Hang Tough
ジェフが好き、旅行も好き、仕事もがんばろう、うん。
プロフィール

khou

Author:khou
本好き、旅行好き。
でもここ数年、ずっと旅行に行けてない・・。

twitter、はじめてみました。

@khou_hangtough



ジェフ千葉_試合情報



ジェフ千葉_試合日程



最近の記事



月別アーカイブ



カテゴリー



ブログ内検索



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

久保は2013年も鳥取で。藤本復帰、碓井獲得! ・・一年間ありがとうございます。
お部屋の大掃除に年賀状に・・いや、年賀状なんて、もっと早くから準備しとけ!というものだけど、ついついさ、ほらね、12月はお仕事も忙しいし、忘年会とかでお休みの日も忙しいし、ましてや12月の頭はプレイオフ敗退のショックでテヤンディ!だったわけで。結局、昨日、12月30日にまとめて年賀状を書きました。はい。
今日は大掃除の続きでもしようかしらねぇ・・。

買ったはいいけど、読んでない本が山ほどあるので、それの整理もしなきゃいけないし。
買って読み終えた本も、本棚に積まれたままだから、それも整理しなきゃいけないし。
でも、「整理するだけ」だと本は減らないんだよね!
あたりまえだけど!
捨てるか売るかしかしないと、本はそこにそのままあり続けるんだよね!
・・本を捨てるのも売るのも嫌いな自分としては、そこが悩ましい。


さて。
そんな年末の恒例行事はさておき・・すでに仕事納めなハズのジェフから人事情報が発表。

「藤本修司選手の期限付移籍終了について」(ジェフ公式)
「久保裕一選手の期限付移籍について」(ジェフ公式)
「碓井健平選手の加入について」(ジェフ公式)

藤本は、鳥取に期限付き移籍したはいいけれども、右膝前十字靱帯断裂という大怪我をしてしまった。新規加入が決定している専修大の栗山も、同じく前十字靱帯断裂という怪我を負ってしまい、全治6~8ヶ月。ほぼ同じ部位、同じ程度の損傷だとすれば、藤本も怪我が癒えるまで来年の3月とか4月までかかってしまう。リハビリや試合に出られるコンディションなどを考えると、戦列復帰は夏だろう。となれば、来年もまた鳥取で・・といくわけにもいかず、そしてジェフとしてもそのような怪我の選手を放り出すこともなく。ここは復帰というのは、妥当なところか。
本人としても悔しいだろう。
ジェフにいる間はチャンスがつかめず、期限付き移籍で加入の武田にポジションを奪われ、兎にも角にも実戦を!と鳥取で張りきって、5試合を戦ったところでの大怪我。その悔しさは、復帰のコメントにも表れている。
だけど、いまはしっかりと怪我を治してほしい。

幸いにも、ゴッドハンドと呼ばれる妻木さんが、再びジェフのサポートに関わってくれている。リハビリでもきっと力になってくれるだろう。
(ジェフを離れた後、横浜FMやFIFA公認トレーナーとして活躍、そしてまたジェフを見てくれているようで、先日のプレイオフも国立にいらっしゃってたらしい・・「プレーオフ」(友へ)

くじけず、めげずに、がんばれ!


藤本と同じく鳥取にシーズン途中で移籍した久保は、来期もまた鳥取で。
鳥取では、スコアとしては、公式戦18試合2得点ではあるものの、前線で体をはったポストプレイをこなし、攻撃の起点として活躍。そこを鳥取に評価されての期間延長なのだろう。
ジェフ所属の選手がそうやって評価されるのは、なんとなく嬉しい(笑)
でもって久保は久保で、「1年間しっかりと試合に出場して力をつけ、またジェフユナイテッド千葉に戻ってきます」とコメント。
戻ってきたいと思ってもらえるクラブであることも、やっぱりちょっと嬉しい(笑)
細かいDFラインとの駆け引きや、前線からの守備、ポストプレイなど・・得点こそ少ないものの、それが久保の良さなのだから、ぜひぜひ実戦の中で成長しておくれ!と思う。

でも久保の長所を考えると、藤田とかなりかぶるよね。
守備に駆け回って、ポストプレイをきっちりこなす藤田は、それでもリーグ戦36試合出場で15得点。
ぜひとも藤田を見習って、今の長所を伸ばしつつ、得点も増やしてほしいものだ。
やはりFWはどうしても得点を期待されるからね!

そして、久保の期限付き移籍延長・・ということは、ジェフのFWはどうなるのだろう。
オーロイとロボがチームを離れ、久保が不在でも、戦力を編成できるメドがついたからこそ、フロントも延長に応じたハズ。さて・・どうなることか。
(米倉は残ってくれるのかしら・・)
(兵働は帰っちゃうのだろうか・・)
(大塚もどうなるのかわかんないよね・・)


そしてGK碓井健平が完全移籍で加入!
すでに清水からは契約満了が発表されており、そこにジェフが声をかけた形になる。
現川崎の風間監督の指導のもと、筑波大で1年のころから4年間ゴールを守り続けた筑波大の守護神。
千葉出身というのも何かの縁かもしれない。
(柏のジュニアユースだけれど 笑)

碓井が加入した事で、ジェフのGKはちょっと年齢層高めな選手層でそろった事になる。
櫛野亮(1979年3月生)、来年34歳。
岡本昌弘(1983年5月生)、来年30歳。
大久保択生(1989年9月生)、来年24歳。
碓井健平(1987年5月生)、来年26歳。

だ、誰も移籍しないよね?引退しないよね・・!?
それを前提にすると、岡本を主力にしつつ、ベテランのバックアッパーとして櫛野。次代の主力として大久保。碓井は大久保と競争しつつどこまで岡本に迫れるか。そういうバランスだろうか。

なにはともあれ、ようこそジェフへ!
よろしくお願いします!



他にも、新体制発表会のアナウンス(平日開催かぁ・・)や、J's GOALでの企画「ジェフの今年の漢字」が、「甘」の一文字だとか、年末だけれどもけっこうネタがぱらぱらと。

そんなこんなありつつも、一年が今日で終わる。


最近は以前のように毎日更新!ができなくなってしまいましたが、
そして、内容もいつもいつも個人の感情ダダ漏れの拙いblogではありますが、
それでも、アクセスしていただける皆さま、本当にありがとうございます。

エントリーのコメントや、拍手のコメントなどでひと言をいただき、ありがとうございます。

また来年もよろしくお願いいたします。



それでは皆さま、よいお年をお迎えください!


スポンサーサイト

テーマ:ジェフユナイテッド市原・千葉 - ジャンル:スポーツ

今年最後に・・江尻コーチ就任正式発表!
ジェフは、会社としては、12月28日(金)から1月8日(火)までを公式のお休みとしている。
「年末年始の休業日について」(ジェフ公式)

ちょっと長めではあるけれど、でもサッカークラブのお休みなんてこのタイミングでしかとれやしない。ゴールデンウィークやお盆なんてタイミングは書き入れ時だから、いつもの週より試合数が多くなるからかえって忙しいだろう。そうじゃない週は、毎週末にはお仕事があって、しかも二週間に一度は出張である。
もちろんフロントにもいろんなお仕事があるだろうか、必ずしもそれがすべてではないけれど、しかしクラブの根幹である「Jリーグで試合をする」という事が、会社のリズムのベースになる以上は、それが広報であれ営業であれ経理であれショップであれ、そのリズムを踏まえて動いていく。

よって選手だけじゃない、フロントスタッフにとっても貴重なシーズンオフ、とうわけだ。

しかし、社長に斉藤TDに唐井強化担当なんかは、そんな時期だからこそ逆説的に忙しくなるのだろう。来期に向けたチーム編成の真っただ中なのだから。


その昨日をもって「仕事納め」となったジェフのフロント。
だから・・というわけでもないだろうけど、いやでもそうなのだろうけど、様々なニュースが発表されている。

「2013年度 ジェフレディースU-18 セレクション開催について」(ジェフ公式)
「2013年福袋を初売りで発売!」(ジェフ公式)
「「ジェフィと過ごすクリスマス会」」(ジェフ公式)
「オンラインショップ「2013新春セール」開催!」(ジェフ公式)
「オフィシャルショップそごう千葉店で福袋発売!」(ジェフ公式)


そしてその情報ラッシュのなかに・・!
江尻コーチ就任のニュース・・!

「江尻篤彦氏のコーチ就任について」(ジェフ公式)

コメントはないけれど、ちょっと読みたかったけれど、
正式な発表である。


ジェフサポの中にも、いろいろと微妙な反応の人もいるだろうけれど。
自分は本当にうれしい。
とてもうれしい。


江尻で落ちてしまって、悔しくもあの一年で昇格しきれなかった。
雨のなかで福岡に叩き落された試合もあった。
そして退任。

それでも帰ってきてくれた。
年代代表のコーチを途中で退任する事を、無責任という人もいるだろうし。
すがるしかないフロントを厚かましいとも、コネがないとも、いろんな批判もあるだろう。

けれど、

捲土重来。

ここは江尻といっしょに昇格できるチャンスだと思いたい。



おかえりなさい。

来年、もう一度、江尻といっしょに昇格を目指そう。



テーマ:ジェフユナイテッド市原・千葉 - ジャンル:スポーツ

新監督は鈴木淳監督に決定! そしてそして、コーチに江尻が復帰!?
「鈴木 淳監督の就任について」(ジェフ公式)

いろいろと報道されたりなんだりしたけれども、結果としては、山形/新潟/大宮で指揮を執った鈴木淳氏がジェフの新監督に決定! これで2013年、ジェフは鈴木監督の下でJ2リーグを戦うことに。

なにはともあれ、ようこそジェフへ!
何卒、
何卒よろしくお願いいたします!

決着するまでいろんな報道があって、
そのどれが本当で、どれがガセで、どれがトバシなんかわからなくて、
いろいろと憶測推測妄想はするけれども、
それでもついについにの正式発表!

2013年、J1昇格を目指す新監督の発表ですよ! じゃじゃん!


新潟や大宮時代の鈴木監督について、采配やチーム作りを深く見ていたわけじゃない。
だからあまりはっきりとしたイメージはないけれども、漠然と、
===
・守備は固く。
・攻撃は前線のタレントに依存。
・モチベーターではなさそう。
・低調な時期があっても、いつのまにか帳尻を合わせて残留。
・ブラジル人アタッカーが軸になって活躍。
===
こんな印象がある。
どれもそれだけでは「だからどうした」程度の認識なので、実際のところは、さてさてどうなることか。


木山監督下のジェフが、シーズン終盤に調子を上げてきたときは、高めの位置からのショートカウンター(その多くが兵働からのパスによるもの)だった。
その前段階、ショートカウンターを発動させるきっかけは、前線からの早めのプレス。

そしてこのキッカケを作り出せないときは、最終ラインから中盤にかけてボールを回して敵を釣り出しながら押し上げていくのだが・・しかし押し上げる流れの中では、いまひとつ敵を崩しきれずに「ボールを持たされる(=敵にカウンターを待ち伏せされる)」事も多かった。

鈴木監督が今年のチームにどのように噛み合うのか。
[ミラー⇒江尻⇒ドワイト]のように、がらりとチーム戦術を作り直すのか、どうか。


うまく方向性がつながるといいんだけれど・・・・・・・・


・・・・・・・・
・・・・・
・・

と思っていたら!


なななななんと!!!!


「江尻氏、U―17ヘッド電撃辞任しコーチに!鈴木新監督支える…千葉」(報知)

江尻がコーチとしてジェフに復帰っっっっ!?
えええええっ!?

びっくりだよ、びっくりですよ!
あんな経緯でジェフを離れた江尻に、このタイミングでもう一度オファーというのもびっくりだし!
しかも一度監督を務め、退任した江尻に、コーチでオファーというのもびっくりだし!
それを受ける江尻も江尻だし!

うわああぁ・・・!?

ジェフネタに関しては、比較的淡々とした文章の報知新聞だけど、記事に書かれている通り、まさに「非常識なオファー」なわけだが・・。

江尻が、ジェフに戻って来る・・!
(江尻については公式発表はまだだけど、しかしここ1~2年、ジェフに関する報知新聞の情報はかなり確度が高い)
(しかも26日には協会にその旨を伝えて、了承済み、というくだりも)
(となると、江尻復帰の記事は、ほぼほぼ確実なのだろうなぁ)



となると、2012年の木山監督下のサッカーが、いきなり大転換するという事もないだろう。
あれは、具体的なディテールはもちろん違うとはいえ、しかし大きな方向性では2010年の江尻監督下でジェフがやろうとしていたサッカーと通じるものがある。

ミラー⇒ドワイト、なら通じていくように、
江尻⇒木山、ならつながったように、

来年は、江尻⇒木山⇒鈴木(江尻)という流れの中で、チームを積み上げていくのだと期待したい。



いろいろあったけれども、これで2013年ジェフの大きな骨格は見えてきた。

さあ、ジェフの新体制がやってくる・・!



テーマ:ジェフユナイテッド市原・千葉 - ジャンル:スポーツ

ハシェックとの交渉決裂、新監督はまだまだ決まらず。・・・だけどさ。
「千葉 ハシェック氏に監督オファーも交渉決裂 越年の可能性も」(スポニチ)

交渉事だから、金額で折り合いがつかなければそれは仕方ない。
ハシェックは直近まで中東でお仕事をしていたわけで、その中東の給料レートは高すぎる。さらにその前はチェコのサッカー協会会長も務めていたのだから、そりゃ、格付けだって高い。ハシェック一人だけじゃなく、コーチ陣だって連れてくるだろうし、日本滞在中のさまざまな環境整備だって必要になる。
(嘘か真か、C大阪のクルピ監督、日本ではホテルのスイートルーム暮らしとか、何かで読んだような)

だから。
今のジェフが用意できる予算を超えたリクエストを譲らない場合、そりゃ、そういう監督を招へいしたくてもできっこない。
交渉だから、それはそういうものだ。
仁義や信条とはまた違う。


だけど。

だけどさー。


なんでこーゆー事が、ぽろぽろと外に流れてくるんだろうね?
去年、木山監督に決まるまでにかなりの数の監督候補と交渉して実現にいたらなかった・・みたいなテキストを何度も読んだけれども。しかし去年はそれは表に流れてこなかった。おそらく、その前の年のドワイト監督就任時も同じような経緯だったと思うけれども、その時も他の候補の話がここまで表立っていないハズ。

なのに今年は、あまりにも表に出過ぎる。

関塚氏しかり、小倉コーチしかり、今回のハシェックも、そして今日の交渉決裂!というスポニチの記事には・・「次は石崎信弘氏や鈴木淳氏が浮上」とある。

全てがスポニチの自作自演と言うには無理があるし、
関塚氏の話はニッカンが走って、スポニチと報知が続いた。

あとは、島田社長の町田ゼルビア取締役会殴り込み!報道もあったっけ(苦笑)



「千葉・斉藤TD「強かったときの姿を取り戻す」」(blogola)
この斉藤TD囲み取材では、少なくとも言っていい事悪い事を、斉藤TDは判断してメディアに対応している。

だけど、
「千葉来季監督はハシェック氏か小倉勉氏に」(ニッカン)
この記事では、まだ交渉中のハシェック氏か大宮の小倉コーチかのどっちか、なんて事になっている。

そして、山口智には、
「山口智が語るジェフ千葉の過去・現在・未来」(J SPORTS 元川悦子コラム)

この記事において、
「個人個人が目指しているところにバラつきが感じられるし、それはクラブのフロントもそう。木山さんの体制でやっているうちから次期監督の話がメディアに出たりしているのも本当に辛いし、気分的にしっくりこない。チームも会社も現場もみんなが自分にも人にも厳しくならないと、千葉の再建は難しい。」
と、はっきり言われている。


きっと、ジェフの中の人達は、それが全員ではないだろうけれど、自分達が社会的には「おかしい倫理で仕事している」事が、わからないのだろう。誤字がいっぱいのプレスリリースを流して、それを繰り返し続けて平気なように。

メディアにどのように情報が流れているのかなんてわからない。
お付き合いの中で、しゃべらなきゃいけない事もあるだろう。
スポーツ新聞の記者は、きちんとした会見や質疑応答によるコメント取りよりも、それが終わった後のぶら下がりに重点を置いて、そのコメントで記事をまとめる傾向が強いわけだしさ。そこで言っちゃう不用心なクラブスタッフがいるのかもしれないけどさ。

でも。


今年はあんまりじゃないかなぁ・・。




テーマ:ジェフユナイテッド市原・千葉 - ジャンル:スポーツ

天皇杯、皇后杯、ともに0-1で敗退! ジェフの2012シーズン終了!
天皇杯の福島戦で体調が微妙になって、そのままお仕事のピークに突入。
先週はヒィヒィとなんとか乗り越えたけれども、土曜日、あの冷たい雨と風のなか、お外でお仕事! 朝5時の電車に乗って山の中。携帯とかがあっても、調整事項はやっぱり顔をあわせてナンボだから、関係者各位の間を走り回って雨の中を右往左往。水たまりに、がぼぅ!と靴を突っ込むわ、もう傘をさすのも面倒になるわ、寒くて寒くてホッカイロなんかモノの役にもたたないわ、切ない限りであったことよ。

そんな体で、翌日の鹿島戦。
友人と合流して試合を見ていたのだが・・なんというか、今年を象徴する試合だったように思った。
上手くなった。
ボールをつなげるようになった。
守っては、ドゥトラと大迫にほとんど何もさせなかった。
だけど勝ち切れない。
ドゥトラがまっとうなポストプレイを出来たのは、あの失点の時だったけれども。
しかしそれでやられてしまう。
劣勢になって、攻めに出ようと攻撃の選手を繰り出すも、しかしそれでピッチ上の戦術が変わるわけでもない。同じ戦い方で、より駒数を増やしていく交代。
鹿島としては、楽ではないが負ける試合ではなかった・・という感じだっただろう。

フロントが、
しがらみが、
サポが、
監督が、
選手が、

ジェフの低迷について、いろいろと言われる事は多いけれども、やっぱり今年に関しては、最後の最後は監督であり選手であり、今年のチームの限界があったんだな、と。
それを改めて思い知らされたわけで。

無念、である。


だけど木山監督も、選手たちも、今年はがんばった・・と思う。
おもしろかったよ。

だからまた来年。
どんな監督で、そしてどんなチームになるか分からないけれど、また来年、ジェフはJ1昇格を目指してがんばっておくれ。いろいろと雑音の多いクラブだけれど、それでも、ジェフはそれをひっくるめてジェフなのだから、しがらみを振り切れないのなら、しがらみも因縁も政治も軋轢も、みんな背負って強くなるしかない。

今年一年の戦いは終わったのだから。


来年のチームが、楽しみだ。




そしてジェフレディース。
クラブ史上、初の皇后杯決勝進出、そして最後の最後まで戦っての敗戦。
お疲れ様でした。

これをもって、「主将」の清水は引退。
他にも多くの選手がチームを離れるっぽい。
なでしこのおかげで、女子サッカーに注目が集まっている今、ジェフはレディースをプロ化する事ができないままだ。トップがJ1に昇格したら、それも変わるかもしれないけれど、少なくとも目の前の方針として、プロ化は定められていない。

昼間に働いて、夜に練習し、
平日に働いて、週末に試合を戦う。

それは生半可な事じゃない。

そういうのも含めて、レディースはとてもとてもがんばった。
ジェフの名のもとで、黄色いユニフォームで、がんばった。
ありがとうございます。
そして、お疲れ様でした。

レディースもまた、新しい選手たちのもとで来年のなでしこリーグを戦うのだから。
今は、ほんとに、お疲れ様でした、だ。



これでジェフの2012年の試合は終わった。
益山司の移籍が発表されたように、これからチームを去っていく選手の発表があるだろう。
そして新たに加わって来る選手もあるだろうし、監督の発表もあるだろう。

そうやってフットボールは続いていく。


「益山司選手 移籍クラブ決定のお知らせ」(ジェフ公式)
益山、今度こそ岐阜でチャンスをつかめ。
がんばれ。

「J2千葉、「天皇杯」で番狂わせなるか 弱点はフロントの人材難」(zakzak)
「嫌われてもいい。ジェフ山口智がチームの問題点を指摘した理由  by 藤江直人」(スポーツタイムズ)

こう言われたら悔しいけれど、でもそれもジェフだからさ。
少しずつ良くなっていけばいい。
昔はもっと酷いコメントとか言われたよね。



さあ。
また来年のジェフを楽しもう。

そして、それに向けて、このシーズンオフ・・移籍市場もまた、楽しまないと(笑)



2012年、ジェフの全ての関係者の皆様、お疲れ様でした!




テーマ:ジェフユナイテッド市原・千葉 - ジャンル:スポーツ

天皇杯4回戦は5-0で勝利! そして坂本、おつかれさまでした!
天皇杯、勝ったよ!
勝って4回戦突破さ!
天皇杯にはどーにも良い成績を残せていないけれども(古河時代はともかく)、でもでも次に進出さ!

・・なんだけれど。

土曜日の寒さにやられて、ちょいっと風邪をひいてしまいましたテヤンディ(笑)
だって寒かったんだもんーーーー!
天気予報では雨が降るとはわかっていたけれども、しかし気温は12度とか14度とか、それくらいを示してたから、あの気温に対しては薄着だったのよーーーーー!

試合後にジェフサポの知人と飲んで帰ってきたのだけれども、帰り道で早くも「あ、ヤベ」と・・風邪気を自覚。お風呂にたっぷりお湯をはって、ゆっくり浸かってあったまったのだけれども、それでもダメだったみたいだ。
昨日は会社をお休みしたかったのだけれども、如何せん、今週はお仕事がピーク。
休めるハズもなくお仕事お仕事・・。

あれだよね!
体調不良の種類にもよるけれど、熱気味な時ってかえってテンションあがっちゃうよね!

今日もまだ体調悪くてヘロンヘロンである事よ。


とはいえ、ジェフは福島ユナイテッドに5-0で勝利!
キックオフ早々の敵のハイスパートなプレッシャーに何度かボールを奪われ、そして試合を通して中盤にミスが目立ったこともあり、スコアは圧勝完勝だけれども、試合内容はそうでもない。不運なオウンゴールで先制点、そして谷澤のミドルで2-0とした後も、それでも福島は闘志むきだしでプレイしていた。

それが折れたのは、3-0になった時で、
はっきりと動きが変わったのは、戸島のゴールで4-0になったところだろうか。
3-0以降は、兵働が交代で出てきたこともあってジェフがおもしろいようにパスをつなぎ、まわし、敵をずらしてスペースをこじ開け、サイドを蹂躙。
でもでも、2-0のときに1点でも返されていたら、試合は違う展開になっていただろうな。

やはり兵働は格が違っていたし。
谷澤に米倉は一人で敵守備ブロックを打ち壊していた。
山口智は鉄壁で、岡本も安定。大岩は、危ないシーンもいっぱいあったけれども、詰めているの奪いきれない/防ぎきれないシーンもあったけれども、しかし山口のコーチングのおかげか、無失点に貢献している。

そして戸島。
公式戦初ゴールおめでとーーーーーーーー!!!
長身が目立つ戸島だけれども、そこから想像する空中戦!なプレイではなく、リーチを活かした足元の上手さが真骨頂。藤田を最前線に、その一列下、トップ下とも言えるようなポジションでのプレイが一番はまるのかもしれない。
そういえば、長身の藤田と戸島、二人がヘディングだけでぽんぽんぽんとボールをつないだシーンはおもしろかった(笑)
この初ゴールをきっかけに、来期はぜひぜひ大活躍しておくれ!

あとやはり井出!
なんだかんだで上手いな、やっぱり!
体の線は細いし、守備ラインの一人としては身長もそう高くはないし、本人の持ち味はやはり攻撃だし・・で、期待と不安が入り混じっていたけれども。
どーしてこれが、がんばっていたじゃないか!
間違いなく、山口のカバーリングとコーチングのおかげではあるが、しかし真面目にスペースを埋めてはチャンスを見て前を狙い、谷澤とパスをつないでみたり、ポテンシャルは感じられた。
あとそれなりに両足でプレイしていたのも大きいと思う。
武田にしろ渡邊にしろ、そのプレイはほとんど左足。だからこそ!の、流石のクロスが武器だけど、右があまり得意じゃないから、敵に左をきられるとプレイの幅が大きく減ってしまう。右にボールを回す/つなごうとして、右足でつなぐのではなく、体を回してコースを作って左足で蹴る事が多い。そういう「苦しさ」がある。
井出の場合、そこがかなり「楽」だった。
本当にどこまで両足を使えるかは、もっと見ないとわからないけれど、テクニックの上手さと、それを試合の中で使えるところは素敵。あとは、試合に慣れてもっと積極的に、もっと周囲と連動して、そうすればもっと面白い選手になるだろう。
・・ただ、やっぱり攻撃の方が得意なんだろうけどね。


でもって。
坂本。

本当にお疲れ様でした。

「ジェフが好き」という言葉には、ぐっとなりました。
楽しいこともいっぱいあっただろうけれど、でもジェフでの選手生活なんて・・きっと苦しいことの方がずっと多くて。選手として結果の出ない苦しさもあるでしょうし、本来選手に味わわせてはいけない、政治的な苦しさもいっぱいあったでしょう。

新潟の関係者にどれだけ恨まれた事か。
坂本の性格からすれば、本人もどれだけ悩んだ事か。

でも、オレは坂本が戻ってきてくれて本当にうれしかった。
坂本は「ジェフのユニフォームを着て引退できる事が嬉しい」と言ったけれども、自分も「坂本がジェフのユニフォームを着て引退してくれる事」が、本当に本当にうれしい。

またジェフで会えると信じてます。


長い間、ありがとうございました。





「オーロイ選手契約満了、帰国のお知らせ」(ジェフ公式)
オーロイお疲れ様でした!
いや、ほんっとーーーーーーーに記憶に残る選手でした!
初来日時の深井との2ショットはびっくりだったし、まるでエヴァンゲリオンか巨神兵か!?というようなJ's GOALの写真はかっこよかったし、さすが北欧!サンタの帽子がめちゃくちゃ似合ってたし! 試合前や後も陽気に他の選手と絡んでいたし。
何よりも、空中戦では天下無敵。
足元も上手いし、気持ちもアグレッシブだし。
個人的にはもっともっと見たかった選手でした。

・・でもなぁ・・。
オーロイがホントに活躍するには、J2の審判じゃ無理だよなぁ・・。普通にジャンプするだけで、すぐにファウルになる事が多くて、本人は随分と窮屈な思いをしたんじゃなかろうか。
そして長身を支える足腰も万全というわけではなく。

いやでも、大好きな選手でした。
ジェフに来てくれてありがとうございます! オーロイ!

コメントのように、ほんとにまたすぐに会えるといいな!と思います。
オルデネビッツが今はスカウトをしているように、スコルテンがフェイエノールトで指導者をしているように、今後もオーロイがサッカーに関わり続ける中で、またジェフとつながってほしいと思います。

・・ライバルチームに加入して、恩返しの強烈ヘディング弾! は勘弁してね(笑)


「リカルド・ロボ選手の帰国について」(ジェフ公式)
そしてロボも退団。
期待したんだけどなぁ・・木山監督の求めるものに何かが噛み合わなかったのか。
確かにリーグ戦でロボのプレイを見たときは、周りと連動しきれず、パスもずれたり、ポストプレイもずれたりで、イマイチではあったけれども。
しかし惜しいシュートもいっぱいあって。

うーん・・。
残念である。

しかし。
このジェフの公式HPの酷さはなんだろうね・・・・・・。
仮にもジェフに所属してくれた選手が退団するときの、公式リリースがこれ?

一時よりずっとまともになったジェフの広報だけれども、これはあまりにも酷くないか。



テーマ:ジェフユナイテッド市原・千葉 - ジャンル:スポーツ

明日は天皇杯、福島ユナイテッド戦! 正真正銘、今年最後のフクアリ!
明日は福島ユナイテッド戦。
試合後には坂本の引退セレモニーが予定されているけれど、それはそれでとても思うところはあるけれど、しかしやはりその日の「催しもの」は天皇杯であって。

天皇杯は、決して引退セレモニーのオマケではない。

負ければ、そこで今年のジェフは終わってしまう。
木山監督とはそ瞬間をもってサヨナラとなり、週が明ければ移籍していく選手や退団していく選手の発表が新たに飛び込んでくるかもしれない。
プロである以上、目の前の試合を真剣に戦うのが本筋であって、
ジェフサポとしては、相手が誰であれ、それが福島であろうがSAGAWAであろうが鹿島や磐田であろうとも、消化試合なんかではありやしない。


そう、なんだけれども。
でも。


「J2千葉・山口智 坂本に送る白星を 15日福島戦」(スポニチ)

ああしかし、
その日をもって引退をサポに告げる坂本に会うために、自分はフクアリに行く。
決して試合を軽んじる気はないと己に言い聞かせつつ、だけどだけど気持ちは引退セレモニーに向いてしまう。


偶然、なのだろうけれども、今日、ジェフのOBであり札幌のOBでもある野々村氏が、札幌の社長に就任!?という報道がなされた。
「札幌が野々村氏招聘!Jクラブ初OB社長」(ニッカン)
「社長に野々村芳和氏!球団OB就任は史上初…札幌」(報知)

坂本自身は指導者・・コーチや監督を目指す、というようだけれども、自分としては、監督として戻ってきてくれ!というよりも、社長として戻ってきてほしいなぁ・・と思う。
巻や崔龍洙、ハースとかだったら、監督や指導者として戻ってきてくらたら嬉しいけどね。


坂本のためにも。
そして昇格を成し遂げられなかった今シーズンに、少しでも形を残すためにも。選手個々にとっては、少しでもプロキャリアを伸ばすためにも。

明日の天皇杯は、ひたすら・・勝利を目指し、がんばれ。





ところで。
エルゴラによると、井出遥也が左SBでスタメンかも!?との事。
坂本に武田に渡邊、みんな怪我しているから・・だろうだが。攻撃的なイメージの強い井出が、どれだけ最終ラインで守備に奮闘できるか、気になってしまう。そしてその守備をこなしつつ、どれだけ自分の持ち味である攻撃で活躍できるか。

天皇杯のSAGAWA戦では佐藤祥がスタメンフル出場で奮闘した。
今度は、井出の出番!

ぜひとも頑張っておくれ!



・・できれば町田や佐藤祥も見たいなぁ・・。
そしてそして、個人的に、ぜひぜひ戸島の出場にも期待したいのだが・・はてさて、どうなるだろう・・。




テーマ:ジェフユナイテッド市原・千葉 - ジャンル:スポーツ

“隊長”坂本の引退セレモニーが、今週末! 天皇杯 福島U戦の後に!
坂本の前に背番号#2を背負っていた中西は、やはり当時のジェフを代表する選手で・・異論はあるとは思うけれども、江尻の次の「ミスタージェフ」だったと思う。その中西は、いろいろあって、横浜FMに移籍し、ジェフで引退セレモニーとかはできなかった。

立石は、ファン感謝デーでの引退セレモニーで、PK合戦。
ボスナーが、情け容赦ナシ、問答無用の強烈PKを打ち込んでいたハズ。
齋藤は、フクアリで引退セレモニーができたっけな。
茶野は、シーズン中には特にそういう発表はなかったけれども、しかし最終戦後のフクアリでサポからダンマクを渡され、羽織って歩いている姿を見て、そうなんだね、・・と伝わって来るものがあった。


そして、坂本。

「坂本將貴選手 引退セレモニー実施について」(ジェフ公式)

J2のリーグ戦と、プレイオフ。
さすがにプレイオフの試合後にセレモニーは無理だから、クラブとしてもどうしようか悩んだだろう。
本人も、昇格か否か!がかかっているリーグ戦~プレイオフの流れの中では、そういう話があっても辞退しそうな気もする。もし自動昇格が決まっていたら、別だったんだろうけれども。


だから、もしセレモニーをやるとしても、立石の時のように来年のファン感謝デーとかそうなるのかな?と、ちょっと思っていた。
思っていた・・のだけれども。

なんと、天皇杯でセレモニーですよ! 天皇杯!

Jリーグの試合と、天皇杯とでは、運営主幹が違うというのに!
そりゃクラブはいっしょだけれども、ほらいつもスポンサーの看板やアナウンスDJも違うじゃないですか!
だから正直、まったく可能性を考えていなかったのに!

天皇杯での!
坂本の引退セレモニー!



坂本の、引退を伝えるコメントは、心にじんときた。
この引退セレモニーでは、坂本の今までの活躍のダイジェスト映像が流れるという。
そして、選手としての坂本の、サポへの最後のメッセージ。

あの甲高い声で。


この日が最後になる。



おつかれさまでしたと、ありがとうございましたと、せめて拍手で見送るために、
土曜日は、天皇杯、必ず・・フクアリに行く。



テーマ:ジェフユナイテッド市原・千葉 - ジャンル:スポーツ

ジェフの新強化担当者は、まさか、まさかまさかの、唐井氏復帰!?
「千葉が仰天人事!町田から元GMをアポなし“強奪”」(スポニチ)

二日酔いでぼやけた頭も吹っ飛ぶ仰天人事。
あの唐井氏が!
祖母井さんがジェフのGMを退任するにあたって、推薦されて後任に就任し、しかし淀川元社長に解任された?辞任した?・・不可解な流れでジェフを去った、あの唐井氏。
しかも去年は町田のGMを務め、そして記事によれば町田の「営業統括本部長兼ファイナンシャルオフィサー」を現任であるという唐井氏。

それがいきなりびっくり、ジェフの強化責任者に就任!?


びっくり仰天、驚天動地!!!


いったい、何がどうなってるのぉおぉぉぉぉお・・・・・・・・・・・!



少なくとも、事前に唐井氏とジェフサイドとは合意していたのだろう。
しかし町田フロントと調整する時間がなかったため、先方の取締役会に「乗り込んだ」のだろう。

まさに強奪!

いまだかつて、こんなに「強奪」らしい移籍劇はあっただろうか!? いやない!(反語)


選手や監督の移籍にあたっては、いろんな遺恨が残ることが多い。坂本の復帰劇によって新潟サイドとしてはジェフに対して印象は良くないだろうし。ジェフとしては、ベルデニック監督の引っこ抜きによって名古屋サイドへの感情は悪化したし。個人的には、イビチャのあの一件のせいで、日本サッカー協会に対して好意を持つことは無理だろう。

今回の一件で、町田サイドがジェフに対して抱く環境は、想像するまでもない。

だけど、それだけの事をあえてしてしまった。
しなきゃならなかった。

ここまでしなきゃならなかった、ということは、つまり・・それだけ深刻な背後事情があるってことだ。
でもって島田社長はそれだけ追い詰められている、とも思ってしまう・・。

ジェフのフロントの迷走といえばそのとおりなんだが。
そうせざるを得ない背後事情の方が、よっぽど恐ろしいものだ・・。



スポニチでは「新しい強化責任者」ではなく、「新しいGM」とある。
「GM」ってことは、チームスタッフ/編成への人事決定権をもち、予算の差配を握り、「監督」ですらもその権限化の下位職って事になる。
古河電工とJR東日本という二つの親会社をもつジェフにおいては、GMはその二つの親会社との政治的な折衝も必要になるだろうし、軋轢や圧力やしがらみのなかで立ち回らなければならない。

一度離れた縁にもかかわらず、戻ってくれと頼んだ島田社長。
そして、町田に不義理をするにも関わらず、戻ってきた唐井氏。


オレはジェフのサポだから。
町田には、何も言えない、町田サポに罵られてもごめんなさいしかない。
だけど
島田社長と唐井氏を、応援します。


がんばれ・・・!



がんばってくれ・・・・・・・・・!






※でも、記事の通りに、本当にほんっとーにアポ無しで突撃っても信憑性どうなのかしら?(苦笑)
※いくら他クラブの社長が乗り込んできたからって、【取締役会】だよ? 部外者絶対立ち入り禁止だろ。
※それにさー。
※こういう情報をぺらぺらしゃべってるのは誰かしらね?
※島田社長は、そういう獅子身中の虫とも、立ち会わんといけんのか・・。つらいなぁ・・・。



テーマ:ジェフユナイテッド市原・千葉 - ジャンル:スポーツ

坂本引退! ・・関塚新監督は交渉破談!
坂本ぉぉおおおおおおおお!
「千葉の坂本「隊長」今季限りで引退…10日にも発表」(スポニチ)

坂本は大好きな選手で、大好きで、
新潟からジェフに戻ってきてくれた時は、そりゃたしかにいろんな遺恨や問題ではあったけれども、しかしすっごく嬉しくて。右に左に中盤の底に、スクランブル時にはCBと、そりゃもうここ10年、八面六臂の活躍で。
いつもがんばって、がんばってくれて。
試合後に選手たちがぐるりと回るときには、勝っても負けても、いつも先頭を歩いて、
サポの声に両手で応えてくれて。

いや、あの口ひげは似合わなくね?とはずっと思ってるけれど(苦笑)

でも、すっごくすごく、大好きな選手だった。
上手い下手とかそういうの抜きに、ああやってがむしゃらにがんばる姿勢と、落ち込んで凹んでいる事は伝わってもしかし諦めないことも伝わってくる表情とか、すっごく大好きだった。


「なんでそんなに坂本が好きなの?」と元奥さんに聞かれたときに、
「がんばるから!」
と応えたっけ(笑)


その坂本が引退。
引退。

報道によれば、今日にも発表・・との事。



あああああ。

確かに去年も今年も、出番は著しく減ってしまって、
そして試合に出てきた時も、流石の試合勘や経験はピッチで見せてくれたが、しかい一瞬のスピードやスタミナは・・隠せなくて。
怪我も多くなっていたし。
その決断は已む無し、なのだろう。


お疲れさまでしたとしか言いようがない。
ありがとうございましたと、感謝ばかり。

走るジェフを象徴する選手であったと思う。
巻が、坂本が、走り続けるから、他の選手も引っ張られていたと思う。

引退しても、選手という立場から身を引いても。
今後もジェフに関わってください。


おつかれさまでした。




===<関塚新監督は交渉決裂、破談!>===
「関塚氏 千葉と破談 フロントと強化部のチーム編成方針に不信感」(スポニチ)
「関塚氏の監督就任交渉が破談…千葉」(報知)
「関塚氏 千葉監督就任断る!」(中日スポーツ)

交渉事だから、決裂する事はありえるわけで。
だからものすごく残念ではあるけれども、譲れないところは譲れないのだから、詳細を知らない以上は何も言いようがない。

例えば、ジェフの予算を超える強化費をリクエストされたら、そりゃそんなバックアップは無理!ってもんだし。関塚氏が「選手編成の主導権をくれ!強化部はその手足としてバックアップしてくれ!」などとリクエストしても、ジェフの組織論として受け入れられないって事もあるだろう。チームコンセプト&選手編成を、ジェフフロントが握るのか、それとも監督が握るのか、という問題もある。強化責任者(GMでもTDでも)が絶対権限をもつと、今度はその個人が離れた時に、組織としては崩壊する。祖母井さんがジェフを離れた時が、まさにそうだよね。

だから、残念至極!ではあるが、致し方ない事は致し方ないのだけれど。


でもさ。
こういう事が、こういう風に報道される事、それ自体がおかしいよね?

関塚サイドがこうまで情報をリークしてどうこうするメリットも微妙だし。
関塚氏招聘を狙っていたジェフフロント主流が、自らの恥を自ら晒してしかも「フロントと強化部への不信感」というトーンにするハズもない。
となると、一番可能性が高くて、一番そうと思いたくなかった・・フロント内の不満分子の蠢動策謀を疑いたくなってくる。
ィャーン。
陰謀論は嫌いだ(笑)


島田社長には、がんばってください・・と、願うばかりだ。



テーマ:ジェフユナイテッド市原・千葉 - ジャンル:スポーツ

ジェフの新しい強化責任者に、斉藤スカウトが就任?
今日のエルゴラ。
それとスポニチ。
この二つで報道された、斉藤スカウトの強化責任者就任、というネタ。

「J2千葉 スカウトの斎藤氏が来季から強化責任者に就任」(スポニチ)

外部からの招聘が上手くいかない場合は、清雲さんもしくはこの斉藤さん、どちらかが強化責任者になるんだろうなー・・とは思っていたので、意外ではないけれども、しかし。
斉藤さんのがんばりや三菱養和コネクションによって、田鍋の強化指定(名古屋加入したけど)とか、高橋峻希の期限付き移籍とか、専修大とのコネクション強化(それによる栗山獲得や、長澤他の練習参加)とか、大岩の獲得などなど、よくぞ!と思う積み重ねができているだけに、より一層、スカウトに専任してほしい気もしたりするする。
贅沢だけど(笑)
ご本人の希望は無視!な、無責任サポの願いだけれど(笑)

もし本当に強化責任者に就任したら、それはそれで、新人獲得だけではなくそれこそトップチームの戦力編成にその手腕を発揮するのだろうが、ジェフの将来を支えるであろう新人獲得は・・そりゃもう、ねぇ、期待したくなるわけで。
(ジェフでデビューして活躍してくれる若手って、応援したくなるじゃないですか!)

ぬぬぬ、と。


とはいえ、エルゴラによると、島田社長としては引き続き外部からの招聘も考えているらしい。
サッカー界にコーチやスカウトは数多いけれど、クラブの強化責任者を全うできるであろう人材は、やはりそう多くはないだろう。そういう人材が今のジェフに来てくれるかと思うと、それはそれで悩ましいのも確か。


その一方で、選手の契約更改はしなきゃいけないし、来期の新しいチームの戦力構想/編成もしなきゃいけない。
時間的なタイムリミットもある。

だから、このままズルズルと外部の人材を探し続けて、手遅れになるよりは、斉藤スカウトにお願い!、という事だろう。それが暫定的なものなのか、正式にこの先数年間を預けるのか、それはわからないが。



現在の選手たちとの契約交渉は、斉藤スカウトが臨んでいる、との事。




さて。
ジェフの新体制はどうなることやら。





※どれだけ水面下で新監督/新コーチが決まっていたとしても、正式発表は、天皇杯の終了後、だろうなぁ。




テーマ:ジェフユナイテッド市原・千葉 - ジャンル:スポーツ

ジェフを去る人、来る人。・・新監督は関塚氏濃厚。
プレイオフの敗戦後、相も変わらず、ぽっかり感、虚脱感、燃え尽き感で、サッカーニュース全般をほけー・・っと眺めて続けているわけですが、

おはようございます。
この時期はドライアイが酷くて酷くて、会社についたら何より先に机の上の小型加湿器スイッチオン!
目が痛い・・。


まぁ、いつまでもぽっかり感のままでいるわけにもいかず。
だって来週には、再びジェフの公式戦・・木山監督の元で戦う天皇杯だもんね!
もう一度、こう、テンションを高めていかねば、なのだけれども。

その木山監督の退任は既に発表されて。
でもって、木山監督と共にジェフを支えた木澤コーチに志垣コーチ、そして芦川GKコーチの退任も発表。
「契約満了スタッフのお知らせ」(ジェフ公式)

ありがとうございました。
木澤コーチは、ジェフで現役って古河電工時代からだから6年なのか。攻撃的なサイドの選手で、C大阪でもがんばってた印象がある。江尻とか新村とかと同じころだよね。だからコーチとして戻ってきてくれて嬉しかった。サッカー界の人事はとてもとても流動的だから、これで縁が切れるんじゃなくて、またどこかでつながって・・そしていつか、ご縁があればまたジェフに戻ってきてほしい。
志垣コーチも。初めはミラー時代にちょっとだけ通訳として絡んだのがジェフとの縁のはじまりで。それ以後、ドワイト監督下にコーチとして入閣、今年もがんばってくれた。試合前の練習とかで、よくボールをもって選手といっしょにピッチに立ってる姿を覚えてる。
そして芦川GKコーチ。ジェフのGKは、立石/櫛野/岡本と、あまりGKで苦戦していない印象があるが、その功労者の一人だと思う。かつては育成部普及コーチやアカデミーGKコーチなども務めていたのだから、できればアカデミーに残ってほしいなぁ・・と思ってみたり。

ほんとうに、皆さん、お疲れ様でした。


そしてもって。
「契約満了選手のお知らせ」(ジェフ公式)

青木孝太。
あの、甲府での体ごとゴールに飛び込んでいくシュート。喜んだジェフサポで柵がグンニャリ!・・あれはずっと覚えてるだろうな。センセーショナルだった野洲から、イケメンFWがジェフに来てくれる!っていうので、すっごく楽しみだったっけ。調子ノリ世代として、現大分の森島と共に、世代別代表でも活躍。
コメントの、「これから先も千葉の事をずっと応援しています」というのは、じん・・とくる。
他のクラブでも、活躍してください。
他の色のユニフォームの青木も、応援する。

益山司。
なかなかジェフでは出番がなくて、江尻監督の下、Away磐田戦で先発。村井にやっつけられてしまって、前半で交代した試合があった。あの試合、車飛ばして見に行ったな。大分や松本に期限付き移籍をするも、そこでもポジションを奪う事はできず。
まだまだサッカーを続けるみたいだから、諦めずに、がんばってくれ。

佐藤慎之介。
公式戦では出番がなくて、あまり自分も記憶が無い。唯一印象に残っているのは、三木社長といっしょに、佐藤と戸島とで新年の餅つきをしてたところか(笑) あのとき、「戸島と佐藤って、すっげー顔が似てるな!」って思ったっけ。
もしかしたら引退してしまいそうなコメントだけれども。それが別のクラブでサッカーを続けるのであれ、それとも本当に別の世界にチャレンジするのであれ、好運であることを祈ります。


まだまだ、移籍や、契約満了の追加発表もあるかもしれないけれど、
本当に、
皆さん、ありがとうございました。

また、何らかの形でジェフで会おうね!




そして・・。

「関塚氏 千葉監督に就任濃厚!チーム五輪でJ1昇格目指す」(スポニチ)
「関塚氏 古巣の監督就任流れて現実味を帯びた千葉の話」(スポニチ)
「新監督に関塚氏 すでに合意、五輪代表スタッフ入閣へ…千葉」(報知)

プレイオフ前にニッカンの記事があって。
その後、鹿島の新監督か!?という話もあった関塚氏。
昨日だっけ、鹿島の新監督はブラジル人候補に!という報道があり、そして今日。

今日は、ジェフの情報については公式性(スポニチ)と実績(報知)のある二紙で、同時に、且つ・・スタッフ人事まで含めた濃い内容。なんとなく情報の流れが透けて見えるようでニヤニヤだけどさ(笑)


これが本当に実現したら。
ジェフの新監督が、関塚氏&その側近メンバーだとしたら。
ジェフのフロントと経営陣は、この先数年間を・・それこそ昇格してもできなくても、彼と共に進む、という決心したのだろう。

だって関塚さんは、千葉県八千代市出身。
オリンピック代表監督経験もある。
そのような「地元」にゆかりのあり、日本のサッカー界においてもそれなりに名が通って格のある人を、無碍に扱うわけにもいかない。


さて。
さてさてさて・・!

本当に関塚新監督に決まるのか。
そして、ジェフは、関塚新監督のもとで、どのようなチームコンセプトでまとめていくのか。


クラブとして。
がんばれ、ジェフのフロント!







・・って、そういえば、ジェフの新しい強化責任者(GM?TD?)も、決まってないよね(苦笑)


テーマ:ジェフユナイテッド市原・千葉 - ジャンル:スポーツ





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。