともと学生時代から期待されて、年代別代表の候補にもなったくらい。いろいろあったらしいが、どうしてもサッカーを続けたくて上京。とび職をしながらジェフアマに。そしてトップ昇格!2006シーズンからは札幌に。
オレとしては、芳賀みたいな「這い上がり」系の選手は、どうしても応援したい気持ちになります。しかも彼の場合は這い上がるだけのメンタルをもっている上に、さらにテクニックも兼ね備えていて、サッカー選手としてのポテンシャルは絶対高いはず。中盤に選手の多いジェフではチャンスがほとんどなかったけれど、札幌にいってからは持ち前のメンタルとテクニックで活躍しているようで、本当に嬉しい限り。
今のところ、全試合フル出場。まだ得点やアシストといった「数字」は残っていないけれども、特に今日の試合なんかは中盤を縦横無尽に駆け巡り、突破にクロスに守りにと獅子奮迅していたっぽい。
今年、ジェフから移籍していった選手のなかでは、一番活躍するのかも!

===<水戸:椎原拓也>===
大阪ガスからジェフに来てくれた選手。去年、ジェフアマがJFLに昇格できたその原動力の一人。中盤でパスを裁くMF。
シーズン開幕は怪我で試合に出れなかったけれども、以後、途中出場をふくめて7試合中5試合に出場。試合をまったく見れてないのでわからないけど、監督コメントを読む限りだと、・・まだイマイチっぽい印象を受ける。周りとかみ合ってないのか、コンディションが上がってきていないのか。彼もメンタルが強い選手だし、それに中盤でためやアクセントをつけられる選手だと思うので、これからどんどんコンディションを上げていってがんばってほしい。

===<熊本:高橋泰>===
広島から大宮、そしてジェフ。ジェフにいた1年間は、練習試合で鬼のように点を取り捲っていた。何点だっけ?・・・80点近くは点を取っていたはず。けれど、J1リーグでの出場機会は一度、古巣の大宮戦のみ。悔しかっただろうな・・・。個人的には、もうちょっとだけでも、チャンスがあってしかるべきだったんじゃ?と思っています。
そんな泰。今年はロッソ熊本に加わってJFLを戦うことに。つまりジェフクラのライバルですよ!
J2のチームに加入しても、スタメンをはれるんじゃないかと思っていたんですが、きっと泰なりに、ロッソ熊本に感じ入るところがあって移籍を決断したんだと思います。熊本では現在、全試合スタメン出場。先日のジェフクラとの古巣対決でも勝利。今はまだ得点こそないけれど、得点感覚やポジショニングでゴールを決める選手だと思っているので、試合をこなして周りとプレイがかみ合えば、どこかのタイミングで急に点を決めだすんじゃないかな・・・なんて期待してます。

===<柏:瀬戸春樹>===
横浜F、新潟、大分、札幌、G大阪、そしてジェフから柏に。いろんなクラブを渡り歩いている瀬戸。DFラインに入ることもできるし、DMFもできる。J2開幕前の柏の練習試合レポを読んだら、大活躍していたような記憶があるので、ジェフでは試合に出れなかった分、柏で大暴れしてほしい。
ただ、瀬戸、今年はまだ2試合でベンチ入りしたものの、リーグでの試合出場のチャンスはなし。DFとしてもDMFとしても、どちらのポジションでもスタメンのバックアップとして監督に見られているような印象がある。だけど長丁場のJ2。試合日程が厳しいシーズン中には必ず出場チャンスがあると思うので、それまでは雌伏の時かな・・・。



・・・ジェフから移籍していった選手たちですが、でもやっぱり気になります。できれば彼らには新天地で活躍してほしい。
もし縁があれば、またジェフに帰ってくるかもしれないしね♪

みんながんばれ!


追伸:
各サポの皆様へ。
他のクラブをネガティブに思っているつもりはありませんし、そういう文章にしたつもりもありませんが、万が一、気に障ったらどうかご指摘ください。
それと情報や表現(「もっと活躍してるよ」とか「そんなには活躍してないよ」とか)の間違いがあれば、ぜひぜひご指摘くださいませ。

テーマ:ジェフユナイテッド市原・千葉 - ジャンル:スポーツ

川崎戦は2-2、青木王子は高校選抜・・・そして千葉大と提携
===<川崎戦は2-2!!>===
またもや2-2で、引き分けでした。
(ニッカン)(ニッカン)(スポニチ)(J's GOAL)

その週末、金曜の夜から京都に出かけていたので。Away観戦には行けませんでした。スカパーの録画放送も、まさにちょうど放送の真っ最中。故に、まだ自分の目で試合を見ていませんが、勝利をつかみ取れない試合が続きます。

・・・勝てませんっ!

あちこちを読む限りでは、不調は底を打っているにしろ、どうにもチームとしての活気がない様子。繰り返されるパスミス。いらだつ選手たち。あと一歩をつめきれずにあっさりと点をとられ、焦りから攻撃が単調になる・・・。ウチは、どうやったどところで、「一人で試合を打開できる」ようなプレイヤーに頼るチーム作りをしていないのだから、つまるところはチーム全体の有機的な戦術連動が鍵になる。自分が見たり、・・ネットで聞いたりした限りでは、どうにも、そこがまだ歯車がかみ合っていない。ぎしぎしという音がする。

オシム監督率いる「ジェフ」というチームが調子のいい時は、ピッチ上の選手達誰もが連動して、あとからあとから津波のように前の選手たちを追い越していって攻め立てる姿が見れた・・そう記憶してます。敵にボールを取られても諦めずに食い下がり、しつこく走り回ってプレスをかけ続けた印象があります。その姿を、もう一度、見たい。

道に見失った時は、自分自身が一番信じる所に帰れ、と言います。今のジェフが立ち戻るべきは、最後まで諦めず、相手より一歩でも足を前に出し、自らが走ることで局面を打開する・・・そういう「全員サッカー」なのではないかなー・・・って思います。

今年は、いまだ2勝。リーグ戦では清水に1勝、ナビスコで広島に1勝。それ限り。少なくとも、自分が生観戦しにいった試合では、いまだ、勝ち星・・・無し。
悔しいなぁ・・・。

そして次の試合は4月8日(土)。苦手としているC大阪戦。
随分と長いことC大阪には勝ってないなぁ・・・と思ったら、最後に勝ったのは2003年の2ndステージ(11月15日)でした。2004年以降は勝利なし。5戦して、0勝1分4敗。

負けたくない。
今度こそ、勝ちたい。

Homeだからこそ、そういう試合を見たいって思います。
オフが月イチしかないみたいだけれど(ニッカン)、勝てば増えるかもしれませんしねっ!(笑)
・・・つか、巻。また指を負傷したみたいだけれど、大丈夫か?


===<青木王子はスイス行き!>===
ベリンツォーナ国際ユース大会とやらがスイスで行われるらしく。そこに日本の高校選抜チームが出場することになったそうです。我らが青木王子もその「高校選抜」の一員として参加するそうな。
(ニッカン)(スポナビ)(日本サッカー協会)

いまさら「高校選抜」かよ?という気もしますし、この前のナビスコ広島戦のように青木のトップ出場も近いと思われるこの時期に?という気もします。
けれど、選手本人を思えば、どういう形であれ「日本代表」として、Awayの敵地で、今までとはまったく常識の違う敵と戦う・・・その経験は、青木にとって必ず大事な経験になると思います。

なので、期待してるよ!
試合に出れるかどうかは、C大阪の森島やFC東京の小澤とかと争うのだろうけれども。それも経験として。

・・・がんばれ!


===<ジェフ千葉、地域密着作戦>===
個人的に、「おもしろいなー」&「うらやましいなー」って思ったのが、この記事。

「千葉がファン拡大へ千葉大と提携」(ニッカン)

Jのチームは全て「地域密着」というお題目&錦の御旗があるから、だからこそできるワザ。具体的な施策が表になっていないから本当の意味で評価も判断もできないけれど、でも、次のような効果が想像できる。

【ジェフ千葉のメリット】
・地域密着のプロパガンダ。
・ファン層の拡大。
・ターゲットユーザー層(年齢/居住地域)へのアピール。
・パブリシティ効果。
・人手の確保。
・大学サッカー界への影響力確保。
・未知のアイデアの可能性。

【千葉大学のメリット】
・宣伝効果。
・パブリシティ効果。


お互い、これらの想定メリットに対して、デメリットはあまり想像できない。正直、提携したとしても互いに「実費(お金)」を発生させずに、手間隙でまかなう方向で運営していくものと思われる。
他にも練習試合等で交流の深い大学がいろいろあるのだから、それらとも順次、関係を深めていって・・・搦め手でジェフ千葉の基盤を固めていってほしい。

がんばれ!
(選手を応援するより、オレはこういう経営戦略面の方が興味深かったりします・・・笑)


・・・・つかね。
オレが大学生の時にやってくれよー・・・・・・・・・・・・。
うらやましい・・・。
(千葉大卒じゃないけどさ)

テーマ:ジェフユナイテッド市原・千葉 - ジャンル:スポーツ

夜桜
20060402005116
京都、高台寺の夜桜。
ライトアップされた夜の枝垂れ桜はエロくて素敵♪
京都到着。
20060401101205
昨日、忙しいのに仕事を無理矢理切り上げて、深夜高速バスに乗車。
京都に到着しましたー。
朝イチで清水寺・三十三間堂と観光中♪




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。