Hang Tough
ジェフが好き、旅行も好き、仕事もがんばろう、うん。
プロフィール

khou

Author:khou
本好き、旅行好き。
でもここ数年、ずっと旅行に行けてない・・。

twitter、はじめてみました。

@khou_hangtough



ジェフ千葉_試合情報



ジェフ千葉_試合日程



最近の記事



月別アーカイブ



カテゴリー



ブログ内検索



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

敗戦で何が悔しいって、あの川崎フロント!!!・・リザ連勝!乾連発!
土曜日の夜、千鳥ヶ淵を靖国神社まで歩いて花見。去年は半蔵門駅から歩きはじめたけど、今年は間違って霞ヶ関を降りてしまったもんだから、皇居のまわりをぐるりと遠回り。
千鳥ヶ淵も靖国神社も、けっこう海外の人を目にして・・完全に観光ルートになってんなぁ・・とか。
土曜日は花も盛りだったけれども、来年はもうちょっと早い時期から来てもいいかなぁ・・とか。
そんな事を考えて。
でもって、「日曜日は等々力でも桜が見れるぞ!」
と思っていたのですが。

等々力競技場からの帰り道、散歩がてらに二ヶ領用水沿いに桜を見ながらふらふら歩こうと、ちゃんと地図を印刷までしたのに!
あんな試合で、雨も降ってて、寒くて寒くて、とてもそんな気にはなれませんでしたよ!

試合そのものに負けた悔しさもあるけれど、
移籍した山岸にリベンジできなかった悔しさもあるけれど、
あーーーーーもうっ、あの川崎フロントに負けたのが、何よりもすげー悔しいです。

※以下、黒い感情のタレナガシ。

あのPVだとかさ、あの広告ポスターだとかさ。
別に向こうは向こうで、川崎フロントが川崎サポに向けて営業と販促してるんだから、そこに「ジェフに嫌がらせてしてやるぜ イヒヒ」とかそーゆーのあるわけない。川崎フロントが、ジェフサポに配慮して川崎の広告を作る必要もない。あのPVだって、両クラブの新加入選手の目玉なんだろうから、ネタとして起用したのもわかる。でもって多摩川クラシコまでは、昨日もいれて川崎のHome戦が3試合しかないから、1試合でも多く流したいっつーのも当然。
ええ。
川崎フロントがおかしな事をしてるとは思ってない。
向こうのポスターやらPVやらを、勝手に目にして勝手に怒ってるオレは、川崎側からすれば「キモいヤツ!」なんだと自分でも思う。

でもさー、そりゃ全部理解はできるけど、でも!
こっちはこっちでメチャクチャ悔しいのですよ!

何が恩返しだと!ギャースギャース!フンギャー!
ゴジラみたいに口から放射能火炎吐き出すぞ!
山岸がジェフから移籍したのはしょーがないさ、それもプロだし、それなりの理由もあったと思うし。
だけど移籍によって山岸はジェフの「敵」になったんだから、恩返しもミソもクソも無いったら無い!
山岸、今のあなたはジェフの「敵」なんだんだから、白々しいキャッチコピーを口にしないでくれ!
もちろんあれは山岸自身の言葉じゃなくて、川崎フロント発案の煽りコピーだという可能性もあって。つか、その可能性の方が高いとは思ってるけど。
それならそれで、余計に黒い感情がたまる次第です。
  ※「そんなにムカつくんなら、いちいち川崎の情報見なきゃいいじゃん」というのはダメよダメダメよ。
  ※だって武蔵小杉の駅を降りればポスター貼ってあるんだもん、目にしちゃうさ。
  ※あのPVだって川崎公式HPだけじゃなくて、一般に情報公開して記事にしてもらってるし。
  ※J's GOALとかで目にしちゃうさ。
  ※でもって同様にジェフ自身を振り返ると、今回のJEF PRESSの表紙も嫌いだ。


別に川崎フロントに悪意があるとは思ってないし、山岸の移籍について今更どうこうないけれど。
あのポスターとあのPVに、この一週間、一人でムカついて、一人で敵愾心を燃やし、
なので昨日の敗戦が悔しくて悔しくてたまらなくて、一人で酒をあおり、
でもって、録画した試合を見返す事なんてする気にもなれず、さくっとHDDから削除!
・・という週末でした。


あー、千鳥ヶ淵の桜はキレイだったなー。



===<メディア報道まとめ>===
【公式系】
「Jリーグ ディビジョン1第3節 ゲーム詳報」(ジェフ公式)
「【J1:第3節 川崎F vs 千葉】プレビュー:フッキ退団の激震に見舞われた川崎Fが、リベンジを期して千葉を迎え撃つ。」(J's GOAL)
「【J1:第3節 川崎F vs 千葉】ハーフタイムコメント」(J's GOAL)
「【J1:第3節 川崎F vs 千葉】関塚隆監督(川崎F)記者会見コメント」(J's GOAL)
「【J1:第3節 川崎F vs 千葉】ヨジップクゼ監督(千葉)記者会見コメント」(J's GOAL)
「【J1:第3節 川崎F vs 千葉】試合終了後の各選手コメント」(J's GOAL)
「試合詳細データ 2008 J1 第3節 川崎F vs 千葉」(J's GOAL)
「【J1:第3節 川崎F vs 千葉】レポート:川崎FがFWの2ゴールで今季初白星。一方の千葉は退場者を出す苦しい展開を打開できず。」(J's GOAL)
「[ 3/30(日) J1リーグ戦 第3節 試合総括 ] 鹿島が横浜FMを振り切り3連勝。G大阪、浦和など4チームが初勝利を飾る」(Jリーグ公式)

【メディア系】
「川崎F久木野「ハンバーグ弾」/J1」(ニッカン)
「川崎Fシステム変更で初勝利/J1」(ニッカン)
「浦和、川崎F、札幌など初勝利/J1」(ニッカン)
「千葉FW巻が左ひじ打撲も問題なし/J1」(ニッカン)
「テセ!久木野!2トップ弾で初勝利」(スポニチ)
「川崎には鄭大世がいる!フッキ・ショック振り払う…J1第3節」(報知)
「千葉「審判がひどい」いまだ未勝利…J1第3節」(報知)
「フッキ退団も関係ない!川崎が鄭大世の気迫ゴールで初白星!」(サンスポ)
「千葉はリーグ初勝利おあずけ…クゼ監督が審判に怒り心頭」(サンスポ)
「完敗 リーグ戦勝ち星なし 退場者響き終始劣勢」(ちばとぴ)
「2連敗で今季白星なし」(ちばとぴ)


・・
オレはある面において、メチャクチャにぬるい考えです。
「遺恨/因縁」は大好きですが、それはプロレスのギミック的な意味で大好きなのであり、
サポ同士が本当に憎しみあうような、シリアスな「遺恨/因縁」は大嫌いです。
極論、試合が終わればサポ同士は馴れ合いでいいじゃん!って思ってます。

故に。
要点は次の一点だけ。

「ピッチ外での因縁や衝突や暴力行為や挑発行動や、それにつながる諸々は一切ゴメンだ!」



===<オシムも等々力に来ていたそうな!>===
「オシム氏が肉声で「選手よくやっている」」(ニッカン)
「オシム氏“決別”岡ちゃんをチクリ」(スポニチ)
「オシム氏「選手はよくやっている」」(報知)

オシムの前で、勝ちたかったな・・。



===<トップは悔しい敗戦も、リザは連勝!>===
「第10回日本フットボールリーグ前期第4節 ゲーム詳報」(ジェフ公式)
「JFL公式」

トップが等々力で川崎相手に戦っていたその同日。
リザは、秋田県の仁賀保運動公園多目的広場で、TDK SCとJFL第4節を戦い、そして勝利!
見事、二連勝とあいなりました!

おめーー!! ドンドンパフパフ♪

リザは前節とメンバーが変わらず、同一メンバー。新人の乾/奥山/高田/大河原が先発し、昨年よりリザで戦いつづける川上/中原/竹田/熊谷もいる。鳥養/宇野/蓮沼といったリザ組も健在。

しかし、ちょっと注目したいのは試合後のコメント。
越後も、川上も、明確に「トップに上がる」云々を口にしている。
JFLで戦う事で自分をレベルアップさせ、活躍する事で評価を高め、そしてトップを狙う。
まだまだ本当に機能するのはまだ時間がかかるだろうけど、「トップにつながる育成と修行の場」としてリザが回り始めた兆しなのかもしれない。

・・乾の二戦連発ゴール!というのは、試合を全く見てないけれどもワクワクしてしまうぞ!





スポンサーサイト

テーマ:ジェフユナイテッド市原・千葉 - ジャンル:スポーツ

ぬぉお!!!負けたっ!!!!
チキショウメ!!!
負ケチマッタゼ!!!

今日は勝ちたかったなぁ・・いろんな意味で、勝ちたかった。
悔しい。
・・すげー、悔しい。


まだまだジェフは、攻撃までチーム作りが手が届いていないという事が明らかであり、
でもって、中村憲剛のいる川崎は別チームだという事を見せ付けられ、
「誤審もサッカー!」と思いつつも今日の主審のジャッジには憤懣やるかたなく、
そしてやはり今年のジェフは残留戦線の中で如何に足掻くかという年なのだと実感し、
寒さの中で肩を落として帰ってきたわけだ。

攻撃戦術がまだまだ整備されていないのに、
開始2分で失点してしまったら・・そりゃ試合も難しくなるよな、今のジェフは。
あれで川崎は憑き物が落ちたしね。


あああっ、もう!!!
悔しいぞ!!!



テーマ:ジェフユナイテッド市原・千葉 - ジャンル:スポーツ

川崎FWが緊急事態!?・・日本代表は「脱オシム」
音楽にあまりこだわりや思想を持たない自分としては、クラシックもJ-POPもアニソンもHR/HMも、全てジャンルとしては等価値であって。単に自分がその曲を好きか嫌いかだけで選んでいます。
基本的には・・テンションが高い!熱い!派手!大げさ!な曲が大好きだったりします。

「じゃあ、クラシックだったら何が好きさ?」
んー、「新世界」とか?
「わかりやす!!!」

と、相方に大笑いされましたが・・。
それでも、派手な曲が好きなんだーーーー!!!


===<川崎のFW戦線異常アリ!?>===
「川崎F強力FW7人がケガ人続出で2人に」(ニッカン)
「川崎F泣きっ面に…ジュニも負傷」(スポニチ)
「川崎、今季初白星へ鄭が起爆剤」(報知)
「フッキ退団、ジュニ&ガナけが…鄭大世が川崎の救世主だ!」(サンスポ)

異常ナシなら西部戦線。
いやまあ、あれはあれだが。

今シーズンの開戦前には精強無比、絶対的な戦力を誇っていた川崎FW陣。
しかし、ここジェフ戦を目の前にして緊急事態のようです。フッキの離脱、都倉の骨折、我那覇は靭帯損傷で黒津は右膝打撲。さらに川崎の絶対エース、ジュニーニョまでもが左太腿裏打撲でジェフ戦への出場が危ぶまれています。
ここで代わって奮起しているのが、鄭大世。
突破力とパワフルさが魅力のFW。川崎サポの弾幕には「人間ブルドーザー」なるものまである。コンピューター付きなら田中角栄、発電所ならブルーノ・サンマルチノ。
彼の武器はそのフィジカルの強さであり、そしてゴールを狙う貪欲さと積極性であり、それらが掛け合わさった推進力。ジュニーニョやフッキももちろんですが、彼もまた「個人/単独で点を奪う能力」に長けています。

だがしかし、ちょっと待て。
全ての川崎サポよ、思い出せ。
前回のナビ予選で戦ったときのジェフの3バックが誰だったか。

斉藤、結城、そしてボスナー。

目立ってはいないが、だがリーグ屈指のガチムチ最終ラインだったりする!
我那覇のポストプレイやジュニーニョの足元個人技にはやられるかもしれないが、だけど!
フィジカル頼み単騎突破ならばガツン!と跳ね返せる面子がそろっている。

来るなら来い、跳ね返してやる。
ぶつかりあいなら、負けはしない。久木野や山岸が攻めてこようとゴールは彼らが守りきる!



===<岡田監督曰く、「脱オシム」>===
「岡田監督「脱オシム」宣言」(ニッカン)
「オシム流捨て!岡ちゃんオレ流宣言」(スポニチ)
「岡田監督「思い通りにやらせてもらう」新“GM”招へいへ」(報知)
「岡田監督“脱オシム”守備はゾーンで」(報知)
「岡田監督「これからはおれのやり方でやる」」(報知)
「岡田監督染め直しブチ上げ!オシム色排除、オレ流で戦う!」(サンスポ)

オシムはオシムでしかなくて、絶対無比。
彼の後を継ぐ監督はすべからく苦労するんだろうなぁと、改めて思うネタ。

いくつか思う。

一つ目。
岡田監督も可哀想だな、と。プロの監督として悔いのないよう、イビチャ・オシムの発言や思想や理想に囚われず、こうなったらもう、後悔しないようにがんばってください。

二つ目。
でもさー。負けた後にそーゆー事言うのは、負け惜しみとか負けた責任を押し付けてるみたいで、ちょっとなんだぞ。

三つ目。
淀川社長の「脱オシム」に反発してジェフを去った選手達は、これをどう思って、どう判断するんだろうね?



===<ジェフニュース諸々>===
「フクダ電子スクエア 完成記念式典・記念行事選手参加について」(ジェフ公式)
「2008シーズンモデル公式ユニフォームの販売について」(ジェフ公式)
「ホームゲーム限定全選手背番号タオルマフラー受注会実施!」(ジェフ公式)
「4月2日(水)ヴィッセル神戸戦のイベントについて」(ジェフ公式)
「千葉はフクアリで「名刺でゲッツ!」」(ニッカン)

色々イベントやら商品企画やら、今年のジェフフロントは今までよりもずっとがんばってる。
全選手の背番号を指定できるタオマフっていうのも面白い企画だし、
フクダ電子スクエアの完成記念式典に選手が参加するのも、ぜひぜひ!と。

だけどさ・・。
会社の名刺で応募するっていうのは、ちょっと抵抗あるんだけど・・んー、世の中の会社勤めの皆様的には平気なんだろうか?



===<オシムの提言>===
「オシム前監督、GKレベルアップへ「J4人目外国人枠」提案」(報知)

アジア枠の拡大だとか、単純な外国籍選手の拡大だとか・・。
そういうのに比べれば、ずっとアリじゃね?と思うアイデア。
(例えばアジア枠を開放したら、ウチのボスナーも朴もみんな制限ナシになっちゃうもんなー)

アイデアとしては面白いが、これがどう進むのか・・?



===<おまけ:国産ジェット!>===
「国産ジェット旅客機「MRJ」事業化、きょう正式決定」(読売)
「三菱ジェット、覚悟の離陸 巨額投資「10年は赤字」」(朝日)
「三菱重工:40年ぶり「国産の翼」 MRJの事業化発表、13年運航目指す」(毎日)
「MRJ」(wiki)

がんばれ!
三菱重工がんばれ!





テーマ:ジェフユナイテッド市原・千葉 - ジャンル:スポーツ

バーレーン帰りの巻、早速練習!新居も復帰!・・フッキは東京V復帰?
先日のバーレーン戦で敗れてしまった日本代表。
その試合に先発フル出場した巻が、日本に帰ってきて・・さっそくジェフの練習に参加したそうです!

「岡田構想崩壊!バーレーン戦完敗で代表選考&戦術見直しへ
 ★巻は練習場に直行」(サンスポ)


おいこら、巻。
あなたは、ついさっきまでどこにいたんだと。
少しは体を労われと。

とか言いたくなりますが、時差6時間。
自分なんかは時差の影響をほんっと受けない体質なのですが、でも会社の先輩で1週間近くも時差が抜けない人がいます。相方も二日くらいは時差に慣れません。
巻が時差に強いか弱いかはわかりませんが、6時間も時差があれば、影響を受ける人はかなり影響されてしまうはず。それに26日のバーレーン戦から30日の川崎戦まで中三日。時差が無くとも、楽なスケジュールじゃない。

帰国直後に体を動かして汗を流し、週末に向けてコンディションを高めようとする巻。
ジェフは、シーズン前の評価や諸々から想像するよりもずっと奮戦していると思うけど。
それでもリーグ戦においてひとつも勝利していません。
バーレーン戦の結果もあって、ひときわ週末の試合に向けて責任を感じているんだろうな。

週末は等々力で、Away川崎戦。
サクラ咲くなか、不振に喘ぐ川崎と這い上がろうとするジェフとの試合。

言わずもがなだが・・川崎には勝ちたい。
巻、がんばれ!!!



===<新居も復帰!>===
ジェフの携帯公式でも書かれていましたが。
今日のエルゴラ、週末の試合プレビューで新居復帰というニュース!
新居、・・ジェフのFWの中で最もゴールに貪欲なイメージの新居。去年の終盤、特に磐田戦では魂のこもったゴールを決めてくれた新居。
今年こそは!と、ものすごく期待している。

その新居が全体練習復帰!

手術明けという事もあって、コンディションがどこまで上がっているかはわかりません。
しかし、青木良や馬場、フルゴビッチをいきなり先発起用したクゼの事。
もしかしてもしかしたら、川崎戦でいきなり新居の出番があるかも?と期待してしまいます。
まさか先発はないだろうけどな。

・・でも、今年のジェフって、ものすごーーーーーーーーく、新居に向いている戦い方な気がする。



===<フッキは東京V?>===
「フッキ代理人、東京V移籍へ会談」(スポニチ)

フッキが復帰!
川崎に復帰!・・したかと思えば、今度は東京Vに復帰!?
いっそこの後には札幌にも復帰しちゃえ!

・・というか。
うん、ほんと、このフッキの件。

川崎は「雨降って地固まる」となり、
東京Vは「J1昇格のヒーロー復活、戦術の最後のワンピース」となって、
とどのつまり、
少なくとも形としては八方井丸く収まってしまいそうな気がしないでもない。

いやまぁ、サポの心情だとか移籍にまつわるお金の動きだとか、それまでのチームの軋みだとか。
そーゆーのは別だけど。


東京Vの強化本部長、田中尚雅氏曰く。
「全緑疾走 すべてにベストを尽くします」だそうな・・。






テーマ:ジェフユナイテッド市原・千葉 - ジャンル:スポーツ

「ゴキブリなんか怖くない」ジェフ若手寮引越し!・・日本代表、敗戦!
「○○なんか怖くない」と聞くと、頭のどこかで変換スイッチがピコンと押されてしまいます。
他にも「冴えたやり方」だとか「ナンチャラの左手」だとか聞いても連想連鎖が始まってしまいます。
ええ、決してどこかの大金持ちが、美人秘書の体に「ノーミソ移植!」してはっちゃけちゃって、作者の妄想空想が爆発しちゃうわけじゃありません。

ジェフのっ!
若手達が住む寮が、ついに引越し!なわけです。

「若手選手が新寮に引っ越し「ゴキブリももう出ません」…千葉」(報知)

・・ジェフの寮がひどいとは聞いていたし、今までに水本も契約更改時に施設の改善を求めていたりしたわけだけど。築40年ってのは、確かに古いよなー。ゴキブリに関しては、多数の人間が共同生活する以上、新しかろうが古かろうが住み着いてしまうのはしょうがないと思う。掃除とか衛生感覚は個人差がすごく大きいもんね。新築の寮だって、半年もすればもういるだろうし。
だけど、「洋式トイレに座るとドアに足が当たるほど狭い」ってのはさすがにどーよと。
  ※「エアコンからコウモリが飛び出てきた」ってのも凄いけど!
  ※ふんっ・・だ!
  ※オレだって、昔、学校の教室のストーブの煙突内にスズメが巣を作ってた事あるぞ!
  ※寒くなってストーブに火を入れたら、ガタガタ!バタバタ!ってしたんだ!
  ※負けてなるものかっ!


今度の寮も新築じゃないし、決して新しいわけじゃない。報知によれば築20年ほど。
しかし内装はリフォームしているっぽいし、それにサポコミの話では、フルコートは無理にしても練習用のピッチも用意できるとかどうとか。

今まで長年の課題だったジェフの環境/施設面。
これの改善がひとつ前進したのは大きな一歩!
次は練習場、次はクラブハウス!などとお金があれば、アレもコレもとなるのですが、一つずつでもクリアしてくれればいいと思います。

淀川社長もJR東日本や古河電工からがんばってお金を引き出してくれ!
でもって昼田さんなり誰なりが、補強だけでなく施設面からもクラブ強化に努められるように。


・・でもさ。
「MF米倉恒貴(22)」ってさ。
米倉は1988年5月17日生まれなんだから、満年齢(現在20歳)でも数え年(今年21歳)でもないよね。
この(22)って、背番号だよね・・?



===<巻が育成コーチ!>===
「未来の代表たちに指導!千葉・巻が協会“公認”育成コーチ就任」(サンスポ)

福島に続いて2校目が開校となるJFAアカデミー。
これの日本協会公認育成コーチとやらに、巻が就任!という事だそうです。
記事によれば、このJFAアカデミー開校を推進したNPO法人に、巻のお父さんが理事として名前を連ねているそうな。

巻、毎年シーズンオフには熊本に帰郷するなど故郷大好き!っぽいもんな。

具体的にはどんな事するんだろ。
オフに学校を訪れて「一日コーチ」とかそんな感じなんだろうか。



===<マッチデースポンサー!>===
「マッチデースポンサー決定のお知らせ」(ジェフ公式)

去年も後半からは、なんだかマッチデースポンサーが多いなぁという印象がありましたが。
今年はリーグ開幕から7月20日まで、全てのHome戦にマッチデースポンサーがついています!!
凄いじゃないか!
これはもう、島田さんに小林さんのお二人が加入した効果なんだろうなぁ・・。

でもって改めてこういう情報を見て思うんだけど。
去年だって後半はかなりマッチデースポンサーがついていてくれてたハズ。
でも情報の出し方が個別にばらばらだったから、「今日は○○なんだ、○○ありがとう!」で終わってしまい、ジェフというクラブの頑張りとは全然見えていなかった。だけど、今回はこうやって「これだけマッチデースポンサーを集めてきたぜ!」とまとめて情報を出してきた。
同じネタであったとしても、「情報の出し方」でかなり印象が変わってしまう実例。

だからこのニュースをもって、二つほど思うわけで。

一つ目は、「ジェフ営業すごいぞ!がんばれ、もっとがんばれ!」と。
で、二つ目は、ジェフ広報。広報業務や技術を、ぜひぜひちゃんと勉強しなおしておくれ。

がんばれーっ!



===<日本代表、バーレーンに敗れる!>===
「岡田ジャパン 初黒星で首位陥落」(スポニチ)
「巻&大久保 シュートわずか1本…」(スポニチ)
「岡田監督「最悪のシナリオ」バーレーンに力負け」(報知)
「岡田ジャパンが石油の国で油断した…バーレーンに敗戦で首位陥落」(サンスポ)
「W杯最終予選 イラクと“死の組”も」(スポニチ)
「岡田監督が引く!アジア最終予選抽選会」(報知)
「切符獲得は“強運”も必要!6・27にW杯アジア最終予選抽選」(サンスポ)

あー・・負けちゃったんだー・・というW杯予選。
あまり興味もなかったのでテレビも見てません。

でもさすがにW杯予選で敗退してしまうと、日本サッカー界そのものが、それこそジェフに限らず浦和だろうがG大阪だろうが、J1から地域リーグまで全てに悪影響なのは間違いありません。かなり巨大なネガティブ要素となってしまうので、是が非でも、いやもう何が何でもW杯出場は勝ち取ってくださいませ。



===<フッキが川崎を電撃退団!>===
「川崎Fフッキが退団、起用法に不満か」(ニッカン)
「フッキ川崎F電撃退団!東京V復帰?」(スポニチ)
「フッキわずか4戦で退団…川崎71発3トップ崩壊」(報知)
「川崎の強力3トップ崩壊!フッキが退団、他クラブへの移籍へ」(サンスポ)

うぉ。。・・と、ニュースを聞いたとき、思わず絶句したこのニュース。
川崎とは先日のナビスコ戦に続き、今週末、3月30日にリーグ戦でまた戦うわけだけど、
補強した3トップが上手くかみ合わずに調子を崩していた川崎にとって、これはかえってポジティブな方向に転がる可能性が高いんじゃないかと思ってしまいます。

不満分子の離脱による選手の団結。
川崎にとって全くの新戦術だった3トップを廃して、去年まで積み重ねてきた戦術への回帰。
さらに選手達のモチベーションアップ。

・・今週末の川崎戦が怖くなってきた。



テーマ:ジェフユナイテッド市原・千葉 - ジャンル:スポーツ

オシム退院!「もっと走れ、もっと早く、そして拍手を」・・リザ勝利とかプリンスリーグとか。
フルゴビッチが退場した柏戦。
一試合中のイエロー2枚による退場は、直近の公式試合で消化のため、今週末のリーグ川崎戦にフルゴビッチは出場できません。
「出場停止選手のおしらせ」(Jリーグ公式)

でも、フルゴビッチが退場した後、ピッチで戦うジェフの選手が、前のめりに逞しかった。
スタジアム全体が、それこそサポも含めて、熱くなっていた。
「ふざけんな、負けるかよ。負けねえよ」って、米倉も青木も下村も駆け回っていたと思う。
ぜってー負けねえ!!!って、選手達がプレイで見せてくれた。
ああいうジェフを見るのは、なんだか、随分と久々な気がした。

だから。
あの後半を見たから、今週末の川崎戦には特に不安はない。
そりゃ負けるかもしれない。
戦力を考えたら負けるほうが自然だけれど。
でも、負けたとしても、戦って負けるんだと信じられる。



===<オシム退院!>===
「オシム前日本代表監督が退院 ~オシム前監督からメッセージ~」(J's GOAL)
「「もっと走れ」日本へオシム流ゲキ」(スポニチ)
「退院オシム前監督、語録も復活!」(報知)
「オシム氏が退院、130日ぶり自宅へ…今後もリハビリを継続」(サンスポ)

オシムがついに退院!
おめ!!!

・・いやもう、ほっとしました。
オシムは現場に戻りたい気持ちもあるだろうけど・・ここは少し安静にして、大好きなサッカーを思う存分TVやスタジアムで見て、でもってぼやいてほしい。

このコメントも。
最後のコメントが、あまりにオシムらしくて、そしてサッカーが大好きでたまらないんだなと思えて、サッカーそのものも選手もサポも、みんなを気遣うオシムだからの台詞で。
じんとくる。

「・・そして選手たちが良いプレーをした時には大きな拍手を与えて下さるように」




===<リザ、鳥取相手に今季初勝利!>===
「JFL公式」
「第10回日本フットボールリーグ前期第3節 ゲーム詳報」(ジェフ公式)

ユースから昇格し、まずはリザで戦う事となった乾。
彼の一撃を守りきって、1-0で勝利!
リザーブズ、今季初勝利です!!!

メンバーを見る限りはざっくり4-4-2。想像する限りでは、山中/高田の両SB、中原と竹田が中盤を支え、乾と奥山が攻撃的に前線をワイドに駆け回る。でもって熊谷が最前線、鳥養がセカンドトップという感じなんだろうか・・。
随分とイメージが変わってしまったリザのメンバー。
今季はリザとトップとの連携も今までに以上に有機的に行われると期待したいところ。

次はTDKとの対戦。
がんばれ!



===<プリンスリーグ関東、開幕間近!>===
「JFAプリンスリーグ U-18 関東」(公式)

プリンスリーグ関東の2008公式HPが開設!
ジェフU-18は、プリンスリーグ関東の2nd Division、それのBグループに編入されています。

初戦は、4月6日Awayで鹿島学園高校。
続いて・・4月13日Away前橋商業戦、4月20日Away矢板中央高校戦、5月3日Home正智深谷高校戦、5月18日Home成立学園高校戦と続きます。
その後に、AグループとBグループとで順位決定戦。

ここからふるい落とされないように、少しでも上を、Div1を目指してがんばれ!!!
・・Div1には市船や武南や流経大柏や、それに各Jクラブユースだのがひしめいている。
そこに食い込みたいじゃないか!



===<ジェフニュース諸々>===
「JEF PRESS -Vol.44- 発行および 駅配布プロモーションのお知らせ」(ジェフ公式)
「「遊びが育てる天才少年」~クワトロサッカー大会開催について~」(ジェフ公式)
「「浦安スクール サッカーフェスティバル」開催のお知らせ」(ジェフ公式)

情報発信がマメになってきたジェフ。
それはすごくすごくいい事。
こうやってクラブが何をしているかを知るだけでも、クラブ外とのコミュニケーションになる。
広報ってのはそういう仕事。
ほんとはもっとジェフには情報があって、もっといろんな情報を発信できるハズ。

だから、もっとジェフフロントがんばれ!
おねがい、がんばれ!


ところで。
このサッカーフェスティバルとかクワトロサッカー大会って、去年まで「そもそもやっていなかった」のだろうか。もし今年から開催!というのであれば、普及部やホームタウン統括部のがんばりだよな。




テーマ:ジェフユナイテッド市原・千葉 - ジャンル:スポーツ

柏戦は前半と後半で別の試合・・オシム退院間近!それにジェフフロントが!?
前半は、テストとチャレンジの45分。
後半は、ギアを切り替えての反転攻勢45分。
前後半で印象ががらりと変わってしまった試合でした。

その大きな理由は、スタメンの変化。要素としては大きくこんな感じ。
 1:レイナウドの先発復帰。1トップ。
 2:フルゴビッチの、早速のスタメン起用。これにともなう青木孝の右SMF。
 3:市原の右SB。
 4:米倉と中島の先発。
 5:工藤のベンチスタート。

最も注目なのはフルゴビッチの先発だけれども、どーにもこーにもこれが「吉」だったとは決して言えない。しかし「凶」だったとも言えない。「フィットしてないってこーゆー事だよなー・・」とはっきり見せられた感じ。フルゴビッチがボールを持っても、彼がどう動きたいのか下村もレイナウドもイメージを共有できない。ためらいながら動くからフォローが遅いし、彼の出すボールも噛みあわない。
よって、前半の印象だけを正直に言えば、フルゴビッチがボトルネックとなって前線を塞いでいた。

しかしそれをもってフルゴビッチがハズレかと言うとそうとも言い切れない。
ルーズボールを追いかける逞しさは見れたし、プレイが切れた時には周囲に身振り手振りを交えて声を出して指示出しもしていた。プレイの選択も攻撃的な選択が多かった印象。
今後、主力選手と噛みあった時を期待したい。

あとは。
J初戦で早々に退場となってしまったように、Jリーグの審判とのすり合わせが課題か。
柏戦での1枚目は、スライディングが遅れ気味に入って山根を削った感じになったプレイ。2枚目はバランスを取るために広げた腕が、柏選手に裏拳っぽく入ってしまったもの。どちらもJの審判基準だとイエローで不思議はないが、特に2枚目に対してフルゴビッチが「えー・・?」と戸惑っていたように見えた。
気になったのは、フルゴビッチ・・ジャンプする時に肘を高く横に出すんだよなー・・。あれ、審判によってはがちがちに目をつけそう。
今まで戦っていたクロアチアリーグの「激しさ(≒荒さ)」とJリーグの「お行儀良さ」とで、どう彼が折り合いをつけられるのか・・。

まだまだイイ!ともダメ!とも判断しきれない。
そんなフルゴビッチに対し、クゼははっきりとコメントしている。
「非常に悪かったです。なぜ、そういえるかというと、私は彼が持っているものを知っているから。それが今日は出せていなかった。どんな選手も最初の試合というのは難しいということを理解してあげなければいけない」

指揮官ってのは、そーじゃなきゃ!
試合後のフルゴビッチのコメントも今後に期待したくなるものだし!!!


【35分:0-1 太田(柏)】
柏の鋭い攻めをジェフが跳ね返し、しかしジェフの攻撃も中盤で停滞して・・また両サイドから柏に攻め込まれる。そんな事を繰り返していた中で、ボスナーがボールをカット。自陣半ばより前まで攻めあがる。そこからボスナーが横パスを選択。これを柏がカット!
慌ててボールを追いかけるボスナー。柏がジェフ右サイドに展開、縦に抉っていく。市原とボスナーがボールを追いかけるが、そこからゴール前にクロス。
ゴール前の柏選手釣られたようにジェフ選手が守備に飛び込む。そのボールが誰にも触れられないまま逆サイドまで通り、まったくフリーとなっていた太田が拾う。
そのまま太田が持ち込んで、角度の厳しいところからシュート!先制。
パスカットされた事よりも、その後に敵に釣られて振り回されて、逆サイドをフリーにしてしまった方が今後の課題か。

【58分:1-1 斉藤(ジェフ)】
後半早々、54分、フルゴビッチ退場。
これでスタジアムが熱くなり、ジェフのゴール裏の声も大きくなる。
一人少ないながらも敵陣に攻めこんだジェフ。しかしイマイチつながらないボールをカットされてしまい、大きくボールを戻されたところに、米倉。彼がヘディングで前に送る。これが柏のDFとGKとの間に入り、二人が一瞬お見合い!? セットプレイで前に上がっていた斉藤が見逃さず、敵DFの裏に抜け出し、そのまま左足一閃!
鋭いシュートがゴールに刺さって同点弾!
攻撃陣が機能した得点ではなく、敵失からの偶然のチャンスだったが、それを決めた斉藤が素敵!


以後、一人少ないジェフ陣内に柏が攻め込むが、人数減をあまり感じさせない守りでジェフが抗戦。
下村/米倉/工藤を中心にボールをカットしては前線に送り、谷澤と青木孝を走らせて逆転を狙う。
途中出場の柏ポポの怖いプレイが何度かあったが、それらも守りきり・・同点で終了。

テストとチャレンジの前半と、工藤が投入されてギアの変わった後半。
市原の先発、松本の後半投入。
米倉の先発フル出場。
一度は青木孝が交代とボードに出たけど、流れを見てレイナウドと谷澤を交代。

はっきり断言できる。
クゼは、常に勝利を狙っている。
そして、勝利を狙いつつもこの一年間を見ている。
だから今は、実戦の中でテストとチャレンジを繰り返し、若手への期待をはっきりと起用で示す。
さらに試合を捨てたり、ただのテストで終わらせる気は毛頭なく。
試合の流れに応じて主力を投入して修正、常に勝ちを狙っている。
主力も若手たちも、そんなクゼの采配の下で、チャンスを掴もうと駆け回っている。

新しいジェフが、一つ一つ強くなろうとしている。


【公式系】
「2008Jリーグヤマザキナビスコカップ予選リーグCグループ第2節 ゲーム詳報」(ジェフ公式)
「試合詳細データ 2008 ヤマザキナビスコカップ Cグループ 千葉 vs 柏」(J's GOAL)
「【ヤマザキナビスコカップ 千葉 vs 柏】プレビュー:柏のスピーディーなサイド攻撃を抑えたい千葉。両チームの監督の選手起用、そして戦況に応じた采配に注目。」(J's GOAL)
「【ヤマザキナビスコカップ 千葉 vs 柏】ハーフタイムコメント」(J's GOAL)
「【ヤマザキナビスコカップ 千葉 vs 柏】ヨジップクゼ監督(千葉)記者会見コメント」(J's GOAL)
「【ヤマザキナビスコカップ 千葉 vs 柏】石崎信弘監督(柏)記者会見コメント」(J's GOAL)
「【ヤマザキナビスコカップ 千葉 vs 柏】試合終了後の各選手コメント」(J's GOAL)
「【ヤマザキナビスコカップ 千葉 vs 柏】レポート:白熱のダービーマッチは、両指揮官の采配の妙もあって引き分け。千葉はサイド攻撃の対応、柏は追加点奪取に課題を残す」(J's GOAL)
「[ 3/23(日)ヤマザキナビスコカップ:第2節 千葉 vs 柏(プレビュー) ] 期待の高まる「千葉ダービー」。両指揮官の選手起用も注目される」(Jリーグ公式)
「[ ヤマザキナビスコカップ:予選リーグ第2節 試合総括 ] 札幌が今季初勝利! 「千葉ダービー」は譲らずドローに終わる」(Jリーグ公式)

【メディア系】
「千葉10人も斎藤弾で追いつく/ナビスコ杯」(ニッカン)
「斎藤が同点ゴール 今季ホーム初白星ならず」(ちばとぴ)
「10人の千葉追いつく 柏先制も優位生かせず」(ちばとぴ)


さあ!
次はリーグ戦第3節、川崎戦だ!



===<オシム退院&復帰会見!?>===
「元気なオシムさん 来月復帰会見も」(スポニチ)
「オシム氏“快気会見”開催へ…川淵Cが明言「今月中に退院」」(サンスポ)

いよいよオシム退院か!
・・いやもう、ほんと、ここまで回復してくれただけでも、ほんと・・嬉しいです。

記事中、「千葉県内の家をバリアフリー」にして「生活拠点を移す」ってあるけど。
いつかは母国に戻るにしても、まだもうしばらくは日本にいてくれるって事かな。



===<を?ををを!?ジェフフロンが!?>===
「本日の試合運営に関して」(ジェフ公式)

自分はいつもバックスタンド側なので、このメインスタンド側の運営がどうだったかのかは全く目にしていないのですが。

でも!
そういう不手際を、わざわざこうやって公式HPに・・しかも試合当日夜に掲載したって、
・・ジェフフロントにしては凄い事じゃないか!?!?!?
しかも次回神戸戦からは「運営方法を修正することをお知らせいたします」だなんて・・!!!

当日のうちに、運営側は自分達の非を認め、しかも次回への対応も含めて公表するって・・。
こんなの、今までのジェフフロントからは考えられないぞ!?

なんだ、なんだ・・なんなんだ。
情報の出し方も今年になってからグンと良くなってきているし!
この前のシーズンDVDの誤植も、誤植を修正したDVDスリーブ(表1と表4のペラ1枚)を改めて個別に発送しているし!
このまま、フロントも体質改善か?!って、期待したくなっちゃうじゃないか!

お願いだから、ほんっと・・お願いだから、このまま色々と良くなってくれればいいなぁ・・。




テーマ:ジェフユナイテッド市原・千葉 - ジャンル:スポーツ

一人退場も意地の引き分け!
Jリーグ初登場のフルゴビッチが、初出場にして初退場!
しかし試合はそこから一気に動き出す!

後半から登場の工藤がつなぐ。
クゼの勝負手、谷澤が走る。
跳ね返ったボールを斎藤が蹴り込んで同点に追いつき、
一人少ないからこそ、ジェフの選手達が駆け回る。

全員守備、
全員攻撃。

意地で引き分けた柏戦。

これで負けなかった自信を胸に次はリーグ川崎戦に挑め!!!




テーマ:ジェフユナイテッド市原・千葉 - ジャンル:スポーツ

ナビ第2戦は柏戦、フルゴビッチは登録完了!・・レディース新スポンサーやら色々。
試合スタッツはシュート数で21対7と一方的。
内容はジェフ自身がそれを狙っていたとはいえ、攻める川崎x守るジェフという構図。
しかし川崎に2-0とクゼ体制のシーズン初勝利!

・・そんな幸せな3月20日からわずか中二日、ナビスコ予選第二戦Home柏戦がもう目の前です。
またまたドキドキワクワクな“試合のある週末”。

「[ 3/23(日)ヤマザキナビスコカップ:第2節 千葉 vs 柏(プレビュー) ] 期待の高まる「千葉ダービー」。両指揮官の選手起用も注目される」(Jリーグ公式)
「【ヤマザキナビスコカップ 千葉 vs 柏】プレビュー:柏のスピーディーなサイド攻撃を抑えたい千葉。両チームの監督の選手起用、そして戦況に応じた采配に注目。」(J's GOAL)

今年のジェフは、柏と5回も公式戦を戦う事になります。
2月24日の「ちばぎんカップ」、そしてナビスコ予選でHome&Awayで2回、リーグでこれまた2回。
そこまで戦うと見る側としては飽きも来るというもの。
でも。
今年の柏は怪我人が多いとは言え、戦術が明確ないいチームです。その相手と5回もガチで戦えるというのは、残留に向けたチーム熟成という意味で大事なチャンスとなるでしょう。そして5回も戦うのですから、その都度ジェフがどのように成長してきているのかを推し量る機会にもなります。初戦の2月24日「ちばぎんカップ」と、5戦目となる8月のリーグ第21節を比べれば、この間に、ジェフがどれだけチームとして形を作れたを確認できるでしょう。
そして5戦目の柏戦までにある程度の戦う形ができているかどうかが、そのままジェフのJ1残留の成否につながるはずです。

そう思えば、繰り返される柏戦は、ジェフの成長をはっきりと目にできる大事なチャンスであり、
飽きたというよりも、今度はどうなっている?という気持ちの方が強いオレです。

今年がどうなってしまうのか、全く想像もつかず自信も無いところから始まった「ちばぎんカップ」。
そこから・・G大阪との引き分け、ミドルに沈んだ清水戦、守りきった川崎戦の初勝利・・これら3つの試合を踏まえて、また柏と戦う。
さあ、どうなっているのか。

ひとつひとつ強くなれ。

戦う覚悟はできている



===<フルゴビッチは登録完了!>===
「2008年3月21日 登録選手 追加・変更・抹消のお知らせ」(Jリーグ公式)

先日の加入発表から時間が空きましたが、昨日、3月21日金曜日・・ついにJリーグでの登録手続きが完了し、新戦力ミルコ・フルゴビッチがJリーグの舞台に立てる事となりました!

覚悟完了!

あれだね。
オレしてはここはもう、迷うことなくクゼはフルゴビッチをいきなりの先発起用!すると信じてるね。
馬場だって怪我から復帰してすぐに先発だったじゃないか。
青木良だってそうだ。
二人とも練習試合をすっとばしていきなりの公式戦出場だった。

ならば。
待ち人来たれり。
ここはもう、いきなりのフルゴビッチ先発起用という勝負手を指すに決まってる。

それが上手くいかなかったら?それはそれでいいじゃないか。
きっと早めにまた局面を見極めて、別の選手を投入するとか試合中に修正するだろうさ。
今までの三戦ともそうだったじゃないか。

問題は!
フルゴビッチをどこで起用するかだ。左SBで坂本をDMFか右SBにまわす?それとも噂のDMF起用?
またまた左MFにフルゴビッチを配して、青木孝を前にあげるのか。
クゼがどこでどのようにフルゴビッチという大駒を起用するか!・・だっ!



===<柏には怪我人が多く>===
「柏、近藤と古賀が負傷/ナビスコ杯」(ニッカン)
「主力DF2人が負傷退場 柏・石崎監督、悲観的な見通し」(サンスポ)
「近藤 直也選手の負傷について」(柏公式)

フランサを筆頭に怪我人の多い柏。
先日のナビスコ札幌戦で、今度は守備陣に怪我人が多発。主力DFたる近藤に古賀が怪我との事。
そうなると、小林/藏川/鎌田あたりを軸にやりくりする事になるのだろう。

ジェフ戦には誰が出てくるのか・・?



===<レディースに新スポンサー!みっちー様々!!>===
「三井住友海上きらめき生命保険 株式会社 新規レディーススポンサー決定のお知らせ」(ジェフ公式)

この新スポンサーだけど・・。
どう考えても、ジェフレディースの快速FW、清水由香のご縁によるものだろう。
つか、本人のblogにも書いてるし(笑)
「スポンサー☆」(みっちーGoal★Blog)

さらに!
スポンサーに限らず、レディースユニの販売にも一役買っていたとは!!!
みっちー様々!
三井住友海上きらめき生命様々!!!
ブラヴォーーーー!

そもそもは陸上で学生時代から活躍し、社会人になってからも全日本女子駅伝の優勝メンバーでもある清水由香・・通称みっちー。
「■第20回 全日本女子駅伝 2000」(TBS全日本女子駅伝)
「■第21回 全日本女子駅伝 2001」(TBS全日本女子駅伝)
「女子 3000m 高校歴代100傑 ※2006年 12月14日まで」(知ったかぶり陸上ファンさん)

その快速で、ことしこそL1昇格!!!



===<ボナチッチはマジだった!?>===
「「オシム氏の教え子」がJリーグ監督熱望」(報知)

噂は出たものの、流れ流れてしまったボナチッチのジェフ監督就任。
この報知の情報によれば、かなり現実味のあるところまで話が進んで本人も真剣だったとの事。
たしかに、風の噂の噂の与太話としては、ボナチッチ監督就任&チーム始動日まで決まっていたとかいないとかそんな話もあったよーな・・。
だからこそ、12月中に盛り上がった主力選手の移籍話が一度は水面下に沈み、そして年を挟むようにして急激に再燃して決まっていったのかなぁ?・・などと想像してしまいます。

もしボナチッチに決まっていたら。
ここまでの主力選手の流出はなく、いくらかは防げたのかもしれない。
でも新監督が彼だったとしても、出て行くと心を決めた人は出て行ったんだろうな・・と思う。

死んだ子の歳を数える事もない。
既に事はもう起こってしまったし、今更、何が変わるわけでもない。

残ってくれた人、来てくれた人。
ジェフで戦うと、ジェフのエンブレムを胸に掲げると・・覚悟を決めた人を・・精一杯応援したい。



===<ジェフ関連ニュースあれこれ>===
「選手登録変更のお知らせ」(ジェフ公式)
「開場時の座席確保について 試合運営についてのお願い」(ジェフ公式)
「ハーフタイム時の喫煙所の移動について 試合運営についてのお願い」(ジェフ公式)
「ユナイテッド後援会様からの寄贈について」(ジェフ公式)

中牧がリザからトップ復帰!・・って、何があったんだろう。
櫛野の復帰が長引くからそれに備えての事なのか、それとも真田GKコーチが「オレが育てる!」と直々に呼び寄せたとか・・?
リザのGKは、どーやら大河原が務めるのかな。

そして「他の人の分も確保」という席獲りの問題に関する件と、喫煙所移動の件。
喫煙所の件はまだしも(最近は分煙も定着してきたもんなー)、席獲りの件はクラブからサポへの周知徹底が必要ですよね。これで一度HPに書いたからOKって事はないし。
これらがスムーズなスタジアム運営につながりますように。

でもって。
ジェフサポ有志によるユナイテッド後援会より、練習等で使えるサッカーボールとミニゴールが寄贈!
フクアリのゴールネットが黄色いのも、あれ、ユナイテッド後援会のおかげだよね、確か。
おつかれさまです!!!




テーマ:ジェフユナイテッド市原・千葉 - ジャンル:スポーツ

守って守った川崎戦。米倉の活躍、守備陣の踏ん張り。
食らえ、シュート21本!
どうだ、コーナーキック20本!
これでもか、フリーキック18本!
・・てやんでぃ、全部防いでくれるわ!!!

そんな感じの川崎戦。
遠目からでも川崎のシュートがどんどん飛んでくる。
森や養父や大橋がフリーでボールを持ち、回し、シュートにつなげていく。我那覇は雨の中でもポストをこなし、ジュニーニョが自分の突破だけじゃなくパスも駆使して試合を作っていく。

米倉の先制ゴールが決まるまで、ジェフの守備陣は体を張って守ってはいた。・・が、あきらかにギクシャクしていた。最後の最後で川崎の猛攻を防ぎ続けていたけれども、中盤を完全に制圧され、自由にボールを回され、突破されていた。特に川崎の森が自由自在にジェフ左サイドを蹂躙。上半身のフェイク一つで工藤をかわしてサイドを抉る光景が何度も繰り返される。
両者3-5-2の布陣で立ち上がった前半は、チームの熟成度の差が如実に現れていた。

斉藤と結城、ボスナー。これに下村が加わって守備ブロックを築き、ボールを跳ね返し続ける。
だが中盤のプレスもきかず、いざカウンターという時も連携が取れないジェフは、前半だけを見ればクゼ体制の中で最も厳しい戦況だったかもしれない。

しかし自陣深くに押し込まれても、ジェフ守備陣が踏みとどまったから、後半につながった。
後半開始早々にクゼが選手交代・・川崎にあわせて戦力を配置し直し・・、雰囲気が変わる。

左にまわった坂本が、森の突破を食い止める。
中島が中盤底、下村が前目にあがり、プレスがききだし、セカンドボールを拾えるようになる。
さらに米倉が中盤に入った事で、ゲームを作るパスが生まれる。


【1点目】
中盤から下村が持ち上がり、さらに谷口のスライディングを跳ねてかわす。
前がかりになって戻りが遅い川崎の守備の隙間に米倉が潜りこみ、下村からのパスを受ける。
この二人だけでなく。
米倉と下村よりさらに前方に、工藤が一人で駆け込んでいる。この工藤の動きに川崎DF(多分井川)が思いっきりつられ、それが米倉がフリーでボールを受けれた要因。米倉も決してスムーズにボールを受けれたわけではなく、一度トラップ後に姿勢を直しているが・・工藤に引きずられた井川は米倉につききれない。かろうじてシュートコースに入るのが精一杯。
ここを米倉が落ち着いて、低い弾道でゴールを奪う。
・・もしも敵GKが川島だったら、止められていたかもしれない・・。


【2点目】
中島のプレスからボールを奪い、米倉へ。
米倉が青木へのスルーパスを狙うも、これは敵DFに弾かれる。しかし跳ね返ったボールを再び米倉が拾い、落ち着いてルックアップ。
その時には中島がするすると駆け上がり、ペナルティエリアに侵入しており・・米倉から浮いたクロスが川崎DFの頭をこえ、中島の足元にピンポイント!
駆け込んだ流れのままに中島がこのボールを蹴りこみ、追加点!


2点をリードして尚、ジェフは川崎の猛攻を浴び続ける。
川崎の攻撃には余裕がなくなり単調になるが、やっぱり怖いものは怖い。
ジュニーニョなんか、いつ単騎突破からゴールを奪われるか怖くて仕方がない。
チョンテセの馬力が、いつジェフ守備陣を弾き飛ばすのかびくびくする。

だけど耐え切った。
左サイドは坂本が封印し、右は松本がぎりぎりのところで破綻を防いだ。
テセのアタックをボスナーが弾き飛ばし、ジュニーニョには結城や斉藤が必死でマークについた。

完封勝利。
攻められても打たれても、押し込まれても、耐え切った。
立石のビッグセーブもあった。

2-0。

この完封勝利は、大きいぞ!

N01川崎_0320a.jpg  N01川崎_0320b.jpg


【公式系】
「2008Jリーグヤマザキナビスコカップ (予選リーグCグループ)第1節 ゲーム詳報」(ジェフ公式)
「【ヤマザキナビスコカップ 川崎F vs 千葉】プレビュー:リーグ戦未勝利の両チーム。代表選手不在で迎える予選リーグ初戦をどんな布陣で乗り切るのかに注目」(J's GOAL)
「【ヤマザキナビスコカップ 川崎F vs 千葉】ハーフタイムコメント」(J's GOAL)
「【ヤマザキナビスコカップ 川崎F vs 千葉】関塚隆監督(川崎F)記者会見コメント」(J's GOAL)
「【ヤマザキナビスコカップ 川崎F vs 千葉】ヨジップクゼ監督(千葉)記者会見コメント」(J's GOAL)
「【ヤマザキナビスコカップ 川崎F vs 千葉】試合終了後の各選手コメント」(J's GOAL)
「試合詳細データ 2008 ヤマザキナビスコカップ Cグループ 川崎F vs 千葉 試合レポート」(J's GOAL)
「【ヤマザキナビスコカップ 川崎F vs 千葉】レポート:千葉が効率的に2得点を決めて勝利。試合を圧倒的に支配していた川崎Fは今季今だ未勝利」(J's GOAL)
「[ 3月20日(木・祝)ヤマザキナビスコカップ:第1節 川崎F vs 千葉(プレビュー) ] 攻撃力の川崎Fと守備力の千葉が、今季の公式試合初勝利をかけて対決(Jリーグ公式)
「[ ヤマザキナビスコカップ:予選リーグ第1節 試合総括 ] 磐田、千葉などアウェイチームの健闘が目立つ。浦和は初戦を飾れず」(Jリーグ公式)

【メディア系】
「千葉19歳米倉初ゴール、アシストも決めた」(ニッカン)
「千葉クゼ監督相手褒める余裕/ナビスコ杯記事を印刷する」(ニッカン)
「完敗川崎Fショック隠せず/ナビスコ杯」(ニッカン)
「米倉「快感」初得点1アシスト!」(スポニチ)
「米倉殊勲V弾!新生・千葉1勝…ナビスコ杯」(報知)
「千葉の2年目、米倉プロ初ゴール!「思った以上にうれしい」」(サンスポ)
「定位置争いで磨かれる千葉・米倉、J初ゴールは「快感」」(サンスポ)
「米倉が活躍、千葉快勝 柏は先制点守れずドロー」(ちばとぴ)



===<追記:選手雑感>===
立石: 試合後半にはファインセーブ連発!確かに立石のセーブも凄いけど、
     あれができているって事は、つまりDFの守り方がずっと良くなってきてるって事でもあるよね。
     ディフェンスがいいから、コースを制限できる/敵が窮屈なシュートになる、だから守れる!
斉藤: 鉄人、今日も健在!今までに比べ、ジュニーニョと一歩くらい間合いが遠いのは意図的に?
     我那覇のポストにも深入りせず、しかし最後のところでは身体を張っていた。
ボスナー:何も言う事はない。今年、ジェフがJ1に残留できるとすれば今からもう彼がMVP候補!
      カードをもらいやすそうなのに、しかし熱くなっても実際にはまだ1枚というのも心強い。
結城: 必死さがカメラ越しでも見て取れる。ただどうにもファウルを獲られやすいのはクセなのか。
     最後にイエロー1枚もらっていたけど、あれはあのワンプレイだけが理由じゃないだろう。
松本: 90分間右サイドでフル出場。この試合は攻めあがりにキレが見られず。
     攻めあがっても、イマイチ周りと連動しきれないのは経験の少なさか。・・ちょっと疲れてる?
坂本: 前半はDMF、後半は左SBとして奮闘。特に森を封印した活躍は素晴らしい!
     それだけじゃなく、中盤で川崎の隙を見つけてはパスカット・・!
下村: まさにジェフの背骨!屋台骨!前半は守備に、後半は攻守両面でピッチを駆け回る。
     米倉の先制点は下村の攻撃力がもたらしたもの。今年は新境地をつかめるか。
谷澤: 攻撃面でかみ合わない前半、奮闘するもイマイチ活躍できず、守備に押し込まれていた。
     前半だけで下がったのは、チーム戦術のためか、彼の怪我を慮ってか。
工藤: 雨で重いピッチのせいか、いつもよりフィジカルで力負けしていた印象。ミスも多かった。
     後半、青木をフォローするように2トップを組むがそれも今ひとつ・・またがんばれ!
青木孝:チーム全体のリズムもそうだが、前半はいまいち活躍できず。トラップやパスのミスもアリ。
     しかし最前線で終始戦い続け、それでも尚、最終局面の方が輝いていた根性は立派!
金沢: 残念ながら前半で下げられたのも已む無しといったところか。気負いすぎで空回り。
     また次のチャンスをつかんでがんばれ!
米倉: 川崎戦のヒーローは米倉!なんてったって米倉!プロ初ゴール!
     中盤のボールダッシュからのパス&ゴー。彼の投入がチームのリズムを作った。
中島: 得点したという活躍だけでなく。中島の投入(&坂本の左SB)によって守備がより強固に。
     下村と米倉の後ろを中島がカバー、さらにDFの崩れそうな穴に駆けつける活躍。
楽山: 雨の中でも上手さを見せる。主力として地歩を固めるためにはもうひとふんばりか。


なんにせよ。
昨日は米倉がヒーローだった!



テーマ:ジェフユナイテッド市原・千葉 - ジャンル:スポーツ

ヨネ!ヨネ! 米倉1G1Aの活躍で、川崎に完封勝利!
ヒーローインタビューの米倉!
コメント優等生すぎ!眉毛整えすぎ!
あれか!試合にあわせて朝イチで眉ととのえてきたんかっ!

なんにせよ米倉、プロ初ゴールおめぇぇぇえぇぇぇぇぇえ!!!!
でもってそれが決勝弾!
さらに加えての追加点アシスト!
今日は米倉の日だっ!
The Day of YONEKURA!!!

得点後の米倉が初々しくも落ち着いてて、でもまだ身体は細いから、なんつーか高校生っぽい。
あのシーンだけ高校選手権に見えた(笑)


エド・ボスナー、最終ラインに君臨!
ゴールマウスは立石が完封!
中島も追加点に中盤プレスにと途中出場で奮闘!

ひたすら川崎のボールを跳ね返し続けた90分間。
中盤でプレスに出れず、パスミスも多く、攻めるもままならず。
しかし数少ないチャンスで、得点を決めたのは・・ジェフだ。

勝った!
ああ、勝ったさ!!


勝ったぞ!!!



テーマ:ジェフユナイテッド市原・千葉 - ジャンル:スポーツ

さあ、川崎戦!フッキは出れない!?
今日の13時にはナビスコ川崎戦。
等々力には行けずにTV観戦となってしまったわけですが、この天候でどういうサッカーになるのか。
雨によっていつも以上にタフな環境になる以上、ミスも必然多くなります。
だけど、雨でもそれなりにプレイできるような足技をジェフに期待しても難しい(苦笑)
ストイコビッチの浮き球ドリブルや、V川崎のサーカスプレイみたいな事を期待してもしょうがない。

ならば!
金沢や青木孝/松本/谷澤の奮起がジェフの戦う鍵となる。
彼らがこのチャンスに、奮い立つか・・それともびびってしまうのか。
勇猛果敢、後先考えず、がむしゃらに戦って欲しい。

戦って失敗しても、後ろには坂本がいるし、ボスナーや斉藤もいる。中盤には下村がいて攻守に駆け回ってくれる。ボールをこぼしたって、きっと工藤がつないでくれるだろう。
戦って負けたとしても、自分達が何ができて何が通じるのかが示せればクゼも納得するだろう。
しかし、もし萎縮して怯えて何もできなければ、それこそチャンスを無にしてしまう。

走れ!
当たって砕けろ!


「【ヤマザキナビスコカップ 川崎F vs 千葉】プレビュー:リーグ戦未勝利の両チーム。代表選手不在で迎える予選リーグ初戦をどんな布陣で乗り切るのかに注目」(J's GOAL)



===<川崎はフッキ不在>===
「フッキ、右くるぶし打撲で戦線離脱」(報知)

フッキいなくたってさー。
川崎にはジュニーニョがいて我那覇がいて黒津がいてテセがいて・・。

ふんっ、こ、こわくないやい!



テーマ:ジェフユナイテッド市原・千葉 - ジャンル:スポーツ

J.B.Antenna-千葉 連絡事項 : so-netをお使いの方々へ
お世話になっております。

J.B.Antenna-千葉の管理代行を務めさせていただいておりますが、管理登録内容の更新がございますので、以下、ご連絡させていただきます。
(少しでも運営情報が皆様に伝わればと思い、こちらでもご報告させていただきます)


so-netのblogサービスをお使いの皆様にご連絡させていただきます。
先日のso-netリニューアルにともないまして、いくつか連絡事項と不具合の確認がございます。


===<URL変更連絡のお願い>===
JBA-BBSにてご連絡いただきました件につきましては、再登録を行いましたが、もしまだご連絡をいただけていない方がいらっしゃいましたら、JBA-BBSなり、この管理blogのコメントなりに、URLの件でご連絡いただけますようお願い申し上げます。

===<更新反映不具合の件>===
また、あわせてRSSフィード関連の不具合も生じており、pingがうまく飛ばない症状が見受けられます。こちらで再登録を行う事で対応可能ですので、もしso-netリニューアル後、JBA-千葉に更新が反映されない不具合がございましたら、ご連絡いただけますようお願い申し上げます。


以上、何卒よろしくお願いいたします。



khou



テーマ:ジェフユナイテッド市原・千葉 - ジャンル:スポーツ

ピッコリ度が高騰か!?ナビスコ初戦!・・今号の「J's サッカー」は是非!
朝イチでエルゴラを入手!
去年と違って今年はエルゴラを買う機会が多い。去年は負けてばっかで買う気になれなかったからな!・・水曜日なので、まずはとうこくりえのマンガを読まねば♪

で、続いて目にした、ナビスコ予選。

ピッコリ度!
エルゴラのナビスコスタメン予想が、リーグスタメンからどれだけ乖離しているかを示すピッコリ度!
これでジェフのピッコリ度は高めの45.5%!!!

リーグと比べて抜擢が予想されているのが若手達。

GK岡本・・去年の天皇杯大分戦の悔しさを晴らせ、失地回復、捲土重来!
DF市原・・あの浦和戦以来、久々のチャンスがくるか!?
DMF伊藤・・今年飛躍のためには控えに甘んじるわけにはいかない。このチャンスをつかめ!
SMF金沢・・「ちばぎんカップ」に清水戦、監督の期待をうけてゴールという結果を是非!
MF益山・・括弧付きの控え表記?なのだが・・来るか新人デビュー!?

エルゴラ布陣では最終ラインから坂本がはずれ、市原/ボスナー/斉藤の3バック。松本がSBからは一列高めの上がって右SMFの位置に配されている。
中盤からは中島/馬場が下がったかわりに、谷澤がスタメン、そしてDMFに伊藤の名前が。
青木孝が1トップで金沢が左SMF。
これで4-5-1(4-1-4-1)というよりも、変則3-6-1という感じの予想図となっている。

そして、フルゴビッチの名前は無し・・っ!


さあ、どんな布陣になるのか。
リーグ戦を戦い抜いてJ1残留に一歩でもにじり寄るために、ナビスコをどのように活用するのか。

 思考A:スタメンを変えずに、主力によるチーム熟成を図る。
 思考B:若手抜擢で戦力の底上げ/見極め/発掘を図る。
 思考C:3月20日川崎戦に続き、中2日で3月23日ナビスコ柏戦のため、主力の疲労/磨耗を避ける。

どれか一つというわけじゃなく、それぞれを混ぜて判断してナビスコの布陣が組まれると思われるため、・・ここはクゼ采配にかなりワクワクしているのです。


個人的には・・!
巻不在故に、本来のFWのポジションで戦うチャンスが濃厚な青木孝太!
彼がっ!
どこまでやれるか、戦えるかに、期待しているッ!!!



===<そして川崎は>===
「アジア3次予選(vsバーレーン代表)日本代表メンバー選出のお知らせ」(川崎公式)
「朝鮮民主主義人民共和国代表メンバー選出のお知らせ」(川崎公式)
「箕輪義信選手のケガについて」(川崎公式)

川崎からは、代表選出によって中村憲/川島/山岸が離脱。
鄭大世も北朝鮮代表に選出といっても、離脱期間が3月24日~3月27日のため、3月20日のナビスコ戦には離脱していない。でもって3月30日のリーグ戦には戻ってきている。
でもって、箕輪がグローインペイン症候群。
中村憲のかわりには、大橋なり養父なりが出てくるだろうし、山岸のところには、村上か。
箕輪が欠ける最終ラインは、前節神戸戦同様に井川/寺田/伊藤で変わらない・・か。

注目の大卒即戦力新人、菊地光将に出番はあるのか。
フッキの加入で今シーズンでチャンスのない黒津だとか。久木野がどう使われてくるのか、だとか。


川崎の場合、一人二人選手が離脱したところで攻撃陣には溢れるほど人材がいるのが怖い・・。



===<「J'sサッカー」にジェフネタ4ページ!>===
「J'sサッカー Vol.13」(ニューズ出版)

今月の「J's サッカー」を昨日の帰り道に買ったのですが。
ジェフネタが、4ページ!!!

「千葉サポーター兼人気マンガ作家 綱本氏の「いま、千葉に起きていること」」
「坂本將貴「自分にしかできないことがあるならば、それを全うしたい」」


これは!
ぜひ、ジェフサポなら読むべしッ!

練習見学に行った知人の話を聞いても、確かに今年のジェフは明るくなったらしい。
それは下村の声だけでなく、坂本の声でもあり、若手の声もあり。
きっと、それらに加えて巻の声もあるのだろう。清水戦では前半が終わって下がるときにあれだけ強く仲間達と話し込んでいたのだから。

今はもう、這い上がるしかない。
下を向いて俯いてばかりじゃ前には進めない。
それが開き直りと言われるものだとしても、今のジェフが「明るい」というのは、とても嬉しい事だ。



===<追記:巨匠アーサー・C・クラーク、死去!>===
「SF作家のアーサー・C・クラーク氏が死去」(朝日)
「Science fiction writer Arthur C. Clarke dies at 90」(CBC news.ca)
「Sci-fi author Clarks dies」(BBC NEWS)

あぁあぁぁあぁ、あ、あ、あ・・あぁぁぅ。。。
ああぐあぐ、えぐ・・。

謹んでご冥福をお祈りいたします。

もし可能なら、彼は、宇宙葬で眠ってほしい・・。




テーマ:ジェフユナイテッド市原・千葉 - ジャンル:スポーツ

サカマガには背番号ヒストリー、サカダイにはJFL名鑑・・水野、初実戦!
オジェックの後任エンゲルスに「浦和フロントが二年契約を提示」という事で、一人、すげーホッとしています。
なにが「ホッ」としてるかというと、そりゃあーた。
万が一、何かがとち狂って、イビチャ・オシムが浦和の監督になったりでもしたら・・!
オレは今すぐこのblogを閉じて、彼が浦和を退任するまでJリーグから距離を置きます♪

今回の浦和の監督交代劇に限らず、シーズン終了後なり・・例えばG大阪の監督にオシムが就任したりしても、同じです。
・・まぁ、彼を敵として見たくないってそれだけなんですが(苦笑)

でもスポーツニュースを巡った感想が、まず他クラブの話だっていうのも、ジェフが平和な証(笑)
オシムの日本代表監督騒動以来、何かにつけてあーたらこーたらとジェフには話題が・・それもネガティブな話題が多かったので、新しいシーズンが始まってなお、こんな平穏っつーのはちょっと拍子抜け。
嵐の前の静けさじゃなければいいんだが。


で。
今週のサカダイとサカマガにはそれぞれおもしろそうな特集が。


【サカマガ】
今週のサカマガは背番号特集。
ジェフのページでピックアップされている背番号は・・なんといっても出世番号の29番!
初代29番はあのスコルテン(1997年)!
その後、阿部や佐藤勇人が背負い、出世番号の下地を作り。
やはり水野の飛躍と青木孝太の活躍が、29番を出世番号として確立させたんだろうなぁ・・。
今年の背番号で、青木孝太が9番になり、益山が29となった流れについてもちょっと触れている。
(「UNITED」の青木/伊藤/米倉 対談とも重なるエピソード)

そして29番と並んでピックアップされている背番号は、ミスタージェフたる2番。
2番を背負った選手がどうこうってのは、言わずもがな。

この二つほどではないにしろ、18番といえば巻のイメージが強いし、17番といえば櫛野、15番は中島。
他の、背番号と顔がイメージ直結!という人は移籍してしまった。
青木にはジェフの9番、新居にはジェフの11番として、ジェフの歴史を作っていって欲しい。
もちろん、ジェフの6番は下村の背番号としてな!


【サカダイ】
JFL名鑑。
ジェフU-18の沓掛なり高橋悠なり稲葉なり、彼らが雑誌に載ったのはほとんど初めてじゃなかろうか!?
それが名鑑という形での掲載だったとしても、きっと嬉しいだろうなぁ・・。
これからもっとがんばって、プレイしている姿なりが掲載されるようにがんばれ!
「名鑑の中の一人」じゃなくて、一人のサッカー選手として注目されるほどにがんばれ!

願わくば、その時にはジェフのユニを来ていておくれ!



===<水野、スコットランドで初実戦!>===
「水野“5度目の正直”2軍戦でセルティック・デビュー」(報知)
「セルティック・水野が公式戦デビュー!リザーブリーグで先発」(サンスポ)

控え組同士の対戦となるリザーブリーグとはいえ、水野がセルティック移籍後、初の実戦参加!
敵はセルティックの宿敵レンジャーズ。
実戦参加まで、悪天候で試合が何度も延期や中止となり、本人も随分とヤキモキしたかと思うけど・・。

これが少しでもトップへの足がかりになるよう・・がんばれ!!!




テーマ:ジェフユナイテッド市原・千葉 - ジャンル:スポーツ

清水戦は、成長過程の敗戦。
「戦う覚悟はできている」
びゅうプラザのコピーがすっかり刺さってしまい、そこからイメージがつながって、
ブチャラティの名台詞が、2008ジェフに対するオレのキャッチコピーなわけで。

「覚悟はできているか?俺はできている」


石にかじりついてでもJ1に残留すべき今年のジェフとしてみれば。
清水戦の正直な印象は「思っているより全然戦ってるよ!」という結論です。今後のジェフを悲観する試合じゃなく、逆に期待を持てる試合だろ?と。

そりゃもちろん、勝てなかった。引き分けもできなかった。勝ち点を手にできなかった。
自分達のミスも多く、立ち上がりはリズムも悪かったし、流れを握っても決定機に決められなかった。
敵の主力を抑えきれずに何度も自由なプレイを許し、しかも敵の清水守備陣を崩せたわけでもない。
それが現実だとしても。

G大阪戦はひたすらに守備に徹し、キャンプから練習を重ねてきた4バックではなく、実質3バックの3-6-1で試合に臨んだ。これを清水戦では「ちばぎんカップ」同様の布陣に戻し、クゼの思い描く2008スタイルをいよいよ実戦投入。実戦投入したという事は、最低限、この布陣である程度は戦えるとクゼが踏んだ、もしくは、戦えないのであればこの先に熟成させる事もできないだろう、という事だ。
そして馬場がいきなりの先発。
先制された後は、その馬場を迷うことなく下げ、谷澤の投入。
さらに期待している青木孝を下げ金沢を投入し、点を取りに行く采配。

2失点共に、まずは敵のミドルを褒めるべきであって、自ら守備に綻びを生んでしまったのであり、破られたわけじゃない・・通じなかったわけじゃない。
あれを撃たせてしまったのは、チームとして選手としての未熟さであり、それは選手自身の成長やチーム戦術の熟成で、今後乗り越えられるものだろう。

【1失点目】
藤本がボールを持った時、馬場はピッチ中央に動き、「藤本をマーク」という監督の意図でキックオフ時に右に配置された下村は、マンマークよりも自分のカバー範囲の守備に備えてしまう。この二人の動きで藤本の前に道ができる。さらに中島は、DFライン直前でアンカーを務める役割上、まずはリトリート優先で後退中であり、藤本の進出するスペースを埋める動きができていなかった。このスペースに、道が空いた藤本が進出。センターラインを超えても、尚、前進。
この時点で後退中の中島が、藤本の前のスペースを埋めるために動き直す、が、遅れている。
さらに藤本の行く手に一番近かった松本も、まずは清水左サイドのマークを優先で後退中であったために、藤本を抑えるべきか自分の本分にとどまるかで躊躇。ためらった後、藤本の前を塞ごうと動くも・・間に合わない。
最後は、撃った藤本自身も驚くようなボールの変化に、立石がフィスティングできず、先制点。

【2失点目】
両チームがボールを奪い奪われ、数瞬間のピンボールとなった流れの中で、トップ下の位置まで攻め上がっていた中島がボールを受ける。攻め上がっていただけに敵の密度も高く、後ろを向いてボールを受けたところを、中島の背後からアタックされ、ボールを奪われてしまう。
それまでジェフのペースで試合を進めていた影響か、攻め疲れか。
ボールがめまぐるしく行ったり来たりをした隙を突かれ、ジェフの選手達が戻れずにぽっかり空いた中盤を、岡崎が強襲。
松本が迫るも、厳しく行けないままにミドルを撃たれ、勝ち越しゴール。


どちらも、誰か一人がどうこうという失点じゃない。チームとしての守備戦術が熟成されればもちろんフォローできる内容のものだ。
2失点の責任をあえて考えれば・・
 ・下村のプレイゾーンを広さ故に空いてしまうスペースを誰がフォローするのか。
 ・チームの一員として、どう動くべきなのかがかみ合わないままだった馬場。
 ・アンカーとして周りのフォローに駆け回った中島のガス欠。
 ・岡崎への間合いを詰め切れなかった、松本の守備の未熟さ。
こんなところだろうか。

攻撃が未完成なのはクゼも選手も自ら認めているところ。
一方で守備においては、G大阪戦も清水戦もある程度の戦いはできたと思える。
チームとしてどう守るかというのも、はっきりしつつある。
今のチームはまだまだ未熟。今のままでJ2に参戦しても、かなり苦戦し下位に低迷してしまうような内容だろう。どうやって勝つのか、そのチームとしての骨格すら未完成な現状なのだから。

だけど、開幕2試合で守備に関しては、あきらかに一歩ずつ良くなっている。
清水戦後半は攻撃面においても、クゼは手応えを感じている。
攻めては、中盤でのプレスから人数をかけて縦に早く攻撃。
守っては、中盤でのプレスからアンカーのところでボールを奪い、破られても4バックで食い止める。
そんなサッカーがこの先にあるんじゃないだろうか・・?


一つ一つ、強くなれ!



===<選手雑感>===
立石: 股間を抜かれそうなシュートをぎりぎりで押さえたのはナビスコ決勝の再現か!
     他にもフェルナンジーニョの突破を止めるなど活躍。
     あの1失点目は、柏戦の川口同様、今年のボールの揺れ方が予想以上だったんだろうな。
斉藤: 致命傷になりうるミスもあったが、ボスナーと二人で体を張って堅陣構築。
ボスナー:いやもう、ボスナー様々。思っていた以上にスピードに対応できるのもステキ。
      あと、体格やプレイのハードさの割りに、ファウルを取られないのが凄い!
      あのカードは異議だったのかもしれないが、これで日本の審判に慣れてくれれば。
坂本: 左サイドを攻め上がるだけでなく、敵の危険な突破やパスを何度も防ぐ。
     しかしやはり真骨頂は、味方の鼓舞やプレイへの指示出しだろう。
松本: 後半、谷澤が投入されてからの攻めがメダル。谷澤の動きで前にスペースが生まれたか。
     しかし2失点目の岡崎のミドルを撃たせた要因の一つだけに、守備はまだまだこれから。
中島: 後半70分くらいまでは攻守に活躍していたが、何度かミスやボールロストが目立つ。
     扇の要として奮闘しているだけに、悪目立ちしちゃうよね・・。
下村: キックオフ時は右サイド、試合中に中央に位置をうつす。やはり下村は真ん中の方が生きる。
     高めに位置する事で巻とは違った形で攻撃の足がかりとなれるか。
馬場: もったいなかった。ボールをよく捌いていたし、やわらかいFKも魅せた。
     しかしまだまだ周囲との連携不足があらわ。
工藤: 体格で力負けするシーンがあるも、それでも運動量と足技で90分間、奮闘を続ける。
     やはり試合に出続けるとどんどん成長するんだと驚くばかり。
青木孝:G大阪戦に比べて迷いがあったか?前節のような思い切りは見られなかった。
     ただ今の彼は、スーパーサブから主力に脱皮した時の水野に通じるようで、これからに期待。
巻:  去年よりもずっと体が切れているが、あのヘディングさえ決めていれば・・!惜しい!
     前半終了時、下がりながら下村や青木に激しいトーク。チーム中核としての自覚?
谷澤: 「最も印象に残った選手」・・と、誰もが思っただろう。攻守両面の運動量でチームを活性化。
     彼が動いて敵DFを乱すから松本も前に上がれていた。
金沢: Jデビューおめ!!! さすがにまだまだ見せ場は作れなかったか。

J02清水_0315b.jpg  J02清水_0315a.jpg




===<オシムにシーズンシートをプレゼント>===
「千葉イレブン「オシム専用」シート贈った」(報知)

ジェフの選手達が、オシムやアマルらにフクアリのシーズンシートを贈ったとの事。
チームとしてはVIP席も対応したいそうだし。
・・ぜひ、フクアリにその姿を見せて欲しい。

でも。
報知とかニッカンって、ジェフのこういう小ネタをひろって来ることが多くなったよな。
ありがたいことです!





テーマ:ジェフユナイテッド市原・千葉 - ジャンル:スポーツ

J.B.Antenna-千葉 連絡事項
お世話になっております。

J.B.Antenna-千葉の管理代行を務めさせていただいておりますが、管理登録内容の更新がございますので、以下、ご連絡させていただきます。
(少しでも運営情報が皆様に伝わればと思い、こちらでもご報告させていただきます)

下記blogを、JBA-千葉に新規登録させていただきましたので、ご連絡させていただきます。


===<新規登録>===
・「tの日記2」様(コチラ)
・「サッカーボールの転がるところへ…」様(コチラ)
・「とりあえず、ブログ。」様(コチラ)
・「塞翁と犬☆☆」様(コチラ)
・「103」様(コチラ)
・「Yellow Life」様(コチラ)
・「pareggiare(+イヌサポセイカツヲタノシム)」様(コチラ)
・「この男優柔不断につき」様(コチラ)


以上、今後とも何卒よろしくお願いいたします。


khou




テーマ:ジェフユナイテッド市原・千葉 - ジャンル:スポーツ

清水戦 メディア情報まとめ!・・今日はリザ開幕戦!
今年はジェフというチームをイチから構築しなおしのシーズンになるとわかっていても。
それで負けるとやっぱり悔しいなぁ・・。
なので試合を振り返るのは、これまたやっぱり明日にまわすのですが。

メディア情報のまとめなど。


【公式系】
「Jリーグ ディビジョン1第2節 ゲーム詳報」(ジェフ公式)
「【J1:第2節 千葉 vs 清水】プレビュー:ホーム開幕戦はより攻撃的に戦い、今季初勝利を獲得したい千葉。連敗阻止を狙う清水との中盤の攻防がポイント。」(J's GOAL)
「【J1:第2節 千葉 vs 清水】ハーフタイムコメント」(J's GOAL)
「試合詳細データ 2008 J1 第2節 千葉 vs 清水」(J's GOAL)
「【J1:第2節 千葉 vs 清水】ヨジップクゼ監督(千葉)記者会見コメント」(J's GOAL)
「【J1:第2節 千葉 vs 清水】長谷川健太監督(清水)記者会見コメント」(J's GOAL)
「【J1:第2節 千葉 vs 清水】試合終了後の各選手コメント」(J's GOAL)
「【J1:第2節 千葉 vs 清水】レポート:攻撃面は改善傾向の千葉だが、精度を欠くミスで好機をモノにできず。豪快なシュートを確実に決めた清水が今季初勝利。」(J's GOAL)
「[ J1リーグ戦 第2節 試合結果 ] 名古屋がアグレッシブな攻撃で浦和に快勝。横浜FM、大分は2連勝」(Jリーグ公式>プレビュー&レポート)

【スポーツニュース系】
「「思ったよりもよかったよ」=月刊・犬の生活2008 J1第2節 千葉 1-2」(スポナビ)
「千葉ミドル弾2発浴びて黒星/J1」(ニッカン)
「巻 御前PK弾も決定機外した~」(スポニチ)
「岡崎ミドル弾で反町監督にアピール」(スポニチ)
「千葉・巻、笑顔なきPK弾…バーレーン戦先発へアピール出来ず」(サンスポ)
「ホーム初戦飾れず G大阪と浦和敗れる」(ちばとぴ)


ミドル・・というのが、ううううううぅぅ、しかも二発とも!というのが・・あぁぁあぁ、
悔しいなぁ・・っ!



===<巻、日本代表へ>===
「「2010 FIFAワールドカップ南アフリカ アジア3次予選」の日本代表メンバーに巻選手が選出」(ジェフ公式)
「【2010 FIFAワールドカップ南アフリカ アジア3次予選】バーレーン戦に臨む日本代表メンバーを発表!(08.03.14)」(JFA)

清水戦の前日、巻の日本代表選出が発表。
噂のあった坂本の選出はならず・・っ!

チームから坂本が離脱せずにすんだ・・という安心感もあり、
だけど、坂本としては残念だろうなぁ・・という気持ちもあり。
複雑ではありますが、オレ個人としてはやはりジェフ優先なのでほっとしているのが本音です。

3月26日の試合という事だけど、3月30日のリーグ第3節川崎戦は、巻はどうなるのか。
その前の3月20日ナビスコ予選川崎戦は、これはさすがに欠場だろうな、そうなれば誰がFWを務めるんだろう・・だとか。

新居やレイナウドの怪我からの復帰、左MFで起用されている青木孝のFW起用、まさかまさかの金沢先発・・いろいろ想像してしまいます。



===<リザも開幕!>===
「第10回日本フットボールリーグ前期第1節 ゲーム詳報」(ジェフ公式)

リザも開幕!しかも初戦はHome!
・・という事だったのですが。
FC刈谷に0-3と完敗っ、しかも元ジェフの和多田が2ゴール!

この試合のリザは、GKが中牧で4バックの左右SBが山中に高田、中央が宇野/川上。
中盤は中原/竹田/朴/乾/奥山。
最前線には熊谷の1トップ。
そして控えには、大河原に鳥養/安川/蓮沼/村上、ジェフU-18の稲葉将。

去年までとがらりと面子が変わってしまっています。
河野兄弟もいないし、小沼もいない。さすがに寂しさを感じるが・・。

トップもそうだけど、今年はリザも新生の年。
今までの主力が多くチームを離れ、チップ参戦組やユース組がチームの中核となっている。
新しいメンバーによる、新しいチーム。
こちらも、今年は一歩ずつでも前に進むべき年なんだろう。

・・つか、和多田
2得点だなんてっ!



===<高橋泰、活躍!>===
「熊本J初勝利!FW高橋2発で逆転/J2」(ニッカン)

ウチではチャンスをつかめなかったけれど。
熊本に移籍し、そこから昇格し、戦い抜いて・・そしてJの舞台に戻ってきた高橋。
初戦の愛媛戦でもゴールを決め、そしてこの草津戦では・・同点弾に逆転弾! 開幕2戦で3ゴールという活躍っぷりです! しかも高橋のゴールで草津に勝利、見事・・熊本のJ初勝利!!!

おめ、おめ・・がんばれ!高橋!




テーマ:ジェフユナイテッド市原・千葉 - ジャンル:スポーツ

Home開幕 清水戦!・・フルゴビッチ正式発表!リザ参戦メンバーも発表に!
「全員守備x全員攻撃」
山手線の車内液晶モニターで流れているジェフチケットの宣伝映像。
びゅうプラザによるジェフのチケットCMだから、出稿枠はびゅうもしくはJR自身の枠なんだろう。
JR様々!ありがとございます!
そしてこの映像が、いやもう随分とかっこいい! おかげで最近は電車に乗るたびに液晶画面を睨みつけてしまいます(笑) 静止画とテロップのつなぎだけで作ってるので、編集コストはそんなにかかってないだろうけど、あれは編集スタッフのセンスだな。

ピッチで戦う選手達が次々と映し出されては、大きなテロップが重なっていく。
印象的なのは、雨の中、空を仰いで目を閉じている巻の横顔。なまじ巻は色白で切れ長の目という和風美人だけに、そこに濡れた髪が顔にかかっているのだから、・・水もしたたる色男っ!

そして巻のワンショットを長めに写したタメの後、選手達が全て消え・・黒バックにテロップが一行。
「戦う覚悟はできている」

・・お前はブチャラティかぁあああ!!!
jojo5.jpg
(※「ジョジョの奇妙な冒険」を知らない人へ。これの一番右がブチャラティです)


ってなわけで、ブチャラティの名台詞・・

「覚悟はできているか? 俺はできている」

・・コレを、オレの2008ジェフのキーワードとします(笑)
ああそうさ!ジョジョもバオーも魔少年もゴージャスも大好きさ!!!


そして今日はHome開幕、清水戦。
「【J1:第2節 千葉 vs 清水】プレビュー:ホーム開幕戦はより攻撃的に戦い、今季初勝利を獲得したい千葉。連敗阻止を狙う清水との中盤の攻防がポイント。」(J's GOAL)

去年もHome開幕は、J1第2節清水戦でした。結果は、思い出したくもない魔の4分間・・3失点。チョジェジン/枝村/伊東と、立て続けにゴールを決められて3-0。最後はストヤノフのPKで1点を返すも焼け石に水。3-1という試合だったのですが。
あの時のメンバーと比べれば、今日は市川/チョジェジン/兵働がいない。しかしJ1最強DMFの一人である伊東は健在だし、清水が誇る枝村も藤本もいる。中央の青山に高木というCBコンビや最後の砦GK西部も変わらない。結局、敵はチームの骨子があの時と変わらないままにフクアリに乗り込んでくるわけだ。

彼らを相手に、ジェフがどういう戦い方を見せるのか。
前回はG大阪の戦力を分析し、クリティカルな選手(バレー/ルーカス/遠藤/二川)を見抜き、それを押さえ込む意図の下に布陣を敷いた。それはクゼ自身がコメントしている。今度の清水戦でも同様に、清水のクリティカルな選手(フェルナンジーニョ?/枝村?/藤本?)を押さえこむ事を主眼にチームを備えるのか。それともG大阪戦ほど露骨に対戦相手にあわせる事なく、「ちばぎんカップ」他で練習を重ねてきた4-5-1の範囲内で清水に対しようというのか。

清水は今までと極端な変化はないだろうなと思うだけに、クゼの采配が気になります。
オシムやアマルの頃は、なんとなくそれまでの流れから想像や予想もできたけど・・新監督だからさ。
どんな采配なのか、予想できないのもまた面白い。


馬場や谷澤、新戦力がどのように起用されるのか。
躍進のシーズンにできるか青木孝太、松本は抜擢されたチャンスで結果をだせるのか。
期待されている米倉に金沢、益山の出番はあるのか。


さあ、17:00キックオフだ!



===<フルゴビッチ正式加入!>===
「ミルコ フルゴビッチ 選手 移籍加入について」(ジェフ公式)

一度噂があがり、NGとなったら、突然再浮上。
そして確定的と言われ、来日し、練習にも参加していたフルゴビッチが・・ようやく昨日、移籍加入正式発表となりました!
うひょーーーー!!!

クロアチア・サッカーニュースさんによれば、移籍元のハイドゥク・スプリトが随分と大変な状況みたいです。それで移籍に関する書面のやりとりが混乱したり時間がかかって、発表が第1の登録期間ぎりぎりとなる昨日までかかってしまったのかなぁ・・と想像。もしくは登録の発表は毎週いついつって決まってるとかなんだろうか。

なんにせよ、フルゴビッチの加入が「守備から攻撃」に切り替えるラストピースであると期待。
下村のプレス、中島のカバー、工藤や馬場の捌き。ここからのボールをフルゴビッチが受け、縦にズバン、ズバババンッ!と敵陣突破、クロスやラストパスが巻に青木に新居にわたって・・ゴール!!
ほら!、ステキな光景じゃないか!
オレの脳内映像だけどなー。

さすがに今日の清水戦には参戦できず、フルゴビッチの参戦は3月20日のナビスコ川崎戦からになるようですが、早くチームや連携に馴染んで、その活躍を早く見たいものです。

あと、どーでもいい話なんですが。
「ヘルゴビッチ」(G大阪時代)じゃなくて「フルゴビッチ」(ジェフでの登録名)だって事が、ちょっと嬉しい(笑)
そっちの方が音がかっこいいって・・オレの趣味なだけなんだけどね。



===<リザも今週末開幕!参戦メンバー発表!>===
「選手登録変更・追加登録のお知らせ」(ジェフ公式)

今週末、日曜日にJFLが開幕となり、リザの戦いもいよいよ始まるというわけで。
トップからリザに参戦するメンバーも発表になりました!

注目は・・この中に金沢と益山が入っていない!つまり二人はトップのままってわけで、クゼがどれだけ期待しているかってその証左になるわけだ!
そして大卒即戦力という期待の奥山や、ユース出身の高田に乾、彼らはまずはリザで戦う事に!

あと追加登録となった渡部耕平。
誰だ?と思い、検索してみれば・・福島県郡山市の尚志高校出身、県代表として二年連続高校サッカー選手権に出場した長身DFらしい。
「全国高校サッカー[みちのく勢 連覇の夢へ]…渡部、内山、大舞台で売り込む(6)尚志」(報知)
「尚志、完敗も悔いなし <1回戦 尚志(福島)vs.広島皆実(広島)>」(スポナビ)
「仙台カップ 国際ユースサッカー大会2007>チームプロフィール>東北代表メンバー」(大会公式)

プロを目指す意識が強く、しかし高卒時点ではプロにはなれず。
千葉県東金市の出身という事で、千葉に戻ってきてからジェフとの縁ができて、リザ参戦となったのか。それとも、当時ジェフU-18の小井土が参加した仙台カップ2007の東北代表にも選ばれているので、この時にジェフ関係者が目に留めていたのか。

なんにせよ、新加入の選手。
空中戦やフィジカルに優れるという長身DFというだけに、ちょっと気になってしまいます。

トップなら斉藤に結城に池田に青木良に市原。
リザなら渡邉に竹田に川上に鳥養に安川に田中、さらに高田に山中もいる。
U-18でも砂森、稲葉、中村。
ライバルは多いが、がんばれ!

「プロじゃなければ意味が無い」という言い切るその根性で・・がんばれ!!!





テーマ:ジェフユナイテッド市原・千葉 - ジャンル:スポーツ

もっともっと攻撃を!by巻・・フクアリにSuica導入!蘇我駅リニューアル!ジェフプレス!
ここ一週間、「おや?」となっていたドリコムRSSの不調も昨日ドリコム側で対応されたみたいで、「JBA-千葉」「ジェフユナイテッドリンク」への更新が反映されていました。ちょっとひと安心(笑)
他にもso-netリニューアルに関わる更新トラブルもあり、それらについては「JBA事務所-千葉分室」の方に情報をまとめましたので、ご確認ください。

尚・・ドリコムRSSがトラブル中の更新内容は次の通りです。
「3月10日:守りきったG大阪戦は、ただの引き分けではなく。・・ジェフ公式サイトが良くなってきた!? 」
「3月11日:ジェフ千葉スクール開校!・・JFL監督コメントに犬飼理事退任、川崎ジュニーニョ日本帰化!?」
「3月12日:J.B.Antenna-千葉 連絡事項」
「3月13日:巻の特訓!フルゴビッチ始動準備!・・オシムがフクアリ来訪!?やらJFL開幕!やら」


で・・リーグ開幕してG大阪と試合したかと思ったら、もう今週末には清水戦!
こうやって毎週毎週の週末に一喜一憂する日々がまた始まったと、初戦よりもこうやって二つ目三つ目の試合が来るたびにそれを実感します。
初戦は策士クゼの思惑通りの引き分け。シーズンを見たときには戦略的に貴重な一歩。

しかし常に毎試合防御に徹して守勢のままでシーズンを過ごすかと言うとそんなハズはなく。
獲得予定のフルゴビッチや、新規加入の馬場や苔口、それに故障の新居・・彼らが戦線に加わったときにクゼがどのような采配をふるうのか期待しています。

ただ・・。
今のジェフの最前線を預かった巻は、そうはいっても自分の領分である攻撃面におけるチームの現状に安心も納得もしてない様子。
「巻「物足りない」…攻撃陣連係不足」(報知)

確かに。
G大阪戦では工藤がボールを捌きつつ、実質的な攻撃のスイッチは青木孝がボールを持ってドリブルを仕掛けた時がほとんどでした。巻は前線でボールを競って、敵DFにプレスをかけ・・そういう意味では機能していたものの、ボールを収めて周囲の上がりを促すプレイはあまりできず。また、巻に続く他のプレイヤーのフォローがあったかというとそれも乏しかったと思います。

そして何よりも巻きは、このシーズン前に「今年は点にこだわる」という主旨のコメントをしていました。
前線で駆け回って守備や他プレイヤーのための捨石になるだけではなく、自分自身が得点するという決意。
だからこそ、主力大量流出というチームの背景を踏まえつつも、攻め手の構築に遅れている現状に巻は満足できない。そして、守り抜く限り負けないにしても、点を取らなければ勝てないという当たり前の現実・・その現実を預かるFWとしての責任感。

巻の「物足りない」という言葉はそんな事なんだろうなぁ・・と想像しています。


つーかさ。
そりゃさ。
ここで満足してたら、それはそれで困っちゃうよな(笑)

青木良が負傷した以上、スタメンはG大阪戦とは変化するだろう。
今日のエルゴラでは坂本が左SBに入り、「ちばぎんカップ」のような4バックを予想。代わってスタメンに組み込まれたのは開幕前から、いろんな意味で存在感にあふれている谷澤。さらにFC東京から加入した馬場もスタメンかベンチの可能性が高いそうな。

一つ一つ前に進めばいい。
いきなり全てを手に入れなくてもいいし、理想に殉じたくもない。

G大阪戦で手応えのあった守備をベースにしっかりとピッチに立ち、
そこから少しずつでも攻め手を作っていけばいい。

そうやって一試合ずつ形になっていく姿を応援していくのも・・おもしろいじゃないか!!!



===<対する清水>===
「市川大祐選手のケガについて」(清水公式)
「清水岩下、右SBで千葉戦先発」(ニッカン)
「清水2トップ矢島&フェルで攻撃的布陣」(ニッカン)

開幕戦の大分相手に敗れてしまった清水。
しかも主力の市川が2週間のリタイア。
どうする!?どうなる!?

・・という事なのですが、最前線の2トップ布陣を変更し、市川の代役には岩下敬輔だそうな。

フェルナンジーニョをFWに配するという事は、中盤の布陣も代わるハズ。
大分戦で素晴らしいミドルを決めた枝村の先発など、中盤に人材豊富な清水だけに読みづらい。



===<フクアリにSuica導入!ジェフ営業の頑張りが続く!>===
「フクアリのグッズ売店でSuicaがご利用いただけるようになります!!」(ジェフ公式)
「JR東日本が蘇我駅のジェフデザインをリニューアル!!」(ジェフ公式)
「JEFPRESS配布のご報告」(ジェフ公式)
「後援会主催イベントへの参加 について」(ジェフ公式)

Suica導入は単純にすげーじゃん!いいことだ!・・これで実績つくって飲食売店でも導入してくれ!
・・と思うし。

蘇我駅リニューアルも・・Homeらしさ強化!これで蘇我駅を降りるたびにワクワクだ!
・・と思うし。

ジェフプレスの配布もそれ自体はもちろん、若手の自主的参加も凄ければ、社長まで参加している。
・・それがポーズやパフォーマンスであったとしても。


やはり、今年のジェフフロントには、期待していいのか・・?
期待しちゃうぞ・・?





テーマ:ジェフユナイテッド市原・千葉 - ジャンル:スポーツ

巻の特訓!フルゴビッチ始動準備!・・オシムがフクアリ来訪!?やらJFL開幕!やら
J.B.Antennaおよびジェフユナイテッドリンクに、blogの更新が反映されない症状、継続中。
でもなー、さっかりんはOKなんだよな。なんだろう・・。


朝のスポーツ新聞web巡りは日課。12月や1月は朝の6時から、移籍ニュースの踊り子と化すのですが、でも最近はさすがにひと段落。
・・と思っていたら!
ここ数日、ジェフの公式サイトでアレヤコレヤとニュースがいっぱい出ているじゃないかい!?

しかも巻が特訓しているし!
「ヘディングに磨きかける!千葉・巻、クゼ監督と居残り特訓」(サンスポ)

さらにさらに、フルゴビッチが全体練習に参加、昨日は慶応大との練習試合で実践デビュー!
「★フルゴビッチ、全体練習に合流」(サンスポ)
「フルゴビッチ初実戦で片鱗」(報知)


「ちばぎんカップ」での柏戦、先日のAwayG大阪戦。
この二つでは随分と守備に軸足を置いた戦い方でした。現実直視のギャンブラー、策士クゼの思惑通りであり、何よりもチームが必要としていた手応えを手に入れました。
クゼは、今はまずは守備だと言い続けていますが、同時に最終的には攻撃サッカーを目指すとも言い続けています。足元をきっちり固め、その上で目指すべきものに手を伸ばそうという考え方なのでしょう。

中盤のプレスでボールを奪う、最終ラインの高さで跳ね返す、スペースをきっちり埋めて守る・・等々、守り方にも色々あるように、いや、それ以上に、攻め方は千差万別。チームによって、所属する選手によってピッチで演じられる攻撃が変化します。

クゼは、どのような攻撃戦術をジェフに落とし込もうというのか。

全く個人的な妄想/想像では、中盤プレスでのボール奪取からショートカウンター。ボールを奪ってから縦に早く攻め上がり、FWだけではなく中盤から三人目四人目の選手が駆け込んでいく・・。そんな姿なんじゃなかろうかなぁ・・と思っています。
何年か前のジェフって、そんな感じでしたよね。
先祖返りするんじゃね?と。

青木孝を左MFに、松本を右SBに抜擢。谷澤の積極起用。
プレスに強い下村を守備専門として起用するのではなく、場合によっては高めに配してのプレス強化。
それらから、そんな想像をしているわけなのですが。

であれば、昼田さん曰く「ハードワークしない選手」はクゼのチームにとって不必要です。
クゼ自身が信頼し、獲得がほぼ確定しているフルゴビッチ。
今年のジェフが守備だけではなく攻撃に転じるための、その要となるべき選手だと期待しています。

フルゴビッチが、2008ジェフの中でどのようなプレイをできるのか。
それが、まずは今年のジェフの戦い方を決定付けるんだろうと、思っています。


おまけ:
イラストも写真もなく、ひたすらに文字ばかりの本blogですが・・ふと思い立って、
フォーメーション図みたいなものを作ってみた(笑)
ChibaginCUP_0224.jpg 01xG大阪_0308.jpg



===<オシムがフクアリに来る!?>===
「千葉がホーム開幕戦にオシム氏招待」(スポニチ)

Home開幕となる清水戦。
この試合に、イビチャ・オシムを招待している!?

OBだとか諸々、こういう「気の利いた事」に縁の無い、それどころか縁やつながりをぶった切るのがジェフのフロントっていうイメージがあるので、びっくりしました(苦笑)

オシムが来たら嬉しいなぁ・・。
元気な姿をフクアリに見せて欲しいな。



===<JFL開幕!リザの出番だ!>===
「ジェフリザーブズ JFL開幕について」(ジェフ公式)
「ジェフファミリーを応援しよう! サポートスタンプラリーについて」(ジェフ公式)

いよいよ今週末はJFLも開幕!
トップに続いて、ジェフリザーブズの戦いも始まります。
そのリザ開幕に向けて、ジェフ公式での情報やらスタンプラリーやら。

つか・・えと、ちょっとこれまた驚きなのですが。

「ジェフファミリーを応援しよう」って・・、ジェフのフロントに、リザやレディースが“ジェフファミリー”だっていう意識があったの?マジで?ホントか?
いや、スタンプラリー企画そのものにはちょっとツッコミ所もあるんだけれど、それ以上に、「ジェフファミリー」っていうところに驚いて、あー・・という感じです。

ホントだな!?
リザもレディースも、ジェフフロントにとって、“ジェフファミリー”と意識して位置づけてくれるんだな!?
ホントだな!?


・・リザもレディースも、今までジェフ公式HPでの扱いが随分だったから、もしホントにジェフファミリーとして積極的に意識付けしてくれるなら、それは凄く凄く、嬉しく思う。

同じエンブレムと、
同じユニフォームの、選手達なんだから!!!



===<清水戦での企画もろもろ>===
「ホーム開幕戦イベントについて」(ジェフ公式)
「シーズンシートご購入者様限定キャンペーンについて」(ジェフ公式)
「ホームゲームにおける「列待ちに関するルール」について」(ジェフ公式)
「ホームタウン「ふれあいパスポート」について」(ジェフ公式)
「下村東美選手 Jリーグ100試合出場記念セレモニーおよび記念グッズの販売について」(ジェフ公式)
「2008オフィシャルイヤーブックの発売について」(ジェフ公式)

もしかして、もしかして、・・も、もしかして。

今年のジェフフロントは、良くなってきていると・・少しは期待してもいいのか、な?かな?




テーマ:ジェフユナイテッド市原・千葉 - ジャンル:スポーツ

J.B.Antenna-千葉 連絡事項
お世話になっております。

J.B.Antenna-千葉の管理代行を務めさせていただいておりますが、管理登録内容の更新がございますので、以下、ご連絡させていただきます。
(少しでも運営情報が皆様に伝わればと思い、こちらでもご報告させていただきます)


下記blogを、JBA-千葉に新規登録させていただきましたので、ご連絡させていただきます。

===<新規登録>===
・「ジェフユナイテッドポータル」様(コチラ)
・「Wakameのブログ」様(コチラ)


また、下記blogにつきましては登録内容を修正させていただきました。

===<変更サイト>===
サイト名称: 「スコルテンデカイゼ」様(コチラ)
変更内容:  RSSのURL変更

サイト名称: 「犬民主義@」様(コチラ)
変更内容:  RSSのURL変更

サイト名称: 「フクアリまであと何分?」様(コチラ)
変更内容:  登録URL変更

サイト名称: 「フットボール臭臭鍋」様(コチラ)
変更内容:  登録名称変更



以上、今後とも何卒よろしくお願いいたします。


khou



テーマ:ジェフユナイテッド市原・千葉 - ジャンル:スポーツ

ジェフ千葉スクール開校!・・JFL監督コメントに犬飼理事退任、川崎ジュニーニョ日本帰化!?
昨日のエントリーが、どーにもこーにも何だかトラブルがあったみたい。
更新後も、アンテナ(JBAやジェフユナイテッドリンク)が認識してくれない。「さっかりん」はOK。
このソフト(anewex)で手動ping送信なんかも試してみたんだが、それもダメ。たまたま、何かしらの不具合か、しばらく続くのか常態化しちゃうのか・・様子見だな。
尚、昨日のエントリーはこんなんです。
「守りきったG大阪戦は、ただの引き分けではなく。・・ジェフ公式サイトが良くなってきた!?」


で。
昨日の夕方、ジェフ公式HPでこんなニュースが掲載されました。
「千葉スクール開校 並びに ジュニアスクール生募集について」(ジェフ公式)

周囲の整備/開発が進むフクアリだけど、スタジアムのすぐ隣にフットサルコートができて。
それが「フクダ電子スクエア」になるというのは既報だったけれども・・どーやらそこにジェフの千葉スクールが開校するみたいです!
・・フクダ電子スクエアの予約を取ろうと思ってページを開けば、火・水・木・金は15~21時までは予約NG。土・日も決まった時間帯で予約NG。(4月分)(5月分)つー事は、この火・水・木の16-18時のNGが、ジェフの千葉スクールで使われる時間帯なのだな、と。

・・でも。
それだとしてもまだ予約NGの時間帯が残っている。
土・日の予約NGは全部残ってるし、火・水・木・金も18-21時が残っている。・・これはユースとかで使うかもしれないなんて想像して、もしほんとになったら嬉しいんだけどなぁ・・♪

もちろん、トップの練習場問題もなんとか解決してくれっ!



===<JFL開幕間近!監督インタビュー>===
「今季のテーマは「18の個性を無限の感動に。」 第10回日本フットボールリーグ記者発表」(スポナビ)
「JFL全18チーム監督が会見」(ニッカン)
「J2昇格に燃える!JFL監督会見」(スポニチ)

リザーブズが戦うJFLも、いよいよ今週末3月16日より開幕!
・・という事で、開幕に先立ちメディアイベントが開催された模様です。場所はJFAハウス。

各チームの監督がひと言ずつコメントしたみたいだけれど、それを載せてくれているのはスポナビのみ。
どれどれ、と見てみれば、越後曰く。
「昨年同様、今年もJFLという厳しい環境の中で若手選手を育成していくことで、(ジェフの)トップ(チーム)はもちろんのこと、こちらにいらっしゃるJの準加盟クラブの方にも、選手をどんどん送り込めるようにしたい」(越後監督)

リザ出身で他クラブに移籍した選手といえば、札幌の芳賀/水戸の椎原、このあたりが出世頭。
他にもこのシーズンオフは、野澤健一が佐川印刷SCに/入江利和が栃木SCに/安里光司がFC琉球に、それぞれ移籍している。他にもバンディオンセ神戸に小沼と河野将吾(二人の前にも川渕)、ツエーゲン金沢に海野将光が移籍。

でも!
何よりもまず、ジェフのトップで活躍する選手をお願いします!越後!
(リザの経験を活かしてって言えるのは、せいぜい伊藤と米倉と金沢くらい?)



===<Jリーグ犬飼専務理事、退任!>===
「犬飼専務理事が7月退任、後任は未定」(スポニチ)
「Jリーグ犬飼専務理事が7月退任へ」(スポニチ)
「Jリーグ 犬飼専務理事が退任へ」(報知)
「J・犬飼専務理事が退任へ「すっきりと辞めるのがいい」」(サンスポ)
「犬飼専務理事が退任へ 7月の任期満了で」(スポナビ)

Jリーグ専務理事の犬飼氏が7月の任期満了をもって退任!との事!
本人も言っているとおり引き際すっぱり!
今後はサッカーを離れ、教育界に関わっていくそうな。

浦和を強く大きくした経営実績は誰もが認めるところ。
長い間、おつかれさまでした。


これで後任が、万が一にも某クラブの某社長だったら大笑いだな(苦笑)



===<川崎のジュニーニョ、日本帰化!?>===
「J1得点王ジュニーニョ、帰化へ!岡田日本W杯へ追い風」(報知)

うわぁ・・。
嘘かホントか、どこまでマジか。

とりあえず、びっくり。
いやもうびっくり。

これで川崎は外国籍選手枠が一つ空くのか。となれば、ジュニーニョ/テセ/フッキ、これにさらにあと二人、DFとかMFに助っ人を探せるわけだな。

・・怖ぇぇ・・。




テーマ:ジェフユナイテッド市原・千葉 - ジャンル:スポーツ

守りきったG大阪戦は、ただの引き分けではなく。・・ジェフ公式サイトが良くなってきた!?
「G大阪相手の引き分け!」で浮かれポンチな週末でしたが、まずはそれもひと段落。
改めて冷静になってみれば、やはり不安も安心も両方あるわけで。

なんの根拠もないけどふと思ったのは、今年はツキがあるかも、と。
あの前半8分のバレーのヘディングシュート。
そしてその後につづくルーカスの足技。
この二つのどちらかでも決まっていれば、試合は一方的なものになっていたに違いない。あの日のジェフはG大阪から点を奪う術をほとんど備えておらず、「いかに守るか」に特化していた。そのプランを開始早々に崩されてしまえば、ジェフは引き分けるにしても点を取らざるを得なくなり・・徒手空拳に近い状況でG大阪に対して攻めに出なければならなくなる。そうなれば必然、ジェフ陣内にスペースが生まれる事となり、ルーカスなり二川なりがもっと自在に躍動していただろう・・。

あの二つは、ボスナーが弾いたわけでもなく立石が弾いたわけじゃない。
それがポストなり、ネット上なりに外れて、失点しなかったとこ。

それは、今年のジェフに対して一年間にわたるツキにつながってくれると、思う。


===<凄く凄く大きな、引き分け>===
今更言う必要も無いけれど、戦う集団としてのジェフは、実質的にこのシーズンオフで一度解体されている。
二年続いて、二人の主将がチームを出て行った。
ユースから期待されて主力にまで成長した選手も出て行った。
生え抜きのMFも、若手の主力DFも出て行った。
その理由や経緯を改めてどうこう考える事はないが。
それによって、去年一年間を戦った“チーム”は解体され、消滅した。

解体されたところから2008ジェフを作らなければならないというのが、そもそも今年の出発点となる。

クゼ監督就任、巻の残留、坂本復帰、期待選手の獲得、下村と工藤の正副キャプテン就任、若手抜擢。
主力達の移籍決定後、残された時間で次々と打たれてきた今年への施策。
監督に就任したクゼの、初手は守備の構築。
それはできる範囲で可能な限りの施策だったとは思うが、しかし選手達にシーズンに臨む自信があったとは思えない。不安も迷いもあったはずだ。だから、彼らが本当に一歩を踏み出せるかどうか、それがG大阪戦にかかっていた。

引き分けは最低限の結果だと言われるだろう。
しかし最低限であっても、絶対必要な結果だった。
これで次の一歩を踏み出せる。前に踏み出さなくとも、「こうやって守ればG大阪だって止めれるじゃん」と足場を固める事だってできる。
「オレ達は、今年も戦えるんだ」と、頭をあげる事ができる。

今までの理想や思想などかなぐり捨ててでも、J1にしがみつかなければならない。



===<策士クゼ>===
実質、3-6-1(3-4-2-1)とでも言うべき布陣だったのか。
斉藤と青木良(結城)を、バレーとルーカスのマークにつけ、ボスナーが一人あまる。坂本と松本は両サイドに張って攻めに色気を出しつつも、スペースを与えないよう守備に重きをおいて。中島は最終ラインの前でアンカーとなり、二川を警戒するだけでなくスペースを埋める。下村が中島よりは高い位置に張って敵へのプレスに駆け回り、工藤がボールを捌いてつないでかき乱す。攻めるスイッチは青木孝太。ほとんど誰のフォローも受けられない中で孤軍奮闘、体を張ったドリブルで少しでボールをG大阪陣内に押し戻していく。そして最前線には巻。
巻と青木以外の8人がすぐに守備に戻ってスペースを埋めていく戦い方。

「ちばぎんカップ」他、それまでの何度も試されていた4-5-1を、G大阪の特徴にあわせてさらに守備的にした戦い方。エルゴラのG大阪西野監督コメントを読む限り、西野のスカウティングのまるっきり裏をかき、まんまと引き分けにもちこんだクゼ采配。

策士・・!



===<選手雑感>===
立石: 神!後半のファインセーブ三連発でG大阪の攻撃を食い止める。
     ナビスコ決勝といい、この試合といい・・G大阪と相性がいいのか?
斉藤: 敵FWのマークに体を張る。その強靭な体は今年も健在。ミスもほとんどなく安定していた?
青木良:前半18分ごろにバレーと交錯。バレーの体が足首にのってしまい、負傷退場。
     せっかくの古巣相手にスタメンだったのに・・残念!早く戻ってきてくれ。
ボスナー:凄え!というひと言。高いし強いし、足元も上手い。周囲に声出しまくって守備の修正も。
     大砲FKもあるし、CKでは敵も意識せざるをえない。今年はボスナー様々か!?
坂本: 監督から「三つの仕事」という重役を任され、任務全う。
     青木孝をフォローし、松本を前に上げ、二川や遠藤のケアに走る。・・流石!
松本: こいつ!メンタル強いのか!?そう思うようなプレイっぷり。守備は不安だけれど。
     昨日の白眉はドリブルと速さで二人を抜いたところか。終盤はちょっと疲れてガス欠?
中島: 守備ラインの前で主に守備に奮闘。ミスもあったけど、去年よりもずっと良くなっている?
     二川に裏を取られてバレーの決定機(前半8分)というのもあったけど。今年は期待できそう。
下村: G大阪に攻めまくられる中盤で奮闘。敵に削られた後キレ気味だったり、気持ちも入ってた。
     なんといっても100試合オメ!!!
工藤: 守るだけでなく数少ない攻撃時にも活躍。成長した去年よりさらによくなっている。
     足技の上手さは前から折り紙つきだけど、こんなに献身的に動く選手だったっけ?と。
青木孝:体が凄く強くなっている!敵に絡まれてもゴリゴリと競り合ってドリブルで進撃。
     ボールを持てば前に向く気持ちの強さは健在、パスも出せる。今年は躍進か!?
巻:   後半の決定機は惜しかった!しかし体のキレはあきらかに去年以上。絶対期待できる。
     最後の最後、ロスタイムに懸命にボールを追いかける姿が・・これぞ巻!




===<坂本の記事>===
webにはなかったけれど、ニッカンの紙面に載っていた坂本の記事。
sakamoto_0309.jpg

クゼ・・!
坂本へのリクエスト欲張りすぎ!!!



===<ジェフ公式HPや営業が、がんばりはじめた!?>===
「パブリックビューイングについて 千葉「Qiball」から大阪へ届け!」(ジェフ公式)
「千葉銀座通りにジェフフラッグを掲出」(ジェフ公式)
「3月9日 サテライト vs湘南ベルマーレ 試合結果」(ジェフ公式)

開幕Awayにパブリックビューイング!というのも初めてならば、
フロント主導で地元にフラッグ掲出というのも記憶にない。
ましてや、それをこうやって、きちんと事後に情報のフォローをするだなんて・・!

しかもサテライトの試合をこうやってちゃんと記事として情報を出してくれるなんて初めてのはず!

ジェフのフロントの中で、少しずつ・・いい方向に何かが変わり始めている?
そう思って、期待して、いいかしら?ね、ねぇ、期待していいかしら?ららら?

「コミュニケーションを大事に」と何度も繰り返した、島田取締役。
そしてホームタウン事業統括本部長に就任した小林さん。
サポコミでは彼ら二人に期待したくなったけれども、その期待が、こうやって形になってきているのならば・・凄く凄く嬉しいじゃないか!!!

・・こーゆー嬉しい時にも、「良かった」とか「ありがとう」とか、フロントにメールしようかな(笑)



テーマ:ジェフユナイテッド市原・千葉 - ジャンル:スポーツ

G大阪戦、メディア情報まとめ・・「これも立石ーーーーーーーっ!」に、ほくそ笑む(笑)
引き分けが嬉しくて嬉しくて、録画を見返してしまいます。
試合に関して振り返るのは明日にまわそう(笑)
今日は昨日の引き分けの余韻にひたるのだ♪

「引き分けごときでそこまで嬉しいの?」
なーんて言われたら、「ああっ!嬉しいさ!!!」と開き直ります(笑)
チーム崩壊寸前?いやいや崩壊済み?のところから、ここまで立ち直ってきたんだからな!

しかしまぁ、見返すたびに立石の神っぷりがあまりにもステキ。
バレーの地を這うシュートを片手で弾く。山崎の弾けるようなヘディングもこれまた片手で弾く。
ルーカスのペナルティエリア外からのゴール左上隅を襲うミドルも、またまた弾く。
あまりにも止めるものだからスカパーの実況が叫ぶ・・「これも立石ーーーーーっ!」
なんてステキ♪

・・競馬実況、それも杉本清っぽい感じだけれど、ジェフサポにとっては快感だ(笑)


ってなわけで、以下、昨日のG大阪戦に関するメディア報道のまとめ。
流石に開幕戦というだけあって、しかも相手が代表選手も多く優勝候補のG大阪だけあって、露出もかなりの量です。

【公式系】
「Jリーグディビジョン1第1節 ゲーム詳報」(ジェフ公式)
「【J1:第1節 G大阪 vs 千葉】プレビュー:開幕節のスタートを切る一戦。2008J初ゴールを生むのは攻撃力のG大阪か、巻の復帰した千葉か。」(J's GOAL)
「試合詳細データ 2008 J1 第1節 G大阪 vs 千葉」(J's GOAL)
「【J1:第1節 G大阪 vs 千葉】西野朗監督(G大阪)記者会見コメント」(J's GOAL)
「【J1:第1節 G大阪 vs 千葉】ヨジップクゼ監督(千葉)記者会見コメント」(J's GOAL)
「【J1:第1節 G大阪 vs 千葉】試合終了後の各選手コメント」(J's GOAL)
「【J1:第1節 G大阪 vs 千葉】レポート:開幕戦ならではの独特の雰囲気が漂う中で、勝点を1ずつ分け合う。」(J's GOAL)
「[J1:第1節 G大阪 vs 千葉] ルーカス対ボスナー」(J's GOAL)
「[ J1リーグ戦 第1節 試合結果 ] 鹿島が連覇へ好発進。浦和は接戦を落とし、G大阪はスコアレスドロー」(Jリーグ公式>プレビュー&レポート)
「G大阪、千葉の守りを崩せずドロー発進」(Jリーグ公式>Photo&Video)

【スポーツニュース系】
「Yahoo!スポーツ Jリーグ 第1節 2008年3月8日 G大阪 0 - 0 千葉」(Yahoo!)
「千葉クゼ監督、ドローに満足/J1」(ニッカン)
「G大阪収穫あった!新戦力躍動/J1」(ニッカン)
「G大阪遠藤「連係まだまだ」/J1」(ニッカン)
「G大阪西野監督は無得点悔し/J1」(ニッカン)
「新生・千葉 組織的守備でガンバ零封」(スポニチ)
「不安的中!G大阪代表組かみ合わず」(スポニチ)
「堅守の千葉、敵地で無失点…J1第1節」(報知)
「大量流出も“新生”千葉自信の0封…J1第1節」(報知)
「ドロー立役者 G大阪・水本古巣0封…J1第1節」(報知)
「G大阪・水本、古巣相手にプレー…J1第1節」(報知)
「主力移籍の千葉、堅守光る…立石の好セーブでG大阪封じ」(サンスポ)
「新生ジェフ 開幕戦は引き分け 守備に粘りみせるも攻撃に課題」(ちばとぴ)
「Jリーグ開幕」(ちばとぴ)

【その他】
「Jリーグ開幕。」(Michihiro YASUDA BLOG)
「久しぶり!」(~中澤聡太オフィシャルブログ~)
「「審判カレッジ」1期生がJ1主審に」(スポニチ)

クゼ監督は、現状のチーム状況からみて「してやったり」のスコアレスドロー。対する西野監督は焦れったさを感じさせるコメント。それはお互いの選手達のコメントも同様。特にジェフの選手達からは、まずもって守りに手応え。今、何よりもまず成すべきことを成し遂げた実感が感じられます。

守備がもっともっと熟成され、
これにフルゴビッチや新居が加わり、苔口や馬場なども絡んでくれば・・!

そう何もかもがうまくいくわけはないけれど、期待してしまうじゃないか!



===<日本代表!>===
「U-17日本女子代表候補トレーニングキャンプ(3/18~22)メンバー(08.03.07)」(JFA)

今年行われるFIFA U-17女子ワールドカップ2008。
これを目指す日本代表U-17に、ジェフから井上由惟子が選ばれました!
ジェフレディースでも11番を背負う井上由惟子(ジェフレディース選手紹介)

L2のリーグ戦でも、代表でも、がんばれ!




テーマ:ジェフユナイテッド市原・千葉 - ジャンル:スポーツ

よっしゃ!G大阪から勝ち点1を捥ぎ取ったぞ、コンチキショーーーー!!!
エルゴラの担当記者だっけか?・・G大阪はジェフに「普通に勝つ」って言ったのは。
報知だと「空前の超メガ補強」だの「常勝」だの書いてたっけ。
安田は、あのキャラだからわかるけど、ガンガンいって大量得点とか狙ってたよな。

テヤンデイ!

0-0で引き分けだ、勝ち点1を捥ぎ取ってやったぞ!
よっしゃあああ!


ふふふー。

今はまだそんなに気にならないかもしれないけれど、シーズン終盤になれば。
G大阪にとっちゃ「3」と「1」の差が優勝争いにズズンと重くのしかかるだろうし、
オレらにとっては、残留戦線で「0」と「1」の差で生き残れるかもしれない。


もう、あれだよ、0-0だけど・・勝った気分だよ!!!


ボスナー!最終ラインに君臨!
立石!まさにゴールを死守!

青木良の怪我は心配だけど、結城も松本もがんばった。
米倉も谷澤にもチャンスがあった。

次の清水戦が楽しみだ!!!



テーマ:ジェフユナイテッド市原・千葉 - ジャンル:スポーツ

いよいよ新シーズン開幕!・・布陣予想を見るだけでワクワクじゃないか!
いよいよ開幕!・・ってなわけで、いろんなところで開幕布陣予想をしているのですが、目に付いたヤツをざくざくっと見てみると・・。

巻の1トップに、斉藤とボスナーのCBコンビ、立石のGK。ここは鉄板予想となっている。
工藤の中盤前目起用と、青木の左MF起用もほぼ共通。松本の右SBも、だいたい共通している。
そして坂本が左SBなのかDMF起用なのか、ここがゆれている。
空いた左SBには変わりに青木良。坂本がDMFに入る代わりに下村が前に位置を上げ、谷澤がスタメンから外れるという感じ。

左からエルゴラ(3月5日)、エルゴラ(3月7日)、報知(3月7日)。
fomation_elgorazo_0305.jpg fomation_elgorazo_0307.jpg fomation_hochi_0307.jpg


「ちばぎんカップ」を見ても、クゼは下村をDMFで守備的に起用するよりも、ちょっと高めに配してボールをおさめる役目を期待している感がある。アンカーには中島。そこに若手の成長株として期待されているのが益山や市原/伊藤なのだろう。
工藤はキャンプ中の連取試合でキャプテンマークを巻くなど、主力として期待をかけられているのは明らか。

なんといっても、今年の予想布陣で目立つのは松本だ。
「クゼ監督 松本を右サイドバック起用」(スポニチ)

試合の中で、どこまでその快速を活かして活躍できるか。守備に不安があるといっても、不安の無い若手起用なんてあるわけない。不安よりも松本の快速に、クゼは賭けたのだろう。
チャンスは来た。
つかめるかどうかは、松本の・・技術でも足でもなく、そのメンタルにかかっている。

敵左SBの安田と、間違いなく正面からのガチンコ勝負。
何度安田に抜かれてもかまわないから、一度でも二度でも松本が安田をぶち抜いてこい。
クゼの感じた可能性を試合の中で感じさせるプレイが見たい。

がんばれ・・!


「巻は強行先発か 右あばら骨まだ不安も」(報知)
肋骨に不安があるといっても、それでも「出る!」という巻の決意は変わらないだろう。
ならばその決意が無謀でも我侭でもなく、プロの覚悟なんだと示してくれ。

「千葉が“ノーモア鹿島”で開幕戦勝つ!GK立石が緊急PK練習」(サンスポ)
PK戦の立石は、結構じっくり待ち構えるスタイルだったかと。
櫛野とか岡本の方が危ない気がするな。



===<報知とエルゴラに開幕直前記事>===
page_elgorazo_0307.jpg page_hochi_0307.jpg


報知とエルゴラにそれぞれ開幕直前!という記事が掲載。
どちらもジェフの鍵はまずは守備、そして期待は若手の抜擢というところは変わりません。
クゼ自身が就任以来そういう言葉を続けていますし、正直、それ以外の見所も現時点では・・ねぇ(苦笑)

でもポイントがはっきりしている分、わかりやすい。
勝ち負けよりも、どんな選手がどんな形で飛び出してくるかを見ていく楽しみがある。
その一人目が松本と青木孝だろうし。おそらく米倉や益山も続くだろう。

今日のG大阪戦は、敵に点を取られてしまったら終わり。
どこまで無失点で凌げるかが勝負のキモになる。でもって、万が一でもジェフが先取点を奪うことができれば・・そうすれば勝ち点の可能性も出てくる。

クゼがまずはとりくんだ守備組織の構築。
その中で期待をかけられ、起用される若手達。
G大阪と戦うジェフの武器はこの二つ!



===<G大阪関連情報>===
「加地全治2~3週間、バーレーン戦辞退か」(ニッカン)
「G大阪攻撃こそ防御!加地離脱も逆転発想」(ニッカン)
「加地 バーレーン戦出場も絶望的」(スポニチ)
「加地、26日バーレーン戦もピンチ…打撲で長期離脱」(報知)
「太もも打撲のG大阪・加地が長期離脱の可能性、代役は佐々木」(サンスポ)

昨日報道のあった加地の負傷。
軽傷だろう、そうは言ってもジェフ戦にはしっかり出てくるんだろ?なんて思っていたのですが。
どうやら結構重症っぽいです。

代役は山形からG大阪に新加入の佐々木勇人。
ウチの松本が50メートルを5秒7と報じられていますが、佐々木もまた俊足・・50メートル5秒9。
対するのは坂本か青木良か。



===<日経に坂本の記事>===
sakamoto_nikkei_0307.jpg

各クラブから一人ずつピックアップして連載している日経で、ジェフからは坂本が記事になりました。試合だけじゃない、練習もまたプロとして全力でとりくむというその姿勢。それを若手達に伝えるという内容になっています。

・・でも、その坂本もまたそういう事を先輩から伝えられてきたわけで。
そうやって、チームの雰囲気とか伝統とかが形作られていくんだなぁ・・と。

坂本がチームにいるありがたさは、こういうところにも出ているんだろう。
それを青木なり益山なり米倉なり、もう少し先のジェフを支える選手達が受け継いで、彼らがまた次の若手達に伝えていく・・。
乾や高田といったユース卒の選手達も、自分の後輩のユース生に伝えていく。

ひとつひとつ、ジェフの歴史が重なっていく。




テーマ:ジェフユナイテッド市原・千葉 - ジャンル:スポーツ

坂本が日本代表候補!?・・松本は開幕スタメン濃厚。フルゴビッチの正式発表も?
「社長の談話室 第3回」がUPされていますが・・それについて書く暇もなくネタがいろいろ登場!
昨日は昨日で、「キャプテン&副キャプテンの発表」「なでしこリーグのスケジュール発表」もあったし、なんだかかんだとネタが多い。
なので3月にはいってから1日2回の更新(昨日朝とか昨日夜とか)を試してみたり。


寝起きまでは今日のネタは「家本と社長だな」ともくろんでいたのですが・・朝からガツンと大ネタ登場!!!
「岡田監督の秘密兵器は千葉の坂本!」(ニッカン)

本気か!
嘘か、釣りか、どこまでマジだ!? ガチか、それともあれか、誰かの罠か!?
おちつけ、落ち着いて整理、整理だ・・机の上は滑走路。

1:今のジェフから主力が代表でいなくなるのは勘弁堪忍、辛抱たまらん。
  坂本がいなくなると、不在時に誰が選手達をとりまとめて鼓舞するんだ。
2:いやでも、さ、あれさ、坂本が代表かぁ・・選ばれたら坂本嬉しいだろうなぁ・・。
  坂本自身「狙ってる」ってコメントも読んだ記憶あるしな。

その二つの気持ちが、右から左から飛んできて衝突して対消滅。
感情の質量がそのままエネルギー変換です。


確かに・・今のジェフは苦しい戦いを続けて行く事に間違いは無い。連敗の泥沼に選手達があえいで心がささくれ立つことも煮詰まることもあるだろう。そんな時こそ坂本の存在が大きくなるし、だからこその選手会長就任だし、彼自身・・それを決意してのジェフ復帰なわけで。
だから、そんな彼が代表でジェフを離れるのはジェフにとって苦しいこと間違いない。
それってジェフにとってネガティブだよなぁ・・って、そう思ってしまうのも本音。

だけど。
若い選手達がモチベーションを高めているに違いない現状。彼らリーダーたる坂本や巻が代表に呼ばれて行く事は、若手にとって素晴らしい刺激になるハズだ。俺達自身がもっとやらなきゃって自覚を促すだろうし、頑張れば道がつながるんだとモチベーションをさらに高める事もあるだろう。
坂本ならば、代表の刺激や経験を、チームにフィードバックしてくれるはずだとも思う。
それも本音。

だから・・呼ばれたらジェフが苦しくなるじゃん!と思いつつ、
でもそれはそれでアリだよなとも思うわけで。


・・坂本本人は、間違いなく代表を目指している。
そして記事の最後の段落を読めば、そんなオレの勝手なグダグダなんかどーでもよくなる。

「代表とは無縁だ。3年前に、東アジア選手権の予備登録メンバーに入ったが落選。予備で作られた当時の代表ユニホームをもらい、記念写真を残している。写真でしか実現しなかった日本代表。坂本が、実力で夢をつかむ日が近づく」(ニッカン)


がんばれ坂本!
日本代表めざしてがんばれ!がんばれ、本気でがんばれ!

がんばれ!!!


・・そのためにも、初戦のG大阪戦は勝ちたいよな♪



===<初戦に松本が抜擢濃厚!>===
「末続のいとこ開幕スタメン濃厚…千葉MF松本」(報知)

「ちばぎんカップ」で先発フル出場し、練習試合甲府戦でも先発した松本。去年の「ちばぎんカップ」でも登場し、アマルもクゼも、彼に何かを見出し、期待している。
やはり特筆すべきはその足の速さなんだろう。
50メートルを5秒7。
サッカー選手の足の速さにもいろいろあるから、一概にこのタイムでどうこう言う気はない。だけど、去年や今年の「ちばぎんカップ」で松本を見た印象としては、・・彼はとにかく全てに速い印象がある。

例えば、
水野は、敵DFと対峙しタメて・・次の一瞬のキレで抜き去っていた。
山岸は初めの数歩のキレは水野ほどではなく、しかしスピードに乗れば速いし、しかも強い。
新居はするりと身を翻す速さがあり、青木はボールと一緒に前に進んでいく。

対して、松本は体の軽さはあるが、全てが速い。
一歩目も早ければ、トップスピードも速い。かわされて抜かれても、後ろから猛然とダッシュ!追いつくだけではなく、前に回りこめるほどの快速がある。(去年の「ちばぎんカップ」でそんなシーンがあった)

その足を武器に、敵のサイドを突き抜けろ。
がんばれ松本!

・・守備は不安だけどな(苦笑)



===<フルゴビッチ、向こうの公式では正式発表>===
「Hrgović potpisao za "JEF United" 」(HNK Haiduk Split公式)

すでに来日し、ジェフの施設やらを見学しているフルゴビッチ。
彼の移籍が向こうのハイドゥク・スプリト公式で発表されています!

記事中では、既に書面にサインをし、「キャプテンのフルゴビッチは、もうハイドゥク・スプリトの一員ではなくなった」と書かれています。ハイドゥクのサポ集団トルシーダが、昨年一年間でもっとも勝利に向けて熱く戦った選手に贈る「Hajdučkim srcem(ハイドゥクの魂)」賞も受けた。写真はきっとその時のものなんだろうな(右手にもつ盾にTorcidaとか書いてるし)。

・・となれば、あれだな、もう、確定と思って安心してもほぼOKだな。
よほどのどんでん返しがなければ、今日や週明けにも正式発表が来るかも!?

プレイもメンタルも、期待してる!



===<G大阪は加持が負傷?>===
「G大阪加地開幕絶望、太もも打撲松葉づえ」(ニッカン)
「G大阪佐々木、加地負傷で開幕先発有力」(ニッカン)
「加地が右太腿打撲…開幕戦出場微妙」(スポニチ)
「G大阪・水本 古巣に「絶縁状」8日開幕・千葉戦」(スポニチ大阪)
「右太もも打撲の加地、松葉杖姿…8日J開幕G大阪に衝撃」(報知)

加持が怪我かー・・。
でも大丈夫って報道もあるしな、結局は出てきそうな気がする(笑)



===<水野、セルティックでがんばれ!>===
「オシムさんのためにも走り続ける…水野晃樹単独インタビュー」(報知)

報知に掲載された、水野の単独インタビュー。
出発前にオシムと面会したエピソードが載っています。
「ジェフのために」という些細なひと言や、オシムと交わした言葉とか・・。

がんばれ、水野。
ほんとに、ほんとに、・・がんばれ。

二度と日本には帰らない、また日本でプレイするときはジェフで・・なんて嬉しいことを言ってくれたけど、そもそも日本に戻らずにキャリアを終えるくらいの覚悟で。

がんばれ。






テーマ:ジェフユナイテッド市原・千葉 - ジャンル:スポーツ

ジェフの新キャプテン&副キャプテンが発表!・・なでしこリーグの日程も!
今日の朝イチ・・バタバタと出勤準備の真っ最中にピンポーン♪と荷物が到着。
うちに「もやしもん」のオリゼーが来ました!
「かもすたっふぃんぐ」とか名づけられたコレね。
でもって、仲間のP・クリソゲヌムL・ヨグルティもそのうち届くのだ。
しかしC・トリコイデスよ、おまえは見送った・・ごめん。

フクアリにオリゼーのでっかい着ぐるみとかこないかなぁ・・(笑)
オリゼーは可愛いぞ♪


会社からの帰り道に電車のなかで携帯をパチポチ。
ジェフの携帯公式を開いてみれば、新しいインフォが更新されているじゃないか!

「キャプテン・副キャプテン決定のお知らせ」(ジェフ公式)

下村がジェフの新しいキャプテン!
でもって、副キャプテンに工藤浩平!!
トーミ&コーヘーのコンビなわけですよ!

インフォにはあわせて下村のコメントがあり、キャプテンで選ばれた事と関係なくチームを引っ張らなければならないと覚悟を決めていたという。どうせだったら、工藤のコメントも載せてくれればいいのになぁ・・とちょっと残念。画竜点睛というほどじゃないにしろ、もったいないなぁ(苦笑)

先日の練習試合でもキャプテンマークを巻いていただけに、下村のキャプテン就任は予想できてはいたけれども。・・ここ数年、生え抜きが巻き続けてきただけに、移籍して二年目の選手が巻くというがちょっと、ひとつ、感慨深い。
いろんな意味で、ジェフが生まれ変わるにはちょうどいいのかもしれない。

生え抜きには生え抜きのプレッシャーや重さがあるけれど、
移籍してきた選手には彼らなりの決断や覚悟がある。
自立した立場から冷静にジェフをみれるはずの下村がキャプテンというのは、それはそれで意味があるなぁ・・と。
巻でも帰ってきたばかりの坂本でもなく。ジュニアユース以来の生え抜きである工藤でもなくね。
(加えて、その生え抜きの工藤が“副キャプテン”というのもいい配置だなぁ・・と)


二人がどれだけジェフを引っ張れるか。
そして彼ら自身がどのように成長できるか。

二人ともがんばれ!



===<なでしこ日程発表!>===
「ジェフレディース」(ジェフ公式)
「日本女子サッカーリーグ -Division2- SCHEDULE」(なでしこ公式)

あわせて!
こっそりとジェフレディースの試合日程も発表に!

いや、こっそりって事はないんだろうけどさ(笑)
なでしこ公式の方でも普通に発表してるし、ジェフだけフライングしたわけでもないし。
だけど、せっかくレディースの試合日程が発表されて、ジェフ公式でも更新してるんだから、インフォメーションの新着情報においてひと言くらい書いてもいいと思うのになー。
トップとリザの日程発表の時は、ちょっとは新着情報でもインフォがあったのに。
「2008Jリーグ ホーム開幕戦 について」(ジェフ公式)
「2008 第10回 JFL 日程発表」(ジェフ公式)

ジェフ広報の仕事振りの片手落ち具合が、どーにも、もったいない(笑)


で・・その発表になったレディースのスケジュールを見てみる。
気になるのは、やはり昇格のライバルとなる大原学園、それに福岡アンクラスとの対戦。

第7節 6月15日: Away福岡戦
第9節 6月29日: Home大原学園戦
第16節 10月13日: Home福岡戦
第18節 10月26日: Away大原学園戦

・・シーズン終盤がどーにもこーにも天王山じゃないか!
しかも最後の最後、リーグ最終節が、昇格の最大のライバル大原学園との直接対決かよ!!!

今年こそは優勝で昇格を狙うジェフレディース。
入れ替え戦とはまた違った意味で、決戦の舞台がまたまた用意されているわけだ。

ある意味、最高の一戦になりそうだな。






テーマ:ジェフユナイテッド市原・千葉 - ジャンル:スポーツ

新選手会長は坂本!さっそくの決起集会・・ミルコ・フルゴビッチ来日!
「決起集会」と入力したら、IMEが「血気集会」と変換。
いっそこのままでもいいんじゃね?としばらく指が止まってみたり(笑)

で、朝のスポニチwebを開いてみれば、どーやら新選手会長に坂本が就任したようです。
で、さっそくの決起集会。血気じゃないよ決起だよ。・・「血気盛ん」って言葉、見なくなったな。
「新生・千葉 選手だけの決起集会」(スポニチ)

練習後にスポーツバーに移動して交流会・・選手のみでのコミュニケーション。
今後は選手の家族も交えていきたいとの事。
サッカーは試合が止まらないチームゲームだけに、連動/呼吸/イメージの共有がとても重要になります。だからこういうコミュニケーションが、結果的にチームを良い方向に導いていってくれればいいなって思います。

それに坂本の言うとおり「選手がたくさん入れ替わった」ってのは、ほんとにまさにその通り。
(「お前もなっ!!」というツッコミは置いとく 笑)
去年の軸がいなくなった以上、新しい精神的支柱が必要になる。
勝手な期待だけれども、今年は「坂本=巻ライン」が柱になってくれればなぁと、期待してます。坂本は選手会長就任だし、あの性格だしで、もちろん期待。特に今年は、その坂本を巻がいっしょになって盛り上げて、でもってリーダーシップを学んでもらえればいいなぁ、と。
巻は坂本大好き!だしな。
・・って、この前のラジオで言ってたけれど、坂本復帰の話が出てからというもの、夜討ち朝駆け、毎日の電話コール&「会いに行く!」攻勢で、巻は坂本の復帰を口説きまくったそうな。だからこそ、今年は坂本といっしょにチームを背負ってくれると期待です。

でもあれだよな。
巻、ぜったい性格は黒いよな(笑)


で、選手会の大元?Jリーグ選手協会のHPで、坂本と楽山の抱負コメント映像がUPされてます。
「Jリーグ選手協会 ---JPFA---」
「CONTENTS>J's movie」

楽山も!若手の抜擢&躍進に蹴落とされないようにがんばれ!


※「永里源気選手 湘南」が、字面的に「永源遥選手 湘南」に見えて、一瞬ビビッた(笑)
 みんな、新聞紙の用意だーーーーッ



===<ミルコ来日!>===
「千葉の新助っ人来日」(報知)

「ミルコ/クロアチア/来日」とワードが続けば、連想するのは「ミルコ・クロコップ」。
必定、レニー・ハートだのケイ・グラントの声を思い出してしまう。
万が一フクアリのDJが代わってしまうような事があったとして、レニー・ハートが選手コールしたら・・プロレス好きのオレは一人で大はしゃぎするんだがなぁ・・。

「じぇぇぇぇぇえええぇぇふ ゆないっ ってえぇっっっっっ
 ぐぉおるきぃぱああああああ・・・・・たとぅうええし、ともおおおおおおるるるるるぃいっ!!!!!」


こんな感じか?(笑)

そんな妄想はおいといて・・フルゴビッチは、昨日来日してジェフの施設等を見学。今後、正式な移籍手続きを進めていくみたいです。
来日直前の試合にも出場して活躍しただけに、プロ選手としてのコンディションは文句ないハズ。
清水戦以後、どこでどのように登場してくるかが楽しみだ!



===<ユース情報も公式HPに掲載!>===
「チームスケジュール>下部組織スケジュール」(ジェフ公式)

ジェフ公式HPで、U-18やU-15など、下部組織のスケジュールも掲載されました!
これで「チームスケジュール」の中に、基本的なジェフ各チームのスケジュールが載る事に。
ようやく!というべきか(苦笑)

トップが主役ではあるけれど、レディースを応援している人もいれば、若手達のがんばりを応援する人もいる。トップを目指すハングリー精神が魅力で、JFLのリザーブズを応援する人もいる。ジェフというクラブの中にはいろんなチームがあって、人数や注目度の差はあっても、それぞれに応援する人がいる。

当然、J1に比べればそういうチームの情報はサッカー雑誌でも情報が少ない。
となればどうしても公式HPに頼る事が多くなってしまう。

だからこそ!
お願い!
ジェフとして、同じエンブレムと同じユニフォームの選手達なんだから!
せめて公式HPで精一杯、彼ら/彼女らをフォローしてほしい。

ジェフ広報の皆さん、お願いします。



===<家本問題>===
「ゼロックス杯の家本主審、一定期間J外し」(ニッカン)
「ゼロックス杯主審の家本審判出場停止へ」(ニッカン)
「頭冷やせ!家本審判に出場停止処分」(スポニチ)
「家本主審一定期間笛はく奪…ゼロックス杯で警告乱発」(報知)
「警告乱発の家本主審に“一時休養”も…6日処遇発表の見通し」(サンスポ)

ここまでこうなってしまうと・・家本は今後、まともに審判活動ができないんじゃないだろうか。
一つ一つのジャッジ云々や正確性の問題じゃなく。
復帰したとしても、もう選手の方が家本もジャッジを色眼鏡で受け止めてしまう危険を感じる。

コミュニケーションとか信頼とか、選手の方から家本を拒絶してしまいそうだ。




テーマ:ジェフユナイテッド市原・千葉 - ジャンル:スポーツ





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。