Hang Tough
ジェフが好き、旅行も好き、仕事もがんばろう、うん。
プロフィール

khou

Author:khou
本好き、旅行好き。
でもここ数年、ずっと旅行に行けてない・・。

twitter、はじめてみました。

@khou_hangtough



ジェフ千葉_試合情報



ジェフ千葉_試合日程



最近の記事



月別アーカイブ



カテゴリー



ブログ内検索



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

いよいよリーグ再開!FC東京戦!・・根本獲得!奥山がトップに再昇格!谷澤に石田!!!
春から仕事内容が変わり、いきなり忙しくなって、てんてこ舞い。
仕事に振り回されるようになってしまい、その忙しさにかまけて更新をお休みしてしまいました。
・・ぁぁぅ。

blog更新に要する時間の確保もそうだが、blogを書く精神的な余裕を確保するほうが大変だ(笑)
へこたれたオレ、まさにヘタレである。
んー、blog更新体制というかルーチンについて、考えなきゃいけないかもしれぬ・・。
ぬぬぬぬ・・。


さて、いよいよ今日、FC東京戦という事でJリーグ再開!
残留を争う低迷クラブの中でも、磐田だとか清水だとか新潟は勝利し、京都は敗戦。
神戸や札幌は、ジェフと同じく今日に試合。

負けられない、相手がどこだろうと負けられない。
とにかく、自分自身に勝ち点3を上積みしなければならない。

待ったなし、切羽詰まったジェフの勝ち点8という現実。

相手がどこであろうと関係ない。好調のFC東京だろうと、どこだろうと、ジェフが今、やらなきゃいけない事は、ただ勝つ事しかない。

京都/大分とリーグ二連勝、札幌/川崎に勝って柏に引き分けたナビ予選。
そして岐阜キャンプ。
今日のFC東京戦が、いろんな意味で節目となる。今後のジェフの試金石。
勝てるか、どうか。
どこまで戦えるのか。

ただひたすら、今日は勝つ事のみを願い、祈る。


がんばれ!!!

「【J1:第14節 F東京 vs 千葉】プレビュー:F東京、千葉ともに非公開練習を実施。両指揮官の心理戦の行方は!?」(J's GOAL)
「F東京 vs. 千葉 見どころ」(Yahoo!スポーツ)



===<根本が加入!>===
「根本 裕一 選手の加入について」(ジェフ公式)
「根本裕一選手 ジェフユナイテッド千葉に期限付き移籍のお知らせ」(大分公式)
「【トリニータ】根本が千葉へ移籍」(大分合同新聞)
「大分DF根本が千葉移籍で日本代表目指す」(ニッカン)
「千葉へ移籍の根本が大分関係者にあいさつ」(ニッカン)
「大分・根本の期限付き千葉移籍が決定」(スポニチ)
「千葉が大分から根本を獲得」(報知)
「千葉、大分から根本を期限付きで獲得」(サンスポ)

根本、いらっしゃいませぇぇえええ!!!
こんな状況のジェフに来て、戦ってくれる決心してくれたって、それだけで、もう、オレ、嬉しいよ!
ありがとうだよ!
ようこそ、根本!いらっしゃいませ!

っつー事で、戸田に続く補強第二段!
大分から左サイドのスペシャリスト、根本の加入が決まりました!
フルゴビッチはどーなんだ、工藤/谷澤のスタメンに変化はあるのか、青木良太は、だとか。
いろいろと想像はひろがるけれど、なんにせよ根本の加入によって選択肢は広がるしスタメン/サブという選手構成の質の増強は図られたわけで。

根本のコメントを読むと、大分公式にて「レベルアップして帰ってこられたらと思います。」(大分公式)と語っており、本人は大分に戻る気マンマンだけれども。
それでも!
こんな状況、最下位というジェフに来てくれて、戦ってくれるというだけで、オレはすっげー嬉しいです。

いつ、どのように起用されるか、期待!!!



===<奥山、再びトップへ!>===
「手登録変更のお知らせ」(ジェフ公式)

奥山が再びトップ登録に!
「東北イチのうざさ」、再び!!!

いやもう、なんだかすげー期待してしまうのですよ、こーゆー選手には。
自分もあまり背が大きくなく、つか小さいほう。
自称168cm。頭がでかくて、メッチャ撫で肩、目がでかい。なので小さくても・・動く!走る!がんばる!戦う!という選手にはすべからく感情移入してしまいます。ジェフ中盤の特徴だった「小さくても走る!がんばる!」というのが減少気味な今、奥山にはそーゆー意味でも期待してしまいます(笑)

・・そのヘンは個人的な与太話だとしても、しかし、この奥山。
加入時には、昼田GMは「即戦力として獲得した」と言っただけに、期待も高まろうというものです。

奥山!
敵陣をかきまわし、ボールをつなぎ、得点の一手前二手前には必ず絡んでいる・・そんな活躍を期待!
期待、すげー期待します!



===<谷澤は「アッコちゃん」が好き!>===
「移籍1年目もすでにジェフの顔!独特のドリブルで敵を撃破!」(シティライフ市原版)

谷澤のインタビュー!
記事中、谷澤はジェフサポの応援を「温かい」と言い、「熱い応援」と言ってくれている。
そして、だからこそ「自分達のふがいなさや、悔しさも強かった」と。

その谷澤が大好きな応援が「スタジアム全員でタオルマフラーを振ってくれる応援」だそうな。
あれを見ると鳥肌が立ち、
そして、疲れていてもあと一歩が出るという。

それって「アッコちゃん」の応援だろ!
自分も他サポと飲んだ時に「ジェフの応援といえば」それだと言われたけれど、それだろ!
あれって、ノリはいいし、普段はあまり叫んだりしないオレの奥さんもタオル振り回して喜ぶけど。
でもさ、ね、小声になっちゃうけれど、あの「アッコちゃん」の後に失点って、結構多かったりしない?
でもこんな風に、選手が応援を「好きだ」って言ってくれると、嬉しいよね!

ところで。
本文中、谷澤は串揚げが好きって言ってるが、記事中のお店はココなんだろうか・・?
自分は串揚げの美味しいお店っつーのは行った事がないので、興味がある・・。



===<オートウェーブ様!オートウェーブ様!>===
「株式会社オートウェーブ 新規アシストスポンサー決定のお知らせ」(ジェフ公式)

お、お、オートウェーブ様がスポンサー復帰!!!

ありがとうございます、ありがとうございます・・。
オートウェーブ自体が2008年3月期で19.4億の赤字だというに・・。

ありがとうございます!!!



===<石田ミホコのミニライブ!>===
「石田美穂子選手 ナビスコカップ準々決勝でハーフタイムミニライブ実施!」(ジェフ公式)

ナビ準々決勝の名古屋戦において、ジェフレディースの石田がハーフタイムにミニライブ!
フクアリで、ライブ!

でもこれって、JASRAC登録どうなってるんだろ?と気になってしまう(笑)
調べてみると・・「一番星」(J-WID)・・どうやらまだ「無信託」状況らしい。
なるほど、要は登録前なわけだ。

オレもよく使う手なんだけど、発売ギリギリまでJASRAC登録を遅らせてプロモーションでの楽曲使用は使用料ゼロにするって、そういう手がある。これもまたそうなのかね?と想像。
もしこれが既に登録済みで、かつ「演奏」にチェックが入っていたら、「総入場料算定額の1%の額又は・・」(JASRAC)が発生してしまうわけで。
なので登録前ってのは、プロモーションには都合がいい。

なんにせよ、JASRAC云々は置いといて、これはまた普通に考えていい話。
ジェフの試合のハーフタイムに、ジェフレディースの選手がライブする。

・・おおお!

いいじゃないか!



===<水本移籍には・・>===
「【なにやっ10】水本の背中押した“アニキ” 」(サンスポ)

がんばれよな。




スポンサーサイト

テーマ:ジェフユナイテッド市原・千葉 - ジャンル:スポーツ

ジェフが稲本獲得!?・・Jリーグ15周年!DVD発売!、とか、スウツ!スウツ!とか。
ジェフが稲本を獲得!?
などと、Jリーグ開幕を週末に控えて久々のジェフ移籍関連ニュース!

「J1千葉が稲本の獲得調査…代理人と会談 (1/2ページ)」(サンスポ)

踊ろうか?はしゃごうか?
万が一、稲本が来たら戸田と中盤を組んで、トルシエ時代の日本代表が千葉で復活か!?

でもなぁ・・。
このネタではしゃぐには微妙なんだよな(苦笑)
===
・古傷を癒すために5月に帰国して療養中。
・フランクフルトととの契約期間は来年5月まで。
・クォリティは別にして、編成上、中盤は人数過多?(下村/戸田/工藤/斎藤/馬場/伊藤/米倉/益山・・)
===
そう思うと、踊るほど現実味が高い話とも思いづらい。

もちろん稲本が来たら来たで、戦力的にも営業的にもかなり大きい話だ。
やっぱりプレミア/トルコ/ドイツで揉まれてきた経験も貴重だし、話題性もある。
何より、ここ最近のチーム作りを見るに中盤が名実共に要になるだろうから、FWよりも中盤の戦力アップが喫緊の課題でもある。

稲本が来れば、もし本当にジェフに来れば!
これはすっごく嬉しくて大きい話なんだけど・・、でも、ここは抑え目に期待しておく事にしよう(笑)


で。
実際のところは、稲本獲得!のために代理人と膝詰め談判!という事じゃなく、昼田GMが、GMとして代理人とのコミュニケーションをとった、みたいな方がメインだったんじゃないかなぁ・・と思ってます。
代理人の田邊伸明というと、株式会社ジェブエンターテイメントの社長であり、稲本以外でも中澤佑二や山瀬功治、鄭大世に安田理大や槙野智章など、様々な有力選手をクライアントに持つやり手の代理人。
中澤や山瀬、大久保といった大型移籍もとりまとめている。

ジェフサポとしては「移籍」イコール「選手がジェフから出て行く」、「代理人」イコール「移籍の黒幕」みたいなイメージをもってしまうけど、
でも実際のところ、代理人は居たほうがいい。
選手にとってもクラブにとっても、代理人が居たほうがいろいろと便利なのは間違いない。

フロントからすれば、全部自分の足と目で選手を探して、ビデオを編集したり確認して、さらに交渉して手続きして、なんて、それら全部を自分たちでまかなえるはずもない。
やってやれなくはないけど、並大抵の苦労じゃない。
逆に選手からすれば、移籍するにも今の待遇を改善するにも、代理人はいたほうが便利。

結局、代理人はサッカー業界に必要とされており、そうである以上、有効に活用するほうがいい。
その「有効活用」のキモは、ビジネス条件ももちろんだけれど、結局は人間関係だったりもする。

一つのネタとして稲本移籍についてのヒアリングをしつつ、あわせて補強獲得や移籍市場の現状についての、情報交換。そしてそもそもGMと代理人としての、円滑なコミュニケーション。
「会談を終えた昼田本部長は「来年以降のことですが、いろいろな話をさせてもらいました」と説明、欧州に太いパイプを持つ田辺氏と外国人選手に関する情報交換も含めて話し合ったもようだ」(サンスポ)

さて。
シーズンオフに昼田GMがどのような動きをするのか。
三木社長が補強資金をどのように調達するのか。

たまには、そっちにも期待したいじゃないか(笑)



===<Jリーグ レジェンド・オブ・スターズ!!!>===
「Jリーグ開幕15周年記念特別企画 JリーグオフィシャルDVD 『ジェフユナイテッド市原・千葉 レジェンド・オブ・スターズ』先行予約受付のお知らせ」(ジェフ公式)

この前までJ's GOALで投票を受け付けていた件。
Jリーグ15周年を記念して思い出の選手達の勇士を集めたDVDが発売決定!
もちろんジェフだけじゃなく、オリジナル10の全クラブ分!!!

「JリーグオフィシャルDVD「Jリーグ15周年 レジェンド・オブ・スターズ10枚組BOX」(初回限定生産)」(amazon)

買うよ!
もちろん、オレは買うよ!
きっと、ジェフの先行予約版だけじゃなくて、全クラブBOXだって買っちゃうよ!
マスロバルやリティも見たいけど、ビスマルクやエドゥだって見たいじゃないか!ジーコもピクシーもドゥンガも見たいじゃないか!
※コメントでつっこまれましたが、そーだ、ドゥンガは出ないんだ・・。

すっげー楽しみなこのDVD。
ジェフ版の説明を読むと、「J‘sゴールでの投票によって選出された中西永輔、リトバルスキー、江尻篤彦、宮澤ミッシェル、マスロバル、崔龍洙・・」(ジェフ公式)とある。

崔龍洙。
実は、J's GOALの投票の際に、選択肢が無かったんだ!
しかも!中間結果では崔龍洙の名前が上位100位に含まれてなかったんだ!

だから!
だからオレは!

自由記入の欄で、毎日、崔龍洙を書いて送ったぞ!
オレ一人で30通くらいは応募したぞ!
バカだよね、ええ、バカだともさ!
でもさ、このビデオに崔龍洙が入ってなかったら、そりゃねーべと思ったんだ!

同じように崔龍洙を見たくて書いて送った人もいっぱいいただろうから、収録決定!
もしかしたら応募自体がデキレースだったかもしれないけれど、それは考えずに(笑)

今は!
リティや江尻やマスロバルや、彼らと並んで崔龍洙の勇姿がDVDで蘇る!!!

それを楽しみにしようじゃないか!



===<スウツ!>===
「巻の念願かなった!千葉公式スーツ完成」(スポニチ)

巻、念願の公式スーツが完成!
・・お披露目はいつだ!?




テーマ:ジェフユナイテッド市原・千葉 - ジャンル:スポーツ

今週末リーグ再開!サカダイにも記事アリ・・U-18はPKで惜敗。巻がクロス練習!?
岐阜キャンプも無事に終了し、今週末のリーグ再開・・FC東京戦に向けて準備が始まります。
「2008年06月:トップ・サテライトスケジュール」(ジェフ公式)
「チームスケジュールについて (6月24日~6月29日)」(ジェフ公式)

ジェフ公式のスケジュールを見ると、日曜日のFC東京戦に向けて、お休みが二回、二部練習が一回。そして例によってミラーの非公開練習が二回、予定されている。
オフが二回というのは、キャンプで強い負荷をかけたコンディションを試合に向けて調整するためのものだろう。でもって二部練習というのはミラー就任後、試合のあいまにもよくあった話なので特別に驚く事でもなく。
そして非公開練習のうちの一回は、「※施設の都合上~」だそうな。
6月27日(金)に予定されている、完全非公開練習。
これが、FC東京戦に対する肝心要の練習となるのだろう。

先日のサカマガには、ミラー監督就任に至る経緯、そして就任後の変化が特集されていた。
それによれば、完全非公開練習の日には週末の試合対策が中心となるらしい。対戦相手の布陣や特徴を選手に説明。それに対し、ジェフがどう戦うか。どのように敵の強みを消し、自分たちの武器を活かすのか。そのような練習を行うらしい。
そのような練習をするのなら、完全非公開というのも已む無し・・か。

FC東京とジェフがどのように戦うのか。
カボレ/エメルソン/平山/赤嶺といったかなり強力な攻撃陣を擁し、
梶山を中心に、今野が支え、羽生がつなぐ、中盤はパス&ムーブを繰り返す。
長友に近藤に佐原もいる。

そんなFC東京の、城福監督のキーワードは・・ラブリー!
ラブリー東京!
可愛らしい東京!
愛らしい東京!

でも今のウチ(勝ち点8/18位)と彼ら(勝ち点23/3位)を考えたら・・全然可愛くないぞ!
ああ、勝ち点くれるんならラブリーさ!
ウチから勝ち点もぎとっていくなら、そんなの全然ラブリーじゃないやい!


Jリーグ中断明けの初戦。
ミラーがどのようにFC東京戦に向けて策を練るのか。
ジェフは岐阜キャンプを経てどんなチームに練り上げられてきたのか。

週末、いよいよ残留/降格をかけて、Jリーグが再開する!


おまけ:フードコート
「6/29(日)vsジェフユナイテッド千葉戦「フードコート」開催のお知らせ」(FC東京公式)

味スタなのに食糧事情は味気ない味スタだけど。
どーやら、フードコートなるものが開催されるようです!
調布近辺は昔になじみがあるので、いつも試合後はスタジアム(飛田給)から調布まで歩いて、そこでご飯を食べて帰るのですが。

フードコートか・・。
スタジアムご飯か・・。
スタジアムで飲んだり食べたりって、普通よりずっと美味しく感じるよね・・。

むむ・・、き、期待?



===<サカダイのジェフ記事>===
「週刊サッカーダイジェスト 2008年7月8日号」(WSD.NET)

今週のサカダイでは、リーグ再開に向けて各クラブの状況分析、そして監督取材で特集記事。
その中で、ジェフはミラー取材とデータ分析で2ページでの記事となってます。

データ分析で特徴的なのは【サイドの活性化】と【ボール奪取エリアの変化】の二つ。
ピッチ上、どこでボールをプレイしているかのデータが載っているが、ハーフラインより高い位置においてサイドでのプレイ機会が増えているのがわかる。
そしてボール奪取エリアは、明らかにクゼ時代に比べて自陣低くへと変化。
どちらもナビ予選の数字は含まれておらず、あくまで澤入コーチ指揮下の第11節/第12節、2試合分のデータでしかない。なのでサンプル数が少ないのはあれなんだけど。

数字から想像できるのは、
===
敵がボールを持ったら素早く帰陣し、ゴールから遠い位置ではあえて敵にボールを持たせ、
敵が自陣に踏み込んでくれば、数がそろっている味方で敵をくるんで囲んでボールを奪取。
そこから素早く縦に反撃。
それも中央突破だけではなく、サイドも活用して広く早く、鋭く。
===
・・そんな戦い方が思い浮かぶ。

岐阜キャンプを踏まえてジェフがどんなチームになるのか。


それとミラーのコメントが頼もしくてステキだ(笑)



===<ジェフU-18は全国クラブユース参戦ならず!>===
「平成20年度 第32回 日本クラブユースサッカー選手権(U-18)大会 関東大会」( 関東クラブユースサッカー連盟 公式)

9位決定戦を戦っていたジェフU-18。
湘南ユースとの試合をPK戦で突破、横浜FCユースとの決戦になったわけだけど。

けど。
そうなんだけど。

この試合もPK戦にもつれこみ!
そして!
惜しくも悔しくも、PK戦3-4で敗戦!

関東クラブユースで敗退、全国に進出ならず!!!
残念・・!

だけどこれで一年間全てが終わってしまったわけじゃない。
何よりも今年のジェフU-18は、
関東プリンスリーグに挑戦し、残留し、しかも1部昇格という実績を残している。

うつむかずに、続く大会でがんばれ!



===<巻がクロス練習???>===
「J1千葉・巻、居残りトレで完全復活狙う」(サンスポ)

んぁ???という気もするけれど。
実際、巻は駆け回って走り回って、味方のためにスペースを作ろうと動き回り、そこからサイドに流れてボールを受けて・・というシーンは実際、よく目にする話。
でも、そこから巻がクロスをあげてもなぁ・・とも、いつも思うわけで。

クロスに飛び込む事こそ、本来は巻の仕事だろ!とも思うけど。
巻のクロスの精度も、それまた、なんつーか、しょうがないけど、そんな感じでしかなく。
だから巻がクロス練習してもまったく無意味だとも思わないけれど。

んー・・。

巻にはやっぱり、ゴール前に突っ込んでいってほしいなぁ・・とかとか願望があります(笑)
この前のバーレーン戦。
巻はいっさいボールに触っていないけどさ。

あれこそ巻だと思うのですよ!!!




テーマ:ジェフユナイテッド市原・千葉 - ジャンル:スポーツ

岐阜キャンプ終了!・・ジェフU-18、9位決定戦 最後の決戦!水本完全移籍、決定!
EURO。
ロシアすげー、すげー、すげー、と思いつつ。
それって最後はやっぱり【ヒディンクすげー!】という事なんだろーなぁ・・。

これで、ポルトガルが破れ、オランダが沈んだ。
残っているのは、ドイツ/トルコ/ロシア/(イタリアxスペイン)。
結局は、ドイツxイタリアという決勝戦になってしまいそうな気がしている(笑)
いや、せめてドイツxスペインとかが見たいぞ。

トルコxロシアだったら、露土戦争の再来だっ!!!


って、EUROで欧州が激しく燃え盛る一方で日本代表はバーレーン代表と今夜試合。
これはどーでもいいや。
巻が怪我さえしなきゃいい。コンディション崩さなきゃいい。
ミラーの下でまともに練習に参加する事もできていないんだから、巻には「早くチームに帰ってきてくれ」と、そう思うばかり。新しいチームに巻がどういう役目でどのように組み込まれるのかすら、まだわからない。バーレーン戦、早く終わんないかなぁ・・。

巻が不在とはいえ、ジェフの岐阜キャンプは晴天にも恵まれ無事に終了。
最後は快晴の下で練習。そしてお子様達とサッカー教室&ミニゲーム!
「飛騨市古川キャンプ 6日目 最終日レポート」(ジェフ公式)

「降水確率80%を覆す快晴」というのも凄い。
だけど。
注目は。

写真、上から三枚目の円陣だ!
新居が、新居が!
子供達とのミニゲームで円陣組んでる!
しかも妙にガチだぞ、これ。ミニゲームとは負けたくないのかっ!?やっぱり勝ちたいのか新居!?
お前はそんなに負けず嫌いなのかっ!?

そして四枚目。嬉しそうにウイニングランをする斎藤/米倉/お子様達。
彼らの背後、遠くに、負けたと思われるチームが映っているが、写真右から二人目の立ち姿。
・・この金髪、新居だろ?

負けて憮然としてぶーたれてるのか、それともお子様達のがんばりにニコニコしてるのか。
そんな表情まではわからないが、なんだか新居は「子供好きなのか?」と思う写真達。


キャンプの最後をそんな和むイベントで締めくくり、チームは千葉に帰還。
今日はさすがに丸一日のオフ。
しかし、明日からFC東京戦に向けての練習が始まる。
「チームスケジュールについて(6月22日・23日)」(ジェフ公式)


ミラーの下で、反撃に挑め!



===<ジェフU-18は、横浜FCと決戦!>===
「ジェフU-18&U-15」(ジェフ公式)
「平成20年度 第32回 日本クラブユースサッカー選手権(U-18)大会 関東大会」(関東クラブユースサッカー連盟 公式)
「日本クラブユースサッカー選手権(U-18)大会 関東予選 9位~12位決定戦」(湘南公式)

全国クラブユース選手権に出場する最後の1枠を争い、ジェフU-18は9位決定戦に挑む!
各グループ3位が集まったミニトーナメント、その初戦は湘南ユースとの試合。
この試合を、ジェフU-18、2-2の同点からPK戦、さらに4-2で戦い抜いて勝利!
まずは初戦突破!!!

そして、同じく初戦を突破した横浜FCユースと、今日!対戦!・・決戦!

横浜FCユースの監督は、・・あの!後藤義一だけれど!
全国クラブユースに進むためには、負けられない!

がんばれ!



===<リザ、完敗>===
「第10回日本フットボールリーグ前期第17節 ゲーム詳報」(ジェフ公式)

ぬ・・。
ぬぬぬ・・。

やばいぞ、リザ・・。



===<水本は正式決定>===
「水本裕貴選手 完全移籍加入のお知らせ」(京都公式)
「DF水本裕貴選手 京都サンガF.C.へ完全移籍のお知らせ」(G大阪公式)

水本は、報道どおり、京都への完全移籍が正式決定。

こうなった以上はもう、逃げ場も選択肢も余裕も何もなく、ただ結果をもって周囲に示す他は無い。
がんばるしかない。

がんばれよな。




テーマ:ジェフユナイテッド市原・千葉 - ジャンル:スポーツ

岐阜キャンプ五日目!・・ジェフU-18は全国クラブユース出場を目指して挑む!
トルコ ハ スゴイデスネ
マルデ アレ デスネ
アケメネスチョウ ペルシャ ノ

アタナトイ!
不死隊!!!

突撃!突撃!一人が倒れても後続がさらに突撃!
突撃!援護!突撃!

いやはや・・。
延長後半14分にクロアチアに先制を許し、それでも。
それでも、攻撃!突撃!前進!吶喊!
GKのキックから、シュート、同点。
PKでの、鮮烈な勝利。

こんな展開。
もしオレが、ジェフの試合で、例えばナビスコ決勝なんかで見てしまったら、
間違いなく泣く。
泣くどころか、喉から血を吐くまで叫ぶだろう。
頭の血管、切れるまで絶叫するだろう。

すごい。


そんな劇的な展開じゃなくとも、ジェフの試合で忘れられない試合は幾つもありますが。
展開や思い入れだけじゃなく、やっぱりお膳立てというか舞台設定というのも大きくて。

いつかは。

いつかは、オレらも、ジェフを応援するために、ああいう大舞台に臨みたい。
挑みたい。

そんな事を、思うのです。


ジェフの岐阜キャンプは五日目を終了。
最終日として、FC岐阜のサブメンバーと練習試合が行われました。

「飛騨市古川キャンプ 5日目レポート(午前)」(ジェフ公式)
「飛騨市古川キャンプ 5日目レポート(午後)」(ジェフ公式)

ボスナーとレイナウドの2ショットがなんだか、なんつーか、笑える(笑)
まるであれじゃないか、高校の同級生のヤンチャコンビが夜景と愛車をバックに記念撮影!みたいな、そんな写真をつい連想してしまったぞ(笑)

楽山は富山のチューリップテレビの取材。
初めて知ったけど、チューリップテレビって凄い名前だな。岩手めんこいテレビも凄いと思っていたけど、チューリップってのも凄いな。
で、澤入コーチ/斎藤は東海テレビの取材。
斎藤は愛知出身というつながりで、澤入コーチの場合は名古屋つながりという事だろうか。
これらの放送がいつかってのも気になるぞ。


そして。
午後はFC岐阜との練習試合!相手はサブメンバー!
リーグ再開後の逆襲/反撃に勢いをつけるためにもここは快勝を!
なんて思っていたら、結果は、無失点の3-0!
地元の中日新聞でも記事アリ!
「FC岐阜2軍と対戦 飛騨合宿中のジェフ千葉」(中日新聞)

先の中京大学との練習試合同様、出場選手や交代などは公にされず、得点のみ公開。
新居が先制、苔口が追い討ち、そして青木がダメ押し!
なんか凄いよ。
FWが点を取ってるよ!

中京大学の試合とあわせると、キャンプ中、2試合合計7-0。
無失点!
得点は7点!青木孝太が3得点、苔口2得点、新居/フルゴビッチが1得点ずつ。
内容はわからないけど、かなり期待したくなるような“得点内容”じゃないか!?

無失点というのが、まず嬉しい。
立石なのか岡本なのか、中牧にもチャンスはあったのだろうか。DFラインはスタメン組以外に松本や市原の期待若手組もチャンスはあったのか。中盤はどんな構成?フルゴビッチはミラー体制下で活躍できるのか、工藤や下村はどうか。やっぱり斎藤はDMFなのか。期待株の馬場や米倉や益山は?
それらを踏まえて、さらにFWの得点が多いというのも、これまた、うん。
期待したくなる。
特に青木/苔口の二人は公式戦でなかなか結果が出ていないけれども、この二試合で活躍。
後半戦には彼らの活躍が見られるか!?

フルで練習する一日は昨日が最後であり、今日は午前練習のみで午後は移動。
この後は、来週末のリーグ再開、FC東京戦に向けて集中していく事となる。
「2008年06月:トップ・サテライトスケジュール」(ジェフ公式)


さあ、リーグ再開が近づいてきた。
残留か、降格か。
逆襲か、壊滅か。

がんばれ!!!



===<ジェフの試合、諸々>===
「ジェフリザーブズ」(ジェフ公式)
「ジェフレディース」(ジェフ公式)
「ジェフU-18&U-15」(ジェフ公式)

週末のジェフファミリー。
リザはFC琉球とAwayで対戦。
JFL降格がどんどん近づいているだけに、なんとしてでも勝利が欲しい。是が非でも勝ちたい。
JFL残留を賭けた直接対決とも言えるだけに、ここは勝利を!
トップ参戦組も、リザネイティブ組も、
お願い!
どっちもがんばれ!

レディースはお休み。
チームが奇数のリーグ故、どうしても一節に一つはお休みのチームが出てくる。
今週末はジェフレディースがお休みの番。
今週休んで、きっちり練習して。
そして、来週の大原学園との直接対決に挑め!


そして!
そして、全国クラブユース出場に向けて挑むジェフU-18。
先週の東京Vユース戦で逆転負けをくらい、Aグループで3位となってしまって9位決定トーナメントに回る事になってしまった。この9位決定トーナメントも厳しい戦いとなる。
敵は湘南ユース/FCトリプレッタ/横浜FCユース。
まずは湘南ユースと戦い、これに勝てば、FCトリプレッタx横浜FCの勝者と対戦。
二試合共に勝たない限り、ジェフU-18の全国クラブユース出場は無い。
・・つまり、後は無い。
がんばれ!
なんとしてでも、二連勝で、全国クラブユース出場をつかめ!

みんながんばれ!




テーマ:ジェフユナイテッド市原・千葉 - ジャンル:スポーツ

岐阜キャンプ四日目!今日は岐阜と練習試合!・・水本のG大阪退団が決定。
ドイツxポルトガルの試合は、まぁ、・・そんなもんだなぁと妙に納得。
スペインやオランダも、なんか決勝戦にたどり着けずに負けちゃうんじゃないかと思ってる。
どうなる事やら。


で。
ジェフの岐阜キャンプは四日目を終了!
今日のエルゴラにはちょっとだけそのレポが載っていたけど、練習大好き!な米倉が「ヤバイです」とつぶやいてしまうほど、濃密な内容だそうな。
でもって、携帯公式で読める選手コメントからは、やたらと前向き/充実の台詞ばかり。

「飛騨市古川キャンプ 4日目レポート(午前)」(ジェフ公式)
「飛騨市古川キャンプ 4日目レポート(午後)」(ジェフ公式)

この午前練習レポの写真、青木孝太がやたらとイイ表情をしている!

ミラー体制下では、現状、レイナウド/新居の二人が固定起用されてきている。
彼らが動けなくなってしまえば、代わって投入されるのは中盤の選手。また、幸い敵にリードされた時間帯も無かったりするので、攻めに出るためのFW投入という機会もない。
だから、青木孝太は出番が無いまま、ずっとベンチでチームが復調していく姿を見ていたわけだ。

自分がチャンスをもらっていた時は、勝てなかった。
彼自身も今季ノーゴール。結果が出せていない。
監督が代わってチームが立ち直り始めると、今度は出番が無い。
唯一、澤入コーチによって途中投入された京都戦では、「代わった選手はもっと走らなきゃ」とミラーに言われる始末。

だから「ダイジョウブカナー?」などと心配していたのだが、
この写真を見る限りだと、・・後半戦、青木に、き、期待して、いいのか・・な?


だってさ!
最近は試合応援してて「青木!」って普通に叫んで応援してるぞ、オレ!
青木孝太じゃなくて、青木良太に!
このままだと、「青木」=「青木良太」になっちゃうぞ!

あっちは、しかも、左SBでスタメン獲得しただけじゃなく、「良太バンザイ」でも活躍してるんだぞ!
ヒーローインタビューでは、谷澤に続いて「俺たち」「ジェフ」をやってくれたし。
ピッチ内外で彼の存在感はうなぎのぼりだ!
ああ、うなぎの滝のぼり!

今日はFC岐阜サブとの練習試合。(ジェフ公式)(FC岐阜公式)

先の中京大学との練習試合で2得点を決めているだけに、
青木孝太、ここでアピールして後半戦へのチャンスをつかめるか。

がんばれ!


※ところで。
※午後練習レポの写真の一枚目、選手達のランニング風景。
※写真では横一線に見えるけど、実際は前後にばらけていて、そのせいなんだろうけれど。
※やたらめったら、ボスナーがばかでかく見えてしまう。そして中牧も・・!
※この写真だと、ボスナーの肩のあたりに、戸田の頭があるぞ(笑)




===<今日のベスト!ワースト!>===
四日目。
「MAKE MY DAY」はボスナー!
「なまけもの」は米倉!

携帯公式に載ってる、ボスナーの台詞がステキだ・・っ!
そーだ、そのとーりだ!
若手は先輩の下というポジショニングに甘んじず、同次元でポジションを競うライバルだと思って、
もっとがんばれ!

米倉/益山/松本はもちろん、中牧や市原、がんばれ!



===<水本、G大阪退団決定>===
「水本の京都入り内定、28日にもデビュー」(ニッカン)
「水本がG大阪退団…西野監督慰留も」(スポニチ)
「謝罪なし水本退団!G大阪慰留1か月実らず…」(報知)
「西野監督「残念だし、無念」…G大阪」(報知)
「ガンバ大阪の水本が入団半年での異例の退団」(サンスポ)

昨日、いっせいに報道が流れた水本の件。
その日のうちに事態が動き、少なくともG大阪を退団する事は確定しました。
「DF水本裕貴選手 ガンバ大阪退団へ」(G大阪公式)

この公式発表の中で、G大阪フロントはわざわざ「練習不参加は、無断欠席じゃないよ!」とフォロー。水本個人の名誉へのフォローもあれば、クラブ/フロント自身の管理能力へのフォローという意味もあると思うし、所属選手/スタッフへの筋通しという意味もある。
つまり、公式インフォでそうしなきゃいけないほどの話なわけだ。

・練習を欠席したのは事実。
・それを報知では「チーム練習を無断で欠席」と表現。
・一方でスポニチで「山本強化部長は「行き違いがあった」」と発言。
・そして今回の公式インフォでのフォロー。

「退団の意思」⇒「慰留」⇒「態度の硬化」⇒「コミュニケーションミス」⇒「“無断欠席”報道」
こんなストーリーだったんだろうな、などと想像。
「○○だから練習には出れないって言っただろ!」「聞いてないよ!」「△△に言ったよ!」的な、
言った/言わないのすれ違い・・。
仕事でもよくある話だし(苦笑)

少なくとも、昨日の自分のエントリーにおける【2:移籍交渉の仕方】は、不適当な指摘でした。
ごめんなさい。


水本は、何を求めて移籍を決断したのか。
G大阪に居続ける事の何が我慢できなかったのか。
移籍先では、それらが満たされるのか。

今回の移籍が、彼にとって悔いの無い選択である事を願います。

決して、「逃げ」の移籍じゃないといいな。




テーマ:ジェフユナイテッド市原・千葉 - ジャンル:スポーツ

岐阜キャンプ三日目!・・水本がG大阪から京都に移籍!?
苦戦していたロシア。しかしエースのアルシャビンがようやく復帰し、そして彼がゴールを決めて予選グループ突破。エースってのは期待されるし、そして結果も出すからエースなんだよなー・・と。

ジェフのエースは巻だけど。

早くジェフに帰ってきてくれないかなぁ・・。
代表に選ばれてワールドカップ予選に帯同してるけど、出番も無いしさ。
その間にジェフの選手達は岐阜キャンプでがんばってチームを作り直してるんだしさ。
巻、戻ってこないかなぁ・・。
代表の某監督は、こんな事考えてるらしいけど。それって、もろにリーグ期間中じゃないか。
ジェフにしてみれば19節神戸戦と20節鹿島戦の間。新戦力発掘が目的って言うんなら、そこは巻が選ばれてほしくない。もちろん巻だけじゃなくて他のジェフ選手達も誰も選ばれてほしくない。

そして何より、代表で怪我してほしくない。
巻もそうだったし、FC東京の長友も代表で怪我しちゃったしさ・・。
「長友佑都選手の検査結果について」(FC東京公式)

むー。


巻の不在がなんだか不安になるけれど、それでも巻がいないままにミラーによるジェフの再構築は進み・・岐阜キャンプは三日目を終了!昨日もまたまた午前と午後の二部練習!
「飛騨市古川キャンプ 3日目 レポート(午前)」(ジェフ公式)
「飛騨市古川キャンプ 3日目 レポート(午後)」(ジェフ公式)

午前中には2時間みっちりのフィジカルトレーニング。
走力/素早さ/持久力、加えて集中力。試合を戦う体を作り直さないことには、どんな戦術も意味が無い・・そんなところなのか。これが後半戦を戦い抜くための土台になればと願います。
そして今回の岐阜キャンプでは、ジェフ公式のキャンプ情報にGK情報も頻出。
確かにGK練習だけは他の選手達とはちょっと離れて練習する事も多く、それゆえに情報も少なくなってしまう。だからこうやって情報が出てきてそれを読むと、なんだか興味深い。岡本も中牧もがんばってるなー、と。

中牧。
午前中のキャンプ情報、写真の1枚目。
写真の真ん中あたりでダッシュしている姿が映っているけれど。
・・その背丈といい、腕の筋肉といい、なんだか他の選手に比べてちょっと異質だぞ(笑)

でもって午後の練習写真は、選手達の笑顔が多い。
負け続けていた時は、特に下村なんかは、もう思いつめてストレスで弾けそうだっただけに。
こうやって選手達が笑顔で練習しているだけでも、後半戦にちょっとは期待したくなる。


残るキャンプは、あと三日。
明日はFC岐阜との練習試合。

がんばれ!



===<ベスト!ワースト!>===
三日目の「MAKE MY DAY」は坂本の手に!
そして「なまけもの」は池田!

池田、これで「MAKE MY DAY」と「なまけもの」の二冠を達成!



===<水本がG大阪から京都に移籍?>===
「水本五輪へ出場機会求めG大阪電撃退団も」(ニッカン)
「水本が移籍決断…京都入り最有力」(スポニチ)
「G・大阪・水本、練習すっぽかし移籍交渉!電撃京都入りへ」(報知)
「G大阪、水本に激怒!3年契約わずか12戦で背信」(報知)

んー・・。
もう他クラブの選手なんで、どうこうは無いけれど。
あまりかっこいいもんじゃないよな、こーゆー移籍の仕方は。

【1:移籍して数ヶ月で、「出番が無いから移籍したい」】
ジェフを離れるときに、「レベルアップしたい。チャレンジしたい」と言ってたけれど。
「チャレンジ」ってさ、成功するか失敗するかわからないから、挑戦なんだよね?
G大阪に移籍直後は実際に試合に出てたよね。だけどその後、だんだん出れなくなったよね。それって環境の問題じゃないんじゃないかな。G大阪でスタメンを奪えなかった・・つまりチャレンジに失敗したのは、そりゃ、G大阪のせいじゃなくて自分のせいじゃないのかな。
で、試合に出れなくなったら「試合に出られる環境に行きたい」(報知)って移籍というのはさ・・。
出られないからヤーメタってのはさ・・。
それって「チャレンジ」じゃねーだろ、と。
そして、G大阪じゃダメだったけど、試合に出れる場所に行きたい、それで京都を選ぶっていうのは。
京都なら「オレはスタメン当然!」って思ってるって事なのかな?
それはそれで、ずいぶんと京都および京都の選手達に失礼じゃないかなー・・と。

【2:移籍交渉の仕方】
いくらなんでもさ。
「関係者によれば、出場機会減に悩んでいた水本は練習をすっぽかし完全移籍での獲得を目指している京都と交渉を行ったという」(報知)
「非公開で行われた18日の練習試合を欠席。山本強化部長は「行き違いがあった」と説明したが、関係者によると水本は移籍の意思を固めており、この日は同強化部長と今後について会談したという。」(スポニチ)
仕事の進め方として、こりゃないだろー。
水本&カンテーラ、ねぇ、あなた達もJリーグでご飯食べているんだからさ。
最低限、仁義は通そうぜ。
筋道を通すでもいいや、義理を欠いちゃいけないとかでもいいや。
こーゆー仕事のやり方なんかしちゃったら。
後々、跳ね返ってくるぞ・・?

【3:意図的な情報リーク】
この情報はニッカン/スポニチ/報知で情報露出。
んー。
昨シーズンオフの移籍市場においては、報知の取材力が他紙より抜けてて何度もスッパ抜きをしていた。青木良太のジェフ移籍も報知がスッパ抜いていた。
そういうのは、そのメディアの取材力(記者の努力やコネクション)だと理解できる。
でもさ。
こうやって複数のスポーツ紙が、同日、ほぼ同内容で、しかも未決定(本来は秘密なはず)の情報を掲載っていう事はさ。
・・いろいろと想像しちゃうよね。
カンテーラががんばってるのかなー?


ほんと、もう、今更どうこうはないんだけれど。
去年まで、大好きでずっと応援していた選手だったんだ。

それが、こういう移籍の仕方をするっていうのは、ホントにそうなっちゃったら、

悲しいな・・。




テーマ:ジェフユナイテッド市原・千葉 - ジャンル:スポーツ

岐阜キャンプ二日目!
チェコxトルコの大激戦あり、フランスの不振あり、オランダの躍進ありのEURO。
当然、自分も毎日キャッキャッとEUROの動向を追いかけているんだが、欧州人にとってはオレら以上のようで・・。

というのは、この前の週末、スペイン料理を食べに行った時の話。
ここのおっちゃんがスペイン人でめちゃくちゃ熱烈マドリスタ。初めて行ってからもう5年くらい経ってるから顔も覚えてもらってて、いつもご飯食べながらサッカーネタでおしゃべりしてる。だけどその日は店が大賑わいで大忙し。
なので料理運びついでに、ちょっとEUROネタを振ってみた。

「EURO見てる?」
「当然ヨ!朝まで見てるヨ!おかげで毎晩寝不足、まちがいあったらそのせいネ」とニコニコ顔。
「スペイン、今年強いじゃん!トーレスにビジャにセスク、大活躍してるし」と言ってみたら、
「だめヨ、相手弱スギ、あんなのトーゼン!相手弱いから、まだまだわかんないヨ」
などと余裕の表情だった。

ご飯食べ終わってお店を出る帰り際には「今年もマドリ勝ったネ!」

やっぱり欧州の人はサッカーが好きなんだなー。
まぁ、このおっちゃんはサッカーだけじゃなくて闘牛も大好きなんだが。


で、そんな与太話はどーでもよくて。
(いや、こんなblog書いてる理由は与太話/オシャベリしたいからなんだけどさ 笑)
ジェフの岐阜キャンプも二日目が終了。中京大学との練習試合もこなしてます。
この練習試合に4-0と勝利!

「飛騨市古川キャンプ 2日目 レポート(午前の練習)」(ジェフ公式)
「飛騨市古川キャンプ 2日目 レポート(午後の練習試合)」(ジェフ公式)

練習試合の内容や手応えは書かれてないし、選手名も得点者だけで出場選手は明らかじゃない。
それはミラー監督の意向で、わざわざコメント付き。

「一部、情報をコントロールすることが今のチームには必要だと考えています。サポーターの皆様には、一緒にスタジアムで喜びを分かち合うために、ご理解いただきたい」(ジェフ公式)

・・うむ、ならば仕方ないな(笑)

公式HPを見る限りだと、
苔口のスパイク(赤色)が目立つなーだとか、青木は少し締まったかも?だとか、ボスナーも芝生の上に座ってミラーの話を聞いてるのがちょっと可愛いだとか、まぁ、そんな事をつらつら思うのだが。

だが。
そうなんだが。

苔口の写真の向こう!
その向こうに馬場!
テントの中に馬場!

おいこら馬場!
がんばれ!馬場のサッカーセンスにはみんな期待してるんだから!
後半戦はがんばってくれ!
お願い!

つか、馬場!
そこでほけーっとしてるだけならまだしも、コッチじゃ、なんでお前ら上半身裸なんだ!?
「なかま」(馬場憂太 オフィシャルブログ)

馬場の横は誰だ!?谷澤か!?青木良太か!?
四人中三人が半裸なのに、青木孝太だけシャツ着てるのはなんでだ!?
これじゃ完全に修学旅行じゃないか!
このまま女子風呂ノゾキに行こうとか、ホテル脱走して遊びに行こうとか、そんな勢いじゃないか!
でもって谷澤あたりがミスって見つかって大騒ぎ、頭にゲンコツ!廊下に正座!お前ら反省!
そんなノリじゃないか!

今期途中出場で出てきた時には、必ず一度はそのパスでビッグチャンスを作っていただけに。
後半戦、馬場の活躍に期待したい。
今のジェフの中盤じゃなくて、巻とかレイナウドとか新居といっしょに最前線に配してみたらどーよ?と妄想しているオレ。

がんばれ!


※つか、あの写真の中で馬場の左隣は誰だ?青木良太っぽいんだが、谷澤な気もするし・・。
※でもでも青木良太は同室の斎藤にならって空気椅子しながらマンガ読んでるのかも。
※そして。あの写真の中に新居がいたのがちょっとビックリ(笑)




===<今日のベスト!ワースト!・・なまけもの!>===
ミラー監督のネタというかジョークというか。
キャンプの、その日で一番がんばった人には「MAKE MY DAY」Tシャツが贈呈!
ワーストには「なまけもの」Tシャツ!

「MAKE MY DAY」は、初日が池田で二日目が戸田。
「なまけもの」が、初日が苔口で二日目が中島。

・・。
・・・・。

うん。

中島の「なまけもの」Tシャツが、恐ろしい程に似合っているぞ(携帯公式)。


あまりにも似合いすぎいやがる・・。



===<地元報道>===
「飛騨「ジェフ千葉」合宿入り 地元ファンら熱烈歓迎」(読売新聞/岐阜)
「J1ジェフが古川合宿 20日にFC岐阜と練習試合」(中日新聞/岐阜)

「まるで修学旅行」(「サッカーボールを追いかけて」さん)で知ったのだが、今回のジェフ岐阜キャンプは地元新聞でも報道されていた模様。
どちらも到着時の歓迎式典の様子の写真が載ってますが、新人の益山が真ん中近くにいるのは、あれかなー、地元岐阜県出身だからなんだろうか。

でもって、読売新聞の記事の写真、益山の左には中島が映っている。
その左、柱の前に立つサングラスの男は・・。
このオーラは・・。

櫛野だな!?

なんだか久々に写真に映っている櫛野を見た気がする・・。
早く故障が治って、ピッチに立ってくれ。




テーマ:ジェフユナイテッド市原・千葉 - ジャンル:スポーツ

岐阜キャンプスタート!・・青木良太インタビューとか、ジェフ特集記事とか。
リーグ再開後の逆襲を目指し!
最下位という降格筆頭の位置からの這い上がりをめざし!

岐阜県飛騨市の古川で、ジェフのミニキャンプが始まりました!

「飛騨市古川キャンプ スタート」(ジェフ公式)
「飛騨市古川キャンプ レポート」(ジェフ公式)
「トレーニングキャンプの実施について [ 千葉 ]」(J's GOAL)

飛騨市でキャンプというと、まぁ、いつぞやの監督騒動の時にもキャンプがあったなー・・とか思い出します。去年(2007年)は宮城キャンプ(vol.1vol.2vol.3vol.4)だったけれど、その前のね、2006年はね、同じ飛騨市の古川でキャンプがあったわけで。
「ジェフユナイテッド市原・千葉 トレーニングキャンプ in 飛騨市」・・こんなページも残ってる。

で、飛騨市のサイトを調べてみると、古川の施設というのはこんな感じだそうな。
「ふれあい広場」(飛騨総合ポータルサイト)
「飛騨市観光サイト 遊 スポーツ」(飛騨市観光サイト)

ジェフだけでなく、名古屋のキャンプにも使用される事があるようで、それだけに施設はかなりよさげ。
ジェフ公式の写真を見ても、ずいぶんと立派立派。
芝の緑がキレイだなー、とか、広いなー、とか。空が青いなー、とか。こーゆーところをドライブしたいなー、蕎麦食べたいなー、地酒飲んだり温泉に・・って、あぁ、旅行してぇ・・(笑)


ジェフ公式に早速掲載されたトレーニングレポを読んでみると、ずいぶんとみっちりとメニューが組まれているっぽい。前半戦の疲れをオフで癒して、後半戦を戦うコンディションを作り上げなきゃいけないわけで。戦術や連携はもちろんだけど。
・・試合後半になると、足が止まってしまう今のジェフを思えば、フィジカルから作り直さないといけないんだろうなぁ、とかとか、思ってしまいます。
「途中交代の選手はもっと走らなきゃ」なんて、ミラー監督、言ったことあるしな。

「2008年06月:トップ・サテライトスケジュール」(ジェフ公式)
これを見れば、今日は二部練習。
午前のトレーニング、午後には中京大学と練習試合。

練習試合とはいえ、誰がどのように起用され、どんなプレイを見せるのか楽しみ!


※つか、ジェフ公式にキャンプ当日からレポートが載るとは思ってなかった(苦笑)
※この調子でお願い!もっとがんばって!すげーうれしいぞ!
※で、携帯公式では米倉も青木孝太も青木良太も更新。みんななんだが楽しそう。
※楽しそうというか、・・修学旅行みたいだ(笑)



===<サカマガとかサカダイとか>===
今日発売のサカマガとサカダイ。
サカダイには青木良太のインタビュー。そしてサカマガには監督交代のジェフ特集記事。

青木良太のインタビューは、「良太バンザイ!」のあのノリが垣間見えてちょっと楽しい(笑)
で、ジェフに移籍後、左SBとしてスタメンに定着してきた青木だけれど、実は右利き。しかし本人は右よりは左の方がプレイしやすいそうな。シーズン前の選手名鑑には「右SBも~」なんて書いてあったけど、蓋を開ければクゼもミラーも左SB起用。やはりそこは選手の適正を見てそう判断したんだろう。そしてそれは本人の向き不向きともぴったりあっていた、と。
インタビューを読むと「落ちないよ!全然そんな事思ってないよ!これから上がるだけだよ!」と元気な台詞。
再開後の青木の活躍に期待したい。
本人曰く、自分の中のファンタジーが復活しつつあるそうだしな!

で、サカマガのジェフ特集記事。
前回はクゼ解任にいたる経緯がまとめられていたけれど、今回はミラー就任後の話が中心。
面白かったのは、「公式戦の前々日には対戦相手を想定した練習」が必ず行われているそうな。敵の布陣、戦術。それに対してジェフがどう戦うか。それを細かく指示し、非公開練習の中で選手に伝えていく。
そりゃ確かに、それを対戦相手には一切見せたくないよなぁ・・。
無闇矢鱈に「非公開」というわけではなく、練習内容やタイミングに応じて非公開にすべきと判断しているという事かと。その結実の一つが、新居を右サイドに配した大分戦。
・・策士!

そしてこの記事の中にも書かれていた補強話。
ポイントは大きく二つで、昼田さんによれば、「ボランチとセンターバックのできる選手」、そして「巻とコンビを組むFW」を探しているそうな。
前者は戸田の獲得で対応した事になるのだろうが、問題は、後者。
現状では新FW獲得という話はないままに岐阜キャンプが始まっている。
結局このままでいくのか。
それともやっぱり誰かFWを補強するのか。
そのFWが外国籍選手だった場合、外れるのはレイナウドかフルゴビッチか。
(まさかまさか、ボスナーoutはないだろう)

本文横にレイナウドの写真があり、キャプションには「放出の噂も」とか書かれているけれど。
はてさて。
どうなるだろう。

・・気になる!




テーマ:ジェフユナイテッド市原・千葉 - ジャンル:スポーツ

ジェフU-18は逆転負け!・・石田ミホコが国歌斉唱!とか岐阜キャンプ!とか。
昨日は1日でU-18/U-15、リザにレディース、ジェフファミリーの試合が複数行われていましたが、その中からU-18の試合を見に行きました。勝てば全国クラブユース確定だったしね。

で、そのU-18の試合は・・悔しい事に逆転負け!
逆転負けったら逆転負け!
ああチクショウメ。

試合は、ジェフが勢いよく攻め立てて始まる。
ゴール前でのワンツーからPA内にジェフの選手が侵入。これを後ろから倒されてPK。微妙といえば微妙だったけれど、PA内だったし突破後の決定機を倒した形だったのでPKはしかたないかも。
で、このPKをキレイに決めて、ジェフが先制。
さらに敵ゴールに向かって左サイドを攻め立て、ジェフ#10が見事なゴール!
ゴール前左45度の、いわゆる「デル・ピエロ・ゾーン」から敵DFもGKもすりぬけるすばらしいシュート。あれは立派だった。

前半のジェフは、#10の安定したポストプレイを足がかりとし、まずは彼にボールをあて、そのポストプレイから他選手が突破する形がメイン。特に両サイドの#7や#11、この二人が体は小さいながらも走りまくる!突破する!個人技にも長けてて見ていて面白い。

しかし2-0とリードして気が緩んだのか、東京Vユースにあっけなく反撃弾を許してしまう。上がったジェフ左サイドの裏にロングボールで抜け出され、DFをかわされ、さらに飛び込んだGKまでもかわされて、ゴールに流し込まれて失点・・2-1。
これで東京Vの反撃ムードが高まる。
何度も何度も敵#10や#11、両FWが個人技でジェフゴールを脅かし、ゴール前のFKがそのまま決まって2-2の同点。
しかし、このFK。
メイン側の線審が旗をあげており、ジェフの選手達が主審に異議をとなえる。主審も線審に確認するも、ジャッジは覆らない。納得いかない表情のジェフ選手達に、「オレはちゃんと見てたぞ!」と自分の目を指差す主審。

なんだかすっきしりない同点劇だったけど、ここからジェフが粘り、再び#10のポストプレイ、#7/#11両サイドの突破で攻め返す。
そして前半も終わりごろ、CKから#11の見事なヘディングで勝ち越し!
3-2。
リードして前半終了!

※CKかと思っていたら、どうやら、右サイドをコンビネーションで突破してのクロス!だったようです。
※すっかりオレの勘違い!!
※コメントでご指摘、ざるさん、ありがとうございます!


よっしゃいけるぜ!勝てるぜ!このまま全国クラブユースだ!
・・なんて、思っていたんだ。
ここまでは。


後半が始まると、ジェフU-18最大の武器だった#10のポストプレイが封殺されてしまう。
さらに右サイドの#7が、前半終わりごろの接触プレイで足を痛めたのか、後半はすっかり精彩を欠いてしまう。これでジェフの武器は#11の個人技突破に頼るばかりで、東京Vがずいぶんと余裕をもって守るようになってしまう。
そして中盤で攻守に奮闘していた#6と#8の二人が東京Vに狙われるようになり、結果、ジェフの守備陣が前後左右に振り回され、どんどん敵に主導権を握られてしまう。

その結果、逆転負け。
スローインからゴール前で混戦・・失点。
後がないロスタイム、必死で全員が攻めあがるも、ぽっかりとマークが外れた敵#11にボールがわたり、単騎突破・・GKと1対1。決められて万事休す。

2-0が2-2となり、3-2となり・・最後は3-5。
悔しい敗戦だった。

これでジェフU-18は9位決定戦にまわる事となり、全国に出場するためには9位決定戦のミニトーナメントを勝ち抜かなければならない。
厳しい状況だけど。

がんばれ!

PK.jpg after.jpg
※先制点のPK!と、試合後の選手達。

splus.jpg
※この試合には関係ないけど、隣り合ったもう一つのグラウンドに清水が来ていた。


おまけ:審判
ビミョー、ビミョー、すげービミョーな審判。
主審は、まぁ、不満もあるけど、J1じゃないしなぁ仕方ないかなぁ・・と思いつつ。
しかしバクスタ側の線審!彼はひどかった!!!
だって前半途中からもう、まともにジャッジしないんだよ!?
敵味方乱れての微妙な判定になると、旗をあげずに主審のほうばかり見てて、主審のジャッジにあわせて自分の旗をあげる・・そんなのってないだろ!と(苦笑)。
自分の近くに、東京Vの下部組織?サテ?の選手達がいたけれど、「こんな審判がまだ関東にいるのかよ」だとか「線審、自分の意思もてー」とか、あきれるようにぼやいてた(苦笑)

おまけ:人工芝グラウンド
人工芝でのサッカーの試合ってのは初めて見たけれど、足のすべり具合だとか、ボールの跳ね方だとか、やっぱりフクアリと違うのな。
そりゃそーなんだろうけど。
なので、そのへんが少しずつ少しずつ東京Vに有利だったかもしれない。

おまけ:東京Vの練習施設
いやはや豪華!
天然芝のトップチーム用練習場に、人工芝のグラウンドもあるし。全部をまわったわけでも数えたわけでもないけど、他にもグラウンドがあったっぽいし。
すげー豪華!
うらやましくなった・・。
だけど!
そうなんだけど!
おかげで帰り道迷ったよ!しばらくうろうろしちゃったよ!



===<他のジェフファミリー>===
「第14回関東クラブユースサッカー選手権(U-15)大会」(ジェフ公式)
「第10回日本フットボールリーグ前期第16節 ゲーム詳報」(ジェフ公式)
「プレナスなでしこリーグ2008ディビジョン2 第7節」(ジェフ公式)
「JFL公式」
「なでしこ公式」

リザは苦戦が続き、高崎と引き分け。
選手も監督も、かなり厳しいコメントが続く。
U-15は東京・東久留米FCに1-0と勝利で、2会戦進出!

そして再開したなでしこでは、レディースが2-1で福岡に勝利!
しかも大きいのは、昇格のライバル・・大原学園とFC高槻の直接対決が引き分けに終わった事!ライバル同士が共に勝ち点を1しか得られなかったわけで、これはジェフレディースにとっては大きい話。
次節、レディースはまたまたお休みだけれども、その次には大原学園と直接対決が待っている。
昇格争いの行方を左右する大一番。
これをもって前半戦が終わり、後半戦に折り返すだけに、ぜひとも勝利を!



===<レディースの石田ミホコが国家斉唱!>===
「石田 現役サッカー選手初!国歌独唱」(スポニチ)

「一番星」でプロ歌手デビューするジェフレディースの石田ミホコ。
彼女が日本女子代表の対アルゼンチン戦で、国歌斉唱を務める事になったそうです!

おめでとーーーーー!!!!

ホントはぜひとも選手として呼ばれてほしいけれども。
でもでも。
これは目出度い事、立派な事。
本人もワクワクしているようです!



===<ミラー率いる岐阜キャンプ!>===
「2008年06月:トップ・サテライトスケジュール」(ジェフ公式)
「千葉“ミラーカーテン”やっと開いた」(スポニチ)
「再開初戦に照準…千葉」(報知)

公式戦の前には一度は非公開練習を行い、チーム関係者にも戦術やら何やらに緘口令と、情報管理に厳しいミラー監督。しかし、今度のミニキャンプでは、対FC岐阜戦/対中京大学戦、共に公開で行うもようです。
とはいえ、どちらも平日とあって、さすがに見学には行けないなぁ・・。

なんにせよここは、
「チーム力をアップして、29日のF東京戦を最高の状態で迎えるようにする」(報知)
というミラーの言葉に期待、期待、期待!

だってさ、
「帰ってきた時を楽しみにして下さい」(報知)
なんて言われたら、そして就任以来の実績を見たら、どんなチームとなって帰ってくるか、否が応でも期待したうじゃないか!!!

・・ところで。
一時、さんざん噂のあった「新戦力の補強」という話は、どうなるんだろ?
「UNITED」で、ミラー監督は補強の話をしてないみたいな文言があったけど、このままいくのかな?




テーマ:ジェフユナイテッド市原・千葉 - ジャンル:スポーツ

逆転負け…
3-2で折り返すも、後半に逆転されて悔しい敗戦。

終わってみれば3-5。

…………ぬぬぅ……。。



テーマ:ジェフユナイテッド市原・千葉 - ジャンル:スポーツ

ユース、ハーフタイム
3-2でリードして折り返し!



テーマ:ジェフユナイテッド市原・千葉 - ジャンル:スポーツ

ヴェルディグラウンド
ジェフU-18と東京Vユースの試合を見に、ヴェルディグラウンド。

到着!



テーマ:ジェフユナイテッド市原・千葉 - ジャンル:スポーツ

EUROで寝不足継続中・・ジェフ公式に三木社長挨拶の映像が!そして週末のジェフファミリー。
眠い。めちゃくちゃ眠い。
ここ最近、会社の組織変更で業務内容が変わり、急激に忙しくなったのが一つ。
それとEURO!全試合は見れないからピックアップしつつ録画や生放送をおいかけているけれど、やっぱり寝不足になってしまう。

眠くて眠くて致し方ないんだが・・EUROはやっぱり面白い(笑)
スペインxロシアは、これがもうスペインすげー、ビジャもセスクもトーレスもすげーすげー、だし。ポルトガルxチェコは、ついついチェコを応援してしまう自分としては残念な結果。チェコも何度も惜しいチャンスがあったし、試合を通して見れば守備もかなりがんばっていたんだけれどなー。シオンコかっこよかったよ、シオンコ。

なんちゅーかあれだな。
Jリーグ中断期間でよかったよね、EURO(笑)
マジで。
これでジェフの試合を追いかけ、さらにEUROを見てたら、自分の時間が本気で足りなくなっていたぞ。でもって、Jリーグというサッカーと、EUROのサッカーと、二つのサッカーが頭の中でごちゃごちゃになっていたに違いない。

いやはや。
いちいち言う事でも無いけれど、Jリーグのサッカーと欧州代表のサッカーって全然違うなぁ・・。
技術がどーとかはけっこうどうでもいいけど。そうじゃなくて、魂が違う(笑)
サッカーという勝負事に挑む気構えというか、覚悟というか。そこんところが、全然Jリーグと違う。
それこそ、審判もふくめてピッチを囲む空気そのものが違うんじゃないかと、感じる。

サッカーの起源説の一つは、敵の生首を蹴って遊んだというものであり。
都市国家という「敵」と「味方」の対立だとか。カトリックにプロテスタントという対立だとか。○○家という王族のしがらみもあれば、逆の軸で王政だとか革命だとかいう対立軸もある。もちろん民族という対立軸もある。
スペインだって、カスティリャーノやらアラゴンだとか、かつては敵同士だった王国の連合軍だと言えるし。ポーランドは、かつて中東欧を席捲したポーランド=リトアニア連合騎士団の末裔なんだ。だから彼らのカウンターサッカーの背後には、あの草原地帯を駆け抜ける騎士団が垣間見える・・かもしれない(笑)
デンマークとかノルウェーとかスウェーデンの選手達は、先祖はあの!ヴァイキングなんだから、そりゃもう、勇猛果敢なわけで。ダニッシュ・ダイナマイトとかって、そりゃそーだよなと。

そう思えば、Jリーグにはまだまだ「戦う覚悟」が足りないかもなぁ、などと思います。
だからと言って、それは決して暴力や殺伐を肯定するわけじゃないんだけどね。



===<三木社長の挨拶!>===
「安全なスタジアムづくりについて」(ジェフ公式)

じゃあそのJリーグではスタジアムという場をどうもっていきたいか、という事に関してだけど。
この前の川崎戦の三木社長挨拶が公式HPに。

「おかしいんじゃないの!?ジェフ。・・普通の会社みたいになっちゃったよ!?」
と、ウチの奥さん談。

言っている内容も大賛成なんだが。
社長がこうやってサポの前に現れ、きっちりと自分でしゃべるという事。
それをこうやって公式HPで見れるように、形にして示すという事。

・・いいのか、ジェフ!
こんなまともになって、大丈夫なのか!?



===<土日のジェフファミリー>===
「ジェフリザーブズ」(ジェフ公式)
「ジェフレディース」(ジェフ公式)
「ジェフU-18&U-15」(ジェフ公式)

リザは、アルテ高崎と残留争い直接対決!
レディースは、福岡アンクラスとAway戦!
U-18は、関東クラブユースのグループリーグの最終戦!
U-15は、これまた関東クラブユースのトーナメント初戦を東京・久留米FCと!

みんながんばれ!




テーマ:ジェフユナイテッド市原・千葉 - ジャンル:スポーツ

今週末、ジェフU-18は、東京Vユースと決戦!・・巻とか水野とか。
関東CY公式でもジェフ公式でも、先週末のジェフU-18試合の結果が更新されず。
しょうがないので、自分で各対戦相手のHPをまわって調べてみると・・。

【ジェフU-18x栃木SC】
「平成20年度 日本クラブユースサッカー選手権 関東大会2次リーグ」(栃木SC)
決して負けられない、それどころか大量得点が求められたこの試合は、9-1で、ジェフU-18の勝利!

【柏ユースx東京Vユース】
「第32回 日本クラブユースサッカー選手権(U-18)大会 関東2次予選」(柏公式)
「日本クラブユースサッカー選手権関東大会試合結果(6/8)」(東京V公式)
ジェフU-18にとってライバル同士が直接対決となったこの試合。結果は、4-2で柏ユースの勝利!

これによって、2次予選リーグAグループの上位陣は、次のようになりました。
===
1位:ジェフU-18  (勝点10、得失点差+18)
2位:柏ユース   (勝点10、得失点差+16)
3位:東京Vユース (勝点9、得失点差+16)
===
いつの間にやらジェフU-18が得失点差で柏をかわして1位! ジャカジャン!

じゃあ、これによって最終節をどのように迎えるかと考えれば・・。
柏ユースの最終戦はフットワークと対戦。ジェフU-18も東京Vユースも、どちらも大量得点で勝っている相手だけに、柏ユースがきっちり勝つだろう、それも得失点差5点以上は稼ぐだろうと予想。
つまり勝点13、得失点差+21以上となる。

そしてジェフU-18と東京Vユースが、なんと最終節での直接対決。まさに決戦!
先のナビ予選といい、なんだか今年はこんな試合が多くね?とか思ってしまうけど。
でもでも!
今週末にジェフU-18は東京Vユースと戦うわけで。逃げも隠れもできなくて。
そしてこの試合で、Aグループの順位と全国CY選手権への道筋が大きく左右されるわけだ。

勝利・・勝点13で柏ユースと並び、おそらく得失点差で追い越されて2位?かな?
引分・・勝点に1を追加で11。東京Vユースも1追加で10。勝点によってグループ2位確定。
敗戦・・勝点10で変わらず、東京Vユースが勝点12。リーグ3位。

予選グループの順位に応じて、1位は1~4位決定戦。2位は5~8位決定戦へ、3位は9~12位決定戦に、それぞれ進む。最終順位1~9位が全国CY選手権に進むのだから、9~12位決定戦にまわってしまった場合は、このミニトーナメントで優勝する他はない。

今週末の東京Vユースは、だから、是が非でも、勝つ!か、引き分けを!
敵はもう、勝つしかないんだからがむしゃらに攻めあがってくるに違いない。
そこを耐えて、耐え忍んで、

沓掛、岡庭、高橋悠馬、高橋完治、金井、村上・・彼らが一撃でも敵のゴールを奪う事ができれば!
試合をぐっとこちらに持ってくることができるだろう。


今週末、6月15日。
場所はヴェルディグラウンド

11:00、キックオフ!



===<巻とか水野とか>===
「1トップあるぞ!巻、居残り練習」(スポニチ)
「玉田&巻2トップ!俊輔&大久保離脱で新布陣…14日タイ戦」(報知)
「巻&玉田、高さでタイ料理/W杯アジア予選 (1/3ページ)」(サンスポ)
「水野コンディション上昇、チャンス作る」(ニッカン)
「水野生き残りへ必死…北京五輪代表枠 (1/2ページ)」(サンスポ)

巻。
「オレは悪球打ちだから、難しいボールを頼む」(スポニチ)だなんて・・自分でそう思っていたのか!?
水野のキレイなクロスは、よく敵に弾かれていたけれど、なんだかこぼれ球に頭からつっこむだとか、上半身だけねじりながらヘディングだとか、そーゆー方がよく点を決めてるとは自分も見てて思っていたけど(笑)
あれだ。
巻を気遣って丁寧にクロスをあげるよりも、「ほらいけ!」ってなノリでシンプルに、とりあえず敵DFも跳ね返すのが難しいようなボールを送ったほうが、巻にはいいのかもしれない。
悪球打ちの巻。
点を決めたら、いっそ、フクアリのビジョンで「グワラゴワガキーン!!!」とか!?

でもって水野。
セルティックに移籍するも出番をつかめず。コンディションも試合勘も苦しんでいる模様。
がんばれ!




テーマ:ジェフユナイテッド市原・千葉 - ジャンル:スポーツ

イタリアxオランダの1点目はオフサイドじゃないらしい・・ジェフネタと、浦和360度。
録画していたイタリアxオランダを見る。
一番びっくりしたのは、やはり1点目。CKからの流れでGKブッフォンと交錯し、そのままピッチの外に転がり出て倒れてしまう。で、流れたボールをオランダがひろい、左からゴール前にするどいクロス。いざ!と上がっていたイタリアDFの裏でファンニステルローイがそのボールにあわせ、先制点。

普通に見たらどー見てもオフサイドなんだけど、あれはオフサイドじゃないんだそうな。
焦点となっているのは、あの瞬間、ピッチの外にいたパヌッチ。彼は交錯から自分で外に倒れていたわけで、審判によって試合が中断していたわけでもなんでもなくて。よって、審判が認めないままにDFが外に出てしまっている場合は、オフサイドの判定対象になるため、あの瞬間、ファンニステルローイの前にはブッフォンとパヌッチの二人が存在していたという事となる。
よって、問題ナシ。

むむむ。
Jリーグでも起こりえるかもしれないから、「こーゆー時は、こーなるもんだ」と覚えとこう(笑)


・・に、しても、先制点を取られたあとのイタリアは、何をどうすりゃいいのか混乱してたなぁ・・とか。
オランダの二点目も三点目も、こりゃまたイタリアにとっちゃ悔しいカウンターだなぁ・・とか。
後半半ばのイタリアの猛攻で、一点でも決まっていたら、だとか。
でもそういう勝負のあやがあるとはいえ、3-0ってスコアだったら誰も言い訳できないよな、とか。

オランダは次はフランスと戦うわけで。
そのフランスまで打ち破ったら、面白いことになるな・・ワクワク♪


オランダ:おまけ1
その昔、旅行中にオランダのサッカーサポ大軍団と遭遇したことがある。
って、前回のEUROの時の、チェコxオランダのプレイオフであり、場所はプラハだったわけだが。
プラハの観光名所である旧市庁前広場を囲むカフェ全部を一晩中占拠し、飲んで歌ってキメまくりの乱痴気騒ぎ。聞けば、みんなバスや列車ではるばるやってきたとの事。つか、広場のカフェのテーブルで堂々と葉っぱを巻くなよと(笑)
酔っ払ってグデングデンになったオランダサポが、ビアジョッキを石畳におっことして粉々にしたり。
飲んで騒いでそのままどっかに歩いていって、お金も払ってないから、カフェのにーちゃん困り顔。
そんな思い出があるもんだから、wowow解説陣の「オランダサポがいっぱい来てまして、大騒ぎ」なんて台詞は、やっぱなー(笑)なんて思ってしまった。

オランダ:おまけ2
「やなーぎさーわ」のコールのリズムで、「ねーでるらーんと」ってコールしてたなー。
他にもJリーグで聞いたことのあるリズムやコールがいっぱい。FC東京で聞くやつもあった。
Jリーグのコールが元ネタを欧州や南米のサッカーサポに求めてるってのは、知識としては聞いていたけど、こうやって実際に耳にすると、なるほどなーとなんとなく妙な気分(笑)

オランダ:おまけ3
オランダが「ねーでるらーんと」ってコールするのはわかるんだけど、試合の終盤「ほーらんっ」ってコールしてたように聞こえた。
日本語名オランダの元ネタのホラント。wikiを読んでみたら、ホラント州は現在南北に分かれており、また、ホラントという言葉はオランダの俗称になっているんだそうな。ホラントが、国としてのオランダを指す言葉として現役だとは思ってなかったのでちょっとびっくり。
ひとつ覚えた。

オランダ:おまけ4
で、そのホラントで思ったんだけど、オランダはスペインに反乱を起こして独立した歴史があるのだから、対スペイン戦は因縁の対決になるのだろうか?
それとも16~17世紀の話だから、「昔はそうだったよね」って位の距離感になっており、やはり、今のオランダにとって因縁の対決となると対ドイツ戦なんだろうか。



===<我那覇、それ勘違い!>===
「6/8 フクアリの皆さんへ」(我那覇和樹オフィシャルブログ「GANAR」)

この日記の中で・・
「千葉サポーターは自分達のチームにブーイングをした事がないと耳にした事がある。」
だなんて・・。

違うから!
しょっちゅうしてるから、ジェフサポがジェフ選手にブーイングなんて!
去年も一昨年も、いっぱいしてたから!!!
今年は、確かに連敗中にサポが「スタジアム全体の音量」としてブーイングは起こらなかったけど、
それでも、個人レベルでは何人もブーイングしてたから!



===<木下大サーカス!>===
「ユニティ 木下大サーカスに出演! レポート」(ジェフ公式)

タスキのジェフィ!「ゆにてぃ」という平仮名!
あ、あざとい!安直!・・なんだけど!
そうはわかっていても、可愛いと思ってしまう(笑)

まー、あれだ。
東急ハンズで売ってる「あんたが主役!」みたいなタスキを、下手にかけてはしゃぐと空気が寒くなるが、ちゃんとネタとしてマジメにやると可愛く見えてしまうというやつだ。

こーゆーのは、やるならマジメに本気でやらんとな!



===<本気でこういう発想はなかった>===
「スタジアムを360度、赤で埋め尽くそう」(サポティスタ)
「南もレッズで埋めつくそう」(浦和レッズサポーター一同)

いや、普通に驚いた(笑)

まず思ったことは、「Awayサポはどーすんの?」「いらないの?」。
浦和サポだけの、浦和による浦和のスタジアムで浦和の試合を見たいってそーゆー事?
でもAwayサポ排除とはうたってないし、Awayサポへの座席割り当てというJリーグ規約もある。

だから次に「別な場所にAwayサポ隔離したいって事?」と思ったけれど、
だけどそれだってHomeサポとAwayサポが同じスタジアムに同居するわけで。

ならば「とにかく、赤い色でスタジアムを一周したいって事?」なんだろうか。
むむむ・・わからん。

こういう発想はまったく考えたことがなかったんで、ちょっとびっくりした。

本当に実現に向けて動いていくのか。
それとも一部集団による、とんがった行動として終わるのか。
気になる。




テーマ:ジェフユナイテッド市原・千葉 - ジャンル:スポーツ

川崎戦、雑感。
EURO。昨日の試合ではフランスよりもルーマニアの方が好きになってしまったオレ。
明らかにフランスの方が強いんだけど、そうなんだけど、じゃあ自分達が戦うにはどうするか?という事を見出してそれに徹するかっこよさというか。弱者の論理と言えばそれまでなんだけどさ。数少ない自分達の強みを活かして、それに勝つためにチームを研ぎ澄ませ、鍛えてあるのは、やはり凄いと思うんだ。

それと、ルーマニアのパス回しが、直線的で意外性とかないんだけれど、
すごくみんな、パスをちゃんと“受ける”のな。
Jリーグだったら明らかにトラップが乱れるようなタイミングとか、特に強さ/速さでパスが出るんだけれど、それをちゃんと受けて速攻を繰り返す。
EURO予選でオランダを凌いでグループトップ通過は伊達じゃない、と。

そのオランダはイタリアを3-0で破る。
今大会の「死のグループ」・・Cグループだけど、番狂わせが起こるかも・・。


で、川崎戦のあれやこれやをざっくりと。


===<試合雑感>===
【三木社長挨拶】
偉いと思う。
ちゃんとサポの前に出て、Jリーグに関わる自分達全てがJリーグを代表しているんだという自覚をもち、その上で浦和xG大阪戦をサポに謝罪。確かに、浦和xG大阪戦の一件には、ジェフは直接関係はないけれど、しかし浦和戦関連では、ジェフも過去にこういう事があったわけだし。
「サポーターってのは過激であっていいんだ、そっちの方がかっこいいんだ」だとか、
「他クラブのサポとはいがみあって当然」だとか、
そういうスタジアムにおける暴力的な匂いが、少しずつ肯定されて積み重なってきた結果、J33クラブの中で優勝争いやサポの数や過激さ等、理由がたまたま際立った一部が衝突し、あの浦和xG大阪戦の騒動に至ったわけで。
Jリーグ全体が、そもそも「スタジアムでの暴力行為は一切禁止」というスタンスを徹しきれていなかった結果でもある。
そういう観点からの謝罪なんだろうなぁ・・って思います。

「品川駅長やってたんだもんねー。他の駅の不祥事もJRの不祥事、自分達がJRを代表しているんだって、そういう考えがあるから、ああいう事できるんだろうねー」
ってのは、久々観戦のウチの相方の談。

三木社長の言葉の中にあった、「対戦相手を称えましょう」というのは、本当にそのとおりだと思う。

だけどさ・・。
ちょっと、だけ、その、話しが冗長だったぞ(笑)


【社長のネクタイ】
水色?青?だった社長のネクタイ。
対戦相手のチームカラーなんだが、それは、もしかして自ら「対戦相手を称える」精神の表れか!?
せっかくだから、蘇我駅のJR職員のようにジェフネクタイだったら良かったのに♪


【我那覇募金 ちんすこう】
自分の分と、相方の分と、二箱買いましたよ! 行きと帰りに一つずつ。
帰りには行列まで出来てて、自分が見たときは、ジェフの下部組織のU-15?が並んでた。
ジェフのトレーナー着てたし。

募金にがんばる川崎サポの皆様、お疲れ様でした。

ちんすこうの袋が黄色だったのは、これまた「対戦相手を称える」あらわれ?
(なワケないな 笑)


【戸田!、戸田に絡む池田!】
試合に勝った後、選手達がぐるりとスタジアムをまわってサポに挨拶するわけだけど。
戸田の側にずっと池田がいて、いろいろ話したり、説明していた。
特に、ゴール裏にむかって「でんぐり返し」する時は、池田が身振り手振り付きで、
「こーやって、ぐるんってまわるの、みんなで回るの!」って説明してて、ちょっと受けた。
さすが清水つながり(笑)

でも、左に戸田、右に池田と、二人並んで歩いていた後ろ姿は・・背番号が・・

「41」「14」

シンメトリーでそれもちょっと面白かった(笑)


【足がつってもがんばる!】
交代前の新居は限界にきて立てなくなった時があり、、工藤も立ったままでつま先をもってるつりそうな足をこらえ、斎藤もかなり足をきにしていた。
ジェフの選手達があそこまで次々とフィジカル的に限界にきて、それでも戦おうとしてるのは、なんだか久々に見た・・。

だから、そこまでがんばる彼らに、すごく勝ってほしかったし、
そして勝てた。
それもまた、あの試合の勝利がすっげー嬉しかったひとつだ。

でも、あそこまでみんなギリギリだったんだから、もう一人くらい交代してもよかったんじゃないかなー・・なんて思ったけどな!


【レイナウド】
得点後、ユニフォームを思いっきり握り締める。
やっぱりあれだけ1対1を決められず、プレッシャーはあったんだろうなぁ・・。
得点後、工藤におもいっきり抱きついて、二人でピッチの上に倒れこんでいた。
その上に下村が馬乗りになっていたのはご愛嬌(笑)


【スタジアムの雰囲気】
ミラー監督曰く、Homeなんだから、敵がやりづらい雰囲気にしなければいけない、との事。
リバプールの本拠地アンフィールドほどじゃないにせよ、
川崎戦のフクアリは、少しはHomeらしいと思ってくれたかなぁ・・。

でもリーグ初勝利となった京都戦の日から、明らかにスタジアムの空気が変わってきてると思うんだ。手拍子にしろ、声の大きさにせよ。

しばらく観戦ボイコットだったウチの相方が、川崎戦では久々に観戦復活だったんだけど、
「応援、なにかあったの?」とちょっと驚いていた。

いや、確かに、メインもゴール裏もバクスタも、前よりHomeっぽくなってきたと思うんだ。


【俺たち、ジェフ!】
下村がお立ち台に登ってバンザイパフォーマンス。
その後に、やっぱり谷澤の「俺たちジェフ」。どーやら谷澤、自分じゃなくて工藤にコールさせようとしていたそうな。個人的には「俺たちジェフ」は定着してほしーなー、と。そのためには、谷澤以外の選手も、「俺たちジェフ」コールをやってくれたらいいなぁ・・なんて思います。
コールする谷澤の後ろに、横綱の太刀持ちよろしく、斎藤と坂本がジェフカラーパラソルを持っていたのがおもしろかった♪



さあ、この調子で一週間のオフ、一週間のミニキャンプ!




テーマ:ジェフユナイテッド市原・千葉 - ジャンル:スポーツ

川崎戦メディア情報まとめ。・・トップは復調もリザは苦戦。中断期間にミニキャンプ!
昨日は殴りあい勝負となった川崎戦。
お互いに、

なんでソレが決まらないぃぃぃぃいい!!!????

という決定機逸を繰り返したけど、最後はレイナウドがようやく決めたゴールでジェフの勝利。
主力不在の川崎に3-2で勝負を決め、ナビスコカップ 決勝トーナメント進出!と相成りました。

EUROよりもジェフ優先!なので、昨夜はオーストリアxクロアチア戦を諦めてスカパー放送を見て。
改めて、勝てて良かったなぁ・・と、しみじみ。負けがこんだチームが、勝利によって一つ一つ自信を取り戻し、戦い方を手に入れていく過程が見えて嬉しい限りです。

だけどさ。
残念なのは、せっかくのナビ予選突破!なのに、今日は新聞が休刊日なのよな・・。
スポーツ新聞はキオスクで売ってたけれど、エルゴラはお休み。「ちばとぴ」も更新ナシ。
残念!


===<メディア情報>===
【公式系】
「2008Jリーグヤマザキナビスコカップ予選リーグCグループ第6節 ゲーム詳報」(ジェフ公式)
「vs. ジェフユナイテッド千葉」(川崎公式)
「【ヤマザキナビスコカップ 千葉 vs 川崎F】プレビュー:ブロックをしっかり作った守備とスピーディーな攻撃で首位の座を守りたい千葉。好調な2トップを擁する川崎Fは大量得点を狙う。」(J's GOAL)
「【ヤマザキナビスコカップ 千葉 vs 川崎F】ハーフタイムコメント」(J's GOAL)
「【ヤマザキナビスコカップ 千葉 vs 川崎F】アレックスミラー監督(千葉)記者会見コメント」(J's GOAL)
「【ヤマザキナビスコカップ 千葉 vs 川崎F】高畠勉監督(川崎F)記者会見コメント」(J's GOAL)
「【ヤマザキナビスコカップ 千葉 vs 川崎F】試合終了後の各選手コメント」(J's GOAL)
「試合詳細データ 2008 ヤマザキナビスコカップ Cグループ 千葉 vs 川崎F」(J's GOAL)
「【ヤマザキナビスコカップ 千葉 vs 川崎F】レポート:千葉が粘り強さを発揮して激戦を制し、首位を守って決勝トーナメントに進出! 川崎Fは猛攻を仕掛けるも決定力不足に泣く」(J's GOAL)
「[ ヤマザキナビスコカップ:第6節 千葉 vs 川崎F ] 下村のバンザイパフォーマンス」(J's GOAL)
「[ ヤマザキナビスコカップ:予選リーグ第6節 試合総括 ] 決勝トーナメント進出チームが決定。グループ2位での突破はFC東京と大分」(Jリーグ公式)
「千葉が決勝トーナメント進出に名乗り」(Jリーグ公式 Photo&Video)

【メディア系】
「千葉が快勝で2年ぶり決勝T/ナビスコ杯」(ニッカン)
「川崎F開始早々O・Gで敗退/ナビスコ杯」(ニッカン)
「千葉など8強進出/ナビスコ杯1次最終戦」(スポニチ)
「オレを代表に呼べ!我那覇2戦連発」(スポニチ)
「千葉、横浜Mなどが8強進出…ナビスコ杯」(報知)
「ミラー新監督好調、千葉5戦無敗…ナビスコ杯」(報知)
「千葉、負けなしで8強入り/ナビスコ杯」(サンスポ)
「千葉、無敗で決勝T進出/ナビスコ杯」(サンスポ)
「千葉、横浜Mなど8強進出 ナビスコ杯1次L最終戦」(東京中日)
「ナビスコ第6節 千葉×川崎@フクアリ」(Foot!)
「2008/06/08-19:28 千葉など決勝トーナメントへ=ナビスコ杯サッカー」(時事ドットコム)
「2008/06/08-20:12 ミラー監督、負けなし=ナビスコ杯サッカー・千葉」(時事ドットコム)
「Jリーグ・喜ぶ千葉のボスナー」(Yahoo!)


ミラー体制、未だ無敗!!!!!!



===<トップチームは飛騨キャンプ!>===
「チームスケジュールについて(6月9日~6月15日)」(ジェフ公式)
「トレーニングキャンプの実施について」(ジェフ公式)

リーグは中断。
そのリーグ中断期間中に仕込まれていたナビ予選も終了。
これで公式戦がひと段落し、本当の【中断期間】となるわけで。

この期間中、やはりトップチームはミニキャンプを行うようです。
そしてそのミニキャンプに先立ち、オフ期間。
===
 1:オフ。選手達は骨休め!リフレッシュ!(6月9~14日/6日間)
 2:練習。再開、再会、リスタート(6月15日)
 3:ミニキャンプ!ミラー戦術を叩き込め!(6月16~21日/6日間)
===
こんな流れのようです。

ミラー体制後、スタメンはほぼ完全固定。選手交代もほとんどナシ。
今までの泥沼と、そこからのチーム状況の急展開。5月のGW明けは、息を止めて全力疾走してきたかのような一ヶ月間。肉体的にも精神的にも、ここでリフレッシュできるのは選手達にとって幸いかもしれません。

リーグ再開にモチベーション高く臨めるか。
一週間弱のミニキャンプで、どこまでコンディションやチーム戦術を高められるか。
このミニキャンプは、トップだけなのか、リザやユースからの参加はあるのか。

・・いろいろ興味深いところですが、なんにせよ、ここからの約二週間が、ジェフの残留/降格を分かつ分水嶺になるのは間違いありません。

実りあるキャンプになればいいなぁ・・。



===<泥沼のリザ、連敗・・>===
「第10回日本フットボールリーグ前期第15節 ゲーム詳報」(ジェフ公式)
「JFL公式」

J1のリーグ順位はドン尻のビリッケツ、最下位だとはいえ、ナビ予選を突破し復調傾向のトップ。
しかしリザは今も尚、泥沼の中で足掻き続けており・・。

Awayファジアーノ岡山戦もまた、1-3と惨敗してしまいました。

ヤバイヤバイヤバイ・・。
こちらも本気で降格が怖くなってきた。
いくら育成が主眼とはいえ、この成績は「育成目的だから成績関係ナシ」と言えるものじゃない。

ここからなんとか立ち直ってくれ・・。





テーマ:ジェフユナイテッド市原・千葉 - ジャンル:スポーツ

川崎に勝ぉぉお利!!!勝ってグループ一位突破!!
川崎は主力不在。こっちはベストメンバー。
あっちは二点差以上が必要、こっちは一点差負けまでならOK。

試合条件はジェフ有利。わかってる。
それでぎりぎりの3-2。
内容も今後を楽観視できるほどじゃない。
そんなのわかってる。

なんども川崎に流れを持って行かれた。
ジュニーニョにジェフ守備陣があしらわれた。
谷口の飛び出しや、我那覇や黒津に何度もゴールを脅かされ、点を奪われた。

だけど、勝ったのはジェフだ!
先制して、しかし追いつかれて、
勝ち越して、またも追いつかれた。
そこから勝ち越したんだ!

3-2。
Homeフクアリで勝ってナビ予選突破!

ミラー体制、4勝1分、…無敗!!!!!

勝ったぞ!!!



テーマ:ジェフユナイテッド市原・千葉 - ジャンル:スポーツ

さあ川崎戦だっ!・・オシムのサッカー教室、EURO開幕!
確かに川崎は代表だとか怪我で、主力がごっそり抜け落ちて大幅戦力ダウン。
だけとジュニーニョ/我那覇の2トップに谷口/菊地のDMFと、センターラインにはきっちりと頼れる選手が健在なわけで。左右には山岸/村上/田坂がいるし。
結局は川崎が怖い相手という事に間違いない。

だけど、単にナビ予選を「どーせナビだから」と軽んじるわけにもいかない。
一つは、ミラーによるチーム作りの貴重な実戦という意味であり。
もう一つは、リーグ再開後の残留争いにむけた指標という意味。

ナビ予選Cグループで戦う相手のリーグ順位は、柏が4位、川崎が5位、札幌が17位。
そのうち、札幌には勝利し、柏には引き分けた。
残る5位の川崎に、ジェフがどこまで戦う事ができるのか。
それを計る意味でも、今日の試合は興味深いものとなるだろう。
 ※憲剛のいる/いないで、川崎は別のチームになるとはいえ、布陣や基本戦術はあまり変わらないだろうし。


さあ、どこまで戦えるか。
ナビ予選突破とJ1残留への足がかりをつかむため、是非とも勝利を。

がんばれ!



===<早速、戸田がベンチ入り>===
「戸田に期待!合流3日でベンチ入り」(スポニチ)

先日、加入が発表されたばかりの戸田が、今日の試合で早速のベンチ入りだそうな。
ミラーはDMFやCBとしての起用を考えている、だそうだけど、代わりに誰がベンチから抜ける事になるんだろう。順当に考えれば、市原か伊藤になるのかな・・。

それと、広島に行った結城は、今日の湘南戦でチャンスはあるのかな・・。



===<オシムによるサッカー教室!>===
「75分立ちっぱなし!オシム氏熱血指導」(スポニチ)
「オシム氏訴え Jも見に来て…子どもたちに復帰後初指導」(報知)
「8カ月ぶりの指導にオシム節復活!」(サンスポ)
「オシム氏が復帰後初指導 子ども向けのサッカー教室」(東京中日)
「オシム氏監督復帰?「神のみぞ知る」」(デイリー)

アドバイザーに就任したばかりのオシムが、子供にサッカー教室!
リハビリがてら、復帰への調子を確かめながら、そんなところなんでしょうが、でもきっと指導がはじまったら夢中になっちゃうんだろうなぁ・・。
記事からすると、本人はやはりサッカーに関われることそのものが楽しかったっぽい。

で、EUROのために帰国。
故郷のボスニア・ヘルツェゴビナの復興にむけて、基金を設立するそうです。



===<EURO開幕!>===
でもってEUROが開幕!
W杯の方が、華やかさというかお金かかってる感がたっぷりで、サッカー選手もチームもサポもお祭り&真剣勝負で、派手ではあるのですが。
なんとなくEUROの方が、ガチ感が上じゃね?とか思ってみてしまいます。

スカパーの契約内容変更手続きにちょっと苦戦しましたが、なんとかwowowの加入も間に合って。
開幕戦のスイスxチェコ戦を、焼酎片手に観戦。

縦に速いなー、こいつら、とか。
多少のファウルじゃ、審判はがんがん流すなー、とか。
本当に足元でのちょこまかしたテクニックだったら、意外と日本人も通じるんじゃね?とか。
そんな事を思いながら見ていたのですが。

なんていうか。
ミドルレンジのボールの強さと精度が全然違うのな、やっぱり。
サイドチェンジのボールがすっごく速いし、それをビタッとトラップするし、繋いでいくし。
縦の楔のパスも、Jリーグだったらシュートか?みたいな勢いだし。
その違いが目に付いた。
加えてピッチを広く使って、人も走るしボールも飛び交う。

チェコもスイスも、今回のEUROの中ではそんな強豪といえる程のチームじゃないとは思うけど、
それでもやっぱり、すげーや・・、と。

昨夜のポルトxトルコ戦は録画に失敗したので見れませんでしたが、今夜の試合にも期待!


・・で、放送スケジュールを確認したら、
ナビ予選 ジェフx川崎戦の放送が【6月8日(日) 23:50~26:10】(フジ721+739)
EUROのオーストリアxクロアチア戦が【6月8日(日) 24:50~】(wowow)

む、むむむ・・。




テーマ:ジェフユナイテッド市原・千葉 - ジャンル:スポーツ

ナビ予選突破をかけ、川崎戦!・・明日は我那覇募金(なかむら食堂)もあるよ!
「そーだ、EUROを見よう」・・と、JR東海のように思い立ち、スカパーの契約を変更しようにも、上手くいきません。なんだかお客様No.が違うだとか言われて、電話でもwebでもカスタマーサポートに弾かれてしまってるのよーよよよ。ちょっと前にチューナーに挿すカードが変わったから、それのせいなんかなぁ・・。
今日確かめよう。・・今日の夜からだもんね。ぎりぎり間に合うよね。
今夜のプログラムの中では「オランダ vs イタリア」とか「スペイン vs ロシア」が面白い試合になるんじゃないかと期待。でもって歴史/文化的には「ドイツ vs ポーランド」もなかなか因縁めいて・・。

日本代表の試合は、まぁ、とりあえず置いとこう。


そしてEUROより何より、明日は、川崎戦ですよ!
川崎戦!

ナビスコ予選各グループ中、もっとも混戦状態となったCグループ。
現在、ジェフがグループ1位だけれども、数字上は全てのチームに予選突破の可能性が残る。
他チームそれぞれが予選を突破する条件を精査してもしょーがないが、ジェフが突破するにはおおよそ次のような感じ。
 1:勝つ!(勝ち点を12に伸ばし、問答無用でグループ1位突破!)
 2:引き分ける!(勝ち点を10に伸ばし、これまたきっちりとグループ1位突破!)
 3:1点差で負ける&柏が2点差以内での勝利(勝ち点で他チームと並ぶも、得失点差で逃げ切れる)
 4:2点差で負ける&他グループ他チーム次第(条件が複雑なので考えない・・笑)

※上記「3」の派生で、ジェフの1点差負け/柏の3点差勝利というケースでは総得点勝負。
※また上記「3」派生で、ジェフの1点差負け/柏の4点差以上での勝利では、柏の勝ち抜け。


ぶっちゃけ、一つでもいいので勝ち点を奪い取ればナビ予選突破!堂々突破!
負けたにしても1点差以内ならば、十中八九、川崎/柏の追撃を振り切れる。


しかし場所はフクアリ、新監督ミラーの初のフクアリ参戦となる。
ならば勝ちたいじゃないか。
勝って、堂々のグループ1位として勝ち抜いて、Aグループ1位と準々決勝を戦おうじゃないか。

「【ヤマザキナビスコカップ 千葉 vs 川崎F】プレビュー:ブロックをしっかり作った守備とスピーディーな攻撃で首位の座を守りたい千葉。好調な2トップを擁する川崎Fは大量得点を狙う。」(J's GOAL)
「[ 6/8(日)ヤマザキナビスコカップ:第6節 千葉 vs 川崎F プレビュー ] 数字の上では千葉が有利。川崎FはFWの活躍に期待」(Jリーグ公式)
「川崎・箕輪、今季初出場へ…8日ナビスコ杯」(サンスポ)

お互いのクラブの公式HPも、まるで図ったかのようにシンクロ!
つか、図っただろ・・(笑)
navi080607_JEF.jpg vs navi080607_kawasaki.jpg

写真は・・正直、川崎の方がカッコイイな・・(苦笑)
だけど、川崎のHPは写真も作りもテキストもクォリティが高いのは昔から。今更そこでジェフが負けたとしても、く、悔しくなんかないんだからねっ!

試合で勝てばいいのさ。そーだ、試合で勝つんだ。
敵は、中村憲剛/鄭大世/井川/寺田/川島が代表で不在。森が故障、養父が出場停止。飛車角落ちどころかさらに香車に桂馬まで駒落ちしているような状態。
しかしエースたるジュニーニョは健在で、我那覇も復調。中盤には谷口もいる。こういう時こそ、川崎は手負いの獣のようにモチベーションを高め、「せめて一太刀!」と攻め立ててくるわけで。
そしてジェフは、そういう敵に押し切られて負けてしまう事が、よく、ある。
だけど、明日はそういう事のないように、キッチリと戦わなきゃいけない。

がんばれ。
勝って、ナビスコ決勝トーナメントを目指せ!!!



===<明日の川崎戦でも、我那覇募金>===
「資金造成の協力依頼」(BULTEADA)
「フクダ電子アリーナ周辺にて支援金活動決定のお知らせ」(BLUE HEART)
「支援お願いします。」(超ULTRA YASU)
「全てが解決したわけではありません ~我那覇問題について~」(川崎華族)
「まだまだ終わってません!!ちんすこう募金。」(REAL KAWASAKI)
「続・ちんすこう募金」(THE MIDDLE FINGER)
「【ご協力ありがとうございましたっ。】我那覇ちんすこう募金について【選手協会ではまだまだ受付中です。】」(ふろんたーれ どっとねっと)

いつぞやのナントカダービーの某PVの件だとかあの某選手ドアップの某ポスターだとかで、オレは川崎フロントの営業/広報に大絶賛逆恨み中。
べつに相手は何も悪くありませんが、でも、
せめて今年一年間は、
「川崎のフロントなんて、だいっきらいだぁぁぁぁああああああ、こんちくしょおおお!!!!」
などと、一人、黒い感情をメラメラとさせてます。

しかし、これはそーゆー事とは関係なく。

先日、スポーツ仲裁裁判所(CAS)の裁定で潔白となった我那覇の、裁判費用支援のための募金活動が、明日のジェフx川崎戦にて行われるそうです。

我那覇の件は川崎の選手だからどうこうではなく、Jリーグ全体のドーピングへの取り組み姿勢だとかリーグ運営の姿勢だとか、筋道だとか。
結局はそういう問題なのであって、
そして今回、最後まで筋を通したのは、Jリーグではなく、我那覇。
なのに、その我那覇が多額の費用負担を強いられる事となってしまっています。

ここはぜひ我那覇を応援したいと、自分も思います。


・・試合は別だけどねっ!



===<ジェフ公式スーツ、またまた採寸>===
「ハワイ」(株式会社コニーシステム 社長ブログ)

選手が移動の際に着用する公式スーツを!
というネタですが、どうやら、6月にはいってもまだまだ採寸している模様です。
6月4日に、採寸のために姉崎を訪れたそうな。

かっこいいスーツをぜひぜひ!!!




テーマ:ジェフユナイテッド市原・千葉 - ジャンル:スポーツ

夢の終わりと、夢の続き。・・U-18は奮闘中、リザは苦戦中、レディースはまだお休み。
夢は、見果てぬもの、手が届かないものだからこそ、夢なのだと思う。
それと同時に、
夢は、願い続けて足掻き続ければ、いつかは、必ずかなうものだとも思っている。

前者は、「理想」だとか「憧れ」だとか、そういう意味の「夢」であり、
後者は、「目標」という意味。
だから先の二つは自分にとって矛盾せず、どちらも「そうだよなー・・」と思っている。


オシムは、日本のサッカーに夢を見た。
一つの国のサッカー文化そのものに、己の夢を重ね、託し、
さらに、それを達成可能な目標として先の道筋を見出そうとした。

「【イビチャ・オシム氏アドバイザー就任記者会見】オシム氏、田嶋幸三氏コメント」(J's GOAL)
「オシム「今度は私が『頑張れ』と言う番だ」 (1/3) イビチャ・オシム氏アドバイザー就任会見」(スポナビ)
「オシム「今度は私が『頑張れ』と言う番だ」 (2/3) イビチャ・オシム氏アドバイザー就任会見」(スポナビ)
「オシム「今度は私が『頑張れ』と言う番だ」 (3/3) イビチャ・オシム氏アドバイザー就任会見」(スポナビ)


ありがとう。
上記URLのオシムの言葉を読んで、泣いてしまったのは、ホントだ。
泣いたせいで、冷静になれなくて、昨日は更新できなかった(苦笑)
オシムという人間と、会ったことも言葉を交わしたこともないが、ありがとうと言いたい。
それしか言えない。

「人間誰でも人生の中で一つ、あるいはそれ以上何かこれだけはしたいという希望があるものです。それがあったからこそ私は向こう側から戻ってこられました。私がやり始めたことを完成できなかった。その思いが私を復帰へと後押ししたということです」
「もっと大きな希望もありました。それについていつも夢を見ていました。しかし、その夢の中身は教えません。あまりにたくさんの夢を見過ぎましたので、この場で言うには時間が足りません。」


サッカーというスポーツに、あなたを通して、どれだけの夢を見る事ができただろう。
全ての監督/全ての選手が、結果をもって評価されるプロの世界において、理想と現実を常に両手に握りつづけ、そしてかなえ続けてきた。

もっと、ずっと、「オシム」と「オシムのサッカー」という夢を見たかった。


今はもう、
ナビスコ初優勝のときの、DJ蒲田健がオシムをコールした言葉が忘れられない。

「あなたに出会えて、あなたに出会えて、本当によかった!!」



===<夢の後は>===
「オシム氏「ベンチ座りたい」来年にも復帰」(ニッカン)

この記事を読んで、ケッ!と嫌悪感(笑)
いやもう、オレ、ほんとにほんとに、
「オシムがジェフ以外のJリーグの監督になるのがイヤ」
なんだなー・・と(笑)

万が一でも浦和の監督になった日には、blogも閉じてJリーグしばらく見ない!
なーんて反射的に思ってしまいそうです。
いや、どーだろ、ホントにそーしよっかな(笑)

嫉妬だし、独占欲っちゃ独占欲だし、センチメンタリズムだし、ワガママなのは重々承知。

オシム時代のジェフは、とてもとても大切なもので、ジェフサポにとって宝物で。
それをあのような形で中断され、以後、オシムという夢は日本代表という舞台で見る事になった。
日本代表はジェフともつながるものであり、そして日本サッカー界全ての人の最終的な達成地点でもあり、故に、Jリーグ好き全員の夢でもあって。
それの何が重要かというと、
日本代表監督のオシムは、他のJサポの誰のものでもなかったわけなのですよ(笑)

だから、そこまでは全然OK。
だけど、これがもし他のJクラブの監督になったら、つまりそこから先は・・ねぇ、言わずもがな(苦笑)


夢は夢として終わって欲しくて、
こーゆー形の「続編」は好きじゃない(笑)


あああっ!
ええ、もちろん!
自分の感情がワガママで嫉妬で・・(云々)・・ってのは、めちゃくちゃ承知してますともさ!
加えて、オシム時代のジェフがどーたらこーたら、だから今のジェフはどーたらこーたら、そんな事を言うつもりもありませんさっ!

でも、だからこそ、終わってしまった夢は、このまま完結して欲しいのですよ!
夢が形を変えて立場や意思や目的を変えて再登場なんて、それって悪夢じゃないかっ!(苦笑)


ま、そんな事は、現実味も何もない今だからこそあーだこーだと思うんであって、
実際に、オシムが彼自身の意思と希望で監督という現場に復帰したいと願ったならば、
それはそれで、すごく嬉しいんだろうなぁ・・とも思います。



===<U-18はクラブユース選手権に向けて奮闘!>===
「平成20年度 日本クラブユースサッカー選手権 関東大会2次リーグ 第2節」(ジェフ公式)
「平成20年度 日本クラブユースサッカー選手権 関東大会2次リーグ 第3節」(ジェフ公式)
「星取表」(関東クラブユース公式)
「日程表」(関東クラブユース公式)
「東京ヴェルディ ユース」(東京V公式)
「杉並FCユース 試合結果」(杉並FC公式)

ジェフに柏に東京Vと、Jクラブのユースが3チーム同居して争っている激戦Aグループ。
問題なく全国クラブユース選手権に出場できるのは2位までで、3位はトーナメントに。4位以下はNG。故に、ジェフU-18としては柏ユースか東京Vユースとの戦いが重要になってくるわけですが・・。

先週末、第二戦の杉並FCとの試合は4-0と勝利!
連戦となった第三戦、柏ユースとの決戦は0-0の引き分け!
これで2勝1分得失点差プラス10でグループ2位!
ライバルとなる柏ユースとの直接対決を、0-0で引き分けられたのはかなり大きいはず!

そして。
なんと、もう一つのライバル東京Vユースが杉並FC相手に0-0と引き分け!
勝ち点を落としました!
杉並FCは、ジェフU-18/柏ユースともに4-0で勝った相手。ここに勝ち点を落としてしまった東京Vユースとしては痛恨の試合だったでしょう。
そりゃもちろん、東京VユースとジェフU-18の直接対決で負けてしまえばもうアレだけど、これが最後の順位に大きく響いてくるかも・・。

※ここから急遽、追記!!!
などと「東京Vユース、引き分けじゃん!」なんて思っていたら!
コメントでご指摘が。
なんと、な、な、なんとっ・・!
関東クラブユース公式の試合結果表記が間違っているとなっ!!!
ご指摘どおり、東京V公式と杉並FC公式を調べてみる。確かに違っている、結果が違う。
3-0。
東京Vの勝利。
ジェフU-18、柏ユース、東京Vユース。
東京Vユースは全勝だが、3チームともに無敗。
終わってみれば、直接対決の結果と、得失点差が運命を分けそうな展開だ・・。


そして、今週末の次節、ジェフU-18は栃木SCと対戦。
栃木SC相手には、柏ユースも東京Vユースも大量得点しているだけに、なんとしてでも勝ち点は落とせない。それだけじゃなくて得失点差を考えて大量得点を狙いたい。
同日、柏ユースと東京Vユースが直接対決。
この試合の勝敗が、グループの行方を大きく左右する事になる。

決戦は、6月15日、東京VユースとジェフU-18との直接対決!



===<苦戦のリザ、再開のレディース>===
「第10回日本フットボールリーグ前期第14節 ゲーム詳報」(ジェフ公式)
「試合スケジュール 第1節~第9節」(なでしこ公式)

前半だけで2点を先制しながらの、逆転負け。
リザは苦しいシーズンが続く。
全ては自分の責任と猛反省の越後、歯を食いしばるようなコメントの高田と乾。
JFLの公式戦を経験として、トップへの昇格と活躍を目指せ!

※以下、スケジュールの誤りをご指摘いただきましたので、修正。
そしてしばらくお休みだったけど、なでしこリーグも再開!
ジェフレディースは福岡アンクラスと試合!
・・かと思ったら、まだまだお休みでした。
来週でした。
あぁぁぁぁあぁぁぁぁ、恥ずかしい、すげー恥ずかしい。
「6月になったら再開」って覚えてて、そのまま確認が不十分なまま書いてしまいました。
今週じゃなくて、来週再開。
あぁぁぅ、ゴメンナサイ。



===<水野、ジェフで練習!>===
「水野五輪生き残りへラストアピール」(ニッカン)

五輪に向けて、水野がジェフで練習です。
トゥーロンでは本人も不本意なデキだったとかで、かなり危機感を感じ、悩んでいるみたい。
確かにセルティックでも試合になかなか出れていないしなぁ・・。

いつかはジェフに戻ってきてくれ!とは思うけど。
でもそれはきっとまだまだ先の事だと思うから、今はめげずにがんばれ。
セルティックのレギュラーをつかむためにも、五輪で活躍をめざせ!





テーマ:ジェフユナイテッド市原・千葉 - ジャンル:スポーツ

戸田が広島からジェフに、結城がジェフから広島へ!・・ふれあいフェスタとか表敬訪問とか。
ジェフに移籍情報アリ!
いやもう、ジェフの移籍情報は基本的にネガティブな事が多いのですが、今回はポジ/ネガ両方。

「千葉が元日本代表戸田をレンタルで獲得」(ニッカン)
「J2広島・戸田、J1千葉移籍へ」(サンスポ)
「戸田、千葉にレンタル移籍」(中国新聞)

両クラブが互いにチームの弱点を補強したい思惑を持ち、そして現在出場機会に恵まれない本人が共に同意した、という事なのでしょう。

戸田の加入は、最終ライン以上に中盤の守備を意識した補強。
今は斎藤をDMFで起用、それが予想以上に功を奏して守備に効いてます。しかしじゃあ斎藤が故障したり出場停止の時はどうするの?だとか。今はいいけど、シーズン通して中盤守備をこのまま斎藤に頼って戦い続けるの?だとか。
そう思えば、戸田の加入が効果的な補強になる事を期待します。

そして、彼の加入が、馬場や米倉/伊藤の刺激となって、チームが活性化すればいいな、とか。
エキセントリックな一面が報道される事が多くとも、海外に挑戦し複数のクラブを渡り歩いてきた経験から、若手達が何かしらを学んでくれるといいな、とか。
そういうプラスアルファも期待してみたり。


また結城の広島移籍。
ジェフで出番をつかめていない本人にとっては、これがチャンスになる事を期待。
スタメンどころかベンチにもなかなか入れない現状、彼が新しいチャンスを移籍に求めるのはプロとして仕方ないかもしれません。
広島に行けば、かつて最終ラインで仲間だったストヤノフもいる事だし・・。
また彼に怒鳴られたり怒られながら、必死で敵FWのマークに喰らいつくのかな。
この話が本当なら、彼の新天地での活躍を祈るばかりです。

どちらも完全移籍ではなく、期限付き移籍。
二人共に、彼らのプロ人生において、この移籍がポジティブなものとなるよう、願います。


がんばれ!!!



===<追記:二人の移籍、正式発表!>===
「戸田 和幸 選手 の加入について」(ジェフ公式)
「結城 耕造 選手 の期限付き移籍について」(ジェフ公式)
「戸田和幸選手 期限付き移籍のお知らせ」(広島公式)
「結城耕造選手 期限付き移籍加入のお知らせ」(広島公式)
「元日本代表MF戸田の千葉移籍を発表」(ニッカン)
「戸田は千葉へ 結城は広島へ」(スポニチ)
「元日本代表・戸田が千葉に期限付き移籍」(報知)
「広島が千葉・結城を獲得」(報知)
「元日本代表・戸田が千葉に期限付きで移籍」(サンスポ)
「広島、千葉から結城を期限付き移籍で獲得」(サンスポ)
「DF結城を獲得 J1千葉から期限付き」(中国新聞)

朝イチのニュースが、早速、正式発表!!!



===<「ふれあいフェスタ」と表敬訪問>===
「ホームタウンふれあいフェスタ レポート」(ジェフ公式)
「表敬訪問について」(ジェフ公式)

ミラー監督も参加したという「ふれあいフェスタ」。
こういう地域密着ネタはどんどんがんばれ!と思うのですが。
おもしろいのは。

青木孝太のもとにはやはり女の子が集まったのか!(携帯公式)
米倉の写真に写ってるのも、やっぱり女の子じゃないか!(ジェフ公式)

女の子は小さかろうがなんだろうが、やっぱりオマエラ、イケメンが好きなのか!
そうなのか、そうなんだな!?
チクショウメ!!!


で、表敬訪問。
正式名称が「ジェフユナイテッド市原・千葉」だけに、やはり訪問先も市原市と千葉市の二箇所。
新監督就任のご挨拶として、ミラー監督と三木社長が両市の市役所を訪問。
良かれ悪しかれ、行政と仲良くしておくにこしたことはないしね。
仁義を通す意味でも、必要な事。


地域密着ネタ、二つ。
こーゆーのもリーグ中断期間だから、だよね。





テーマ:ジェフユナイテッド市原・千葉 - ジャンル:スポーツ

柏戦、雑感・・長沼氏の死去、日本代表の快勝。
柏戦は1-1の引き分けで、とにかくひたすら寒かったよ!フランサ怖いよ!で終始するのですが。
その他の雑感でも。

===<試合雑感>===
【席の事】
公園をつっきってスタジアムに着き、当日券売り場に。
陸上競技用のトラック云々や観客席の勾配云々と、見づらいという事なのでメインスタンドのAway側を購入。その際、「高いところで見たいんで、後ろの方がいいです」などと言ってみたところ、
当日券の束から、じゃあこのヘンで、と、売り子のお姉さん、席を選んでくれました。
ありがとございます、ありがとございます。
で、それ自体は嬉しかったのだが、実際に座ってみたら、たまたま天井の梁の真下さ!
雨は吹き込んでこなかったけど、上からひっきりなしに雫が落ちてきてさ!
冷たかったよ!
しかも鳥がいっぱいいるからさ!
ひゃぉっ!となるたびに、鳥爆弾じゃないよね!?とビクビクもんでしたよ!

【谷澤その1】
やはり古巣が相手で張り切っていたのか、いつもよりもやたらと元気だった谷澤。
元気だったとか張り切ってたって言うより、あれはハイになっていたんじゃなかろうか!?
PKを取る前なんだけど、右サイドからのクロス(おそらく新居だったっけか)にヘディングであわせようとするも、ジャンプする前からタイミングも高さもあってない。
そしたら、
谷澤、
両手広げて、バレーボールみたいにクロスにぶつかろうとしてっ!
もし手に当たってたら、あんた、それファウルだよ!
ヘタに審判にジャッジされたらヤバイよ!
・・幸い、その伸ばした手にもあわずにボールは飛び越えていったけどさ(笑)

【谷澤その2】
後半、まだ1点リードしている時。
右サイドにこぼれたボールに谷澤がおいつき、リフティングでマイボールに。
ちょん、ちょん、ちょんと、ボールの勢いをコントロールして「さあ、反転!クロスか!」というところで、勢いあまってそのままラインを割って・・スローイン。
あれには、柏サポもジェフサポも笑うしかなかった(笑)

【選手が倒れて・・】
誰かしら選手が倒れている時には、ピッチの外にボールを出す“暗黙の了解”があるわけだけど。
前半に柏の選手が倒れた際、ジェフがしばらくそのままプレイを続け、ようやくボールを外に出したシーンがあった。レイナウドがスローインで柏の菅野の戻したんだが、ちょっとプレイが長めに続いたもんだから、柏の選手&サポが「出せよー・・」ってなっていた。
で、後半。
今度は坂本が敵陣で倒れてしまう。
まぁ、やられたら・・云々・・というわけではないんだろうけど、この時もまた途切れずにプレイが続いた。
気になったのは、ジェフがようやくボールをマイボールにした後。そのままあっさり外に出すのかな?って思ったら敵陣にロングキック。それが全然ラインを割らずに柏DFが拾って、またまたプレイが続いてしまった。
出すなら出す、って、はっきりした方が良かったと思うなー・・と。

【レイナウド、ふてくされた?】
レイナウドはハイボールをヘディングで競るのが嫌いなのか?ってずっと思ってるけど、飛ばない代わりに、その場で踏ん張る事で競り合うシーンを多く目にする。同様のプレイは、背が低めの新居や工藤もよくやっているが。
で、得てしてこういうプレイは飛ばない側のファウルを取られるシーンも多く、そのジャッジに新居やレイナウドなんかはちょこちょこムカッとしているわけで。
で、柏戦では。
レイナウドと柏DFが足元でボールを競り合って、レイナウドがその場で踏ん張って体を固定、自分の立ち位置をキープ。それでマイボールにしようとしたシーンがあった。
これがレイナウドのファウルとなる。
「えー、相手の方が後ろから競ってきてたじゃんよーっ!」ってノリで、レイナウドが両腕広げて、やってらんねーという仕草。
あー、イラついてるイラついてる・・って、見ていて思ってしまった。
それ以後、なんとなくレイナウドのプレイが精彩を欠いたっけ、って、これはオレの色眼鏡か(笑)

【試合後の号外】
試合後、スタジアムの外に出れば、呼び子の声が。「号外だよー、号外出ましたよー」
なんだぁ???と思ったら、コレ。
gougai.jpg
柏、すげぇよ、うらやましいよ。
勝った試合のあとにこういう号外をスタジアムでもらう事ができたら、帰り道、ルンルンタッタ♪だよな。
でもこれ、負けた時はどーすんのかな。負けた時は号外ナシなのかな・・。



===<長沼氏、死去>===
「復刻・長沼会長が第1次岡田政権を発足」(ニッカン)
「復刻・日本W杯初出場、長沼氏悲願の48年」(ニッカン)
「長沼健氏が死去、日本サッカーの親分」(ニッカン)
「長沼健氏死す…日本サッカー最大の功労者」(スポニチ)
「97年岡田日本“生みの親”に恩返し…長沼健氏が死去」(報知)
「長沼健氏死去…メキシコ五輪日本代表監督、W杯日本招致に尽力」(報知)
「元日本サッカー協会会長・長沼健氏が死去 (1/2ページ)」(サンスポ)
「岡田ジャパン、長沼氏死去の日に弔い白星 (1/4ページ)」(サンスポ)

ワールドカップで日本代表が戦うという、かつては夢でしかなかった事が現実となり、
今のオレらがJリーグを楽しむ事ができる。
それら全ては、サッカーが心底大好きだった、数多くの先達の努力があったからこそ。

その先達の一人、長沼健氏が死去されました。

謹んでご冥福をお祈りいたします。



===<日本代表、オマーンに快勝>===
「【2010 FIFAワールドカップ南アフリカ アジア3次予選】本日の試合結果」(J's GOAL)

これで勝ち点を6に伸ばし、バーレーン(9)/日本(6)/オマーン(3)/タイ(0)という順位。
この試合に負けていれば三次予選で敗退!というピンチも現実味を帯びていたわけだから、まずは結果に何よりもホッとします。

そして巻。
途中交代とはいえ出場し、かつ怪我もなかったみたいで、よかったよかった!




テーマ:ジェフユナイテッド市原・千葉 - ジャンル:スポーツ

柏戦。ジェフは守備組織を建て直して戦うも、柏のフランサが全てをひっくり返す。
柏戦におけるジェフの布陣は4-4-2。
だけどFW二人の位置取りは、レイナウドが最前線で新居が低め、4-4-1-1と言うべき並び。
さらにボールや敵の動きに応じて、中盤から斎藤が半列下がり、そのポジションに新居が下がって、局面によっては4-1-4-1という形にもなっていた。・・そうなる場合があったというより、実際はその時間の方が長かっただろう。

今のジェフが攻守共にその基礎としようとしているのは、その最終ラインと中盤が4人ずつで二列のラインを作るという事。
大分戦の前半もそうだったし、この柏戦の70分までも、その二列が機能して守備を固めていた。


細かい雨の中、試合開始。
「柏の葉」のピッチに対する慣れもあるのか、柏の方が落ち着いてボールを保持し、パスを回す。ジェフの方にミスが多い。しかし敵ボールになればすぐに帰陣して二列の守備ラインをつくり、スペースを埋める。
これによって柏はボールの出しどころが無い。横パスをまわしたり、アレックス/ポポのボールキープからジェフ守備陣をずらして崩そうとするも、ジェフもなかなか崩れない。
結局、柏の攻撃はサイドへのロングボールかスルーパスの一発勝負を狙うばかり。

前半はDF裏に抜け出すようにして二度ほど柏が大チャンス。
一度はDFラインの裏にこぼれたボールに柏の選手と岡本がつっこみ、岡本が辛うじてボールを押さえたシーン。交錯した際に、重症ではなくとも腕を痛める。
もう一度は、ゴール前でのボール回しにDFを崩され柏のシュート! 誰もが「やられた!」と思ったシーンだったが、坂本が体を張ってボールを弾き、逃れる。助かった岡本が坂本に抱きつくほどの喜びよう。
しかしどちらも柏の得点にはつながらず、ジェフが無失点で踏みとどまる。

結局、何か突発的なチャンスを作ることはできても、柏の攻め手もリズムも変わらず攻めあぐねるばかりだった。
・・フランサが入るまでは。


そして「二列+斎藤」の守備組織が機能していたジェフだけど、攻め手は単調。
ボールを奪ったらすぐに大きく飛ばして、レイナウドへ。彼のキープや突破に新居や工藤/谷澤が絡んでいく形がほとんど。
両サイドでのボールキープ&攻め上がりから中央に折り返すという形もあったが、こちらはいまひとつ効果的にチャンスにつながったとは言いづらく。
先取点はやはりレイナウドから。
深くまで切れ込んだレイナウドがグラウンダーのクロスを折り返し、谷澤がPA内でボールを受ける。
反転、シュート!という動きの中で柏の選手が足を伸ばし、足払いのように転倒。
これがPKとなる。
このスライディングは遠めだけどキレイに入っていたので、ボールにいっていたとしてファウルに取らない審判もいるだろう。しかし、「雨でスライディングの勢いが良かった」「確かに谷澤の絶好機ではあった」「後ろから足を伸ばしていた」等々、日本の審判だったらファウルを取りやすい条件が揃っていたと思う。
そのPKをレイナウドがきっちりと沈め、先取点。

全体的には柏ペースの前半を、逆に先制して折り返すというステキな展開。

後半、開始。
いきなりレイナウドと工藤/新居がパスとドリブルで敵陣を切り裂き、絶好機。
菅野もかわすが、工藤のシュートはゴール前を横切って枠を外れる。角度がありすぎたか。
さらに続けざまに同じように突破からレイナウドの絶好機。
新居の決定的なヘディング。・・シュートに強さはなく、菅野に阻まれる。

ここで決めきれないのが、試合の分水嶺。


後半66分、フランサ登場。
スタジアムの雰囲気が変わる、柏のサポーターが叫ぶように盛り上がる。
それだけじゃなくて、ピッチ上の選手達がいきなり活性化する。運動量もそうだし、動きの質もそう。
フランサという個人の力が、戦局を完全に支配する。

いやはや。
フランサにボールが入る。迷わず、ワンタッチでフランサがボールを出す。
そこにスペースがあって、そこに走りこむ選手がいる!
彼が見る先に、彼がボールを出す先に、ジェフ守備陣の穴がある!

彼を中心とした美しいボールまわしから、最後はアレックスの強烈な同点弾。

以後、ジェフはひたすら自陣にこもって耐え忍ぶばかり。


負けなくて良かった。
確かに勝つチャンスもあった。でも、フランサ以後の20分間は柏のゲームだったんだ。
だから、逆転負けしなくて良かったと、それがもう、本音。

バー直撃の柏のFK、何度も何度もジェフゴール前での混戦。
押し上げることもできず、自陣に閉じこもるように必死の防戦。
柏の猛攻をを耐え切り、1-1、引き分け。
勝ち点1。
ナビスコ予選突破に、ジェフが、半歩にじり寄った。



さあ!
次節、フクアリでの川崎戦!
これで予選を突破できるかどうかが決まる!




テーマ:ジェフユナイテッド市原・千葉 - ジャンル:スポーツ

柏戦、メディア情報まとめ・・水野がジェフで練習だって
昨日の柏戦。秋葉原でつくばエクスプレスに乗り換え、柏の葉キャンパス駅に向かってGO!電車でGO!
「車で来ないでねっ!」というジェフ公式の案内もありますが、そもそも自分は車を持っておらず。
なのでオレはいつだって電車だもんねー♪と暢気なもんで。

雨の中、柏の葉キャンパス駅からスタジアムに向かって徒歩。
試合を見た感想は、反撃の期待とフランサの脅威、スタジアムという空間と、そして寒さ。

この調子でチームが立ち直っていければ、残留にむけた反撃の期待も膨らむってもんさ!
フランサは化け物!二度と敵として相まみえたくなんかないねっ!
他スタジアムに行くとフクアリの良さをしみじみと実感。空間そのものがもつ影響力も実感。
そして季節外れの寒さに震えながら、引き分けてほっと一安心。

そんな試合でした。


===<メディア情報まとめ>===
【公式系】
「2008Jリーグヤマザキナビスコカップ予選リーグCグループ第5節 ゲーム詳報」(ジェフ公式)
「2008 Jリーグヤマザキナビスコカップ Cグループ 第5節」(柏公式)
「リアルタイムテキスト速報」(柏公式)
「第369回」(パッパラー河合の檄!レイソル日記 柏公式)
「上昇気流」(毎日更新!柏広報日記 柏公式)
「最高級の本気」(日立台短信~宮本チーム主務のブログ 柏公式)
「【ヤマザキナビスコカップ 柏 vs 千葉】プレビュー:崖っぷちの柏が迎え撃つはグループ首位の千葉。決勝T進出への天王山」(J's GOAL)
「【ヤマザキナビスコカップ 柏 vs 千葉】ハーフタイムコメント」(J's GOAL)
「【ヤマザキナビスコカップ 柏 vs 千葉】石崎信弘監督(柏)記者会見コメント」(J's GOAL)
「【ヤマザキナビスコカップ 柏 vs 千葉】アレックスミラー監督(千葉)記者会見コメント」(J's GOAL)
「【ヤマザキナビスコカップ 柏 vs 千葉】試合終了後の各選手コメント」(J's GOAL)
「試合詳細データ 2008 ヤマザキナビスコカップ Cグループ 柏 vs 千葉」(J's GOAL)
「【ヤマザキナビスコカップ 柏 vs 千葉】レポート:フランサ、柏の魔術師の帰還。グループ突破の可能性薄れるも柏に進化の予兆。一方の千葉は決勝トーナメント進出に向けてまた一歩前進。」(J's GOAL)
「[ ヤマザキナビスコカップ:第5節 柏 vs 千葉 ] 『L's REYSOL』の第3弾」(J's GOAL)
「[ ヤマザキナビスコカップ:第5節 柏 vs 千葉 ] 両サポ混合ファミリー」(J's GOAL)
「[ ヤマザキナビスコカップ:第5節 柏 vs 千葉 ] フランサ復帰を待望する柏サポ姉妹」(J's GOAL)
「[ ヤマザキナビスコカップ:第5節 柏 vs 千葉 ] 柏アレックスの同点シュート」(J's GOAL)
「[ ヤマザキナビスコカップ:予選リーグ第5節 試合総括 ] 名古屋が決勝トーナメント進出。他グループは混戦続く」(Jリーグ公式)

【メディア系】
「ミラー監督 追いつかれ△も不敗続行」(スポニチ)
「フランサが今季公式戦初出場」(スポニチ)


予選グループ突破は・・次節、川崎戦に委ねられたっ!!!



===<水野がジェフで練習>===
「U―23が帰国 9日に再集合」(スポニチ)
「U-23本田圭&水野は古巣で調整OK」(デイリー)

監督のミラーがレンジャーズ出身で、自分はセルティック所属だから・・。
なんて、練習参加してもいいの?ねぇいいの?みたいな記事が出ていましたが。
やっぱりそんなのは杞憂というか「ンなワケないでしょ!」って感じで。

水野が6月3日よりジェフで練習。
6月12日の五輪代表カメルーン戦に備えるみたいです。

どうせだったら、久々にジェフユニを着てくれないかなー、とかとか(笑)



===<おまけ:ぴ、ぴ、ピクシー・・>===
「18歳花井V弾演出で予選突破/ナビスコ杯」(ニッカン)

「完ぺきな技術を持ったファンタスティックな選手」と花井を絶賛しつつ、しかし、
「私は18歳の時には、もう代表デビューしていた」・・って。

あ、あんたなーーーーー!!!

いつもとは違う意味で、「お前が言うな!」と思ってしまう。
そりゃ、誰もがあんたみたいにサッカーに才があれば別だろうけどさ・・(苦笑)


でも、他クラブの英雄ながら、ストイコビッチが大好きなオレ。
名古屋にはかつての恨み(笑)がありつつも、監督としてのストイコビッチが活躍しているので、なんとなく嬉しかったり。

今年の名古屋がストイコビッチの指揮下でリーグ優勝して、でもって一年でストイコビッチが名古屋の監督を勇退して、次シーズンからは欧州クラブの監督に・・とかなったら、それはそれで美しいんじゃね?とか思います(笑)




テーマ:ジェフユナイテッド市原・千葉 - ジャンル:スポーツ





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。