Hang Tough
ジェフが好き、旅行も好き、仕事もがんばろう、うん。
プロフィール

khou

Author:khou
本好き、旅行好き。
でもここ数年、ずっと旅行に行けてない・・。

twitter、はじめてみました。

@khou_hangtough



ジェフ千葉_試合情報



ジェフ千葉_試合日程



最近の記事



月別アーカイブ



カテゴリー



ブログ内検索



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

巻は東京Vへ。
「巻 誠一郎 選手 加入のお知らせ」(東京V公式)

スポーツ新聞等で情報は出ていたけれど、正式発表。
熊本も巻にオファーを出していたそうだけれども、巻は東京Vを選んだ。

つまり。


今年、あと二回、ジェフは巻と戦う事になる。




サポの勝手わがままな、無責任な感情だけれども、
ジェフの前に敵チームとして立つ巻の姿は、
見たくないもんだなぁ・・。



スポンサーサイト

テーマ:ジェフユナイテッド市原・千葉 - ジャンル:スポーツ

うぉぉぉん・・大敗! Away札幌戦は0-4!
朝起きて、寝ぼけ眼で朝食を作っていたら、ぼけぼけ頭で手元がおぼつかず、包丁が手のひらを刺してちょいと出血。いてぇいてぇ。だけどそれでもまだまだ眠いのは、間違いなくヤケ酒のせいである。
うん。
ジェフが負けた時はヤケ酒なのさー。

ということで、「みんなみんなジェフが悪い、負けたのが悪い!」と愚痴りながら、
昨日のヤケ酒のコップを洗って、空き缶を捨てて、
でもって、冷や飯を電子レンジであっためて。
冷蔵庫から取り出したるは鰹のタタキ。
いえね、月曜日にスーパーで見切り品30%オフだったのよ、一柵400円以下だったのですよ。思わず買ってしまったそれは、半分ほどまだ残ってて・・だけどさすがにもうヤバイだろう(本来の賞味期限は16日だし)という事で、フライパン。ごま油でいためて、いただきました。

だけど。
朝ご飯の白米の量に比べて、鰹が多すぎた。
やはりお米とかおかずとか、バランス大事・・。


その多すぎた鰹を食べながら、朝イチでニュースをつらつら見てみれば。
「【札幌】今季最多4得点で3連勝」(ニッカン)
「札幌 千葉に圧勝!3連勝で5位浮上」(スポニチ)
「4発で今季最高5位に浮上…札幌」(報知)



シーズンの流れをつかむチャンスの試合では、ことごとく勝てないジェフ。
今まで何試合、それを繰り返してきたことだろう。
負けたのは弱いせい。
悔しいけれど、それはそうでしかない。
勝ちたいけれど、それは札幌だってみんな同じ。
都合よくジェフを勝たせてくれるはずもない。

首位に立ったFC東京に、勝ち点で並ぶチャンスで転んだジェフは、これで3位。
J1昇格への泥んこレースに飲みこまれてしまった。

今年、昇格できなければ、
ジェフは経営規模含めて大幅なリストラが入る事は、社長がシーズン前に宣言済み。


あと三か月間。
昇格を目指して選手も監督もスタッフたちも、死に物狂いで頑張る他は無い。

そしてオレらは、それを応援するしかない。



がんばれ。
悔しくても悔しくても、応援する。

がんばれ。



テーマ:ジェフユナイテッド市原・千葉 - ジャンル:スポーツ

辛勝!の岐阜戦を超えて、Away札幌戦!
ここ最近、激しく狂ってしまった生活リズムを取り戻さねば!・・の現状ですが、
いやはや、もうね、仕事が忙しいのもあるのだけれど、
ゲームにはまってしまったのですよ! マジで!
「モンスターハンター」じゃないよ、「無双」でもないし、「ドラクエ」とか「テイルズ」とか「アイマス」とか「スパロボ」とかそういうのでもなくて。

「FALLOUT3」と、
「The Elder Scrolls IV:OBLIVION」の、
アメリカの二本のゲーム。

どちらも、基本的には「何をやっても自由!」なRPG。
善人となって世界を救うも良し、悪人となって町の人を殺しまくるも良し。奴隷商人になって、出会った人を麻酔銃で眠らせて売っぱらうことも出来るし(マジで)、泥棒ギルドや暗殺ギルドにはいって中世の街並みの屋根から屋根を走り抜けて暗躍する事もできる(マジで)。自分の馬に乗ってぱっかぱっかとのんびり旅をして、道端に咲いてる花を摘み取って薬を作ってみたり、荒れ果てた世界の行商人に投資したりもできる。
箱庭世界での、なりきりゲーム。

すみません、めちゃくちゃ面白い(笑)

でもさすがにこの二つのゲーム両方あわせて300時間を超えて・・。
1日3時間平均で遊んだとしても100日分!
さすがに私生活をゲームに蝕まれ過ぎ・・という事で、ええ、ゲーム自粛します(笑)


いやでもさ・・。
「ドラクエ」とか「テイルズ」とか「FF」とか、そういうのはたいして面白いと思えない自分だけれど、久々にのめり込みました・・。「Civilization」とか「Age of Empire」とか「Titan Quest」とか「EU」や「HOI」、そういう海外のゲームの方が好きなんだよなー。
「サカつく」も好きだけど、やっぱり「FOOTBALL MANAGER」だよね!



という事で。
お酒とゲームとお仕事の日々を少しでも立て直そうとしてますが!

岐阜戦は、部屋で録画を見ててハラハラドキドキ。
前半はもう負けを覚悟していたけれど。あれを岡本が防ぎきったのはでかい。湘南戦は確かに岡本が大きなミスをしてしまったが、しかし、岐阜戦は岡本の力で敗戦を免れたわけで。ジェフの選手はみんな岡本に感謝!である。
特に、押谷のシュートを倒れこんで防ぎ、直後、そのこぼれ球を西川がシュート!を体でブロックは凄かった。


そして後半。
ドワイトの修正能力は確かだなぁ・・と思いつつも、その任務を遂行した青木孝太も偉い!
あのガツガツ感は、やはり若手ならではの特権。
そろそろ若手から中堅と呼ばれるべき年齢の青木だけれど、ここでスタメンを勝ち取って主力に名乗りを上げるためには結果が必要だし、それこそが求められるべきもの。その意味で、Home横浜FC戦の、あの終了間際の1対1を決めきれなかったシーンは、攻められるべき。そしてそれを乗り越えて、岐阜戦では試合を決める2点目を、一人でもぎ取った。

岡本に、青木孝太。
岐阜戦はなんてったって、この二人だろう。

もちろん、前半の攻撃陣を一人で支えていた深井とか、前半の不出来を先制点で吹き飛ばしたゲッセルとかもがんばってたけどね!(笑)


前半と後半では、ほんと、チームの出来が大きく違い、
その違いを生み出したドワイトの修正能力も、また監督采配として面白かった。



そして今日は三連戦の真ん中、Away札幌戦。
Homeでの試合は完勝だった。
しかしだからといってまた勝てるわけではない。
Homeで勝った湘南には、Awayで負けた。
今度の札幌には、前節不在だった芳賀が戦列にもどり、そして新外国籍選手も加入している。

他クラブより一試合少ないながらも暫定2位のジェフ。
この試合に勝てばFC東京に並び、
負ければ、2位から6位くらいまでが、いっきに昇格争いの団子レースとなる。


さあ、真夏の連戦、去年の悪癖悪夢を乗り越えられるかどうか。


19時キックオフ!






・・だけど、スカパーの予約録画を忘れてきてしまったのよ・・ヨヨヨ・・・。



テーマ:ジェフユナイテッド市原・千葉 - ジャンル:スポーツ

日韓戦の勝利と、松田。・・それぞれの選手のユニフォーム。
昨日の日韓戦は仕事中だったけれども、帰宅後に録画をつけてみればなんと3-0の完勝。
試合におけるプレイの速さや正確さと言うのが、これほど武器になって戦っている姿というのは、見てて気持ちがいいもんだなーと。得点を決めた香川に本田もだけれど、2アシストの清武も、中盤で熟練とか流石としか言いようの無い遠藤の捌きも、駒野に内田の両SBも。
それは惚れ惚れするようなプレイであり、
美しさもあって、爽快さもある、完勝だった。

「代表」としてチームを編成していた選手たちは、普段のクラブのユニフォームではなく、代表の試合においては、同じ青い日本代表のユニフォームを身にまとう。

代表の選手たちの姿に、どんな色の、どのクラブのユニフォームを重ねてみてしまうかは、人それぞれだ。

香川や本田は、それぞれC大阪と名古屋のユニの印象よりも、個人的には代表ユニの姿を思い浮かべてしまう。C大阪時代の香川とジェフは対戦してない・・もしくは戦っても数試合だろうし、名古屋の本田はもうずっと前の話になってしまう。そしてどちらの選手も、今のクラブでの姿は報道では目にするが試合を追いかけてはいないから、イメージを重ねてしまうほどの記憶はない。

だけど、遠藤を応援する人は、彼にG大阪のユニを見る人も多いだろう。
自分なんかも、代表よりもG大阪の青と黒の印象の方が強い。


ユニフォームってのは、つまり、
それだけ選手の、個々の、歴史の積み重ねでもあるよな・・って思う。



先日、逝去された松田直樹。
横浜FMでプレイし続け、代表でも40試合を戦い、そして今年はJFLを戦っていた。
最期において、彼の体は、松本山雅のユニフォームと、移籍時に新調した緑色のスパイクだった。
「「マツありがとう」……松田直樹選手死去」(信濃毎日新聞:信毎はアタマの朝ごはん!)

松田に、
横浜FMのユニフォームを重ね見る人は多く、
自分なんかはだけど日本代表のユニをイメージしてしまい、
おそらく印象とか活躍とか功績でいえばどちらかではあるのだろう。
だって横浜FMで戦い続け、トルシエの日本代表の中核だったのだから。

しかし最期においては、松本山雅の緑色だった。

それは遺族のご希望だったと聞いた。
「本人もそれを望むだろう」・・と言ったそうだ。
そうかもしれない。
だって、最後に戦っていたのは、松本山雅だったのだから。


もし現役を退き、引退した後であれば、また話も違っていたのだろうけれども。
松田直樹が息を引き取った時、彼は松本山雅の選手だった。

それこそが、サッカーの、プロ選手の歴史であり、現在地だと思う。



松田直樹選手の、死を悼みます。
心から、ご冥福を祈ります。

そして、
喪章を腕に、韓国に圧勝した日本代表の選手たちの、これからの活躍を祈ります。



彼らの活躍が、選択が、日本のサッカーの歴史になっていくのだから。
オレは応援するだけだけど、
サッカーに関わる全ての人たちが、報われますように。



テーマ:ジェフユナイテッド市原・千葉 - ジャンル:スポーツ





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。