Hang Tough
ジェフが好き、旅行も好き、仕事もがんばろう、うん。
プロフィール

khou

Author:khou
本好き、旅行好き。
でもここ数年、ずっと旅行に行けてない・・。

twitter、はじめてみました。

@khou_hangtough



ジェフ千葉_試合情報



ジェフ千葉_試合日程



最近の記事



月別アーカイブ



カテゴリー



ブログ内検索



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

湘南に呑みこまれて1-1、痛み分け。
勝ちたい試合ではあったし、
優勝&昇格を本気で狙うのならば、直接対決だからこそ勝たなければいけない試合でもあったけれど、
結果は1-1の痛み分け。

ハイテンション、ハイプレス、ハイスピードの湘南に、リズムを全部呑みこまれ、ジェフが自分たちの試合をできないままで、しかし壊れることなく、最後までなんとか粘り切った試合だったと思う。
どちらの試合か?と言われれば湘南の試合。
だけど湘南は最後の精度を欠き、ジェフはジェフで岡本や山口が粘り切ったから、サッカーの神様としては引き分けが一番妥当な結果なのだろう。
もちろん、ジェフも湘南も勝ちきるチャンスはあったけれど。


東京V戦もそうだし、この試合もそうだし、そしてHomeで勝てなかった岡山戦も岐阜戦もそうだが、
自分たちのリズムをつかめず、敵チームのペースで試合を進められたときに、ジェフは試合をもってこれる選手がいない。山口智にはそれだけの「芯の強さ」があるけれど、いかんせん最後尾の選手。もちろん、彼が敵のリズムの中でも崩れずに、その最後尾で立ちはだかるからこそ、ジェフは守り切れている部分がある。・・しかし前にボールが進んだときにいろいろ行き詰ってしまう。

そういう試合においては、たいてい、兵働が無効化されている。
無効化の理由は、彼へのマンマークによるものだったり、前線の完全な停滞によるものだったり、いろいろだけど。

じゃあそんな悪いリズムの時に、選手たちがどうかといえば。
選手によっては連携と連動でリズムを作り直そうとしたり(藤田/伊藤)、選手によっては自分自身の個の力で局面を打開しようとしたり(深井/米倉)、その部分も昨日はバラバラだった。
岐阜戦も東京V戦もそうだ。

これでは勝つ試合は勝つけれども、イニシアチブを失った試合は厳しいなぁ・・と思う。


解決策は・・?と考えても、自分みたいな素人考えでは難しい。

一つは、監督の采配やチーム戦術によって、選手たちのよって立つものを作り上げる方法。
もう一つは、今の主力選手がベンチに下がることも覚悟の上で、夏に補強。

どうにかして、この悪癖は払拭しないと昇格は「運任せ」になってしまうよね。




ただ。
「湘南のプレスの中でも、ボールを回して交わしていくべきだったし、そうしなきゃならない」とは、
藤田も武田も試合後にコメントしている通り。山口もその重いだろう。
今年のジェフはその方向で進んでいくのだと思う。

だからこそ。
理想としては。

昨日みたいな試合では、深井や米倉やオーロイはあくまでも「飛び道具」であり、伊藤や兵働に加えて町田や大塚みたいな選手がチームを支えるようになるべきなんだろうなぁ・・と思いながら見てた。


「人もボールも動くサッカー」
そのためのポゼッション、パスワーク。

難しいけれども、J1への昇格と、さらにその先・・J1でも戦えることを目指して、その道筋を進むのならば。昨日のような試合で、昨日のように敵のプレスに怯え、ミスを連発し、リズムを失っていては、チームの力不足以外の何物でもない。


昨年も一昨年も、だいたいシーズンのこの時期から、がらがらと崩れていった。
これからどうなるのか、わからないけれど。

今年もまた、厳しい夏がやってくると思った。



スポンサーサイト

テーマ:ジェフユナイテッド市原・千葉 - ジャンル:スポーツ

週末はHome湘南戦! 昇格戦線の直接対決再び!・・ジェフは更なる補強を望む!?
今日のエルゴラで、レジナルドのレンタル返却とロボの獲得について触れたコラムがあった。
先方からの「レジを返してー」というリクエストは無かったそうで、現状の戦力判断およびコスト判断からの返却だそうだ。テクニックの上手下手、フィジカルの強さ弱さ、そういうのとはまた別なところでJリーグとの相性やチームへのフィットするしないという問題があるので、・・ダメだった場合は、まぁ、仕方ないよね、とやはり思う。レンタルでの獲得はそういうリスクヘッジでもあると、改めて実感したわけだ。

で、そのコラムの中でライターからのツッコミがあった。
「木山監督のリクエストはストライカーだったのだから、そもそもレジを獲得したのはどーなのよ?」と。
新体制発表における木山監督のコメントでは、確かにストライカー希望だった。
そこにレジナルド・・というのは確かにぴったりばっちりな補強かというと、そうではなく。
レジと入れ違いでジェフに加入するロボが、今度こそ木山監督の求める選手であってほしい。

そして。
注目はそのコラムの末尾。
大岩のオリンピック代表参加によるチーム離脱を踏まえて、外国籍選手も視野に入れた更なる補強の可能性が、ちらっとだけ触れられていた。
それが一人なのか二人なのか、もっとなのか。
大岩離脱を踏まえて・・だと後ろのポジション(特に右SB)の補強に思えるが、それだけなのか。他のポジション(CHやDMF等)も考えているのかどうか。
昇格に向けて、夏の補強こそがキモとなる、と結んであるが、はてさて・・。
 個人的にはねー。
 やっぱり「兵働のバックアップはどーするの?」と、「同じく山口智のバックアップは?」という、
 今のジェフのあまりにあんまりなクリティカルな点を、なんとか補えればと思うけど、難しいよねぇ・・。


また、シーズン開幕前にミリガンが一時他クラブにレンタルで出ていっていたように、出番の少ない選手たちがジェフを出ていく事もあるかもしれない。

気になる移籍ウインドーは7月20日(金)から8月17日(金)まで。

さあ、どうなる・・!?




・・そんな先のことを考えつつも、だけど試合は毎週一つ一つ積み重なっていくわけで。
昇格を争う直接のライバル対決。
開幕戦でHomeで山形を破るも、Awayで京都に敗れ・・Awayの甲府には勝ったが、東京Vには敗戦。
そしてまた、今度はHomeフクアリで湘南を迎え撃つ。

開幕から9戦負けなしで突っ走り、
その後、8戦勝利ナシと不振に陥り、
だけど今はまた調子を取り戻して3連勝!

若い先週の多いチームだけに、攻守の波がめちゃくちゃ大きい。

だけどショートカウンターが最大の武器になっている今のジェフとしては、その勢いで攻めてきてくれる方が、戦いやすいんじゃなかろうか?
(そりゃ試合前には、不安よりも良い事ばかりを考えますがな 笑)



連敗はしたくない。
しかも、昇格のライバルたちとの直接対決での連敗なんて、もっての他。

がんばれ・・!



テーマ:ジェフユナイテッド市原・千葉 - ジャンル:スポーツ

リカルド・ロボ、新加入記者会見
ジェフの公式と・・
「リカルド・ロボ選手の新加入記者会見」(ジェフ公式)

J's GOALに・・
「【千葉:リカルド ロボ選手加入会見】出席者のコメント(12.06.20)」(J's GOAL)

それそれ記事が掲載!
神戸TDといっしょに映るロボ。
今年で28歳のハズだけどもっと年上に見えるなー・・とか。
けっこう筋肉質だなー・・とか。
写真の表情とアングルによっては、シルバスタ・スタローンに似てたりしないかい?・・とか。
そんな事を思いつつ。

ふと気付く。
考えてみたら、栃木⇒柏⇒ジェフと、全部黄色いユニフォームじゃないかっ!

しかもロボのロボという名のほんとの意味は「狼王」。
狼はネコ目イヌ科イヌ属。


なんだ。
ロボは、ジェフに来る運命だったんじゃないか!(笑)


ところでそのロボの決定力というかFWとしての怖さというのは、ジェフもフクアリで散々味わわされてきたけれども、先の記者会見でもそれを聞いた記者がいる。その質問は微妙にずらして無難な解答なロボだけど、悪い印象なハズもない。
得点を決めたフクアリが今度はHomeになるのだから、ぜひぜひゴールを決めまくっておくれ!


で、youtubeで見つけたロボのゴールダイジェスト。
「Ricardo Lobo JAPAN」(youtube)

ジェフのfacebookによれば既に練習にも参加しているし。


がんばれ、狼王ロボ!



テーマ:ジェフユナイテッド市原・千葉 - ジャンル:スポーツ

ロボ、正式発表ーーーー!・・人事往来、レジは去り、ロボ来たる。
レジナルドが去り・・
「レジナルド選手の期限付き移籍終了について」(ジェフ公式)

でもって、ロボが来た。
「リカルド・ロボ選手の加入について」(ジェフ公式)


ジェフとはご縁が無かったけれども、しかし短い期間とはいえ来てくれてありがとう、レジ!
セリエAからの助っ人、という事で期待してたよ、ワクワクだったよ!
さすがに試合の中ではいまひとつだったのはその通りだったけど、
でもでも、大岩との前後のコンビネーションすげー、クロスの質もたけー・・なんて思っていたから、これでフィットしてくれればとかとか願ってはいたが。その間に、田中がいきなりググイッ!と頭角を現してスタメンをがっちり確保してしまったのだから、うん、しょうがないね。

田中は、去年の福岡におけるJ1でのプレイをスカパーで見た時。右SBとの山形との連携がものすごくまずいシーンが何度もあって。なんの試合だったっけ。新潟戦かな。上がりたい山形と、ボールを持つ田中とがスペースをつぶしあって、山形が身振り手振りでキレていた、そんなシーンもあって。
スピードを活かして、FWの一角に起用(深井と争う形?)するのがいいのかしらねー・・なんて、シーズン前は思ってて。
それが、右SHでこんなにはまるなんて思ってもおらず。
ボールのつなぎも、攻守両面での運動量も、そしてもちろん得意のゴール前への切れ込みも。
「田中すげーじゃん!」と、今では思う日々だが。
それはきっと、レジナルドに触発された事もあるんじゃないかなぁ・・。

大岩も同じように、当初、攻め上がりたいけれども上手く前の右SHとコンビネーションが取れず、リズムも乱れがちだったのだが、レジと前後に組んだあたりから、それがぐんぐんと良くなった。


そういう成長をもたらしてくれた、セリエAからの刺激。
あえて、「良かった探し」をすれば、レジはそんなところだろうか。


なんにせよ、セリエAに戻ってもがんばれレジ!
佐藤勇人や岡本もお見送りにいったみたいだし、この台風で飛行機が無事だといいね。



でもって、リカルド・ロボ加入の正式発表。

スペースを破り、こねるけれども敵をかいくぐる深井でもなく、
敵の裏をスピードで駆け抜け、クロスにピンポイントであわせる田中でもなく、
ポストに守備に潰れ役にと奮闘し、敵の裏やクロスに左足をあわせる藤田でもなく、

とにもかくにも、敵PAボックス内でシュートを打ちまくるFW。

その割には運動量が少ないわけではないし、守備もする印象。
体も強く、ポストプレイは苦手っぽいが、パスはそれなりに上手い感じ。

今のジェフにおいて、他の選手と比べて特徴はかぶらない。
直接ポジションを争うとすれば、やはり米倉になるのだろう。
(その米倉は、最前線のFWとしてはロボと争い、二列目としては深井や田中と争うのか)


そのロボが試合に出るのは、最短で7月22日・・第25節のHome甲府戦からとなる。
昇格ライバルとの直接対決の日にデビューするのだろうか。
栃木時代の輝きをジェフでも見せてくれるだろうか。
昇格への切り札として、めっちゃ期待したいところだ。


※でもそのロボ登場の前の4試合も厳しいんだよね(苦笑)
※これまた昇格を争う湘南と京都との直接対決。
※湘南は調子を取り戻しつつあり、京都にはAwayで負けてしまってる。
※しかも調子を取り戻した熊本とAwayで対戦。
※さらに横浜FCは、監督が代わってまるっきり別物のチームとなって6連勝!
※ロボ登場に至るまで・・今週末からの4試合は、それはそれできつい試合が続くよなぁ・・。




そして、その二人の人事往来で思うことだが。
フロントは、どうなの?という点。

いろいろ批判する人もいるだろうし、批判されるに足る点も十分あると思うけれど。

【レジナルドの短期で返却】
これは、損失を最小限にとどめたということで、ポジティブに考えていいんじゃなかろうか。
もちろん契約がどうなってるかにもよるけれどさ。
レンタル期間中の給料をマンスリーで支払いする契約だとすれば、残り期間は支払わずに済むし。それなりに光学&実績のある選手を、起用もせずに腐らすのは百害あって一利なし。さらに選手や相手クラブに直接発生する以外のコスト(日本滞在における生活環境ケア、通訳、等々)も最小限ですむわけだ。でもって、完全移籍オプション(報道では1億円だっけ?)も当然発生しない。
そりゃね。
レンタルにあたって、相手クラブに支払うお金(移籍金に相当するもの)があったら、それは無駄になるし。もし選手給料を期間分満額で払っていれば、それも無駄になる。だけどそこはそれなりに、上手く交渉していると・・いいなぁ・・あまり期待できないけれど(笑)


【ロボの獲得】
守りを固める敵守備陣をこじあける攻撃力に欠けているのは事実。
高さでねじ伏せるオプションがあるとはいえ、木山監督はそれに頼りたくない、多用しない傾向。
現状では兵働に頼りきりだし、深井や田中、大岩の突破も、リズムが悪い時には空回りしがち。
シーズン前に主力と期待していた米倉は、怪我明けで試合勘もまだ微妙。
よって、そこに「PA内で仕事をするFW」ってのは、やはり欲しいオプションだろう。

しかも柏での戦力外判断というチャンスを受けてのレンタル獲得なのだから、チャンスを活かした、と言えるんじゃなかろうか。エルゴラの第一報では「シーズンオフでも声をかけてた」ってあったしね。



なんか、
「ライバルクラブで活躍したFWいいよね、ほしいよね!・・断られちゃった・・」
「だけど、その代わりにセリエAから助っ人を獲ってきたよ!・・でもイマイチだったよ・・」
「おおっと、獲れなかったFWが戦力外だって!? よーし、声かけちゃうぞ!」
「その代わりに、セリエAに選手を返却だね。お金は・・うん、もったいなけど、いいよね」
とかとか想像すると、

おまえら、「ウイイレ」か「サカつく」でもしてるんか!
・・なんてツッコミたくなる(笑)

でも、欧州のクラブじゃ、こんなこと日常茶飯事なんだろうね。

そして選手たちも、こういう市場の中で、自分の商品価値を高めて這い上がっていくんだろうね。



ご縁がなかったけれど、改めて、レジの古巣での活躍と、
ジェフを昇格に導いておくれ!と、ロボの活躍と、
そして一つ一つの選手移籍を、フロントのノウハウとしておくれ・・と、

みんなの活躍を、祈る次第だ。




テーマ:ジェフユナイテッド市原・千葉 - ジャンル:スポーツ

首位攻防戦は1-2で敗戦!・・でもってレジ帰国!?
なんちゅーか、ええ、もう。
日曜日は家に帰るなり、お風呂に入って不貞寝ですよもうっ!まったくもう!
悔しいったらありゃしない(笑)

あの審判には、ぬぬぅー!という気持ちはあれども、まぁ、おかしくないといえばおかしくない。
後ろから行ったらファウルで、細切れに笛を吹いて、なんかもうストレスはたまるけれども、とはいえどちらか一方にあーだこーだがあるわけでもない。そりゃね? 二度も三度も、ラインを割ったボールのジャッジに対して「そりゃジェフのボールだろー!」はあったけど。そりゃ、あのPKは、後ろから行っていたけれども、うーん、そこまで決定的だったかしら?とも思うけど。
それもサッカー。
審判も、サッカー。
ストレスはたまるがいたし方なし。

それ以上に、ジェフのプレイにミスが多くて勝ちきれない、決めきれない事の方がずっと問題で。


良かった探しとしては。



東京V相手にボールを回してるよ。回させられてるともいうが。
流れの中ではほとんど崩されてないよ。
笛とかミスで無駄にしちゃったけれども、カウンターのチャンスは何度も作ってたよ。
田中の飛び込み、藤田のシュート、米倉や兵働のミドル・・惜しいところもいっぱいあったよ。
終盤のオーロイはやっぱり迫力あったよ!

・・でも勝てなかったけどな(無念)


残念だったのは、
負けてるけれども、なかなかピッチ上で選手たちが自主的に打開策を打てなかったのが、一番・・ぬぬぬ、である。攻めのリズムが単調。ミスも多いからペースをつかみそうでつかみきれない。敵を圧しきれない。
木山監督の選手交代も、自分でそれっぽい事をコメントしているが、いまいち打開に結びつかない。




悔しい。


だけどまだまだリーグは試合が残っている。
それを幸いとして、
この敗戦を糧として、
残る試合を一つでも多く勝っていくしかない。


昇格するために!





でもって・・
レジナルド帰国って、なんぞーーーーーーーーっ!?


たしかに上手いんだけど、ポテンシャルはあるんだけれど、フィットしてなかったからなぁ・・。
無理やりポジティブに考えれば、早々に見切りをつける事でレンタル料金を少しでも減らすことができたりしないかしら?というとこか。

おおぅ・・。


ロボの獲得は報道されているが、この夏の移籍ウインドウ。
他にも補強するのかしら?
それとも現有戦力+ロボで突っ走る?


はてさて・・。




テーマ:ジェフユナイテッド市原・千葉 - ジャンル:スポーツ

勝ったよーーー!勝って、シーズン途中だけど首位を奪取!・・町田が素敵!
キックオフ40秒での、藤田の鮮やかな先制弾!
中押し、ダメ押し、と、共に見事な弾道でゴールネットにボールを突きさした兵働!

大塚のハンドをとられたPKで1点を失ったものの、それでも結果は3-1.
山形が湘南に破れ、京都が愛媛に破れたから・・ジャジャン、これで首位奪取ですよ!!!


もちろん、勝ったことも、このタイミングとはいえ首位に立ったことも、
そりゃあもうどっちも嬉しいけれど。
しかし。
今までより長くピッチに立った町田が素敵!
過去のプレイでも視野の広さは伝わってきてたが、昨日の試合はそれに加えてパスを出す勇気が加わり積極的なプレイを展開。敵の守備体形を揺さぶるような、ラストパスの一つ手前の局面を打開するパス出し。敵守備陣の隙間に入り込んでいく動き、スペースを見つけて使っていく感覚。・・これはちょっと期待したいですよ!と。

そりゃたしかに、
リーグでの実戦はまだまだ少ない事もあってか、味方との意思疎通はまだまだだし、
敵を欺くプレイは同時に味方も欺くし、
体が小さい分、もっともっと動いてほしいし、
後方の味方と連動したプレスや、敵パスコース破りなんかはもっと勉強が必要。

それでも、でもでも!
こりゃあ、ちょっとじゃなく期待したいじゃないですかっ!


あとは、やっぱり体の小ささの問題もあるし、そういったプレイスタイルの特徴もあるから、個人一人でプレイが完結できない。どれだけ味方と攻守ともに連動できるかがとても大きなポイントになる。
そこを乗り越えていくか。
肌のあう味方と共に・・「翼くん!」「岬くん!」のコンビネーションを確立するか。それともゲームの流れのなかで自分のプレイや味方との合わせ方を随時判断して合わせていくか。どっちもアリだし必要ではあるが、まずはどちらかを早々に武器にしないと、試合に出て経験を積む機会もままならぬような気がする。

あの香川がググンッ!と伸びたのは、個人の力ももちろん大きいけれど、乾という最高のパートナーを得た事も大きいと思う。そして乾こそ、香川とのコンビで試合に出る中で、自分の特徴を伸ばし経験を重ねて成長する事ができた。香川がいなければ、乾は今ほどに成長できたかどうか・・。

自分の特徴を最大限に活かせるジュニーニョを得た中村憲剛。
イメージを共有し、敵マークを分散し、パスワークでゴールを破った遠藤と二川。
闘莉王と組むことでCBとして大きく成長した増川。
彼らも、個人が成長していく過程において、パートナーの影響がとても大きかったと思う。

そんな風に、町田にも、彼の特徴を理解してくれるパートナーをぜひ手に入れてほしいものだ。
誰なのかはわかんないけどさ!



試合の細かい事はまた明日!だけれども。

この鳥取戦。
個人的に何が印象に残ったかというと、やっぱり町田だったと、そういうわけですよ、ええ!



※大塚は・・うーん、いっぱい光るものがあると思うんだけど、いかんせん、ツキが無いよね。
※そのツキをつかむためにも、そして彼の良さを活かすためにも、その・・なんだ。
※彼にはもうちょっとがむしゃらにプレイしてみては?とか思っちゃうのだが、どうかしら。
※がむしゃらなプレイ=精神論ってことじゃなくて、なんか、今のプレイはもったいなく思ってしまう。
※展開をある程度読めて判断も悪くないからこそ、ポジショニングも良く、だからこそ「走りが少ない」というかさ・・。
※個人的には、大塚には期待したいのだけれども、ぬーん。



なんにせよ、6連勝のあとに岐阜にHomeで破れはしたが、そこから甲府と鳥取を破って連勝! ライバルたちが勝ち点を伸ばしきれない中、この二試合でジェフはまたググイ!と迫り、そしてついに首位奪取!

まだまだシーズンは半分も終わっていない。
だから「これでもうOK!」というわけではない。
このあと2ヶ月も3ヶ月も首位を守り続けたとしても、11月11日(日)、最終節が終わった時点で1~2位でなくちゃ意味がない。


そんな事を自分に言い聞かせつつ。
しかし、
ほら、
勝ったその時くらいは、イヤッホキャホゥ!と喜びたいものですよ。



鳥取をHomeで破ってジェフの勝利!
勝ったよ・・!!!


テーマ:ジェフユナイテッド市原・千葉 - ジャンル:スポーツ

平日のHomeは鳥取戦!怪我だけはカンベンな!・・Away甲府戦の小ネタ。
日本代表とオーストラリア代表との試合は・・ふふふ、見れてませんっ!
昨日は、家に帰ってほっと一息ついたらもう午前様なんだもん、しかも朝は朝でいつもよりずっと早かったんだもん。そこから夜更かしして見ようかしら?とは思ったけれど、こりゃぜったい見ている途中でうたた寝しちまうなぁ・・という己の体調。
よってそのまますぐに寝についたわけで。

そうそう。
先日のAway甲府戦でジェフサポの知人とお話していたら、その方。
カフェインがとってもとっても体に影響するらしく、お風呂上がりのコーヒー牛乳が精一杯なんだそうだ。普通に珈琲とか煎茶と飲んだら、ぜんぜん寝れなくなってしまうらしい。
ふむぅ・・。
自分はカフェインに鈍感な体質なのか、それとも摂取しすぎで耐性ができてしまってるのか。
かえってカフェインとって、頭がかーっとなってる方が、ころん・・と眠れたりするのだけれど。
人の体質っていろいろだよね!


そして、今日の鳥取戦の前に、甲府戦の小ネタをいくつか。

【弾けるタイミングを逸した先制点と、気配りの人岡本】
先制点。
スカパーの録画が残っている人がいたら、見返してもらえると「なるほど!」なのだけど。
ボールが敵ゴール内に転がりこんでも、実は背後の歓声が盛り上がっていない。編集上で音を絞ってるウンヌンもあるが、それにしたって・・という感じ。
実際、現地のゴール裏では得点が決まったかどうか、よくわからなかった。

え?え?どうしたの、入ったっぽいけどほんと?認められたん?
米倉がでも微妙な動きしてるよ、煮え切らないよ?

などと思っていたら。
徐々に。
やったね、決まったんだよね、喜んでいいんだよね!・・となったのだけど、
それって、ピッチの反対側で遠かったのと、選手があまりキャッキャッしてなかったからである。

そこで「気配りの人」岡本。
ゴール裏を振り返ると、決まったよ!とジェスチャー。
さすがである(笑)

いつぞやの、Away横浜FC戦で、ボールボーイならぬボールガールが登場し、ピッチから外に出たボールへの対応がものすごく手際が悪かった時があって。ジェフがリードされていた事もあり、ゴール裏のジェフサポからはめっちゃブーイングとヤジが飛んでいたのだが。
ここでも「気配りの人」岡本。
ボールをもったはいいが、ブーイングに怯えてヤジに翻弄されて、「え、え、あたしどうすればいいの?」状態のボールガールに、だいじょぶだからだいじょぶだから・・と。

ゴールが決まったぁぁぁ!という喜びを爆発しきれなかった先制点ではあったけれども、しかし、「気配りの人」岡本の素敵さが見れた先制点でもあった。



【牛乳キャンペーンと選手の習字】
甲府のフードコートでは牛乳のキャンペーンが行われていて。ビニールシートを配っていたり、骨密度の無料測定なんかがあったわけだけど。
そのネタの一つに、牛乳をネタにした選手監督の習字があった。
青木孝太の習字もあったよ!
「成長」だったっけかな。・・字の上手さも成長が必要だったけどな!
堀米は、本文の字よりも自分の名前のほうこそもっと上手にならなきゃ!と思ったがな!

甲府の崔誠根も、ハングルで習字してたけど。
その場にいた甲府のスタッフ(広報?)曰く、生まれて初めて筆をもって習字したらしい。
習字って、中華文化の影響のあるとこなら、何かしら残ってそうな気もするが、韓国ってどうなんだろうね。ハングルもいろんな字体(明朝体とか勘亭流とかに相当するもの)があるのだろうけれども、「生まれて初めて」って事は、義務教育課程の中に組み込まれていないのかしら。
一つ面白いネタではあった。

そして本題。
習字の中で一人、「恋」と書いていた選手がいた(名前失念)。
甲府スタッフに聞いてみたところ、
『牛乳』⇒『白い』⇒『白い恋人』⇒『恋』という連想だそうなのだけど・・違うだろ!
ぜってー違うだろ!
『牛乳』⇒『乳』⇒『おっぱい』⇒『女の子』⇒『恋』だろ! そーに決まってる!
かもしれませんね、と笑ってはいたが。
うん。
オレのなかでは、そうに違いないと思っている。



さて、小ネタはそんなものとして・・問題は今日のHome鳥取戦である。

この前、甲府にお出かけしたばかりなのに、もう試合だよ!という気もするし、
正直、平日夜の試合ならAwayの方がジェフとしては集客面で嬉しいのにーっという気もする。
平日夜・・って時点で、生観戦は諦めてるが。

今日は勝っておくれ・・!

連勝は当然いつかは止まるものだけど。
前回のHomeでは、岐阜に悔しい0-1の完敗。
球際の強さで負け、展開のアイデアも無く、運動量も切迫感も欠けた試合。
後半も半ばになってから、ようやく必死さが見えたけれども。

それは一つの教訓として受け止めて。
同じような試合を、繰り返さないでおくれ。

思えば、昨年も一昨年も、リーグの展開の勝負どころでこそ試合を落とし続けてきた。
勝つための、チームの芯。
慢心ではなく、自信。
油断ではなく、余裕。
そういう腰の据わった強さはなく、クラブ/チームとしての未熟さや足りなさがあった。

今年こそ昇格するために。
同じ轍を踏むのは、・・もう勘弁しておくれ!・・である。


そして、選手のコンディションも心配。

明らかにお疲れ気味で、試合中にガス欠するのが目に見えてわかる兵働。
毎試合毎試合、削られ潰され、慢性疲労からの故障が心配な藤田。
実績から鉄人なのはわかっているけれども、今のジェフが大きく依存している山口智。
今年に入って驚くほど成長している竹内。

数多くの選手を入れ替えながら戦っている木山監督だが、上記のメンバーは固定されている。
兵働がいなくなればボールの出し手に欠けるし、藤田がいなくなれば攻め手を作りなおさなければならない。山口が長期欠場なんて考えたくない!

GW時、かなり選手を入れ替えてやりくりしていた木山監督だけれども、
それでもチームの軸は変えなかった。

今日は、どうなのか。

遠くないとはいえ、Awayから戻ってきて中3日で迎える平日夜の試合。
しかも(おそらくは)雨。



ぜひぜひ勝っておくれ!  と思うけど、同時に、
怪我だけはカンベンなっ!  と、強く願う。


テーマ:ジェフユナイテッド市原・千葉 - ジャンル:スポーツ

堅守あってこその勝利!な、Away甲府戦。 ・・って、ロボ? ロボ加入ぅぅう!?
昨日は、お昼ぐらいになってニュースを聞いて、おったまげましたよ!
とんでもなくびっくりする、って事を「たまげる」といいますが、「魂消る」と書いちゃうわけで。いやはや、ホントに魂消ました。

「柏、FWロボを“放出”千葉に期限付き移籍へ」(スポニチ)

このネタ。
決してスポニチの独走暴走トバシ記事ってわけではなく。
今日発売のエルゴラに、もうちょい詳しい記事が書いてあって。

曰く。
昨季シーズンオフにも、ジェフがロボにオファーを出していた経緯があって、交渉はスムーズに進んだんだそうな。でもって現状、あとは交渉の細事を詰めるのみ。
熊本に移籍した北嶋が、移籍ウインドーの開く前に移籍を発表し、すでに練習に参加しているように。
契約が完全合意に至ったならば、ジェフもまたロボの加入を発表するのだろう。
でもってユナイテッドパークでの練習にロボが参加。
試合に登場するのは、最短で7月22日(日)のHome甲府戦からになる。

兎にも角にも、PAボックス内での決定力を誇るストライカー。
フクアリでは2戦して3得点。

どのように今のジェフに組み込まれるかはわからないけれど、
昇格への重要な戦力になってくれる事を期待・・!!!



閑話休題。
Away甲府戦である。

この試合、現地ではゴール裏で応援していた。
ちょうどバンデーラの端っこのところにいたのだが、カメラのアングル的にぎりぎり見切れており、幸いスカパーには映っていなかった(笑)

いやもう、先制点が入るまでは肝が冷えっぱなしでしたよ!

ジェフがボールを持っても、甲府の中盤の守備が固く締まっててボールを入れられない。
無理に縦パスを入れてもつながらないし、セカンドボールは拾われる。
そして甲府にボールを持たれると、隙があれば縦への突破を狙われる。

甲府の両サイドは絞りすぎず、一人はワイドに広く張って待ち受けていた。
でもってボールを持った甲府は、一度そのワイドに展開してジェフの守備陣を横にスライドさせ、ジェフの守備ブロックを揺さぶり、かつ、甲府FW(ダヴィ&高崎)へのマンマークが少しでもズレる事を狙う。
でもってそこからゴール前への放り込み。

ダヴィも高崎も強くて高いから、一発でもジェフDFが対応を誤れば即決定機なワケで。
これが続けば、ジェフは神経戦で擦り減っていくし、体力的にも追い詰められていく。
弾き返されても、そうそう簡単にはつなげない。佐藤勇人も佐藤健太郎も守備に帰陣している事が多く、カウンターに展開する前の一手が打てない。ジェフが無理に縦に入れても、そこには伊東輝悦と山本英臣が守りを固めて、中央への侵入を許さない。
前半30分までは甲府のゲームだった。

だから、米倉のゴールはまさに値千金。

ゴール前に臆せず飛び込んだ米倉のプレイは、彼ならではの体と意思の強さの現れ。
そこにマイナスのクロスをワンタッチで入れた田中も見事。
その田中にミドルのパスをぴたりと送り込んだ兵働はやっぱり流石であって。
じゃあ兵働がフリーでパスを蹴る前段階は・・勇人のパスカットと落ち着いたボール捌きこそ。

確かに甲府DF盛田が、縦パスをミスして、ジェフの勇人の真正面に蹴りこんでしまったのが、この先制点の直接の起点になっている。
しかしそれを・・つないでいったジェフのアタッカー達は、それはそれで素敵なわけだ。

これで甲府は攻めに出ざるを得なくなり、メンタルのバランスも崩れた。
動揺した流れのなかで、さらにジェフにPKを与えてしまい、
さらにはドウグラスの一発退場。
CBの盛田は、高さと強さがあっても、足元に不安があり、プレイエリアも広くない。
もう一人のドウグラスが範囲を広くケアしていたわけで。
そのドウグラスがいなくなると、今度はカバーリングに伊藤がひっぱりまわされることとなる。
必然、中盤にスペースができ、攻め込むジェフの選手を甲府が捕まえられなくなる。

攻めて攻めて、甲府のリズムで進んだ序盤だけれども。
ジェフの先制点、追加点、退場・・。
甲府の優位が、あっという間に崩れていった45分間でもあった。


だから、ジェフが先制点を奪った時点で、半ば勝負アリだったとしても、
MVPは確かに2得点に絡んだ米倉だろうけれども、
勝利を呼び込んだのは・・その30分間、ダヴィの圧力を1対1で防ぎきった竹内こそ、自分にとってのMOMだったりする。加えて、その竹内を支えて甲府の攻めを受け止め、守備陣を統率し続けた山口智。


なかなかスポットライトを浴びにくいDFだけれども、この日の竹内と山口はかっこよかったよ!
守る強さが、チームを支えたAway甲府戦。
二人のCBこそが、ヒーローだったと思う。


※もちろん、CBと共に奮闘していたDMFの佐藤&佐藤、二人あってこその堅守でもあるけれどね!





・・いや、ほんとは「現地ではすっげーオレ、ヒヤヒヤしてみてたのに、スカパーの録画ではそんなに危なそうには見えなかったよ!不思議!」という、印象の違い(もちろん結果を知っていることを踏まえても)をネタに書こうかと思ったのですが、いつのまにか「ジェフの堅守」ネタオンリーになってしまいました。
ぬぬぬ。
ってなわけで、タイトル修正ー。



テーマ:ジェフユナイテッド市原・千葉 - ジャンル:スポーツ

Away甲府戦、勝ったよおおおぉぉお! ・・でもってユーロ2012のスペインxイタリア戦の凄さ
ユーロ2012のスペインxイタリア戦をBS-TBSで見た。

スカパーには加入してるけれど、WOWOWには入ってないのだ。J2のジェフの試合、場合によっては翌週当たる対戦相手クラブの試合、そして面白そうなJ1の試合(この前のFC東京x浦和とか、広島x神戸とか)、それを見てたら海外の試合なんてなかなか見れないわけで。これに頑張ってチャンピオンズリーグの試合も見てみよう・・と思った日には、毎日1試合ずつ・・つまい毎日2時間ずつを拘束されるわけで!
スカパーで十分ですよ、ええ。
となるわけだ。

とはいえ、4年に1度のユーロなんだから、見たいよね!
しかもスペインxイタリアだし!

そう思って軽い気持ちで見始めたら。
気づけば試合におもいっきり引きずり込まれてた。

なんだこの試合、
めちゃくちゃ面白い、すっごく面白い、とんでもない!

スペインの変幻自在の攻撃陣を、
これまたフレキシブルに姿形を変えて守るイタリア。
ピルロが中盤からパスを散らして展開を作り出せば、イニエスタがたった一人で局面を破壊する。
カシージャスとブッフォンは、二人ともにまさに「守護神」としてゴールマウスに君臨。

なんかもう・・本当に見入ってしまった。


この試合はもう一度見よう。
あとで見直そう。

どのようにイタリアが守り、スペインがその守備を攻略しようとして・・つまりはピッチ上に何が起こっていたのか。それを考えるだけでおなかいっぱいになりそうだ。

グループリーグが始まったばかり。
まだまだ序盤もいいところのユーロ2012だけど。


このスペインxイタリアの試合は・・うん、大会を象徴する試合になるくらい、凄かった。


うひゃぁ・・・・。




そして6月9日(土)はAway甲府戦に行ってきましたよ!
バスにのって、どんぶらこ。

ちょいと今日もまた寝坊ぎみだからあれだけどさ。


とにもかくにも、ライバルとの直接対決を撃破はいやっほぅ!ですよ!!!
ようやく復帰した米倉。
試合後、「やっと帰ってこれました!」とゴール裏に伝えた米倉。
「みんなが歌っているので、ずっと歌いたかったので、歌っていいですか?」と自ら、自分のチャントを歌いたがった米倉。

おかえりなさい!


勇人も復帰したし、佐藤健太郎は相変わらずの職人っぷり。
山口智はジェフの守備を統率し、竹内はダヴィを完封。
前線では、田中が本当にピッチ全体を駆け回り、そして藤田が何度も潰され何度も立ち上がって、味方のために体を張っていた。

6連勝は止まり、
岐阜に破れたけれど、

これからまた、ひとつひとつ勝っていくしかない。


甲府戦、勝ったよ・・・・・!!!


テーマ:ジェフユナイテッド市原・千葉 - ジャンル:スポーツ

岐阜の敗戦をどのように教訓にできるか。節目となる甲府戦!
甲府はまぎれもなく昇格候補。
ダヴィに高崎という2トップに加え、片桐や永里がいて、監督があの城福ってんだから、そりゃそうだ。青木孝太だっているしな。
蓋を開けてみれば、予想以上のダヴィの活躍。
それに加えて高崎もがんばっている。

その、昇格を争うライバルとジェフは明日、直接ぶつかるわけで。

細かい事はいい。
誰と誰がマッチアップするだとか、戦術的に噛み合うのはウンヌンとかもいい。
明日は勝つ事に、ひたむきになるしかない。

攻めてはどうやって点をとるのか。
兵働が核となって、藤田への楔を軸として深井と田中が絡んでいく今のジェフの攻撃は、そこからプラスαを積んでいかないと、まだまだ引いた相手を崩せるほどではない。
守っては確かにリーグ最少失点の現状だけれど、竹内/山口の個の力と敵の決定力に助けられているのが多きい。中盤をどのように守るか。攻めで効いているが守備ではリスクもある両サイドをどのように守るか。
課題はいっぱいある。

何かしらスタメンに変化はあるだろうし、ベンチも何かあるかもしれない。
それが勝つための競争であり、ジェフの進化だと願いたい。



岐阜に負けた悔しさをもって、甲府に乗り込むジェフ。
そして、ぜひとも勝利を。

自分も応援に行きます。
甲府まで。
今年初遠征!


・・がんばれ!


テーマ:ジェフユナイテッド市原・千葉 - ジャンル:スポーツ

岐阜に敗戦! Homeで自壊したジェフ。
録画してあった日本代表のHomeオマーン戦を今さらながらに見終わったのですが。
いやはや。
みんな上手いねぇ・・。
さすが「代表」として選ばれているだけは、ある。
勝った負けたとか、戦術どうこうは、そりゃいろいろあるだろうけれども。

ボールを蹴る、止める。
そのために、どこにポジションをとるか、どのように動くか。
周りをどれだけ見ているか。
体の捌き。
そしてそれだけ上手いのに、ボールを獲る/獲られる、というせめぎ合いでの球際の強さ。

そういう方が目についた。


今のジェフのサッカーを突きつめていくならば。
兵働、伊藤、佐藤健太郎。
この三人は特にそういう部分をもっと高めていかないといけない。

佐藤勇人、米倉。
彼らは、奮起しないと、力はあっても出番が苦しくなるかも、だ。

敵の守備が人数を揃えてラインも保っているところを、ボール回しとスペースを突く動きで破っていく日本代表。ああいう動きやプレイをできるようにならないと・・。
ぬぬぬ。



岡山戦もそうだったけれども、この岐阜戦も、最後までジェフは敵守備を崩せなかった。
岐阜戦では特に、ゴール前中央を完全に守られていたから、
兵働と伊藤が思ったように動くことができず、藤田もまっとうなポストができず、楔がはいらない。そのためサイドにボールも選手も流れてしまうのだけれども、そこはそこで敵SBが蓋をしているし、味方SBも上がってくるから人数過剰になって突きたいスペースがなくなってしまう。

そこで木山監督が打った手は。

1つ目に佐藤勇人の後半開始からの投入。
今のジェフで、縁の下の力持ち的に効いているのが伊藤大介で、ボール回しにおいても縦パスの出し手としても貴重な存在になっている。その伊藤を残したまま、佐藤健太郎を下げて、勇人。ピッチの中央からより前へ。全体を押し上げ、必要なタイミングには勇人がゴール前まで進出する事を狙ったのかしら?と想像する。

2つ目は米倉。
トゥーロン遠征もあって動きに重さがあった大岩を下げ、そのポジションには田中佑昌。米倉は前線に入る。今の彼の売りは攻撃で体をはれる選手。足元のうまさも得点力もあるし、前に進む強さがある。結局これも、敵守備の中央を力づくでこじ開けようとした采配に思える。

だけど、この2つの手も、上手くいかない。
敵はますます中央を固めるし、なんていっても服部も李も百戦錬磨。慌てない。ジェフが長時間ボールを持っているとはいえ、単調な攻撃が多く、走り疲れもしていない。この二人が中心になって、岐阜は守備の連携に筋が通っている。


そして時間も無くなって76分にはオーロイの投入。
ジェフのパスと動きで敵守備を破れないのなら、絶対的な高さでねじ伏せる・・!
3人の選手交代で一番効果があったのは、このオーロイ投入だったと思う。
高さはやはり圧倒的なものがあって。
そしてオーロイも、時間短く起用されているから元気もあって、動けてドリブルもして。
惜しいチャンスもあったのだけれど・・。


こういう試合にこそ。
個人的には、大塚や町田、井出を見たかった。

こういう敵陣をどうにかしないと!・・という展開はこれからもあるだろうし。
それを破らない事にはジェフは昇格をつかめないわけで。
木山監督率いる今のジェフが、それを破るには、「パスと動きでスペースを作り、そこを突く」事が本筋なハズ。それができる選手のチャレンジを、見たかった。


・・勝つための采配、ではないと思うけれどさ(苦笑)

勝つための対応だったら、この岐阜戦のように、「チーム全体を押し上げる(=勇人投入)」、「フィジカルの強さで敵守備の密集を打開(=米倉投入)」、「高さでねじ伏せる(=オーロイ)」という3つの対応策の方が、現状、より得点できた確率は高かったと思う。
だから木山監督の交代策に不満があるのとはちょっと違うけれど。

日本代表がオマーンの守備を破ったように、
敵のDFが並ぶその中であってもボールを受けれる選手(大塚)であったり、守備に人数をそろえてラインを保っている状況でもスペースを突く選手(町田)に、期待してしまうのだ。


今のジェフは、まだまだ未成熟。
チームの錬度も、選手の構成も、もっと高めていかなければならない。
選手人数が多くても、起用メンバーが固定されていないからこそ、特に若手が奮起してくれれば!

岐阜戦の負けは悔しくて、そりゃもう、悔しいものだけれども。
でも、久しぶりに・・まっとうに、正面から悔しいなあ!と、思える試合でもあった。



テーマ:ジェフユナイテッド市原・千葉 - ジャンル:スポーツ

岐阜戦は0-1の敗戦!悔しい悔しい悔しい敗戦!
夜にblogを書くことはなく。
もちろん昼間は仕事してるので書けるハズもなく。
だから毎朝書くのだけれど、朝はやっぱり体調とか、寝坊とかで、時間が無いことも多いわけで。
ってなわけで、日曜日の夜に本を読み始めたら面白くてついつち夜更かしして気づけば4時! 月曜日の朝は会社に行くだけでひぃひぃなのですよ。でもって昨日は昨日でお仕事の本番というか、現場というか。
ええ、そんなわけで、昨日と一昨日はblogをお休みしてしまったわけで。

何が言いたいかというと。
blogをお休みしたのは全てお寝坊のせいなのだ! どどーん!
と、そういう事なのです、ハイ。

じゃあ、夜に書けばいいじゃんという節もあるが。
だって夜にblog書くと、ノリが違ってしまうんだもん、キャラが変わるんだもん。
きっと毎日ポエム集になりますがな(苦笑)



さて。
本題の岐阜戦なわけだが。

悔しいよおおおおおおおおおおおおおおおおおおおお!
ぬおおおおおおお!

あれじゃダメだよ、勝てないって!
ジェフの自爆だよ!!!


キックオフ直後。
岐阜は「ドン引き」ではなかった。岐阜のFWがそれなりにジェフのボールホルダーに圧力をかけてきた。かといって最前線からボールを奪取しようというようなプレスではなく、パスコースの限定と余裕をもったビルディングを邪魔するための圧力で。
熊本戦のように、「お、打ち合いになるかしら?」と一瞬思った。

だけどジェフがボールを回しているうちに、徐々に岐阜も後退していく。
ジェフが押し込んだとも言えるし、
岐阜が引いたとも言える。

そんなふうに、試合の機微が流れていくけれども。
この時からすでに嫌な空気はあった。
ほら、あれですよ。
岡山戦の前半といっしょなわけですよ。
ボールを持って回すけれども効果的な攻めができず、跳ね返される展開。

特にこの日は、岐阜の二人のCBがゴール前にがっちりと守備に備える。そこに加えて服部と李、二人のDMFが中央を固め、2-2の4人で強固なブロックを形成。
さらに両SBが、攻撃を自重気味。
ジェフの両サイドの裏を突くよりも、両サイドに「蓋をする」事を優先しているような動き。

それでジェフの攻めが封じられる。
結局のところ。
ジェフはこの敵の守備を最後まで崩せなかった。
特に2CB-2DMFのブロックを壊せなかった。

ブロックを壊せず、敵の守備陣を崩せず。
どうなったかというと、敵DFの間にジェフの攻撃陣が並ぶのだけれども、それで終わり。オフサイドラインで行き詰って動きがなく。ボールの動きも遅くて小さいからスペースも作れず。FWが動かないから中盤以下の展開も遅く小さく。敵両SBが蓋をしているし、それどころか味方攻撃陣まで目の前にいるから、大岩と武田の両SBも効果的な攻め上がりができなくて。

いやん。
悪循環。


失点はまさに、その「FWの動きが少ないからこそ」生じたと言える。
中盤で伊藤大介がボールを持つ。
だけどボールの出しどころがない。ワンタッチで前にはたける場所もなく、捌いて回せる見方も少なく、かといってバックパスでDFにつないで回していくのでは埒が空かない。

動いてくれよ・・!
そんな感じで焦れるように前線を見ながら、ボールをキープするが、そこを突っかけられて、ロスト。

この時。
ボールを失って、岐阜のカウンターになるのだが。
しかしジェフ攻撃陣の戻りが遅い。
そのまま押し込まれてCK。
まずは跳ね返すけれども兵働がクリアしきれず、敵に拾われ、もう一度放り込まれて・・
またも跳ね返すが、
サッカーの神さまは、必死に頑張る方の味方なのだろう。
ボールは敵FW前に転がって、押し込まれた。


そして最後までその失点を取り返す事が出来ずに敗戦。


試合後、ジェフサポの知人たちと飲んでたわけだが。
ただもう・・悔しいなぁ、と。
めちゃくちゃ悔しいなぁ・・・・・!!! と。


無理矢理己を慰めるとすれば。
これが岐阜戦で良かったと思うしかない。

昇格を争うライバルたちとの対決ではないからこそ。
改めて気を引き締めて、そしてもう一度勝ち星を積み重ねていけばいい。


次節、甲府戦。
そして迎える、東京V戦と湘南戦。
さらに対戦が一巡してすぐに京都戦もやってくる。
監督が代わって好調5連勝!の横浜FCとの対戦もやってくる。

夏場の正念場を迎える前に、がつんと痛い目にあったと思えばいい。



ああああああ!

悔しいなああああああああああああ!!!!




テーマ:ジェフユナイテッド市原・千葉 - ジャンル:スポーツ

明日はHome岐阜戦、めざすは勝利、めざせ7連勝!
基本、日曜日開催に固定されたJ2だけれども、そうは言っても全てが全て、絶対にそうだというわけじゃない。たまには例外の土曜日開催もあって。先週は京都が土曜日に試合をしてた。そして明日のHome岐阜戦は、ジェフはその例外、土曜日に試合がある。
個人的にはやっぱり土曜日に試合がある方がいい。
だって遠方Awayに遠征に行っても、その日のうちに帰ってこれなくてもなんとかなるし、遠征した疲れを翌日休んで回復できるわけで。遠征しなくても、土曜日に勝った負けたと喜んで、お酒飲んで録画を見返して・・なんてやってたら、やっぱりその翌日に会社・・は、ねぇ・・(笑)

それはやっぱり他の人も同じようなところがあるのだろう。
明日のHome岐阜戦が終わったら、勝った負けたと試合を肴に、飲んだりするに違いない。

ってなわけで明日は久しぶりの土曜日開催。
油断して寝過ごしたりしないよう、気をつけなきゃならない(笑)


ジェフが目指すは当然、勝利。
今のジェフは6連勝中であり、アマルの時の6連勝とともにクラブ記録に並んでいる。

そして。
昇格のためには全ての試合に勝ちたいわけで、究極的には42連勝。勝った負けたと繰り返し、少しで勝利を多く、負けを少なくしなきゃならない。自然、勝利を多くすれば、連勝になる。

だから明日は、勝てばクラブ新記録の7連勝であり、
そしてシーズン42戦中の6分の1を一気に勝ち続けたという事になる。

もちろん記録は記録としては嬉しい。
連勝は連勝として気持ちがいい。
木山監督も、「俺もいつクビになるかわからないからクラブレコードの1つでも作らせてくれよ」などと、選手を煽っているそうな。

「[千葉]木山監督「俺もいつクビになるかわからないからクラブレコードの1つでも作らせてくれよ」」(BLOGOLA)

特にHomeフクアリでは、今期も内弁慶。
まだ負けはないし、失点も1しかない。
連勝への、そしてクラブ新記録への期待や想像がますますふくらみますよ!
そうじゃないですか!
ねぇ!?


・・でもそれは、やっぱり一つ一つ得点を決めて失点を防いで、勝利を積み重ねた結果であって。
試合には当然相手がいて。
ジェフをやっつけてやろうと虎視眈々。
隙あらば、Home富山戦のようにゴールを奪ってやろうと狙われてるし。京都戦のように正面から捩じ伏せられるかもしれない。岡山戦のように固く粘り強く守って、松本戦のようにカウンターの一撃を喰らうかもしれない。

もちろん勝利を期待してる。
勝てば、イコール連勝が伸びるから、つまりは7連勝を期待している。
でも、それはそれ、だ。


大勝した町田戦も熊本戦も、選手コメントには反省点が多く並んだし。
北九州戦や愛媛戦だって、ひとつ間違えば負けていたことも十分にありえたし。
大分戦だって、敵の三平や村井、高松に、決定的なピンチを作られた。

油断はあるかもしれない。
連勝で調子にのっちゃってるところもあるかもしれない。
だけど。
選手たちに慢心はない、と思いたい。


さあ。昇格のために、目指すは勝利。
その結果として連勝が伸びるというのなら、どこまでも伸ばしちゃえ。

Home岐阜戦。

がんばれ!


テーマ:ジェフユナイテッド市原・千葉 - ジャンル:スポーツ





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。