Hang Tough
ジェフが好き、旅行も好き、仕事もがんばろう、うん。
プロフィール

khou

Author:khou
本好き、旅行好き。
でもここ数年、ずっと旅行に行けてない・・。

twitter、はじめてみました。

@khou_hangtough



ジェフ千葉_試合情報



ジェフ千葉_試合日程



最近の記事



月別アーカイブ



カテゴリー



ブログ内検索



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

引き分けて帰るっ!
柏の葉、雨中の柏戦は1-1で引き分けた。

前半終了間際でのPKで先制したんだけどなぁ…。
後半には何度も何度も決定的なチャンスがあったんだけどなぁ…。

残念!
すげー残念!
マジで残念無念!!!

あとさ。
柏のフランサは化け物だって思ってたけど。わかってたけど。
なんなんだよ!あれは!

そのテクニックと戦術眼を見せつけられたよ!!!
フランサが登場したらゲームの流れをいっぺんに持って行かれちゃったよ!!!
最後のシュートも決められた!って、瞬間、心が凍ったよ!!!

ジェフも柏も、どちらのサポも、今日は「勝てたのにっ!」…って思う試合だったけど、
逆転負けしなくて良かったと心底思います。
ホントに…。

そして何はともあれ、今日の結論は。
すげー寒かった!



スポンサーサイト

テーマ:ジェフユナイテッド市原・千葉 - ジャンル:スポーツ

工藤に新居、愛息愛娘誕生オメ!・・ジェフU-15は千葉県大会の決勝戦
工藤に第二子の愛息が!
新居に第一子の愛娘が!
それぞれ誕生したとの事!二人とも、おめでとーーーーーー!!!

「工藤浩平選手 第二子(次男)誕生のお知らせ」(ジェフ公式)
「新居辰基選手 第一子(長女)誕生のお知らせ」(ジェフ公式)

つまりだ。
今日、ゴールが決まったりすれば、ここはもう定番の「ゆりかごパフォーマンス」なわけだ!
二人にそれぞれって事で、やはり二回。ここは一回じゃなくて二回。
つまり目指せ二得点。

でもあれだなー。
この三連中、工藤と新居、二人のコンビネーションが妙にかみ合ってきてるなーなんて思っていたら、プライベートでも誕生コンボとは!

このお祝いの勢いで柏に挑み、
でもってそのまま予選突破を目指せ!


がんばれ!


・・それと。
「【ヤマザキナビスコカップ 柏 vs 千葉】プレビュー:崖っぷちの柏が迎え撃つはグループ首位の千葉。決勝T進出への天王山」(J's GOAL)
「[ 5/31(土)ヤマザキナビスコカップ:第5節 柏 vs 千葉 プレビュー ] 決勝トーナメント進出の行方を左右する「千葉ダービー」」(Jリーグ公式)

おいこら、Jリーグ。
ジェフと柏の試合は、今季、既に三試合を戦って1勝1分1敗なんだ。
「ちばぎんカップ」を忘れるんじゃなぁい!!!



===<やはり来るのか、この雨の中、雷様はやって来るのか>===
「雨は降るみたいです。」(日立台通信~宮本チーム主務のブログ 柏公式)
「明日は沢山点は入りますようにと。」(日立台通信~宮本チーム主務のブログ 柏公式)

フランサは、やっぱり来るのか?
この雨の試合に、雷様降臨か!?



===<リザとU-15>===
「リザーブズ ホームゲーム JFL前期第14節 [ vs ニューウェーブ北九州]について」(ジェフ公式)
「■第23回日本クラブユースサッカー選手権(U-15)大会」(ジェフ公式)

トップの柏戦以外のジェフファミリーがどうなっているかというと。

まず、ジェフレディースは、今週末は引き続きお休み。
なでしこ公式のスケジュールを見ると、次の試合は6月15日のAway福岡戦。

JFLで苦戦が続くリザーブズ。
先週、ようやく連敗を脱したとはいえ、次の試合はNW北九州。今年がJFL昇格一年目とはいえ、GK水原や佐野裕哉/小野信義/藤吉信次など、J経験者やベテランがそろっている。
実際、成績も5勝5分3敗、勝点20で6位。
リザよりずっと上位。
だけど、せっか勝ったんだからここは連勝したいところ!
選手達の意地と踏ん張りに期待!

またジェフU-18がプリンスリーグや関東クラブユース選手権 関東大会を戦っているその間、それより下の世代はメトロポリタンリーグだとか関東ユース(U-15)サッカーリーグを戦っており、
浦和にボコボコにやっつけられたり・・、
鹿島に1-0と勝ってみたり・・
がんばっているのですが。
「■第23回日本クラブユースサッカー選手権(U-15)大会」(ジェフ公式)
これを見たら!
クラブユース選手権の千葉県大会、今日はその決勝戦じゃないか!
既にクラブユース選手権 関東大会への切符は手に入れているとはいえ、ここまで来たらやっぱり優勝を掴み取れ!




テーマ:ジェフユナイテッド市原・千葉 - ジャンル:スポーツ

ナビ予選突破を賭けて、明日は柏戦!・・新居ゴール映像に、崔竜洙インタビュー。
ナビスコ予選Cグループの現状は、下記の通り。
 1位:ジェフ(勝点8) ⇒柏戦、川崎戦
 2位:札幌(勝点5)  ⇒川崎戦、柏戦
 3位:柏(勝点5)   ⇒ジェフ戦、札幌戦
 4位:川崎(勝点3)  ⇒札幌戦、ジェフ戦

ジェフが1位とはいえ、4チーム全てに予選1位突破の可能性がある混戦模様。
札幌も柏も、二連勝を目指すだけだし、
川崎は、ジェフが柏に負けて/柏が札幌に勝点を落とし、且つ自分達が二連勝すれば1位突破。
だからジェフは、1位という比較的有利な状況であるとはいえ、このあと、すってんころりん、転げ落ちてしまう可能性が十分にある。
油断したくても油断できる状況じゃない。

よって、ジェフとしてはしっかりと二連勝を目指すしかない。
もし明日の試合でジェフが勝ち、そして札幌が川崎に引き分け以下であれば、今週末をもってジェフの予選突破が決まるんだし!!!
  でもそーゆー時に限ってジェフって負けちゃいそうで怖い怖い・・。
  去年なんて、三連勝の後の三連敗だしなー。
  2004年だって、最後の浦和二連戦で二連敗だしなー。



対する柏、先週は川崎相手に3-1と、李忠成がいなくても好調!
しかも、今週末にはフランサが復帰するかもしれない!
「柏公式」
「準備完了」(毎日更新!柏レイソル広報日記 /柏公式)

公式HPのトップにはフランサの勇姿。
広報ブログのタイトルは「準備完了」だし、フランサをピンでとった写真もあるし、本文中では「臨戦態勢完了」だって。
来るのかっ!?
あのフランサが、ジェフ戦で復帰するのかっ!?

今週末の柏戦、場所は柏の葉公園総合競技場
天候は、雨の予報(Yahoo!)
雨中のフランサといえば、いつぞやの「ちばぎんカップ」でその技術の高さを見せ付けられた。
去年の柏戦は、フランサの個人技とアイデアにジェフの頑張りを突き崩された。

そのフランサが来るのかっ!?


おそらくジェフは、今の布陣をほとんど変えずに臨む事になるだろう。
代表召集のフルゴビッチに代わって、前節は出場停止だった谷澤が入るくらいだろう。
ミラー新監督に代わっての今のジェフは、
===
大目標:チーム戦術の確立。
中目票:勝利や試合内容等、ちーや選手個人の、「勝利のメンタリティ」の回復。
小目標:ナビスコ予選突破。
===
こんな優先順位じゃなかろうか。

京都戦/大分戦/札幌戦と、ひとつずつ勝利を重ねながらチームを作ってきたが、
柏の猛烈なプレスと、そしてフランサという異物を相手にした時、
今のジェフがどこまで戦う事ができるのか、それを確かめることができる。

リーグ再開に向けた試金石と言える試合。

J1残留に向けた立ち直りと、ナビスコ予選突破の二つを賭けて・・がんばれ!!!



===<札幌戦、新居ゴール映像!>===
「アウェイの札幌での新居2ゴールの動画」(「株は世につれ」さん)
「新居の2ゴール動画あったよ」(「臨海まで50マイル」さん)

先週の札幌戦は、スカパーでの放送はなくその週末のスポーツニュースでも映像はなくて。
まぁ、今週の柏戦もスカパー放送はないんだが。
函館に行けなかった自分としては、新居の2ゴールが見れなかったので「ああん、もうっ!」とハンカチをかみ締めてイヤンイヤンだったわけで。

しかし!
ジェフサポのblogをまわっていたら、youtubeに、その新居の映像がUPされているというネタが!

見ました!
見ましたよ!!
見れましたよ!!!

1点目、坂本の駆け上がりとクロスもスゲー!
それをきちんとボレーであわせて枠に飛ばす新居もスゲー!
2点目、工藤のキープとパス出しもスゲー!
それをオフサイドにならずに裏に抜け出して受けて、ヒョヒョイヒョヒョイと札幌DFを抜いていく新居スゲー!

つまり、新居はスゲーーーーーー!!!

今週末も期待してしまう!



===<崔竜洙のインタビューが、大韓サッカー協会サイトに!>===
「[日本語版オリジナル]元韓国代表チェ・ヨンスインタビュー前編」(大韓サッカー協会)
「[日本語版オリジナル]元韓国代表チェ・ヨンスインタビュー後編」(大韓サッカー協会)

「ゆっくりいこう」さんと、「ジェフとともに歩く」さんで見つけたネタ。
ジェフ歴代最強クラスのFW、崔竜洙のインタビューが大韓サッカー協会に掲載されています!


かっけーーーーー!とそれしか言葉がない(笑)

だってさ、だってさ。

「試合したくないチームなんてなかったよ。すべてのチームに勝つ気持ちでプレーしていたからね」
だとか、
「僕の愛車を洗車していた選手たちが今では日本代表だからね(笑)」
だとか、
「日本にいるときはとても楽しい日々で、いい思い出がたくさんあるからね。僕の人生において、確実にいい時期だった」
だとか。
さすが崔竜洙!

そして、
「ジェフは一体どうしてしまったんだ?選手も次々とクラブを離れ、監督もGMも社長までも代わったしまったというじゃないか」
という言葉から、今でも彼がジェフを気にかけていることがわかる。


そして何よりも。
崔竜洙は、こう言っている。

「僕は日本でもプレーしたわけだから、日本のファンから受け取った愛情に応える義務もある。受けた恩はしっかり返す。それが男の道理ってもんだろ?」


いつか、いつかFWのコーチとしてジェフに帰ってきたりしないかな・・(笑)




テーマ:ジェフユナイテッド市原・千葉 - ジャンル:スポーツ

ハーフシーズンシートに、三木社長とミラー監督の言葉・・Jレジェンド中間発表!
ジェフの後半戦、フクアリの8試合をまとめたハーフシーズンシートが発売される事となり、その案内が郵送でオレの部屋にも届きました。
ジェフ公式に案内の出ているコレです。
「2008ハーフシーズンシートの販売について」(ジェフ公式)

web上には掲載されていませんが、実際に郵送で届いた中には、三木社長とミラー監督のメッセージが入っていました。加えて、本人のサインも印刷。

なんていうか・・。

「会員になるようなサポーター」イコール「固定客/優良顧客」であって、
そこにクラブやチームのキーパーソンのメッセージを入れることで、お客のロイヤリティを刺激するって、至極当然っちゃ当然な話。

だけど、ジェフが、こんな【普通の営業】ができたって事に、何よりも驚いてしまいます。
こう・・
ねぇ・・
なんというか・・ほら、今までが、さ(苦笑)

これも社長が変わり、島田さんがその辣腕をふるいはじめた、その効果なんだろうか。
こういうのを見ると、今後のジェフが変わってくれるんじゃないかと期待してしまうのですよ、
ああもう、ええもう。


そして。
ハーフシーズンシート案内に載っていたミラーのメッセージは、

「全ての試合で全力を尽くします。負けてしまう試合があるかもしれませんが、選手はサポーターのために全力を尽くします。選手とサポーターとで強い結束ができたなら、スタジアムはすばらしいものになるでしょう。」

そのミラーを初めてフクアリのベンチに迎えるのは、6月8日(日)のナビ予選 川崎戦!



===<JリーグオフィシャルDVD『レジェンド・オブ・スターズ』!>===
「投票ランキング途中経過発表!(5月28日現在)」(J's GOAL)

中間発表!
全クラブでの投票数上位100人中、ジェフの選手は次のようなランクインです!

 6位  リティ 708票
 7位  中西永輔 673票
 8位  マスロバル 584票
 22位 オッツェ 321票
 31位 城彰二 258票
 33位 下川健一 247票
 34位 江尻篤彦 241票
 64位 宮澤ミッシェル 145票
 65位 ボス 143票
 68位 武藤真一 122票
 70位 パベル 114票
 73位 越後和男 105票
 75位 野々村芳和 99票
 93位 スコルテン 71票
 99位 新村泰彦 68票

やはりリティに中西にマスロバルの三人は強し!!!
オレも何度か応募しましたが、やっぱりこの三人は投票しましたし(笑) でも、個人的にはオッツェとか江尻とかは「もっと投票あってもいいんじゃないかなー?」とかとか思ってしまいますが、そんな事を言い出すといろいろとみんな自分の好みが・・(笑)
ボスだって、こう、あの残留争いを戦い抜いて救ってくれてそのまま引退って、ドラマチックだし。
崔竜洙だってなー、ストライカーとしてのインパクトはものスゴイものがあったし・・。
あれもこれも・・。

あと。
城彰二(ジェフ所属)は258票で31位。対して、城彰二(横浜FM所属)は162票で58位。
同じ城でもジェフ所属の方が上じゃんっ!とか。
ビスマルク(東京V)とビスマルク(鹿島)が、投票数167表で54位に並んでるとか。
メディナベージョとかデュリックスとかいたいた!だとか。
ランキングを眺めているだけでもおもしろかったりします。

なお、調べてみたら、ランクイン100位においてジェフの投票数が全クラブで1位でした(笑)
  鹿島アントラーズ 2,906票
  浦和レッズ 3,287票
  ジェフ千葉 3,899票
  東京ヴェルディ 1,355票
  横浜F・マリノス 2,417票
  横浜フリューゲルス 2,379票
  清水エスパルス 3,212票
  名古屋グランパス 2,323票
  ガンバ大阪 1,394票
  サンフレッチェ広島 1,243票

でもって、ランクインした100人中、ジェフ所属が最多の15人!
  鹿島アントラーズ 12人
  浦和レッズ 12人
  ジェフ千葉 15人
  東京ヴェルディ 9人
  横浜F・マリノス 12人
  横浜フリューゲルス 11人
  清水エスパルス 10人
  名古屋グランパス 7人
  ガンバ大阪 6人
  サンフレッチェ広島 6人

ジェフ勢強しっっっ!(笑)




テーマ:ジェフユナイテッド市原・千葉 - ジャンル:スポーツ

フルゴビッチ代表選出!クラブユース関東予選、初戦は快勝!・・我那覇の件。
ジェフに日本代表というと今では巻がそうなんですが、キリンカップにおいて代表選出。
昨日のパラグアイ戦に先発。
得点を決める事はできませんでしたが、怪我する事もなかったようで至極重畳。
無事に早くジェフに帰ってきて、ミラーの元でチーム戦術に励んでほしいものです。

また、移籍してしまった水野が五輪代表として、トゥーロン国際大会のイタリア戦に出場。
0-0のままタイムアップ、PK戦に勝敗がもつれこんで・・失敗となってしまいました。
残念。
セルティックでがんばれ!

ただ、いくらミラーがレンジャーズと縁があり、水野が現セルティック所属だとしても・・
「水野、古巣・千葉で練習できない!?」(報知)
こんな事はないと思うぞ・・(笑)


という事で、日本代表に関してはあっさりなオレですが、なんと、ジェフにもう一人の代表が!
ミルコ・フルゴビッチが、ボスニア・ヘルツェゴビナ代表に招集されました!

「ミルコ・フルゴビッチ選手代表招集について」(ジェフ公式)

クゼ元監督時代のジェフでは起用されるも試合の結果は言うまでもなく。
そしてミラー新監督の元では、谷澤の方が二試合続けて左MFのスタメンを奪い、谷澤が出場停止だった先の札幌戦で先発。
ジェフに加入以来、彼の本分が発揮されてきたとは言いづらいかと思います。

本人も、おそらく忸怩たる気持ちかと・・。

これでボスニア代表に戻り、故郷の仲間達といっしょにプレイしたり会話したりして、それが精神的なリフレッシュや、プレイのリズムを取り戻すキッカケになればいいなと思います。

5月26日(月)、一時帰国。
6月1日(日)のアゼルバイジャン戦を戦い、そして試合後に再来日。
結果は、ここのボスニア・ヘルツェゴビナサッカー協会の公式サイト(コチラ)に載るのかな・・。

がんばれ!



===<ジェフU-18、クラブユース大会に挑む!>===
「平成20年度 日本クラブユースサッカー選手権 関東大会2次リーグ 第1節」(ジェフ公式)
「平成20年度 第32回 日本クラブユースサッカー選手権(U-18)大会 関東大会」(関東クラブユースサッカー連盟)

関東プリンスリーグDiv.2 Bグループを見事優勝!
来季のDiv.1昇格を掴み取ったジェフU-18ですが、次なる大会はクラブユース選手権。
その関東二次予選がはじまってます。

ジェフU-18は柏ユースと東京Vユースと同じAグループ。
この3チームがおそらく上位を争う事となるかと思います。
1~2位までなら、そのまま日本クラブユース選手権大会に出場。
しかし3位となってしまうと、各グループ3位が集まって9~12位を決めるトーナメント戦を戦い、このトーナメントを優勝する他はなくなってしまいます。

よって目指すは2位以内。
そのためには、なんとかして柏ユースか東京Vユースのどちらかに勝らなければならず、
他の3チームに対して勝利は必須、しかも得失点差まで考えて戦わなければなりません。

ジェフU-18の初戦はフットワーク戦。これを7-1で勝利。
東京Vユースは、初戦 栃木SC戦を5-0で勝利。
柏ユースは、初戦 杉並FC戦を4-0で勝利。
3チーム全てが勝利し、かろうじて得失点差でジェフが1位という状況です。
ここを粘って戦って、ジェフU-18にはなんとかして勝ち抜いてほしいところ。


でも・・これ。
先週の土曜日に行われた試合なのですが、昨日今日になって、ようやくジェフ公式や関東クラブユース公式に、ジェフの試合結果が掲載されました。
土日に更新しろとは言わないけれど、そりゃできるならしてほしいけど、
せめて週明けの月曜日には更新してほしいなぁ・・。
お願い!



===<我那覇の件>===
「2008/05/27-22:17 我那覇の訴えに対する裁定は単純明快=CAS、Jリーグに苦言も」(時事ドットコム)
「CAS「点滴は正当」我那覇“逆転無罪”」(ニッカン)
「CAS裁定受けJリーグ対応に追われる」(ニッカン)
「川崎F我那覇への点滴は「正当な医療」」(ニッカン)
「我那覇勝訴!CAS「J処分は無効」」(スポニチ)
「潔白証明…我那覇「苦しい道のりだった」」(スポニチ)
「我那覇の弁護団、Jリーグに謝罪求める」(スポニチ)
「J側まさかの“敗訴”…我那覇ドーピング問題」(報知)
「我那覇、周囲に感謝「支援のおかげ」28日会見予定」(報知)
「川崎、Jに我那覇制裁金1000万円返却求める」(報知)
「我那覇、仲裁費用は4500万円以上」(報知)
「J1川崎・我那覇、勝訴!Jに処分無効命令…点滴問題」(サンスポ)

当時のJリーグの判断そのものの是非は、自分が深く語れる事ではありません。
しかし。

我那覇選手。
自分を信じて一人戦い続けたその孤高さ、
安きに流れず自暴自棄にもならず自分と家族の誇りのために、このような結果を勝ち取った事、
本当に見事だと思います。
お疲れ様でした!

川崎のサポの皆様。
「我那覇を救え“ちんすこう募金”…「1口千円」仲裁費用支援」(報知)
など、様々な形での我那覇選手へのご支援・・サポート、お疲れ様でした。
ジェフサポの自分が言う事じゃありませんが、
皆様の活動が我那覇選手を支えたことは、容易に想像できます。
同じサッカーを大好きな一人として、尊敬いたします。
お疲れ様でした。


そしてJリーグ。
あなた達は、間違いを犯したと、そういう結末になりました。
Jリーグ存亡の危機と言うのならば。
まず、自らを正してください。

それを願うばかりです。




テーマ:ジェフユナイテッド市原・千葉 - ジャンル:スポーツ

ミラーに積極性を導かれ、新居が2ゴール!・・リザ、連敗脱出!SAGAWAに勝利!
公式戦、三連勝!ですよ!
三!連!勝!

もちろん昨日の勝利はリーグ戦ではなくてナビスコ予選なので、今のジェフが至上命題とする「J1残留」に対しては、勝ち点という意味ではなんら意味をもたない。
けれどもチーム作りという点においては「勝利」という結果が出たわけで、そういう意味ではミラーも選手達も前に進む事ができたわけだ。

そして先制/勝ち越しと2ゴールを決めた新居は、練習でミラーに徹底指導されたらしい。
「シュートを打てるなら打て。ドリブルで抜くなら抜け」(ニッカン)
「もっとシュートを打て。もっとペナルティーエリアの中に入っていくんだ」(報知)

その結果の、新居の2ゴール。
どういうゴールだったのか・・見たかった・・!!!


===<メディア情報まとめ>===
【公式系】
「2008Jリーグヤマザキナビスコカップ予選リーグCグループ第4節 ゲーム詳報」(ジェフ公式)
「【ヤマザキナビスコカップ 札幌 vs 千葉】プレビュー:グループの首位の座を争う重要な一戦。近代的な戦術を用いるチーム同士が函館の地で凌ぎを削る!」(J's GOAL)
「【ヤマザキナビスコカップ 札幌 vs 千葉】ハーフタイムコメント」(J's GOAL)
「【ヤマザキナビスコカップ 札幌 vs 千葉】三浦俊也監督(札幌)記者会見コメント」(J's GOAL)
「【ヤマザキナビスコカップ 札幌 vs 千葉】アレックスミラー監督(千葉)記者会見コメント」(J's GOAL)
「【ヤマザキナビスコカップ 札幌 vs 千葉】試合終了後の各選手コメント」(J's GOAL)
「試合詳細データ 2008 ヤマザキナビスコカップ Cグループ 札幌 vs 千葉」(J's GOAL)
「【ヤマザキナビスコカップ 札幌 vs 千葉】レポート:同様の戦術を用いるチーム同士の真っ向勝負は千葉に軍配。敵地で札幌を下しCグループ首位をキープ!」(J's GOAL)
「[ ヤマザキナビスコカップ:第4節 札幌 vs 千葉 ] 祝福される新居」(J's GOAL)
「[ ヤマザキナビスコカップ:予選リーグ第4節 試合総括 ] 名古屋、清水が予選リーグ突破へ前進。千葉もグループ単独首位に」(Jリーグ公式)
「雨の天王山は新居の2発で千葉が競り勝つ」(Jリーグ公式)

【メディア系】
「千葉ミラー新監督初陣で勝つ/ナビスコ杯」(ニッカン)
「札幌が千葉に競り負ける/ナビスコ杯」(ニッカン)
「千葉ミラー新監督が勝利/ナビスコ杯」(ニッカン)
「ミラー監督 初采配で新居の2トップ起用が的中」(スポニチ)
「新居2発!ミラー千葉初陣飾った」(スポニチ)
「ミラークル!千葉、公式戦3連勝!…ナビスコ杯」(報知)
「札幌、J1最下位・千葉に敗れる…ナビスコ杯」(報知)
「千葉・ミラー新監督、初采配ズバリ!“FW”新居が2発!」(サンスポ)
「新居が2ゴール」(ちばとぴ)

約1ヶ月半のリーグ中断期間に予定されたナビスコ予選三試合。そして2週間という時間。
この時間で「チーム戦術の確立」を成さなければならない。
なので、おそらく選手は固定されるだろう。
1試合1試合が、ミラーの率いる新しいジェフを作っていく。

ナビスコ杯の勝利は、J1残留という至上命題に比べて優先順位が低いとはいえ、しかし今のこの状況では、チームを作っていくための貴重な真剣勝負の場。
だから次の柏戦も決して安易に臨むわけにはいかない。

そして。
ジェフが勝ち、同日の川崎x札幌戦で札幌が引き分け以下ならば、ジェフの予選突破が決まる。

がんばれ!



===<リザ連敗を「6」で止める!>===
「第10回日本フットボールリーグ前期第13節 ゲーム詳報」(ジェフ公式)
「JFL公式」

トップが7連敗したなら、オレ達だって!
・・などと、泥沼のガマン比べをしていたハズもないのですが、リザはJFLで6連敗。
流経大/MIO/栃木SC/横河/Honda/富山に連敗し、その間、なんと14失点。
対して奪った得点はわずか3得点。
合計すれば、なんと3-14・・。

しかしこの試合では前半中に鳥養/竹田のゴールで2点を先制!
後半、SAGAWAに1点を返されるも粘って逃げ切って2-1。
連敗脱出!
9試合ぶりの勝利!!!

これで勝ち点を11に伸ばし、JFL16位となる。
いくら育成を命題とするチームといっても、JFLから降格してしまったら意味が無い。
なんとしてでも残留するしかない。

トップ同様、連敗脱出から上昇ムードをつかめるか!?



テーマ:ジェフユナイテッド市原・千葉 - ジャンル:スポーツ

勝ぉぉぉぉ利っ! ミラー新体制、公式戦三連勝!!!
函館にも行けず、しかしTV中継は無い!
ならば!
PCの前に張り付くしかない!
つー事で、PCの前に座りっぱなしで、J's GOALの試合速報をつけっぱなしだったのですが。

前半21分、新居の先制弾!
古巣にゴールを叩き込む!
が・・前半も終わりが近づいた37分、札幌の平岡に同点弾を食らってしまう。

しかし意気消沈したのも一瞬でしかなくて。

後半開始あっと言う間の46分、新居が二点目! 勝ち越し弾!!!


そしてそれを守りきってタイムアップ。
ナビスコ予選 札幌戦、ジェフの勝利!
うひょおおぉぉ!!!


これでナビスコ予選 Cグループ首位をキープ。
予選突破にぐいっと近づく。
なによりも、これで・・ミラー新体制になって、公式戦三連勝だっ!!!


さんっ、
れんっ、
しょおっ!!!


三連勝!!!




テーマ:ジェフユナイテッド市原・千葉 - ジャンル:スポーツ

ミラー監督、準備完了!札幌戦からベンチ入り!・・奥山がトップ昇格、FWに朴主永補強!?
5月8日に監督就任内定(ジェフ公式)、5月10日に来日して会見(ジェフ公式)
しかしビザの取得やJリーグへの登録などで時間がかかり、京都戦/大分戦はミラー新監督はベンチ入りができませんでした。故に、スタジアム観戦。大分戦で勝った時にはスーツ姿でガッツポーズする姿がスカパーに映っていたり。

しかし、ついに登録が完了し、明日の札幌戦からはベンチ入りできる模様です。
「ミラー監督の登録について」(ジェフ公式)
「登録役員 追加・変更・抹消のお知らせ」(Jリーグ公式)
「千葉ミラー監督プレミア式情報管理指示」(ニッカン)
「千葉がミラー新監督の登録完了」(ニッカン)
「千葉のミラー新監督は25日からベンチ入り」(スポニチ)
「千葉・ミラー監督の登録完了」(報知)

登録完了!
覚悟完了!!
当方に迎撃の用意あり!!!

明日の札幌戦はナビスコ予選Cグループの行方を左右する一戦。
川崎は1勝2敗と黒星が先行する上に、代表に主力をかなり奪われている。柏は勝ち星が無い。そしてジェフと札幌が同じく勝ち点5で並び、その両者の対決となるわけだ。
先の札幌戦はフクアリで0-0のスコアレスドロー。
混戦状態と言えるCグループだけど、今日の試合で勝つ事ができれば突破にぐいっと近づくことができる。何より、残留争いのライバルである札幌相手に、リーグでの直接対決を前にして精神的にアドバンテージを得る事ができる。

ならば、負けられない。

ミラーの、初のベンチ入り、初采配。
リーグ戦二連勝という勢いをもってのぞむ札幌戦。

どのような布陣なのか、起用なのか。
練習内容や起用情報などを「しゃべっちゃダメ!」という方針のため事前情報が報道されず、新監督だけに予想も困難だけど。
期待したい。

函館に行かれるジェフサポのみなさん!
がんばれ!!!

※函館は自分の地元に近いだけに、精神的にHome感をもってしまう・・。
※「イカ徳利」とか、ホッケとか、ウニとかイクラとか、海産物三昧もぜひ楽しんできてくださいませ!




===<奥山、トップ昇格!チャンスは来るか!?>===
「選手登録変更のお知らせ」(ジェフ公式)
「登録選手 追加・変更・抹消のお知らせ」(Jリーグ公式)

彼に関する情報をまとめなおしてみると・・、
「奥山 泰裕」(ジェフ公式)
「奥山泰裕」(wiki)
「奥山が千葉に入団、レギュラー奪取狙う」(ニッカン東北)
「[インカレ] 亜細亜大学 vs 東北学院大学」(Wonderful Days)

奥山。
「ちょこまか動き、東北屈指のウザさでゴールを狙う」、中島にカミソリと呼ばれたドリブル、
そして、昼田GMに新人獲得ではなく補強だと言わしめた選手。
先のサテ横浜FM戦では1-4と惨敗の中で唯一の得点を決めて一矢を報いる。

新監督が就任し、そして昇格。

もしかしてもしかしたら、札幌戦で奥山に出番がくるか!?



===<FCソウルから朴主永を獲得!?>===
「千葉が韓国代表FWリストアップ」(スポニチ)

「獲得!?」とやるにはまだまだ尚早で、リストアップし、獲得するとしたらどんなもん?って調査をしてみた・・そんな段階の話だそうな。先日には李東国の獲得に動いてる・・って、これまたスポニチの記事(コチラ)にもなってたっけ。でもあれは、李東国サイドが京都と交渉するにあたってジェフが当て馬にされた印象だったけど。
もしかしてもしかしたら、こっちの朴主永は現実味があるのかもしれない。

つー事で、朴主永がどんな選手なのか、グーグル先生に聞いてみる。

「朴主永」(wiki)
「韓国サッカーの未来を背負う 「弱冠二十歳」朴主永の素顔」(朝鮮日報)
「【カタール国際】朴主永の大活躍 日本下し優勝」(朝鮮日報)
「改めて突きつけられた「個人能力の差」 韓国戦惜敗から導き出される日本ユース育成の課題」(スポナビ)
「PARK Chu Young」(Talenteggs)

あー・・カタール国際で日本が負けたときのFWかー、とうっすらぼんやり思い出す。
FCソウルのエースで、柔らかいタッチのボールコントロールとドリブル、それに決定力が売り。
なるほど・・。

でも。
グーグル先生で調べて引っかかるこの選手の情報って、ほとんどがそのカタール国際当時のネタ。
それ以後の情報が目立たない。
で、例えばこの記事なんかでは・・
「<サッカー>“南北エースストライカー朴主永-鄭大世、初の正面対決」(中央日報)
二年ぶりの復活なんて書かれてもいる。
つまり二年間はぱっとしなかったって想像できる。

いわゆる早熟の天才、瞬間的な活躍でぱっとスポットライトを浴びて、以後伸び悩んだのか。
それとも諸々の事情(怪我や人間関係)等でチャンスを失っていたのか。
そこまではちょっとわからないが・・。


まぁ、つまりだ。
オーウェンといい、李東国といい、この朴主永といい、全てFW。
今のジェフがFWの獲得に真剣に乗り出しているって事だけは確かなわけだ!




テーマ:ジェフユナイテッド市原・千葉 - ジャンル:スポーツ

ミルコ先発!?札幌戦・・サッカーサポはキモイのか。
今日のエルゴラ。
週末のナビスコ予選 札幌戦のスタメン予想において、ミルコ・フルゴビッチが中盤左のスタメンとして配されていた。先の二連勝時、そのポジションは谷澤が努めており、しかも存分に活躍して、挙句には決勝点まで決めていて。普通だったら「勝ったチームはいじらない」の法則で、谷澤が引き続き中盤左で戦うのだろうが。

しかし! その谷澤は出場停止だったりする・・っ!
残念!
「出場停止選手のお知らせ」(Jリーグ公式)

そして、その谷澤に続く選択肢としてエルゴラはフルゴビッチがスタメンだと読んだのだろう。

さて、どうなるか。
二連勝時の布陣を基本的にいじらないという前提でアイデアを考えれば、
まず、青木孝や苔口が思い浮かぶ。坂本を上げて使う事も考えられるし、思いつきレベルならば工藤や米倉を使って中盤をやりくりする事もありえる。

だが!
函館まではいけない!
TV中継はない!
いろいろと想像はふくらむが、見れない!

むむむ・・。
新監督のもとで二連勝と好スタートのジェフが、このナビ予選でどのようにチームを高めていくのか。
すげーーーー見たいのだけれども。
見れない。

携帯やwebでのリアルタイム速報を命綱に、勝利を祈る。
がんばれ!



===<サッカーサポはキモイのか>===
「サポティスタ」で見かけた記事で、ちょっと気になった記事があった。
「一般的な視点がなくなるとキモくなるの法則」(「タケルンバ卿日記」さん)

このエントリーが書かれたキッカケは、直接は、
「埼玉スタジアム、浦和-ガンバ戦をバックスタンドアウェーで見たものの言い分」(「某法律事務所での記録。」さん)
「理解して欲しかったこと、理解されないであろうこと」(「某法律事務所での記録。」さん)
なんだけど、
それってつまり、
「17日(土)ガンバ大阪戦での出来事について」(浦和公式)
「5/17浦和レッズ対ガンバ大阪@埼スタの試合について」(G大阪公式)
「ガンバ大阪サポーター対応について」(G大阪公式)

これから始まっている。

Jリーグを好きな者ならば、誰もが注目し何かしら考えた浦和xG大阪戦の一件。
しかし「タケルンバ卿日記」さんのエントリーは、事実そのものの衝撃よりも、blogのエントリー欄におけるコメントのやりとりから更なる危惧を覚えてのものであって。
自分にとって、事件そのものよりもずっと重く考えさせられるエントリーだった。
  ※事件を軽んじているわけではありません。
  ※しかしあの事件に対しては、「スタジアムでの暴力は全てNG」という明確な判断基準があります。
  ※映像も写真も目撃者も多数存在し、事実確認も可能です。
  ※判断基準は明確、当事者も明らか、事実確認も可能。であれば、当事者の今後の対応も可能です。
  ※よって、後は関係当事者がどれだけスムーズに公平に対応できるかだと、解釈しております。



あらためて、くだんのblogのタイトルを思い返す。
オレにとってはこのひと言が全てだ。

「一般的な視点がなくなるとキモくなる」

「一般的な視点」とは、端から見たらどう見えるかという事であり、サッカー好きが、サッカーを好きでない人と共存するための視点。
世の中には「サッカー好き」という人以外にも様々な人が無数に存在し、みんなが共存するためには、ある程度、価値観やルールを共有する事が必要となる。「他からはどう見える?」ってのは、その「価値観やルールの共有」を客観的に自己チェックするための命綱。
一人ツッコミとも言える。
故に、
「一般的視点の欠如」は、サッカー好き以外との共存を暗に否定する事であり、
それが、他の人から「キモイと思われる」事につながっていく。

サッカー好きだけに限らない。
野球だろうがアニメだろうがアイドルだろうが演劇だろうがプロレスだろうが競馬だろうがパチンコパチスロだろうがジム通いだろうがロハスだろうが反戦活動だろうが、
夢中になる対象がなんであったとしても、それは、みーんなみーんな、ぜーんぶ、一緒だ。

「一般的な視点がなくなるとキモくなる」

で、
自分はサッカーも好きだが、プロレスも大好きだったりする。
最近はプロレス会場に足を運ぶ事はなくなったけど、まぁ、例えば、新日本とUインターの全面対抗戦、高田vs武藤なんかは東京ドームまで見に行っていたりしたわけだ。
  ※ちなみに、全日四天王プロレスが大好きです(笑)

プロレスが世間一般ではマイナーなもんだと、自分でも思っている。
会社や学校や飲みの席で話題に出して、「オレも!」とか「おもしろいよね!」って言ってくれる人や興味を持ってくれる人は、まちがいなく少数派だ。
話すタイミングや流れによっては、引かれてしまう事もぜんぜんありえる。

じゃあ。
そのプロレスとサッカーとを、次のように比べてみる。
  「レスラーや団体のTシャツを着る」     ⇒「サッカーのレプユニやTシャツを着る」
  「レスラーを応援する幟を持つ/振る」    ⇒「選手やチームのゲーフラを持つ/振る」
  「入場時や試合中に、選手コールを叫ぶ」  ⇒「応援のチャントやコールを叫ぶ」
  「試合会場まで足を運ぶ」           ⇒「週末にスタジアムに行く」

同じように、アニメや声優やアイドルと、サッカーを比べてみてもいい。
怒る人もいる事を承知で言うけど、ファン/サポが行っている行動そのものは、似たり寄ったり・・共通する事も多いよね。全部いっしょだとは言わないけれど、叫んで夢中になって応援する対象がサッカーなのかプロレスなのか何なのか、その程度の差でしかないとは言えると思う。

何かしら好きな対象をもち、夢中になり、のめりこむ。
それ自体、誰に後ろ指を指される事でもないし、批判される事でもない。

でも、全てにおいて、どこかのラインを超えると話題に誰ものってきてくれなくなり、
挙句、人格そのものすら否定されはじめる。
  「あいつ、○○が大好きだよねー」が、
  「いつも○○ばっかり」となり、
  「ちょっとなぁ・・」となり、
  「ついていけねー」となるわけだ。

好きな対象(パチスロかサッカーか、等)の違いは、あくまでもその趣味がどれだけ一般性をもっているか、そういうスタートラインの差でしかなくて。
好きになればなるほど、他から少しずつ乖離していくのは、みんないっしょ。

サッカーが好きだ!という気持ちが高じて、高じすぎて、
その個人が周りから浮いて、嫌われたとしても、
それだけならば、それは自業自得と言うか個人の問題でしかない。

だけど、もしそれが、集団という形で症状が進行してしまえば、
サッカーそのものが、一般社会から閉じこもって内側に落ち込んでいくばかりだ。
サッカーそのものが嫌われていく。


・・。
・・でもね。
そーなんだけどさ、わかってるんだけどさ!!!
サッカーのレプリカユニフォームを着て、旗もって、喉枯らして叫んで、
勝っても負けても毎週スタジアムに行くなんて、
サッカー好き以外にとっちゃ、「何そのキ○ガイ」ってなもんですよ!
ええ!
わかってるよ!

でもでもだって!
好きなんだもん!しょーがないじゃん!
ええ、オレだってフクアリ行きますよ、行っては負けて帰ってきて一週間陰々鬱々して、
勝ったら一週間キャッキャッと陽気になって、
うちの相方から「よーやるわ」って目で見られてますよ!

好きなんだもん、しょーがないじゃん!

FC東京のサポだっけ、確か「東なめ」だと思ったけど、
===
勝ち試合のあとは バカの一つ覚えのように
何度も同じゴールシーンを見てはその度に狂喜し
負け試合のあとは 監督の采配に不満をこぼし 審判の判定にケチをつけ
忘れたいと思いながら 失った勝ち点を数えては落ち込み
選手のミスに文句をつけ 怒りまくり 機嫌を悪くして周りの人に引かれ

次の試合には いそいそとマフラーを巻いてスタジアムに行き
歌い 選手にコールし 一喜一憂する

あ あ 楽 し い

===

いやもう、ホントに、このとおりですよ!!!


だから。
好きなものは好きなんだから。

自分がサッカーを好きだという気持ちに甘えちゃいけない。
スタジアムに行けば、webを見れば、そういう場に行けば、同じサッカー好き同士がいっぱいいて同じ気持ちや一喜一憂を共有できる、そんな楽しさに甘えちゃいけない。

「一般的な視点がなくなるとキモくなる」


サッカーを好きだからこそ、襟を正そう。
そんな風に思ったわけです。



おまけ:
「熱くなるプロレス入場曲」(「タケルンバ卿日記」さん)

おなじ、「タケルンバ卿日記」さんのblogで見つけたエントリー。
こ、この選曲は・・燃える!!!

もし万が一、三沢の「スパルタンX」(ニコニコ動画)で谷澤がピッチに出てきたら・・。
オレ、大声で叫ぶぞ。

「やっざっわっ! やっざっわ!」




テーマ:ジェフユナイテッド市原・千葉 - ジャンル:スポーツ

シーチケとSuicaが合体する日も近いっ!?
蘇我駅がジェフ色に染まってきたりだとか。
先日の三木社長の記事だとか。

なんだかそーゆー積み重ねがあるわけだから、心の中では「JR様!JR様!」。
ちゃんと二礼二拍一礼で礼拝したい今日このごろなんですが。
そしたら、こんなリリースがあったわけで・・。

「Jリーグ全試合対象観戦記録システムをJリーグ全クラブが導入 主要スポーツリーグ全体を対象とするICカード利用のシステムとして世界初」(Jリーグ)
「Jリーグ全クラブ、観戦記録システムを来年から導入へ」(サンスポ)

Jリーグ全クラブにICカード導入!
しかも「年間シートパス」に使用可能、観戦動向を記録してあーだこーだ、ポイントサービスも云々、お客のニーズにあった情報提供やサービスを実施!
などと謳っております。

しかも。
「この会員ICカードの多くは電子マネー機能の搭載が予定されており、スタジアムにおける購買を可能な限りキャッシュレス化して、待ち時間の短縮、スタジアム観戦の満足度の向上につなげてゆきます。」(Jリーグ)
との事!


・・これ、Suicaだろ・・(笑)

いやまぁ、Edyかもしれないし、ICOCAかもしれない。
電子マネーとしての機能をもたせないなら、もっと選択肢が広がる。去年にはこんなニュースもあった。

でも、少なくともジェフの場合はSuicaになるんじゃないかなー・・などと想像します。


シーチケとSuicaが合体すれば・・。

シーチケSuicaで電車に乗って、会社に行って。
それで、駅のキオスクでエルゴラやらサカマガやらサカダイを買って。

週末には、シーチケSuicaでフクアリに向かい、
入場するときもシーチケSuica。
サマナラ買うのもシーチケSuica。
ビールを飲むのもシーチケSuica。
もしかしたら選手ユニプレゼンともシーチケSuicaがベースになるかもしれない。

朝から晩まで。
平日から休日まで。
あぁあぁ・・! オレらの全てはJR様の手の平の上!!!

・・つか、ホントにシーチケとSuicaが合体して、Jリーグ全体に広がればいいなぁ・・。
そうすれば、JRも、ようやくジェフに出資した事が報われるってもんだ。



===<Div.1昇格のジェフU-18。次は日本クラブユースサッカー選手権!>===
「平成20年度 第32回 日本クラブユースサッカー選手権(U-18)大会 関東大会」(関東クラブユースサッカー連盟)

関東プリンスリーグは、Div.1に比べてDiv.2は短期決戦であり。
その短期決戦を見事、グループBで勝ち抜いて、ジェフU-18はDiv.1に昇格を果たした。

しかし!
それだけではなくU-18の試合はまだまだ色々とあるわけで。
次の大きな山は、日本クラブユースサッカー選手権!
「adidas CUP 2008 日本クラブユースサッカー選手権(U-18)大会 大会概要について」(日本クラブユースサッカー連盟)

この大会に挑むためには、やはり関東予選を戦わなければならず。
その予選が、ジェフU-18の次なる試練なわけです。

ジェフU-18が組み込まれたのはグループA。同グループには、東京Vユースやら柏ユースらが同居。ちょっと厳しい組合せ。このグループで2位までに入れば、総合で8位以内が確定し、全国大会に出場決定。もし3位だと、9~12位順位決定戦にまわり、このトーナメントで勝ちきらないと全国に進めなくなってしまう。

関東プリンスリーグでDiv.1に昇格を決めたんだから!
この勢いで、全国大会出場もつかんじゃえ。

予選の初戦は5月24日(土)、フクダ電子スクエアでフットワークとの対戦!
がんばれ!!!




テーマ:ジェフユナイテッド市原・千葉 - ジャンル:スポーツ

三木社長、目指せジェフのフロント改革!・・U-18はDiv.1昇格!レディースは引き分け。
昨日のニッカン社会面に、ジェフの新社長に就任した三木社長の記事がありました。
miki01.jpg miki02.jpg miki03.jpg

そしてさらに、msnの産経ニュースにも社長のインタビュー記事。
「【人】J1千葉の新社長に就任 三木博計さん 「地域を元気に」クラブの理想像 (1/2)」(msn)
「【人】J1千葉の新社長に就任 三木博計さん 「地域を元気に」クラブの理想像 (2/2)」(msn)

記事は二つともに、内容全てが興味深いのだけれども、中でもおおっ!となる点を抜粋。
===
・ハードよりもソフト。~挨拶や丁寧さが、お客が気持ちよく利用する原動力。
・ミラー新監督曰く「フクアリは応援がいい。Awayで戦いたくない」。
・3年後にはリーグ制覇したい。
・鉄道はサービス業。サッカーもサポが満足してくれる試合が目的。
・浦和戦後、選手といっしょにサポに頭を下げる。「申し訳なくて、涙が出そうで・・」
・まず、ジェフの全社員が素直に『お客様』と言えるようにしたい。
===

なんというか、ものすごくしみじみと嬉しいし、期待してしまいます。
特に産経ニュースのインタビュー記事で書かれている三木社長の台詞、
「国鉄時代は考えなかったけど、品川駅長をやって、『お客様』とすっと言えるようになった。まず、ウチの全社員が素直に『お客様』と言えるようにしたい」」(msn)
コレがとてもとても嬉しい。

叫んだり大騒ぎするような嬉しさじゃないけど、本当に本当に嬉しいインタビュー記事。
なんだろう、ずっとどう書けばいいのか悩んでるけど、上手く書けない。いろいろ書いて、読み返せばあまりにも青臭くて恥ずかしいので削除してみたり。別な角度から書いてみれば、ずれてしまうし。
だから、結局、次のようにしか言えず。

約束の地に待ち人来たれり。

・・こんな気持ちです。
ようやく、社長として素直に期待できる人がジェフの社長になってくれたんだなぁ・・って。
そう、期待したいです。
  ※「記事ひとつでそこまで浮かれるな!」って言われたら、ええそうですねゴメンナサイ・・だけど。
  ※だってー、今は期待したいじゃないかー。
  ※期待はずれだったりすりゃ、そん時はそん時さ♪




で、ちょっと思った事、その1。
タイミングをあわせたかのように、同時に2媒体に社長のインタビュー記事が掲載されている。
未勝利の泥沼のさなかに新社長就任、監督交代、そして初勝利・・。
昨シーズン末の主力大量流出劇でも「ジェフ社長の失態」が騒がれただけに、それとの対比でメディアに注目され、そして2紙から同時に同じような取材依頼を受けたとも考えられるけど。
でもそれって、偶然というには、そうそうある事じゃないよなー、って思うのです。だから普通に考えたら、ジェフ側から媒体にアプローチして仕掛けたんだろうなと思うのだけど。
でも。
今までのジェフ広報を考えると、そういう“攻め”のPRができるとも思えないんだよなー・・(苦笑)
もし想像どおりジェフ側から仕掛けたのだとすれば、それもまた三木社長&島田取締役の、フロント意識改革の一つだと思う。

思った事、その2。
ニッカンの三木社長記事の中で、ミラー新監督が、ジェフサポの応援を気に入ってくれているというくだりがある。「このスタジアムは応援がいい」・・と。そして、ミラーが来る前の話しになっちゃうけれども、ボスナーがジェフサポに好意を持ってくれてるというジェレミーさんのコラムがあった。
「フクアリの呪いを打ち破れ」(FC JAPAN)
選手やチームスタッフの耳に、少しでもサポの声や拍手が届いているのであれば、凄く嬉しい。
それがほんのちょっとでも、力になれているのなら、とてもとても嬉しい。



===<ジェフU-18、Div.1昇格!>===
「■JFAプリンスリーグU-18関東2008」(ジェフ公式)
「ジェフユナイテッド市原・千葉U-18 3-0 成立学園高校」(関東プリンスリーグ公式)
「順位表」(関東プリンスリーグ公式)

関東プリンスリーグDiv.2 グループBで、得失点差で1位に立っていたジェフU-18。
先週日曜日にその最終戦を戦い、成立学園高校を3-0で撃破!
同じ勝ち点差で並んでいた矢板中央高校と鹿島学園高校は、どちらも引き分け。
これによってジェフU-18はグループBの首位が確定し、来季より関東プリンスリーグDiv.1昇格が決まりました!!!

おめでとーーーーーー!

昇格を決めた成立学園戦では、金井/岡庭/成富がゴール。沓掛も金井の先制点をアシスト。
金井はリザでJFL公式戦にも出場した事のある数えで15歳(6月生まれだからね)
ユース育成が売りだったジェフも、ここ数年はあまり結果を残せていない。
それだけにこの金井や沓掛の活躍は素直に喜びたいし、今後にも期待したい。

もう一度。

おめでとおおおぉおーーーーーー!!!



===<リザは泥沼、サテは惨敗。レディースの無敗対決は引き分け!>===
「第10回日本フットボールリーグ前期第12節 ゲーム詳報」(ジェフ公式)
「ジェフリザーブズ 1-2 カターレ富山 」(JFL公式 /PDF)
「プレナスなでしこリーグ2008ディビジョン2 第6節」(ジェフ公式)
「JEFL 2-2 FC高槻」(なでしこ公式)
「サテライトリーグ 第4日 vs 横浜F・マリノス」(ジェフ公式)

JFLカターレ富山戦を戦ったリザは、先制されて追いつくも、終盤に突き放されて敗戦。
これでなんと六連敗。
ずっぽり泥沼に嵌ってしまいました・・。
何が原因なのか。選手の質なのか、精神的なものなのか、チームになりえていないのか。
なんとか立ち直って、JFL残留にしがみついてほしい・・。

また、サテライトリーグも第2戦が行われ、こちらも1-4と惨敗。
出場した面子にはトップチームのサブメンバーがずらりと並び、ジェフと横浜FMの「層の厚さ比べ」と見る事もできる。それに惨敗。
とはいえ、ミラー監督/澤入ヘッドコーチからしてみれば、試合の結果にこだわるというよりも選手の特徴や力の見極め、アピールの場として捕らえていた模様。
故に、澤入の「ここから、何人かの選手は次のナビスコカップvsコンサドーレ札幌戦での戦力になるはずだ」というコメントが興味深い。得点を決めた奥山か、それとも米倉や益山なのか。はたまたユース出身の乾か高田か。いろいろ想像してしまう・・。

そして。
無敗対決となったジェフレディースxFC高槻の大一番!
ジェフが井上のゴールで先制するも、前半のうちに逆転されてしまう。
しかし後半開始頭から、ジェフは二人の選手を交代。河村乃里子から綱川に、吉本から柴田。
そして後半58分には、石田が同点ゴール!
これで結果は2-2。
L1昇格を目指す無敗対決は、両雄譲らず引き分けという結果になりました。
だけど、同じく無敗だった大原学園がAS狭山になんと1-6と大敗
これで無敗はジェフレディースとFC高槻、一敗が大原学園。AS狭山が二敗で続く。
だんだん、昇格争いも先頭集団が絞られてきました。
レディースの次節は三敗の福岡と対戦。
がんばれ!




テーマ:ジェフユナイテッド市原・千葉 - ジャンル:スポーツ

J.B.Antenna-千葉 連絡事項
お世話になっております。

J.B.Antenna-千葉の管理代行を務めさせていただいておりますが、管理登録内容の更新がございますので、以下、ご連絡させていただきます。
(少しでも運営情報が皆様に伝わればと思い、こちらでもご報告させていただきます)

下記blogを、JBA-千葉に新規登録させていただきましたので、ご連絡させていただきます。


===<新規登録>===
・「チコっといい話」(コチラ)
・「★☆Run☆Run☆★」(コチラ)
・「OVER IRIS」(コチラ)
・「わんこと色々」(コチラ)
・「FLYING SHOES」(コチラ)
・「にちにちこれはぴぶる」(コチラ)


今後とも、何卒よろしくお願いいたします。


khou



テーマ:ジェフユナイテッド市原・千葉 - ジャンル:スポーツ

二連勝は守備の固さから。そして中断期間へ。
京都/大分に連勝した勢いなのかなんなのか、昨日、久々に料理しました(笑)
ご飯作ったのなんて随分と久々で、頻度を問われたら恥じ入るばかり。もっとがんばらないと・・。

タラとエビとイカとキノコ、それに玉ねぎ人参ジャガイモにズッキーニ。トマトで煮込んでコンソメ投入。オレの中では「イタリア鍋B」と勝手に命名しているスープ。ホントはコレとかコレみたいに貝類とかカニも入れるべきなんだろうけど、貝は砂抜きがめんどくさい!カニは高い!・・という事で、手抜きver.です。
なお、「B」があれば「A」もあるって事で、勝手に「イタリア鍋A」と読んでるのは、こーゆーヤツ。簡単手軽で野菜もイッパイ。安いし美味い。オレはコレを「クッキングパパ」で覚えました(笑)
自分にとって一番わかりやすい料理本は、誰がなんと言おーと「クッキングパパ」!

つー事で、そんなご飯を食べながら、大分戦の録画を見て試合を振り返る。

前半。
おもしろいようにジェフのボールがつながる。しかも手詰まり感なく、フィニッシュまで攻めあがる事ができている。西川があたってなければ、斎藤のミドルにしろレイナウドのヘディングにしろ、あと2~3点重ねていておかしくない。
守っては、これまたおもしろいように大分の攻撃を封殺。
現地で見ていた感覚以上に、安心して見ていられる試合内容。

後半はそれが一転して押し込まれ、シュート撃たれまくり。
金崎の二発、小林亮のヘディング、混戦の中からウェズレイ。運がなければ、もうちょっと大分の精度が高ければ、同点どころか逆転も起こりえた。

そして、結論と言うには、あまりにも単純でバカみたいだけど、人がいっぱいいるなー、と。

だって!
黄色い人がいっぱい視界に入ってくるんだもんっ!

あの柏戦でもいい、横浜FM戦でも浦和戦でもいい。ちょっと前のジェフなんて、あまりにバラバラなもんだから「ホントに11人いるの?」って思うほどだった。
それがこの二試合、選手達の距離がとてもとても小さくなっている。すっごく近い。攻めても守っても近い。特に中盤とディフェンスで二つのラインをつくり、ライン同士がぐぐっと接近。ライン上での選手達も、バランスよく左右に位置を取る。中央では固く小さく。しかし反対サイドには広く位置して逆サイドへの展開を狙う。青木良/谷澤の左、新居/坂本の右。選手達が前後左右にバランス良く、しかもこれがなかなか破綻しない。

それが二連勝における守備のベースであって。
この大分戦では、ずっとずっと狭くなったこの二つのラインに挟まれるように、中盤の底に斎藤が陣取って砦となっていた。DMFに起用された斎藤は、俊敏性には劣るものの読みも強さも未だ衰えず。自分の後ろにはボスナーに池田。近くには下村に工藤。フォローしてくれる仲間がいるから、ビビルことなく敵のボールにアタックしまくる。ハイボールは徹底的に跳ね返し、ボールをもったら無理せず捌く。
ああもうステキ。
斎藤がステキ。
年齢を重ねてポジションが下がる選手は多いけど、逆にポジションを上げるだなんてどーゆ事だ。
かつて最終ラインでサイドチェンジしていた時にはミスキックが多く、逆サイドで水野が両手をあげて「まったくもーっ!」・・そんなシーンを良く見たけれど。DMFからのサイドチェンジはきっと斎藤の射程距離なんだろう、ミスになる事なく逆サイドの選手にわたる。
挙句の果てが、あの前半のミドルシュート。
ステキ。
・・ボールを奪ってカウンターのチャンス。斎藤が自分でドリブルしたと思ったら、後ろから大分二人に追いつかれて挟まれてあっけなくボールを奪い返されたシーンもあったけど。あれは、まぁ、ご愛嬌という事で(笑)

そして斎藤という守備の砦があるものだから、下村と工藤がより生きてくる。
この二人が生き生きと動くもんだから、両サイドに配された谷澤と新居が躍動する。

守備では4-1-4-1。
いざ攻めるとなれば、両サイド(両ウィングと言うべき?)の谷澤と新居が駆け上がっての4-3-3。
彼ら二人は、攻撃時はフリーハンドで好きにやっていいと指示があったのだろう。
特に谷澤は、その才能の導くままにピッチ上を縦横無尽。
先制ゴールに限らず、何度も縦に早いカウンターの先鋒となっていた。
見事!


===<選手雑感>===
立石: 攻められまくった後半も安定だけど。それ以上に、あの落ち着いた時間稼ぎがステキ!!!
坂本: 何度も何度もオーバーラップ。さらに守備でも落ち着いた対応。安定した活躍。
     勝っても負けても、試合後の挨拶時は常に先頭を歩く。
青木良:京都戦よりもサイドから攻める気持ちアリ。足技で敵を交わしたり惜しいミドルも。
     だけど中央を意識しすぎで、大分小林亮にスペースを与えまくり。それが惜しい。
ボスナー:開幕時の強さ/怖さが戻ってきた。しかも青木良やチーム全体に指示を出しまくる。
池田: 中央で敵を止める/跳ね返す事に専念する事で活躍。ボスナーとの連携もよくなってきた。
斎藤: 大分戦どころか二連勝の立役者。あのミドルは惜しかったっ!
     サッカー選手ってのは役割や戦術で随分活躍が変わるんだなぁ・・としみじみ実感。
下村: 空回り感も減って球離れも良くなり、何より顔つきが変わってきた。
     連敗中のプレッシャーを一人で背負っていたんだろうなぁ・・。
工藤: 彼一人で敵を止める事も局面を変える事もできないが、しかし連携の中で輝く選手。
     新しいチームで活躍できるか!
新居: ほとんど右サイドで動き、前半の右サイドは彼のものだった。決勝点のクロスも。
     しかし後半は動く距離もスピードも落ち、ガス欠が顕著だったか。
レイナウド: 戦い方が変わったこの二試合では大活躍。得点こそ無いが、キープ力抜群。
        突破するスピードも速く、この「戦い方」であれば今後に期待!?
巻:   やはり巻が出てくるとスタジアムが盛り上がる!
     キープ力はレイナウドに劣るも、前線から駆け回って守備に奮闘。怪我は大丈夫?
楽山: ・・守備において、斎藤に本気で怒鳴られてた(苦笑)


この勢いで中断期間はもったいない!
なんて思うくらいの二連勝だけど。
でもこれって監督交代というカンフル剤がきいているだけ・・ってのが正体だと思う。
徹夜明けになんかヘンな薬のんでハイになってるようなもの。燃え尽きる前のラストスパート。
だから本当の意味で、ミラー/澤入新体制による新チームが勝ったわけじゃない。
  もちろん戦い方は明らかに変わってきているけれど、まだまだ浸透してないって意味で。


故に。
ここで中断期間というのは、本当に巡り会わせがいいと思う。
ハイテンションを燃料源にいつまでも走りきれるわけじゃないから、ここらで落ち着いて、そしてチームを立て直してほしい。

今週末にはナビスコ予選 札幌戦。

新しいチーム作りと逆襲に向けて・・がんばれ!!!



===<試合雑感>===
【俺たちジェフ】
下村がお立ち台に上ってバンザイパフォーマンスをし、代わって谷澤が上ると大歓声。
京都戦でのコールを覚えていた人が多かったのだろう。
スタジアムの誰もが「ぐぐっ!」と待ち望んで静まり返った。
そして、谷澤がメガホンを持つ。
すごいよ。
オレ、バクスタのいつもの席(ハーフラインあたり)に座ってたんだけど、スタジアムの誰もが息を呑んで谷澤の掛け声を待っていたものだから、ゴール裏前の谷澤の声が、バクスタまで聞こえてきた。

「俺たち!」・・「ジェフ!」

谷澤。
ジェフに来てくれて、ありがとう。


【ジェットスフィーン】
いつかの試合のハーフタイム。ジェットスフィーンのパフォーマンスにゴール裏の応援がかぶってしまった事があって。
しかしこの試合ではゴール裏のバクスタ側半分を中心に、ジェットスフィーンの音楽にあわせて手拍子が起こっていた。
ジェットスフィーンも一生懸命練習して、スタジアムを盛り上げるためにパフォーマンスしてくれてる。
彼女達も、いわば、選手達と同様、ジェフのファミリーであって。

だから、こういう手拍子が起こるのはちょっと嬉しいなと思った。


【ユニフォームプレゼント】
当たった子供の台詞が良かった。

「三連勝めざしてがんばってください」
うろ覚えだけど、「三連勝」ははっきり言っていた。
そーだそーだ、三連勝。リーグ再開後のFC東京戦はぜひとも勝つんだ。
めざせ、三連勝!


【グッズ売り場】
いやね、ハーフタイムとか試合終了後とか、もちろん終了前とか。
連敗中に比べて、フクアリのグッズ売り場が賑わってるのですよ。
そりゃもちろん、別に数をカウントしたわけじゃないし、自分が通りがかったその一瞬だけかもしれないけれど。だから印象でしかないけれど。

やはり試合に勝つと、そーゆー気持ちになっちゃうよね(笑)





テーマ:ジェフユナイテッド市原・千葉 - ジャンル:スポーツ

連勝!二連勝!大分戦、メディア情報まとめ。
おっしゃぁぁあぁああぁぁ!と叫びまくった二連勝。
その勢いで朝まで飲んでました。もう若くないのに。帰りの電車で眠りこけて寝過ごして、頭クラクラで部屋に帰ってきて、歯を磨いたらもう終了。
フクアリで叫びすぎたのか、お酒に喉が焼けたのか、それとも徹夜で喋りっぱなしだったのか、今でも喉が痛いです。

そうそう!
応援にあわせて手を叩き続けて翌日までジンジンしていた京都戦を反省して!
「反対の打ち方で拍手する」スキルを身につけました。チャララチャッチャチャー♪
いつもは左手に対して右手を打ちつけて拍手するのですが、ずっとやり続けてると左手の平がしびれてくるは、右手の指先が血がたまって?ビリビリするわ。なのでこれを反対側でやれるように練習!
拍手を練習したのさ!
おかげで今日は、手はあまり痛くありません(笑)

勝って勝っての二連勝!
ミラーのすっげーかっこいガッツポーズといっしょに、この勢いで中断期間に突入!
ナビスコ予選をたたき台にしてチームを立て直し、リーグが再開したら逆襲だっ!!!


===<メディア情報まとめ>===
【公式系】
「Jリーグディビジョン1 第13節 vs 大分トリニータ」(ジェフ公式)
「【J1:第13節 千葉 vs 大分】プレビュー:千葉はアレックス・ミラー新監督が初采配。攻守ともに好調な大分のFWウェズレイを抑え、勝点3をもぎ取りたい。」(J's GOAL)
「【J1:第13節 千葉 vs 大分】ハーフタイムコメント」(J's GOAL)
「【J1:第13節 千葉 vs 大分】澤入重雄ヘッドコーチ(千葉)記者会見コメント」(J's GOAL)
「【J1:第13節 千葉 vs 大分】シャムスカ監督(大分)記者会見コメント」(J's GOAL)
「【J1:第13節 千葉 vs 大分】試合終了後の各選手コメント」(J's GOAL)
「試合詳細データ 2008 J1 第13節 千葉 vs 大分」(J's GOAL)
「【J1:第13節 千葉 vs 大分】レポート:FW新居の右サイドでの起用がゴールを生んだ千葉。後半の大分の猛攻を集中力の維持でしのぎ、虎の子の『1点』を守って連勝。」(J's GOAL)
「[ J1:第13節 千葉 vs 大分 ] 試合前イベント」(J's GOAL)
「[ J1:第13節 千葉 vs 大分 ] 得点を決めた谷澤」(J's GOAL)

【メディア系】
「J1 第13節 千葉-大分」(サッカーマガジン 速報Jリーグ)
「ミラー新監督観戦の前で千葉連勝/J1」(ニッカン)
「ゴール割れず、大分3連勝逃す/J1」(ニッカン)
「千葉連勝!ミラー流で1点守り切った」(スポニチ)
「西川好セーブ連発も、天敵には勝てず」(スポニチ)
「監督ベンチ外もミラー千葉白星発進…J1第13節」(報知)
「大分、天敵にまた苦杯…J1第13節」(報知)
「千葉・巻が途中出場、右ひざ未完治も「たぶん大丈夫」」(サンスポ)
「ミラー魔術で連勝!1週間で劇的に変ぼう」(デイリー)
「今季初2連勝」(ちばとぴ)

この前の京都戦初勝利を受けて、ニッカンにこんな記事があったのを今日見つけた。
「千葉の勝因はサポーターの期待感」(ニッカン)

昨日の大分戦も。
1点リードしたまま、時間が過ぎていき・・勝利のタイムアップが近づくにつれてフクアリが唸り、
CKの時の声援、一つ一つの応援がフクアリのスタンドをぐるりと包むようにつながっていき、
勝って、連勝、歓声が爆発した。

去年よりも、その前のシーズンよりも、フクアリが黄色くなってきている。
応援の声も、拍手も、昂ぶりを増してきている。

場が空間を作り、空間が空気を作り、空気が、人を動かしていく。

臨海からフクアリへ。
フクアリのいろんな勝利やいろんな負けも、悔しさもブーイングも歓喜も含めて、
一試合ごとに、Homeになってきているんだと、思った。




テーマ:ジェフユナイテッド市原・千葉 - ジャンル:スポーツ

勝って勝ったの二連勝!大分を完封!!!
うおっしゃああああ!

勝った!
勝ったぞ!
これで二連勝の勢いのままに中断期間に突入!!

先週、京都を下して初勝利。
そして今日、さらに大分を倒して二連勝。

連勝だよ連勝!

谷澤のゴールを守りきっての1-0。
「俺たちジェフ」で二連勝。

これでようやく勝ち点が8。
降格圏脱出まではまだまだだけど、これからだ!

勝ったぞ!
よっしゃぁぁぁあぁあい!!!



テーマ:ジェフユナイテッド市原・千葉 - ジャンル:スポーツ

「俺たちジェフ!」大分戦は重要な試合・・石田ミホコ、レコーディング!withジェフレディース!
いやね、ちょっと想像してみるのです。

今日勝つ、と、今日負ける。
勝ち点の差もあるけれど、雰囲気が大きく異なるハズ。
自分はサッカーなんてやった事はないけれど、それでも肌感覚で理解できる事はある。

流れとして、ここが一つの正念場だった事だ。


勝てば、京都戦初勝利の勢いをさらに加速させ「オレたち、いけるぞ!」と中断期間に臨む事ができる。そして中断明けのFC東京戦から改めて再出発ができる。何より、「連勝」という勢いを掴み取れる。
負ければ、せっかくの京都戦勝利に水を差し、掴み始めた自信も揺らいで改めて積み上げていくしかない。不安や不信を心に残したままで中断期間を過ごし、リーグ再開を待つ事となる。

大きく違うわけだ。
正念場という意味では、「監督交代直後の京都戦、初勝利で連敗脱出」というのも正念場だったし、
「リーグ再開して再出発、降格圏脱出に挑むFC東京戦」という試合も正念場になるだろう。
今日の大分戦は、その二試合(中断期間)をどのように繋ぎ、チームを高めて行くのか、それを左右する正念場なワケだ。

監督交代から始まる、チーム再建の“流れ”において、とてもとても重要な試合。

「【J1:第13節 千葉 vs 大分】プレビュー:千葉はアレックス・ミラー新監督が初采配。攻守ともに好調な大分のFWウェズレイを抑え、勝点3をもぎ取りたい。」(J's GOAL)
「千葉 vs. 大分 見どころ」(Yahoo!)
「巻3戦ぶり復帰…千葉」(報知)

「11日から今日までで成長している」(報知)というミラー発言に期待。
京都戦に続いて斎藤がDMF起用されるのかどうかも期待。
巻は先発に復帰するのか、それとも前節同様にレイナウド&新居なのか。
両サイドは工藤&谷澤なのか、フルゴビッチや馬場に出番はあるのか。

不安も期待も心に浮かんでは入り混じって昂ぶっていく。

がんばれ!



===<ジェフレディースの石田がレコーディング!>===
「石田ミホコ:元「ジュディマリ」TAKUYAがプロデュース 現役サッカー選手が歌手デビュー」(毎日)
「石田ミホコ「音楽もサッカーも頑張る」…公開録音」(報知)
「サッカー選手・石田ミホコが歌手デビュー」(デイリー)
「本日」(一番星 石田ミホコオフィシャルブログ)
「一番星シンガーズ☆」(みっちーGoal★Blog)

メジャー契約し、そのテイチクからデビューシングル「一番星」が発売される事となった石田。
その「一番星」のレコーディングが昨日行われたみたいです!

つか、ジェフレディースのオフィシャルblog(コチラ)見ても思うんだけど。
・・お前ら、仲良しだな!
女子高みたいだな!
なんだか見てて微笑ましいぞ、ちょっと可愛いぞ!

日テレ・メニーナ、武蔵丘短期大学、アーセナル。
そんなサッカー人生を送ってきた石田が、今度は歌手としても大きな一歩。


がんばれ!
ほんっとにがんばれ!

ジェフレディースだけではなく、ある意味では日本の女子サッカー全体への波及効果も見込めるくらいのチャンスなんだ、これは。

がんばれ!!!




テーマ:ジェフユナイテッド市原・千葉 - ジャンル:スポーツ

週末は大分戦 「俺たち!ジェフ!」・・巻、代表選出!リザもレディースもU-18も!
京都戦、試合後に谷澤がサポの前でトラメガを持ち、
叫んだ。

「俺たち!」
「ジェフ!」
「俺たち!」
「ジェフ!」

・・そのワードは、もとは「ジェフ魂12」に彼がゲスト出演した際のひと言から始まったわけだけど。
彼の台詞に答えて、サポがそのメッセージボードを掲げようという動きがあります。

「mixi:「俺たちジェフ!」でフクアリをいっぱいにしよう!」(mixi)
「【緊急告知】 「俺たちジェフ!」でフクアリをいっぱいにしよう!」(Anesaki Clean Project)
「「俺たちジェフ!」でフクアリをいっぱいにしよう!」(Dog's Tail)

ぜひぜひ、ご確認ください。


でもって。
ニコニコ動画に、京都戦初勝利の勢いでジェフサポが作った映像がUPされてます。
大分戦の前に、テンションを上げるにちょーどいいぞ!
「【ジェフ千葉】We've come a long way,baby【2008.05.10】」(ニコニコ動画)



===<J1残留への望みを託す、中断期間>===
今週末には大分戦。これが終わると、リーグはひとまず中断期間。
5月17日の次は6月29日、味スタでのFC東京戦となってしまいます。

とはいえ、約一ヵ月半の中断期間中にはナビスコ予選が予定されていて・・
===
5月25日(日)札幌戦@函館
5月31日(土)柏戦@柏の葉
6月8日(日)川崎戦@フクアリ
===
なので中断期間といっても、試合そのものは続くわけで、全く公式戦のない週っていうのは結局は二週間だけだったりします。

リーグ再開までに、どれだけミラー新監督がチームを自分のものにし、立て直す事ができるか!・・それが残留への鍵なわけだけど、ナビスコ予選三試合と全く試合の無い2週間、これをどのように活用するかが注目というわけだ。
もしかしたら、全く試合のないところでミニキャンプでもやっちゃうかもしれない。
もしかしたら、ナビスコ予選を練習試合扱いにして色々実戦テストしちゃうかもしれない。
それとも「勝ちにいく!」という真剣さのなかでチームの手綱を引き絞っていくだとか、
その間に今後のリーグ戦で戦う他クラブのスカウティングに励むだとか、
・・すべき事やアイデアは、色々と考えられる。
ミラーはこの時間をどのように使うのか。

そしてミラー新監督が実際に試合でベンチ入りするのは、いつからなのか?ってのも気になる。
リーグ再開のFC東京戦はもちろんそうだろうけど、就労ビザがおりるタイミングによってはナビスコ予選三試合中のどこかからベンチに座れるかもしれない。早ければ、ビザの申請から10日でおりたという実例もあるそうだから、最短で5月25日札幌戦からのベンチ入りも考えられるというワケで・・。
  ※ビザが無い現状で、「練習指導はOK、ベンチ入りはNG」という基準はよくわかんない(苦笑)
  ※公式戦(=入場料が発生、故に就労)と練習(=無料、故に不就労)みたいな解釈?


とはいえ。
今週末の大分戦は引き続き澤入ヘッドコーチが采配なのは確定。
スタメンにはミラーの意向が入ると思うが、試合中の選手交代や指示出しは澤入の手腕にかかる。


敵を侮るわけではない。
相手がどれだけ強豪であろうと、下位であろうと、今週末の試合の重要さは変わらない。
先週、ようやく連敗を抜け出してようやく初勝利を掴み取ったんだ。
ここですぐに負けてしまったら、気持ちも挫けて萎えるというもの。
本当に立ち直るために、頭をあげるために、今週末はただ一つ、勝つ事が重要となる。


がんばれ!



===<練習は非公開だったり公開だったり>===
「ミラー新監督、異例非公開練習…千葉」(報知)
「チームスケジュールについて(5月16日)」(ジェフ公式)

昨日の練習は完全非公開。
そして試合前日となる今日は、姉崎で練習。
クゼの頃は、いろんなコメントやら報道やらで試合に臨むスタメン情報がこぼれていた。
しかしミラーの場合は今までとはかなり考え方が違うのだろう。大分戦にむけてどのような戦い方をするのか、ほとんど情報が出てこない。京都戦の澤入コメントでも、「布陣も正直に言わずに惑わすような公表をしたらどうだ?」的な発言があったようだし、練習情報やスタメン情報も試合の臨む準備の一環として扱っているのだろう。

当日のスタメン情報をワクワクして待つ!



===<巻、キリンカップの代表選出!>===
「キリンカップサッカー2008 日本代表メンバー選出について」(ジェフ公式)
「【キリンカップサッカー2008 ~ALL FOR 2010!~】日本代表メンバーを発表(08.05.15)」(JFA)

キリンカップに挑む日本代表に選ばれた巻。
おめでとー!

・・と、言いつつも。
頼むから無事で帰ってきてくれと。
いやもう、ほんとに、ほんとにほんとに、そればかりを願います。

本音ではさー。
このドン底で監督が変わって、ようやく初勝利したんだから・・。
少しでも長く新監督の下での練習に参加して、新しいチーム作りにがんばってほしかったりする。
うー・・。




===<日曜日には、リザとレディースがダブルヘッダー!>===
「JFL前期第12節vsカターレ富山 およびプレナス なでしこリーグ ディビジョン2 第6節vsスペランツァF.C.高槻 について」(ジェフ公式)

五連敗と苦しんでいるリザは、カターレ富山と。
五連勝と昇格に突き進むレディースは、FC高槻と。
どちらも同じ臨海でのダブルヘッダーが予定されてます。

これ以上負けられないリザ。
昇格に向け、直接のライバルには絶対負けられないレディース。

どちらもがんばれ!



===<U-18は、関東プリンスリーグ最終戦!>===
「ジェフユナイテッド市原・千葉U-18 vs 成立学園高校」(関東プリンスリーグ公式)
「■JFAプリンスリーグU-18関東2008」(ジェフ公式)

そして。
リザやレディースに先立って、最後の最後の正念場。
関東プリンスリーグDiv.1への昇格がかかった決戦を、ジェフU-18が戦います。

敵は成立学園高校。

同じ勝ち点で、ジェフU-18と矢板中央高校/鹿島学園高校が並んでいる。
その差をわけるのは、得失点差のみであり、しかもわずか1点しかない。
ここからDiv.1に昇格するには・・ただ、もう、ジェフU-18は勝つ他は無く。
しかも勝つだけじゃなくて、可能なら一つでも多くのゴールを奪っての勝利をつかみたい。

グループB、1位となればDiv.1昇格。
2位となれば、グループAの2位と戦い、勝ったほうが昇格。
3位であれば、プリンスリーグに残留できるも、来年もDiv.2を戦う事となる。


こうなったら、昇格したいじゃないか!

がんばれ!!!



===<補強の噂に、李東国!>===
「千葉、得点力アップへ“プレミア補強”」(ニッカン)

彼に5クラブがオファー・・だとか。
つい先日は、京都が彼にオファー・・だとか。

なんだか代理人が、お金釣り上げを狙って動いてるのかなー、なんて邪推(苦笑)




テーマ:ジェフユナイテッド市原・千葉 - ジャンル:スポーツ

新監督就任への昼田GMコメント・・ジェフニュース諸々
いやはや、今朝はジェフネタがおちつてるなぁ・・とお茶を一服。

そーいえば。
この前、京都行った時に銀閣寺近くの「よーじやカフェ」で抹茶をいただいたのですが、そこに来ていた外国人のカップル。やたらと男の方が庭園を気に入って写真を撮りまくり。
それをぼんやりと見ているうちに、ふと、なんでか、マイクロソフトの昔のXbox広告・・「世界各地のリビングに。」・・を思い出してしまいました。
アメリカにカナダ、オーストラリア・・、あっちの国の人には、日本の庭園は箱庭なんかなぁ・・と。
   チクショー!どーせオレら日本人の家や部屋は狭いよ!小さいよ!おめーらの土地がデカイんだよ!
   なんだよ、こんな広告打って、あれか?MSは日本にケンカ売ってんのか!?
   こんな広告でXboxを売ろうって、どーゆーセンスなんだ!?
   ・・なーんて、当時は笑ってました(笑)



いやまぁ、こんなダラダラ事を書いてしまってますが、
大騒ぎするようなワケじゃないが、かえってかみ締めるようなネタが一つ。

ジェフの公式HPに、昼田GMのコメントが掲載されています。
「5/10 昼田チーム統括本部長による新監督就任についてのご報告について」(ジェフ公式)

内容は、先日の京都戦で、試合前に昼田GMがサポに話したもの。
今までのジェフでは考えられなかった事です。
ジェフの現状と監督交代。それをGMが直接にサポと顔をあわせてコメントし、さらに、後日とはいえ公式HPに掲載。その場にいなかったサポをフォローすると同時に、形として残す。
監督人事が本当にこれでよかったのかだとか、コメントの内容がどーだとか、
重要なのはそういうところじゃなくて。
フロント・・昼田GMが、現状を踏まえてサポに顔を向けてくれた事。
この件において一番重要なのは、その点なんだろうなって思います。

「最後には必ず笑って皆さんの前に立ちたいと思います。ただこの状況では、本当に私だけの力でも、選手たちだけの力でも、監督だけの力でも打破できません。皆さんの本当に熱いご声援をよろしくお願いしたいという思いをみなさまにお伝えするために、きょうこの場に立たせていただきました。よろしくお願いいたします。」

そう言われたら、どれだけ苦しい試合が続こうとも、応援するしかないじゃないか!!!



===<オフの後は完全非公開>===
「チームスケジュールについて(5月15日)」(ジェフ公式)

オフ返上で練習!練習!と言ったかと思えば、昨日は唐突の練習お休み。
で、その翌日には練習再開、ただし完全非公開。
場所も時間も公表せず!

でもさ!
「見ちゃダメッ」と言われると見に行きたくなるよね!
でもさ!
練習って基本は姉崎だけど、稲毛だったり秋津だったりもするよね。それが不幸中の幸いというかなんというか、「場所も時間も教えナイ」だったら、どこに行ったらいいかわかんないよね!

ジェフ長年の課題とされている練習場問題。
それがこんな風に、(練習を公開したくないミラーにとって)役に立つとは・・。



===<ス・ウ・ツ!ス・ウ・ツ!ス・ウ・ツ!>===
「ATLETA STILE 新規オフィシャルサプライヤー決定のお知らせ」(ジェフ公式)
「ATLETA STILE」(公式)
「コニーシステム」(公式)
「コニーシステム 社長ブログ」(公式)

巻が訴えていたクラブ公式のスーツ。それがいよいよ発表となりました!!!
先方の社長blogによれば、4月頭にはもう諸々の打ち合わせをしていた模様です。
「ジェフユナイテッド市原」(社長ブログ)

※コメントで指摘をいただき、自分の認識に大きな間違いがありましたので、
 以下、大幅修正いたしました。
 申し訳ございません。


そしてジェフと同様にこちらのスーツを採用した湘南は、スーツが既に出来上がっていたらしく、さっそく選手が身につけて発表会を行った模様です!
「2008年05月11日 株式会社コニーシステム スーツサプライヤー決定のお知らせ」(湘南公式)
「湘南ベルマーレスーツ発表会」(社長ブログ)
「湘南ベルマーレ」(社長ブログ)

ジェフの方はというと、つい先日、5月7日付けの社長ブログによれば選手の採寸を行ったばかり。
「連休」(社長ブログ)

という事は、今頃、コニーシステムの方々が頑張ってスーツを作っている頃でしょう。
色はどうなんだろう。ストライプとかはいってるのかな。
さすがに夏用/冬用はあるよなーとか、ちょっと想像。

でもって、やはり湘南に倣ってジェフもぜひぜひ選手着用発表会を期待!
言い出しっぺの巻と下村がモデル確定。
あとは馬場だとか青木良とか青木孝に米倉、彼らをモデル候補でどーよ!?
ぜひ!


※コメントでご指摘いただくまで、5月7日の社長ブログに気づいておりませんでした。
 修正以前に読まれた方、コニーシステム様/ジェフ広報様、申し訳ございませんでした。





===<巻シート、坂本シート>===
「巻シート について」(ジェフ公式)
「坂本シート について」(ジェフ公式)

フリースクールや、児童養護施設や特殊支援学校を、彼らの厚意でフクアリに招待するとの事。こういう一つ一つがゆっくりでも重なっていけば、それが地域密着になるんだろうなぁ・・なんて思います。

だけど。
ただ実施するだけだと、招待された人/した人、その他関係者。それくらいの範囲にしか、伝わらず、広がりません。
それだけだとやはりもったいない。

こういう事をもっともっと、行政/民間/業界ふくめアピールしていってほしい。
巻や坂本の、せっかくの厚意や、その招待という機会にフクアリに来てくれた人・・彼らの気持ちは、今はまだ「芽」でしかないわけで。
これを育てていく力の一つは、ジェフの広報なんだから。
最近はどんどんといい方向に変わってきているんだから。
ジェフ広報も、ぜひぜひがんばってほしい。



===<オシム、ほんとにほんとに、体には気をつけて・・>===
「オシム前監督「指導者の指導者」に」(報知)

オシムが日本のサッカー指導者にアドバイスする。
そんな役職を、日本サッカー協会が提案しているようです。

ほんとに・・ほんとに。
体には気をつけてほしいな、と。




テーマ:ジェフユナイテッド市原・千葉 - ジャンル:スポーツ

京都戦の斎藤を見て、思った事。・・本日の練習はお休み! 石田がTV出演!
昨日のオーウェン騒ぎは、おもしろかった(笑)
いやもう、久々に大喜びで情報に食いつきました!
つっても、このネタを記事にしたのはニッカンだけだったり。で、そのニッカンを受けてイギリスでもこんな感じに報道されたけれども。
大きいネタは話題になるなぁ・・♪
で、今日になってもまだニッカンは、追いかけ情報を出してます。昼田GMのコメント付き。
「千葉条件厳しくてもオーウェン獲り前向き」(ニッカン)

まぁ、こーゆーネタはひと騒ぎしたら、ぱっと終息して、「さあ次のネタ!」といくのが一番でしょう。
にしても久々に舞い上がるようなネタだったなぁ・・♪


つー事で、先日の京都戦で見た斎藤の事を、次の大分戦までに改めて思い返してみる。
斎藤が中盤に配されたことによるメリットは二つ。
 1:守備力
 2:素早い展開


【1:守備力】
中盤でのハイボールの競り合い。斎藤がこれを、潰す!跳ね返す!だってオレ本職はCBだもん!
そんな姿を見て、こういう「中盤での守備の強さ」が最近のジェフに欠けていたと、実感。
でもって、敵のボール回しにプレッシャーをかけミスを誘い、敵の隙を突いてはパスカット。
これも久々に見た気がした。

【2:素早い展開】
サポの不安どおり斎藤の足元はそんなに上手じゃないが、それはきっと本人が一番自覚しており。
だから斎藤は、ボールをもったら自分でなんとかしようとせず、すぐに誰かにボールをまわした。それを受けて工藤や谷澤や、新居にレイナウドが走り回った。
それがジェフのリズムになっていたと思う。

つまり、
中盤に頼れる守備の砦ができた事で、他の選手達が守備の負担も軽く、走りまわる事ができ、
中盤からリズムよくボールが出る事で攻撃陣が速く動き続ける事ができたわけで。

つまり、
ジェフが走るためには、「中盤高めからの積極的な守備」「チーム全体の素早いボール回し」が必要なんだなー・・と。

そして昔は、それの多くの部分を一人の選手に頼っていたんだなと、改めてその「穴」を思った。
悔しいし、残念だけど、
言いたくない事だから、ずっと言わなかったけれど、
阿部の移籍による穴は、今でも、ジェフにとって大穴のままなんだな、と、
斎藤を見て、思った。

じゃあ、斎藤をDMFで起用すればその穴が埋まるのか?っていうとそーゆー事じゃなくて、
京都戦における斎藤の活躍を見て、阿部移籍の大穴を実感した・・そんな話。



===<今日はお休み!>===
「チームスケジュールについて(5月14日)」(ジェフ公式)
「千葉ミラー監督無休一転、完全休養与える」(ニッカン)
「ミラー監督「休むことも必要」無休一転オフに…千葉」(報知)

休みナシ!
最下位なんだから練習!
走れ走れ!
ミラー監督が来日したとたんにキッチリミッチリの二部練習。

それも今日はひと段落で、どうやら今日はオフのようです。

心境の変化か選手のコンディションへの配慮か、それとも見るべきものは有る程度見たのか、もしくは練習以上に必要な何か(情報収集や環境整理)をすべきと判断したのか。
何にせよ、一度ぎゅうっ!と手綱を絞って選手達の心が引き締まったところ、ふっと力を抜いて。
こういう緩急は考えての事なんだろうな、と。

チームという生き物をどのようにマネジメントしていくのが、その流儀も楽しみです。
  それに今日は天候も悪いし、オフでちょうどいい?(笑)

「千葉岡本が完全オフに早大リポート完成」(ニッカン)
岡本も、レポートがんばれー!



===<ジェフレディースの石田が「すぽると!」出演!>===
「告知です!」(一番星 石田ミホコオフィシャルブログ)
「<女サカ>石田ミホコすぽるとに出る。」(女サカ 3-4-3)

今日!
今日の「すぽると!」にレディースの石田が出演! 内容は女性アスリート特集との事。
サッカーはもちろん、音楽活動の様子(ライブ?)も収録との事です。

今日だよ今日!
見れる人はぜひ!

あと、ライブに向けた石田インタビューがこちらに!
「ピッチの上。ステージの上。」(女サカ.net)
「ピッチの上。ステージの上。 石田ミホコ ライヴ直前独占インタビュー」(女サカ.net)



===<グルノーブルとか水野とか>===
「日本人頭脳で!グルノーブル1部昇格」(スポニチ)
「伊藤のグルノーブル45年ぶり1部へ…フランス、リーグ・アン」(報知)
「伊藤翔、残留宣言!グルノーブル1部昇格」(報知)
「伊藤翔所属・グルノーブルが45年ぶり仏リーグ1部昇格」(サンスポ)
「セルティック下部V7 水野も活躍」(スポニチ)
「水野、リザーブリーグ7連覇に貢献」(報知)
「セルティック・水野がリザーブLフル出場で7連覇に導く」(サンスポ)

祖母井さんがGMをつとめるグルノーブルが、見事、フランス1部リーグに昇格!
祖母井さん、おめでとうございます!!!

でもって獲得を狙う?という報道がちらっとあった伊藤翔。
本人はクラブの昇格にあわせて自身もフランス1部に挑戦したい!という希望のようで、どうやらジェフに来ることは無さそうです。

そして海外に挑戦したジェフ関係者、もう一人。
水野がリザーブリーグでフル出場し、セルティック・パークでプレイ。2アシストで勝利に貢献したとの事。この前はFKで得点を決めてたし。

どっちもがんばれ!!!




テーマ:ジェフユナイテッド市原・千葉 - ジャンル:スポーツ

ジェフが、ぷぷぷ、プレミアからマイケル・オーウェン獲得!?!?
なんじゃそりゃぁああぁぁぁぁぁあ!!!
「千葉が今夏FWオーウェン獲得か」(ニッカン)

いやね、ホントはね、京都戦の「斎藤を中盤起用」って点だけは、きちんと振り返っておくべきだよなー・・などと思うわけです。
だって、あれ、凄かったじゃんか!
アレはここ最近のジェフに足りなかった何かを(一時的なものとはいえ)埋めたワケだし、それによって、足りなかった何かがなんだったのかを考えるよすがになるんじゃないかなー・・なんてね、そーゆー風にね、思ってたりするわけで。なので、「勝った♪勝った♪」と喜ぶだけで、あれを振り返らないのはモッタイナイと思うわけですよ。

そーなんだけど!
ミラー新監督関連ニュースだとか、こんなワケワカラン話だとかで、振り返る余裕がありませんっ!!!
こんなニュースが出てきたら、とりあえず、踊らなきゃ損じゃないか!!!
  ァァだめ、今日の朝イチのニュースでテンションがおかしくなってる・・。

つー事で。
改めて。

な、な、な、なんじゃこりゃぁぁぁああああああああ!!!
「千葉が今夏FWオーウェン獲得か」(ニッカン)

マイケル・オーウェン(wiki)
リバプールの象徴であり裏切り者であり、今でもジェラードは彼とのプレイを恋焦がれており。
レアルに移籍も一年で退団、しかしリバプールではなくニューカッスルでのプレミア復帰。
しかし中足骨の骨折や、W杯スウェーデン戦開始1分での右膝十字靭帯断裂、さらには股関節痛だの太腿肉離れなど相次ぐ怪我でに見舞われているが、しかしその実力には疑いの余地はなく。
最近は、ニューカッスルで3トップのちょい下がり目でプレイして新境地開拓?とか。

とんでもないスピード。
右足の決定力。

そんな、世界的なフットボーラーに、ジェフが、このジェフが・・獲得のオファーだって!?


どんなネタだよ!?
来たらビックリだよ!
JR様がお金つんで、いっぱいつんで、向こうの言い値を払ったって来るワケねー!
マンチェスター・ユナイテッドが欲しがってるって話もあるし(コチラ)
それに、そもそも彼が一人来たからって、誰がパス出すんだよ。
だったら、オーウェン違いでオーウェン・ハーグリーヴスの方がずっとずっと来てほしいけど、どっちにしたって来るワケねー、だとか。同じFWだったら同じニューカッスルのマーク・ヴィドゥカの方が、Jリーグやジェフにマッチするんじゃね?とか思ってしまうだとか。同じニューカッスルのオバフェミ・マルティンスだったら、たった一人でJリーグ全クラブを蹂躙しちゃうかも!?だとか・・とかとか。
とかとか・・!!!

妄想だってわかっちゃいるけど、止まりません。
ノンストップ いりゅーじょーーーーーーーん!
エヴァンゲリオンだったら頭の中でハレルヤ♪が鳴り響いてますよ!

本当に獲得するのかしないのか、できるのかどうとか、そんな事は置いといて。
今はとりあえず踊っとけ!!!


さて本当は、オーウェン獲得そのものよりも。
JR東日本様がジェフにお力を貸していただけるって事!? ちょっと本気(経常利益:3,365億円)だしてみたって事!?
それってやっぱり社長交代も影響アリ!?
なんて、そっちの方が気になったりします。

実際に獲得できるかどうかよりも、これだけ残留に本気なんだと、従来の体質を変えるんだと、そういう姿勢表示という意味の方が注目だよなぁ・・とも。

そして、長年の課題である、練習場だとかクラブハウスだとか、特に練習場だとか。
そっちの設備投資も、強く強く希望・・。



===<ミラーは練習非公開を望む>===
「新生千葉、練習もプレミア流で」(ニッカン)
「ミラー監督“腰抜かした”日本の練習公開制」(スポニチ)
「千葉、ミラー監督のカーテン!」(報知)
「千葉・ミラー新監督、情報統制を徹底!J1残留へ箝口令も」(サンスポ)

来日後、さっそくチームの練習を指揮しているミラー。
彼は、「練習見学、基本自由!」という習慣にちょっととまどっているようです。
とまどいって言えばいいのか、ギャップを感じていると言えばいいのか。

もちろん「敵に勝つために合理的に全てを尽くす」などと考えると、練習の光景は立派な作戦情報なのだから、それを敵に隠すのは正しいかもしれない。
一方で「本場の練習を学ぼうと小中学などの指導者から見学の問い合わせ」(報知)という事を考えると、ある程度は公開/見学してもいいよなー・・とか思う。

これは絶対的に「コレが正しい!」というよりも、
指揮官やフロントが「オレはこうする!」という、姿勢の問題な気がする。

現状、J2降格まで待ったナシのジェフ。
そこをなんとかするために、急遽招聘した希望の星・・ミラー新監督。
ならば、その新監督がベストを尽くせるのが一番。

昼田GMも利渉広報課長も、何かしら対応を考えるみたいです。





テーマ:ジェフユナイテッド市原・千葉 - ジャンル:スポーツ

ミラー監督始動!ジェラードもトーレスも獲得しちゃる!・・リザは連敗、レディースは連勝!
ジェラードでもトーレスでもキャラガーでも、リバプールからミラーが連れてくるぞ!
ああ、こっちは大喜びさっ!
ジェフの中盤にジェラードが君臨して、でもって最前線にはフェルナンド・トーレスがいて!
そうすれば、ほら、J1残留も見えてくるってもんじゃないか!
ああ、楽しみだ。
ええ、楽しみだ。
欧州路線、特に東欧/中欧に縁が深かったジェフだけど、これからはプレミア路線だ!!!

・・。
・・・・・。
って、だってー!
講談社のサッカーサイト「ゲキサカ」の中で、ミラーが自分でそう言ってるんだもんーーーーーー!


もちろん本人も冗談で言ってるんですけどね(笑)
  プレミアから獲得・・は冗談だとしても、リザやU-18も見て、そこから引き上げるかも・・というコメントは嬉しい♪


で、そのミラー新監督。
来日早々/リーグ戦翌日からの練習開始。
しかも今日は、予定されていた休日返上して二部練習!
「千葉・ミラー新監督いきなり休日返上!」(スポニチ)
「千葉26日間休めない!ミラー新監督が非情指令」(報知)
「千葉・ミラー新監督が鬼指令…12日のオフはく奪で2部練習」(サンスポ)
「「大きなチャレンジ」ミラー新監督が会見」(ちばとぴ)

本人曰く、
「今一番下にいるし、リーグ戦の順位を上げていかないといけない」(サンスポ)
「今まで休まなかったのは私の計画と関係ない」(報知)
という事で、練習して当然という感じ。
選手達にとっては、GW連戦の前より続く「オフ無し生活」が今週も続くようです。

確かにミラーからしてみれば、来日直後で選手の顔と名前も一致しない。準備期間なんて全然無い。
最大のタスクであるJ1残留に向けて一戦も無駄にはできないのだから、今週末の大分戦も当然ガチ勝負。「休む余裕なんてあるワケない!」・・そんなところでしょう。

記事に出ているミラーのコメントをまとめてみる。
「もっと動け」
「ボールを早く回せ、パスを速く」
「もっと走らなきゃ」

さあ、次の大分戦まで一週間。
限られた時間だからこそ、当然、できる事が限られているからこそ。
チームがどのように変化するのか、そこが楽しみとなる!



===<リザは破れて5連敗、レディースは5連勝!>===
「第10回日本フットボールリーグ前期第11節 ゲーム詳報」(ジェフ公式)
「JFL公式」
「プレナスなでしこリーグ2008ディビジョン2結果」(ジェフ公式)
「なでしこ公式」

苦戦が続くリザーブズは、HondaFCに破れ・・5連敗。
3点を奪われ、後半から熊谷に代わって登場したU-18の村上が1点を返すのが精一杯。
苦しい試合が続く。
しかし、交代出場した三人がみなU-18というのは、興味深い。

L1昇格に向けて、現在無敗で連勝をつづけるジェフレディースは、いよいよライバル達との直接対決となり。まずはAS狭山と対戦。
金野、それに清水の2得点で、3-1と勝利!
これで5連勝です!
・・しかし浮かれている状況ではなく。
リーグ上位陣とはまだ戦っていないわけで、それはまさにこれから。
大原学園とFC高槻はジェフレディースと同じく無敗を続ける。
これから、これから!



===<ジェフユース出身の八角がJ2デビュー!>===
「横浜FC新人八角が合格点デビュー/J2」(ニッカン)
「11人の来季の新加入選手」(コマスポ)
「八角剛史、横浜FC入団内定!」(コマスポ)

ユースから駒沢大学に進み、そして卒業した今季から横浜FCに加入。
元ジェフユースキャプテンの八角が、昨日の愛媛戦でJ2デビューした模様です!

まだまだ1試合に出たというだけだけど。

がんばれ!
レギュラーをつかめるように、がんばれ!




テーマ:ジェフユナイテッド市原・千葉 - ジャンル:スポーツ

京都戦から一夜が明け、メディア情報まとめ・・ミラー来日!レディースユニ販売!
昨日はもう、スタジアムの熱気にあてられたんだと思います。
手を叩きまくりの、叫びまくりだったらしく。
試合翌日の今でも、両の手のひらがジンジン痛いってどーなのよ、と。
喉も痛いけどな。
でもその痛みのせいで、昨日を必然思い出し、シミジミと勝ったんだなーって思ったりもする。

試合に勝った後、座ってられずに立って叫びまくってたら、オレがよほどに叫んでいたらしい。
前の席のおばちゃんがふりかえって、目があってしまった。
ついつい「うるさくてすみません」なんてペコリとしたら、「勝ったからうれしいですよねぇー」ってニコニコ。

うん。
嬉しいぞ!
初勝利なんだから嬉しくてしょうがない!!!


===<メディア情報まとめ>===
【公式系】
「Jリーグディビジョン1第12節 ゲーム詳報」(ジェフ公式)
「【J1:第12節 千葉 vs 京都】プレビュー:監督交代で再スタートを切った千葉。澤入ヘッドコーチの指揮で、新戦力が活躍する京都を相手にリーグ戦初勝利を狙う。」(J's GOAL)
「【J1:第12節 千葉 vs 京都】ハーフタイムコメント」(J's GOAL)
「【J1:第12節 千葉 vs 京都】澤入重雄ヘッドコーチ(千葉)記者会見コメント」(J's GOAL)
「【J1:第12節 千葉 vs 京都】加藤久監督(京都)記者会見コメント」(J's GOAL)
「【J1:第12節 千葉 vs 京都】試合終了後の各選手コメント」(J's GOAL)
「試合詳細データ 2008 J1 第12節 千葉 vs 京都」(J's GOAL)
「【J1:第12節 千葉 vs 京都】レポート:攻守に気迫を見せた千葉が、生え抜きの工藤のゴールでリーグ戦初勝利。京都は単調な攻撃が自滅を招く。」(J's GOAL)
「[ J1:第12節 千葉 vs 京都 ] 工藤のガッツポーズ」(J's GOAL)
「[ J1:第12節 千葉 vs 京都 ] WINならぬWON」(J's GOAL)
「[ J1:第12節 千葉 vs 京都 ] キャプテンマーク」(J's GOAL)

【メディア系】
「新生千葉リバプール方式で白星発進/J1」(ニッカン)
「千葉工藤「自由にやれ」で殊勲弾/J1」(ニッカン)
「工藤 千金弾!新生千葉が今季初勝利」(スポニチ)
「吉と出た荒療治…千葉7カ月ぶり勝った」(スポニチ)
「「一丸の勝利」ミラー新監督も評価」(スポニチ)
「京都見せ場なし…また連敗ストッパー」(スポニチ)
「千葉やっと今季初勝利…J1第12節」(報知)
「217日ぶり千葉やっと勝った!ズバリ沢入采配…J1第12節」(報知)
「「いい試合だった」…千葉 ミラー新監督に聞く」(報知)
「千葉、や~っと勝った!!ミラー新監督の前で初笑い」(サンスポ)
「千葉7カ月ぶり勝った 勝利呼んだミラー新監督」(トーチュー)
「千葉“新監督効果”で連敗脱出」(デイリー)
「今季リーグ初勝利」(ちばとぴ)
「不覚サンガ 千葉に初白星献上」(京都新聞)

昨日、最後の10分間。
フクアリ全体が熱をもって、唸るように、勝利を願っていた。
ナビスコの優勝の時よりも、去年の甲府戦の時よりも、勝つ事だけを祈っていた。

あの応援が、少しでも選手に伝わって、少しでも選手のがんばりを後押しできたのだとすれば、
スタジアムにいた一人として、こんな嬉しいことはない。



===<ミラー新監督、来たっ!>===
「アレックス・ミラー新監督来日会見」(ジェフ公式)
「千葉のミラー新監督「1試合1試合勝つ」」(スポニチ)
「「一丸の勝利」ミラー新監督も評価」(スポニチ)
「千葉・ミラー新監督が会見「1試合1試合勝つ」」(報知)
「「いい試合だった」…千葉 ミラー新監督に聞く」(報知)
「[ J1:第12節 千葉 vs 京都 ] サポの前に立つミラー新監督」(J's GOAL)

試合当日に成田着のフライトでイギリスから日本にやってきたミラー監督。
早速その足で、試合の一時間前にはフクアリに到着。ウォーミングアップから選手達の様子を観察してみたり、試合前のロッカールームを訪れて挨拶してみたり、サポの前に登場してみたり。試合も自分の目でピッチを見るだけでなく、スカパーのモニターを見て違う角度orアップでどうなのかを見てみたり・・早速、監督として動き始めているようです。

実際に試合の指揮をとるのは中断期間明けの6月29日FC東京戦から。
しかし、
試合翌日の今日、5月11日よりチームに合流し、練習を指導するとの事です。

過去の映像なんかも見るだろうし、京都戦という実戦もその目で見た。
でもって日々の練習の中で、選手達の動きをさらに確認して。
その上で、ミラーはどのようなチームを作ろうというのだろう。

「どんなチーム」になっていくのか興味深い。
攻撃的/守備的は、あまり問わない。
できれば、そりゃ、攻撃的で見ていて楽しいサッカーの方が嬉しいけれど。
でもどんなサッカーであったとしても、オレはサッカースタイルを応援しているんじゃなくてジェフを応援しているのだから、最終的にはどーでもよかったりする(笑)
ただ、願わくば・・運動量の豊富な、いっぱい走るサッカーであってほしい。

ところでさ。
「うまい選手とそうでない選手がいた~」(スポニチ)だって。
それが誰を指しているのかは置いといて、この人、はっきり言うなぁ・・(苦笑)



===<リザとレディースも!>===
「ジェフリザーブズ」(ジェフ公式)
「ジェフレディース」(ジェフ公式)
「ジェフレディースレプリカユニフォームの予約販売について」(ジェフ公式)
「レディース 石田美穂子選手 CDデビューについて」(ジェフ公式)
「レディースユニフォーム販売★」(みっちーGoal★Blog)
「ユニホーム販売!!」(一番星 石田ミホコオフィシャルブログ)

四連敗と苦しんでいるリザは、今日はHondaFC戦!
そしてレディースは、いよいよ昇格を争うライバル達との直接対決がはじまる。
今日はAS狭山戦、次節はFC高槻でその次が福岡、最後に強敵大原学園。上位との連戦。
昨日のトップに続き、リザもレディースもがんばれ!

また、ジェフ公式には、レディースのユニフォームが販売される!というニュース。
レディースの石田選手、彼女のデビューシングルが発売!というニュース。
この二つのニュースもあがってます。

レディースの両エース、清水/石田、両選手の個人blogでも「自分達のユニが出ますよ!」とこれまた嬉しそうにエントリーUP。
やはり選手としちゃ嬉しいよな、こーゆーのってなー、なんて思います。
レディースの試合は、去年の入れ替え戦しかまだ行ったことのない自分ですが、このユニフォームは買おうかしら? ららら?
・・買っても、さすがに着るには胸の「PJ」が恥ずかしいけどなっ(苦笑)
そこはそれ、お布施って事で♪



テーマ:ジェフユナイテッド市原・千葉 - ジャンル:スポーツ

勝った、ようやくようやくの初勝利!!!
勝った!
抜け出したレイナウドのシュートがポストに弾かれたところを工藤が押し込み、ゴール。
これが決勝点となり、1-0。

長かった。
ずっと勝てなかったけど、ようやく、ようやくの初勝利!!!
中盤に斎藤を配する奇手は、試合前の不安なんか無意味なように機能し、京都の中盤を力でねじ伏せていた。
谷澤も新居も攻守に必死に駆け回っていた。
下村は田原と競り合い、顔を蹴られながらも90分間奮闘し、
立石/池田/青木良/坂本/ボスナー、彼ら守備陣も敵を無失点に押さえ込んだ。

勝てた。
ようやく勝った。

そりゃもちろん、まだまだこれからだけど、
でも、ここから一つ一つ這い上がれ。

なんとしてもJ1残留を掴み取れ!!!




テーマ:ジェフユナイテッド市原・千葉 - ジャンル:スポーツ

新体制の初戦は、斉藤DMF起用というサプライズから!?
監督とヘッドコーチが変わり、新体制となって今日が初戦。
初戦といっても準備期間がまともにあったわけじゃない。

 6日:浦和に惨敗。
 7日:クゼ、正式に監督解任。
 8日:ミラー/沢入、就任(内定)発表。初練習。
 9日:練習二日目。
 10日:初戦。

結局、2日しかまともに稼動していない。
って事は、新しい戦術だの意識付けだの目標設定だの連携だの、そんなものは今季今までのものをベースに戦う他はないわけで。
選手のポテンシャルを見極め、チームとしての最適解を見出し、それに向けて諸々(選手の意識だったり連携だったり)を収斂させていく・・そんなチーム作りに必要な時間は、今のジェフ/沢入ヘッドコーチには一切与えられていない。
だからこのニュースは、驚きでもあるし、興味深いとも言えるし、でもって本音では、不安。

「千葉選手も驚きリバプール型4-4-2」(ニッカン)
「千葉・沢入ヘッド“オレ流”で初勝利を」(スポニチ)
「「堅守速攻」リバプールスタイルで千葉1勝だ」(報知)
「千葉・沢入HC代行指揮 今季リーグ初勝利へ“荒療治”」(サンスポ)

【驚き】
だってさ! 斉藤がDMFだなんて、今まで一度も無いよね!? 無いったら無いよね!?
以前、アマルが水本をDMF起用した事を思い出すけど、あの時は敵のキープレイヤーを潰すために水本をそのマーク専従にさせ、そのための位置取りとしてDMFに配した・・という印象。しかし今回は、「堅守速攻」「4-4-2」というキーワードから推測するに、先の例とは随分違う意図だろう。
それはきっと、「中盤に守備の拠点」を作るというもの。
おそらく下村/斉藤の二人で、中盤から敵にアタックさせ、ボール奪取を狙い、すぐに展開。
そういう意図なんだろうけれど・・。
であれば、攻撃面での局面打開だとか個人技を求めるのではないのだろうけど。
・・中島/伊藤/米倉/工藤を差し置き、あえて斉藤をDMFに起用するというのは、驚く他はない。

【興味】
では、なんで斉藤を、あえてあえて、DMF起用なのか、という点。
さすがの斉藤も、読みは衰えずとも走る速さやスタミナ面ではさすがに不安がある。それは年齢を考えれば容易に想像がつくというか、当然のように懸念しなければいけない要素なハズ。
でもって、4-4-2の中盤であれば、守備専従とあまり開き直るわけにもいかず、たとえ守備優先だとしてもボールの展開やキープやスペースのカバーリングが求められる。
その役目を、あえて斉藤に振った。
斉藤の総合ポテンシャルにそれだけの期待をしているのか。
それとも目をつぶる部分がありつつも、それ以上に彼の守備能力に期待をしての起用なのか。
「あえての、斉藤DMF起用」というその意図が、興味深い。

【不安】
でもって、興味深さよりも心配や不安の方が大きいのも確か。
試合中のポジションチェンジや局面の変化によって、一時的に・・というのならともかく、本来の布陣として斉藤がDMFに配されたことは見たことも聞いたことも無い。
・・正直、斉藤って敵にプレッシャーかけられると足元に不安があるよね、だとか。
スピードで振り切られること多いよね、だったら下村や他の中盤と連携を密にしないといけないけど、この短時間で連携の練習は間に合うの?だとか。
連敗が続いた挙句の体制変更、その初戦でいきなりの、奇手。それってどーよ?だとか。
不安の方が大きい。
ずっと大きい。
でも不安が大きければ大きいほど、良い方向に裏切られた時の喜びもまた大きいってものだ(笑)


もちろん、報道されたような「斉藤DMF起用」が、本当にそのとおりになるとは限らない。
だけど、この状況下で完全なテストや遊びとして、紅白戦でそういう布陣をするとも思いづらい。

どうなるかわからないけど、どういう道筋をたどるのであれ、
それが、ジェフの初勝利に続くものである事を願う。

がんばれ!



===<巻の負傷はまだ長引くか>===
「千葉・巻、負傷癒えず京都戦も欠場」(報知)

先日の柏戦で強行出場するも、途中交代となった巻。
やはり代表合宿で負った怪我は決して軽いものではなく、現状、本人にプレイしたい気持ちはあってもメディカルスタッフからはNGが出されたようです。

今季は去年よりもずっとコンディションがよく、
しかし未勝利という惨状が続き、
挙句、クゼが解任となり、新しい体制となった。

おそらく巻としては、身悶えるほど、焦れったい気持ちなんじゃないかな・・と想像します。

だけど。
もうこうなったならば、腹を括って休んでくれ、と。
そしてミラー着任後、きっちりとしたコンディションで彼の新しいチーム作りに臨んでくれ。

そう願います。



===<ジェフ、変わった?変わったって思っていい?>===
「ファン・サポーターのみなさんへ 昼田チーム統括本部長より新監督就任についての報告会」(ジェフ公式)

えーと、これって、どこの話ですか? どこか別の他のクラブの話なんですよね?
でもって「そーだよなー、ウチもそうするのが筋だよなー」って、そーゆー事じゃなくて?

いや、その。
「監督交代について、ぜひ、フロントはきちんと筋を通して欲しい」という希望はありました。
でも筋を通すも通さないも、成績を見れば監督交代という決断に至った理由は明らかであって。
そして今までのジェフフロントの対応を思い返せば、
説明とか報告なんて、何もするわけネー、と、思ってました。

しかし。
あえて、昼田GMは、試合前にサポの前に現れ、チームの強化責任者として説明をする、との事。
これは、とても大きい事だと思うし、
オレはとてもとても嬉しく思います。
こういう事が、信頼となり、信用となり、そして絆となって一つ一つ積み重なっていく。

そういうものだと思います。




テーマ:ジェフユナイテッド市原・千葉 - ジャンル:スポーツ

ミラー&沢入新体制、始動!・・クゼのインタビューと、補強話も!?
未勝利という泥沼であえぐジェフは、ついに監督の交代を決断。
となれば、新体制への移行は早ければ早いほど、スムーズであればあるほどいいわけで。
新監督のミラーは明日5月10日に来日という事ですが、彼の来日に先立ち、沢入新ヘッドコーチの指導で練習が始まりました。

新体制、早速始動!
「千葉「ミラー体制」10日京都戦から始動」(ニッカン)
「千葉新監督にリバプールヘッドコーチ内定」(スポニチ)
「新生千葉が始動!プレミア最終節待たず新監督来日へ」(報知)
「千葉、新監督にリバプール・HCミラー氏の就任が内定!」(サンスポ)
「千葉新監督にミラー氏」(トーチュー)
「千葉が大ナタ ミラー監督&沢入ヘッド」(デイリー)
「J1千葉新監督にリバプールのコーチ、ミラー氏」(朝日)
「本紙解説・沢入氏がJ1千葉コーチに就任」(名古屋タイムズ)

ミラー新監督は諸手続きのために中断期間明けの6月29日FC東京戦から指揮。それまでの京都戦/大分戦は、沢入新ヘッドコーチが指揮をとるとの事。そして早速昨日から、その沢入コーチが練習を指揮。
・・昨日監督が解任されたと思いきや、今日はいきなり新ヘッドコーチ。
そりゃ、選手/コーチも「朝来たらいた」と驚くわな・・と(笑)
この沢入コーチ、どこでジェフとつながったんだ?と思いきや、どうやら一年前よりミラー氏と面識があり、彼の指名だったとの事。
そーゆー理由なのか。

そして、今回の件で驚いた事の一つは、イザという決断後の、対応の迅速さ。
クゼ前監督の解任が公式に発表されたのは、5月7日。でもって、その翌日の5月8日にはアレックス・ミラー新監督の就任が発表。
なんちゅー早業かと思いきや、どうやら、「千葉は数カ月前から情報収集を進めており、クゼ前監督解任を決めた6日に正式な獲得要請を出した」(朝日)との事。この数ヶ月がどれくらいの時間を差すのかは憶測だけど、4月/5月の間は勝敗と試合内容を睨みつつイザという時の準備をしていたんだろうなぁ・・と思います。でもって、それがこの迅速な新監督発表につながった、と。


今週末、つか明日に迫った京都戦、指揮をとるのは新へっどコーチの沢入。
そして新監督のミラーは、さっそくその試合をスタンドから観戦するそう。

新しい体制とはいえ、この短時間ではチームとして何かが変わるはずもない。
結局は「ピッチの上で試合をするのは選手達」という、至極、端的な現実が表に出てくる。


戦え。
がんばれ。
なんとか、勝ってくれ。



===<クゼのインタビュー>===
「ジェフ千葉監督を解任されたヨシップ・クジェのインタビュー」(クロアチア・サッカーニュース)

東欧関連の情報では何かとお世話になる「クロアチア・サッカーニュース」ですが。
クゼの電話インタビューが掲載されてます!

解任という結果に対し、さすがに本人はリーグの結果から致し方ないと受け止めている模様。
でもって、違約金やらナニヤラにも納得。
一部では三年契約という話もありましたが、このインタビューによると「まだ一年半の繋がりがある」と本人が語っているのだから、二年契約プラスオプション、そんな感じだったのでしょう。

いろいろと苦しい状況のなかで、本当にお疲れ様でした。



===<補強の話!?>===
「千葉がグルノーブル・伊藤翔獲り!」(スポニチ)
「ジェフ千葉監督を解任されたヨシップ・クジェのインタビュー」(クロアチア・サッカーニュース)

そして残留を掴み取るために、補強の話もちらほらと。
先日はG大阪の倉田、広島の戸田の獲得を目指す、そんな話がニッカンに載ってました。
今回は・・「グルノーブルの伊藤翔」「新しいブラジル人」・・この二つの話が出ています!!!

伊藤翔に関しては、アーセナルの練習でどーのこーの、グルノーブルに加入するだとかそれともJリーグなのか、一時期けっこう騒がれましたが、正直、自分にはその実力はわかりません。グルノーブルでもなかなか出場機会がないため、実戦感覚も鈍っているでしょう。
コレを読むと、トップチームでの出場チャンスはなくとも、フランス5部のアマチュアリーグで試合していたようです)
もし本当に獲得できたとして、彼がどこまでJ1で戦う事ができるのか、未知数。
彼には柏も獲得を目指すとニッカンが報道しており、はてさて、どうなるのか。

そしてブラジル人を補強・・というのは、クゼの電話インタビューの中で言及。
クゼがしれっと「近日中にブラジルから選手がやってくる。」と発言しています。
そして、「ミルコ・フルゴヴィッチとエディ・ボスナーはクラブに残るのか?」という質問に対し、
「彼ら二人はチームで唯一経験のある選手たちだ。知っている限りでは、クラブは彼らをしっかりと計算に入れているし、彼らをプランの土台とするつもりだ。」と返答。
となれば、外国人選手枠が三人である以上、残る一人はレイナウド。
彼に代わるブラジル人選手となってしまいます。


監督人事に加え、いろいろな補強の噂。フロントも必死になってると期待していいのか。
J1残留のために、フロントも選手も、がんばれ!



===<おまけ:サッカー選手の主観視点体感CM>===
「Nike: Take It To the NEXT LEVEL (Full Length)」(youtube)

すげーーーーー!
すげ、すげ、カッコイイ!!!

ベンゲルは出てくるは、マテラッツィの扱いが可愛そうだけど「らしい」というか(笑)
プレミアだけじゃなくてバルサやオランダ代表とかまで出てくるし。

すげぇぇぇぇぇえええぇえぇ!


で、主観視点のこれ「自分役」は誰よ?と思ってyoutubuのコメントを見れば、
「ファン・ペルシじゃね?」という説があり、「いや、そもそも利き足が違う」だとかツッコミがあり。
で、アーセナルのオランダ代表?となると「???」なんだが、
「ナセル・バラジーテかファン・デン・ベルクじゃね?」という説があった。
こーゆーの色々考えるの楽しいよね(笑)


で、だ。
シュートだとかフェイントだとかって、選手の視点からすると、ほんとにほんとに凄いんだな。
飛んできたボールにダイレクトにあわせるって、ほんとに凄いんだな・・。

なんだか、すげーすげー・・とばかり、思ってしまった。


ともあれ、この映像はかっこいい!!!




テーマ:ジェフユナイテッド市原・千葉 - ジャンル:スポーツ

内定! リバプールのヘッドコーチがジェフの新監督に! さらにヘッドコーチも!
内定!リバプールのヘッドコーチが、ジェフの新監督に内定!
ジェフ公式にも掲載されたから、今度はマジ話!
内定ったら、内定!!!
「アレックス ミラー新監督就任内定について」(ジェフ公式)
「千葉新監督にリバプールヘッドコーチ内定」(ニッカン)
「千葉新監督にリバプールHCのミラー氏」(スポニチ)
「千葉が新監督にミラー氏内定と発表」(報知)
「千葉新監督に強豪リバプールのHCのミラー氏内定!」(サンスポ)

今朝、ニッカンと報知で報道された新監督情報。
なんとリバプールのヘッドコーチにオファー・・という話。
ニュースを読んだ第一印象は、「来るワケないだろ!」と思いました、はい、ゴメンナサイ。

だって相手はリバプール所属だよ? リバプールでヘッドコーチとして大舞台で戦って、でもって首位グループとはちょっと話されちゃってるけれど、20勝13分4敗、プレミア4位の現場指揮官だよ!?
何をどーしたらはるばるイングランドにオファーしたんだ!?
そんなコネクションがあったのか!?
確かにジェフは、クゼに決まる前も、
ACミランのユース監督フィリッポ・ガッリにオファーしてたとか、
スロベニア代表のカタネツだの、元イラン代表監督のイヴァンコビッチだの、イタリアU21代表監督のジェンティーレだの・・なんだか名前だけで気圧されそうなメンバーをリストアップしてたとか、
そんな話もあったけど!!!

まさか、
まさか、本当にリバプールの現役ヘッドコーチが、ジェフの新監督に就任するとは・・。

びっくりだよ!


加えて、ヘッドコーチも新しく。
名古屋の選手として活躍し、日本代表経験もあり、今は中京大学のサッカー部監督を務めていた沢入重雄氏。彼が新しくジェフのヘッドコーチに就任し、そしてアレックス・ミラー新監督の諸手続きが終了するまでは暫定指揮をとる事に。
  越後コーチでも霜田コーチでもないんだな・・。
  今までのコーチ陣の去就はどうなるんだろう・・。




さあ。
アレックス・ミラーという新監督をむかえ、ジェフは、どこまでがんばれるか。
11節未勝利の、このドン底から、J1残留を掴み取れるか!?


がんばれ!!!




テーマ:ジェフユナイテッド市原・千葉 - ジャンル:スポーツ

ジェフの新監督はリバプールから!?
い、いぇ、まぁ・・まだ決まってないですしね。
どこまで煮詰まっても土壇場でひっくりかえるって事は、ええ、まぁ、よくある話ですしね。
ボナチッチの時は、ほとんど決まっててジェフ広報も「もうそろそろ発表できる」だとか移籍した選手も「新しい監督が決まったら彼と話を・・云々」だとか、発表直前の雰囲気が随分と濃厚になっていたにも関わらず、破談。
後日、ボナチッチ本人が「交渉はしたし、実際、自分も真剣だったんだけどねー、なんだかいっぱい日本の代理人が入ってきておかしくなっちゃった」みたいなコメントをJのシーズン開幕後に発言してたしね。
(報知で報道されてたけど、元記事探したら消えちゃってました)

だからこの話もどこでどう転がるかわかりませんが・・。


ジェフは、新監督に現リバプールFCヘッドコーチのアレックス・ミラーにオファーを出したようです!
「千葉後任監督リバプールヘッドコーチ浮上」(ニッカン)
「千葉後任監督候補ミラー氏の略歴」(ニッカン)
「千葉、新監督は「2、3日中に発表」」(スポニチ)
「クゼ監督解任!千葉“走るサッカー”で再建」(スポニチ)
「千葉、リバプールから新監督招へい!」(報知)
「J1千葉、クゼ監督を解任…後任も外国人監督」(サンスポ)
「クゼ監督 解任 低迷 千葉がショック療法」(トーチュー)
「千葉クゼ監督解任 後任候補は前田氏ら」(デイリー)

デイリーが「古河電工OBでJ2水戸前監督の前田秀樹氏(53)やC大阪、京都で監督経験のある西村昭宏氏(49)が浮上する」とか言ってますが、これはそういう可能性もあるって事で横に置いといて(笑)

とりあえず、
公式にはまだ決まってなくて、昼田GMは「相手に迷惑かかるから」と明言はせず、しかし昨日よりすでに「外から招聘したい」という意向。昼田GMは「今まで走ってナンボだったのに、今のジェフは走れていない」と浦和戦後半を例に出してコメント。坂本は「でも監督だけの責任じゃないし、選手自身がもっとがんばんなきゃ」と発言し、下村といっしょに選手Mtgを企画。
・・ここまでがスポニチ/サンスポの情報。

で。
ここからさらにニッカンと報知が情報を追いかけて、次の新監督情報をキャッチ。複数の欧州代理人筋が「アレックス・ミラーがジェフと交渉中だよ」との事。
===
5月6日、昼田GMとクゼの面談。昼田GM、活動開始。アレックス・ミラーに打診。
5月7日、ジェフがアレックス・ミラーにオファー。
5月8日、正式契約??
5月10日、京都戦は越後コーチか霜田ヘッドコーチが暫定的に指揮をとる?
===
こんな流れらしい。


さて。
本当にアレックス・ミラーに決まるのかどうか。
それともこの情報が全く嘘八百で全然別の人なのか。
ところがどっこい、デイリーの情報が正しくて前田氏や西村氏など日本人監督なのか。


どうなる!?


※報知によると、クゼはどうやら三年契約だった模様で、解任の違約金が約2億円。
※報道されているアレックス・ミラーは年俸約1億円。
※お金が飛んでいく~~~~~ハラホロヒレハレ・・。





===<そのアレックス・ミラー>===
「Alex Miller」(英語wiki)

中村俊輔や水野のいるセルティック。そのライバルであるレンジャーズで選手としてのキャリアを重ね、306試合に出場、30ゴール。
特に、1972年。
レンジャーズのHomeであるアイブロックススタジアムでスコティッシュカップの決勝戦が行われ、この試合でアレックス・ミラーはアゴの骨を折りながらも奮戦。一つの伝説になっているそうな。

そして香港で現役生活を終えた後、監督暦は4クラブ。
1983      Greenock Morton
1983-1986  St Mirren
1986-1996  Hibernian
1997-1998  Aberdeen

特にハイバーニアン時代は監督任期10年におよび、カップ優勝を果たしてUEFA杯に出場するなどの実績を残す。その後、アバディーンの監督を経て、リバプールへ。
当初は、ウリエ監督の下で欧州担当スカウトとして活躍。ベニテスがリバプール監督就任後にトップチームのコーチとなり、現在はヘッドコーチだそうな。

ALEX MILLER (リバプール公式)


経歴を見る限り、なかなか期待してしまう・・!





テーマ:ジェフユナイテッド市原・千葉 - ジャンル:スポーツ

クゼ、解任決定。後任は、現時点ではまだ未定。
浦和戦の前から、監督交代がありうる事が報道されていた。
ニッカンの情報では「辞任」、報知やスポニチでは「本人は続投の意思」。
多少の情報のズレはあっても、
この時点で、クラブの中が何かしらそーゆー空気になっていたのは間違いなく。

結果、浦和戦の敗戦をもって、フロントが決断した。


「ヨジップ・クゼ監督の契約解除について」(ジェフ公式)
「千葉がクゼ監督の解任を発表」(ニッカン)
「ついに…千葉がクゼ監督を解任」(スポニチ)
「「千葉がクゼ監督を解任…後任は未定」(報知)
「千葉がクゼ監督の解任発表…今季リーグ戦2分9敗と低迷」(サンスポ)
「千葉がクゼ監督を解任 大量移籍で最下位」(トーチュー)


主力選手が大量に移籍し、チームをゼロから・・見方によってはマイナスから作らなければならなかったとはいえ、0勝2分9敗という成績では、これも已む無し。

クゼ監督。
お疲れ様でした。


そして。
監督との契約を解除したジェフは、それでも残るリーグ戦を戦わなければならない。
後任の新監督については、昼田GM曰く、「あした、あさってには発表したい。この状況を打破できる人ということで、外部からが有力」(サンスポ)との事。
報道では越後コーチもしくは霜田ヘッドコーチの昇格が可能性大という事だったが、外部からの新監督招聘を目指すのか。


今は、昼田GMや三木社長や、フロントの頑張りを祈るばかり。




テーマ:ジェフユナイテッド市原・千葉 - ジャンル:スポーツ

浦和戦の敗戦をもって、監督交代。
何か考える気も話す言葉も失せるような浦和戦の敗戦ですが、素人の自分が戦術だの選手起用だのナニヤラをあーだこーだ語っても意味はなく。
勝ったり負けたり、まだしも普通の「苦戦」という範囲だったらね、そりゃいろいろと思考ゲームとして「こうしたらどーよ!?」だとか「これがマズイんじゃね?」とか考えたりもするけれど、でも結局は一切責任も取れないサポの愚考。
事態がここまで追い詰められている状況では、それでもただただ応援しよう、と思います。

サポがどう思っていようとも、フロント内部の関係者の方がはるかに必死なハズ。
よって、サポの立場でクラブ/チームに何かを求めるとすれば、
「この状況を、どうやって脱しようというのですか?」
と、それを願い期待するばかり。


そして、11節終了をもって、ジェフフロントはクゼの監督解任を決断する公算が大。
ニッカンによれば、今日中に正式発表が成される模様。
「千葉が浦和に惨敗クゼ監督解任決断/J1」(ニッカン)
「11戦未勝利…千葉フロントが3者会談」(スポニチ)
「千葉7連敗 開幕11戦勝ちなし…嘆クゼ監督「補強して」」(報知)
「千葉、首位・浦和に完敗で7連敗…クゼ監督解任も」(サンスポ)
「千葉 クゼ監督解任へ」(トーチュー)


後任は越後コーチが暫定的に昇格し、中断期間までの2試合を戦う可能性が高いとの事。
その上で新しい監督を迎え、J1残留を目指す事になるのだろう。

越後コーチであれ、誰であれ。
今のジェフをこのような状況で引き継ぐのはかなりの苦難を背負う事になってしまう。
だけど、踏みとどまってくれと、祈るしかない。



イビチャの監督騒動、アマルの解任。
祖母井/唐井と二人のGMが続けて退団。
阿部の移籍、ストヤノフの件、続く勇人/羽生/山岸/水本/水野の移籍。
社長の交代。

そして、季をまたいでリーグ17戦未勝利、0勝2分9敗。
7連敗。

ずいぶんと、ヒステリックで臆病で空元気なシーズンが続くなぁ・・(苦笑)
テヤンデイ。


だけど明けない夜はない!!!





テーマ:ジェフユナイテッド市原・千葉 - ジャンル:スポーツ

クゼの後任は越後?霜田?・・更にG大阪や広島から、補強するとかしないとか!
ニッカンによれば、浦和戦にクゼは己の進退を賭ける決意との事。
しかし、今日のスポニチと報知によれば・・。
「「最後までやる」クゼ監督が辞意否定」(スポニチ)
「千葉クゼ監督「最後まで辞めない」」(報知)

確かに、ニッカンが報道する情報が常に絶対正しいハズもなく。
特に報知は、昨シーズンの移籍人事でスクープしまくった実績があるのだし、スポニチはスポンサーなのだから、少なくともクゼが「辞めないよ」と昨日の時点で発言したのは確かなんだろうと思う。
でも、本音がどうであれ、今現在は監督なのだから、その監督という立場にある以上、「この試合に負けたら辞めます!」とは絶対言えなるわけがない。

だから、結局のところ浦和戦に「負けた場合」にしか本当のところはわからない。
わからないけど、現実の成績がこうなのだから、いつ、辞任/解任となっても不自然ではないし、こういう報道が出てきた時点で、フロント/監督/選手がきな臭いのも確かだろう。

そして、そのニッカンは今日も続報を発信している。
「千葉クゼ監督辞任なら後任は内部昇格」(ニッカン)

後任は越後コーチ、もしくは霜田ヘッドコーチの、内部昇格が濃厚だとの事。
確かに、少なくとも中断期間までの2試合は内部昇格で当座をまかなうのが精一杯だろう。
そうなると中断期間まで暫定的に指揮を執るのか、それとも今季いっぱいの指揮を委ねるのか、そこの違いはある。

どうなるのか。
どうなってしまうのか。


辞めるだの辞めないだの、結局はでもそれは「浦和戦に負けたら」という報道であって、
でもって、浦和戦に「負けてくれ」と思うはずもなく。

今日の試合、もちろん今日に限らず、「勝ってくれ」と思うばかり。



===<補強の動き?>===
「千葉クゼ監督辞任なら後任は内部昇格」(ニッカン)

そしてこの記事によれば日本人選手の補強も検討しているそうな!
G大阪の倉田、そして広島の戸田に、オファーを出しているとの事。

倉田秋(G大阪公式)
G大阪のJr.ユース/ユースと昇格してきた生え抜きのMF。
昨年ルーキーながらリーグ6試合に出場し、世代別代表に選ばれた経験もある。
今シーズンは、フル出場が1試合と途中出場が2試合。

戸田和幸(広島公式)
清水時代、トルシエ率いる日本代表で名を馳せ海外も経験。
その後、東京V/広島と移籍し、その両クラブでもスタメンとして活躍。
しかし今シーズンはリーグで未だ出番ナシ。

オファーが完全移籍なのか期限付き移籍なのかわからない。
獲得できたとしても、そもそも監督がどうなるの?ってところもある。

来てくれるかどうかなんてわからないけど・・来てくれるなら大歓迎!!!
お願い!





テーマ:ジェフユナイテッド市原・千葉 - ジャンル:スポーツ





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。