Hang Tough
ジェフが好き、旅行も好き、仕事もがんばろう、うん。
プロフィール

khou

Author:khou
本好き、旅行好き。
でもここ数年、ずっと旅行に行けてない・・。

twitter、はじめてみました。

@khou_hangtough



ジェフ千葉_試合情報



ジェフ千葉_試合日程



最近の記事



月別アーカイブ



カテゴリー



ブログ内検索



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大分戦後に思う、江尻の監督去就について。
大分戦は、大きく分けて書くネタが3つあって。
その中にはさらに小ネタも多く、3つはどれもそれぞれが(ただでさえ長文な自分なのに)エントリー1本分だよなー、などと思ってしまう。

1:試合の事
  1.1:新居の事
  1.2:守備の事
  1.3:米倉や金沢の事
  1.4:下村や坂本の事
  1.5:来季補強/流出の事

2:斎藤大輔の事
  2.1:ああやって功労者をちゃんと送り出せた事の意味と、価値。
  2.2:プレイヤー斎藤大輔の思い出
  2.3:セレモニーの事(ジェフ運営)
  2.4:セレモニーの小ネタ

3:フロントの事
  3.1:三木社長挨拶から
  3.2:江尻監督挨拶から
  3.3:補強/流出の事



でもって、その中でも「3」の、さらに江尻の去就なんだけれども、結局、

何がどうあっても来季は江尻なんだし、
それを前提に、フロントも選手も色んな判断をし、決断し、行動するんだろうし、
それに何よりも、サポからは見えない色んなところが、江尻じゃなきゃダメなんだろうな。
つまり、そーゆー事なのだな。


と思った。

「千葉ついに最下位も…江尻監督「逃げない」」(スポニチ)
こんな記事も出ているとおり、江尻の監督続投ってのは既報どおりで、しかもフロントも本人も、それで合意したように見える。
だけど、江尻の監督としての勝敗実績は、【リーグ戦:1勝5分7敗、天皇杯:2勝0分1敗、合計:3勝5分8敗】と、数字としてこれまたどうしようもなく結果が出ている。

数字と結果から言えば、江尻は続投どころか今シーズン中に解任されても全くおかしくない。


それであったとしても。
ああいう社長と監督のコメントを聞き、あそこまで既成事実が積み重なったら、
ここで江尻を解任する方が泥沼だな、と、思ったわけだ。


【継続性】
 今まで、監督やフロントの交代/解任/流出を繰り返して人事人材を浪費してきたジェフだから、
 その結果としての今年の降格なんだから、どっかで腹を据えなきゃダメだとも思うし。

【親会社とのパイプや政治】
 それに、ジェフは、古河とJRからのお金と支援によってご飯を食べてるクラブなわけであり、
 その二つの親会社とのつながりを絶対的に大前提にしなきゃいけないわけだし。

【今以上の混乱の回避】
 社長が江尻続投を繰り返し表明して、江尻も続投の意思をコメント中に滲ませて、
 フロントがこれだけ既成事実を積み重ねた以上、
 今から監督を解任した方が、ずっとずっとシーズンオフは混乱すると思うのですよ。


純粋に指揮官としての江尻ってどうよ?・・となれば、それは数字が何よりの証拠だけれど、
でも、「じゃあ、三木社長が江尻を解任させたらどうなる?」とか、「それによって三木社長も辞任したらどうなる?」とか、そう想像してみれば、「・・その先に見える未来の方がずっと泥船じゃね?」と思うわけで、そこに昨日のシーズンHome最終戦挨拶みたいな事を積み上げられたら、はいもうわかりましたと、こっちも思うしかないわけだ。

そこまでフロントが江尻で行きたいんなら、それなりにそうしなきゃいけない理由があるんですね、わかりましたと。表には言えないいろんな事情があるんでしょうね、面子もあるんですね、しょうがないんですねと。
でもって、そのうえで「一年でJ1昇格!」というならば、それなりの準備や覚悟やリソースや、いろいろな必要な諸々は、当然のように全てを十分に・・十分以上に実施するんだよね?と。
じゃあオレも、もう一度、改めて覚悟を決めて江尻を応援しましょうと。
昨日、そんな事を思いました(笑)


今までは「来季も江尻で行くんだろうし、フロントも色々あるんだろうけど、・・それを支持はするけど・・でも1年で昇格するために、それで本当にいいのか・・?」などと、江尻続投に消極的承諾(≠賛成、≠否定)だったオレですが、

今日からは、
「江尻の、監督の力量は不安だけれど、ええもう、それでもジェフは、2010年、江尻監督で戦いますよ!」
と、江尻監督支持(=賛成)を明言します(笑)


ご意見ご批判も異論も、どうぞよろしくおねがいします♪






でさ。
色んな思惑や理由や状況もあったうえでの、江尻続投、・・そこまでは了解だけど、

「チーム戦力=選手x監督xフロントのバックアップ」

なんて思っている自分としては、
江尻続投という事で、これでチーム戦力の変数の一つが決まったのだな、と思うわけで。
これで「1年でJ1に復帰する」って言うならば、よっぽどの覚悟をもって選手人事(補強/慰留/放出)やフロントのバックアップ強化を行わないと、J1復帰なんて画餅だよ?無茶無謀だよ?と、改めて思う。

江尻で行くと決めた事によって、フロントにおける幾つかの問題は解決できるのかもしれない。
しかしそれならば、江尻で昇格するための、選手編成や体制作りが必要になる。
フロントも、逃げられない。

がんばれ、フロント。



そして、江尻。
もう何一つ言い訳もできなければ、逃げることもできない、これで結果を出せなければ、彼の今後の指導者人生そのものが立ち行かなくなる、それだけの状況になってしまったわけで。
しかし、そこから逃げ出さないという点において、オレは江尻を尊敬します。

それが江尻の能力やキャパを超えているとしても、
任命された以上は、できる限り責任を全うし、全てをかけてでも遂行すべきであって、
足りなければ補い、至らなければ成長しなければならない。

だから、江尻、
今季を踏まえて、来季、監督として、大きく成長してください。


そうさ、ジェフは育成のジェフさ!!
生え抜き監督だって育てるのさ!!!!



スポンサーサイト

テーマ:ジェフユナイテッド市原・千葉 - ジャンル:スポーツ

Home最終戦!
20091129154900
いよいよHome最終戦!


テーマ:ジェフユナイテッド市原・千葉 - ジャンル:スポーツ

戸島選手/佐藤選手、新加入正式発表!・・清水はボスナーに正式オファー!
すでに報道が出ていた2選手・・戸島選手/佐藤選手が、ジェフ公式で正式発表となりました!

「戸島 章 選手 加入内定について」(ジェフ公式)
「佐藤 慎之介 選手 加入内定について」(ジェフ公式)

本人コメントもそうだけど、今年はどちらも学校の責任者コメントが載っているのが面白い。
いや、広報のネタとしてはアリなんだけど、今までずっとこんなコメントが無かったから・・今年からってのは何かあったんだろうか? 理由はどうあれ、良い傾向だけどさ(笑)

その戸島選手と佐藤選手、どちらも高校サッカー選手権では地区大会の決勝戦まで進んでいます。

戸島選手所属の成立学園は、帝京と。
佐藤選手所属の日本航空は、韮崎と。

どちらも今週末の11月28日に決選となるので・・両方ともがんばれ!


さすがに小瀬まで日本航空の試合を見に行くのは大変だけど、成立学園と帝京の試合はテレビ放送(こちら)もあるし・・戸島選手がどんな選手か、一足先に見れるぞ(笑)


二人ともがんばれ!

勝って、全国大会だ!



===<その成立学園の理事長は・・>===
戸島選手所蔵の成立学園だけど、理事長の名前は、福田浩平。
今のジェフサポのどれだけが、「そういえば!」とくるかわからないけど、実は実はこの人、ジェフ創世記に携わった人であり、元社長であって。
古河電工時代に、Jリーグの設立にも関わった人。
「芝のグラウンド 成立学園理事長福田浩平」(Jリーグ公式)

戸島選手の加入コメントにも「成立学園のスタッフにジェフ出身の方が多かったので」とあるが、そもそも理事長がねぇ(笑)
それにそもそも、成立ゼブラのコーチ陣を見ると・・
「成立ゼブラサッカークラブ コーチングスタッフ」(成立ゼブラ公式)

半ばもう、ジェフ(というか古河)の身内みたいなものじゃんか!と(笑)


でもこうやって、OBや関わりのある人たちの、広さや活動、繋がりの深さ・・それがクラブの持つ歴史や伝統であって、積み重ねであって。それは負担や重荷になって、どろどろしたしがらみにもなるけれども、戸島選手のようにポジティブな巡り合わせとなる事もある。

それはやっぱり、なんだかんだで、すごく大事にすべき事なんだろうな、って思う。



===<清水がボスナーに正式オファー>===
「清水 千葉のボスナー獲得へ」(スポニチ)
「千葉DFボスナーに正式オファー…清水」(報知)

確かボスナーは今年いっぱいで契約が切れるハズ。
だから清水としてはボスナー(&代理人)に払うコストだけで済むはずで、それなら他クラブから獲得するよりもずっと安上がりとなる。しかもボスナーは2年も日本に住んでJリーグを経験しているから、カルチャーギャップも不安はないし、Jリーグの癖にも慣れている。
声をかけるのも、なるほどなー、という気もする。

そういえば、G大阪ばかりが目立っているけれども、ヨンセンしかり、マルコス・パウロしかり、
清水の外国籍選手補強も、Jリーグ内で物色する方針なんだね、ここ最近は。
ちょっと前は、アラウージョとかフェルナンジーニョとか、自分たちで選手を引っ張ってきてたから、そんなイメージはなかったんだけど。

やっぱり、全く新しい選手を海外から引っ張ってくるより、国内から獲得したほうが、何かと都合がいいんだろうか・・。

・・いいんだろうなぁ・・。


ちょっとつまらぬ。





テーマ:ジェフユナイテッド市原・千葉 - ジャンル:スポーツ

斎藤大輔、引退!・・佐藤選手、入団会見!オシム来日!清水がボスナーに興味?
「斎藤大輔 選手 現役引退のお知らせ」(ジェフ公式)

昨日、このニュースを知って、ただ、もう、言葉もなく。

さびしいし、
残念だし、
もっとできるよね!?、とも思う。

だけど、すっごくきれいな引き際だよな、とか、
少なくとも、FC東京戦で笑顔が見れたよな、とか、
引退しても、ジェフにコーチで残ってくれる事はすっごくうれしい、とか、

いろいろ思うけれども、何よりも、
斎藤が、このチームのユニフォームを着て引退してくれる事をうれしく思う。


実績と信頼があって、在籍の長いベテラン選手ってのは、間違いなくクラブの財産だと思うんだ。
立石もそうだったけど、そんな斎藤がジェフでユニフォームを脱げたってことは、
うん、とてもとても嬉しい。
だって、それまでは江尻くらいだったと思うぞ。
こうやって殊勲選手がジェフのユニフォームを着たまま引退できたのって。

おそらく、フロントの判断や、フロントと本人の相談もあっただろう。
減俸提示という段階もあったかもしれないし、移籍もちょっとは考えたかもしれない。
もちろんこのままジェフで、現役続行という慰留だってあったかもしれない。

それらプロとしてあるべきいろんな選択肢を踏まえたうえで、
ジェフのユニフォームのままで引退してくれること、引退後もジェフに残ってくれること、
ジェフの財産が積み重なっていくこと、それが嬉しい。

そういう選手がこうやって退いていく道を、クラブが用意してあげられるのが、嬉しい。





ありがとう、大さん。
あなたの笑顔は、とてもとても素敵だった。

Jplus_cover


ありがとう、戦うお父さん。



===<日本航空高校から、佐藤慎之介選手加入!>===
「GK佐藤選手(日本航空高)ジェフ千葉入り」(山梨日日新聞)
「サッカー部3年GK佐藤慎之介、Jリーグ『ジェフ千葉』へ入団!」(日本航空高校NEWS)
「11月25日(水) 佐藤慎之介「ジェフユナイテッド市原・千葉」への入団会見が行われました。」(日本航空高校サッカー部)

先日報道のあった、高卒GKの佐藤慎之介選手、その彼の入団会見!
千葉県出身という縁もあるし、それ故の加入かもしれないけれど、ぜひぜひがんばってほしいところ。
写真を見ると、けっこう目鼻立ちも悪くない?・・どこか鹿島の野沢に似ている気もちょっとする・・。

しかし、この新加入会見に三木社長直々に出馬してるとは。
三木社長に利渉広報、村山強化担当の3名で学校まで行ったみたい。・・そーいや、以前の淀川社長の時は、社長のこういう露出は全くなかったな。

パフォーマンスだって謗る人もいるかもしれないが、オレとしては「パフォーマンス上等!」って思ってるので、三木社長のこういうところは嬉しく思います。気持ちは口にしないと伝わらないし、信頼は態度で示さないと勝ちとれない。社長たるもの、パフォーマンスの一つ二つできないとね。

この調子で、社長自ら出馬して・・ジェフの練習に参加したことのある大学生の獲得候補にも、ぜひとも熱烈アタックを!(笑)



===<オシム、来日>===
「オシム氏11カ月ぶり日本再上陸!J観戦も」(スポニチ)

主治医から飛行機に乗る許可が出たという事で、オシム、11ヶ月ぶりの来日。
ほんと、身体にだけは気をつけてください。

できれば、ジェフにもちょっとだけでもいいので顔を出してほしいな!って思うけど、当時のフロントとはかなり変わっちゃってるもんなぁ・・。
間瀬さんとか江尻とか、監督/選手の現場のほうこそ、オシムと面識あるメンバーが残ってると思うけど、オシム来訪の段取り調整するのはフロントだもんなぁ・・。

フクアリに来たら、新しくなったクラブハウスや練習場に驚いてくれるかな(笑)



===<清水がボスナーに興味?>===
「マトかボスナーか…清水が外国人CB獲り」(スポニチ)

ボスナーに限らず、色々とこういう話は出てくるんだろうな・・。



テーマ:ジェフユナイテッド市原・千葉 - ジャンル:スポーツ

磐田の、茶野と村井が戦力外。・・ふむ。
朝起きたら、こんなニュース。

「磐田、ゴンに続き茶野、村井も戦力外」(ニッカン)
「磐田またベテラン切り…茶野、村井も戦力外」(スポニチ)
「元日本代表・茶野、村井を戦力外…磐田」(報知)

ヤマハも厳しいもんなぁ・・。
磐田自身が、昨年度2億5800万円の赤字だし、親会社たるヤマハ発動機にいたっては11月4日に発表された四半期決算において、第3四半期純利益が1,588億円の純損失(PDF)

ヤマハがサッカー以上に力を入れているラグビーもプロ契約廃止。
プロでありたい選手は流出OK、残るプロ選手は社員に契約を切り替えるという強硬策。

厳しいのはもう明らかで、あとはどれだけの波がジュビロ磐田に襲いかかってくるか・・って思っていたけど、「前田移籍!?」は予想してたけど、まさか村井と茶野が戦力外になると思ってなかった・・。
茶野に関しては、大幅減俸の提示、そのうえでの残留か、本人の判断での移籍かなぁ、とか。
村井に関しては、他サポの立場からの予想としては、来季の戦力構想として年俸現状維持?と。
他サポの立場としては、ぼんやりそう思っていたわけで。

それが二人そろっての戦力外。
自分が思っていたよりもずっと厳しい状況だ。


しかし二人が戦力外と決まった以上、二人のがんばりや現役続行を心から応援する。
それがJ1でもJ2でも、まずは二人が現役を続けられることを願う。

がんばれ。
二人とも。


そしてもちろん、絶対、まかり間違ったとしてもそんな事はないと思うけど、



絶対、ジェフに戻ってくるなよ?



ジェフを捨てて、
代表を目指し、優勝を目指し、より高待遇を目指し、よりステップアップを目指したのだから、
そのためにジェフを捨てたのだから、
そうして手に入れたはずのポジションから、追われたからといって、
間違ってもジェフに戻ってこようとか、考えるのはやめてくれよ?

ジェフを捨てた以上は、
オレら、現ジェフサポが「あいつめ、コンチキショウ!」と思うようなくらい、がんばるのが一番の責務だ。
オレは執念深いから、
今でも茶野や村井の水色のユニフォーム姿を見るとテヤンデイ!って思うから、
そんなオレが、悔しくて妬ましいくらい、他クラブで活躍しないと、・・ダメなんだぞ?


だから、がんばれ、茶野、村井。
来季、J2で対戦するでもいい、降格したジェフを尻目にJ1で戦うのでもいい。

がんばってがんばって、二人ががんばりつくして、
矢尽き刀折れ、羽も破れて足も萎え、喉も潰れ、盲しいた時に、

その時に、もう一度、蘇我で会おう。


今はまだ、二人とも、もっとできるはずだから。



がんばれ!


テーマ:ジェフユナイテッド市原・千葉 - ジャンル:スポーツ

巻、左膝靱帯損傷!今季絶望に!・・サテライトは川崎に4-0で勝利!
FC東京戦、前半22分で負傷退場した巻。
自らスライディングしたかのように見えたけれども、巻としては「芝に引っ掛かった」という事だそうだ。
「巻「音がした」左ひざ捻挫で負傷退場」(スポニチ)
「千葉・巻ねんざで交代「大丈夫と思うけど…」」(サンスポ)

巻にしては珍しく、倒れたその場でもう交代を申し出、すぐにネットと緊急交代したわけで、怪我の具合が心配だったけれども、その診断結果は・・左膝靱帯の損傷!
「巻ひざ負傷で今季絶望…去就に影響も」(スポニチ)
「巻、じん帯損傷 残り2試合出場絶望…千葉」(報知)

幸いにも靱帯の状況は、あくまでも「損傷」であって「断裂」ではない。
しっかり固定して安静にして、休めば、来季にはまた戦えるだろう。


不幸中の幸いというべきは、残り試合数と今のジェフの現状だろうか。
これが残り10試合とかあれば、それだけの期間をエース無しで戦うのはさすがに辛いし、もし去年のようなサバイバル真っ最中!であれば、そこはそれ責任感の強い巻の事、痛み止めを打ってテーピングがちがちに巻いて強行出場している事だろう。

しかしリーグ戦は残り2試合、良かれ悪しかれ天皇杯も敗退した。
J2降格もすでに決定。
残る試合は、来季に向けて・・徒労となろうとも・・何を繋いでいけるかというばかり。

膝靱帯という、サッカー選手の選手生命に関わる故障に無理をかける状況じゃない。
だからこのタイミングを好機ととらえて、来季に向けて、巻には心身ともにひと息ついてくれと思う。

大卒でジェフに加入し、オシム時代にジェフのエースとなり、
日本代表となってW杯を戦い、
アマル時代は代表戦とクラブとで疲労と怪我に痛めつけられながらも奮闘し、
主力選手が大量流出したあのシーズンオフにもジェフに残り、
去年の残留争いを戦い抜き、最終戦では獅子奮迅、

フロントのぐらつきや、移籍騒動もあって、プロ入りしてからはシーズンオフですら、おそらくあまり休んだ事がないだろう。だからここで、一度ゆっくりしてほしい。
ピッチの中から、じゃなくて、フクアリの最上段でもいいし、他スタジアムでもいいし、改めてジェフや自分やサッカーを見つめなおしてほしいと思う。

巻も、来年には30歳だ。
サッカーなんてスポーツは、40歳までできる競技じゃなく、残る時間を意識する年齢であって。

だから、ゆっくりと・・巻にとって最善の決断を考えてほしいと思う。

それが来年もまたジェフのエンブレムを身につけるのであれば、とても嬉しい事だ。
他のユニフォームを着ると決めたとしても、恨みも怒りも・・きっと・・ない。
寂しくはあるけれど。


きっと、サッカーの神様が・・巻に休めという事なのだと、思う。
休んで考えろと。

そういう時も、ある。



===<残る2試合のFWはどうなる>===
勝手に予想すれば、FC東京戦をベースとして、ネット/新居の2トップが本命か。
江尻は、彼個人として新居にすごく期待している感があるし、ネットはやはりあのパワーや身長が魅力的。新居の代わりに深井というのも考えられるけど、深井のコンディションの問題もある。
谷澤は本来のMF起用か。

そして控えには金沢が入る?

中後が出場停止となる次節、MF陣の編成とあわせて江尻の選手起用も気になるところ。


せっかくだから金沢も見てみたいぞ!



===<サテライト川崎戦は4-0で快勝!>===
「サテライトリーグ vs川崎フロンターレ 結果速報」(ジェフ公式)

連休最終日の昨日・・11月23日には、ユナイテッドパークでサテライト川崎戦があり、
なんと4-0で快勝!

サテライトだからお互いのメンバーによっては全くスコアも結果も参考にならないけれど、公式HPを見る限りではお互い準主力。
ジェフにはボスナーや下村などの主力組もいるけれど、山中/鳥養/金沢/益山もいる。
川崎だって、森/登里/黒津/矢島といったリーグスタメン経験者もいる。

それで4-0ってのは嬉しくなるじゃないか!
しかも2得点は金沢のゴール!

今季前半は、リザで得点しまくっていた金沢。
残る2試合で、ぜひともJ1の舞台を経験してほしいぞ。


あと益山もな・・。
個人的に、益山にはすっごく期待してるんだけどなぁ・・。
あの磐田戦の右SB起用で前半だけで交代させられてしまった後、ベンチ入りもしていないのが切ないところ。だけど練習試合を見ると、トラップはうまいし、フィジカルも強い、視野も広く、ロングパスも出せる。
クゼもミラーも期待した才能だけに、益山にもチャンスを!



テーマ:ジェフユナイテッド市原・千葉 - ジャンル:スポーツ

ハヤブサ!隼!はやぶさ!・・古河電工に、初めてカッコイイ!と思った日(笑)
※ジェフ成分は1%ほどです(笑)
※たまには雑談ネタ。
※でもって、けっこう長文です。


自分は小説もマンガも大好きで、歴史ネタもSFネタも大好きで、旅行も大好きで、
・・要は「ここじゃないどこか」というだけでたまらなく憧れてしまうものがあり、
だから「世界の車窓から」なんかは、DVDのBOXを買ってしまっており、
海外旅行も大好きで、国内旅行も大好きで、
大学生のころにはバックパッカーのまねごと・・ほんとの真似だけど、してみたり、
そんな自分にとって、この週末、個人的にとてもとても素敵なニュースがあった。

それは、サッカーと関係がないんだけれども、
でもジェフと・・ジェフの親会社の古河電工と、ちょっぴり関係のあるおはなし。




「HA-YA-BU-SA」といえば、

時速300kmでダイブ!する猛禽類のことではなく、

決して「お楽しみはこれからだ!」の不死鳥の人ではなく、
(リハビリ、がんばってください、ほんとに頑張ってください)

飛んでる姿がとてもとても優雅で美しい、まさに風に舞うようなOscarでもなく、
(残された映像の中で、翼を翻す姿はほんとに美しいと思う・・)、

その他いろいろなメカネタでもなく、
バイクにもそういう名前のがあるらしいんだが、バイクは詳しくないんでおいとくとして、

小惑星探査機「はやぶさ」(JAXA)の事だ。


遠く、遠く、小惑星イトカワに向けて飛んでいって、
3億キロメートル先にある、たった500メートルのちっぽけた岩塊に接触し、
サンプルを回収し、
そしてまた3億キロメートルの道のりを、地球に戻ってくるというのが「はやぶさ」の使命。

2003年5月、無事に打ち上げに成功し、
地球スイングバイにも成功、
イオンエンジンも1機がトラブル起こすも、残る3機が長時間動いたトコまではいいんだけれど、

姿勢制御用のリアクションホイールは3機中2機が壊れるわ、
燃料が漏れて中で凍るわ、
バッテリーも放電しちゃうわ、
通信も、一時断絶するわ、
その間、肝心のイトカワへのタッチダウンも状況不明で「まさか墜落!?」となるわ、
姿勢制御用の化学エンジンが全部壊れてしまうわ、
それをイオンエンジン用キセノンガスで、無理やりに姿勢を立て直すわ、
そのためのソフトを後付けでみんなで開発するわ、
またまた通信断絶、しかも三カ月だわ、
バッテリは全部放電しちゃって、再充電しなきゃいけないわ、
燃料が爆発しないよう、機体内から放出するわ、

そんなとんでもない状況を、地球上のJAXAの技術者達が必死で頭絞ってトラブルに対応して、
なんとかなんとか「はやぶさ」は生き残り、

小惑星イトカワにタッチダウン、サンプル回収を試みて、さあ地球に帰ろう!ってなって、

姿勢制御すらままならず、太陽の光の本当に微弱な力まで使って、 なんとか姿勢を安定させて、
そしてひぃこらひぃこら、地球に向かっていたのに、

生き残っていたイオンエンジン3機のうち、1機が停止!残り2機!
残る2機も、しかし今月・・2009年11月になって、1機が停止!
さすがに残り1機じゃ、力が足りなくて地球まで帰れない!

「はやぶさ」、地球への帰り道なかばにして、
小惑星イトカワのサンプルを手にしながら(かも、だけど)、 ここで終わりか!・・というこのピンチを!

「探査機「はやぶさ」、奇跡の復活…予定通り帰還へ」(読売)

なんだよそれ!
「万が一に備えて、回路をつないでおいた」って、 ほんとにヤマトの真田さんかよ!!!
「こんなこともあろうかと」って!
しかもエンジンって配線をつないで、2機の部品をつなぎあわせて1機にするって、ぜんぜん想像つかないよ! なにをやったんだよ! 宇宙空間で人間が手作業で何かできたわけでもないのに!

そんな離れ業、偶然と奇跡と技術者魂によって「はやぶさ」が手に入れたエンジンの力は、
わずか6.5mN(ミリニュートン)、1円玉すら持ち上げられない!
だけど、こんな微弱な力が、「はやぶさ」が地球に帰りつく最後、ほんとに最後の命綱!

「「はやぶさ」の大いなる挑戦~世界初の小惑星サンプルリターン~」(ニコニコ)
「探査機はやぶさにおける、日本技術者の変態力」(ニコニコ)

こんなこともあろうかと!
こうなったらもう、「はやぶさ」、何が何でも地球まで戻ってこい!!
帰ってこい!!!


そんな、とてもとても熱くて、オレにとって素敵なニュースが、この週末にあったわけで。
(・・こーゆーネタにはものすごく涙腺の弱いオレ・・・・)





そして、この最後の最後でようやくジェフに関係するのだけれど(苦笑)、

この「はやぶさ」に搭載されているバッテリーは古河電工のものだそうな。
ヤマト版の動画で佐渡さんが叫んでいる「古川」ってのは、つまりこれは古河電工であり・・、
それってジェフの親会社じゃないかと!

古河電工のビジネスは消費財とかじゃないから、普段はぜんぜんそれを意識する事なんてなく、
でも電線や光ファイバーでは世界でも有数の企業だと、知ってはいたが、
だけどリアルに親近感なんて持つ機会はなくて、

これで、初めて古河電工に親近感&好意をもってしまった・・(笑)



テーマ:ジェフユナイテッド市原・千葉 - ジャンル:スポーツ

勝ったぁ・・! 久々に、ほんっっっっと久しぶりに勝ったぜ!!!!
うぉっしゃああああ!

2-1でFC東京に勝利!
そりゃ相手は、梶山もいないし長友もいない、カボレは移籍だし、決して万全の状態じゃない。

だけどそんなの関係ない!
勝利ったら勝利さ!

・・もう降格きまったのに?

だからなんだ!
勝ったのは勝ったんだ!


今はもう、一つでも一歩でも、あがいてもがいて意地を見せるしかないんだ。
来年はJ2だ。

どれだけの犠牲を払おうとも、一年で戻るために、
決してあきらめちゃいけない、
勝負を捨てちゃいけない、

目の前の試合はまだ続くんだから、
プロとして意地を見せなきゃいけない。


ネットと新居がものすごくかみ合っていた。
DFラインに入った斉藤は、今年どの試合よりも守備が安定して見えた。
米倉も工藤も中後もがんばっていた。

この中から、誰が残ってくれるかわからない。
もしかしたらみんないなくなってしまうかもしれない。

だけど、それでも、この試合が次に、来年に続いていくんだから。
そうやってジェフの歴史も、サポの思い出も積み重なっていくんだ。


だから、今日は、とにかく嬉しい。


・・勝った!



テーマ:ジェフユナイテッド市原・千葉 - ジャンル:スポーツ

FC東京戦直前
20091122130625
久々の斎藤先発。
アレックスも戦線復帰。



テーマ:ジェフユナイテッド市原・千葉 - ジャンル:スポーツ

岐阜に負けたジェフの現状・・何もよりどころはなく、バラバラなままで。
日曜日の天皇杯4回戦・・FC岐阜戦は、

なんだかなー、もーなー、あーあーあー

と、そんな気分になってしまうに十分な試合で、がっかりといえばめちゃくちゃがっかりで、
しかし、今のジェフはこうなんだよと思うには、まさにこれ以上ない試合であって、
良い事探しをモットーにしているこのblogとしては、
「来季、1年での昇格を目指す上で、天皇杯の負け方としては一番良かったかも!」
などと、自分に言い聞かせていたりする。
だってさ、あの試合を見てさ、
「今のジェフならJ2余裕!」なんて言えるやつは誰ひとりいないよ!
(ゆえに、ジェフのフロントが来季へのチーム作り・・補強や人事等・・に真剣になってくれるといいな、と)


きっと、選手たちはJ2を甘く見ていたんだろうなぁ・・って感じてしまった試合だった。

開始早々にチャンスを立て続けに作り、深井はやすやすと突破し、米倉も敵ゴール前に進出、決めなきゃいけないようなチャンスが簡単に生まれてしまう。そしてそれを決められなかった。
おそらくそれでもう、「なんだ、いけんじゃん!」とかとか、選手は思ってしまったんじゃなかろうか。

しかし、点は入らなかった。
前半も10分を過ぎたあたりから、岐阜が落ち着きを取り戻して自分たちの戦いを始める。
ボールを持つとジェフDFラインの裏にボールを放り込み、FWを走らせる。ボールが長すぎてゴールラインを何度も割っても、岐阜は愚直に繰り返し続け・・この試合のやり方を掴んでしまう。
特にジェフ左サイド。
青木良太のスペースのケアの拙さと、ボールを持った時のぎこちなさにつけこんで、突破/進出からのクロスが生まれていく。
片翼を使えるようになると、そこを起点としてワイドにボールを展開できるようになり、ジェフ守備陣を振り回して、・・そうなると、今シーズン、何度も繰り返し見てきたジェフのアブナイ光景のリプレイだ。

前半ロスタイム、ボスナーのスライディング(敵とボールの間にすべりこんで、ボールがそのままラインを割ったように思えたし、ボスナーもそう主張していたけれど)から、CKとなる。

ミスキックのような、低い弾道のボールが来て、
オレに任せろ!・・なんて勢いで下村が飛び込んで、
空振りして、
その後ろにいた岐阜の選手が、ゴール。

・・むむむ。

結局、これが決勝点となるわけだけど、後半はもっと酷かった。
中盤でルーズになったボールを、立ったまま見送る黄色い選手。
サイドに流れるイーブンなボールを、岐阜の選手は必死に追いかけ飛びこんでいるのに、
それを余裕を持って見送るジェフの選手。
トリッキーなプレイ、一発のパスでゴールにつながるようなパスを狙っているのかもしれないけれど、
傍から見れば敵へのプレゼントになってしまうようなパスミス、
ボールを競るのに、ジェフの選手が二人も重なってマークの相手をフリーにしてしまう、
焦りや苛立ちからか、プレイがどんどん雑になり、パスはつながらなくなり、ドリブルが増える。

岐阜はロングボールを減らしショートパスでボールを回すようになって、
ジェフのチェックが追いつかなくなり、
しかもそれでいて岐阜の選手は、ジェフよりずっとずっと必死に走って何人も足が攣ってしまい、
それでも最後の最後まで走って、走って、

そして0-1。


米倉。
フィジカルが強いのはわかったし、自分ばかりファウル取られて苛立つのはわかるけど、後半のかなり早いタイミングで気持ちが切れてしまって、自分勝手なプレイが増えてしまってた。

岡本。
前半早々、ゴールキックを蹴る時、思いっきり滑って転んでいるのに、後半も繰り返すのはどーよ?

青木。
なぜ、ボールを持って向かってくる選手から、自分から離れてしまう?
青木より遠い位置の、CBのボスナーが青木の目の前からくる敵に、プレスに走らなきゃいけない?

深井/谷澤はボールを持ちすぎることが多かった。気持ちはわかるし、二人ともにスキルはあるけど、あれじゃ敵DFは楽だっただろう。
巻は前半こそまだ良かったが、ボールが来ないから、時間がたつにつれて目立たなくなっていく。
工藤も走っていたけど、その走りや運動量が報われない。もともと一人でボールを奪えるような選手じゃない。工藤がフォアチェックに走り、その後に誰かが続いてボールを奪うというのがあるべき姿なのに、味方が続かないから、報われない。

結局、ジェフはチームになっておらず、岐阜はチームとしてまとまっていた。
それがあの結果だ。



試合後のブーイング。
選手の挨拶。
選手たちの顔が、負けを受け入れているのが、辛い。
ブーイングするゴール裏を、斉藤が悲しそうに見ていた。


このまま今季は終わってしまうのかな。
来季に向けて、何もよりどころをつかめないまま、終わってしまうのかな。


今季、残るジェフの試合は3試合しかない。




テーマ:ジェフユナイテッド市原・千葉 - ジャンル:スポーツ

敗戦
負けた。

負けに不思議な負け無しという言葉があるけど、まさにその通りで、負けるべくして負けた試合。

岐阜のほうが攻守共に良いチームだった。
ジェフは攻めの形が何も無かった。

岐阜の方がずっと走っていた。
ジェフは途中から足が止まっていた。


哀しかったのは、選手達の顔だ。
みんな負けに慣れて、負けを受け入れていた。


ジェフは岐阜より弱い。
それだけだ。



テーマ:ジェフユナイテッド市原・千葉 - ジャンル:スポーツ

熊谷到着!
熊谷に到着しましたよー!

バスに乗るのが面倒だったので、駅から歩いたんだが、思っていたより近かった(笑)



さあ!
千葉対岐阜。
「あっこちゃん」ダービーだ!

リアルあっこちゃんはどっちだ!?(笑)



テーマ:ジェフユナイテッド市原・千葉 - ジャンル:スポーツ

さあ天皇杯!熊谷へGO!・・熊本が巻にオファーし、祖母井さんが浦和に?
降格は決まってしまったけれどもシーズンは続く。
J1のリーグ戦もまだ残っているし、何よりも、天皇杯がまだ勝ち残っている。

天皇杯、四回戦。
敵はJ2所属のFC岐阜。
この試合に勝つとベスト8・・つまり準々決勝に進むこととなる。

行ってきますよー!


===<熊本が巻にオファー>===
「J2熊本 監督候補に井原氏、ゴン&巻獲りも」(スポニチ)
「熊本がゴンと巻へオファー」(報知)

いつかはオファーがあるだろーなー・・と思っていたけれど、それは巻が引退を視野にいれるようなタイミングだと勝手に思っていた。しかしジェフがJ2に降格し、熊本と同じディビジョンとなる以上、熊本としても、思い切ってオファーを出せるわけで。
それに今シーズンオフは移籍が叶わないにしろ、来年末再来年末にどうなるかわからない。
・・いや、今シーズンオフだって、巻がどのような決断をするかわからない。

J2降格となる今シーズンオフ、誰がどんな決断をしても驚かない。

今までありがとう、と、巻に思う。
だからジェフの呪縛を振り払って、いくつも届くであろうオファーの中から自分の一番本願にそぐうものを選んでほしい気持ちもある。
一方で、残酷な願いだという自覚はあるけれども、このままずっとジェフで・・という気持ちもある。

だから、どんな決断であろうとも、驚かない。
巻が、後悔しない決断をしてくれと、願う。



===<浦和が祖母井氏に興味?>===
「浦和 信藤TD解任へ…後任に祖母井氏浮上」(スポニチ)

祖母井氏がジェフのGMだったころから、浦和が興味をもっていたって話を聞いたことはあるけれど、
・・今はグルノーブルの会長・・だよね、
会長職から強化責任職って、どーなんだろ?

世間一般的には降格って事になっちゃうけれど、でも会長っていっても雇われ会長だろうしな・・。
それにwikiによれば、2012年まではグルノーブルと何かしらの契約を結んでいるっぽいし。
ガチガチの5年契約じゃなくて、オプション条項や契約解除条項があるだろうけど。

さてさて、どーなる事やら。

・・祖母井氏が浦和の強化責任者になったら、ジェフ元SMの昼田氏も浦和に行くかもね。



テーマ:ジェフユナイテッド市原・千葉 - ジャンル:スポーツ

ジェフ公式HPで来季シーチケのご案内! 価格据え置きよりも、リリースにつっこんでみる(笑)
ジェフ公式で、来季、2009年のシーチケの案内が掲載された。
「2010シーズンシート販売のお知らせ」(ジェフ公式)

初めに書くが、自分はシーチケを更新する。
今まで同様、杮落としからずっと同じ席を、2010年も更新する。
とはいえ、自分はシーチケを更新するけれど、「J2に降格したんだから、値下げしろよー」と言う人がいてもおかしくない。つか、絶対いる。当然いる、普通にいる。
でもフロントは値下げせずに、価格据え置きとした。

そこで次の二つをツッコミたい。
 ・J2に降格したのに価格据え置きってどーなのよ?
 ・そして価格据え置きだとしても、ジェフのリリースはどーなのよ?


===<1:価格据え置きについて>===
自分としては、この「価格据え置き」には反対しない。

シーチケを値下げしたら、収入は減るし価格をもとに戻すのも大変だしで慎重になるのは当然。
願いどおりに来年一年でJ1に昇格できれば、一年限りのJ2価格という事で経営財務上もなんとかなるかもしれない。しかし、もしも願いかなわずJ2生活が続けば、値下げした分はズシッと重くのしかかってしまう。
また、来季一年でのJ1昇格をフロントが本当に目指すのであれば、監督交代であれ主力慰留であれ選手補強であれ、お金は山ほど必要であって、そのために少しでも目の前の収入は欲しいところだろう。

だから、「価格据え置き」はわかる。
しょーがない、と思っている。

だけど。
ジェフのフロントは、その分、覚悟をもってお金をつかってくれ。

そしてあらん限りの全力でJ1昇格にリソースを集中してくれ。
(たとえば、三木社長や役員が賞与返上で補強費に充てます!とかやったら、サポもスポンサーも諸手を挙げてついていくと思うぞ? 笑)



===<2:その案内告知の文章表現>===
で、ですね。
実はこっちが本命のネタなんだけど(笑)・・価格を据え置きするにしても、「言い方」「書き方」ってものがあるんじゃね?と思うのですよw

以下、抜粋。
「~試合数が確定いたしませんが、来季におきましてもホームスタジアム「フクダ電子アリーナ」を試合会場とし、試合数に関わらず価格の変更を行わないことにしております。想定される最少試合数になりましてもお得な価格であること、また、今季J1での試合数を上回る試合数になりましても、値上げは行いません。」

これが公式HPでの文言なんだけど、これってつまり・・
 ・来年もスタジアムはフクアリだから(東総とか臨海じゃないから)、価値やコストを理解してよ!
 ・試合数どうなるかわかんないけど、一番少ない試合数でも、個別に買うよりは安いんだよ!
 ・もしJ1より試合数が多くなっても値上げしないよ!ジェフって良心的でしょ!

こう言ってるわけで・・。

ふざけるなと(笑)
試合数だけで理由を語れば、そりゃクラブとしては理由を責任転嫁できるから説明しやすいだろうけど、J1とJ2の価値やイメージの違いや、降格したサポ心情に全くケアしていないのはよろしくないぞ。
このままじゃ、J2降格の悔しさを噛みしめるジェフサポの心(油)に、火を注ぐような文章だと思うんだ。

じゃあ、価格据え置きだとしてもどう言えばいいのよ?という事で、自分でリリースを書いてみた(笑)
が、、、長くなるので割愛!

よーするに、
価格据え置きってのは、J2に降格したのにもらうもんはもらうぜ!って見えちゃうから、
ジェフ公式のリリースの文言は、下手下手に書かなきゃダメなんじゃね?、と。
そして価格据え置きの理由を、試合数に押しつけるするのも数字遊びに見えるし、何よりもリーグの所為に責任転嫁してる感じで、かっこ悪いし!、と。


よって、こんなガス抜きの言葉だったり・・
J1昇格のための具体的な方針や施策につきましては、現在、クラブ関係者全員で全力で取り組んでおり、その進捗は、機を見て皆様にご報告させていただきたく存じます。

「いろいろ決まってない事多いけどごめんね?」という低い姿勢だったり、
Jリーグ ディビジョン2 2010年シーズンに関しましては、現時点でJ2所属チーム数が未確定であることにより、試合数が確定しておらず、また来季のチーム編成につきましても、現在Jリーグ Division1 2009シーズンの途中でございますため、皆様に発表できる状況ではございません。来季にむけた具体的なご報告ができないまま、このようなシーズンシートのご案内となってしまい、大変恐縮ではございますが、何卒ご理解いただけますようお願い申し上げます。

最後を〆る段落には前向きなポジティブトークだったり、
シーズンシートよりいただいた皆様のご支援ご声援と共に、必ず「1年での復帰」を実現いたします。


そーゆーのを入れ込んでリリース書こうよ、なんて思うわけだ。

がんばれ、ジェフ広報!ジェフ営業!


とはいえ、この文章でも、昔に比べれば随分とジェフのフロントは良くなってきたなぁ・・と思います。
しかしそれでも、一般の民間企業のリリースとして考えればツッコミどころは山ほどあるわけで。
まだまだもっとがんばれ!と思うのです。





テーマ:ジェフユナイテッド市原・千葉 - ジャンル:スポーツ

降格が決定した今、さまざまな現状やジェフの足掻きについて・・総括とかじゃないけれど。
「今シーズンの降格の原因は!?」なんて、総括をするつもりじゃないけれど、でもこれから何を話題としようとも避けて通れるわけでなし・・なので、なるべくシンプルに自分の意思や立ち位置をまとめてみます。


【0:J2を迎えるにあたって】
どれだけの困難や負担があろうとも、「1年でのJ1復帰」を来季の至上命題として掲げ、それを目標とし、その達成を大前提とすべきだと考えています。

【1:昼田氏のシーズン途中の更迭について】
結果が出なかった以上、更迭そのものは仕方ないと思っています。
しかし、なぜあのタイミングだったのか、そこが引っ掛かります。
あと、後任は本当に神戸さんなのか? 何か理由があって非常勤ならばその理由は何か?
来季に向けたチーム編成のために一日でも早く、正式な強化責任者就任が必要では?
また、新強化責任者は、どのような方向性でチームを編成していくのか、それは短期的長期的にどのようなチームなのか、とてもとても気なる・・等々、思う次第です。

【2:経営陣について】
一点をのぞき、現体制支持です。
自分は、クラブの経営スタッフは、必ずしもサッカーのプロである必要はないと思っています。
その代わり経営のプロでさえあればよいと。
よって、それがどんな理由背景であれ、去年今年でこれだけ新規スポンサーを獲得してきているのだから、こりゃもう合格かと。また法人名変更も自分にとっては支持要因の一つです。
しかし、今季はどのように予算を配分したのかが気になります。
選手補強に予算をまわさず、今季、たっぷりと黒字を計上していたとしたら・・、それは「去年の残留でもっとも油断し、慢心したのは、選手でも強化担当でもなく、経営陣だった」と言う他はありません。
よってJリーグ公式から発表されるであろう2009年度の経営状況報告が気になります。

【3:シーズン中の監督交代について】
タラレバでしかありませんが、ミラーの方が江尻よりも残留に近づいていただろうな、と思っています。
しかし。
監督を交代させなければならないほど、経営陣/強化スタッフからミラーが信頼を失っていた、とか。
選手からミラーが信頼を失っていた、とか。
そういう、外部からは見えづらい「監督交代せざるを得ない理由」もあったかもしれません。
ミラーの戦い方そのものは、今のジェフで戦える現実解に最大限徹したものであり、そこが強化責任者や経営陣、もしくはスポンサーや親会社に不興だったのかもしれません。もしかしたら、ジェフの強化スタッフが考える「ジェフのチームはこうあるべき」というビジョンにそぐっていなかったのかもしれません。
ミラー時代も下位に低迷していたのだから、交代そのものを強く批判する理由はないと思います。しかしミラーも江尻も低迷したのはなぜだったのか、監督の問題と同時に、選手編成などフロントの体制はどうだったのか。批判はそこからはじまるべきでしょう。

【4:江尻監督続投について】
江尻続投が主力選手の慰留に効果的であり、さらに来季に向けて大補強が必須だという前提のもとに、続投を支持します。
ここで江尻監督を更迭、新監督を迎えることで、再びチームの人間関係が崩壊してしまう事に怯えています。プロとはいえ選手も人間です。そこにはビジネス判断もありますが、やりがいや信頼も存在します。江尻が選手達から信頼されており、彼ら主力選手を引きとめるよすがになるのであれば、それこそが江尻監督続投支持の理由になると思う次第です。
その他、ジェフというクラブのさまざまな歴史を背負うクラブの象徴に近い意味もあります。
しかし、J1で未だ未勝利というのが現実。
そのため、「江尻監督の続投」と「1年でのJ1昇格」を両立させるためには、的確かつ大幅な選手補強が絶対条件だと思っています。

【5:江尻監督の評価について】
J1未勝利という現実以上に、江尻の監督の力量を評価するふさわしい数字はありません。
毎試合選手起用がぶれていた事や、多発する試合中のミスを改善する現実解を用意できなかった事、つなぐサッカーを目指しながら実際は巻へのロングボール主体になってしまった事など、監督としての経験不足も随所に表れていたと思います。
よってどれだけ批判されても仕方ないと思います。
しかし、降格が決定した川崎戦のように、もしくはあの磐田戦のように戦えるのなら・・という期待もあります。また、選手が江尻を支持するのであれば、それこそ江尻の監督としての価値だと思います。
そしてジェフというクラブの歴史や様々な政治要因が江尻には集約されいます。
江尻は、担いでしまった以上、簡単にはおろせない神輿だと思うのです。
だからこそ、彼を支える強化スタッフやフロント陣がどう動くのか・・。

【6:選手について】
最後までがんばっていたと、いくら結果がでなくても、プレッシャーで動けなくとも、試合を投げだすような選手はいなかったと思っています。だから、今回のJ2降格という結果を受けて彼らがどう決断しようとも、それを批判するつもりはありません。
今季、最後の試合まで見届けたいと思っています。



現在、自分はこのように考えています。

今週末には天皇杯、来週末にはまたリーグ戦。
今季の試合は、まだ続きます。

残る今季の試合をしっかりと見届けつつ、来季に向けてジェフがどう動くのか。

それも注目したいと思っています。



少なくともフロントにおいては、来季への準備はもう始まっていなくてはなりません。



テーマ:ジェフユナイテッド市原・千葉 - ジャンル:スポーツ

戸田ぁぁぁ!!!・・そして降格レビューまとめと、フロントの姿勢について。
「JEFサポーターのみなさんへ。」(戸田和幸オフィシャルブログ)

戸田ぁぁぁぁぁ!!
朝から、感傷的にさせないでくれ!!!

テヤンディ!

選手として、ジェフに戸田が戻るという事は・・決して可能性が高いとは思えないけれど、
しかし、こうやって、ジェフに縁のあった選手が、ジェフを気にしてくれているというのは、

とても、
うん、本当に、とてもとても、

うれしい事だと思います。


ジェフが戸田を必要としてオファーを出すのであれば、ぜひもう一度ジェフに戻ってきてくれ。
もしジェフと縁がなくとも、戸田がまた新しいクラブでプレイするチャンスがあれば、是も無く非も無くそれを応援する。

きっと戸田の立場は難しいものなんだろう、
その苦しさが文面にあらわれているし、それは戸田が自身で立ち向かうべき苦しさだけど、

・・がんばれ。



===<降格レビュー>===
「ジェフ降格命名権に暗雲」(読売)
「「1年で必ず戻って」」(朝日)
「ジェフ千葉のJ2降格について」(千葉市長・熊谷俊人Blog)
「千葉の降格決定」(犬の生活)
「名門ジェフ初の2部落ち 再建の障害は親会社の対立」(ZAKZAK)

速報的な記事ではなく、ライターがそれなりに描いた文章と、あと千葉市の熊谷市長のblog。
zakzakが一番最後なのは、個人的な感情による優先順位(笑)

ジェフがJ2に降格した事は、決してジェフというクラブ単独で完結できる話じゃない。
選手の人生はもちろん、コーチやスタッフの人生も、サポの人生だってそうだけど、
ホームタウンの行政や様々なスポンサー企業、親会社、取引企業など、余波は広い。

選手もフロントも、サポも、J2降格の本当の意味を実感するのはこれからだ。



===<フロントの姿勢について>===
「三木社長ら降格一夜明け“おわび行脚”…千葉」(報知)

サポやスポンサー営業よりも、親会社を含めた様々な政治要素の影響が大きいジェフだからこそ、
社長を筆頭とするフロント陣の言動が、これからのジェフの運命を左右する。
今はきっと、降格という事実の前に諸事に追いかけられていると思うけれども、その今だからこそ、クラブ百年の計を打ち立ててほしいものです。


・・で、そのためには。

何がどうであろうとも、どれだけそれが瞬間的な効果しかなくとも、一過性で麻薬な手段であろうとも、
誇りや意地をかなぐり捨てようとも、

全身全霊をかけて、1年でJ1に昇格してくれ!

と、そう考えています。
1年で戻るよりも、J2で何年かかかったとしても、長期戦略のもとにクラブを立て直そう・・という意見を目にしますが・・それこそ「犬の生活」もそういうスタンスですが、それとは真逆の意見です。

オレは、【1年でJ1に昇格する】事なくして、戦略もビジョンも何も成り立たない、サポやスポンサーの支持もついてこないと考えています。クラブのビジョンや戦略や3年先10年先、それこそクラブ百年の計は、【1年でJ1に昇格する!】という前提の上で考えていくべきじゃね?・・と。

だって、
どれだけ素晴らしいビジョンを立てようと、理念を掲げようと、そこに愛情があろうとも、
Jリーグがプロスポーツである以上、
全てに優先し、全ての前提となるのは【お金】だから。

【お金】がなかったら、何もできやしない。


※「お金」のために、ビジョンや理念をないがしろにしていい、・・っていうわけじゃなくて、
※ビジョンや理念を実現するためにこそ、「お金」が必要なのだから、
※そのためには「1年でJ1昇格!」が前提条件になるんじゃね?という意味です。
※「ビジョン/理念の設定」⇒「1年でJ1昇格(資金確保)」⇒「そのうえで、ビジョン/理念の実現」と考えており、
※「ビジョン/理念の設定」⇒「ビジョン/理念の実現と準備」⇒「その結果としてのJ1昇格」じゃなくね?と。




テーマ:ジェフユナイテッド市原・千葉 - ジャンル:スポーツ

ジェフが新人獲得!・・江尻は続投保留し戦力維持と補強を要請?OB会設立?
降格が決まってわずか二日。
気持ちの整理は、思っていたよりずっとシンプルで・・だって、ジェフがJ1だろうとJ2だろうと、それこそJFLであろうとも、Jリーグが立ち上がった時から「ジェフが好き」と言い続けているのだから、こりゃもう、そーゆーもんだと思ってジェフを見続けるだけだ。

応援しなくなるとすれば、それはジェフに愛想が尽きたときだろう。
何かくじけない限りは応援し続けることは変わらない。
でも、それは今じゃない。

だから、じゃないけれど。
今週末の天皇杯4回戦、対FC岐阜戦のチケットは先週のうちに買ってある。
シーズン最終戦のG大阪戦のチケットだって買ったさ。

J2降格。
場合によってはリーグ最下位の危険性。
でも、そんなクラブが好きなんだから、好きなクラブの行く末は腹をくくって見届ける。

そうやって、シーズンは積み重なっていく。


ジェフにも新しい選手の加入が決まった。
「降格千葉に金の卵 2年ぶり新人 U18代表候補FW戸島、GK佐藤入団内定」(ニッカン)
1110_ニッカン

188cmの長身FW!戸島選手!
佐藤選手も、これまた187cmに85kgとめっちゃ大柄!

特に戸島選手は8月にジェフの練習に参加した際、幾つかのジェフサポblogでも「いい選手!」と紹介されていた。
「8月26日練習試合 東海大」(駒犬のJEF日記)
「練習試合 ジェフ千葉-東海大学 結果だけを見ての感想」(千葉の中心で何かを叫ぶ)

これらを読むと、戸島選手は「足元に優れるポストプレイヤー」なのではないかと期待したくなる。

最前線で足元にボールが収めてくれるタイプのFWは、ここ数年、ジェフが渇望しているタイプの一つ。
巻は、体を張って競り合って飛びこむ事はできるけど、最前線でボールを収められる選手じゃない。巻に当たったボールは、良かれ悪しかれ周囲に弾かれてしまう。深井も新居も、今は岡山の青木孝太も、いわば、その巻の周囲で動きまわって裏を狙うタイプを探して獲得してきた選手達だと言えるだろう。(金沢はまだ未知数)

しかし、巻ももうそろそろベテランと言うべき年齢となる。
いつまでも最前線を巻に頼るわけにもいかない。J2降格の今、巻の移籍も想像しなきゃいけない。

そこに、戸島選手の獲得。
次代のジェフ攻撃陣の、最前線の砦に成長してくれる事を期待。

佐藤選手についてはあまり情報がみつからなかったけれども、櫛野/岡本の正GK争いに割って入るだけのポテンシャルはあるのだろうか。中牧と共にしばらくは出番も少ないと思うけど、長い目でがんばってほしい・・。


二人ともがんばれ!



===<江尻は続投要請を保留?>===
「江尻監督、続投要請保留 J1復帰へ条件2点…千葉」(報知)
1110_報知

まだ「社長と直接話し合ったわけじゃない」という江尻だけれど。
ジェフフロントとしては、江尻に続投してほしいんだろうな、と思う。
続投の是非や理由や意味については、また、別に考えたいが、やっぱり続投であれなんであれ、この記事に描かれている「戦力維持」と「補強」は絶対条件。

それはミラーが監督を続けていようと、シャムスカだろうがネルシーニョだろうがボナチッチだろうがクゼだろうが変わらない。イビチャ・オシムでだってそうだ。
だから、今の選手達から、誰が残って、誰が抜けて、
そしてそこには誰をもって戦力の穴を埋めて、
さらに誰をもって上積みするのか。
それが、J2を戦い、J1復帰を目指す上で、なによりも大前提となる。
当たり前の話だ。

記事によれば、坂本/中後/下村は残留の意思を示したという。
他の選手はどうなるのか。

ただ、慰留するにしろ、選手補強するにしろ、選手と交渉する前に監督は決まっているべきだ。
しかしその監督・・続投要請の江尻が決断するためには、選手の補強が、・・という事だけど。

でも、これは鶏が先か、卵が先か、って、そんな話じゃない。

「戦力維持と補強を、フロントが責任をもってバックアップします」と、
監督に対して、フロントが約束すれば決まる話しだ。
それだけだ。

つまり、フロントの強化責任者がどれだけ、監督とコミットできるか、という話であって、
予算編成や強化スタッフのスタッフィングや運用体制をどうするというフロントの体制の話しであり、
それはやっぱり、結局のところ、フロント経営陣の決断から決まっていくとなる。

三木社長。
そして神戸清雄強化アドバイザー

彼らが、どうするのか。



===<ジェフOB会、設立!?>===
1109_東スポ

東スポの記事。
ジェフのOBは、古河の出身者たち、となるけれども。
彼らがOB会を設立するとかしないとか・・。

二つの親会社の仲がどうだとか、あーだこーだと噂はあるけれども、
ジェフに関わった人たちが、それがどういう形であれ、ジェフを応援してくれるのは嬉しい限り。

・・オシムの件で、川淵への恨みだけは忘れないけどね(笑)




テーマ:ジェフユナイテッド市原・千葉 - ジャンル:スポーツ

2009年11月8日、ジェフの降格。
悔しさを、忘れないように書く。
2009年11月8日、日曜日、今日・・ジェフはJ1を降格する事が決まった。

悔しいよ。
だけどこれが現実で、巻が走ろうとも深井が走ろうとも工藤や下村や坂本や米倉や、中後や和田や太田やミシェウやネットやアレックスや、福元やボスナーや池田や・・ジェフの選手みんなが走っても、J1で生き残ることはかなわなかった。

試合終、
普通にしゃべろうとしたも声が裏返ってしまうくらい叫んだけど、そんな事、たいした事じゃなかった。
あかぎれの手が、拍手のしすぎで血がにじんでしまったけれど、どれほどの事もなかった。

ジェフは、来季はJ1で戦うに値しなかった。
それだけだ。



柏戦か磐田戦のどちらかにもし勝つことができていたら、流れはずいぶんと変わっていたと思う。
せめて横浜FM戦までの、どこかの試合で勝利できていれば・・。
それまでに勝てなかった事が、何かを挫いてしまったのかも知れない。

あの山形戦に勝っていれば、せめて、京都戦に勝っていれば。

気持ちはぐるぐるまわるけれども、失った勝ち点は戻らないし、時間は帰ってこない。
悔しさを噛み殺すしかない。



試合後の話を書いてみる。

試合が終わって、少ししたらジェフサポから拍手がおこった。
・・きっと、悔しさや無念さや苛立ちや悲しさを、それをブーイングにせずに昇華させるための、拍手だったのだろうと思う。そして、必死さを見せてくれた選手たちを少しでも励まそうとする拍手。

試合後に、何人かの選手は立ちつくし、何人かの選手は倒れこんだ。
芝生を殴りつけていた選手もいたと思う。
試合終了の挨拶が終わって、選手たちがゴール裏へと歩いてくる。

下村は、キャプテンマークをつけたまま、ユニフォームをめくって顔に押し当て、泣いていた。
坂本は、歩きながら天を仰ぎ、
岡本はうなだれて、
工藤も、ユニフォームで泣き顔を隠していた。

巻がピッチを出て陸上のトラックを歩こうとすると、マスコミが群がって歩けなくなった。
巻をぐるりととりかこんで、動けなくなった。
それをスタッフがなんとかしようとメディアを規制するが、マスコミはなかなかどかない。
そのマスコミに対し、ジェフサポからブーイングが出る。
  (いやね、こう書いても伝わらないと思うけど、ほんと酷かったよ)
  (巻ひとりに、カメラとライターあわせて50人以上は群がったんじゃないだろうか)
  (それをスタッフが押しとめようとしてもおかまいなしで・・)
  (あれはジェフの広報も川崎の運営も、もうちょっとがんばろうぜ・・)


サポからは「俺たちの誇り、ジェフユナイテッド」という歌。
その歌に迎えられるようにしてようやくサポの前にジェフの選手が並び、なんども頭を下げた。
坂本はトラメガを持ち、中後は泣きながら頭を下げて、下村も「申し訳ない」と謝った。

ボスナーは肩を落として帰ろうとしたけれど、挨拶がまだ続くのに気づいて立ち止まってふりむいた。
米倉と福元が二人並んでもう歩き去る寸前だったけど、スタッフに止められて戻ってきた。
フロントのスタッフも社長も出てきて、サポの前に、最後、並んで、頭を下げた。


そして選手たちは帰り、社長や幾人かのフロントが残り、
そこでちょっとだけ押し問答があったけれども、
ここはAwayだからとの声もあって、そこはその場で収まった。
社長が挨拶する時、サポの中に掻き分けて入っていって、挨拶してたよね・・?
あと、ゴール裏のサポの一人が暴発して暴走して、社長に詰め寄ろうとしていたけれど、他のサポが体を張ってそれを押しとどめていた。

社長の背中に「来年、一年で戻ろう」というサポの声。
スタッフがはけた後、ゴール裏のコールリーダーがトラメガで挨拶。

「降格は決まったけれど、天皇杯もリーグも続くから、がんばろう、がんばってサポートしよう。
 だけど、この悔しさは、一生わすれちゃいけない」

そんな事を言っていたと思う。



スタジアムを出て、帰る選手達を見送ろうとバスの周りで待つ。
20091108_bus

ほんとは手前に川崎のバスがあったけど、ジェフより先に選手が乗り込んで、帰って行った。
ばらばらに出てくる選手たち。
工藤も下村も、中後も、巻も、・・深く頭を下げて、険しい表情のままバスに乗り込んだ。

バスが帰るとき、道沿いにジェフサポがいっぱいにならんで、タオマフを掲げて、
ゴール裏のサポが、千葉コールで選手を見送った。

バスも、すごくゆっくりと走って、サポに挨拶をしていた。

バスの中の選手たちは、ものすごく悲しい顔をしていた。
巻も坂本も悲壮な顔をしていたけれど、
魂のぬけたような谷澤の顔、
張りつめた感情をこらえている深井の顔、
泣き崩れそうな中後の顔が、印象的だった。


歩いて武蔵小杉の駅まで帰り、その後、川崎駅の近くで友達とちょっと飲んで帰ってきたけれど、


一人になって、深井のコメントを読んで、

「もっともっとチームを助けられるゴールを決められたと思うし、もっと走れたと思います。ディフェンスもできたと思います。やっていなかったわけではないんですが、もっとやれたんじゃないかと思います。」

ちょっと泣いた。



覚悟は、きめていたんだけどな。



もっと、もっと、何かをがんばっていたら。


テーマ:ジェフユナイテッド市原・千葉 - ジャンル:スポーツ

等々力!
20091108143605
到着!



しかし、まぁ、川崎のフロントはなんなんだろうね?
オレは川崎フロントをあと五年は恨んでやる(笑)


テーマ:ジェフユナイテッド市原・千葉 - ジャンル:スポーツ

J.B.Antenna-千葉 連絡事項
お世話になっております。

下記blogにつきまして、JBA-千葉の登録名を変更させていただきました。

===<名称変更>===
変更前: 「Nja Cat Life」様
変更後: 「にゃんともジェフ三昧」様(コチラ)

今後とも、何卒よろしくお願いいたします。


※本日、テストしてみたところJBA-BBSへの書き込みが無事になされました。
※よって、今後はJBA-BBS上にてお返事させていただきます。
※ご迷惑をおかけしました。



以上、何卒よろしくお願いいたします。



khou



テーマ:ジェフユナイテッド市原・千葉 - ジャンル:スポーツ

大分戦、寝坊した・・。
天皇杯、三回戦。
Awayの大分戦、行こうと思ってチケット買ったのに。
飛行機のチケットも、福岡から大分までの高速バスのチケットも全部買って手配したのに。


寝坊しました。


ANA981便に乗る予定だったのですが、
ついさっき、目が覚めました。

羽田空港を6:25発なのですが、
今、部屋にいます。


飛行機チケットも、試合のチケットも、高速バスも手配したけれど、
全部、ゴミになっちゃいました。
お金、全部、無駄遣い。


あー、


久々に、寝坊で大失敗!




ぅぅぅ・・・・。



テーマ:ジェフユナイテッド市原・千葉 - ジャンル:スポーツ





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。