Hang Tough
ジェフが好き、旅行も好き、仕事もがんばろう、うん。
プロフィール

khou

Author:khou
本好き、旅行好き。
でもここ数年、ずっと旅行に行けてない・・。

twitter、はじめてみました。

@khou_hangtough



ジェフ千葉_試合情報



ジェフ千葉_試合日程



最近の記事



月別アーカイブ



カテゴリー



ブログ内検索



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

広島戦で思ったこと。・・江尻始動、磐田はジウシーニョが負傷。そして菊池はマジなの?
広島戦で、「あー・・」なんて思ったことがあって、
それはほんとはミラーがまだ監督であったうちに書くべきことだったんだけれども、
遅くなったけど、ちょっと書いてみる。


時々、青木良太のことをかなり酷評する発言を目にしたり聞いたりした事がある。
だけど個人的にはその意見に同意せず、「そこまでひどいかなぁ・・」と思っていた。
そりゃ確かに判断が悪いというか、集中切れてる?とか、そういうシーンはあるけれど、だからといって酷評されてもしかたないかというと、そこまでとは思ってなくて。
どんな理由でそこまで言われるのだ?、と、かえって疑問だった。


だけど、この前の広島戦で、青木のプレイで、オレも「あー・・」と。
酷評する人が、そう言いたくなる気持ちの理由を、わかってしまった(苦笑)
(だからといって酷評していいとかじゃないけど)

前半の終り頃だったと思う。
ジェフ陣内でボールをまわされた後、左サイドにきれいなパスが通り、広島の選手が抜け出した。
それに対する青木。
・・ボールや敵選手を止めに行かず、するするとペナルティエリアに戻っていく。
まるで「逃げる」ように。

余裕もって敵選手がドリブルし、それにジェフのMFが下がってきてようやく追いついて応対。
だけどそれだけ時間もスペース的も余裕があるから、やはり簡単にクロスがあがるわけで。

これを見て、自分は「あー・・」と。
「これかー・・」と。
こりゃ、これを目の前で何度も見ていたら酷評したくもなるだろうなぁ・・と(苦笑)


でもこれはっ!
決して、青木の選手として価値や資質によって、そうなってしまうのではなく!
明らかにミラーの指示による守備戦術として、青木が動いてるんだろうな、と!
そう思ったわけです。

じゃないと、敵の突破からまるで「逃げる」ように動くわけがない。
おそらく、敵の突破に対しては、「SBはとにかく中央に絞ってゴール前で弾き返せ!」と、そういう指示なんだろうなぁ・・なんて、今更ながらに思ったわけだ。

ジェフSBが中央に絞る分、敵には余裕ができる。
SBの代わりにジェフMFが下がって応対して、
だからDMFが引きずり出された分、バイタルエリアがぽっかりと空く事も多く、
それゆえに、サイドに圧力を受けると支えきれず、低く低く下がるしかなくなってしまう。
はじき返しても中盤が乱れているからセカンドボールも拾いづらい。

もちろん、それだけ中央を固める分、弾き返す事だけはがんばれるが、でもそれってサンドバッグ。
我慢しきれなくなったら、失点。

引いて引いても守りきれない理由のひとつを、広島戦では見たような気がした。


だから監督が代わり、守備戦術が代わったらどうなるか。
磐田戦からこれからの試合、それも楽しみに見ていきたいと思う。



あと広島戦で、そんな「あー・・」を実感してもう一つ思ったことがある。
こんな実感は実は今までなかった。
バックスタンドでいつも見ているのと、ゴール裏から見ているのでは、ぜんぜん感じ方も見えるものも違うんだなぁ・・と思った。ゴール裏から見ると左右の動きがよくわかる反面、縦の動きが今度は奥行きになってしまうために、あまり実感しづらい。バクスタでは、まさにその逆。

たまに座る位置を変えるのも面白いな、と。



===<練習試合!>===
「千葉が流通経大に6点圧勝/練習試合」(ニッカン)
「江尻新監督、初采配は「疲れました」」(スポニチ)
「江尻監督“初陣”苦笑「疲れた」…千葉」(報知)

江尻始動!
そしてさっそくの練習試合!

見たかったが仕事を始めてしまったオレは当然見に行けず(笑)
どんな選手がどのように動いたのか。米倉や益山の期待株、新戦力の太田やネット。練習試合で彼らがどんな動きをするのか。そしてその動きは巻とかとどのように連携していくのか。
いろいろと想像してしまう。

・・スタメンはどうなるっ!?



===<ジウシーニョ、今季絶望>===
「磐田痛!ジウシーニョ靱帯断裂で今季絶望」(ニッカン)
「磐田・ジウシーニョ 敵に蹴られて今季絶望」(スポニチ)
「ジウシーニョ今季絶望…磐田」(報知)

磐田の主力ジウシーニョが、横浜FM戦で大けが。
今季絶望。
他クラブの選手だけれど、こういった大怪我はやはり忍びない。

一刻もはやい完治と復帰を望みます。



===<菊地の話は、マジなん???>===
「千葉が元磐田の菊地を来週からテストへ」(ニッカン)

スポニチの暴走記事だと思っていたら、ニッカンにも続報が。
しかも今度は三木社長のコメントつき。

・・いやいやしかし。
それでも、「えー、ほんとなん?」という疑念をもってしまう。

なによりも、あの事件に対するけじめをどうするんだろう?と。



スポンサーサイト

テーマ:ジェフユナイテッド市原・千葉 - ジャンル:スポーツ

ミスター・ジェフユナイテッド江尻が新監督に就任。・・元磐田の菊池を獲得!?
ええ、現役の時の江尻、大好きでしたよっ!
江尻と中西と、ここからしばらくミスターがいなくて、でもってこの先の巻(予定)が、オレにとってのミスター・ジェフユナイテッドの系譜です。
ミスターというべき選手がいなかった期間は、「今の選手なら坂本だな」「このまま阿部がそうなってくれれば」「選手よりもジェフ=祖母井GM&オシム監督だよなー」とか、そういう期間であって。でもってそれは結局、ミスターじゃないよね、と思っているわけで。

なかでもやはり!となれば、やっぱり江尻だよなー、と、思います。

その江尻が新監督に就任しました。

「【レポート】 江尻篤彦新監督就任会見 ジェフユナイテッド市原・千葉」(ジェフ公式)
「千葉江尻新監督が強化ビジョン明かす」(ニッカン)
「千葉一筋のの江尻新監督“ジェフ愛”でJ1残留だ」(スポニチ)
「江尻新監督が就任会見「ジェフ愛は人一倍」…千葉」(報知)
「江尻新監督が就任会見“ジェフ愛”「人一倍」」(サンスポ)

そしてさっそく二部練習が行われ、今日28日には練習試合も予定されています。
「チームスケジュールについて(7月28日~8月2日)【変更】」(ジェフ公式)「チームスケジュールについて(7月29日)【練習試合会場決定】」(ジェフ公式)
「千葉江尻新監督がオシム語録使って始動」(日刊)
「江尻新監督“オシム式”練習披露…千葉」(報知)
「千葉・江尻監督、再建へオシム流回帰」(サンスポ)
「千葉・江尻新監督会見 「オシム流再び」」(中日スポーツ)

オレにとっての江尻は、やっぱり、ミスター・ジェフだ。
だから、ずっとずっとジェフの監督になってほしくて、同時に、ジェフの監督になってほしくなかった。
成績が出ずに、彼が叩かれて結果責任だけを負わされて、石もて追われる姿なんて見たくない。
(他クラブだけど、ストイコビッチにも監督にはなってほしくなかったなー、とかちょっと思ってたりする)

だけど。
この状況下でジェフの監督に就任してくれた「男気」と、
メディアが作り出した言葉じゃなくて、彼自身が会見で口にした「人一倍のジェフ愛」と、
そしていつまでもミスター・ジェフユナイテッドである彼には、
やっぱりジェフの監督として、「男」になってほしい。

応援するしかない。


気になることもある。
彼の就任会見において、オシムの名がなんども出てきているが、江尻が答えているのは、
===
・オシムの理想や手腕や細かい方法論はリスペクトしているし、目指すのはああいうサッカー。
・しかし、オシムのサッカーはオシムにしかできない。決して、他の誰かができるものじゃない。
・自分は、自分の考えにおいて、自分自身のサッカーをやっていきたい。
===
という事。

江尻はあくまでも彼自身のサッカーを目指す。
それは、「オシム・サッカー」の幻や思い出をよみがえらせてしまうかもしれないけれど、だけどそこに「オシム時代の続編」を見ちゃいけない。今のジェフサポの多くが望んでいるであろう「イビチャ時代のサッカーと成績と誇らしさ」を、オレたちは絶対に江尻に望んじゃいけない。そんなの、決してかなう願いじゃないんだから。
江尻は江尻なんだから、これからの彼のサッカーに対して、サポもメディアも、口が裂けても「こんなのオシムサッカーじゃない」とか言っちゃいけない。

オシムをリスペクトし、彼の理想に共感し、「めざすのはああいうサッカー」だと掲げつつ、
江尻篤彦には、江尻篤彦のサッカーをジェフで作り上げてほしい。


オレは、江尻を応援する。



===<菊地直哉を獲得?>===
「江尻ジェフ緊急補強!元磐田・菊地を獲得へ」(スポニチ)

スポニチの記事。
・・うーん・・これはないな(笑)

だってスポニチの記事それ自身が、最後に「菊地の加入は不透明だが」だよ?
自分で話題ふっといて、後からそんなのないよねーって、こんなの自作自演とかマッチポンプもいいところじゃないかと。まったくもう・・。
記者の妄想記事か、意図的な観測バルーン記事か、そーゆー類の記事なんだろうなー。

戦力としての云々とか、過去の事件がどうこうとか、それ以前に記事の信憑性の無さの胡散臭さの方が気になってしまいます。
これで本当に来たらゴメンナサイだな、オレ(笑)
(いや、まったくもって1%の根拠もないって事もないだろうから、どうなるかわかんないけどさ)

はてさて、どーなる事やら。



テーマ:ジェフユナイテッド市原・千葉 - ジャンル:スポーツ

ミラー、解任。ミラーの思い出。
ミラー監督が解任となった。

いろいろと、受け入れなきゃいけない、と思う。
乱暴な言葉で言えば、「しゃーねーなー」という感じだ。

でも、これってミラー監督だけのせいではない。
選手のせいでもあるし、フロントのせいでもあるし、やっぱりミラー自身の責任もある。
だから、ミラーが悪いから、ミラーの解任が「仕方ない」のではなく、
今はもうミラーを変える事こそが、苦境打開への一手だと、そうフロントが判断したから、
手段としての監督解任に踏み切ったんだろうな、と思う。

なんとなく・・想像してしまうような気配がなかったわけじゃない。
エルゴラでもJ'sでも、ジェフ番のライターさんがあまり離れていないタイミングで監督批判をにおわせる記事を書いてもいた。
選手のコメントからも、具体性が欠けて、暗中模索であがいているような発言が増えていた。
なにか、クラブの道筋がみえなくなってしまっているのかもしれない、と。

補強やスタメン変更ではどうしようもない問題が今のジェフの中にあり、
だからこその、監督交代だったんだろうな、と、思うわけだ。


じゃあ、その具体的な問題はなにか、それが試合ではどのようにあらわれていたのか、
なんていうのは、長くなるのでエントリーを分けた方がいいかな、と思うので、割愛。

ただ、
今のチームで今のやり方は、結局、どこか破綻があって、
それは監督のせいでもあるし、戦術を全うできない選手のせいでもあるし、そういうチームしか編成できなかったフロントのせいでもあると、思う。

この順位は、決してミラーだけが悪いわけじゃない。
今のジェフに、ミラーという監督は、あわなかった、という事なのだろう。


ありがとう、アレックス・ミラー。
新しい場所で、新しい活躍を願います。




そして、最後に、去年の最終戦の思い出話。

2008年12月6日、HomeフクアリでのFC東京戦。
試合後、シーズン終了のセレモニーが終わり、そして選手たち一同がぐるりとフクアリを一周した。
自分はいつものバックスタンドの席に座っていて、選手たちがAwayゴール裏から近づいてきて、コーナーを曲がるのを見ていた。

先頭を歩くのは、いつものように、坂本。
そのすぐそばに、巻。
二人は、きっと少しでもサポに・・観客席に近づこうって思ったんだろう、ピッチ脇の看板から外側に出てサポに近づくコースで歩いていた。

ミラーはそれを見ていて、
近くにいた下村に対し、大きな身振りで、いっぱい何かをしゃべっていた。

フクアリの二階席を指し示し、
歩く選手たちを指し、
目を示し、
腕を大きく動かした。

『あの二階のサポーターを見ろ。こんなに観客席に近づいたら、上の席のサポーターたちは選手が見えないじゃないか。サポーター全員のことを考えろ。だから看板の内側に戻れ』

そう言っているように見えた。



オレにとって、ミラーはそういう監督なんだと、記憶しています。



ありがとう、アレックス・ミラー。
いろいろあったけれども、あの最終戦は忘れません。

新しい場所で、がんばってください。



テーマ:ジェフユナイテッド市原・千葉 - ジャンル:スポーツ

負けて、帰る。
このやるせなさは、今年のHome大宮戦に負けた悔しさじゃなくて。
去年の、Away大宮戦に負けた悔しさと近くて。


【策士、策に溺れる】…と言いたくなるような、
そんな悔しさであって。


深夜の高速バスの中、一人で反芻しながら、広島から東京に帰る。





あーーー、すっげ悔しい!!!!!



テーマ:ジェフユナイテッド市原・千葉 - ジャンル:スポーツ

さあ広島戦だ!太田は登録完了!・・天皇杯はジェフ3チーム!?、レディースは後援会員募集!
今日の深夜バスで広島へGO!
でもって試合終了後、またまた深夜バスで東京にとんぼ返り!
・・というスケジュールで広島に行ってきます。

blog書いたら、シャワー浴びて身支度して荷物準備して、でもってご飯食べて、買い物して、
でもってひと段落したら東京駅八重洲口を21:00に出発するのさっ!

せっかくだから、「るるぶ広島」でも買って、宮島の厳島神社でも見に行こうかしら。
ついでにこの機会にデジカメも買ってしまおうか(笑)
そーいや、ストヤノフが宮島大好き!(J's GOAL)らしいんだよな。
厳島神社ってーと、平家だ毛利だ豊臣だ、と、何かと歴史のある場所。この機会に行ってみるか、いやそれとも広島市内を散策してみるか・・。

いろいろと考えてしまうけれど、明日は市内広島ビッグアーチも雨模様っぽいんだよなーっ。


で。
敵地である広島ビッグアーチに乗り込むジェフとしては、怪我人の復帰(中後/アレックス/斉藤)や新戦力(太田)に期待してしまう。
新外国人のネットは、この試合には間に合わず。神戸戦でフクアリに登場して挨拶しジェフ公式ではプロフィールが公開されているが、Jリーグへの登録は間に合わなかった。ネットより後に獲得が発表された太田は、プロフィールも登録も間に合っているために、これはエルゴラに書かれていたようにやっぱりブラジルから移籍証明書が間に合わなかったのか・・。

とはいえ、いきなりネットが加入して巻とツートップ、怪我人復帰や太田の加入、チームがバタバタしてもしょうがないので・・「登録が間に合っても、ミラーが起用しなかったかもしれないし!」と、自分を慰めます(笑)

いや・・見たかったけどさ、ネット・・(苦笑)


戦前の試合予想は、どこを見ても・・エルゴラもヤフースポーツもJ's GOALも、どれも全く同じ見解。
【ボールキープして攻める広島!】 対 【守って守ってカウンターのジェフ!】という構図。
それは指揮官の目指すチームそのままの構図。
ペトロヴィッチはボールポゼッションからのパスワーク、そしてDFからのフィードや流動的な選手の動きでチャンスメイク、攻撃を目指す。対するジェフのミラーは、1-0での勝利を理想とする。

今年の5月9日の試合では、広島がボールをもって攻め続け、先制点を奪ってもなお攻め続けるも、ジェフが守って守って隙を突いての逆転勝利。どこかでは「10回戦ったら広島が8、9回は勝つが、その1回が来た」・・なーんて言われてしまった試合。
多くのライターがそんな事を思っているだろうし、他サポもそう思う人は多いだろうけど。

そういう下馬評をひっくり返して勝つのが素敵なんじゃないかっ!!!


広島はミキッチに高荻は復帰するけど、5月9日に勝った時だって二人ともいたんだ。
それに対してこっちは、アレックスか中後だって戻ってくるし、福元が守備の戦力に成長してきた。新戦力のサイドアタッカー、太田だって加わった。

そして自分は・・何よりも工藤がこの広島戦のキーマンになると期待してる。
引き分けてしまった神戸戦、負けずにすんだ理由の一つは、明らかに工藤の運動量と献身的なプレイだった。90分間、ピッチ上のどこにでも走りこんでマイボールをつなぎ、敵のボールにはフォアチェック、攻守共に大健闘。あの頑張りがなかったら、同点に追いつくこともできなかったんじゃないだろうか。

そりゃもちろん、単に「守備!」というだけでは不満もある。工藤がボールにつっかけて敵と絡んでも、そこでじゃあボールを奪えるかというとそんな事はない。セカンドボールを工藤がひろっても、抜け出して駆け上がったからといって、シュートまではなかなかいけない。

だけど、それでも、工藤がいなかったら神戸戦のジェフの中盤はまわらなかった。

攻撃陣と守備陣の間をつないでいたのが工藤であり、「そこに走ってくれよ!」「誰か敵に当たってくれよ!」という時に顔をだしていたのが工藤だった。
ジェフ中盤のハイプレス、その先駆けのファーストプレスは間違いなく工藤だったから。

その活躍を・・広島戦でも期待している。

広島DFの攻め上がりに工藤がプレス、こぼれたボールをアレックスが拾い、逆サイドに展開。
ぽっかり空いた広島守備陣のスペースに太田が突進、コーナーぎりぎりで追いつきダイレクトでクロス!
そこに巻!


・・ほら、幸せな想像が見える!!!(笑)


「【J1:第18節 広島 vs 千葉】プレビュー:対照的なスタイルを持つ両チーム。勝利へのキーワードは「我慢」。(09.07.18)」(J's GOAL)
「第18節 2009年7月19日 見どころ」(ヤフー!スポーツ)
「2009年7月17日 登録選手 追加・変更・抹消のお知らせ」(Jリーグ公式)



===<天皇杯概要決定、ジェフリザx柏!>===
「第89回天皇杯全日本サッカー選手権大会 大会概要」(JFA)
「組合せ(PDF)」(JFA)
「会場一覧(PDF)」(JFA)
「都道府県選手権大会決勝戦(代表決定戦) スケジュール(PDF)」(JFA)

今年の天皇杯概要が発表となりました!
ジェフトップの一回戦は静岡県代表。これはJFL前半戦でHonda FCが天皇杯シード権を獲得できなかったために、Honda FCFCとイカイFC代表決定戦が行われ、その勝者が天皇杯に挑む事になる。
おそらくHonda FCが勝ちあがってジェフトップと戦う事になるんだろうけれど・・。
このイカイFC、google先生に聞いてみたら・・あの三都州アデミール(wiki)が監督をしているそうな!

トップチームとは別に注目なのはジェフリザーブズ。
なんとこれが、10月11日、初戦となるトーナメント二回戦において柏のトップチームと激突します。
・・む、難しいとは思うけど、厳しいとは思うけど・・、万が一、柏のトップにリザが勝ったら面白いぞ!
(でも、金沢がジェフトップに昇格、奥山が鳥取に移籍と、主力二人が抜けたんだよなぁ・・)

そして。
実はさらにもう一つ、天皇杯は面白いネタがある。・・千葉県代表、だ。
「平成21年度 第14回 千葉県サッカー選手権大会」(千葉県サッカー協会)
ジェフユースのU-18がベスト4まで進出。古河電気工業千葉事業所サッカー部を母体とするS.A.I市原サッカークラブと8月23日に準決勝。勝てば、順天堂大学 or 明海大学と決勝戦。これで優勝すると天皇杯に出場決定!
そうなると、ジェフ兄弟3チームが天皇杯に出場する事となるのですよ!!!


トップもリザも、そしてU-18も、がんばれ!



===<ジェフレディースが後援会員募集!>===
「ジェフレディース後援会サイト設立!」(ジェフレディース後援会公式)
「レディース後援会☆」(みっちーGoal★Blog)
「レディース後援会 つづき」(みっちーGoal★Blog)
「ジェフレディース後援会発足」(J’s FAMILY)
「ジェフレディース後援会パート2」(J’s FAMILY)

ジェフレディース選手の保護者を中心に後援会が発足、そして後援会員を募集!との事です。
なでしこリーグは経済的にもかなり厳しいのは傍から見ててもはっきりしていて、ジェフレディースの選手たちは会費をジェフに払って、サッカーを続けている。
それで練習し、健康管理し、遠征までして、試合に臨んでいるわけだ。

自分もせめて一口、もしくは切り良く二口くらいは振り込もうかな、と思います。


「数年前まで「ジェフレディース」は「ジェフ」の中で家族じゃないって感じることが多々あった。」
「今はないが、毎年毎年12月頃に「来年もジェフレディースを存続させたいか?」みたいな文章が会社から選手へ届いた。」(J’s FAMILY)


ジェフレディースの監督、ジャンボ上村崇士がblogに書いた言葉は、痛々しい。

今の三木社長に代わってから、遠征費や食費がサポートされるようになった。レディースのためのジャージだってもらえる。ジェフレディースのユニフォームが発売されるようになったのも、去年からだ。
今年、なでしこリーグL1に初昇格し、5勝1分7敗と残留に向けて健闘しているのは、こういったジェフファミリーとしての、レディースへのサポート体制が整ってきた事も大きな要因の一つのハズ。

ジェフレディースだって、ジェフのエンブレムの下で同じユニフォームを着るのだから、彼らもまたジェフファミリーの一員として、応援したい。

がんばれ!



テーマ:ジェフユナイテッド市原・千葉 - ジャンル:スポーツ

J.B.Antenna-千葉 連絡事項
お世話になっております。

J.B.Antenna-千葉の管理代行を務めさせていただいておりますが、管理登録内容の更新がございますので、以下、ご連絡させていただきます。
(少しでも運営情報が皆様に伝わればと思い、こちらでもご報告させていただきます)

下記blogを、JBA-千葉に新規登録させていただきましたので、ご連絡させていただきます。


===<新規登録>===
・「J’s FAMILY」(コチラ)
・「ジェフレディース後援会HP」(コチラ)
・「いえろ~ぱっぷ2009」(コチラ)
・「poker」(コチラ)
・「inushiba_log」(コチラ)

※現在、自分のPCからJBA-BBSに書き込めない状況です。
※そのため、登録依頼に対してJBA-BBSにおいてお返事できておりません。
※管理blogの告知および、本blogでの管理情報更新をもって、お返事の代わりとさせてください。
※ご迷惑をおかけしますが、何卒よろしくお願いいたします。



以上、何卒よろしくお願いいたします。


khou



テーマ:ジェフユナイテッド市原・千葉 - ジャンル:スポーツ

太田圭輔加入、正式発表! お嫁さん候補(0歳)も登場!・・奥山が鳥取に移籍
スポーツ新聞で報道されていた太田圭輔が、ついに正式発表!
背番号#24を背負ってジェフのユニフォームを着ることになりましたっ!

「太田圭輔 選手の加入について」(ジェフ公式)
「太田 圭輔選手 ジェフユナイテッド千葉へ完全移籍」(柏公式)
「太田圭輔」(wiki)
「千葉が柏からMF太田を獲得」(ニッカン)
「千葉がMF太田を獲得」(スポニチ)
「柏からFW太田圭輔を獲得…千葉」(報知)

そして、太田個人のblogでもジェフ移籍のご挨拶っ。
「報告があります」(太田公式blog)

清水/甲府/柏、そしてジェフと戦場を変えてきた太田。
その武器は、ただ、敵陣スペースへのいちずな突撃、単騎駆け。
90分間、愚直にスペースを突き続け、駆け上がり、クロスやシュートを狙い続ける彼のblogの名前も、
「lance」・・槍。
彼が、今日からはジェフの片翼を担うことになります。

その突破力や90分間衰えないスタミナを、ジェフでも見せてくれる事と期待!

がんばれ!


※太田の公式blog「lance」も、JBA-千葉に登録させていただきました。



===<その太田、さっそく練習参加! お嫁さん候補は0歳!>===
「太田 千葉に完全移籍!花嫁候補も登場?」(スポニチ)
「弟にまで先越され…柏のMF太田“婚活”する?!」(スポニチ)

正式発表にあわせ、太田がさっそく練習参加。
ミニゲームでは、得意の右サイドではなく左サイドでプレイしたようです。
・・となると、カウンターからサイドの速攻突破、
クロスだけじゃなくて切れ込んでシュート!も期待してるって事なんかね?
深井も谷澤も、それぞれ左右両サイドで起用されているし。
巻やネット、深井/谷澤とあわせ、どのように起用されるのか想像してしまいます(笑)

で、池田から娘さんをお嫁さんに紹介された太田。
池田や和田とは、清水時代からの仲良し、・・だけじゃなく!
なんと中学生時代からの大親友だとの事!

和田とは中1、池田とは中2からの親友付き合い。
さらに池田とは清水ユースの同期だし、この3人は2004年には清水エスパルスでチームメイトだし。
それが巡り巡って、このジェフでまたまた3人勢ぞろいだとは。本人たちもびっくりだろう。
練習を見に行ったライターさんやジェフサポのblogによると、三人べったり、太田だけじゃなくてかえって池田とかもめっちゃ嬉しそうにしていたようで。
お前ら、どれだけ仲良しなのか!・・と(笑)


試合で3人勢ぞろいするチャンスもありそうだ。



===<奥山がガイナーレ鳥取に移籍!>===
「奥山泰裕 選手の移籍について ジェフユナイテッド市原・千葉」(ジェフ公式)
「奥山泰裕選手(ジェフリザーブズ)移籍加入のお知らせ」(鳥取公式)

JFLで上位につけている今年のジェフリザーブズ。
その主力だった奥山が、ジェフを離れてガイナーレ鳥取に完全移籍する事となりました。

加入時。
本来は大卒選手を取る予定がなかったけれども、練習参加した奥山に「即戦力!」と惚れ込んで獲得したって経緯があったかと思います。その時、キレキレだった奥山のドリブルについたあだ名が「カミソリ」(by中島)
しかし奥山はトップに昇格できず、ジェフ加入後はリザでJFLを戦っており。

大卒という年齢を考えると、ここで鳥取に移籍をするのは、一つの決断としてアリだと思います。

現時点でJFL3位であり、J2昇格を悲願として戦い続けるガイナーレ鳥取。
鳥取のバードスタジアムでも『東北屈指のウザさ』でJ2昇格をめざせ!

がんばれ!




テーマ:ジェフユナイテッド市原・千葉 - ジャンル:スポーツ

移籍決定!の太田は和田と池田と仲が良い(笑)・・戸田が大ケガ!
ジェフと柏で、両クラブ間で移籍合意!近日発表!の太田。

彼がジェフに来ると、太田/池田/和田、と、またまた清水エスパルス出身の選手が増える事になる。
三人共に1981年生まれの同い年で、太田と池田はしかも清水ユースからの同期。
へー、なんて思ってちょこちょこと検索してみたり、選手名鑑を見たりしてみれば。

・・お前ら、めっちゃ仲いいのなっ!!!

「静岡にて」(太田公式blog)・・池田の結婚式にも出席してるし、
「【キャンプ4日目】番外編(1)」(清水公式)・・キャンプで同室、いつもいっしょ!だし、
「61から135 の質問の返事」(太田公式blog)・・三人あわせて、清水三羽ガラス!だそうな。

サカダイの選手名鑑でも、「尊敬する人」「好きなサッカー選手」「ライバル」、みんな池田昇平の名前が・・。

そんなにお前ら仲いいんかっ!
ジェフに来たのは、その仲の良さが理由かっ!
となると、三人中先んじてジェフに来た池田が、他の二人も誘ったのかっ!?

なんにせよ来てくれてありがとおおお!!!・・なわけだけど(笑)

今年の春に怪我をして戦線離脱してしまった太田。
「今日の試合で…」(太田公式blog)
「怪我の状況」(太田公式blog)
「怪我の状況」(太田公式blog)
「戸田さんに負けないように( 笑)」(太田公式blog)
「「祝」」(太田公式blog)

ぜひともジェフで活躍してほしいものです!!!


・・あ、戸田とも仲いいみたいだな。
すると戸田からもジェフの話を聞いていたりするかも、かもかも・・。



===<その戸田は・・>===
「帰宅・・・・・・・・」(戸田公式blog)
「検査結果。」(戸田公式blog)

韓国移籍後、ようやく試合に出れるようになったかと思ったら、・・骨折。

「絶対に引退には向かいません。」と言い切る戸田は、それだけで尊敬できると思う。


がんばれ。




テーマ:ジェフユナイテッド市原・千葉 - ジャンル:スポーツ

不完全燃焼こそ、神戸戦のリアリズム・・柏から太田獲得!!!
神戸戦、勝ちたかった。
下位同士の直接対決、大分戦に続いての連勝、しばらく勝てていないフクアリでの歓喜、降格圏どころか中位圏への殴りこみ・・いろんな期待がいっぱいあって、やっぱり「ここで勝たなきゃ!」なんて気持ちでフクアリに行ったわけで。

だから、同点後のミラー采配に、「えー・・?」という気持ちがなかったと言えば嘘になる。
敵には大久保とかボッティとかいるけど、同点になって押してるじゃん!一気に逆転!・・なんて期待しても、ミラーは益山投入後に更に選手を変えることはなく。
そのままタイムアップ。
終わってみれば、試合前の「勝ちたいよ!」という気持ちは不完全燃焼。


でも、それでも。
試合後に書いたように、やっぱり「負けなくてよかった」というのが一番の現実なんだろうなぁ・・と思う。

自分はいつものバックスタンドに座っていたから、ちょいと視線を動かせばアップしているサブの選手たちが目の前にいるわけで。ゴール裏やメインスタンドよりは見やすくて。なので「次の交代はあるのかな?誰だろな?」なんてワクワクしながら、ちょいちょいと見ていたけれども。
ええ、特に中後を。

・・遠目で見た感じでも、痛々しくて出場は無理だろうなぁ・・って思いました。

アップしているその膝のテーピングが痛々しい。
軽くダッシュしては手で足首を持ってストレッチしたり、トレーナーやコーチらしき人とちょっと話してみたり。
それでもやっぱり本人は試合に出たかったのか、明らかにコンディションが良くないにも関わらず積極的にアップを続けていたけれども。
あの流れの中で中後を投入していたら、神戸のカウンターにつき破られていたんじゃなかろうか。

同様に、新居/金沢も投入しづらかっただろう。

あの時、ミラーは佐伯を下げて益山を投入。
谷澤のポジションをFW近くまで上げて工藤と連携させながら巻を主軸に攻めを構成。
同時に、谷澤は中盤のフォローにも駆け回って中盤の厚みを助けていた。
もし選手交代があるとすれば、やっぱりFWの投入!攻めろ!なんて動きを期待してしまうけど、新居/金沢の投入があれば、FW谷澤による中盤フォローが途切れてしまうだろう。
そして中後のコンディションでは、カウンター合戦の運動量についていけなかっただろう。

だから、引き分けでもかまわない!とにかく負けない!・・という采配だったのかなー、とかとか思うわけで。
それがミラーという指揮官のリアリズムなのかなぁ・・とかとか、想像しているわけで。


気持ちはやっぱり不完全燃焼(苦笑) Homeフクアリで勝ってほしい!
だけど、こういう「それでも負けない、少しでも前に進む」ってのも、采配なのかもなぁ、と。

※谷澤に代えて米倉投入、深井をFWまで上げて米倉を中盤に、とかは想像してみたけどさ。
※中盤底に中後を投入、守備時に動かなくてもいいからボールの配給役、CK/FKのキッカー役の固定砲台・・とも思ってみたよ。
※でも世の中、そうはうまくいかないんだろうな(苦笑)



===<メディア情報まとめ>===
【公式系】
「Jリーグディビジョン1第17節 試合詳報」(ジェフ公式)
「07/11(土)19:00 フクアリ 千葉 △1-1」(神戸公式)
「【J1:第17節 千葉 vs 神戸】プレビュー:堅守速攻が狙いのチーム同士の対戦。千葉はサイド攻撃を封じにかかる神戸の守備をスピードと連係で崩し、今季初のリーグ戦連勝を狙う。 」(J's GOAL)
「【J1:第17節 千葉 vs 神戸】ハーフタイムコメント」(J's GOAL)
「【J1:第17節 千葉 vs 神戸】アレックスミラー監督(千葉)記者会見コメント」(J's GOAL)
「【J1:第17節 千葉 vs 神戸】和田昌裕監督(神戸)記者会見コメント」(J's GOAL)
「【J1:第17節 千葉 vs 神戸】試合終了後の各選手コメント」(J's GOAL)
「試合詳細データ 2009 J1 第17節 千葉 vs 神戸」(J's GOAL)
「【J1:第17節 千葉 vs 神戸】レポート:サイド攻撃がなかなか実らず、神戸の鮮やかなカウンター攻撃で失点した千葉。ボールのコースが変わったラッキーゴールで引き分ける。」(J's GOAL)

【メディア系】
「神戸大久保“水かけ論”でイエロー/J1」(ニッカン)
「千葉 谷沢同点ゴールも「もっと取りたい」」(スポニチ)
「宮本ボランチも…神戸ドローで降格圏突入」(スポニチ)
「大久保暴挙!審判に水振りかけた…神戸」(報知)
「ホームでまた勝てず…千葉」(報知)
「千葉、辛うじてドロー…ホームで不振続く」(サンスポ)
「谷沢会心の同点ゴール」(ちばとぴ)
「ヴィッセル、苦手敵地ドロー 新布陣で攻守向上」(神戸新聞)


だけどさ。
試合後のボスナー、まるで試合に勝ったかのように笑顔で手を振りまくっていたのは、
・・あれだけは、なんか、疑問を感じたぞ・・。

引き分けでそんなに満足だったの?って・・。



===<柏から太田を、完全移籍で獲得!>===
「千葉、ライバル・柏からMF太田獲得」(スポニチ)
「太田圭輔」(wiki)

FWにネットを補強した昼田SM。
そうなると次の課題はやっぱり両サイドなわけで。
・・だって、深井か谷澤、どちらか一人でも怪我したら、今のジェフは崩壊するよ!
(って、これだけ試合に出てるのに、怪我してないのは凄いと思う)

その弱点であったポジションに、柏から太田圭輔を完全移籍で獲得!
近日中に正式発表との事!

ジェフに来てくれてありがとおおおおおおお!!!

サカマガだったか、サカダイだったかの、シーズン前補強特集の中で、このオフでの獲得を狙っていた・・という記事があった。同様に、2月のサポコミでも聞いたと思う。その太田に、高橋監督の下で試合数が激減したこのタイミングで再アタック、ついに完全移籍で獲得!
去年はリーグ全試合に出場、ナビスコとあわせて7得点もしているのに・・今季は7試合だもんなぁ・・。
そりゃ、移籍を決断しても不自然ではない。

スペースを潰されるとかなり苦しくなってしまうタイプとはいえ、運動量とスピードが武器の右サイドの香車。
カウンターで点を獲ろうという今のジェフにはぴったりの選手じゃなかろうか。
そしてクロスの精度があまり良くないってのも、かえって巻にちょうどいいかもしれない(笑)

清水ユース時代、池田の同期。
谷澤とは、柏時代にポジションを争った仲。

まだまだ27歳、これからのジェフでの活躍をめっちゃ期待します!
がんばれ!!!


つか、ほんと、よくまぁ獲得できたもんだなぁ・・。




テーマ:ジェフユナイテッド市原・千葉 - ジャンル:スポーツ

勝ちたかった、でも、負けなくて良かった神戸戦
勝ちたかったなぁ、今日は。
同じく下位に低迷する神戸が相手だっただけにやっぱり勝ちたかった。

だけど、
帰りの電車の中で携帯ポチポチしながら努めて冷静になってみれば、負けなくて良かった…というのが本音だったりもする。


神戸のロングフィードにジェフ守備陣は慌てふためき、
坂本/佐伯/工藤の中盤は、ボールにアタックするも、奪取orキープできず、
弾いてこぼれたセカンドボールは敵に奪われ、
前線では、巻も谷澤も深井も、それぞれがそれぞれの役目の中で孤立無援。

リードされて迎えた後半、何度もあった岡本のファインセーブがなければ、益山の出番の前に試合は決まっちゃってたんじゃなかろうか。


大分に勝って連勝を目指した神戸戦…後半のフクアリの雰囲気…谷澤の同点ゴール…下位同士の直接対決。
最後まで勝ちを狙うべき試合だった。

そして負けて然るべき試合を引き分けに持ち込んで、生き残った試合だとも思う。



でも、やっぱり!
勝ちたかったなああああああ!!!



テーマ:ジェフユナイテッド市原・千葉 - ジャンル:スポーツ

今日はHome神戸戦! フクアリの幸福を取り戻せ!
大分戦を勝ったジェフは、今日、Homeフクアリで神戸を迎え撃つ!
勝てば中位集団に食らいつき、負ければ降格圏に引きずり込まれるこの試合。

なんとか!
なんとか勝ってほしい!

・・ところなんだけれども。
ここ数年、どーにもこーにもこういう試合での勝負弱さが気になってしまう。

一昨年は、6連勝して「さあ、中位集団をぶちぬいて少しでも上位を!」と期待したら、それ以後、ぱったりと勝てず、6戦未勝利。
去年なら、あの札幌と東京Vに連敗したし、5連勝をふくむ7戦負けなし!の後は、残留争いのライバル大宮との直接対決に敗れて、ずるずると後退。

今シーズンだって、あの大宮戦に、あのように負けてしまった。

勝負事だけに、ジェフが好調になると敵に研究/警戒されて勝てなくなるのか、
コンディション等の、チームマネジメントの問題か、
選手達のメンタルや、戦い方の限界か、
もっとシンプルに、負けた試合は悔しいからオレがはっきりおぼえているのか(笑)

ほんとのところはそういった要素がいろいろ絡み合った挙句なんだろうけれど、それでもやっぱりいろいろと「なんで?」と考えてしまう。

しかし、やはり、
ここで勝つと負けるとじゃ違うよね、と、1年間のリーグ戦においては、やはり幾つかそんな試合がある。
この前の大宮戦はそういった試合の一つであり、今日の神戸戦も、そういった試合の一つなんだと思う。


そして、今日の試合には中後かアレックスが復帰する。
ヤフースポーツのプレビューでは、スタメン予想にアレックスの名前があり、
ジェフ携帯公式には、中後のコメントも載っている。

なかなかゲームを作れなくて、深井/谷澤の単騎突破に頼り切ってしまい、あとは偶発的な個人技で得点を狙うばかりだったここ最近のジェフ。
だから、大宮戦のように深井/谷澤の二人が閉じ込められると中盤が孤立してしまい、前線と守備陣がばらばらになってしまう脆さがあった。

アレックスか中後が戻ってくれば、その脆さも少しは克服できるかもしれない。


「【J1:第17節 千葉 vs 神戸】プレビュー:堅守速攻が狙いのチーム同士の対戦。千葉はサイド攻撃を封じにかかる神戸の守備をスピードと連係で崩し、今季初のリーグ戦連勝を狙う。(09.07.10)」(J's GAL)
「第17節 2009年7月11日 千葉 見どころ」(Yahoo! スポーツ)
「神戸「宮本ボランチ」で低迷打破図る」(ニッカン)
「神戸大久保11日千葉戦で復帰後初FW濃厚」(ニッカン)
「ツネ様シュート狙う、ボランチ先発決定的」(ニッカン)
「神戸「危機感持って」、新体制初勝利狙う」(ニッカン)
「深井&巻 親友アベック弾で巻き返しを」(スポニチ)
「神戸新布陣 宮本がボランチで出場も」(スポニチ)
「神戸・和田新監督、低迷脱出へ“宮本外し”」(スポニチ)
「神戸DF強化で「アウェー初星」を狙う きょう千葉戦」(スポニチ)
「千葉戦に向け先発6人配置転換…神戸」(報知)
「神戸ツネ様 千葉戦の先発ボランチ確定」(デイリー)
「楠瀬、光るドリブル突破 ヴィッセルきょう千葉戦」(神戸新聞)



昨日のエルゴラの見出し。

「フクアリの幸福を取り戻せ」!!!


がんばれ!



テーマ:ジェフユナイテッド市原・千葉 - ジャンル:スポーツ

J.B.Antenna-千葉 連絡事項
お世話になっております。

J.B.Antenna-千葉の管理代行を務めさせていただいておりますが、管理登録内容の更新がございますので、以下、ご連絡させていただきます。
(少しでも運営情報が皆様に伝わればと思い、こちらでもご報告させていただきます)

下記blogを、JBA-千葉に新規登録させていただきましたので、ご連絡させていただきます。


===<新規登録>===
・「リッピーのイエロー日記」(コチラ)


以上、何卒よろしくお願いいたします。



khou



テーマ:ジェフユナイテッド市原・千葉 - ジャンル:スポーツ

怪我人、さらに増加! 谷澤に和田・・下村は数週間!
いーーーーーーーやーーーーーーーーーーーーーー!!!
怪我人がこんなにいっぱいだなんて、あぁぁぁぁ、勘弁してぇぇぇぇぇえええええ!

「故障者続出の千葉 負傷組も練習に参加」(スポニチ)

ただでさえ、アレックスにミシェウに中後、活躍が期待される中盤の主戦力に怪我人が続出している今のジェフ。アンカーとしての出場機会が多くなった斉藤も込みにすれば、なんと中盤4人が戦線離脱という事態。

なのに!
それに加えて、大分戦をもってさらに怪我人が続出!
スポニチの報道によれば、矢澤と和田は痛めつつも練習には参加、これならば次節 神戸戦にも出場可能だろう。そして下村も、足を痛めつつも、どーせ次はイエロー累積で出場停止だし、二週間もあればなんとかなるべー・・なんて思っていたんだけれど。

なのに!
ああ、それなのに!

今日のスポーツ報知に、こ、こんな記事がっ!

20090708_shimomura.jpg


あぁぁ!
下村ぁぁぁぁ!!
いーーーーーやーーーーー!!!
いーーーーーやーーーーーよーーーーー!!!


中盤の戦力枯渇!

こうなるとどうなるんだ、また坂本を最終ラインの前において、工藤と組み合わせて中盤を構成するのか。
それともここ二試合、途中出場でがんばっている米倉/益山のどちらかをスタメン起用するのか。
ジェフに加入して、まだリーグ戦で出番のない佐伯が、ここでチャンスをつかむのか。

はてさて・・ミラー采配はいかにっ!!!


いやもう、ほんと、
お願いだから、アレックス/ミシェウ/中後、誰か一人でもいいから戻ってきておくれ!




あの大量離脱によって戦力が瓦解したジェフは、ツギハギだらけの2008年をなんとか乗り切って、
2009年はチーム戦力を再構成する、まだ、その途上ではあるけれども・・。

こうやってみると、
やっぱり今のジェフはずいぶんと選手層が薄いんだな、と、
そして、ここ数年にわたるフロントの混乱がチーム編成に凄まじい爪痕を残しているんだな、と、
改めて実感してしまう・・。

米倉や益山、もしかしたらリザの奥山/乾/高田達にとっては、飛躍するまたとないチャンス!
・・だとも言えるけどさっ!



テーマ:ジェフユナイテッド市原・千葉 - ジャンル:スポーツ

J.B.Antenna-千葉 連絡事項
お世話になっております。

J.B.Antenna-千葉の管理代行を務めさせていただいておりますが、管理登録内容の更新がございますので、以下、ご連絡させていただきます。
(少しでも運営情報が皆様に伝わればと思い、こちらでもご報告させていただきます)

下記blogを、JBA-千葉に新規登録させていただきましたので、ご連絡させていただきます。


===<新規登録>===
・「島津虎史のブログ TIGAR CAFEへの道」(コチラ)


以上、何卒よろしくお願いいたします。



khou



テーマ:ジェフユナイテッド市原・千葉 - ジャンル:スポーツ

大分戦勝利!で、降格圏脱出!
大分戦の先制点。
前半5分、高く駆け上がっていた大分のディフェンスラインをジェフが破る。
下村から巻へと浮いたボールで楔が入り、そのボールが足元で工藤に渡る。
ボールをもった工藤が数歩のドリブルで短く深井の前にパス。
これが深井の抜け出しにつながって、深井が突破。GKとの1対1をキレイに沈めて先制。

カウンターの流れの中で、深井はピッチの見たところ4分の3(標準105m⇒約76m)をいっきに駆け抜けた。
しかも最後はGKと1対1とはいえ、左に流れ気味だったためにそこそこシュートに角度が必要で。
わずか数秒でピッチを駆け抜け、ドリブルし、シュートを決めた・・今の深井のFWらしさが光った得点。


対する大分は、このわずか2分後に同点。
家長のマイナスのクロスを高橋があわせてジェフの守備を破る。
負けが続く大分の意地。
先制しつつも勝ちきれないジェフの綻び。
大分が逆転し、ジェフに勝つのならば、ここが勝機だったのかもしれない。


しかし、前半23分。
下村がドリブルからのシュートで勝ち越し弾を決め、ジェフが2-1とリード。
これが決勝弾となり、2-1。
ジェフの勝利となった。

試合後の下村の言葉が、選手たちのこの1週間の気持ちなのだろう。
「前節の大宮アルディージャ戦で、残念で申し訳ない試合をしてしまった」・・下村は何度も繰り返し、
坂本も、大宮戦の翌日は外に出られないほどショックだったという。

選手達こそが骨身にしみて感じていた大宮戦の悔しさ。
それをぶつけた大分戦。

この試合の、勝利でジェフは勝ち点を18に伸ばし、ひとまずは降格圏を抜け出した。
14位、浮上。
まだまだこれから、リーグは半分も残っているから安心なんてできないけど、まずは順位UPだイヤッホウ!


===<メディア情報まとめ>===
【公式系】
「Jリーグディビジョン1第16節 試合詳報」(ジェフ公式)
「J1 第16節 2009/07/04 19:00 キックオフ 九州石油ドーム 試合終了」(大分公式)
「【J1:第16節 大分 vs 千葉】プレビュー:下位に低迷する両者のサバイバルマッチ!苦境を脱するきっかけはどちらに!!」(J's GOAL)
「【J1:第16節 大分 vs 千葉】ハーフタイムコメント」(J's GOAL)
「【J1:第16節 大分 vs 千葉】シャムスカ監督(大分)記者会見コメント」(J's GOAL)
「【J1:第16節 大分 vs 千葉】アレックスミラー監督(千葉)記者会見コメント」(J's GOAL)
「【J1:第16節 大分 vs 千葉】試合終了後の各選手コメント」(J's GOAL)
「試合詳細データ 2009 J1 第16節 大分 vs 千葉」(J's GOAL)
「【J1:第16節 大分 vs 千葉】レポート:降格圏サバイバルマッチは千葉に軍配。出口の見えない大分は13連敗。」(J's GOAL)
「[ J1:第16節 大分 vs 千葉 ] 大分 高橋、同点弾」(J's GOAL)
「[ J1:第16節 大分 vs 千葉 ] 下村勝ち越し!」(J's GOAL)
「[ J1:第16節 大分 vs 千葉 ] 試合終了」(J's GOAL)

【メディア系】
「大分社長「相手ぶっ殺すぐらいの気で」」(ニッカン)
「600万円支援に応えられず高松は涙/J1」(ニッカン)
「大分ワースト13連敗シャムスカ監督解任へ」(ニッカン)
「千葉はミラー監督誕生日に降格圏脱出」(スポニチ)
「シャムスカ監督解任へ…後任は内部昇格か」(スポニチ)
「深井 全勝神話意識せず戦う…千葉」(報知)
「千葉、4日大分戦“国産”で勝つ!」(報知)
「敵地で気合勝ち…千葉」(報知)
「ワースト13連敗でシャムスカ監督解任へ…大分」(報知)
「千葉、カウンターさえる「いいプレーだった」」(サンスポ)
「13連敗の大分、シャムスカ監督を解任へ」(サンスポ)
「大分、13連敗シャムスカ監督解任へ」(サンスポ)
「大分、13連敗喫しシャムスカ監督解任へ」(デイリー)
「大分シャムスカ監督解任へ 13連敗で最下位と不振続く」(デイリー)


試合前の大分社長の檄。
逆にその言葉に発奮したという下村の言葉。
それも、勝負の綾か。

そして試合後、いっせいに報道された「シャムスカ解任か!?」の報。
大分のJ1残留、そして初戴冠。ここ数年の大分は、まるで一時のジェフがそうであったように、クラブ=監督というイメージだった。その監督を、解任、なのか。
・・連敗の現実を思えばその判断も已む無しとも、思うけれども・・だけど、シャムスカがどうこう以上に、芝問題や怪我人などクラブとしての総合力の綻びでもあったかと思う。

シャムスカ本人は今後も監督を続ける、という気持ちを示し(スポニチ)
フロントの結論は本日7月6日に決まるらしいけれども(報知)
・・どうなるのか。




テーマ:ジェフユナイテッド市原・千葉 - ジャンル:スポーツ

明日は大分戦。
16位のジェフは、最下位の大分と、明日、戦う。

大分はどんなに少しでも残留に向けて這い進むために必死だし、
ジェフもまた、一つでも二つでも勝って中位集団にすがりついて、今の降格圏が脱出したいところだ。

だから、両方のチームが必死になるに違いない。


先の大宮戦の試合内容は、スタジアムでため息をついてしまったサポーターよりも、やはりピッチ上の選手達の方がずっとずっと実感している。
それは頭での理解とか以上に、骨に染み入るような悔しさと共に、わかっているのだろう。

だから、谷澤の試合前コメントも、深井のblogも、選手達自身がその悔しさを踏まえて、大分戦に臨もうとしているのが見える。


アレックスも、ミシェウも、中後も、怪我だ。
ボスナーも大宮戦のレッドカードのため、大分戦は出場停止。
しかし青木良太は、怪我からなんとか戦線復帰し、そしれリザーブズから金沢が上がってきた。


ジェフが、今年の残留戦線を生き残れるのかどうか。
残る半分のシーズンを、どのようなチームとして戦っていくのか。
大宮戦の敗けっぷりに、チームマネジメントも選手のメンタルも、いっきに追い詰められたと思う。

立て直せるか、どうか。



がんばれ。



「【J1:第16節 大分 vs 千葉】プレビュー:下位に低迷する両者のサバイバルマッチ!苦境を脱するきっかけはどちらに!!(09.07.03)」(J's GOAL)
「金沢 亮 選手 登録変更のお知らせ」(ジェフ公式)
「大宮戦」(深井 公式blog)

リザで戦い、JFLで得点を重ね、そしてトップに登録された金沢。
大宮戦でがむしゃらにがんばっていた米倉や益山。

彼らにチャンスがあるかどうかも、期待。



テーマ:ジェフユナイテッド市原・千葉 - ジャンル:スポーツ

混乱瓦解の大宮戦。
試合後、選手達がフクアリのピッチ外をぐるりと歩いて一周して挨拶する時。
工藤は、選手の列の最後尾にいた。
一人で。
憔悴しきった顔で、ほんとうにトボトボと、うつむき加減で歩いていた。

どんな試合だったか、サポのブーイングやエルゴラの酷評記事を待たずとも、選手自身が思い知っていたと思う。工藤に限らず、坂本も巻も、深井も、みんないろんな感情に気持ちを焦がしながら、歩いていた。

バックスタンドから、コーナー自由にまわったところでブーイングがあり、
Home自由席の前で並ぶところで、またブーイングがあった。

そして、最後、ユニフォームプレゼントの場面で、子供の台詞だ。


おそらく・・などと言わずとも、間違いなく、今季、一番・・選手達にとって屈辱的な試合。
ピッチ上でジェフの選手達が混乱し、チームとしての機能が瓦解した、大宮戦だった。



初めは、ジェフの方がいい形を作れていた。
・・というよりも、大宮の方が慎重に慎重に試合に入ったように見えた。
両サイドへのパスや個人の仕掛け、新居の抜け出し、混戦からの巻のシュートなど、前節の名古屋戦でつかんだリズムに、選手達が自ら・・調子に乗っていこうとしているようだった。
しかしピッチの上で、大宮の選手達が、自分達のゲームプランを徐々に試し始めると、ジェフの混乱が始まっていく。

キッカケは、ジェフの最終ライン裏に何度かボールを放り込まれたあたりからだ。
おそらく前半15分くらいだろうか。
(現在、角度の問題でスカパー!が受信できないので、現地観戦のうろ覚えだけど・・)

ジェフ守備陣の最終ラインに放り込まれたボールが、いとも簡単に敵FWにキープされる、もしくはフリーになった選手にドリブルでしかけられる。
藤田が楔として機能しはじめる。
さらに石原がスピードやタイミングを生かして、ジェフの混乱を広げていく。

ジェフは、前半早くから何度もピンチをむかえ、しかもそれは決して大宮に力で打ち破られたという印象ではなく。
「あれ?」とか「なんで?」と言いたくなるような、混乱の中で、危機ばかりが広がっていった感じだ。

一つは、やはりチームとしてのジェフの機能不全であり、
一つは、ジェフの混乱に乗じて大宮の良さが存分に引き出された、という事だろう。


大宮の印象としては・・。

藤田がいい。
「強い!」とか「上手い!」とか、そういう驚きは実はあまりなかったけれども、「ポジショニング」が良かったように見えた。真正面からの競り合いだとかボールキープだとか、そういうのじゃない。ボールが飛んでいく先に、ちょうど藤田がいて、ちょうどその近くにジェフの選手が少なくて、ちょうど守備の穴になっている場所に、藤田がいた。
さらにシュートを打とうという意識が強く、得点に対して貪欲なのもいい。

石原がおもしろい。
敵にすると、イヤな選手だなぁ・・と思う。味方にすると頼もしいけど。
個人的にはああいう選手はけっこう好きなんだけど、でも、やっぱりこの前は敵だからイヤな選手だなと(笑) 前に向かうモチベーションが高いのがいい。周りを使う事もできるし、裏を狙うのも上手い。
藤田が下がったり、藤本が上がったりする中でマークが混乱し、彼を手放してしまったのも敗戦の原因だろうなぁ・・と思う。

あ、あと、藤本はやっぱりキライです(笑)
始めは低めに位置してあまり存在感がなかったけれども、ジェフがチームとして「たいした事ない」と見るや、どんどん前に出てくるようになった。右サイドの橋本とポジションを変えてサイドに張ったかと思えば、パス交換やサイドチェンジの隙にするするとあがってトップ下の位置からゴールを狙ってくる。
かなり楽しそうに、藤本はピッチを駆け回っていたなぁ・・と。
キライだけれど(笑)


で、だ。


そんな大宮に、好き放題にフクアリを蹂躙されてしまったジェフ。
前半の半ばのうちに、もう守備のマークやポジショニングがわからなくなってしまっていたのだろう。
坂本やボスナーや福元が「どーする、ああする」と、ピッチ上でマークやポジショニングを確認していた。特にジェフの左サイドでは、大宮の選手に誰がいくのか・・谷澤か、坂本か、それともボスナーなのか・・そんなマークの混乱が多々見られていた。

さらに前半、まだ前半なのに、ジェフ陣内での大宮のコーナーキック時。
巻がスゴイ表情で坂本を両手で突き飛ばしたシーンがあった。
前線の選手達と、最終ラインの選手達と。
やろうとしている事や、実際にピッチ上で起こっている事、それらの意識がずれてしまっているんだと、思い知らされた。


そして大宮戦では、最も顕著だった、ジェフ中盤の問題。
パスミスの多発。
それもボールが飛んで動いて、その先で味方につながらない・・のではなく、
中盤から出たボールが味方まで行かずに、いともたやすく敵にカットされていた、という事。

走って追いつけない、とかじゃなくて、
深井も谷澤も走ることもできない、走り出そうとしたときには、下村や工藤からのボールが敵にカットされている。・・カットされた、どころか、「相手にボールをぶつけてしまった」と思ってしまうようなシーンが、何度も何度も繰り返される。

試合終盤、下村がボールをもち、相手を交わしてパスを出そうとするも、大宮選手にぶつけてしまった時、
フクアリのジェフサポから、大きなため息が出た。
あんなニュアンスの、あれだけ大きなため息は、ブーイングよりもずっと珍しい。



大宮戦、せめてもの救いは、米倉と益山のがんばり、だろう。
米倉はフィジカルの強さをいかしてボールをキープし、さばき、突破を試みていたし、
益山は益山で、まだまだスタメンというほどじゃないにしてもこれからを期待したくなる雰囲気があった。

若手二人のがむしゃらさが見れてよかったな、と思えた。


今年もまた降格圏内でもがいているジェフは、これから、どのように残るシーズンを戦っていくのか。
選手達はもちろんだけれども、選手以上に、チーム編成をになうフロントやチームをマネジメントするコーチ陣こそが、この大宮戦を糧にしなきゃまずいよな・・、そんな大宮戦だったと思う。



テーマ:ジェフユナイテッド市原・千葉 - ジャンル:スポーツ

J.B.Antenna-千葉 連絡事項
お世話になっております。

J.B.Antenna-千葉の管理代行を務めさせていただいておりますが、管理登録内容の更新がございますので、以下、ご連絡させていただきます。
(少しでも運営情報が皆様に伝わればと思い、こちらでもご報告させていただきます)

下記blogにつきまして、登録内容を更新いたしました。


===<変更サイト>===
サイト名称: 「ジェフ千葉旗隊(イエローデビルズ)のブログ」様(コチラ)
変更内容:  登録URL変更


以上、何卒よろしくお願いいたします。



khou


テーマ:ジェフユナイテッド市原・千葉 - ジャンル:スポーツ





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。