Hang Tough
ジェフが好き、旅行も好き、仕事もがんばろう、うん。
プロフィール

khou

Author:khou
本好き、旅行好き。
でもここ数年、ずっと旅行に行けてない・・。

twitter、はじめてみました。

@khou_hangtough



ジェフ千葉_試合情報



ジェフ千葉_試合日程



最近の記事



月別アーカイブ



カテゴリー



ブログ内検索



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

磐田戦!・・中原/中牧がリザーブズへ!
昨日、会社をあがって奥さんと合流。
ご飯でも食べようかね・・と思ったけれど、入ったお店二件に「満席です」とふられてションボリ。・・ちょっと待ったけど、席が空く気配ないしさー。
ホントはご飯食べた後、夜桜見物に散歩もアリかと思っていたけど、お店にふられちゃそんな気分にもなれませぬ。しかも夜桜スポットの場所、うろ覚えでプリントアウトするのも忘れていたし。ああ無情、これまたションボリの二乗。

そうそう桜といえばですね、「桜ほの華」という梅酒が可愛いのですよ。
色がほのかにピンク色・・つまり桜色。
でもって風味も桜風味。
現材料名に「桜葉」と書いてある。
最近のウチの奥さんのお気に入り。

という事でなぜか昨日はお部屋で瓶ビールやら日本酒やらお酒を飲みながら、完全版「寄生獣」を読み返しました。
ミギー可愛いよ、ミギー。


で。
オレが桜だミギーだと言ってる間に日付は変わり。
今日、14:00から磐田戦です。

敵地ヤマハスタジアムでの対戦。
今更っちゃ今更だけど、磐田公式HPのアクセスマップを見ると・・こう、まさにヤマハ発動機本社工場の目の前なのね、ヤマハスタジアムって。

磐田はリーグを二連勝中。だけどナビスコではそんなに結果が良くなく。
ウチはリーグで未だ勝利ナシ。だけどナビスコでは二連勝中。
チームとしてのリズムが下降線?と上昇線?な2チームですが、・・うちとしては負けられません。

個人的なスタメン予想は次の通り。
===
GK:岡本
SW:ストヤノフ
CB:ジョレ/水本
DMF:勇人
CMF:羽生/工藤
SMF:水野/山岸
FW:巻/新居
===
ジョレはニッカンによると練習復帰という事なので、スタメンにも復帰を予想。同様に巻/羽生もスタメンで予想。水本/水野はU22シリア戦と連戦になってしまうからお休みもありえるが、まぁ、スタメンでしょう。スポニチにも記事アリ。だけど下村はコンディションが予想つかないので、ナビスコの好調をかって工藤をスタメン。早稲田との練習試合で3トップを試していたらしく、それをもし実戦でも試すならば、工藤ではなく黒部がスタメンか。

「【J1:第4節 磐田 vs 千葉 プレビュー】攻撃陣のやりくりが苦しい磐田が調子上向きの千葉を迎える。アグレッシブな姿勢と勝利への執念を90分間見せたい。」(J's GOAL)
「千葉が早大に快勝/練習試合」(ニッカン)
「千葉FW巻、右足首故障はOK」(ニッカン)
「水野鉄人になる!試練の91連勤」(スポニチ)

がんばれ!



===<中原/中牧がリザーブズへ!>===
「選手登録変更のお知らせ」(ジェフ公式)

中原と中牧が、トップからリザーブズに参戦決定!
・・・。
・・。
うーむ・・。

中原はわかるのですよ。
トップだとあまりチャンスもないだろう。争うべきポジションは、勇人/下村/羽生、それに中島/工藤と、ジェフの中でも競争激烈な中盤のポジション。ここにベンチ枠(順番待ち)として伊藤に市原にが加わってくる。若手枠という味方なら、さらに米倉までが競争相手。このままではベンチ入りでさえもチャンスが薄い。
であるならば、少しでも試合に出てそのパスセンスや実戦感覚を鍛えたほうがいいと思う。
リザーブズではどうやら背番号8番の模様。もしかしたら、リザーブズの8番はずっと中原のために空けていたのだろうか。
故障が回復してコンディションがよくなった今、ついに8番として中原を迎え入れた、と。
そうなると未だ空いている11番はトンスのために空けているのかもしれない。

一方で・・おおお?・・というのが、中牧。
去年までは立石/櫛野/岡本/中牧というGK4人体制、これに黒河までもが加わっていた。
今年は櫛野と黒河がいなくなり、立石/岡本/中牧という3人体制。
ここから一人いなくなってGK2人体制って・・J1トップチームでそんな体制組んだトコ、他にあるんだろうか?立石か岡本に万が一があったら、あったらあったら・・控えにGKナシのトンデモ状態だぞ。
(昔、岡田監督時代の横浜FMで、ベンチにGKがいない!という試合があったような、なかったような・・)
確かにリザーブズも瀧本と上野のGK2人体制。インフォがされていないだけで、このどちらかに故障でもあったのかもしれない。
それとも。
中牧と入れ違いで瀧本がトップに昇格するとか?

どうなんだろう・・。



スポンサーサイト

テーマ:ジェフユナイテッド市原・千葉 - ジャンル:スポーツ

負けちゃいけない磐田戦!
今週末の磐田戦。
リーグ全体の展望やシーズンを乗り切るための「戦略」という意味で、この一戦を、どのようにアマルやクラブ首脳が捉えているかはわかりません。もしかしたら「まだまだ序盤」と思っているかもしれませんし、勝つ!と必勝を目論んでいるのかもしれません。
でも開幕2連敗で始まったジェフが、リーグ鹿島戦で引き分け、そしてナビスコ予選で2連勝。不調の中で手にした勝利。この流れをむざむざ手放すわけにもいきません。

勝てる時には、必ず勝つ。
負ける時には、後を引かぬようきちんと負ける。

サッカーは勝負事ですから、100%の勝利なんてありえず、しかもデジタルに数字で決着できるものでもありません。であれば、勝つ時と負ける時のメリハリが重要だと思うのです。そして今週末の磐田戦は、シーズン序盤の流れから見て一つの試金石になりうる試合です。
ここで勝てば両足で立ってリーグ戦に挑む事ができる。
負けると、「何が悪いんだろう」とネガティブな蟻地獄に立ち戻る・・。
ここでは是非とも、しっかりと戦い、そして勝利を願いたいところです。

「巻、羽生OK 千葉、磐田戦必勝」(スポニチ)
「巻&羽生、笑顔で出場アピール」(報知)

先日のペルー戦と広島戦とで連日連戦を戦った二人。
昨日の報道ではあまり具合のよろしくない情報が流れていましたが、それが今日には二人とも自称「OK」との事(ホントかよ)。
もし・・OKなら、怪我や故障ではなく、多少の無理がきく範囲なら。
週末の磐田戦には是非とも登場して欲しいものです。
やはりこの二人がジェフのサッカーの要である事は間違いないのだから。


そして。
何でか、ここ最近のAway磐田戦では「ドラマ」が多い。
 2003年7月20日・・初めて優勝に手が届こうかという劇的ドロー。
 2004年6月12日・・取って取られて、シーソーゲームの敗戦。
 2005年4月13日・・「決して負けられない」意地の一戦。
 2006年8月23日・・騒動に翻弄され、ドン底のチーム状態での敗戦。羽生の涙。

今年は何が待っているのか。
敵にはかつては味方だった選手が3人もいる。
彼らに負けられない意地もある。


3月31日14:00、キックオフ!




・・。

・・・。

・・だけどなー。
その後、一週間空くならともかく、すぐ中3日でナビスコなんだよなー。
しかも今度はナビスコ予選の正念場・・強豪G大阪が相手なんだよなー。
無理して怪我して、故障して、長期欠場が一番最悪のシナリオ。
とはいえ、巻と羽生には主力として是非出てきてほしいし。
ううう。

と、とりあえず、怪我&故障だけはしないでおくれ!



テーマ:ジェフユナイテッド市原・千葉 - ジャンル:スポーツ

磐田戦に向けて負傷続出?
実は昨日は体調が悪くてー。
U22をテレビで見てた以外は、時々webを見つつも、基本、ずっとうだうだしててー。

という事で、季節の変わり目、花粉症やらインフルエンザやら諸々たいへんな時期でございます。
桜も咲こうというもの。
木蓮だって咲いてるさ。
目目連は妖怪さー、障子に目がいっぱい(藤田赤目:鳥山石燕)さー。百々目鬼はまた違うのさー。

でもオレは花草木にはとんと詳しくなく、・・あー花だー・・くらいしかわからなく。
たいていは、相方に「アレが咲いてるよ、コレが咲いてるよ」と教えてもらうばかりです。
・・こんなだったら子供の頃、植物図鑑もいっぱい読むべきだった!
植物図鑑はキライだったんだ!
食虫植物は大好きだったけど!


という事で。
季節の変わり目ですが、昨日、ジェフは早稲田と練習試合だったようです。

「千葉が早大に快勝/練習試合」(ニッカン)
「巻 練習試合で古傷・右足首痛める」(スポニチ)
「巻、負傷退場も「大丈夫です」…早大と練習試合で交錯」(報知)

うわわわ、巻、せっかく調子が上向いてきてるのに大丈夫か?と。
さらに羽生もか・・って、代表にナビスコに、この二人連日連戦だったしなぁ・・。
加えて。
中島の半月板損傷、ジョレと下村も怪我?体調不良?でナビスコ広島戦をお休み。

厳しい練習で身体を追い込むのは、そういう方針かーって思うけど。
今のジェフは、その追い込んだ後の疲労や回復をどれだけ対応できているのだろう。スポーツ生理学は詳しくないので、あれだけど・・。
スポーツ選手はやっぱり身体が動いてナンボなので、身体を追い込んだ分、きっちりケアできる体制があるといいんですけどね。

・・とはいえ別の側面もあって。
準主力組や若手達にとってみれば、主力組のコンディション不調や怪我はチャンスだから、この機会にぜひともアピールしてほしいもの。「ちばぎんカップ」で登場した松本や韻なんか特にね。今年はまだ出番がない青木や、新人だけど期待大!の米倉なんかも!

さてさて。
週末のスタメンが心配半分、期待半分です(笑)



===<U22 シリア戦を3-0で勝利!>===
昨日のU22、水本/水野はフル出場でしたねー。
水野は1点目につながるサイドチェンジや、2点目のアシスト。
水本は幻のシリアの先取点(苦笑)や、PAまで駆け上がったりスルーパスやらクロスやら。
二人とも怪我はしなかったみたいで何よりです。
(疲労は心配だけどー)
U22も昨日の試合はよくボールもまわっていたしね。
(昨日だけじゃだめだけどー)

とはいえ対戦相手のシリア(wikipedia)
古代アッシリアから国の名を取り、正式名称はシリア・アラブ共和国。軍事国家で、大統領制だけど世襲してて、イスラム教を厳格に守る。
一度は行ってみたいなぁ・・。
なんかあちこちの冒険小説や映画で、敵役を割り振られてるよなぁ・・。

サッカーでは、2005年のワールドユース(あの日本が1勝もしないままにグループリーグを突破してしまった大会)で、シリアもまたグループリーグを突破しています。しかもそのグループリーグでは、イタリアに勝ちカナダに引き分け、イタリアを上回っての堂々としたもの。トーナメント初戦でブラジルと対戦、0-1で敗れてます。

確かに強い国ですが・・それでもまだ二次予選。
国立の試合でシリアに3-0と勝利しましたが、次はそのシリアの地でAway戦です。

まだまだ気を抜かず、がんばれ!
それに最終予選はもっと厳しいんだし!



テーマ:ジェフユナイテッド市原・千葉 - ジャンル:スポーツ

川淵コメント・・違和感と不快感。
川淵キャプテンが、先日の代表戦の視聴率に対してコメントを述べています。
「亀田に完敗…川淵氏「期待外れ」」(スポニチ)

読んで、まず、とてもとても不快感。
なんだろー、なんでだろー・・と思うと、このコメント、自分にとって考えるべき要素が二つあって、一つでは「もの凄く正しい」。もう一つでは「もの凄く違和感を感じる」のです。
その違和感が不快感につながっている。


===<発言リスト>===
1:「15%は超えるかなと期待していたので少し期待外れ」
2:「お客さんの心をつかむような試合をしないと。
  視聴率は自動的に上がらないと知ることで、選手には頑張ってほしい。ファンは正直」
3:「ピチピチ感がない。もっとしゃかりきじゃないと」

という事で、スポニチの記事では川淵キャプテンの三つのコメントが引用されています。そしてそのコメントも、記事になる時点で文脈やニュアンスが編集されていますので、自分としては次のように整理します。

1:視聴率が期待値/想定値より低かった。
  ⇒問題提起
2:視聴率が低い原因は試合がつまらないから。面白い試合をすべき。
  ⇒原因推測、改善案提示
3:別案件(フル代表ではなく五輪代表のチケット売上)への個人的評価。
  ⇒(今回は除外)

よって川淵キャプテンの発言は、視聴率という事業の重大要素に対する問題提起と、その問題に対する彼なりの原因推測と改善案。この二つがキモだったと思うわけです。


で、これについて次のように考えます。

===<問題提起>===
視聴率:13.7%。
この数字にボスの立場から問題提起するのは「もの凄く正しい」と思います。
問題提起の仕方やその表現は「そりゃねーべ」と思いますが。

===<原因推測&改善案提示>===
原因:試合がつまらない。
改善:試合をおもしろくしろ。
・・これが「もの凄く違和感」です。


まず今回のペルー戦は所詮はただの親善試合でしかありません。
試合が存在する意味合いがそもそも薄く、キックオフに至るストーリー性やドラマ性が欠如しています。「敵」であるペルー代表の知名度も不足しています。今の日本代表は選手がかなり入れ替わっているため、現状では日本代表選手自身の認知や人気も低いものとなっています。

そもそも、今回のペルー代表戦というコンテンツ自身に、訴求力の問題があったのでは?

そして視聴率の原因や改善を、一方的に、ピッチ上で選手達がプレイする「試合内容」に求めるのはどうなんでしょう?
もちろんコンテンツとしてつまらなければ、お客はついてきません。当然です。でも、サッカー(に限らずスポーツ全般)の場合、コンテンツの魅力は「試合内容」だけでしょうか。勝ち負けという原始的な「試合結果」に重きを置く人も多いでしょうし、好きな特定選手に魅力を求める人もいるでしょう。視聴率の原因&対策に「コンテンツの魅力」をあげるのは当然ですが、「試合内容」はコンテンツのイチ要素に過ぎません。
さらに言えば。
スポーツは相手があるものです。しかも勝ち負けがあります。
「試合内容」によってコンテンツの魅力を高めようとしてもそれは一方的かつ不確実な努力でしかなく、ここに重きを置きすぎるのはアンバランスです。
まさかサッカーの代表戦で、「試合内容」にシナリオ書くわけにもいきませんよね。

コンテンツの魅力を「試合内容」に求めても限界があるのでは?
低視聴率の原因については、宣伝告知も含め事業実務も検討しないとアンフェアでは?



そして。
この違和感が、次のように不快感につながります。

【違和感】
想定より視聴率が低かった事を問題視するのは正しい。それは組織のボスである川淵キャプテンの仕事であるし、責任でもある。
だけど、親善試合というそもそもの「コンテンツの魅力不足」を棚上げし、さらに宣伝告知等の事業実務には全く言及せず、一方的に原因を「試合内容」に求め、低視聴率の原因とするのか?

【不快感】
それって、責任逃れ&責任の押し付けじゃねーの?


「過去最大174億円の予算」(スポナビ)と巨大化している日本サッカー協会。
そのボスとしては・・ずいぶんなコメントだと思うのです・・。



テーマ:ジェフユナイテッド市原・千葉 - ジャンル:スポーツ

フクアリ必敗スパイラル!
まさにそーだよ・・・・!
読んだ瞬間、思わず画面の前で一人うなずいて、というか笑ってしまった西部さんの記事。

ボールは丸い 「犬の生活」ナビスコカップ第2節 千葉 2-1 広島(スポナビ)

ほんと、そうだよね、と。
今年だけじゃない、去年のいつ頃からか・・ずっとそう。

曰く、
「早い時間で失点→ポゼッションするも崩せない→相手のカウンターを食らう」
これぞフクアリ必敗スパイラル・・!


これを生み出した要因に、精神的なプレッシャーの影響が大きいと思っています。
例えば「Homeで勝てていない事への焦り」。勇人も「次はHomeだからプレッシャーがある」みたいな台詞を思わず口にしてしまった事もあります。
(もちろん、逆の意味にも解釈できる台詞回しでしたが、オレとしてはHomeがネガティブな意味で重圧になっていると解釈しました)

監督が代わったが故に、結果を出さなければならないというプレッシャーも加わるでしょう。
GM騒動のプレッシャーもあり、
代表選出でにわかに騒がしくなったメディア攻勢もあります。
今シーズンには選手が大きく入れ替わったからこそ、結果を求められるプレッシャーもある。

そのような様々なストレスやプレッシャーの中で、精神的に追い込まれていたからこその、フクアリ必敗スパイラル。

踏み出す一歩が遅くなり、小さくなり、
目の前に集中しすぎて視野が狭まり、裏をとられ、
失敗する恐れがプレイを躊躇わせ、
結局、うまくいかない時というのは、誰が何をどうがんばったところで、うまくいかないもの。

そのスパイラルから抜け出す唯一の方法は、とにかくどんな形でもいいから勝利するか、
もしくはドラスティックに作り変えるか、
そのどちらかしかないわけで。


リーグ鹿島戦の引き分けからはじまり、ナビスコの神戸戦/広島戦と連勝。
特に広島戦は・・待ちに待った、Homeフクアリでの勝利。
これが選手や監督の心を縛り付けていた重圧を解くきっかけになればいいな・・と思います。


がんばれ!
決して見捨てたりしないから!


テーマ:ジェフユナイテッド市原・千葉 - ジャンル:スポーツ

広島に勝利!・・ジェフの両翼は、ためらう左と香車の右。
昨日は朝早くからお仕事で外出、立ちっぱなし。
とはいえ適度に切り上げ、相方と合流し、フクアリに向かいました。
いやはや・・午前中は雨に風にと酷かった!
駅でアナウンスやら駅員の話を聞いてみれば、京葉線は徐行運転でかなり不安定。
だもんで、たまには・・と、総武線快速で蘇我へと移動。

スタメンを見てみれば、池田が公式戦初登場、黒部と新居の2トップ。好調工藤と朴もスタメンです。そして・・羽生がスタメン!巻もベンチ!
いくら途中出場/途中交代とはいえ、「連日」は厳しすぎ!
そう思っても、結局はこの二人の活躍が試合を収めたのだから、さすが。


試合が始まれば、ジェフがボール回しから敵陣へと切れ込んでいく。
特に開始早々、クロスから新居が頭であわせたシーン。あれはもう、「入って当然」というくらいなドンピシャリ。しかしクロスバーに弾かれる!
問題はその新居のシュートが弾かれた直後。その跳ねたボールを広島が拾い、例によってぽっかり空いたジェフ陣内へ長距離スルーパス。スペースに広島の桑田が走る!ジェフDFも必死で下がるが桑田を捕まえきれない。最後の砦 GK岡本が前に飛び出し・・躊躇し・・しかし飛び出すが、交わされる。
・・そして失点。

開始早々の失点で広島は余裕をもち、ジェフはプレイが固くなる。
特に左サイドの山岸が、プレイに積極さを失い、よく言えばバランス重視、悪く言えば消極的なプレイに終始する。
ストヤノフが中央でボールを持つ。左の斉藤に出す。斉藤から山岸へ。・・ここまではいい。しかしその山岸。すぐに、また斉藤に戻すか、フォローに来る工藤/羽生に預けてしまう。対面がいつもはCBのダバツだったせいか、広島もリスクをおかして踏み込んでくることはなく、局面は膠着状態へ。
そうなればジェフの攻め手は、後方から中央を持ち上がるストヤノフと、右サイドを突破する朴の二者択一となる。

固くなって、ボールをまわすも敵の懐に飛び込めないジェフ。
それを打破したのが、右の朴だった。

フリーになると手を大きく上げて、ボールを要求。
ボールをもらえば、必ずと言っていいほど単騎特攻・・しかもそのほとんどで敵DFを破り、中へのクロス。クロスの悉くを広島CB盛田が跳ね返し、黒部や新居が絡みきれないと思えば・・今度は敵PAに自ら切り込んでいく。
対面する敵のCB、そして絞ってくるDMF。朴がこの二人の間を「抜くぞ抜くぞ!」とプレッシャーをかけ、その隙にサイドを駆け上がる工藤や羽生にパス。もしくはライン際を自ら突破。それがもの凄く効いていた。

同点弾はその流れから生まれた。
朴という【香車】を警戒する広島DF陣を、工藤と羽生・・【桂馬】が短いパスワークで交わす。DF同士の隙間が空いたところに工藤が喰らいつき、突き進み、シュート。
下田が好反応でボールを弾く。
そこに新居、ボールを押し込む!
下田、超反応でさらに弾く!
再び工藤・・自らボールを蹴り込んで同点!
神戸戦の2点目を思わせるようなゴール前の波状攻撃だった。

後半は立ち上がり早々、山岸が前半とは打って変わって積極的なプレイを見せる。突破しきれずともスローインを奪うなど、プレイが好循環。「ハーフタイム中に怒られたか?」なんて思っていたら、その山岸が逆転弾を生み出した。

右サイドのクロスを黒部がポストで後ろに落とす。
中央から走りこんだ羽生がシュート!これを広島DFが弾き・・跳ねたボールを山岸が拾って左に流れる。ダバツがシュートコースを切ろうと動くが、山岸、かまわずシュート!
ボールがそのダバツに当たって下田の逆をつき、ネットを揺らす!

後半開始早々の逆転だった。


ジェフが逆転した後は、広島の交代策に押し込まれてしまい、何度もピンチを招く。対してジェフも、巻を投入して前線からのプレスで流れを防ごうとする。さらに伊藤/市原を別々に投入し、時間稼ぎと守備の運動量を狙う。

終了直前には無人のゴールにこぼれ玉!という致命的な決定機!
これも広島のシュートミスで命拾いし、なんとかタイムアップ。
ナビスコ予選リーグは二連勝という結果でスタートとなりました。

選手が入れ替わり、チームの軸を建て直している今のジェフには迷いがいっぱい。とにかく勝つ事が迷いを払拭し、自信につながるはず。
この結果がリーグ戦にもつながりますように!


何はともあれ。
ひさびさの「でんぐり」を目の前で見れて・・とにかくほっとした!



===<選手雑感>===
岡本:コワイコワイ。飛び出す間合いやタイミングに迷っている気がする。しかもGKだからそれが目立つ!失点したシーンもそうだし、前半にはCKに飛び出してパンチングを狙うも、すかんっ・・と空振りもあった。ミドル?クロス?を両手で弾くシーンはセーフティを選択したのか。終了間際のプレイは軽率。普通だったら、あれで同点だった。
斉藤:試合ごとにプレイの質があがってきている感じ。時々足元があやしかったけど。後半致命的なミスをしてカウンター&決定機になるも、自分でボールを奪い返したシーンあり。今日は苦手のロングフィードにはチャレンジせず。
スト:さすが。彼のプレイがピンチを招くことももちろんあるけれど、かといって、ストヤノフがボールを持ち上がらなかったら中盤の構成力が著しく弱くなってしまうのも確か。最後の時間稼ぎも素敵。
池田:古巣が相手、しかもなかなかもらえないスタメンのチャンスとあって、もの凄いがんばり。試合後のコメントでも。1対1ではほとんど敵FWに勝っていたんじゃなかろうか。ヘディングも身体も強さがあったし、速さもあった。惜しむべきは、ボールを持ったあと・・パスも展開も弱いというトコか。
勇人:工藤や羽生と流動的になりながらも、中盤の底としてボールを追いかけていた。しかし守備一辺倒ではなく攻め上がりも見せ、ミドルを狙ったシーンもあり。クルプニがいた去年のDMF1枚より安定していた?
工藤:二戦連続のゴール。これで3得点!去年のプレイは不安定でなかなかチャンスを掴めなかったが、これで今年は覚醒できるか。身体に強さが無いから単騎突破はできなくとも、右に左にサイドのフォローに駆け回って、朴や山岸と絡んで敵陣を崩そうとしていた。
羽生:とにかく頭が下がります。二日連続の試合出場。しかも今日は90分間のフル出場!後半のシュートは決めてほしかったが、そこまで臨むのもちょっと酷。広島に押し込まれた終盤は、巻と二人で敵陣内でプレスをかけていた。試合後にはタオル振り回し。やはり勝てなかったというプレッシャーや責任感を感じていたんだろう。
朴:どう見ても「一方通行」なキャラだ(笑)でもだからわかりやすいし、ストヤノフや工藤にしても使いやすいし絡みやすいのだろう。将棋で言うと【香車】。自分のイメージの中(突破等)で戦う分には強いけど、そのイメージから外れると、足元が慌てたりパスミスする傾向があるか。だけど個人的にはMVPをあげたいくらいだった。
山岸:試合後のコメントに苦笑い。そーだよそーだよ。だから撃て、踏み込め、【ヤレばデキル子】だって信じてるんだから、ボールを持ったらチャレンジしてほしい。今日のあのゴールだって、とにかく打ったからこそ入ったんだから。これで少しでもプレイが上向きになれば。
新居:試合ごとに周囲をかみ合ってきている。だけどまだどこか微妙なずれが。「ずれている」というほど大きいものではなく、「調和/同期しきれていない」というくらいの差異。ぴたりとはまるのも、ぜんぜん遠くないと思う。なんでもいいから1点でも入ってしまえば立て続けに決まりそう。
黒部:あれだと、・・巻と新居の2トップがファーストチョイスか。ジェフの今のサッカーのためには、もっと黒部に運動量が欲しい。ただそれも本人のプレイスタイルとチームとの融合の問題でもあるから、これからどうなっていくのか注目。
巻:代表戦で先発したのに、しかも途中出場。でも、最後の広島の攻めを防ぎきれたのは、やはり巻のおかげだと思います。動きの質や量、共に去年の好調時に戻りつつある。というか、回復傾向だとはっきり思えた試合。前線からのプレスにしろ、周囲との連動にしろ・・やっぱり巻がエース!
伊藤:今期公式戦初登場。時間稼ぎと、守備固め&運動量で投入。投入直後に右サイドを駆け上がるシーンがあった。短い時間だったけどこれを少しでも延ばしていければ。
市原:伊藤同様に、時間稼ぎと、守備固め&運動量で投入。ごめんなさい、特にプレイが記憶には残っていないけどここで投入されたという事は、それなりに成長してきてると思っていいんだよね?



テーマ:ジェフユナイテッド市原・千葉 - ジャンル:スポーツ

すぐ仕事に出かけなければならぬので、時間ないのでちゃっちゃと乱舞乱筆ゴメンナサイでキーボード叩いてます。
キーボードいいよね!
どれだけ急いでも字が乱れないからね!
今、誤変換で自我乱れないって出たけど、自我が乱れたら大変だよね!
しかも間違って消しちゃったから、書き直してるしさ!


さて!
昨日の代表ペルー戦では、巻が嬉しいことにゴールを決めました!セットプレイで中村俊輔が左からあげたFKに頭を合わせ、叩きつけるシュート。これが決まって選手点!

そして!
後半にはG大阪の家長や清水の藤本といっしょに、水野がピッチに登場・・A代表初cap!代表の試合でも相変わらずの水野のプレイ。手は痛々しかったけれど、気になる髭はそったらしい。

さらに!
羽生も登場。登場直後に左サイドを駆け上がったシーンあり。チーム状況的に、いつものような縦横無尽なランニングは難しかったかもしれない。左に入っていたはずが、気づけば右サイドで倒されていたりしてたな。

なにはともあれ、これをキッカケに巻にはぜひとも復調してほしいものです。もちろん他のジェフの選手達も、彼ら三人のプレイに刺激されれば。

FWのポジションを争う黒部&新居。
羽生に代わって登場するだろう工藤。
水野の活躍を指をくわえて見ているばかりじゃいられない若手達。

みんながんばれ!
彼らが不在の今日、ナビスコ広島戦。
ここで目に物見せてやれ。
彼らが不在の今こそ、矜持を示せ!

「FW巻が頭で先制点/親善試合」(ニッカン)
「オシムジャパンが2-0快勝/親善試合」(ニッカン)
「高原、巻のゴールで日本2―0」(スポニチ)
「オシム日本、07年白星発進!ペルーに2―0」(報知)
「エース復活!巻が07年初ゴール決め“マキ・スマイル”披露」(サンスポ)
「試合終了後のオシム監督(日本代表)コメント」(J's GOAL)
「試合後の中村俊輔、羽生直剛(千葉)、家長昭博(G大阪)、水野晃樹(千葉)コメント」(J's GOAL)

・・巻のコメントが見つからない・・。
・・でも、「肉でも魚でもない」がまた出ましたよ!!!!



===<フィギュア>===
ひたすら自分の演技をするしかない、フィギュア。
その演技を評価される他はなく、抗議や議論する余地はない。
やられたらやりかえせ・・という事もできない。
ひたすら100%を目指して研ぎ澄ましていくしかない。

サッカーやバスケットボールや、そういう「目の前に敵がいる」スポーツと違った厳しさのあるフィギュア。
(タイムトライアル系もそうだよな)

ほとんどミスなく自分の演技を表現する事のできた安藤美姫と浅田真央。・・どちらも演技終了後に、泣き出してしまっていた。
一方で2回も転倒してしまったキムヨナ。演技後は憮然としていた。


安藤美姫・・逆転優勝おめでとう!



テーマ:ジェフユナイテッド市原・千葉 - ジャンル:スポーツ

水本追加招集!・・明日はどっちだ!
坪井が肉離れ!(・・大丈夫か・・)
その代わり、代わり代わりに、なんと水本が代表に追加召集!

「水本裕貴選手 キリンチャレンジカップ2007 ペルー代表戦 日本代表メンバー追加招集について」(ジェフ公式)
「肉離れの坪井に代わり水本を緊急招集」(ニッカン)
「坪井離脱で追加招集の水本「ビックリ」」(スポニチ)

えーと、オレは水本大スキーなので、選ばれたことそれ自体はうれしいし、それはまぁ、それで、彼にはそれだけ期待していいポテンシャルがあるとは思うけど。
・・。
さすがに厳しすぎやしないかい?

水本/水野、どちらも今日のペルー戦に出場チャンスがあるとは思わないけど。
でもそれはそれで代表の練習に参加し、かつ、出番があるかもと!心身ともに準備をするわけで。
さらに来週にはシリア戦もあって。

・・えーと。
とりあえず明日のナビスコ広島戦には、二人共いないものと思ったほうがいいですな。

そうなれば!
広島戦の予想スタメンは次のとおり。
===
GK:岡本
SW:ストヤノフ
CB:ジョレ/斉藤
DMF:下村/勇人
SMF:山岸/朴
OMF:工藤
FW:黒部/新居
SUB:立石/池田/伊藤/楽山/松本/韻/熊谷
===
朴は韓国U20代表なので、そちらに出張している可能性もアリ。そうなると楽山か松本がスタメンになるだろうけれど、「ちばぎんカップ」の様子から、その場合は松本がスタメンと予想します。
(米倉は週末にはもういないかと思っていたら、合宿は28日からでした)

はてさて。
どうなる事やら。



===<妖怪問答>===
「【3.24 横濱チャレンジ!】前日練習後のオシム監督(日本代表)会見コメント」(J's GOAL)
「ペルー戦前日 オシム監督会見」(スポナビ)

さすがというか、なんというか。
質問した記者の人、むかついただろうなぁ・・(笑)
まぁ、オレはオシム信者ですから、ええ。
こういう問答を見ると、木で鼻をくくったような問答がとてもうれしく思います。

オレもこういう問答ができるようになりたいです。

・・見習わなければ!
・・精進しなければ!


テーマ:ジェフユナイテッド市原・千葉 - ジャンル:スポーツ

U22に水本/水野!・・代表組の過密日程。
U22に水本と水野、二人ともに選出!
大分のGK西川が復帰したこのU22代表で、Home28日のシリア戦に挑む事になります。場所が国立とはいえ、見に行こうにも平日の19:00だからなぁ・・。週末はJリーグやナビスコがあるのでしょうがないんだろうけど。

しかし。

心配になるのは、またまた代表選出組の過密日程です。

3月10日(土):Home清水戦(J1)
3月14日(水):Awayマレーシア戦(U22 五輪予選)
3月17日(土):Home鹿島戦(J1)
3月21日(水):Away神戸戦(ナビスコ予選リーグ)
3月24日(土):Homeペルー戦(代表親善試合)
3月25日(日):Home広島戦(ナビスコ予選リーグ)
3月28日(水):Homeシリア戦(U22 五輪代表)
3月31日(土):Away磐田戦(J1)

※水野は、さすがに24日⇒25日の連戦はないと思うけど・・。(試合に出られるかもわからないし)

これだけの連戦が続けば、体力面のコンディションもそうだけど、メンタル面でも疲れてしまっておかしくない。マレーシア戦ではAwayという事で移動のストレスもあるだろうし。約一ヶ月間の強行日程。これを無事に乗り切ってくれれば・・!
って思って気づいたんだけど、厳しい日程は3月だけじゃない。
4月は4月でまたまた日程がキツキツ。平日にはナビ予選、週末にはJ1。そして4月18日(水)にはU22代表Awayシリア戦!
そこからさらに稼ぎ時のゴールデンウィーク連戦に続いていきます・・。
去年、巻をはじめとしてジェフの選手達がシーズン終盤に激しく消耗していた事を思うと、かなり今から心配になってしまいます。

水野の代わりにナビスコ神戸戦で右サイドに先発した朴。
彼は彼で、U20韓国代表に選ばれてるしな・・(コチラ)


そうなると、今週末の広島戦は、どのような選手起用になるのか気になります。やはりアマルらしく、常に彼の信じるベストメンバーで突き進むのか。それとも多少はリカバーを意図して選手を替えてくるのか。

巻(フル)/羽生(フル)、水野(フル・U22)/水本(U22)、青木(U20)/朴(U20)、米倉(高校選抜)

以上7人が不在!
 黒部/新居の2トップか?
 楽山/工藤のスタメンか?
 DFラインに結城復活か?
 ベンチに松本や韻や市原や伊藤がくるか・・?

広島戦、どうなるのか期待半分心配半分!


「タカ巻はいかが?」(FC JAPAN ジェレミーコラム)
「水本裕貴、水野晃樹選手 アジア男子サッカー2008 2次予選 U-22日本代表vsU-22シリア代表戦メンバー選出について」(ジェフ公式)
「【アジア男子サッカー2008 2次予選(3/28 vs U-22シリア代表@国立競技場) 】U-22日本代表メンバー・スケジュール(07.03.22)」(JFA)
「U-22五輪代表に西川と枝村が復帰」(ニッカン)
「シリア戦のU―22日本代表発表…西川と枝村が復帰」(報知)
「U-22日本代表を発表…反町監督、飛び級組に“俊輔魂”学べ」(サンスポ)
「飛び級選出の家長に先発の可能性…戦術練習で持ち味発揮」(サンスポ)



===<広島戦にむけて>===
「3.25ホームゲームの直前情報について1」(ジェフ公式)
「3.25ホームゲームの直前情報について2」(ジェフ公式)

毎試合これ掲示すんのかー、・・まぁそれもアリっちゃアリだけど、面倒じゃね?
・・なんて思っていたわけですよ。
もっと目立つように特集ページ化しろよー。トップからすぐ飛べるようにしろよー。
・・なんて思っていたわけですよ。

そしたら!
トップからいきなり、直接この「直前情報」に飛べるのな!
知らなかったよ!!
トップの画像(3月23日の今日この時点なら、工藤の写真)、この画像の右端に、「次はナビスコ広島戦!」という意味の文言があるけど、このテキストに、その直前情報へのリンクが張られていました!
・・気づかなかった!
・・文字、画像と一体化してると思わなかった!
・・だってその下の「WIN BY ALL!」は普通のロゴデザインでリンクないし!

あれ、でもこれ常識?
知らなかったのオレだけ・・?



===<ジェフU18、中村祥太、U16でフランス遠征!>===
「ジェフユナイテッド市原・千葉U-18 中村祥太選手 U-16日本代表 フランス遠征メンバー選出について」(ジェフ公式)
「U-16日本代表 フランス遠征〔モンテギュー国際大会(3/31~4/11)〕(07.03.20)」(JFA)

ジェフU18から中村クンがU16日本代表に!
そしてフランス遠征とあいなりました!

がんばれ!



テーマ:ジェフユナイテッド市原・千葉 - ジャンル:スポーツ

神戸に勝利!・・そして水野が初召集!
今期、公式戦で初勝利!
ナビスコ初戦に勝利!

4-1・・なんといって工藤の2ゴール1アシストと、巻の(ようやくの)回復の匂いが嬉しい試合でした。一方で、敵の主力組が登場した後半の様子は、「調子に乗るなよ」という感じで、それもまた一興。

ジェフは巻の1トップに工藤/羽生が絡んで、勇人が押し上げるというセンターライン。それを支えるの下村。サイドは右に朴、左に山岸。DFラインはストヤノフを中央に、左に水本、右に斉藤。
神戸は近藤/大久保/ボッティと主力攻撃陣がベンチスタート。・・温存というよりは一年間を見据えて、チームの底上げを図った意図か。前日の報道で話題になった岸田はスタメンではなくベンチ。

試合は、ジェフが前半に3-0とゴールラッシュで勝負アリ。メンバーが変わった後半、1-1というスコア以上に押し込まれていたけれど、これはジェフも選手を変え、且つ、点差を見据えたプレイだったからでもある。


【印象的だった事:1】
敵のプレッシャーが弱かった前半、工藤が存分にテクニックを発揮。特に右サイドの朴と絡んで、何度も敵陣を蹂躙していました。朴と工藤の相性は、かなりいいんじゃなかろうか。「剛の朴、柔の工藤」という感じで。工藤のコンディション&運動量が良かったせいもあるだろうけど、朴が突き進んだそのフォローに必ずと言っていいほど工藤が顔を出していた。

【印象的だった事:2】
巻は復調!? ね、ね、期待していいのか!?
2点目を生んだヘディングにしろ、前半で身体をはるシーンが、TV観戦であっても目に入るようになってきた。動きも力強くなってきたし。
巻らしい・・巻だからこそのプレイが、近々ほんとに見られるか!?
(去年の前半の巻は・・、あれはデキスギというか神掛かっていたというか。あれがデフォルトになればいいのだけれど)

【印象的だった事:3】
近藤祐介が・・すげー厄介! あーもう厄介だった!
身体強いのな、あいつ! 近藤がボール受けたところにジェフの選手がプレスをかけて奪いにいっても、がしっとそこに両足ふんばって、身体を当てても揺るがない。後半から登場という事もあって走り回り、ボールをまわすウチのDF陣を追いかける。そこからピンチにつながる事もたびたび。
いざ巻になにかがあったとき、「巻というポジション」のためにウチにいらっしゃいませんか?

【印象的だった事:4】
下村がまだ微妙。微妙と言うのは期待値が高いからなんだけど。
ストヤノフや勇人が前に出る、それを中盤低めからDFラインにかけてフォローしている姿は上々。だけど、両サイドに空いたスペースやサイドへのフォローであったり、それからタイミングによっては、勇人や他の選手達と「狙い」がかぶって、動きが重なってしまうシーンもあった。
でも。・・試合で下村を見れば見るほど、期待値がふくらんでしまうので、勝手に期待して勝手に「うむー・・」と思ってしまっているのです(苦笑)

【印象的だった事:5】
岡本・・自信を失いかけているような気がするのだが、いかに?
前に飛び出すタイミングや決心が、鈍くなっているのか?か?か?
岡本の飛び出しを期待して水本が敵を押さえ込むも、岡本飛び出さず。慌てて水本がボールをクリアしに動いてCKに逃げたシーンが象徴的。あそこ、水本が岡本に「なんでだよ!」という感じで吼えてたな。
・・うーむ・・。


何はともあれ、今のジェフには勝利こそ万病の妙薬。
一つ一つ大事に積み重ねていくしかない。
次は中3日でナビスコ広島戦!

「2007 ヤマザキナビスコカップ Aグループ 神戸 vs 千葉」(J'S GOAL)
「「【ヤマザキナビスコカップ】神戸 vs 千葉:アマルオシム監督(千葉)記者会見コメント」(J's GOAL)
「「【ヤマザキナビスコカップ】神戸 vs 千葉:試合終了後の各選手コメント」(J's GOAL)
「【ヤマザキナビスコカップ 神戸 vs 千葉 レポート】ナビスコカップ3連覇を狙う千葉が、4-1の圧勝で好スタート。後半は盛り返した神戸だが、前半の3失点に泣く」(J's GOAL)
「ヤマザキナビスコカップ:第1節 神戸 vs 千葉」(J's GOAL)
「千葉、3連覇へ好スタート/ナビスコ杯」(ニッカン)
「千葉MF工藤2発などで圧勝/ナビスコ杯」(ニッカン)
「千葉3連覇へ4発完勝/ナビスコ杯」(スポニチ)
「千葉3連覇へ快勝…ナビスコ杯1次リーグ開幕」(報知)
「千葉、生え抜きの工藤が活躍!」(報知)
「千葉、3連覇へ好スタート! ナビスコ杯開幕」(サンスポ)
「主力温存の神戸大敗/ナビスコ杯」(ニッカン)
「神戸、大久保嘉ら温存が裏目」(報知)



===<巻、水野・・代表招集!>===
「羽生直剛選手 巻誠一郎選手 水野晃樹選手 日本代表選出」(ジェフ公式)
「日本代表に水野ら7人を追加招集」(スポニチ)
「水野、家長ら7人を追加招集-サッカー日本代表」(サンスポ)
「巻“らしさ”アピールで追試合格」(スポニチ)
「巻、ペルー戦メンバーに滑り込み!ナビスコ杯で“追試”に合格」(サンスポ)
「水野、家長ら7人をペルー戦へ追加招集」(ニッカン)
「水野大ボケ「U―22は来週です」」(スポニチ)
「若手ズラリ…家長ら7人を追加招集」(スポニチ)

水野、初召集おめ!!!
だけど・・巻も水野も身体を壊さずに、ジェフに帰ってきてくれることが一番。特に水野は、U22代表でも試合に出る可能性が充分高いため、余計に。(身体も細いしな・・)

二人とも、無事に帰ってきてくださいませ。

そして、チャンスがあればぜひ試合でもがんばってきてくれ!



===<おまけ>===
「【ヤマザキナビスコカップ】大分 vs 横浜FC:シャムスカ監督(大分)記者会見コメント」(J's GOAL)

シャムスカ監督の記者会見冒頭。
「(テーブルにあるヤマザキナビスコ製品を指差して・・・)これを食べてもいいですか?(一同、爆笑)
・・そ、それはイビツァ・オシムの持ちネタだーーーー!!!

シャムスカが、「知っててやった」のかそれとも「天然でネタがかぶったのか」・・そのどっちなのか、すげー気になる。。。



テーマ:ジェフユナイテッド市原・千葉 - ジャンル:スポーツ

ナビスコ初戦、敵は神戸!・・横浜FMは社長交代?
さあ、ナビスコカップ、その初戦がはじまります!
ジェフの初タイトル、そして二連覇!というゲンのいいカップ戦。

今年も予選からの参戦。
この予選グループを突破しない事には、三連覇には辿り着けない!
グループ1位(or2位)が予選突破なのだから、G大阪はもちろん、広島も神戸も打ち破らなくては!
となれば、今日は短期決戦のカップ戦、大事な一戦になります!

・・でも。
いろいろとこう、自分を奮い立たせてみても。
リーグ戦の調子が上がらない様子に、不安の方がずっと大きいわけです。とにかくジェフのサッカーを取り戻すために、ナビスコだろうとリーグだろうと、大事に大事に戦ってほしいな・・と。

さて戦う相手の神戸ですが。
「【ヤマザキナビスコカップ 神戸 vs 千葉 プレビュー】2年ぶりのナビスコカップ参戦となる神戸が3連覇を狙う千葉と対戦。注目は、神戸復帰の岸田裕樹!」(J's GOAL)
「神戸、21日ナビス杯で6人先発入れ替え」(ニッカン大阪)
「神戸、ビデオで「復習」と「予習」」(ニッカン)
どーやら神戸は、リーグとは面子を変えてくるっぽいです。
もちろんナビスコを「捨てた」とかじゃないとは思うんですが、リーグではなかなかチャレンジする事ができないリスクを選択してみようという事でしょう。

そしてジェフ。
「巻先発落ちピンチ…追加招集に暗雲」(スポニチ)
「巻崖っぷちベンチスタートも…ナビスコ杯千葉vs神戸」(報知)
「巻、千葉スタメン落ちの可能性あり?代表入りに黄色信号!」(サンスポ)
どうやら昨日のミニゲームにおいて、巻は羽生や勇人と別の組み合わせにはいっていた模様。それゆえ、ベンチスタートではないか?との憶測です。
・・もし黒部と新居の2トップが実現すれば、それは普通に楽しみだぞ?
それにベンチスタートかスタメンかという話のオチを代表に結び付けられるのは、そーゆー側面がある事は事実だとしても、なんとなくなんとなく、なんだぞ?

巻には、代表やら今回のペルー戦がどうやら、それらからは一度離れて、自分自身のコンディションやメンタルを、まずはすっきりと取り戻して欲しいと、切に願います。

「頑張ります。いつもどおり、元気に…」。発せられた言葉に元気がない。(サンスポ)・・だなんて、寂しいじゃないか。

敵も味方も、どんな面子でぶつかりあうのか楽しみなナビスコ神戸戦。
16:00、キックオフ!


===<リザーブズ>===
今日は市原臨海でのJFL第2節。アローズ北陸との試合です。
・・いえね、行こうかと思ってたんですけどね。
寝坊しました。

断念・・ショボン。。



===<黒河、新潟へ!そしてJAPANサッカーカレッジへ!>===
「新潟がGK黒河を獲得、即レンタルに」(ニッカン)
「黒河 貴矢 選手 加入およびJAPANサッカーカレッジへ期限付き移籍のお知らせ」(新潟公式)
「■2007.03.21 黒河 貴矢選手 加入のお知らせ」(JAPANサッカーカレッジ公式)

昨シーズン、レンタルでジェフに加入した黒河。
契約の延長はせずに、そのままジェフを離れ、さらに清水からも契約更改せず・・となり。今シーズン、戦うクラブのないままに4月をむかえようとしていましたが。遂に新しいクラブが決まり、何はともあれほっとひと安心。
・・やはりジェフに来てくれた選手達というのは気になりますからねぇ・・。

新潟が黒河を獲得し、そのままJAPANサッカーカレッジにレンタル移籍。
故に今期は北信越リーグ(コチラ)を戦う事になったわけで。

つまり!
要田(AC長野パルセイロ)ダニロ(ツエーゲン金沢)と合間みえる可能性大!なわけです。

がんばれ!



===<横浜FM、社長交代!?>===
「横浜M社長“更迭”クラブ赤字と成績不振…サポーターから抗議殺到」(報知)

組織マネジメントとして、横浜FMの左伴社長がどうだったかはイマイチわかりませんが。・・ともあれ、二期連続の赤字というのは、日産からするとアレだよなー・・確かに。

あとはマリノスタウンが、ほんとにほんとにどーなのか、と。
新聞報道だけだとかなりの負担になりそうだから、他クラブながらにちょっと心配。


・・ところでウチの社長はどうなんでしょうねぇ・・。


テーマ:ジェフユナイテッド市原・千葉 - ジャンル:スポーツ

羽生が代表に!・・米倉は高校選抜、青木はポルト出発!
ペルーと戦う日本代表が発表。
ジェフからは羽生が選抜されました!

「FWは高原一人!不振の国内組に喝…ペルー戦メンバー」(サンスポ)
「オシムチルドレンは羽生だけに」(スポニチ)
「国内組FWは“イエロー”で追試」(スポニチ)
「千葉勢羽生だけ オシムジャパンから消滅?…日本代表18人発表」(報知)
「オシム監督、欧州組は俊輔と高原を招集」(ニッカン)
「オシム監督、満持して欧州組を招集 チームは次の段階へ(サンスポ)
「常連組の落選はオシム監督からのイエローカード」(サンスポ)
「ペルー戦の海外組は中村俊、高原」(スポニチ)
「俊輔、高原を招集…24日日本代表今季初戦ペルー戦」(報知)

良きにつけ悪しきにつけ、「オシムチルドレン」とメディアに書かれるジェフの選手達。今回、代表に選ばれたのは羽生一人であって、巻や山岸/勇人/(水本もか)が選ばれなかったことから、そこにも注目されてしまいます。

でもね。
正直、選ばれなくて当然だと思います。
Jリーグが始まって3試合。ウチは1分2敗。巻は無得点だし、チームとしての失点も多い。この状況ではサポとしても、他のサポに胸を張って選手を見送るのも微妙に思ってしまいます。

改めて・・コンディションなりモチベーションなり。
自分達の今の立ち位置をしっかりと見直して・・がんばれ。
オシムがどんな人なのかは、それこそわかっているはずだから。

選ばれなかったことは、それこそ「そういう事なんだ」と胸に言い聞かせて。

がんばれ。



===<若手達がそれぞれの代表へ>===
「U-20日本代表がポルトガル遠征に出発」(ニッカン)
「U-20日本代表チーム ポルトガル遠征(3/18~3/27)メンバー(07.03.13)」(JFA)
「青木孝太選手 U-20日本代表 ポルトガル遠征メンバー選出について」(ジェフ公式)

U20として青木がポルトガルに出発!
・・青木は飛行機嫌いなハズなんだが、大丈夫か!?
ヨーロッパは遠いぞ!
しかもポルトガルには、日本から直行便が通っていない!まさか協会が自家用ジェットを持っているはずもないし。
となれば、ローマ?パリ?ロンドン?このあたりに一度はいって、トランジットでポルトガルに入国。
所要時間、17~21時間との事!!(地球の歩き方)

長旅にめげるなよ!
エコノミークラス症候群・・急性肺血栓塞栓症になるなよ!

もちろん試合もがんばってきてくれ!


「高校選抜に千葉MF米倉ら18人」(ニッカン)
「高校選抜に成田、米倉ら18人選出」(スポニチ)
「日本高校選抜に成田ら18人」(報知)
「日本高校選抜チーム直前合宿・欧州遠征について(3/28~4/11) ~デュッセルドルフ国際ユースサッカー大会参加~(07.03.19)」(JFA)

そして米倉が高校選抜に!
・・このチーム。U20とかU18とかとは関係ないような気がするんだけれども、どーゆー立ち位置なんだろうか。「高校選手権がんばったねご褒美遠征」などという事もないだろうが、イマイチ存在理由が不明瞭。

だけど。
・いつもと違うコーチや選手達と練習をする「刺激」。
・HSV/PSV/ブレーメンといった海外強豪のユースとAwayで戦う「経験」。

全く無意味なものではないのだから、これを機会に米倉がいろいろと見聞きできれば、それはそれでアリなのかな、とも。
若い頃の旅行は絶対役に立つ!と信じてるし。

・・でも試合に出れなかったら、微妙だけどね(苦笑)



テーマ:ジェフユナイテッド市原・千葉 - ジャンル:スポーツ

JFL開幕!・・リザーブズは勝利でスタート!
Jリーグの開幕(3月3日)から遅れること15日。
3月18日、JFLが開幕しました!

参戦するのはジェフリザーブズ。去年はジェフクラでしたが、名前といっしょに選手もかなり入れ替わり、立ち位置も「トップチームの予備軍」と明確化。いつでもトップの選手達と入れ替わることができるよう、JFLという実戦の場で選手を育成するのがその存在意義。
とはいえ今年からJFLには【自動降格枠】が誕生。去年まではたとえ最下位でも「入れ替え戦」があり、そこが最後のチャンスでしたが今年はそうも言ってられません。リーグの成績が振るわず最下位ならば、その時点で地域リーグに降格です。
・・まぁ、J2への昇格クラブが多ければ、その分降格枠が減るけどね。

という事で、昨日、開幕したJFL。
トップは二連敗プラス引き分けのヲロヲロスタートでしたが、リザーブズは・・というと・・。

見事!
ソニー仙台相手に、敵地ユアスタで1-0の完封勝利です!

「トップページ」(JFL公式)
「日程・結果」(JFL公式)
「試合結果速報」(ジェフ公式)

JFLの公式にもジェフ公式にも、どちらにも資料としての情報掲載はありません・・一応、昨日は日曜日だしね(笑) なのでどちらも速報掲載しかありません。JFLのほうは去年どおり、PDFの個別資料が掲載されて、ジェフの方は、この速報情報がアーカイブに移るのでしょう。

で。
気になる初戦には・・。
===
去年から参戦のユース出身、GK瀧本!
オレ的注目株、去年はDMFじゃなかったっけ?、DF野澤健一!
トップから参戦、DF竹田!
同じ千葉、しかも古河からの新加入、DF木村!
トップの練習にも参加、元関西A選抜、MF宇野!
今年はお前がチームの要、MF河野太郎!
背番号2のFW!?、ユース出身、FW鳥養!
スピードスターはいよいよ輝くか!?、FW堀川!
===
などと気になる選手がスタメンで登場です。SUBにはさらに川上もいたり。

・・でも。
なんでジェフのSUBは5人で、ソニー仙台のSUBは7人なの?レギュレーション、変わったっけ・・?
そう思って見れば。ロッソ熊本対流通経済大学(熊本公式)も、ホンダFC対FC岐阜(ホンダ公式)も・・みんなみんな、SUBは7人。
もしかして、リザーブズ・・やっちゃった?



===<リザーブズの補強を振り返る>===
「千葉の堀川らがリザーブズへ」(報知)
「選手登録変更のお知らせ」(ジェフ公式)
「ジェフリザーブズ」(JFL)
「ジェフリザーブズ」(ジェフ公式)

堀川/竹田/川上、・・まずはこの3人がトップからリザーブズに参戦する事となりました。堀川は自分でもそんな発言してたしね。同様に自分でもコメントしていたトンスも、おそらくちょい遅れでリザーブズ参戦でしょう。安里や中原とかも続くのだろうか。

しかし堀川と川上。
それぞれ背番号が「10番」と「4番」だなんて・・なんつーか、もう、主力?あんたらリザーブズの主力!?岐阜やら熊本やら栃木やらホンダやら佐川やら・・そんな面子にガチンコ勝負するその主力なわけですかっ!?

加えて・・リザーブズ自身としての補強も実施。
ジェフ公式とJFLではずれがあるけど、今年の新加入は次のようなメンバー。
  ・宇野勇気(びわこ成蹊スポーツ大学より。関西A選抜経験あり)
  ・木村直純(古河電工千葉より。去年、ジェフクラと対戦経験あり。国体千葉選抜)
  ・入江利和(作新大学より。関東B選抜や柏への練習参加経験あり)
  ・渡辺正嗣(東洋大学より。鳥栖のテスト生経験あり)
  ・池端員匡(岸和田クラブより。清風高から大阪学院大学)
  ・柿内直素(ジェフユースより。しかもジェフ舞浜からの生粋!)
  ・石川翔二(FC琉球より。通称ガッツ、一部からはアフリカ)
  ※瀧本雄太(ジェフユースより。去年途中より参戦。試合出場もアリ)
  ※鳥養祐矢(ジェフユースより。去年途中より参戦。試合出場もアリ)

なんといっても注目は、FC琉球からの移籍の石川翔二。・・好不調の波はあってもスピードと運動量でサイドを駆け回る選手。
調べてみれば・・
「ガッツの塊 意外性も魅力 MF・石川翔二」(FC RYUKYU ONLINE)
「石川翔二選手 移籍先決定のご報告」(琉球公式)
「「ガッツ」石川移籍 JFLジェフへ」(沖縄タイムス)
・・なるほど、既に発表済みではあったのね。

そしてトップの練習にも参加した宇野勇気にも期待!・・さっそく開幕戦で得点したしな!


去年のジェフクラからは、トップや他のJクラブに移籍する選手はいなかったけれども、・・今年は一人でも出ますように!

そしてもちろん、是が非でも残留を!
去年のリーグ12位以上を目指せ!


テーマ:ジェフユナイテッド市原・千葉 - ジャンル:スポーツ

苦手鹿島に3-3・・光は見えたか?
鹿島戦は諸事情でフクアリに行けず。かわってスカパー観戦となったJ1第3節の鹿島戦。

去年こそ2勝1敗ですが、通算ではめっちゃ負け越しの苦手クラブが鹿島です。
・・その戦跡、10勝1分23敗、40得点68失点!
クラブ対クラブという視点では、苦手も苦手・・鹿島の貯金箱のジェフ。しかもこの試合、両者共に開幕二連敗という事で、向こうも必死、こっちも必死。どちらも「負けたらどーなる!?」というシチュエーションで迎えた試合なので、正直、かなり「やべーなー、鹿島だよ鹿島、こんな時に・・」と、心中穏やかならぬものだったのですが・・。

結果は3-3の引き分け!
スコアを見れば乱打戦ですが、そんな印象はなく、今後にむけて少しは明るい兆しも見えた!と思えるような試合でした。
・・と言ってもスカパー観戦ですからね、カメラワークを通した印象でしかないけれど。

個人的には下村と新居に大注目。

まず新居。
前目でタメや起点を作れなくなったジェフですが、ならばオレが!とばかりに新居が大活躍。前線で裏を狙ったかと思えばハーフラインまで下がってボールを受けて捌き、ポイントとなる。水野のゴールも、羽生が左に開いた新居にパスを出し、その新居のグラウンダーのクロス!前半には惜しいヘディングシュートもあり、こりゃ、ジェフ移籍後初ゴールもそんなに遠くないな・・と思わせるキレっぷりです。だけど、巻や中盤との意思疎通/以心伝心がイマイチなのか、またまたこの試合でも、空中にあるクロスに巻と新居が同時に重なって競り合うシーンがありました。だけどそれは練習や試合を重ねれば重ねるほどにこなれていくもの。今後にめっちゃ期待してます。

そして下村。
いやね、あんたはイケメンだよ・・ほんとに。スカパーでは今年から、ハーフタイムにHomeチームの応援企画をやるのですが、そこでは某レストランでの食事会の風景が。その中で、黒い半そでTシャツで立ち上がり、会話?料理をよそう?下村のシーンもありました。なお、下村のテーブルには黒部に新居・・やっぱり移籍組が集まってました。その奥、お店の隅には勇人そこに在り。そのシーンの下村に、ウチの奥さん、「かっこいー、下村かっこいーっ、もう一回、巻き戻してもう一回!」との事。
・・って顔の事はオイトイテ。
守備重視のDMFとして先発出場。ダニーロを抑えるよう指示があったみたいで、かなりそのタスクをこなしていました。しかも地に足のついたプレイというか・・下村がそこにいるから、勇人や羽生が飛びまわれるといった印象。下村の存在感と安心感。ここぞという時には前線に進出。敵とボールの間に身体をねじ込む強さも在り。だけどパスワークを見るに、チームへのフィットは「まだまだ感」がある。だけどそれも新居同様、今後に期待できるでしょう!

そして心配半分、期待半分なのは山岸です。
1失点目も3失点目も左サイドを突き破られての失点。まだしも3点目はジェフが攻め上がったところをカウンターだったけど、特に1失点目は本山のパスから内田に山岸が突き破られている。マルキーニョスの動きをジョレがつかみきれていないという最終的な要因もあるけれど、それでも内田のクロスがシーンの要。あそこは山岸にふんばって欲しかった。
・・両サイドにSBとSMFを配置、2人がかりで攻めてくる布陣が増えたJリーグ(4-4-2とか4-3-3とか4-5-1とか)。ジェフが今の布陣を敷く限り、山岸/水野の両SMFには「攻撃こそ最大の防御」というスタンスで攻守両面での活躍が求められています。どうしても去年以上に負担がかかると思うけど・・でもオレは、山岸は【ヤレばデキル子】だと信じてますから!
信じてるったら信じてるんだから!
・・昨日の試合だって、惜しいシュートあったし!
しかもバックパス減った印象だし!
このまま歯を食いしばってがんばれば、復調も間近、そして更なる飛躍も間近!
そう思って心配半分、期待半分なのです。

あとジョレ。
フィードが敵に渡ってしまうシーンは、あれはコミュニケーションや連携の問題かと。弾道が綺麗だったから、今後はサイドチェンジやカウンター一発につながると期待できます。
問題はDF陣(DMFやGK含む)との連携。お互いのポジショニングというか距離感というか、誰が誰をどうマークするのよ?といったところ。ここにかなり苦労している。だけど守備の基本技術がしっかりしているのはもう、明らかも明らかで。早くストヤノフや水本や下村と組み合って、固い守備陣を作って欲しいものです。
あ、スカパーに映ったお子さんが可愛かったぞ♪

そうだ、そうだよ・・!!!

ジョレのためにも、下村をスタメン起用すべきだ!
だって下村は、英語もドイツ語もできるんだから。ジョレもそのほうがやりやすいに違いない!(笑)


という事で。
二連敗の後に引き分けのジェフ。

未だ勝ち星なし。
勝利なし。
勝ち点はようやく「1」。

しかし昨日の試合を見れば、明日明後日、今後のジェフに期待ができる。
そんな・・明るい兆しの見えた試合だったと思います。
春はもうすぐさ!

・・DFが不安だけどな!
・・やっぱりあれか、某レストランでの食事会のおかげか!
・・「きざし(物事が起ころうとする気配。兆候。)」って「兆し」と書くけど、「萌し」とも書くんだな。うん。


「試合詳細データ」(J's GOAL)
「【J1:第3節 千葉 vs 鹿島 レポート】攻撃の連係と決定力は向上した感のある両チーム。守備に難点のある試合が続く千葉は失点減少が最優先事項」(J's GOAL)
「【J1:第3節】千葉 vs 鹿島:アマルオシム監督(千葉)記者会見コメント」(J's GOAL)
「【J1:第3節】千葉 vs 鹿島:試合終了後の各選手コメント」(J's GOAL)
「【J1:第3節】 千葉 vs 鹿島 ジェフィがジェフィを!」(J's GOAL)
「【J1:第3節】 千葉 vs 鹿島 ジョレ初ゴール!」(J's GOAL)
「千葉MF水野が2季ぶりのゴール/J1」(ニッカン)
「千葉は復調もミスで勝利逃す/J1」(ニッカン)
「千葉・水野がアピール弾!反町監督の前で決める」(サンスポ)
「3得点絡んだ!水野で最下位脱出」(スポニチ)
「無休・水野から3発!千葉連敗ストップ…J1第3節」(報知)

・・うそー、水野って去年も点取ってたべ?
と思いきや。
そっか、水野の得点は全部ナビスコか。



===<おまけ>===
「大分のDF藤田がA契約に変更」(ニッカン)
「大分の藤田がA契約に」(報知)

「藤田はしっかりフィニッシュができていてマークも激しかったし、攻撃にも顔を出せていた」とシャムスカに言われた藤田。

えーと、えーと、えーと。

今シーズン終了後、ジェフに戻ってきてくれるのでしょうか・・?



テーマ:ジェフユナイテッド市原・千葉 - ジャンル:スポーツ

Homeフクアリで鹿島戦!
開幕から二連敗。
開幕名古屋戦。ヨンセン/本田/藤田に金正友、彼らにやっつけられての0-2。
Home開幕清水戦は、魔のエアポケット・・4分間劇場。ストヤノフのPK劇場もあったけれども1-3。

をををを!
どーにも心が重苦しい。

だってね、だってね、去年のね、いろんな騒動があっての今年なのだ!
ジェフサポの心は、寒風吹き荒ぶ乾ききった荒れ野原。
あっと言う間に視野狭窄で余裕はなく、心はネガティブに燃え盛る。
その様、まさに燎原の炎!

これで今日の鹿島戦・・三連敗となってしまえば、をろをろおろおろ、きっと闇夜の中で目隠しして耳も塞いで、全力疾走した挙句にあちこちぶつかってジタバタ足掻きもがくジェフサポの姿が見られるでしょう。あれですよ。狭い木箱の中にぎりぎりとネジをまいたチョロQを入れて走り出せば、あちこちの壁に自分からガツンゴツン。ほんでもって、プシュゥー・・という感じです。

さて。
そんな無理矢理に茶化すような文章書いてるオレですが・・今日は鹿島戦は見にいけません。代わりに携帯の実況をリロードしまくりだろうから、電池がもつがどうかがちょっと心配。スカパーの録画もセットしたしな。ウチのHDDレコーダーは東芝だから、スカパー連動でバッチリさ!

そんな鹿島戦のスタメン予想。
===
GK:岡本
CB:ジョレ/水本
SW:ストヤノフ
DMF:勇人/下村
SMF:山岸/水野
OMF:羽生
FW:黒部/新居
SUB:立石/池田/工藤/楽山/朴/青木/巻
===
水本/水野は出場でしょう。帰国早々に練習だったみたいだし。去年のあの巻を起用しつづけたアマル采配を思えば、コンディション重視で面子を変えるともあまり思えない。水本出場を前提にDFラインは3枚。鹿島の2トップにCBを一枚ずつあてて、ストヤノフが一枚あまるいつもの布陣。中盤低めは下村の初先発で守備重視、ダニーロをケアする格好か。両サイドはそれぞれ互いにマッチアップ。鹿島のSBがあがってきたときには勇人や羽生がフォロー。で、先発FWは・・黒部/新居。

練習の様子なんて全く見ないままに、新聞報道や姉崎日記をもとにした予想ですが・・はてさて。当たるでしょうか。

戦う相手の鹿島も二連敗。
こっちだって二連敗。
負けてなるものか。

16:00、キックオフ!


「千葉FW巻が居残りシュート練習」(ニッカン)
「ジェフ道産子コンビで勝つ…17日鹿島戦」(報知)
「【J1:第3節 千葉 vs 鹿島 プレビュー】決定力不足で連敗スタートの両チーム。千葉は先制点奪取で、昨季のヤマザキナビスコカップ決勝戦を再現したい。」(J's GOAL)
「千葉に休みなし、U22帰国即練習」(ニッカン)
「千葉が水本&水野に中2日強行出場指令」(報知)
「鹿島戦チケット情報」(ジェフ公式)



===<直前情報の掲載>===
「3.17ホームゲームの直前情報について1」(ジェフ公式)
「3.17ホームゲームの直前情報について2」(ジェフ公式)

をい、そーきたか!
というのが素直な感想の直前情報(笑)

いや、普通はこーゆーのって、ページをわけるんじゃないのか?
更新情報とかヘッドラインに流し込むのか?
他の情報も確かに十把一絡げに「ニュース」でまとめられてしまっているのがジェフ公式HPの「特徴」だけど・・。

もうちょっと気を利かせてくれたっていいのになぁ・・。


テーマ:ジェフユナイテッド市原・千葉 - ジャンル:スポーツ

障害解決!・・清水戦 シーンの切り抜き
ようやく障害が解決して、blogにアクセスできるようになりました(笑)
プロバイダ(DION)のせいなのか、ブログサービス(FC2)のせいなのか・・。どうやら今回のトラブルはDIONとFC2間で経路障害だったらしい。

一部プロバイダによるアクセス障害について(FC2 最新障害情報 メンテナンス情報ブログ)

FC2が何かやらかしちゃったか、もしくは経路上で何かしらのトラブルがあったか・・どっちかなのか?と想像しますが、なんにせよ直ってよかったよかった。
このまま直らなかったら、このblog、たたまなきゃいけないですからね(笑)


という事で。
すっかり時間もたってしまった清水戦ですが・・個人的に印象に残ったシーンを切り出してみます。


===<シーン切り出し>===
【キックオフ時、DF陣の気合入れ】
キックオフ前、ジェフ選手がピッチ上で円陣を組み・・円陣をばらす時にいっせいにダッシュするのは恒例だけど、でも、DF陣独自の“儀式”が最近はある。

拳をにぎりしめ、その拳骨をお互いにガツン。
「よっしゃ、やってやろーぜ」という感じ。
あの日は、拳ガツンに加えて、その拳で自分達の左胸・・エンブレムを叩いていた。

自分が目にしたのは、水本がストヤノフ、水本が斉藤。
あれ、確か水本が言いだしっぺだったハズ。
去年からやりだして、個人的にはかなり好きなシーンです。
今年「エンブレムを叩く」のが加わったのは、あれは移籍騒動と関係あるのかな・・。

これからキックオフ時はDF陣に注目したく。


【声を出さなかった巻?聞こえなかった山岸?】
前半、巻と山岸がボールをコントロールしようとし、山岸が後ろからタックルを浴びて大きく転倒。軽い脳震盪?なのかピッチの外に出たシーンがありました。

あれで気になったのは。

ルーズボールに巻と山岸、二人が行って。
巻の方が近かったけど、山岸にボールを譲った・・そこまではいい。
だけど巻には後ろから清水の選手が凄い勢いで突っ込んでくるの、見えていたんじゃなかろうか。ドドドと擬音つきで迫り来る白いユニ。
もし見えていたのなら、声出してほしかった。
声出していたのなら、もっと大きな声で山岸に警告してほしかった。

なんか、清水戦のギクシャクっぷりを象徴しているかのようだった。


【ピッチ上の議論】
前半のどこだったろう、40分をまわって終わり際だったと思う。
ファウルで試合が止まった時に、
ストヤノフやジョレ、岡本をのぞき、MF陣が総じてピッチ上に集まって、あーでもないこーでもない、あーしてくれ、こーしよう・・その場でこの試合をどうするか、結構な勢いで話し合っていた。

中でも水野が斉藤に対し、詰め寄らんばかりだった。
DFが後ろでボールをまわし、ストヤノフから斉藤にボールが出ると・・斉藤が山岸を選択するプレイがかなり多かったので、それをしてきしていたんじゃないだろうか。
「逆サイドのオレにふってくれよー」って。(想像ですよ♪)

エアポケットのように何かが切れてしまい、立て続けに3点を取られ。
選手達が自分でも何をしていたのかわからなくなってしまって。
それでも何とかしようとしていたんだろうな。

選手達こそ、もどかしさを感じているんだなと、思った。


【下村が入ってから】
後半、下村が入ってから、はっきりとジェフのプレイが良くなった。

でもそれは、下村のプレイが特別に良かったからじゃないと思う。
(悪くはなかったし、がんばってたし、ちゃんと良かったと思うけど)
プレイが良くなった最大の理由は、長い間、戦い慣れた布陣にもどったからだと思うのです。もどったおかげで、選手達個人個人が、今、何をするのが最善なのか、判断もプレイも早く的確になったのだろう、と。

そして。
正直、後半は清水が勝ちを確信して、強いプレッシャーをかけてこなくなったからだと。
戦局なんて、結局は相対的なものだから。



他にもいくつか書きたいシーンがあったはずだけど、忘れた(笑)
つかもうあまり思い出したくもないし♪

次は鹿島戦。


がんばれ!



テーマ:ジェフユナイテッド市原・千葉 - ジャンル:スポーツ

障害!FC2障害!
3月10日月曜日よりFC2ブログでトラブル。
DIONやぷらら等、一部のプロバイダが仕様変更を行ったことにより、
FC2のサービスにアクセス困難になってしまったとの事。
実際、自分がブログを更新しようとしても、
タイムアウトで「サーバが見つかりません」となってしまう。
これは携帯からポチポチ更新しています。

あーうーあー。

この症状が続くようなら引っ越ししなきゃいけないのかな…。
どこかオススメのブログサービスがあれば、教えてくださいまし。
フロントへのツッコミ、今のうちにまとめてみる。
小分けにしようと思っていたフロントへのツッコミですが、まとめて一気にUPします。テキストはもう先に書いてたのですよー。

というのも・・昨日の負けっぷりは個人的にけっこうショックでして。
おそらく、次、まともに自分で文章をまとめようとすれば、間違いなくまたその負け様や目にした光景なんかを書きたくなってしまうと思うのです(苦笑)

という事で。



===<スポニチの「イエローアーミーキャンペーン」>===
「スポニチを購読するともれなくコラボTシャツプレゼント! 「イエローアーミー大募集!」」(ジェフ公式)
これ、企画として凄く凄く「微妙」なキャンペーンなんだが・・。

まず、そもそものキャンペーンの目的はスポニチ購読者の拡大と囲い込みにあると想定。

それに対してユーザーに提供するメリットだけど・・Tシャツは、少なくとも購読してまで欲しいと思わせるものじゃない。レア性の魅力はなく、デザイン性も然り。直筆サイン入りグッズも微妙。
価値があるのは「限定発行の号外や特集号を郵送でお届け」くらいか。
それに購読期間に応じて3つのコースに分かれているけど、コースが違えば普通はメリットも違うはずだがその説明が無い。だったら一番期間の短いコースで充分だよね。購読期間が長い事によるプレミアムが無いのはちょっと違うだろ、と。
とりあえず、企画を練り直し!・・(笑)

もしオレがこの企画の責任者だったら・・少なくとも「イエローアーミー」という名前だけは変えたいです、いえこれは趣味の話です。(ネーミングに関する問題まで話すと長くなりすぎるしね)

実務的にはキャンペーンメリットを考え直すだけで随分違うはず。
これに応募するようなユーザーは、正直、かなり濃いジェフサポだと想定できるので、そのターゲットユーザーに応じたネタを考えれば充分フックできる。・・さらに想定ユーザーの特性を「選手好き」とするのか、「コアなゴール裏」なのか、「メインスタンド」なのか「家族連れ」なのか、より絞り込むことで、かなり実効性が変わると思うんだけどな。とりあえずお客の顔が見えないキャンペーンなので、そこをなんとかしたい、と。

でもね。
このキャンペーンについてはいろいろツッコミどころ満載だけど、こういう取り組みをがんばる姿勢は大事だと思うのですよ。おそらくあまりいい効果は出ないと思うけど、それならそれで反省したり勉強すればいいわけだから。
「とりあえず、やれる事をやってみようよ」というだけで、終わった後に反省も何もないんじゃだめよ?



===<それだけじゃ面白みも感謝もないだろ>===
「デニーズ ドリンクサービスについて」(ジェフ公式)

まず大前提だけど。ファミレスなんて、指名買いで行くような店か?違うよね。
コンビニじゃないけど、「距離とかサービスとかメニューとかが、無難で安心で、ちょうどいいから行く」ようなもんだと思うのですよ。であれば、このニュースを見て「おお、行ってみよう!」となるかというと、ならないだろ、と。且つ、こういうサービスをして協力してくれるデニーズに感謝している記事かと言うと、それも違うだろ、と。

という事で、以下、改善案。

1:地図をつけよう。地図を載せて、どこにどの店があるかわかりやすく。
  できれば拡大アクセスマップをつけよう。
2:デニーズへのリンクがないのはよくない!
  デニーズは各店舗毎に紹介ページ(サンプル:姉ヶ崎店)があるのだから、店舗毎に!
  できなければデニーズのトップでもいいから。
3:もうちょっと遊び心・・というか写真をつけよう。文字情報だけって寂しいぞ!味気ないぞ!
  サービスを受けてる写真とか、店のスタッフがにっこり写真とか、ドリンクの写真とか。
4:「サービス開始:既に開始しております」・・表現がぶっきら棒で失礼な感じ。
  もっと言い方があるでしょと。日本語を直せばOK。

いかがでしょ?



===<開幕直前情報・・出しすぎ集めすぎ、見せ方が味気ない!>===
「3.10ホーム開幕戦の直前情報について1」(ジェフ公式)
「3.10ホーム開幕戦の直前情報について2」(ジェフ公式)

実は一番ため息をつきたいのがコレ。
・・いい事いっぱい書いてるよ、がんばってるのわかるよ。がんばってるのって運営担当部署だよね。オレらサポ側も、がんばって読まなきゃって思うよ。

でもね!
広報のおかげですげーーーーーーー勿体無いんだよ!!

1:誰がこんな長文読むんだ!普通のユーザーは、こんなの読まないぞ!
2:こんなに大量の情報まとめられても、ユーザーは混乱するだけだ!
3:しかもひとつのページにだらだら書くな!特集ページでも作って見せ方考えよう!
4:しかもしかも、同じ日に他にも情報が出てるから新着情報に埋もれちゃうよ!
5:さらに言えば。開幕に限らず、シーズンを通してアピールしたい内容も含まれてる!

という事で、これまた、以下、改善案。

・とりあえず開幕特集ページを作る!
・トップページの上部選手写真のトコを弄って、とにかく開幕特集ページに誘導する。
・前日の情報掲載じゃなく、今週月曜日から段階をおって情報を出す。
・通年イベントと開幕イベントを分けて整理。
・さらにイベント情報やチケ情報などジャンルが違う情報も、整理。
・開幕の各種イベントを整理したタイムスケジュール表も掲載。
・「どこで何をやってるのか」フクアリマップもできれば載せたいところ。

考えればもっともっといろいろあるのは、もう、感触としてわかるけど(苦笑)
まずはこんなところでどーでしょ?
(オレのblogが、そもそもいつも長い!というのは、この際、ちょっとオイトイテ)



フロントも選手も監督もスタッフも、みんながんばれ!


テーマ:ジェフユナイテッド市原・千葉 - ジャンル:スポーツ

自滅自壊・・チームとして共通意識の欠如。
無様な前半。
あれは自滅だ。
自壊でしかない。

気負いすぎ。
入れ込んでしまって心と身体が空中分解。
選手自身だけじゃなく、選手と選手の気持ちも分解。

チームとしてのまとまりが、ざらざらとぶちまけられて床に落ちていくような感覚。「のだめカンタービレ」で主人公 千秋真一の台詞に、・・「(指の隙間から)音がこぼれていく」というのがあったけど、そのとおりの姿。

試合後のインタビューで「左サイドが云々」というやり取りがあったけど、確かに失点シーンには斉藤が絡み、そしてジェフの左サイドをずたずたに蹂躙されたけど、ああなると、もう斉藤個人の問題じゃない。岡本の飛び出しや不安定なポジショニングというツッコミも、ジョレのフィットしてなさも、ストヤノフのスピードのなさも、確かにそれらを個別に抽出して問題とすればその通りだと思う。でもね、そんなものは他のDF達との連携でもって判断するべきところなのだから、個別に問題を論うべきじゃない。

問題は・・「チームとして何がしたいのよ?」という点だと思う。

去年までのスタメンが4人もチームを去った今年、ジェフは改めて“チーム作り”をやり直さなければならない。
11人の選手達が、誰が何を担当し、こういう局面では何を選択するべきなのか。どこからプレスし、どこからはマークを外すのか。攻めては誰がどのようにボールに絡んでいくのか。
それを今年は作り直さなければならないはず。

だけど。
名古屋戦、清水戦を見た限りでは、意思を持った「今年のジェフの戦い方」は見えてこない。今のジェフから見えるものは。

攻撃ではストヤノフのボールキープから両サイド、で、サイドからクロス。サイドが封じられたり、FWが押さえ込まれれば終了。
守備では中盤からプレスし、最終ラインはマンマークベース。ストヤノフがあまってスイーパー(リベロ)的に両CBをカバーリング。
こんな風に感じられる。

でもそれって、戦術として方法論として、今年のジェフが拠って立つべきところなのか?自分達の武器としてその手に握り締めているロジックなのか?
とてもそうとは思えない。
昨年一昨年の良かったときの記憶を思い出し、選手個人がその都度自分達の感覚と判断で戦っているにすぎないと思う。

だから、徒労感ばかりがつのる。

「2007 J1 第2節 結果」(J's GOAL)
「千葉 vs 清水:アマルオシム監督(千葉)記者会見コメント」(J's GOAL)
「千葉 vs 清水:長谷川健太監督(清水)記者会見コメント」(J's GOAL)
「千葉 vs 清水:試合終了後の各選手コメント」(J's GOAL)
「千葉FW新居が初スタメン/J1」(ニッカン)
「清水フェルのFW起用成功/J1」(ニッカン)
「清水が前半3発守り勝利/J1」(ニッカン)
「5分で3失点…千葉まさかの最下位」(スポニチ)
「【評】清水が早々と3得点 千葉1-3清水」(スポナビ)
「U-22・水野が左手小指骨折…マレーシア遠征に帯同」(サンスポ)
「水野骨折、マレーシア戦欠場も」(スポニチ)

失点シーンを振り返れば。
===
【1失点目】
藤本がジェフ左サイドを奥まで侵入。勇人がマーク。
勇人の間合いを外すように藤本からフェルナンジーニョへパス。
これをストヤノフがスライディングでカットするも、水本の右足に当たってしまう。水本としては意表をつかれてきちんとクリアできずに弾いただけなのか、それともクリアでもなく事故なのか。
浮いたボールがゴールラインに向かって落ちてくるも、ラインは割っていない。フェルナンジーニョがボールの落下点に。斉藤がフェルナンジーニョの前、ゴールとの間をさえぎる。
・・が、ここで身体を当てるでも落ちてくるボールに競るでもなく、フェルナンジーニョにトリッキーにまだ空中のボールをボレーでクロス。
慌てて岡本が倒れこんで手を伸ばすけど、ボールには届かず。チョジェジンの前に転がり、ジェジンはそのまま無人のゴールにボールを転がして、終了。
先制点を奪われる。

【2失点目】
藤本と兵働がパスをまわし、ジェフの右サイドを押し込んでいく清水。
ボールまわしの中で藤本が枝村に預けた時、ジェフ左サイドがぽっかりと無人の荒野。
そこをケアしていた斉藤が、チョジェジン?かフェルナンジーニョ?か、そのどちらかをマークするべく中央から右サイドに引っ張りだされ、その分がまるっきりノーケアになってしまっていた。
枝村がそこを衝く。
ストヤノフが右サイドに身体を進めながら、顔で枝村を追いかけ、振り返った時に味方が誰もいない事に驚愕。・・慌てて枝村をマークするが間合いが合わず、交わされる。
そこから枝村の見事なミドル。
これで2失点。

【3失点目】
右に左に前に後ろに自由自在のフェルナンジーニョ。右サイドをドリブルで進む彼をマークしているのは斉藤。
フェルナンジーニョがフェイントしようとしたところで二人の足が絡み、フェルナンジーニョが転がる。だけど転がり方が前回り受身というか横転と言うか・・見事に身体をくるりとまわし、起き上がる。斉藤はここでファウルになるのか、それともフェルナンジーニョが「倒れた」と思って瞬間油断したのか、その起き上がりに詰められず、マークの間合いが外れてしまう。
斉藤のマークを交わし、再度ドリブルで体制を立て直すフェルナンジーニョ。マンマークベースのジェフ守備陣がマークしきれない。その空白を、フェルナンジーニョのミドル一閃。
バーに弾かれ、こぼれたボールに伊藤輝。
止めとなる3失点目。
===


幾つも、何度も、崩れゆくチームを必死で支えようとしている選手達の姿が見えて、辛い試合だった。



Home開幕!清水戦!・・いろいろとつっこんでみる。
いよいよ今日はHome開幕!清水戦!
シーズン開幕の名古屋戦では、自らのミス絡みで2失点・・しかも攻めては完封されて、0-2と見事に負けてしまったため、ここはHome開幕戦をぜひとも勝ちたいところです。・・でもそれを言うには強い相手だよなぁ・・清水は。

マルキーニョスが抜けたってチョジェジンに矢島がいる。清水自慢の中盤にはフェルナンジーニョの個人技が加わった。戦術眼に守備力と経験の伊藤輝。イヤミなほどにセンスと自信にあふれる藤本も元気。中盤の底は期待の生え抜き杉山が固める。枝村でさえ控えなんだもんなぁ・・。守っては高木と青山が中央を固め、児玉と市川が両翼。GKは西部か(今日はハンドしないでね)

ジェフのいつもの布陣だと、どうしても清水が相手では両サイドが1対2の数的不利になりやすい。ここをどうやってケアするのか。しかもクルプニやハースがいない今、ジェフは中央からの攻め手にも欠ける。両サイドを封じられたときに、どうやって攻めるのか明確な戦術はまだ見れていない。ストヤノフの持ち上がりか、ロングボールをFWに当てての展開か。羽生は前後左右に走り回るけど、自ら試合を組み立てるタイプではないので、そうなるとDMFの二人の動きが重要になる。
先日の練習試合のとおり、水本が起用されるのか。
それとも・・ここはいよいよ下村の出番か。
中島が故障という今、アマルの判断が見所だと思います。

予想メンバーは・・
===
GK:岡本
CB:斉藤/ジョレ
SW:ストヤノフ
DMF:水本/勇人
SMF:山岸/水野
OMF:羽生
FW:巻/黒部
SUB:中牧/池田/下村/朴/工藤/青木/新居
===
U20との練習試合がベースになるなら、おそらくこんな感じと予想。これに楽山/韻/松本/伊藤がどう絡んでくるのか、こないのか。

「【J1:第2節 千葉 vs 清水 プレビュー】ホーム開幕戦で初勝利を獲得したい千葉。中盤で主導権を握り、サイド攻撃からゴールを狙う。」(J's GOAL)

期待と不安のHome開幕戦は19:00キックオフ!
勝ってフクアリの開幕を!

がんばれ!



===<Away神戸戦は水本/水野不在>===
「U―22シリア戦備え直前J1欠場」(報知)

今年はオリンピック予選があるんだよな。水本/水野の二人、現状のU22では主戦力になっているので、当然遠征に召集される回数も増える。
・・代表に呼ばれて起用されるのは嬉しいし、応援したいのだけれども。

さっそく神戸戦では二人がいなくなってしまうわけで。
・・DFとSMF、誰を起用するんだろう?



ところで。
ジェフの公式HPにはいろいろと情報がUPされてますが、そのツッコミどころが、これまた多い。個人的に気になるトコロをがーっと書いてみたら、ただでさえ長いエントリーなのにいつもの倍近い長さになってしまいました(アーハハー

なのでツッコミも分けて書いてみます。


===<開幕直前情報・・出しすぎ集めすぎ、見せ方が味気ない!>===
「3.10ホーム開幕戦の直前情報について1」(ジェフ公式)
「3.10ホーム開幕戦の直前情報について2」(ジェフ公式)

実は一番ため息をつきたいのがコレ。
・・いい事いっぱい書いてるよ、がんばってるのわかるよ。がんばってるのって運営担当部署だよね。オレらサポ側も、がんばって読まなきゃって思うよ。

でもね!
広報のおかげですげーーーーーーー勿体無いんだよ!!

1:誰がこんな長文読むんだ!普通のユーザーは、こんなの読まないぞ!
2:こんなに大量の情報まとめられても、ユーザーは混乱するだけだ!
3:しかもひとつのページにだらだら書くな!特集ページでも作って見せ方考えよう!
4:しかもしかも、同じ日に他にも情報が出てるから新着情報に埋もれちゃうよ!
5:さらに。開幕に限らずシーズンを通してアピールしたい内容も含まれててごちゃごちゃ!

という事で、以下、改善案。

・とりあえず開幕特集ページを作る!
・トップページの上部選手写真のトコを弄って、とにかく開幕特集ページに誘導する。
・前日の情報掲載じゃなく、今週月曜日から段階をおって情報を出す。
・通年イベントと開幕イベントを分けて整理。
・さらにイベント情報やチケ情報などジャンルが違う情報も、整理。
・開幕の各種イベントを整理したタイムスケジュール表も掲載。
・「どこで何をやってるのか」フクアリマップもできれば載せたいところ。

考えればもっともっといろいろあるのは、もう、感触としてわかるけど(苦笑)
まずはこんなところでどーでしょ?
(オレのblogもいつも長い!というのは、この際、ちょっとオイトイテ)



テーマ:ジェフユナイテッド市原・千葉 - ジャンル:スポーツ

Home開幕清水戦に向けて・・水本DMF!?中島故障!?
明日はいよいよHomeフクアリでの清水戦。Home開幕戦なワケですが。
それに向けて、なんとなんと。

練習試合でU20日本代表に大勝!
「U20が千葉に1-7惨敗/練習試合」(ニッカン)
「U-20ポルトガル遠征に梅崎ら招集」(報知)

しかし!個人的にこの練習試合における肝心要のポイントはU20代表との練習試合で水本がDMFに入ったという事!
その理由は中島の左膝半月板損傷!
(web上のソース無し)

な、中島。大丈夫か?

中島は、個人的にはストヤノフの控えとして貴重なサブ戦力だと思っています。だってほら。去年のHome浦和戦やナビスコ決勝だって、中島がストヤノフの代役をきっちり務めたじゃないですか。一方で中盤に入ったときの中島は、なんていうか、こう、ねぇ、えーと、うん、見ていて頭の中に時々疑問符が出てしまいます(笑) いやびっくりするようなパスやいいところでのカバーリングなんかも見せてくれるけど、オイオイ!というパスミスや敵のプレスにボールを失ったりなど、ハラハラドキドキです。

その中島が半月板損傷!
ちょっと調べると半月板とは弾性に富んだ繊維軟骨であり、膝部分のクッションの役割をしているそう。これが切れたり!すると痛みが走るみたいです。しかも半月板単独での損傷している場合と、靭帯の損傷と合併して起こる場合があるそうで。場合によっては手術が必要だそうな。
・・長引くのだろうか。
なんにせよ、手術をしたらしばらくは戦線離脱でしょうから、心配です。

軽傷だといいな。


そして水本!
水本がDMFを務めたという話、web上ではソースはありませんが、報知/サンスポ/スポニチ、以上3紙の紙面上では確認できました(ニッカンにもあったかもしれないけれど、そっちは未確認。トーチューには掲載ナシ)。

水本曰く。
「ボール捌きは期待されていないと思うので、守備で貢献しようと思った」
「凄く新鮮だったが、周りを見るのが大変」

中盤の底でプレイしながらも時々DFラインに下がって守備に入り、
「ああやって下がってくれると助かったので自分で判断した」
との事です。

下村はどーしたーーーーー!!!!
中島が故障したというのなら、それこそ今こそ下村の出番じゃないのか!!
でも水本のDMFというのもワクワクだなぁ・・♪

なんにせよ中島が半月板を傷めた以上、清水戦の欠場は濃厚なわけで。
水本であれ、下村であれ、Homeでの勝利に向けてがんばれ!


それから7得点も爆発したジェフ攻撃陣ですが、得点者は「勇人2/山岸/斉藤/楽山/韻2」だそうです。これも新聞紙面には記載があってもweb上には無し。
一方、敵としてU20代表で戦った青木は無得点。
韻にとっては、ジェフに対してもU20代表に対してもいいアピールになったかと。


さあ。
これが清水戦に向けて弾みになりますように!



テーマ:ジェフユナイテッド市原・千葉 - ジャンル:スポーツ

選手会長は結城!・・若手からのリザーブズ参戦
昨日、サッカーダイジェストを買ってつらつらと読んでいたら、クラブ毎の情報コーナーのジェフのトコに・・「副会長の結城が昇格」との記述が!
しかも1月にはもう決まっていたそうで、勇人や斉藤はキャンプでようやくその話を聞いたそうな。

結城の選手会長か・・。
プレイスタイルのようにゴリゴリ派の選手会長なんだろうか。
それとも好きな本は経済書というように知性派なんだろうか。

なんにせよ、新しい選手会長・・新キャプテンの勇人に負けずがんばれ!



===<堀川と金はリザーブズ>===
昨日のスポニチ!・・4ページでジェフ特集がありました!
ジェフや各スポンサーが広告出稿した企画特集だとは思うけど、去年に引き続いてありがたい事です。スポンサー様ありがとう!(笑)
で、4ページの内訳は、最初の1ページが巻特集。2~3ページが今年の展望やらなにやら。そして4ページ目に、選手一覧とひと言コメントが載っているのですが、その中で。

堀川と金東秀。
この二人、ともに「まずはJFLで結果を出したい」とコメント。

そういうインフォやHPでの情報掲載はまだ無いけれど、どうやら二人はシーズン開幕からリザーブズ参戦が決まっているようです。
公式HPでは二人ともまだトップの選手プロフィールに載ってて、リザーブズの方には載ってないけれど。

でも二人以外の若手はどうなんだろう。
特に去年の終盤、ジェフクラで試合出場を重ねた川上とか。安里や竹田/中原なんかも、リザーブズに参戦するのかどうか。

決まっているなら、ぜひインフォしてほしいのものです。



===<リザーブズの写真公開!>===
「ジェフリザーブズ」(ジェフ公式)

ジェフ公式でのリザーブズ情報は、選手一覧もチーム紹介も試合スケジュールも、一切合財が同じページにまとめられていますが。その選手一覧に、いつの間にか選手個別のプロフィールと顔写真が追加されていました!

選手一覧の各選手の名前をクリック!
新しいKappaユニを着た各選手の写真とプロフィールが登場!
そこにはローマ字で選手名の読みも書かれている!
これで小沼を「コヌマ」と間違える事もない!(オレです。すみません)
だけど個人成績は載っていない!(やはり物足りない)

そのリザーブズはまだ開幕せず、来週末の18日、ソニー仙台戦からJFLのシーズンが開幕です!
それまでには堀川や金の情報もうつってくるんだろうな。



テーマ:ジェフユナイテッド市原・千葉 - ジャンル:スポーツ

試合後挨拶やジェフプレス配布、勇人の意思。・・若手達から世代別代表へ!
J's GOALに掲載されていたキャプテンとして初の勇人のメッセージ。
その中に、
「・・ファンやサポーターの方たちへの接し方を変えていきたい・・選手たち自身から、何かしようと・・もっともっと選手とサポーターの方たちが近い存在になれば」(J's GOAL)
という台詞がありました。

その勇人の影響か・・先日の名古屋戦では、試合終了後にベンチ入りした全選手がジェフサポに挨拶に来てくれたそうです。
「ちょっとだけ進歩したなと思ったこと」(Canis familiarisさん)
「2007.03.05 8ヶ月ぶりに。」(てんてん*さん)
「グランパス戦の写真をUPしました」(いぬをおいかけて。さん)
「桜咲くのはまだだった@瑞穂」(毎晩ジェフの夢をみる(本館)さん)

全選手ですよ、全選手。
試合終了時にピッチに立っていた選手達が、その流れで挨拶にくるのではなく。ベンチで敗戦のホイッスルを聞いた選手達がそそくさと帰り支度をするのでもなく。
登場機会の無かった選手達も、交代で下がった選手達も、みんなが挨拶に来てくれたそう。

すごく嬉しい。
ジェフの勝利を願って、信じて、オレらはスタジアムに行く。・・だけどそんな気持ちや応援なんて、最終的には自己満足の世界だとも思っている。
しかし。
選手からこうやって試合終了後の挨拶をもらえれば、それは自己満足ではなく、本当に選手達の力になれたんじゃないか、そう思えてくる。

ファンやサポが選手やクラブに向ける気持ちは、いつかすーっと醒めてしまってもおかしくはない。しかしそこに何かしらのフィードバックがあれば、それはコミュニケーションとなって、気持ちは醒めるどころかさらに熱いものにかわるハズ。やはり自分達が応援している選手達が、少しでも自分達の方を見てくれている/話を聞いてくれる/コミュニケーションしてくれる・・というのは、嬉しいものだ。それはサッカーに限らず、「好意を向ける対象からのフィードバック」ですから、コミュニケーションの「そもそも論」だとは思うけど。


そして昨日。
選手たちからさらに次のアクションがありました。

「JEF PRESS配布に選手が参加 ホーム開幕直前!プロモーション」(ジェフ公式)
「千葉の選手がフリーペーパー配布」(ニッカン)
「千葉佐藤ら知名度のなさを痛感」(ニッカン)
「千葉・佐藤勇人が宣伝マン!ホーム開幕PRでビラ配り」(サンスポ)

参加した選手達は・・なんと12名!
予定メンバー:伊藤/韻/熊谷/松本/朴/中牧/金沢/山中(以上8名)
乱入メンバー:勇人/水野/水本/結城(以上4名)

しかしこの配布イベント。実際に配布に参加してみたレギュラー陣・・勇人や水野/水本にしてみると、スタジアムではない・・一般の反応に面食らった様子。水野は「つらかった」。
そりゃまぁ、サッカーに興味ない人にとってはいらないビラ配布だろう。例えば、自分なんかはHotpepperもR25も興味ない。だから駅前で配布してても素通り確定。そう思えば当然だと思う。

しかしね。
選手達って、そのヘン、正直、カンチガイしててもおかしくないと思うのです。練習してるだけでも見学にくるサポはいる。サインをお願いされたりもする。スタジアムでは自分達のプレイに1万人が歓声をあげ、勝てば拍手、負ければ野次。雑誌やTVの取材もある。そりゃ、自己イメージとか自意識は、知れず知れず肥大化してもしょうがない。

でも・・サッカー選手もひとつスタジアムの外に出れば、どのクラブだってこんなモノだと思います(例外は浦和とか中田とか一部だけだろう)。それを肌で感じただけでも、今回の配布イベント、勇人や水野や若手達が参加した意味があると思います。

この配布イベント。月イチのペースで実施しているそうですが、選手が参加したのは去年一回、今年一回でまだ二回だけだそう。
いやいや・・選手参加の配布イベントを月イチでお願いします♪


もっと。
クラブ、選手、サポ、地域に、一体感が生まれますように。



===<若手達も代表へ!>===
「千葉・青木1日遅れで合流…U―20代表合宿」(報知)
という事で、名古屋戦でベンチ入りした青木が試合後にU20に合流。しかもこれからジェフとの練習試合だそう!どれどれ・・と思えば・・
「チームスケジュールについて(3月7日)」(ジェフ公式)
さっそく今日じゃありませんか!
青木自身も言っているとおり、この練習試合での活躍は、ジェフに対してもU20代表に対してもアピールできる場。

がんばれ!!


「山中誠晃選手 U-18日本代表トレーニングキャンプメンバー選出」(ジェフ公式)
「U-18日本代表候補トレーニングキャンプ(3/12~18)メンバー(07.03.06)」(JFA公式)
そして今年から新加入した山中もU18に。
興味深いのは、JFAの選手リストにおいてDFの一番手に山中の名前がある事です。この並び順、アイウエオ順やアルファベット順、所属組織順、身長順、誕生日順・・それらの法則性がみられないため、もしかしたらもしかしたら、予定されている背番号順なのかな?と想像。
という事は、山中はU18の主力DFとして期待されているのか?


「乾達朗選手 U-17日本代表トレーニングキャンプメンバー選出」(ジェフ公式)
「U-17日本代表候補 トレーニングキャンプ(3/9~14) メンバー(07.03.05)」(JFA公式)
さらに!
ジェフユースからも乾が世代別代表に選ばれました!
プリンスリーグは悔しくも逃してしまったジェフユースだけど、乾にかぎらず小井戸や地頭薗や市原・・一人でもトップに昇格できるようがんばれ!!

ベッペ・ヴィオラ国際ユース大会も最後にフィオレンティーナに勝ったんだし!!!



===<おまけ>===
インドネシアで大きな地震がありました。
「スマトラ島でM6.3の地震 建物倒壊、死者多数」(産経)
「スマトラ中西部で相次ぎ地震、死者82人」(読売)
「地震:スマトラ島でM6 少なくとも70人死亡」(毎日)

おいおい・・。
ACLでインドネシアに行った川崎やそのサポたちはどーなのよ?

なんて思っていたら、さすが川崎の公式HP。
「インドネシア・スマトラ島中西部での地震について」(川崎HP)
早速、安否をインフォしてくれてます。
こういうのもサポにとっては凄く嬉しく、クラブや選手達への気持ちにつながると思うのです。
・・ウチのHPに比べて、なんて羨ましい・・。

で、でも、ウチのHPだって前よりは更新頻度とか良くなってきてるんだからね!!!


まだまだだけど・・。



テーマ:ジェフユナイテッド市原・千葉 - ジャンル:スポーツ

名古屋戦・・沈黙した両翼。
日曜日の名古屋戦。
「惜しかった試合」だとは思う。
前半のチャンスに決めてさえいれば・・!

だけど。
決められなかったのは事実だし、それ以上に、後半にはそんなチャンスも全くなくなってしまった事がイタイ。


===<沈黙した両翼>===
いやね、水野はがんばってたよ。でも本田の方が上だった。
状況を打開できない焦れったさのなかで、個人でなんとかしようとがんばってたと思う。シュートも打っていたし、直接ゴールにつながるようなクロスも狙っていた。だけどかなりが独り善がり・・こねすぎだったりで、自分のイメージだけでプレイしていた印象。
それにU22代表戦からの疲れがあるのかどうか、水野の最大の売りである「キレ」も今ひとつだった印象。

そして山岸。
中村によって押さえ込まれ、怖さを全く失ってしまっていた。スランプなのか?それとも疲れか?迷いか? 羽生がなんとかフォローしようとするもそれはかなわず。勝負に行く勢いも失って、中村に縦をがっちり押さえ込まれると、バックパスや横パスを選ぶばかり。
あれじゃ、・・サイドのアタッカーとしての怖さを欠いてしまう。

二人とも、がんばっていたし、サイドの選手としてはJリーグの中でもそれなりのクォリティのある選手だと思っている。
だけど・・敵だってノンビリしているわけじゃない。今のジェフが両翼からのサイドアタックに頼りがちなのは当然把握している。そしてのその両翼をつぶす事で、ジェフの攻撃を鈍化させた。
しかもジェフは、中央からサイドへのフォローと連携がうまく機能でできていなかった。・・その結果がジェフの両翼が封じられてしまった要因じゃないのかな、と。

山岸も水野も、自分ひとりのテクニックで敵陣を切り裂くには限界がある。二人三人の敵に囲まれたときに、それをたやすく突破できるはずもない。味方との連動でリズムを生み、走りこむスペースを作り出すからこそ、両翼を抉っていくことができるのだと思う。特に山岸は使われる事で真価を発揮するタイプではないだろうか。ならば余計に周囲との連動が必要となるはずだ。

しかし。
日曜日のジェフで、中央にいたのは羽生と中島と勇人だ。
勇人は守備のバランス取りにいっぱいで、羽生は両サイドに加えて巻と黒部のフォローにも駆け回っており、中島は基本はパスを出す人になっていた。・・つまり、サイドのフォローをする動きが弱かったんじゃないだろうか。
だからこそ、山岸と水野は共に両翼で孤立し、沈黙した。

そういう事だったんじゃないだろうか。



===<選手とサポの距離>===
「Canis familiaris」さんのエントリーにあった事。ゲーム終了後、選手全員がサポのいるAwayゴール裏に挨拶に来たそうなのです。で、その様子は「いぬをおいかけて。」さんのエントリーに写真アリ。

選手からするとどう思っているのかわかりませんが、サポとしてはこれはとても嬉しい事。その空間と時間、そのスタジアムにおいて、試合を選手やクラブと共有する事ができる。一体感を感じる事ができる。・・少しでもお互いに距離を縮められれば、フクアリももっとHomeになっていくのだろう。
(だからサポから選手に対する野次や誹謗中傷や悪口は、物凄くキライだ)

こういう事が続いていきますように。



===<2007年も巻シート!>===
「子供たちのため「巻シート」増設」(スポニチ)
「巻シートを増設、背番号と同じ18席」(ニッカン)
「巻シート増やしてゴール増…養護施設の子供の招待席」(報知)

去年も巻シート水本シートがありましたが、今年はその巻シートがさらに拡大するとの事。
去年の10席から背番号にちなんだ18席に!
スポニチによると総額は133万円!

曰く、
「その分(応援してくれる人たちから)いろいろなものをもらっているし、出費とは考えてない」との事。

ありがとう、巻。




テーマ:ジェフユナイテッド市原・千葉 - ジャンル:スポーツ

戦術機能せず、そしてミスで負けた試合・・ちくしょーーー!!!
昨日は名古屋までは行けなかったので、スカパーの生放送で観戦してました。厳密には「生」じゃなくて、HDDレコーダーの「追っかけ再生」で見てたので、約30分遅れですが(笑)

そーいえば、HDDレコーダー・・普及に遅れが見えるみたいで。
「DVDレコーダー:普及進まず 操作の難しさなどで敬遠か」(毎日)
確かにやれることが増えた分、取説は厚くなったしリモコンのボタンが増えて面倒に思っちゃうかもしれないけど・・使ってみればVHSに比べてよっぽど便利だと思うんだけどなー・・。少なくともTV上で番組表を見て選択するだけで録画できるのは、もう病み付きと言うか離れられないんだが・・。
とはいえ。
家電ベースで考えると、「上下左右で選択」「決定」「キャンセル」というインターフェイス自体が受け入れられづらいんだとは思うんだけど・・。VHSでテープという物理的な単位で管理するほうが楽っちゃ楽なんだよなー・・確かに。


・・試合結果は・・0-2!!
名古屋に2点を決められ、ジェフは1点も取ることができず・・敵地名古屋で一敗地にまみれてしまったわけです。

失点はどちらもジェフ自らのミス。

1点目は、水本が2回連続で致命的なミス。
まずはフィードを敵に当ててしまってマイボールを失うミス。もちろん、じゃあ、もっと簡単にパスをまわせるように他の選手達が連動していたか・・とか、そういう側面はあるけれどそれはあくまでも側面であって。やはり水本のキックがそのまま敵に当たって、それ故に敵ボールになってしまった。しかもそのリカバリーに気が焦ったのか、続けざまに簡単に飛び込んでしまって敵に交わされ、クロスを上げられるというミス。この時点で勝負アリ。金正友に決められ、・・失点。

2点目。
これはもう、どうともなんともかんとも言い繕う事ができないくらいに岡本のミス。そりゃ、その前のストヤノフのバックパスがイージーすぎただろ、とか。その二人のフォローに誰も走っていない、とか。そういうツッコミももちろんあるけれども、とはいえ。
岡本が足元でボールを処理し、蹴ろうとしていたところを本田に詰められ・・アチャー・・だったのは、もうそれはそれで致命的なわけで。
バックパスを処理するキーパーにプレスして得点・・なんつーか、ボーナスみたいな点を名古屋にプレゼントです。

悔しい。
「たられば」や「かもしれない」を言えば。
前半の何度かの決定的なシュートが決まっていれば・・。そうすればスコアが逆転するどころか、大差をつけて勝利していたかもしれない。

だからこそ・・スカパーに映っていた試合後のアマルも・・あの表情なんだと思う。あれは、あの表情は、腸が煮えくり返っているのを無理矢理押さえ込んで無理矢理表現を変えたとしか思えない。「自殺点が・・ウンヌン」のくだりは、もう、そういう自虐的?ジョークにもならないジョーク?な表現でしか、本音を隠せなかったのだろう。そしてインタビューに登場する時のあの笑顔は「オイオイ、負けたチームの監督に何を語れと言うのだ?」という笑顔だろう。

・・だけど、アマル。
あなたは、すでにジェフのコーチをしていたんだ。選手の特徴はわかっているはず。
去年、シーズンの半分を監督として指揮し、ナビスコでも優勝したんだ。Jリーグに慣れていないとかはもう言えない。
シーズン前のキャンプも行ったのだから・・今年のジェフは、あなたのチームだ。
監督経験の少なさとかも言えない。

これからは、結果で語られる事になる。
がんばれ、アマル。
がんばれ、ジェフの選手達。


来週は・・フクアリでのHome開幕、清水戦だ。
厳しい相手だけれど、勝利を願っています。


がんばれ。


「千葉がミスから2失点/J1」(ニッカン)
「名古屋本田が泥臭く決めた/J1」(ニッカン)
「千葉黒部、黒星にも「次がある」/J1」(ニッカン)
「千葉は決定機生かせず 真価訪われるA・オシム監督」(サンスポ)
「本田「僕の辞書にない」ゴール決めた」(スポニチ)
「本田1発!水野より輝く…J1第1節」(報知)
「スピラールが負傷退場、靱帯損傷の疑い」(報知)
「J1:第1節 名古屋 vs 千葉 レポート」(J's GOAL)
「アマルオシム監督(千葉)記者会見コメント」(J's GOAL)
「試合終了後の各選手コメント」(J's GOAL)
「(監督/選手コメント)」(ジェフ公式)




===<選手雑感>===
岡本: あのミスさえなければ!・・というかあのミスが!
     それ以外は、エリア外への飛び出しやシュートへの反応等、MVP級の活躍!
水本: これまたあのミスが!・・でもそれだけじゃなく、ぱっとしない印象。
     疲れてる?
スト: スルスル・・っと中央をドリブルで持ち上がるのは去年同様素敵。
     味方のフォロー&カバーリングに回るのもさすがのひと言。
     だけどあまり周りとかみ合わず、本調子に見えなかったが・・なぜだろ。
ジョレ: スタジアムで生観戦したわけじゃないので、イマイチ評価しづらい。
     でも今年は彼に期待しても充分なのでは?かなり可能性を感じる。
中島: 中盤で中島を起用する場合・・中島のためのチームにしなければお互いに不幸な気がする。
     今日の試合の中島は辛かった・・いいシーンもあっただけに悔しいし辛い。
     中島が輝くときは、中盤ではなくストヤノフの代役としてのような気がする。
勇人: らしくない程にまわりのケアをしすぎ。もっと前に飛び込んでほしいと期待。
     オレはDMFでありながらの!勇人の攻撃力を期待している。
     だから、中島と中盤でコンビを組むと、中島が司令塔的な動きを繰り返すだけに、
     そのフォローに追われて、勇人の良さがスポイルされてしまっているようで、辛い。
水野: 常に敵に警戒されていた。単純な本田との1対1では抑えられてたか。
     つかね、いくらフォローがいないにしても、こねすぎ!
山岸: 名古屋の中村に完封される。羽生と組んでワンツーで突破しようとするシーンもあったけど。
     交代させずに最後までピッチに残してほしかった。
羽生: 奮闘するも空回り?イマイチ機能できず。
     あの中島のパスを決めていれば!
巻:  去年の終盤よりは回復。だけど後半になってバテていた印象。
     正直、黒部ではなく巻をかえるべきとおもってしまった。
黒部: 素敵!足元のテクニックといい、シュートチャンスに攻める気概といい。
     このままどんどんチームにフィットしてほしい!
新居: あの状況では新居がかわいそう。ロングボールが飛び交う状況ではどうしようもない。
     ジェフの中で相性のいいパサーを早くみつけて欲しい。
工藤: 新居を生かすためにパサーを入れた・・そういうロジックなんだろうけど。
     名古屋のフィジカルに潰されてしまっていた感が・・。
朴:  短い時間だっただけに判断できず。ただ勢いは感じるだけに、もうちょっと長くみたい。
     とはいえ。カードコレクターになりそうな雰囲気も(苦笑)



===<おまけ:1>===
女性のピッチレポーターが酷すぎ!!!
新居を「にい」と読むし、朴を名前を呼ばずに「37番」と言うし。
グラビアタレントを無理矢理ゲストに起用したのと同じレベルだと思ってしまった・・。



===<おまけ:2>===
「チームスケジュールについて(3月5日)」(ジェフ公式)
つか、試合直後の明日も休みじゃないんですね・・。


テーマ:ジェフユナイテッド市原・千葉 - ジャンル:スポーツ

さあ、いよいよ開幕!名古屋戦!・・それとニュースおさらい。
今日!
3月4日!
2007シーズンがいよいよ開幕します!

部屋の片付けにてんてこ舞でさすがに名古屋瑞穂までは行けず、部屋でスカパー観戦となります。TV観戦であったとしてもワクワク感は変わりません。

今年はどんな1年になるのか。
新しいチームの軸となる新キャプテン:勇人は。
巻/黒部/新居/青木・・日本人選手で固められたFW陣は。
ストヤノフにジョレと、東欧コンビが控えるDF陣は。
今まで飛び出せなかった若手達にブレイクはあるのか。
Homeフクアリはどこまで黄色くなれるのか。

去年をもってクラブから去った人たちは、その意味も存在感もとても大きく。だからこそ喪失感も大きくて。しかしその騒動も決着はついた。移籍する人はもう移籍したし、旅立つ人は旅立った。
だから、・・今、ジェフのユニフォームを着てくれる人たちとこの1年を戦う事になる。

選手も監督もフロントも移り変わっていく。
しかしクラブはそこに在り、サポはクラブを応援しつづける。

今年のジェフはどんな1年になるのか。

がんばれ。



===<開幕直前!>===
「J1:第1節 名古屋 vs 千葉 プレビュー」(J's GOAL)
やはり選手名間を見ても雑誌の戦力予想を読んでも、どれにもかれにも「主力の離脱、新戦力の獲得」がいっぱい書かれてます。まぁ、そりゃそーだろーなー。でもな!青木とか!「ちばぎんカップ」で登場した松本や韻とか新卒の米倉とか!・・そういう若手の成長もジェフの持ち味だし注目すべきポイントなんだぞ!

と、言ってみたところで、試合の前にスタメン予想。

GK:岡本
SW:ストヤノフ
CB:ジョレ/水本
DMF:下村/勇人
SMF:水野/山岸
OMF:羽生
FW:巻/黒部
SUB:立石/斉藤/中島/工藤/楽山/松本/新居

とりあえずはジェフの手馴れた布陣に選手を当てはめてみました。
やはりジョレに期待です。パルチザンの元キャプテン!ストヤノフとは言葉が通じるでしょうから、新加入とはいえコミュニケーションもスムーズでしょう。それに下村!彼がどこまで実戦で機能するか、それが今年のジェフの鍵の一つですから、気になります。

それからちょろちょろと小ネタも。
3月6日が誕生日の黒部は勝利を前祝にしたいそうな(ニッカン)
羽生は24.5の小さいおみ足にアディダスを装備(報知)
対面する本田が相変わらず吼えてますが、水野、返り討ちにしてやれ♪(中スポ)


どんな新しいチームになっているのか。
そのお披露目は、今日、開幕名古屋戦。

16:00、キックオフ!



===<ニュースおさらい>===
「チームスケジュールについて(3月4日)」(ジェフ公式)
U20日本代表と練習試合だそうですよ!青木と米倉はどっちにどのように参加してるんだろ(笑)

「第36回ベッペ・ヴィオラ杯 国際ユース大会(U-16) 出場について」(ジェフ公式)
ミランにインテル、ユーべ、フィオレンティーナ、ローマ・・なんかもう、ありえない豪華さのなかにジェフユースが参加。今日の時点でユーべ!とローマ!に二連敗してるみたいですが、こんな相手と試合を戦えるだけでも凄い・・。

「井上由惟子選手 U-16日本女子代表選出」(ジェフ公式)
がんばれー!ジェフレディースも今年L1に昇格できるといいな・・。

「「ヤマザキナビスコカップ 目指せV3!スタンプラリー」について」(ジェフ公式)
「JEF PRESS配布に選手が参加 ホーム開幕直前!プロモーション」(ジェフ公式)
「JRで行こう!「レールでゴールキャンペーン2007モバイル」の実施について」(ジェフ公式)
「2007ホーム開幕イベントについて」(ジェフ公式)
「2007ホームゲーム通年イベントについて」(ジェフ公式)
「2007 ホームゲームチケット 「団体割引サービス」 始めます!」(ジェフ公式)
「3月・4月「選手とハイタッチ!」実施について」(ジェフ公式)
「2007オフィシャルイヤーブック発売について」(ジェフ公式)
ジェフらしからぬ、色々と営業活動のインフォがいっぱい。
いいことだ!でもこんなのアタリマエだ、もっともっと!(笑)
特に若手選手参加のファンサービスや営業活動はもっともっと。選手達が直接出向くことで好きな人は喜ぶだろうし、それに、特に若手選手が現場の営業に参加する事で、自分達やクラブの人気や「現実」を、ちゃんと肌身で思い知ってもらわなきゃ(笑)
・・あ、オレは全ての社会人は、一度かならず現場で叩かれこい!・・という考えです♪


テーマ:ジェフユナイテッド市原・千葉 - ジャンル:スポーツ

ストヤノフにお子さんが誕生!おめでとう!
「千葉DFストヤノフに第1子誕生」(ニッカン)

おめでとーーーー!!
お名前はアレキサンドロ!!
なんだかすげー強そうな名前ですな。あれだな。古代の大王にちなんだんだろうけど、そっちの言葉だとそうなるんだな。アレキサンドリアだと女性名詞になるんだっけか。どうなんだっけ。でもアレクサンダー大塚は青コーナーからだな。というかヤツはアレ「ク」サンダーであってアレ「キ」サンダーじゃないな。まぁその辺は無理やり日本の文字にあてこんでいるだけだからどーでもいいんだが。
だが。
だがしかし。

ストヤノフ曰く「将来は、ジェフのストライカーに」というアレキサンドロちゃん?君?は、2月12日の誕生日。つまり、トルコキャンプの最終日なわけです。「6月には来日」とも言っているので、おそらく奥さんは地元に帰っていたんだろう。そりゃそーか。言葉がナチュラルに通じない日本で一人でお産はかなり無理だな。


いやはや、おめでとうございます!



===<練習試合は派手で盛大に>===
「千葉、開幕前ゲームで圧勝/練習試合」(ニッカン)
「オシム監督が古巣・千葉の練習試合を視察…圧勝に笑み絶えず」(サンスポ)
「巻完全復活!3年連続開幕弾決める」(スポニチ)

ひと月以上休みナシで練習しまくってトルコでキャンプまでして。
ようやく一日休んだら、次の日は二部練習で。
そして昨日はまたまた練習試合。

その練習試合、9-1とやたら派手な試合だったそうですよ!

新居がハットトリックで、さらに巻と黒部が1点ずつ。
これで5点だから、さらにさらにチームとして4点を加えた大勝。
練習試合とはいえ、派手なスコアですな。

チームとしてのまとまり具合は、この前の「ちばぎんカップ」だけじゃわかりませんが。
例えそれが大学相手の練習試合であったとしても、こうやって調子がヨサゲだと開幕に向けてワクワクが高まってくるというものです!



===<その開幕で戦う名古屋は・・>===
「【名古屋開幕戦! vs千葉】開幕戦に向けての名古屋・藤田俊哉選手、阿部翔平選手のコメント掲載中!」(J's GOAL)

・・。
・・。

無難なコメントですな。


ところでウチの選手のコメントはないのか?

テーマ:ジェフユナイテッド市原・千葉 - ジャンル:スポーツ





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。