Hang Tough
ジェフが好き、旅行も好き、仕事もがんばろう、うん。
プロフィール

khou

Author:khou
本好き、旅行好き。
でもここ数年、ずっと旅行に行けてない・・。

twitter、はじめてみました。

@khou_hangtough



ジェフ千葉_試合情報



ジェフ千葉_試合日程



最近の記事



月別アーカイブ



カテゴリー



ブログ内検索



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

キャンプ中のひとやすみ 鍾乳洞ツアーにカヌーにサッカー対決!
石垣島、そして沖縄本島と、場所を変えて二段階のキャンプというのがここ数年恒例のジェフ。
で、昨日はその石垣島キャンプもひと段落で、最後の一日はまるまるオフに!

ってなわけで、佐藤勇人のfacebookだったり、兵働のblogだったりでは、そんな選手たちのつかの間のリラックスムードが書かれてます(笑)

いやさ。
別にさ、オフだからこそさ。
そういう小ネタを、ジェフ公式でレポートしてもらいたいなー・・
なんて思ったりするんだけどなー、
難しいのかなー(苦笑)

でも、今回に限っては選手たちではなく公式では監督やコーチ陣たちの懇親サッカー対決がレポートされてるので、それはそれで良し!だろう(笑) ある意味分担作業と言う事で。


佐藤勇人のfacebookによれば。
レンタカー2台に分乗して鍾乳洞ツアーの選手たちがいたらしい。
おそらく5~8人くらいの編成だね。
鍾乳洞はけっこう上り下りがあるし、道が狭かったり不安定だったりするし、そして外気温に比べて中はすげー寒かったりするので、転んで怪我や風邪など引いてなければ良いが・・まぁ、そんな心配は無用だろう。
でも石垣島って鍾乳洞があるとは知らなかった。


「オフ」(兵働公式)
でもって兵働のblogにはカヌー組。
メンバーは、兵働/竹内/山口慶/田中/碓井/大岩。
竹内&大岩ペアのカヌーは転覆!
兵働&碓井ペアのカヌーは座礁!
こちらはこちらでなかなか波乱万丈なアクティビティだったようだ(笑)
カヌーや公園のボートって、漕ぐのが上手い下手ってあるよね、そういえば。あれはなんなんだろう。使う筋肉?神経?バランス感覚?・・そういった体の回路が、普通の運動(特に球技)とは別のものな気がする。


「キャンプレポート Vol.9」(ジェフ公式)
そして監督やコーチ陣は、石垣島のメディア関係者たちとサッカー対決!
「試合後は疲れ果てて声も出ず」・・とあるけれども、誰か一人くらいはコメントもらっておくれよー!
もしくは誰がゴール決めたとかさ。2-1で勝ったそうだが、鈴木監督と江尻が1点ずつ取ってたりしたら、それはそれで面白いじゃないか。そういうちょっとしたサービス精神を、ジェフ公式の中の人、お願い、プリーズ!



その公式のキャンプレポートでは、先日のBBQの様子も追記。
どうやらお肉は石垣牛。
しかも千葉市の熊谷市長からの差し入れだそうな!

熊谷市長、素敵!

深井/谷澤/米倉のテーブルでは、米倉がお肉をがっついているのも谷澤のヘン顔も、らしい感じ(笑)
山口智の右手のお肉は、めっちゃ大きくて色もきれいで、すげー美味そうだし!
横一列に並んだBBQ台で焼いている写真では、町田と戸島の身長差がすごい(笑)
高橋峻希のtwitterでは、はしゃぐ井出とその向こうの大塚の写真。・・というか、大塚はこういう時もこういう表情なのね(笑)


選手たちが楽しそうで良いことであるよ。



今日からは沖縄で二次キャンプになるけれども。
週が明けたら練習試合!

怪我のないキャンプが続きますように!



スポンサーサイト

テーマ:ジェフユナイテッド市原・千葉 - ジャンル:スポーツ

石垣島キャンプ完遂! 今日はオフで、明日からは沖縄キャンプ!
先週の1月23日(水)から石垣島でのキャンプが始まり、一週間が過ぎた。
その間、サッカー教室があったり、突然獲得が発表されたジャイールが合流したりとあったけれども、どうやら怪我人もなくそれなりに順調にきているようで。
今日・・1月30日(水)はまるまるオフとなり、明日からは沖縄キャンプ。
沖縄キャンプでは、気になる練習試合も予定されている。

「キャンプレポート Vol.8」(ジェフ公式)
「トレーニングマッチの予定について」(ジェフ公式)

この時期の石垣島は比較的天気が悪い層だけれども、東京に比べてやはり暖かく。
米倉なんぞは、昨日はノースリーブだそーですよ!
自分なんかは喉を腫らしてマフラーぐるぐる巻きだというのに!

そして28日(月)の夜にキャンプに合流したというジャイールは、29日(火)の朝にみんなにご挨拶。
今年のジェフの浮沈を握る選手なだけに、早くチームに馴染んでおくれ。
南西商会様のtwitterによれば、ずいぶんと人懐っこい様子!
ウェルカムボードに大喜びして、南西商会様のお子様をハグ!してみたり、自分のfacebookを紹介してくれたりと、かなりフレンドリー(笑) あとで自分もジャイールのfacebookを見にいこう。


そのfacebookといえば、選手みんなでBBQをしたそうな!
田中佑昌(2月3日生まれ)と渡邊圭二(1月28日生まれ)のバースデー祝いも兼ねて、キャンプ中のオフのリラックスムード。二人でケーキ入刀というのも面白い。

キャンプレポートによれば、鈴木監督のキャンプの目的の一つが「コミュニケーション」だそうな。
特に“隊長”坂本が引退した今となっては、勇人や山口智が積極的にみんなに話しかけ、会話を作っていく事になるだろう。

苦しい時に、チームが煮詰まってギシギシと空気が軋むようなチームではなく。
そういう時でもコミュニケーションがとれるチームになればいいな、と思う。


去年は一度も練習見に行けなかったから、今年は見に行きたいなぁ・・。




テーマ:ジェフユナイテッド市原・千葉 - ジャンル:スポーツ

新ブラジル人FW加入! その名はジャイール! ジェイアールじゃないよ!
昨日、駄々ッ子モードで、ブラジル人FWまーだーーーー?と唸ってみたら、
そのまさに昨日、来ました、来ちゃいましたよ、新しいブラジル人FWが!

「ジャイール・エドワルド・ブリト・ダ・シルバ選手の加入について」(ジェフ公式)

2012年Kリーグでの実績はこちら。
「2012 K-League Statistics」(wiki)

英語版wikiにおける過去の実績に微妙な嫌疑や誤表記があるとかないとか目にしたけれども、
しかし2012年における韓国Kリーグにて、44試合18ゴールは間違いない! 崔龍洙率いるFCソウルに所属するデヤン・ダミヤノヴィッチがなんと31ゴールだから、倍近い差をつけられているとはいえ、しかし18ゴールは十分に立派な数字。FCソウルは2012年の優勝クラブ。対して、ジャイールが所属していた済州ユナイテッドFCは6位であり、チーム力の差を考えてみても、その分、評価を上乗せしてもいいだろう。

でもって、あちこちのジェフサポが見つけてきたweb上の映像はこんな感じ。

「Jair Eduardo - First Half of 2012」(youtube)
「Atacante Jair #11 - 2010/11」(youtube)
「Jair Eduardo Britto da Silva.flv」(youtube)
「Entrevista com Jair Eduardo - Reportagem Patrícia Porciúncula」(youtube)

去年のKリーグでの活躍を見るなら一つ目のyoutubeで、
二つ目や三つ目のyuotubeではブラジル時代の活躍を見ることができる。
そして四つ目は、ジャールが済州ユナイテッドFCのユニフォームを手に、ブラジルのTV番組でインタビューを受ける様子。

そこで話がちょっと戻るのだけれど。
ジャイールの英語版wikiでは、過去実績がこうなっている。
===
2007–2009 ABC 24試合(22ゴール)
2009–2011 Brasil de Pelotas 34試合(29ゴール)
2010 → Ponte Preta (loan) 13試合(14ゴール)
===
しかし、調べた人によればそれらしき実績がないんじゃないか?との事。
実際、このサイトではブラジル時代の実績は2ゴールしかカウントされていない。

「JAIR」(SOCCERWAY)

だけどさっきのyoutubeを見ると、2ゴールどころじゃなくてもっといっぱい点を取ってるよね。
かつ7試合出場2ゴール程度の実績のFWに、わざわざTVがインタビューするのかな、とも思う。
そして四つ目のyoutubeのインタビュー内では、ジャイールが、2009年に受賞したトロフィーが映っている。トロフィーに書かれている文字を手掛かりに調べたが、どっかの雑誌の期待の新人賞みたいなニュアンスかしら。


よって、
「TVがインタビューする価値のある選手」であり、
「2009年に何かしらのトロフィーをもらう程度の実績のある選手」であり、
「Kリーグで、6位のクラブに所属しながら18ゴール9アシスト」であるわけだ。

うん!
期待したくなるじゃないか!



この選手のプレイを見てると、4-2-3-1や4-1-2-3等で左ワイドな位置のアタッカーとして起用を夢見てしまう。カウンター時に突っ込んで行ってもらったり、中央のCFのポストプレイから裏に抜けたりといいったプレイ。
まさに2010年江尻ジェフの頃の、ネットの左右で倉田や谷澤やアレックスが攻撃に絡んでいたイメージ。
効き足は右足のようだけれども左足でもいいシュートを打つ。
大塚や戸島を中央に、片やジャイール、逆サイドに谷澤や深井といった組み合わせも楽しそう。
2トップもありだろうしね。

それに昨日、1月28日(月)からもうキャンプに参加しているというのも素敵!
(南西商会様によると、全体練習後に一人顔を出して軽く走ったいう感じだったそうな)


これで外国籍選手は金と南に続いてジャイールが加入。
枠的にはあと一人補強できるけれども・・そこはどうなのだろう。
藤田に代わるポストプレイの素敵なCFを!と個人的には望むのだが、はてさて。

ジャイールという補強が、どのようにチーム構想に則ったものなのかも気になるよね!
特に、藤田の移籍前の構想か、移籍後のものかで、大きく意味が変わってくるハズ。
藤田の移籍前・・のジャイール補強案であれば、更なるCF補強があり得るし。
藤田の移籍後・・の補強であれば、去年とは戦い方や布陣を変えてくる可能性が高くなる。


ジャイールが、ジェフの昇格への大きな力になってくれますように!



しかし・・。
済州ユナイテッドFCは、英語でJeju United FC。
JEF UNITEDとスペルがほとんどいっしょじゃん!!!
・・とジェフサポの誰もが思ったハズ(笑)

テーマ:ジェフユナイテッド市原・千葉 - ジャンル:スポーツ

石垣島キャンプでサッカー教室開催! そして勇人も全体練習復帰!
ブラジル人FWの補強はまーだー? と駄々ッ子のような気持ちをおさえつつ、まずは今の選手たちがどのようなチームを作っていくのか、キャンプレポートを読みながらワクワクの今日この頃。
サッカー専門誌の補強評価では「昇格しようという意気込みは感じられず」と書かれ、一部の戦術評論ブロガーさんには去年のジェフは自爆!フロントぐだぐだ!藤田抜けてどーすんの!と書かれ、そんなのいちいち偉そうに書くなーっ ムキー! ジェフサポが一番悔しいんじゃ、もどかしいんじゃー! と裸足で有名なゲンのごとく、ぐぎぎぎとあいなる次第であって。
作者のご冥福をお祈りいたします。

ジェフサポよ、麦じゃ、麦になるんじゃ!
どんなにバカにされても、選手が移籍しても、フロントがぐだぐだでも応援するんじゃ!

・・と言いつつ、でも最近はフロントも徐々に改善されてきてるよね。
相変わらず広報というか公式HPのぐだぐだっぷりはあれだけれども、プレイオフに勝てば監督続投、負ければ監督交代という以上、プレイオフ最終戦までもつれこんでしまったからには、新体制の構築が遅れるのは致し方ないし。そういうところに嵌り込んでしまった事自体を反省すべきだけどさ。昇格を託す監督に「プレイオフに勝っちゃったらオファーしないけど、負けたらよろしくね」なんて事もできるハズもないしね。
去年のフロントで一番ぐだっていたのは、神戸TDに代わる後任の新強化担当を早いうちに決めきれなかった事だろうな、と思う。それが最も大きくて、それがものすごく尾を引いたんじゃなかろうか、と。その背景を踏まえると、そこから現状戦力の流出を最小限に抑えた斉藤TDは、まずは良く頑張ったと思う。
兵働と大塚の完全移籍。
高橋峻希の期限付き移籍延長。
これを達成しているし。

問題は・・FWである。
荒田の期限付き移籍満了や、久保の鳥取延長という判断は、藤田が今年も「ジェフで戦う」という前提だったのだろう。しかしそこはJ1様のオファーの前に予定が崩れてしまった。

よって。
しょっぱなの。

藤田に代わるブラジル人FWの補強はまーだーーーーー? まーだーなーのー?
と自分の心は駄々ッ子モード(笑)

フロントとしてみれば、「藤田がいる上でのFW補強」と「藤田がいなくなった今、それを補って去年を上回るFW補強」だと、選ぶべき選手も大きく変わってきてしまうだろうから。
大変だけどがんばってくださいませませ。


戸島や大塚の飛躍には期待しつつも、しかしあえて言えば、主軸となるFW不在のなかでキャンプは続く。

「キャンプレポート Vol.3」(ジェフ公式)
「キャンプレポート Vol,4」(ジェフ公式)
「キャンプレポート Vol.5 ~サッカー教室~」(ジェフ公式)
「キャンプレポート Vol.6」(ジェフ公式)

そして毎年、レポートを書いてくれている「南西商会」様もblogにて!

「2013ジェフの石垣島キャンプスタート」(南西商会様)
「2013ジェフ千葉石垣島キャンプ3日目午前練習」(南西商会様)
「2013ジェフ千葉石垣島キャンプ3日目午後・サッカー教室」(南西商会様)

twitterではちょこちょこtweetされていたけれども、twitterは・・ほら、blogに比べてずっとずっとプライベート色が強いから引用するのに微妙な気がしてしまって。
ってなわけで、blogにエントリーがUPされたので、ご紹介ですよ!

注目はサッカー教室!
プロ選手が基本的には全員参加のサッカー教室だなんて、子供たちにとっては夢のようじゃないか!
みんなめっちゃ笑顔!
勇人は少年にどすこい!と体当たりされて悶絶!
米倉もいい笑顔だし、兵働はにっこにこにこしてる。
大塚は、・・楽しそうなのはわかるんだけど、もうちょっとはっきりと表情で笑おうね!
高橋峻希も竹内も山口智も笑顔だし、町田も大久保も、江尻も金?南?もみんなにこにこである。
櫛野が見えなかったのはコンディションのせいかな。

こういう選手たちの笑顔はいいよなー・・と。
シーズンが終わって、見事、昇格を果たして、そして笑顔をまた見たいものだ。


でもって、このサッカー教室に参加している通り、1月27日(日)からは手術のリハビリ?も終わって勇人が練習に完全復帰! 去年後半の好調の理由の一つに、佐藤健太郎と勇人による中盤の安定があったのだから、やはり勇人には今年も期待してしまう。広いエリアを走り回って攻撃陣とボールをつなぐと同時に、敵を潰す勇人。そのスペースをケアして、敵の攻撃を遅らせ、DFと両サイドとボールを回して捌いていく佐藤健太郎。ちょうど両者の特徴が噛み合った組み合わせだった。
今年はどうなるのか。

兵働を下げて起用したり、韓国からやってきた南や佐藤祥を起用したりなど、このあたりもDMFポジション争いに絡んできそうに思う。


2月4日(月)予定の練習試合が待ち遠しい。



テーマ:ジェフユナイテッド市原・千葉 - ジャンル:スポーツ

キャンプ稼働の初日はフィジカル半日、戦術半日。
レディースの選手たちのネタ・・清水キャプテンの引退や、新潟から注目選手の移籍など、そういう事も気になるのだけれども。しかし。#10が欠番というのを見ると、ここも獲得予定なのかしら?と気になってしまう。
さて。
ジェフレディースは、新たな#10の獲得はありや、なしや?


その一方でジェフの男子トップチームは、水曜日、千葉から石垣島に移動して歓迎セレモニーを受けたあと、いよいよ昨日からキャンプスタート!
当然ながらオフ明けで、どの選手も体のコンディションはまだまだこれからの。
新体制が発表されてのち、一週間ほどユナイテッドパークで練習はあったけれども、それはコンディションを慣らしていく段階。キャンプを踏まえたこれからの練習で、本格的に一年間を戦うコンディションを積み上げていくわけだ。

同時に。
鈴木監督の目指す「今年のジェフ」の戦い方も組みあげられていく。

「キャンプレポート Vol.2」(ジェフ公式)

二部練習の昨日。
午前中は「ひたすら走る」というコンディションメニューが中心だったようだ。
そして午後が、ハーフコートでボールを使った戦術メニュー。
ゴールに対して、どのような逆算、どのような崩しが描かれようとしているのか、この時点ではまだまだわからない。当然、どのように敵の守備ブロックを崩そうとしているのか、ずらそうとしているのか、想像もしようもない。

だけどこのキャンプレポートから想像できるものとしては、
1つは、攻守の切り替え・・トランジションの速さを重要視しているのかしら?という点。
もう1つは、運動量。

「ゴールまで攻めた後はダッシュで自陣まで戻るというメニュー」
「監督から「しっかり最後まで戻れ」と檄」


ジェフは、J2においてボールを持つ時間帯が長い。
その中で、攻めきれずにカウンターから被弾する失点を3年間繰り返している。
対策も色々あるだろうが、その一つはやはりトランジションの速さ、だろう。


去年の木山ジェフは、最終的に、前線プレスからのショートカウンターが、もっとも大きな武器になっていた。ボールを持つ上手さは、2012の一年間だけでもシーズン序盤に比べて終盤はかなり上手にボールを持てるようになったが、その時間の長さが得点につながっていたか?というと、そこはそうでもなかったと思う。

そしてまた。
勇人しかり、藤田しかり、米倉や谷澤もそうだし、兵働もそう。
綿々と続くジェフの、本当の意味で最も大きなチームカラーである「ひたむきに走る」は、去年も変わらなかった。


木山ジェフの一年間、そして「走る」ジェフをベースに、どのようなチームが出来上がっていくのか。
楽しみである。



テーマ:ジェフユナイテッド市原・千葉 - ジャンル:スポーツ

ジェフ、石垣島キャンプスタート!
今シーズンの開幕戦は、Homeフクアリで札幌を迎え撃ち、続く第2戦はAwayで熊本と戦うわけで。どちらも正直、楽に勝てるようなイメージは全くない(笑) というか、苦戦する印象の方が強い。札幌は毎シーズンこてんぱんのけちょんけちょんにされてるよーな気がするし、熊本は江尻時代もドワイト時代もAwayで引き分けて、木山時代は雨の中で敗れてしまった。自分のミスで敗れたと、町田が試合後にぼろぼろ泣いてたっけな。あの時慰めていたのは、兵働だったっけ?山口だったっけ?

発表された二つの試合は、つまり、どちらもいやぁ・・な感じがするわけだ(笑)

とはいえ、それを「いやよ、いやいや、いやぁん」と言って逃げるわけにもいかない。
まだまだリーグ戦は試合が続くから・・と、開幕戦を捨てるハズもない。
チームの戦い方、コンディション。
そういったものを、リーグ公式戦にふさわしいレベルに高め、さらに難敵に打ち勝つだけのものとして、リーグ戦の初戦と第2戦に挑みたい。
そのためには、ベースとなるキャンプが大事、である。

「キャンプレポート Vol.1」(ジェフ公式)
「ジェフ千葉「絶対J1」 5年ぶり昇格へ決意 石垣キャンプイン」(八重山日報)

選手29人はもちろんだが。
それだけではなくスタッフやコーチが21人も加わって総勢50人との事。
鈴木監督、江尻コーチ、それに藤原GKコーチ、大塚フィジカルコーチ、去年の通訳から強化部に移動してスカウティングを担当する事になった原さん。まず間違いなく参加しているであろうコーチ陣だけで、5名の追加。社長も参加しているようなのでさらに1名。この時点で35人。あと15名は・・用具担当や、マッサージケアといったスタッフや広報や庶務、そんなところだろうか。
これだけの人数がまるっと移動して1週間も泊まりこむなんて、かなりのお金がかかるよな。
ぜひとも実り多いキャンプになってほしいものだ。


でもって。
今年新人として加入した栗山も、その前の大岩も、井出や佐藤も。
去年は注目の長澤も。
ジェフのキャンプに参加してくれており、それもまたワクワクの一つだったわけだが。
どうやら今年はそのような学生は加わっていないようだ。
ジェフ公式の「ユナパ日記」によれば、キャンプ前半はフィジカルトレーニング中心になるようだから、もし新人候補?に参加して頂けるとすれば、石垣島キャンプの次・・沖縄キャンプからかなぁ。

その沖縄キャンプ。
2月4日(月)と7日(木)に練習試合が予定されている。

どことやるのか。
どんな戦い方なのか。

これまた楽しみだったりする。



テーマ:ジェフユナイテッド市原・千葉 - ジャンル:スポーツ

ジェフの公式に新体制発表会&サポコミの議事録公開!
南方にお住まいの某著名ジェフサポのtweetによれば、キャンプに赴いたジェフについて報道の現地新聞にて、「山口智がキャプテンに決定!」との事。
ほんとか、ほんとうか!?
いや、本当だろうし、そこを疑うわけではないけれど。

何かしらこう、いろんなジェフというクラブの背負った因果や報いや業を、ひたすら抱え込んで背負い続けていたように見えた勇人が。これで山口にキャプテンを引き継ぐことで、少しでも、もっとサッカーを楽しんでもらえれば・・と切に願う。
山口には、その業も因果もないだろうし。
キャプテンを背負うに足る、器の大きさも、経験も、医師の強さもあるだろうし。
G大阪という強豪で長年戦ってきたからこそ、ジェフに足りないものが見えるだろう。
そして勇人もまた。
あの思い切りのいい駆け上がりや、運動量や、プレイが見られればいいなと思う。

ただどうしてもジェフというクラブにおける、立ち位置、存在感。
そういったものが勇人をキャプテンという責務に縛り付けていたと思うから。
山口と分かち合えるのは大きいよね。



さて。
ジェフの公式HPにて、先日の新体制発表会およびサポコミの議事録がUPされた。
「【レポート】 2013シーズン新体制発表会見」(ジェフ公式)
「【レポート】 サポーターコミュニケーションについて」(ジェフ公式)


転載/引用はダメよ!と書かれてるけれど、リンクはいいよね(笑)


さて個人的な感想は・・というと、そりゃツッコミどころも、ダメダメじゃね?というところも、いっぱいあるけれども、総じていえば、ポジティブに受け止めている。
ジェフに限らず、サッカークラブにはいろんなしがらみがあるだろう。
ましてやジェフは、親会社が二つ。共に巨大企業が背景&上部に控えてて、しかも片やサッカー界の名門として人脈がずるずると地下茎のごとく根を張っていて。
そのしがらみを想像しつつ読むと、がんばってるよなぁ、とも思う。

例えば、アカデミーの立て直しだってそうだ。
今のアカデミーの重鎮は大木さんと菅澤さん。これはサポコミ議事録にも書かれているし、現場にはさらに菅澤さんの人脈によるコーチ陣が控えている。
この菅澤さん。
もともとは東京Vに連なる人物だ。
古河/読売/三菱/日産・・そういった時代に、このような人事が簡単にできるとは思えない。
もちろん、そういった時代からかなりの時間が流れているし、世の中全体にそういう風潮は薄らいできているし、ジェフが出来てから20年も立っている。
とはいえ、そういうのだってしがらみなのよなぁ・・と。

また、「脱甘」に関して突っ込まれた社長が、自ら、己の社員についてまだまだ甘さがあるという反省を述べている。基本的な部分で、お客への応対ができていない、と。
組織の立て直しや人心刷新、社風の改革において、一番簡単なのは、もちろん社員を入れ替える事。
社会人として基本的な事もできない社員は、強力に叱責するなり、きちんと手順を踏んだ上で退職していただくなり、そういう方が早いし、確実だし、あとくされも無い。
本当に全権を握る社長なら出来るハズだ。
・・だけど。
本当にそれだけの権限があるのか、ないのか。
社員は本当にジェフの社員か、どうなのか。
例えば、親会社なり関連会社に席をおいたまま、ジェフに出向している社員だとすれば。
それを社長の一存でどうこうできるハズがない。
そんなしがらみも想像できる。


もちろん、予算もそうだ。


だから色んな背景を想像しながら読むと、その中ではがんばってるんじゃね?という感想なのだ。
そりゃ、全てをやりつくして、全てをかけて、必死にがんばってるの?だとか。
他に何も出来る余地がないというの?だとか。
そういう点では、まだまだ甘さはある。
目立つ部分だからこそ、毎度毎度、あちこちからツッコミを受けるジェフの広報もそうだし。
監督や強化責任者の人事における、情報漏れももちろんそうだけど。

一歩ずつ、良くなっていくしかないよね。



だから。
島田社長、斉藤TD、海寳取締役、清雲取締役。
その他、数多くのジェフのクラブ関係者の皆様。

オレは応援するばかりだけれども。


おねがい。

がんばってください。



テーマ:ジェフユナイテッド市原・千葉 - ジャンル:スポーツ

新体制も発表され新シーズンの練習開始!今日からキャンプに出発!
最近はシーズンオフゆえに土日はblogの更新お休みなのだけれども、土曜日には横浜でジェフサポ飲み会に参加。そこで聞いた最も印象的な話とは!

「最近、千葉でイノシシ増えてるんだって?」
「一番の被害は、養豚の豚に種付けしていって、イノブタにしちゃうんですよ!」

なんと!

畑を荒らす食害は想像していたが、そ、そんな被害があったとは。
確かにあいつら、イノシシと豚は同族だもんなぁ・・。イノシシを飼い馴らして品種改良したのが豚だもんな。繁殖力旺盛で賢くて、嗅覚抜群で、綺麗好きで、力も強くて、考えれば考えるほど優秀な品種である事よ。豚。
その豚を・・先祖がえりさせてしまうとは!

イノシシ・・恐るべし。


そんなイノシシネタの他には、総武線/京葉線/内房線/外房線のエリアからすると、常磐線エリア(松戸や柏)への仲間意識は希薄であり、向こうは埼玉や茨城のイメージがあるとかないとか。
人それぞれとはいえ、そういうお話というのは面白いものだ。

まぁ、青森県は三八上北地方出身の自分としては、青森県西部の津軽地方よりも、岩手県北部の方が地理的にも文化的にも近いよねー・・とかそういう感覚なんだろうな、とも思ってみる。


学校の時の社会科見学で、千葉県のジェフサポ・・
「俺はヒゲタ醤油行きましたよ」
「えー、キッコーマンじゃなくて?」
「いや、自分はキッコーマンだったなー」とか。
そんな話もしましたが(笑)



ところで。
先週のエルゴラ坂本引退特集はジェフサポ必読である。
絶対ぜったいゼッタイ読むべし!・・である。
あまり色々書くと、もう、ただのポエムエントリーになってしまうので避けるけれど(笑)

二つだけ。

改めて。何度でも。
「隊長」坂本將貴・・本当に本当にありがとうございました。

そして。
インタビューの中でちらっとネタでいってた、引退試合、ぜひぜひ実現してください!(笑)
そのときはいろいろ全部ひっくるめて、GKは立石でDFに齋藤が立ち、SBは坂本と逆サイドに中西で! CFにはソウルから崔龍洙を呼び寄せて、その相棒には特別協力で巻にたってもらって!
それで2013ジェフトップチームと対戦しておくれ!
・・うん。
坂本チームの方が声援大きそうだな(笑)




さて。
そんな話はさておいて。
改めて今シーズンこそ!のJ1昇格を目指すジェフとしては、いよいよ新シーズンに向けた練習が立ちあがっている。まずはフィジカルコンディションを慣らしていくところから・・ってんで、公式のユナパレポを見てもサポのtweetやblogなんかの話を聞いても、そういう練習メニューの方が多そうだ。

これから徐々に練習の強度を上げていくのだろうけれども。
その大きなステップとして、今日から石垣島キャンプに出発である!

「J4チームがキャンプ 今月末から」(沖縄タイムス)

年末年始の急なオファーで、昨年のエース藤田を引き抜かれてしまったジェフとしては、チームの最前線が不在のままにキャンプ突入と相成った。
どんな戦術で行くのかはまだまだわからないし、長身でFWが専業の戸島はともかく、MFとしても主軸であろう米倉や深井、田中を最前線に組み合わせていくのかどうか。昨年のようにトップ下・・もしくは2トップの縦関係的な位置に兵働や大塚が入るのか。それはまだまだわからないが、しかしキャンプを通して徐々に形作られていくだろう。このタイミングで、鈴木監督が強化部に「お願い!」している外国籍選手のFWが間に合わないのは、・・ジェフにとっていつものことであるけれど・・残念至極。

最悪は、外国籍選手FW不在のままで、シーズン開幕もありえるんだろうなぁ・・とは思うが、そこはそれ、去年の外国籍選手について「全て強化部の責任で失敗でした」と自戒のコメントを述べていた斉藤TD。唐井さんと共に、なんとか頑張ってほしいものだ。


まだまだ新しい形は見えてこない。
だから些細な情報でもきゃっきゃと喜べるという時期でもある(笑)

どんなキャンプになるんだろうね。


テーマ:ジェフユナイテッド市原・千葉 - ジャンル:スポーツ

J's GOALに新体制発表会のコメント掲載! そしてエルゴラは坂本特集!
エルゴラが坂本特集ですよ! 坂本!
「[1253号]坂本隊長、終幕と門出」(BLOGOLA)

まだ読んでいないけれど、会社行く途中で買わなければ!
・・でも、電車や会社で読んで、下手に涙目になるとアレだな(笑)
読むのはお昼とか部屋に帰ってからにしようかな。

なんにせよ。
やはり、ジェフも一つの時代が本当に本当に変わっていくのだな・・と実感する。
リティがいた頃や、江尻がいた頃、マスロバル、ベルデニック監督、いろんな時代があって。ラデやミリノビッチや今は横浜FMのマルキーニョスもして。松原や長谷川とかも入ってきたり。そしてイビチャ・オシムがやってきて。
そういうなかで、日本人として坂本はしっかりとジェフに足跡を残したと思う。

中西から#2を受け継いだ、ミスタージェフ。

彼の次にその背番号を背負うのは誰かわからない。
そういう選手が出てきてほしいとは思うけれども、年々、Jリーグは欧州と同じように選手の移籍が流動化しているから、加入から引退までをジェフで戦ってくれるという期待も、あまり抱かなくなってしまっている。
それでも、#2は、そういう選手に背負ってほしいなぁ・・という我儘もある。

そういう背番号に育ったのは、中西であり、坂本の、生きざまの結果だろう。

センチメンタルすぎるかもしれないが、坂本にはそういう思い入れがあるし、
やはり、いつの時代も誰かしらそういう選手がジェフにいてほしい。



さて。
エルゴラがまさかまさかの坂本大特集!というのにびっくりだけれども。
その一方で、新しいジェフ・・2013年のチームがお披露目となった新体制発表会。

そこで誰が何をコメントしたのか、既に当日中にゲキサカに記事が掲載されていたけれども、より詳しいものがJ's GOALで掲載!

「【2013シーズン始動!】千葉:新加入選手記者会見での出席者コメント(13.01.17)」(J's GOAL)

社長、新強化責任者、新監督、新コーチ、新加入選手・・それぞれのコメントが読める。
もちろん文字におこされているものだから、単語は同じでも発言のニュアンスははがれおちてしまっている。しかしそれでもかなり興味深い。

神戸TDの後を継いでジェフの強化責任者となった斉藤TDは、「勝負へのこだわり」と「選手全体の競争活性化によるチーム力の底上げ」を語り、
新しくジェフを率いる鈴木監督は、サッカーに真摯に取り組み、サッカーを楽しみ、その先にあるJ1昇格を目指すという姿勢を語った。

新加入選手の栗山は、斉藤TDが大怪我をしていてもそれでも加入してほしいと願った選手。
彼に対しては、大怪我で受けて獲得を見送った他のクラブもあったのかもしれない。
ジェフはそれでもオファーを送り続けた。
だからこそ、「千葉に対して恩返しがしたい」という栗山。
ぜひぜひ頑張っておくれ。


そしてスポニチで報道され、気になっていたジェフユースの人事。
「前J2草津監督の副島氏、千葉U―18監督に就任」(スポニチ)
これについても島田社長がコメント。
今のジェフユースの立て直しのキーパーソンは、大木監督と菅澤コーチの二人だと思うけれども。その大木監督はアカデミー全体のアドバイザー?コミュニケーション?のような立場になるそうな。U-18の監督には報道通りに副島博志氏が就任し、さらにU-15を教えていた永田コーチが選手たちと共にU-18へ。菅澤コーチは、そのかわりにU-15を教える事になるという。
ヴィヴァイオ船橋のコーチに、かつては「行くな」、でも今は「行った方がいい」と評されるジェフユースの改革。実際のその年代の大会の結果もそうだけれども、ユースやジュニアユースの年代は、やはり地元の教育機関や地域/家族との信頼関係もかなり大きい。
それを立て直してきた大木監督や菅澤コーチ、永田コーチ。そして新しく就任する副島監督。
ぜひぜひこれからもジェフの下部組織をよろしくお願いします!


でもってやはり気になる外国籍選手についても、既報通りだが記事の最後に書かれている。
鈴木監督は、チームに獲得をリクエストしており、
斉藤TDは、発表はできないが調査を進めていると明言。

来週からは石垣島キャンプだから、それに間に合うのは難しいと思うけれども。
でも、リーグの開幕には間に合ってほしいなぁ・・。


何はともあれ、練習もはじまり、今週末には必勝祈願!
週明けには千葉市/市原市への表敬訪問があり、
1月23日(水)からは石垣島へ!

新シーズン、今年こそJ1昇格!を目指して・・がんばれ!




テーマ:ジェフユナイテッド市原・千葉 - ジャンル:スポーツ

兵働はジェフに完全移籍! そして新体制発表会では外国人FW交渉中とのこと。
昨日、1月16日(水)に新体制発表会となったジェフ。
2012年のエースだった藤田が移籍し、ジェフサポが最も注目していた兵働の去就だけれども。
なんとなんと。

ジェフに完全移籍ということに!
「兵働 昭弘選手の完全移籍について」(ジェフ公式)
「兵働 昭弘選手 ジェフユナイテッド千葉へ移籍」(柏公式)

ひょーーーーーどーーーーーーーーーーーーーー!
ありがとーーーーーーーー!

いやもうめっちゃ嬉しいですよ、ニュース聞いた瞬間に、ぃゃっほう!ですよ!
涙ちょちょぎれますよ、感涙!ですよ!

そりゃ試合も60分を過ぎればスタミナがやばくなってしまうけれども、それでも昨年は41試合に出場! カウントの仕方にもよるけれども、ジェフどころかJ2のアシスト王! さらに藤田と田中佑昌に続いてリーグ7得点!
これだけの結果を残した選手が、残ってくれるか否かってのは、そりゃもう一年間の戦略レベルでジェフの運命を大きく左右するわけで。

残ってくれてありがとうございます!

そして兵働自身は、自分のblogでこのようなコメントを。
「決断」(兵働公式)

「ジェフが、J1昇格、さらにより良いクラブになっていけるよう、全てをぶつけて戦っていきます」と。

今年こそJ1昇格を!
そして本気で本気でJ2優勝を!

がんばれ!

(いや、J2のライバルは例年以上によっぽど強力だけどさ・・笑)



===<新体制発表会は・・いい雰囲気?>===
「[ 2013シーズン始動! ]千葉:新加入選手記者会見」(J's GOAL)
「スローガンは『絶対J1!』、千葉が新体制&背番号を発表 完全移籍の兵働が10番に」(ゲキサカ)
「千葉新体制会見で新加入選手が意気込み」(ゲキサカ)
「千葉強化責任者が新外国人補強をサポーターの前で認める」(ゲキサカ)
「大怪我から復活目指すDF栗山が誓い、「千葉に対して恩返しがしたい」」(ゲキサカ)

お昼の兵働完全移籍!の発表を受けて行われた新体制発表会!
そりゃもう兵働の朗報があったもんですから、雰囲気も悪くはなかったっぽい(笑)
藤田に続いて兵働もジェフを離れていたら、去年のスコアがマイナス28点で、攻撃の主軸がぽっかり欠落してしまい、しかもそれを埋める~上積みできるだけの新加入の発表もないのだから、きっと殺伐とした新体制発表会になっていたのかもしれない(笑)

大卒新人のCB栗山。
清水から加入のGK碓井。
韓国から大学を中退?休学?して海を渡ってきたDF金炫訓とMF南昇佑。

何卒よろしくお願いしますですよ!


栗山は藤本と同じく、戦列に戻って来るのは早くて4月や5月。
そこからプロ選手として体を作ってコンディションを上げて、鈴木監督のもとでの戦術に馴染んで、さらに競合の先輩選手とポジションを争って・・と前途は厳しいが。
でもでも期待している!

碓井は岡本に大久保、さらにベテラン櫛野。かれらにどこまで迫れるか。岡本が守護神として君臨しているけれども、その岡本だって去年は一度怪我で戦列を離れたわけだし、櫛野は手術もしている。となるとシーズン中にベンチ入りのチャンスはあるハズ!清水では2011年に合計17試合に出場するも、2012年は出番ナシ。捲土重来、環境も変えて本人は覚悟をもっているだろう。

でもって韓国人二人の、金と南。
二人ともプレイを見ていないのでなんともいえないけれど、しかし韓国の年代別代表の経歴があるのだもの、そりゃあ期待しちゃう。

新しく加入したみんなの動きを、うん、早くみたいものだ。



===<背番号も発表!>===
「2013年トップチーム」(ジェフ公式)

兵働が#10!!!
これだけでご飯三杯はいけます! ええ!

新卒の栗山はジェフの期待新人枠の#29。
伊藤大介の#8にもちょっとびっくり、これで結果出せなかったら追い詰められるぞ、伊藤!(笑)
大塚の#14、渡邊の#19、この二人も去年から背番号変更。

ある意味で兵働の#10並みにインパクトがあるのが、戸島の#18!
ジェフにおいては、巻、そして藤田と継いでの#18!
期待されてるのだな!

#33で高橋峻希、#39の谷澤や、藤本/町田/佐藤祥/井出といった若手の背番号に変化ナシ。
それと驚きなのは田中佑昌の#6ですよ!
ジェフの#6といえば・・ねぇ、どうしても中盤の底で戦う頼りになるDMF!というイメージがあるのだけれど。その残像を払しょくするくらいの活躍で、新しい#6のイメージを作り上げておくれ!

そして中西、坂本と続いたミスタージェフの#2は、欠番。
これはそれでいいと思う。
ふさわしい選手が、ふさわしい期待と活躍を担えるようになったら、#2を背負ってくれ。


そして彼らに加えて、外国人FWの補強も交渉中との事。
現状、中央最前線を担う選手は、本職のFWは戸島一人のみである。
深井や田中ももちろんFWだし、谷澤や米倉も攻撃を期待できるけれども、彼らは皆、1.5列目やセカンドストライカーとしてのアタックが売りであって。
いや、CFを必要としない戦術だってあるけれども、それにしても・・。

開幕までにFWの補強は、あるのかないのか。
今年の昇格戦線にジェフが本当に参戦できるか否か、大きな分かれ目だよね・・!



テーマ:ジェフユナイテッド市原・千葉 - ジャンル:スポーツ

新加入選手発表、韓国の大学から金炫訓と南昇佑!
今日、1月16日(水)が新体制発表会だけれども、藤田と武田の移籍、大塚の完全移籍&高橋の期限付き移籍継続と、やはり出たり入ったりのニュースはあるが、今年の補強の目玉はコレ!というトピックスは特になく。

2010年なら、ミリガンとか倉田とか。
2011年なら、やはりオーロイ。
2012年なら、山口智に兵働と。

それぞれ「今年はこんな新しい選手と共にJ1昇格を目指すんだぜ!」というものがあり。その新戦力に、サポとしてはウキウキしてワクワクしたものだけれども。

はてさて今年の新戦力は・・となると、専修大から栗山が加入!という以外は大きな話題はなくて。
そりゃもちろん、チーム編成は、チームの強化に向けて取り組むべきものであって、話題性は二の次三の次なのは確かだけれど、しかしそれにキャッキャと一喜一憂するのも楽しみなのも間違いない(笑)
自分なんかは「サカつく」にしろ「フットボールマネージャー」にしろ、試合そのものよりも、選手を獲得してチームを編成するのが一番楽しいしね!


ってなわけで、新体制発表会に向けてどのような発表があるか、
一日千秋、
待ち望んでいたわけですが!


昨日、新加入の発表がありましたよ!


「新加入選手のお知らせ」(ジェフ公式)


金炫訓と南昇佑!
どちらもU-22韓国代表の経歴を持つなかなか期待の選手!
特に南昇佑は、U-13から歴代の年齢別代表に選ばれており・・この前のロンドン五輪には残れていないようだけれども、しかしU-22韓国代表の一員として来日。背番号#6を背負ってデンソーカップを戦っている。
このデンソーカップは栗山も出場。
南昇佑は見事1得点ですよ!

「デンソーカップ大学日韓定期戦 全日本大学選抜vs全韓国大学選抜」(サッカーナビ)
このページで、後ろで手を挙げている選手だな、南。

その南のハイライト映像がyoutubeに。
「Nam, Seung-Woo No.6 [Red] Highlight」(youtube)

画質も良くないから他の選手の動きと勘違いしているかもしれないけれども、縦への推進力&攻撃力を持つガツガツ系のDMFかしら!? それだったらここ数年のジェフに来てほしいと願っていた選手じゃないか!・・と期待してしまう。

主力CBは強力だけれども、そのバックアップやSBはどうなるの?という守備陣に、金。
佐藤勇人に佐藤健太郎で昨シーズン終盤は安定したけれども、その勇人が手術したために開幕に間に合うの!?というセンターハーフに南。
この二人、まずは「期待の若手」「バックアップ」という立ち位置ではあるだろうが、早々にリーグ戦で出番もあるかもしれない!


「UNITED」で斉藤TDがインタビューで応えていたように、この年代の韓国人がJリーグにやってくるという事は、大学を中退(もしくは休学)し、さらに5年間はKリーグに戻れない、それだけの覚悟があるわけで。
その二人に、貪欲さ、ハングリーさ、必死さがないわけはない。
彼らに、ジェフの若手達(栗山や大岩は勿論、伊藤大介までかな)がお尻に火がついて、より高い意識を持って競争してもらえれば、それは二重三重の意味を持つ。


いやはや、良くジェフに来てくれました。
ようこそジェフへ!




・・そして新体制発表会の当日になっても、まだ発表されない兵働の去就。
気になる!



テーマ:ジェフユナイテッド市原・千葉 - ジャンル:スポーツ

三連休中に、藤田は横浜FMへ!武田は鳥取へ! そして高橋峻希は今年もジェフで!
エルゴラによると兵働は柏にもどっちゃう事が濃厚らしいけれど、
残念だが、
だ、だけどまだ正式発表じゃないもんね!
それまでは残留してくれることに一縷の望みをかけるもんね!

と、強がっている三連休明け。
首都圏は積雪ドーン!ですが皆様いかがお過ごしでしょうか?
今朝、通勤中に転んじゃう女の人を見てしまいましたが、いやはや、ほんとお気を付けくださいませませ。


で。
補強の噂も発表もほとんどないジェフ。
年が明けたらいっきに出入りどっちも情報が!?と思っていたが、まぁそんな事はなく。
淡々と先週が過ぎ、そして三連休。

その三連休中に、藤田に高橋、武田の去就が発表!


【藤田は横浜FMに移籍!】
ジェフで昨年、15点を叩き出したエース。
加入当初は、大宮と横浜FC時代の実績から、ここまで活躍してくれるとは思ってなかった。
そりゃ兵働や武田、谷澤のクロスと噛み合ったとか、起用方法だとか、対するJ1とJ2の守備陣の固さだとか、いろんな問題はあるだろうけれども、鳥栖時代のように点取り屋として復活!した藤田。

そこに横浜FMからのオファー。

この一年で、藤田がとても好きになって、だから今年もジェフで!と願っていたし、それにオレはジェフサポだから、誰が出ていって誰が入ってきても、立ち位置は変わらないけど。
藤田の移籍コメントの「ここでチャレンジしなければ後悔すると思い、移籍することを決断いたしました」というのは、うなずくほかはない。

ジェフは、J2だから。
J1という舞台とはやはり、違う場での戦いになるし、待遇だって名誉だって、その先に続くかもしれない可能性だって、やっぱり違うわけで。

だから、ここでジェフを出ていく藤田に、恨みも何もない。
残念ではあるけれど、すごく応援したい。
いっその事。
横浜FMで活躍して、日本代表をめざしやがれ!と思ったりもする。

一年間ありがとう、藤田。

これで藤田が日本代表に選ばれたりしたら、「藤田はジェフが復活させた!」と胸を張るもんね!



【武田は鳥取へ!】
ぬぬぬ!
も、ものすごく残念!

確かに守備が弱点であり、シーズン後半、コンディションの整った渡邊圭二の後塵を拝する事が多かった武田だけれども、しかしシーズン前半は大活躍。
特にそのクロスは素早く鋭くきれいな弾道であり。いや、ああいうのがクロスだよ!と思うようなボールで。そして何よりも、武田は攻撃の組み立てにおいて、あそこから縦にボールを出せるというスキルがあった。だからチームとして武田は、使われる側の駒・・クロス特化の移動砲台というだけじゃなく、彼から試合を動かすこともできた。山口慶のSBは守備に比重が高く、青木良太は不安定さが目立ち、佐藤祥に井出のSBはまだまだ経験不足。坂本を除くと、試合をSBから動かしうる選手は武田だけだったとも思う。

反面、やはり弱点の守備・・だけではなく、スタミナにも多少の問題があったのか、試合終盤に良く足をつってしまうシーンがあったりもした。
そして左足のレベルの高さに比べて、右足はほとんど使われず。ボール回しにおいてもほとんど右足が使われない。そのため、敵に「左」を切られると、体の軸を回して左足でボールをつなぐプレイとなり、それが弱みにもなっていた。縦を守られたときに、せめて右足でボールを味方に戻す、つなぐプレイができると、随分と違っていたのだろうけれども・・。

正直、武田は残ってくれるだろう・・と思っていた。
J1ではまだまだ守備が危険だから、横浜FMが無理してでも残す!とは思わないだろうなぁ・・というのが一つ。
それに横浜FMはドゥトラに比嘉が残留したから、駒不足というわけでもない。
また、ジェフとしては、実力はあるけれども怪我や故障でシーズンの半分も稼働できない渡邊に頼るわけにもいかない。渡邊が戦列を離れた時に武田、というのは十分にアリだろう、と。
藤本は、ジェフでまだ試合に出た事が無いし、大けが。井出は天皇杯で1試合を戦ったきり。高橋峻希は緊急事態で試合中に左にまわった事が一度だけ。青木良太や山口慶の左SBは、うん、攻撃において武田を上回ることはない。(守備ではいいけれど)

そしてジェフ公式HPのユナパレポにおいて、「2013年は絶対にJ1に昇格したいので、応援よろしくお願いします」と言ってくれた。

こりゃもう、残ってくれるだろ!と思っていた。
けれども。

いろんな思惑や判断があったのだろうし、それは推測する事しかないが。
残念、である。

ジェフに加入時、「1年間という期限付き移籍ですけれども、この一年間千葉の選手として」(ゲキサカ)と一年間って期限を強調すんなーっ!と苦笑いした記憶があるが、
しかし、ジェフを去って鳥取へと向かう今、武田は、
「本当にジェフでの1年間は楽しかったし、ジェフが大好きです。これからもジェフのことはずっと応援しています」と言ってくれた。

一年間ありがとう、武田。
あなたのクロスはとてもとても素敵だった。

同じくジェフから鳥取で戦う久保と共に、鳥取でがんばってくれ!
そしてもし縁があれば、二人ともぜひぜひジェフに帰ってきて遅れ!

・・2013シーズンは、鳥取の試合も見にいこうかしら・・(笑)



【高橋峻希は今年もジェフで!】
そしてなんと高橋峻希は、今年もジェフで戦う事に!
期限付き移籍を1年延長・・という事だけど、まさかまさかですよ!
実は先の二人はジェフに残るだろう、でも高橋峻希は間違いなく帰るだろうなぁと思ってた。
だって浦和だもん。
向こうも、自分のところのユースっ子を簡単に手放したくないだろうし、サポも帰ってきてくれ!って思うだろうし、ましてや浦和のユース黄金世代の一人。見た目もいいから人気も高い。
とはいえ、ペトロビッチのサッカーにおいては戦術構想外となってしまい、さらに自分が争うべきポジションに森脇と関口を補強。・・これって選手としてはかなり複雑だよね・・。

そういういろいろが積み重なったのか。
高橋はジェフに残留する事に。
ありがとうーーーーーーーーーーーーーーーーー!!!

もしかしたら、武田がジェフを去る代わりに、手薄になる左SBを高橋に預け、右SBは大岩って構想もあるのかもしれない。ウイイレやサカつくみたいな妄想だけど(笑)
その突破力や積極的な攻め上がりはもちろん、一対一で守備をするときの体の入れ方も魅力。クロスやシュートは微妙なところはあるが、「動き」そのものが武器になる選手。守備ラインとしてのポジショニングや判断は微妙だけどさ。

そのコメントで、まさかまさか、高橋峻希のコメントで「WIN BY ALL!」と来るとは思わなかったよ!

2013年、ジェフでぜひぜひよろしくお願いします!
(でもってもし昇格できたら、ぜひとも完全移籍で! 笑)




さて。
そんな選手動向はあるけれども、あとは気になるのは二点。
一つは、兵働の去就であり、
もう一つは、藤田に荒田、久保がいないジェフの今期の最前線である。

エルゴラには兵働は柏に戻ることが濃厚とある。
かなーり、ジェフにとってネガティブな記事を書かれてるけれど、あれは気にしない(笑)
いや事実としてそういう要素があるにせよ、あの記事のニュアンスは記者の感情?が入り込んでて、ネガティブに針が振り切れてる気もするから、まぁいいやとは思っているし、ああまで書かれるとジャーナリズムと事実の報道とゴシップの区別が、記者の中でごちゃまぜになってる気がする(笑)


兵働は、柏との契約期間をまだ残した状態での期限付き移籍。
だから柏が「戻す!」となったら、兵働は戻る事になる。
それに柏はACLだってある。
選手も実は、意外と人数が少なかったりする。


ジェフのフロントとしては、当然、その藤田/荒田/久保がいない最前線、兵働との契約が安心できない中盤主軸、この二つにどう対応するのか、考えてチーム編成していると思うけれども・・期待したいけれども・・。
はてさて・・。

今までの実績的にあまり期待できないのがジェフのフロントであり、
そして明日が新体制発表会なのに、新加入情報が全くないのもまた事実。


今年のジェフは、どうなることやら。



座して刮目して待て!



テーマ:ジェフユナイテッド市原・千葉 - ジャンル:スポーツ

藤田、横浜FMに移籍!?・・そしてジェフ新編成の大枠は沈黙のまま。
ジェフが仕事初めだった昨日、1月9日。
何が来るかな、来ちゃうのかな、・・と期待しつつも戦々恐々だったけれども!
ジェフの新編成の大枠について、公式な発表はなく、そして!

「横浜 得点力UPへ!千葉からFW藤田を獲得」(スポニチ)

いーやーーーー!
やーめーてーー!

・・と言いたいのがサポ心ではあるけれど。
でもなぁ。
でも、なんだよなぁ。

藤田も今度の4月で30歳。
長くはないサッカー選手人生を考えたら、ここでJ1に再チャレンジというチャンスを見送る手はない。ましてや藤田の場合、一度大宮でJ1にチャレンジしたけれども決して満足できる結果ではなく、その後横浜FCでJ2を戦うが、そのシーズンもまた納得できるものではなかっただろう。

だけど、ジェフにきて2012年を戦い、15得点という結果を出した。
それを評価され、J1で4位のクラブから引き抜きの誘いを受けた。

・・移籍を決断しても、何も不思議じゃない。
これが30を超えたタイミングであれば、また話も違っただろうけれど。


まだ正式発表はないから、ここからどんでん返しも無きにしも非ず。
このまえ、磐田の山崎が鹿島に!?と報道された翌日に、残留で合意・・とあったように。


自分はジェフサポだから、残ってくれ!とは思う。
あの最前線でボールを追いかけて必死に走り回る姿に、巻を重ねて見てしまっている事もあるし、
去年一年間、本当に頼りになったって事もあるし、
去年のジェフは、山口の守備と兵働のパスと同じくらい、藤田のポストプレイを軸にしてチームを作っていた事もある。
だから残ってほしい・・と本当に思う。

それと同じくらい、
決まったら、がんばれ! って応援するようにしたい。

ジェフがJ1だったら決してそうは思わないけれど。
でも、しかたない。


さて。
正式発表は本当にくるの・・かなぁ・・。




でもって、ジェフが2013年をどのようなチーム編成で挑むのかはまだ大枠が見えてこない。
今日もまた、暗雲低迷戦々恐々の一日である。

もちろん期待もしてるさ!



テーマ:ジェフユナイテッド市原・千葉 - ジャンル:スポーツ

米倉入籍! 荒田は岡山に完全移籍!・・今日はジェフの仕事始め、いろいろ来る!?
米倉、入籍おめでとーーーーっ!
「米倉恒貴選手 入籍のお知らせ」(ジェフ公式)

去年のプレイオフで敗退が決まった時、ほんとうにほんとうに国立のグラウンドに【orz】の姿勢で倒れこんでうずくまって、人目もはばからずに号泣した米倉。そのまま動けず、スタッフに両脇を支えられ、ベンチに戻っても泣き続けていた米倉。
ジェフの主力たちが数多く流出した時も、
2011年シーズンオフにJ1からオファーがあっても、
毎年のように怪我で苦しんでも、
それでも残ってくれた米倉。

強靭なフィジカルと、一人で敵守備をこじ開けていくテクニック。
確かに視野が狭いとか、試合の流れを読み切れないとか、そういう部分はあるけれども、しかしジェフにおいてはかけがえのない選手。

入籍、おめでとうございます。
これからは一人の体、一人の人生ではなく、共に過ごし歩んでいく家族と共に、サッカー選手としてさらに大きく成長していくことを応援してます。

そして、コメントでは「より一層努力しJ1昇格を果たしたいと思います」との事。
こ、これは残ってくれると思っていいんだよね!?

おめでとう、米倉!
そして今度こそ、J1昇格を!!!



「荒田智之選手の期限付移籍終了について」(ジェフ公式)
「荒田智之選手ファジアーノ岡山へ完全移籍」(磐田公式)
「荒田智之選手完全移籍加入のお知らせ」(岡山公式)

そして大塚の完全移籍、米倉の残留(仮)の一方で、荒田は岡山に完全移籍!
ジェフでは20試合6得点。
シーズン序盤はなかなかチャンスもなかったけれども、Away草津戦にて藤田と2トップで先発し、ジェフでの初ゴール! しかしそこでまた故障してしまって長期離脱。いろいろと苦しんだシーズンだったとは思う。
だけど藤田の故障で再びチャンスをつかみ、第30節のAway岐阜戦から第39節Away湘南戦まで、10試合連続でスタメン出場。その間で4得点!
2012シーズン、ジェフが最後の最後でまた調子を取り戻してプレイオフに食い込んだのは、最後の最後、荒田が支えてくれたおかげなのは間違いない。

確かに木山監督のサッカーとは噛み合わない部分もあった。
同時に、木山監督が荒田を活かしきれない部分もあった。
最前線と2列目が細かくボールを出しては受けて戻していく動きに、荒田が対応しきれなかったし、敵DFのプレスを受けてプレッシャーをかけられるとプレイ精度が極端に落ちるし、ロボと同時にピッチに立つとお互いのスペースを潰してしまう・・。
だけど、シュートを数撃ってナンボ!な荒田にボールを供給できたかというとそうでもないし、横に敵を広げて、その守備網の隙間にねじ込んで行くような荒田の得意なプレイを戦術的にも用意できなかった。

それでも6得点してくれた荒田には感謝、するばかりだし、
やはりFWとしてのポテンシャルのある選手なのだろうな、と思う。

岡山への完全移籍。
ライバルにはなってしまうけれども、がんばれ、と思う。
元ジェフの影山さんが監督だしね。

2012年、ありがとうございました。
2013年は、お願い! 恩返し弾は勘弁してね!

新たな地でがんばれ荒田!


「サポーターが作ってくれるあのフクアリのいい雰囲気の中でプレーできたことは、宝になりました」ってコメントは、嬉しいよ。




そして。
いよいよジェフは、今日、1月9日(水)が仕事初めである。
来週、1月16日(水)の新体制発表会まで、残る営業日は今日を含めて4日しかない。
週が明けて一気にリリースが来るかしら!?と思っていたのだけれど、でもそうでもない。
期限付き移籍の、兵働、高橋峻希、武田の動向。
オファーがあった藤田の動向。
そして他の選手たちは残ってくれるのか、移籍していくのか。
外国人選手をはじめとする新たな補強があるのかどうか。

ジェフの・・仕事始めの今日から、本番なのかも・・かもしれぬ。


で、そういえばその高橋峻希だけれど。
浦和からはこんなコメントが。
「今季補強完了 5年ぶりACLへ準備整う…浦和」(報知)

「外国人選手、日本人選手を含めて基本的には終わりです。27、28人でシーズンに臨むことになります」
だって!
基本的には、浦和の編成は終わったんだって!
人数が27~28人と微妙に揺れているけれども、でも浦和の2013年のチーム編成はこれで完了、っぽい!

となると高橋峻希は、ジェフに残る可能性が高まった!?

気になるところだ!


※個人的にはぜひぜひ完全移籍で来てほしいけどねっ!!!




テーマ:ジェフユナイテッド市原・千葉 - ジャンル:スポーツ

あけましておめでとうございます。 ・・藤田にオファー、大塚獲得、でもまだ助走?
2013年、あけましておめでとうございます。
正月明けて帰省しようと予定していたのですが、どーにも体調が悪くてキャンセルしてしまった自分。
せっかくの連休なのに!
寝正月!

まぁでも、未整理で詰め込むだけの混沌と化していた本棚を大きく整理しなおしてみたり(それでもぐだぐだだけど)、五徳やレンジの上のファンを掃除してみたり、自転車をメンテしてみたり、せっかくだからの大掃除。掃除した後のきれいになった床にごろごろするのは、いいものである(笑)
でもって、ついつい魔がさして、steamにアクセス。
時間泥棒の「シヴィライゼーションV」の新ver.を購入して遊び呆けてしまいました。はい。


まぁ、そんな怠惰な自分の事はともかく。
ジェフですよ、ジェフ!

2010年から数えて4年目となるJ2リーグ。今年こそはぜひともJ1昇格を!・・と願いつつも、しかしG大阪に神戸に京都、さらに戦力を増した横浜FC、小林監督二年目の徳島に、戦力を維持して地力を増した山形、三浦ヤス監督のもとで新生を図る東京Vと、なかなかもって強豪な競合ひしめく昇格戦線、前途多難なことであることよ・・。

いやもう、ホント、昇格したい事ですよ、ええ。
新監督の鈴木淳さま、何とぞよろしくお願い申し上げますです。
個人的にはけっこう期待してます。
新しいジェフが実際にどんなチームになるかはわかりませんが、大宮時代はちょいっと微妙な評価だったかもですが、しかし2012年までの新潟の根幹を作ったのは鈴木監督だったと思うのです。柏に移籍する鈴木大輔しかり、広島に移籍した千葉しかり、矢野やそのほか、そういう選手たちを組み合わせ、その前時代の反町時代とはまた違った新潟の骨格を作ったのが鈴木監督だったかな・・と。

そして大宮時代を見る限りでは、自分たちでボールを動かして攻撃を作っていこう・・という嗜好に思えます。
それはまた木山監督の2012年ジェフの延長線上に位置づけられるものであるでしょうし、兵働(残留してくれれば!)や大塚(完全移籍で獲得決定!)、それに谷澤や町田といった選手たちが活きる方向性でも。

気になるのは、チーム全体をそのような方向性でまとめていったとして。
木山監督の2012ジェフの攻撃において苦しかった点・・
===
・兵働に入った後の攻撃の選択肢は、兵働しだい。
・兵働に入る前の攻撃の組み立ては、谷澤が孤軍奮闘するけれども、連動しきれない。
・兵働に入るか否か!?を、相手に対する選択肢にできない。
・相手チームの弱点に対して、ジェフの強みを当てられない。
・試合中の采配が、(結果論として)機能しきれない。
===
これらを前進させられることができるかどうか。

最後の問題は結果論なところもあるし、相手次第なところもあるので、置いておくとして。
結局のところ、「得点につながる最後の一手」が兵働ありきだった去年のジェフ。肝心要の兵働が、2013年もジェフで戦ってくれるかどうかという大きな問題はあるけれども、もし残ってくれたとしても。そこを前に進めなくちゃいけない。

そこを作ってくれることを祈ります。


なんだけれども。
いやでも、ごめんなさい、あまり新潟と大宮を見ていなかった自分のせいですが・・鈴木監督はその攻撃の肝心要なところを【キーパーソンにおまかせ】にしていた印象が強いのがちょいっと不安。
新潟ではマルシオ、大宮では東。この二人に攻撃のタクトを預けていたチームだったような気がします。
そうはいっても、新潟時代は、マルシオが攻撃を指揮をとりつつも、中盤の底からいい組み立てがあり、さらに矢野が飛び道具となり、堅守をベースに鋭いチームに仕上げていた印象があります。なのでジェフではどうなることか、と。

CF一人の下に兵働を配し、攻撃の全権委任な司令塔にするのか。
それともそこに大塚を配し、彼を中継点として受けてはたいて、中央からサイドからの攻撃を連動させるか。
はたまた町田を配し、ちょっと引いたところから二の矢三の矢をねじこんでいくのか。

この時期はいろいろと想像が膨らみます。


とはいえ。
やっぱり去年の要であった主力(特に兵働)が残ってくれること前提の妄想なんだけどね!



で、その去年の主軸だった最前線の藤田に、横浜FMからオファーが!!!
「横浜 千葉のFW藤田獲り!得点力アップが急務」(スポニチ)

いろいろと事前調査や下準備を終え、横浜FMからの正式オファー!

いーやー!
やーめーてー!
残っておくれーーー!

個人的にはそう叫びたいけれども、しかし藤田も今年の4月で30歳。
サッカー選手としての旬を考えると、J1からのオファーはめちゃくちゃ心悩むところだと思います。
サポとしては残ってほしい。
けれども選手人生を考えるといたしかない。
ぐぬぬ・・。

スポーツ新聞のこの報道だと、藤田が残ってくれる可能性もまだあるとは思うけれども。
彼が抜けたら、最前線のポストプレイから始まる連動が作り直しですよ!
残ってほしいなぁ・・。
(そんな事を言いつつも、ダヴィやレアンドロみたいな絶対的ストライカーの補強も望むのがサポ心だけどね)


そして。
そんな外からのオファーがある一方で、大塚は完全移籍でジェフに加入!
「大塚 翔平選手の完全移籍について」(ジェフ)
「大塚 翔平選手 ジェフユナイテッド千葉へ完全移籍のお知らせ」(G大阪)

改めてようこそジェフへ!
絶対、G大阪に戻ると思ってたからびっくりだよ、嬉しいよ!
それなりに背が高く(179cm)、敵が密集するなかでもワンタッチでボールを回していくスキルがあり、視野も広く戦術センスも高い。しかしチームが劣勢だったり選手間のポジショニングや動きが連動しきれないと、試合の流れに埋没してしまう怖れアリ。足が遅いわけでもない。シュートはそれなりに上手いし強い。がつがつと飢えた感じや華があるわけではないけれど、淡々と、でも気の利いたプレイができる選手。

もし鈴木監督が大宮時代のような布陣を敷くのであれば、兵働(くどいけれども残ってくれれば)、もしくはこの大塚のどちらかがトップ下に入るのだろうなぁ・・と思ってました。
(戸島や町田が、この二人に追いつき競ってくれることはもちろん期待しているけれど)

個人的にはぜひぜひこれからもジェフで!と願っていた選手なので、すげー嬉しい限りです!

完全移籍で来てくれてありがとう。
去年は15試合の出場だったけれども、スタメン~ベンチ~ベンチ外で起用も揺れ動いていたけれども、今年はさらなる活躍を願います。
あのHome京都戦の貴重な一撃を憶えてるよ!


倉田をアタッカーとして覚醒させた江尻がコーチとして戻ってきたのだから、
大塚もまた、"鬼軍曹”江尻の下で、さらに一つ覚醒しておくれ。

改めて。
ようこそジェフへ!



そして気になる他のレンタル組(兵働、武田、荒田、高橋峻希)の去就は未だ定かならず。
兵働がいるといないじゃ全く違うチームになるだろうし。
武田が横浜FMに帰るとすれば、じゃあ左SBは渡邊圭二に頼るのかしら? 実力はともかく怪我は!?
荒田も磐田に戻るのだろうか。他のFW陣とあわせ、補強戦略全体の中で判断なのだろうか。
高橋も浦和に戻ってたとしても・・選手層も、戦術も、かなり微妙。それならジェフで出場機会を!ね!

藤田以外は他クラブからのオファー情報はないけれど、水面下であってもおかしくありません。
(米倉とかね)

オーロイにロボがいなくなり、シーズン途中にレジナルドにミリガンもいなくなったジェフ。
外国籍選手の獲得動向も、どうなっているのか。


新体制の正式発表は1月16日(水)。
つまり、明日からの一週間(1月7日~11日)で、大きな動きが必ず発表されるということです。
その一週間で、2013年ジェフのチーム編成の骨格が見えてくるでしょう。

期待と不安がぐちゃぐちゃになって、それはつまり、わくわくとなって。


さあ、今年もまた、新しいシーズンの開幕が近付いてきます!


テーマ:ジェフユナイテッド市原・千葉 - ジャンル:スポーツ





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。