Hang Tough
ジェフが好き、旅行も好き、仕事もがんばろう、うん。
プロフィール

khou

Author:khou
本好き、旅行好き。
でもここ数年、ずっと旅行に行けてない・・。

twitter、はじめてみました。

@khou_hangtough



ジェフ千葉_試合情報



ジェフ千葉_試合日程



最近の記事



月別アーカイブ



カテゴリー



ブログ内検索



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

週末のHome北九州戦は、鈴木監督次第。
いろいろあるが、全部はしょってしまって、今週末のHome北九州戦の注目は、というと。

結局、
===
A:第1~4節までのスタメンで行くのか、
B:第5節のスタメンで行くのか。
===
ここに尽きると思う。

ケンペスか、南か、だ。

ケンペスを起用する場合は、彼を最前線において谷澤や米倉がゲームを作りつつ攻守に走り回るプレイが目立つだろう。その場合、ケンペスは最前線中央に張り続ける事が多いから、谷澤や米倉はそのスペースを使う事ができず、またケンペスと同時に敵の守備陣も固まっているので、彼らはサイドに流れてクロスを上げるか、密集からワンチャンスで裏を取るか、そのどちらかで勝負する事になる。

南を起用する場合は、谷澤が最前線に入り、南がトップ下。しかし南はその体の強さと運動量を活かして、局面によっては彼が最善に位置し、谷澤が中盤まで下がってゲームメイクをしたり。谷澤や南のどちらかが左右に流れて、そのスペースに米倉やジャイールが駆け込んできたり、そういうプレイになるだろう。誰もがフィニッシャーになりえる、0トップとも4トップとも言える流動的な攻撃。


ケンペスか南か、という選択は、
同じポジションの同じ役割の中でより活躍できる選手を選ぶ・・という問題ではなく、
チームとして攻撃する流れを選ぶ・・という問題であって、
フィニッシュへのボールの運び方・・そのものへの決断の問題でもある。

だから、この点を鈴木監督(&江尻コーチ)がどのように決断するのか。
ほんとにほんとにもう、その一点に注目してしまう。


そしてこの決断は、ジャイールの守備面でのプレイにも影響する。
解説に「守備の穴」と言われてしまっていたジャイールだけど、G大阪戦で見せたように、ジャイールは別に守備をサボる選手というわけじゃない。豊富な運動量で、守る時には積極的に下がっていく谷澤や米倉と、最前線で張り続けるケンペスと、その両方に引っ張られて中途半端なポジショニングになってしまっていたのが問題だったんじゃないかな・・と。攻め残りするケンペスにボールが入れば、それをフォローしつついっしょに攻撃する選手が必要なわけだし、ケンペス一人が残っている状態では選択肢が一つだから敵守備陣にとっては守りやすいし。そういう判断で、ジャイールは高めに残っていたんじゃないかしら。
(さらに言えば、後ろの左SBが不慣れな金という事もあって、彼のフォローもなかなか期待できず)

しかしAwayのG大阪戦では、谷澤/南/米倉といっしょに前後に豊富に動き、守備もがんばっていた。

ケンペスか南か、という選択はここでも影響がでてくるだろう。



一方で、
金か大岩か・・という点は、あくまでも左SBとしてどちらを選ぶか、という問題だ。

SBとしては不慣れでまだ拙いけれど、1対1の強さや高さでは頼りになる金。
一方で、局面守備では金よりも弱いけれども、SBとして攻守の総合力では勝負できる大岩。

そのどちらを選ぶのか、という、構図としてはシンプルな問題。

だけど、左SBのプレイはジャイールの活躍に大きく影響するし、最終ラインや中盤低めでのボール回しの幅も大きく変わるし、ジェフのサイドアタックが、右翼(高橋峻希)だけなのか、それとも両翼(高橋&大岩)なのか、というところまで変わって来る。



・・個人的には、G大阪戦のスタメンで、今週末の北九州戦を見たい。

だってあの方が見てて楽しかったのだもの。
あのスタイルで強くなって欲しい。
(ポゼッションから、最後のゴール前で、シュート&ゴールへの勇気がもっと欲しいけれど)

だから結局、北九州戦では鈴木監督がどういうスタメンを選ぶのか、というところに、ひたすら注目してしまうわけだ。


願わくば、AwayG大阪戦のスタメンで北九州に挑み、
そして、そのスタメンで勝利をつかんでほしい。

がんばれ・・!




去年は、Homeで0-3でぼろ負けしちゃったしね!
リベンジしなきゃ!



スポンサーサイト

テーマ:ジェフユナイテッド市原・千葉 - ジャンル:スポーツ

勝てなかったAwayG大阪戦! だけどスタメンが変わってちばぎん風味!
日曜日のお仕事は、まる一日スーツ姿で外に立ってたわけだけど。
そのダメージが体にずっしり残って、喉の奥がぶんぶんに腫れてイタイイタイ(笑)
ついでに唇の端が膿んで腫れて、こちらもイタイイタイ(笑)

さて、そんなお仕事のせいでスカパー録画観賞となったAwayのG大阪戦。
結果はお互いに痛み分けの1-1。
シュート数で15本-8本、フリーキックで16本-11本、だけどこの数字ほどに「やられた」「怖かった」感はない。もちろん、二川のパスから倉田やレアンドロ!ってのは怖かったけれど、来るとわかって守っていれば・・そこはJ2屈指のCBコンビ山口&竹内、さらに岡本がきっちり守ってくれる。さらに中盤では佐藤健太郎が見事なスペースケアとカバーリングを続け、勇人も積極的にプレスをかける。後半途中から投入された兵働も、最後の30分限定であればスタミナもばっちり、もともと運動量はある選手だから攻守に踏ん張る。
かえって、後半はG大阪の方がリズムが悪かったと思う。

この日は、チームとしてはジェフはぐっと良くなった。
あの柏に勝ったちばぎんカップの色に似てきた。
それはやはり、対戦相手がG大阪だってことがとても大きい。攻め方守り方、イニシアチブの奪い合い、ジェフは惹いた相手を崩せるほど強くはないから、G大阪のように攻めてきてくれるととても助かる。
(映像で見たG大阪も、引いた相手を崩せずにパスを回し続けるジェフ臭を感じたけれど、でも遠藤が戻ってくれば大きく変わるだろうし、レアンドロに倉田に家長にパウリーニョなんてタレントたちには、そりゃもう頭を垂れるしかないけどさ 笑)


だけどジェフサポにとっては、この日、スタメンに変化があった事が印象深いハズ。
ケンペスに代わって南。
金に代わって大岩。
この二人がチームのリズムをぐっと良く変えた。

攻撃において、鈴木監督や選手たちは、チームの方針を多少変更したのかもしれない。

第1節から第4節までは、最前線にFWが張って、そのポストプレイを軸に両ワイドやMFや飛び出していく、もしくはサイドからFWにクロスを入れる、という戦い方だった。藤田がいた時のジェフの延長である。しかしこれだと、ケンペスが細かいボールの出し入れに対応できなかったり、また、藤田ほどに積極的な運動量もないから中盤が間延びしてしまったり、米倉や谷澤がスペースを使えずに停滞したしまったり・・、色々と実戦においては厳しいところもあった。Away熊本戦での2得点のように、ケンペス自身の力はあるにしても、チームとしては活かせてなかったと思う。

しかしこの日は、南がスタメン。
彼がスタメンに入ることで、ジェフの最前線が激しく流動的になる。谷澤と南と米倉が前後左右に動きまわり、そこにジャイールがジョーカーのようにアクセントを加えていく。スペースを空ける/使うという感覚も、彼ら4人は近いものがあるのか、お互いに引いたり飛び込んだりが出来ていた。
ちばぎんカップの時は、こういう動きをしてたっけ。
0トップと言うべきか、それとも4人もアタックをかけるから4トップと言えばいいのか(笑)
一度、彼ら4人の誰かにボールが入ると、流動的で面白い攻撃ができていたと思う。

これを見ると、ケンペスよりも南のスタメンを次も見たい。
個人的にはここに大塚も絡んできてほしいし、選手交代のオプションとして田中佑昌も見たい。井出や町田もこういうサッカーならチャンスが来るだろう。
大塚はまだ今期公式戦1試合のみの出場だけれども、G大阪戦の翌日、国士舘大との練習試合で2得点!などとかなり好調っぽいしね。

あと兵働の戦線復帰も大きい!
やはり彼のパスは大きな武器になるし、ボールも収まるし、他の選手からの信頼もある。
ケンペス投入の前、谷澤/米倉/南/ジャイールがそろっている時にこそ、兵働のパスから敵陣の裏を狙うプレイを見たかったけどな!(笑)



そして最終ラインでは金に代わって大岩。
1対1の守備では金の方が強いけど、しかし大岩はSBとしてのプレイに慣れている。積極的な攻め上がりもスムーズ。攻守両面でジャイール支えていた。谷澤や山口達も、大岩であればSBとしての位置取りができるとわかっているからパス回しもスムーズになる。

ジェフがボールを持っている時は、二人のCBが最終ラインに入り、それを佐藤健太郎がフォロー。両SBは高く上がって、中盤の両脇に控える位置を取る。それによってさらに両ワイドのアタッカーが高い位置を取れるようになっていた。
金は慣れないSBとして、そういうチームとしての位置取りにかなり苦しんでいたけれど、大岩はできる。チーム全体のリズムが良くなったのは、金に代わって大岩が入った影響もかなり大きいだろう。



これまでに比べてかなり「良くなったんじゃね!?」と思ったG大阪戦だけれども。
しかしそれでも、まだまだ問題はいっぱい。

最終ライン~中盤二人のボール回しはできる。
前線4人で流動的なポジショニングや裏狙いもできる。
しかし、チームとして、後ろのポジションから縦にボールを入れるチャンスをなかなかつかめなかった。山口や竹内から、右の高橋・左のジャイールにロングボールを入れるプレイに前半は頼りがちだった。
兵働が入ってからは、中盤でボールを持って縦にパスを通せるようになったけれども、ここはさらに良くしていかなきゃいけないところだと思う。

また、ボールを持って回しても、敵陣に押し込んで行っても、そこではまだまだ「焦じれったさ」がある。「煮え切らない」とも言えるし、敵にとっては「怖くない」。
せっかく4人のコンビネーションで攻撃出来ているのだから、そこからもう一歩。
まさに4人ともにゴールを狙うより直接的なプレイが増えてほしいなぁ・・と思う。



スタメンを入れ替え、良くなったと思うけれども引き分けたG大阪戦。
色々思うところはあっても、しかし試合ごとに良くなってきている点はあるし、そして初戦以外は・・負けていない。
なかなか勝ちきれないけれども。

そうなりゃ、もう、今週末のHome北九州戦は、是が非でも勝ってくれ!
勝てばチームはぐぐっ!と上昇ムードをつかめるハズ。これまでの引き分けも、負けなかったという支えになって、さらに次のステップに挑めるハズ。

もし負ければ、引き分けは勝てなかったプレッシャーとなり、チームとしては苦しむだろう。



スタメンをどうするのか。
兵働の起用はどうなるのか。
大塚や、その他の選手たちをどのように交代カードで使ってくるのか。

いろいろ楽しみである。


3月31日(日)、Home北九州戦。
がんばれ・・!!!




テーマ:ジェフユナイテッド市原・千葉 - ジャンル:スポーツ

AwayのG大阪戦は引き分け!なのだけどまだ見てない・・ぬぬ。
いやね、昨日はお仕事だったの!
朝から!
夜まで!

しかも普段はスーツを着てないお仕事なのだが、
だけど昨日はずっと一日スーツにネクタイ、革靴という装いで疲れたの!

部屋に帰って、さあスカパーの録画をみるべし!と思っていたら、
ぷしゅっと缶ビールを空けたりなんかしたら、

前半途中に寝落ちしてしまったのよーーーーーーーーーらんらん、らららん。



自宅のソファは無印良品のビーズクッションなのだが、適度に位置や向きを調整して背中を預けると、これまたぐったりまったり寄りかかって居眠りするのにちょうどいいのですよ・・。
2010年W杯の時に、知人宅で友人連中集まって日本xオランダ戦をワイワイ見た事があったのだが。その時、知人宅にこのクッションがあって、「おお、これは!」と速攻で購入したものである。あれから約2年半経つけれども、そろそろへたってきたが・・1万円を超える品だけに、まだまだ買い替えなんかせずにひっぱるつもりである事よ。


で。
このG大阪戦。

勝った負けた引き分けた、よりも。


ケンペスに代わって、南がスタメン!
金に代わって、大岩がスタメン!

この二つがかなり大きいと思うのですよ。


という事で。
今日は仕事が終わって帰ったら、今度こそ録画見るのだ。
見るのだ。
見るべし。
見らいでか。



・・寝落ち、よくないね。


テーマ:ジェフユナイテッド市原・千葉 - ジャンル:スポーツ

噛み合いきれなかったHome鳥取戦。
週末はG大阪戦だーっ!
自分はお仕事だけどなっ!

それに今のジェフは、まずは自分たち自身の歯車をかみ合わせないとどうしようもない状況なので、相手がどこであれ誰であれ気にしている暇はないのだけれども(笑)


さて、野次とかそーゆーモヤモヤと思った事は昨日のうちに吐き出したので(笑)、
よーやく試合を振りかえる余裕ができたわけだけど。

思いあがりと言われようがなんだろうが、
Home鳥取戦は、全体を通して見ると、ジェフが勝ってもおかしくない試合だったと思う。
それまでの3試合よりは、ここが良くなったよね、あそこが良くなったよね、と、いくつも良かった探しはできる。だけど去年から続くジェフの悪癖はいくつも残ってるし、それ以上に・・この戦い方だったら、続けて良くなるってわけでもなくなくないない?という気持ちもちょっとしてる(笑)



で、選手個々はどうだったのか・・と、気になった順に思い返してみる。


目についたのは、ケンペスの意識がこれまでよりも広くなって、しきりと谷澤や米倉、ジャイールに何度も何度も声をかけ、しきりに身振り手振り、さらには指笛までして、ポジショニングやスペースの使い方を選手同士で調整しようとしていた事だ。そのため、ケンペスが下がってボールを納めるシーンが増えたし、谷澤がより広く動いてボールを持つ回数も増えたと思う。

一方で、ケンペスは、足元深くにボールが入りすぎてそこでばたばたして、ボールを失ったりパスコースを切られたりというシーンも目立った。これはそれだけチャンスにつながるようなプレイ機会が増えた事の証でもある。
もちろんケンペスのそのミスは、いろんな要因があるだろう。トラップの際のボールの置きどころが悪いのか、それとも体の向きや受け方の問題なのか、出し手とのリズムなのか。しかし細かいステップワークや体の向きや重心を翻すような俊敏な動き、そういったものを、そもそも苦手としている印象だ。
去年の藤田や、場合によっては最前線に立つ機会のある南、彼らのイメージでボールを送ると、ケンペスでパスワークが詰まってしまう事は、今後も続くだろう。それであればそれで、どうつないでいくのかを感が無きゃならんのだけど・・ケンペスをポストに使うのであれば、ハイボールや浮いたボールを送り込んで、地上戦でのポストプレイは選択しから外すのも一つかも?と思ってしまった(笑)


ジャイールに目を移せば。
この日は、今までの空回り感がかなり消えて、活躍していた。
得点だって、武田にがっちりマンマークされて体を押さえられたところから、フットサル仕込みのテクニックで身を翻しての突破なのだもの。正直、あの得点は、ジャイールの個人の力があってこそだった。
その得点のシーンだけではなく、試合全体を通してこの日のジャイールは、今までよりも良かったのだけれども、彼個人のプレイとしては実はあまり変わっていないと思う。
変わったところは、その後ろ、金がより積極的に駆け上がっていた事だ。
それによってジャイールはパスの選択肢が増える。さらにいつもであれば敵のDMFとSBの二人でジャイールが囲まれるけど、金の駆け上がりによって敵守備陣を一人引き剥がす事ができる。その分、ジャイールは必然的に楽になる。思えば、ちばぎんカップのジャイール大活躍!の時は、渡邊圭二が絶好調であったなぁ・・、ぐすん、ぐっすん、ぐっすんおよよ。


金。
どうしても、あの同点弾に直結したクリアミスが目立ってしまうけれども。
うん、あのミスそのものは、どう言い繕ったってミスだけど。
彼もまた、今までのリーグ戦と比べて一番良かったと思っている。
あえて気にして見ていたけれど、やっぱり敵との攻守で1対1になれば、局面の勝負はほとんど金が勝ってるハズ。ボール奪取まで行かずとも、ボールをピッチサイドに出したりクリアしたり、少なくともサイドからの突破は食い止めていた。ハイボールにしたってそのまま敵にやられてるシーンはない。

ただ、致命的にSBというポジションに不慣れなところが目立ってしまう(苦笑)
あのパスミス以外にもいくつも「やべ!」というミスがあったしね。

例えば、「そこは金が攻め上がるタイミングだろう」と思っても、金がなかなか動けない。それがここ数試合で分かってきてるから、山口も谷澤も、金の前のスペースにボールを出せない。よってプレイの選択肢が狭まるし、チームとして窮屈になってくるし、敵は楽になる。

この日は、その悪循環が少し良くなった。金が今までより前に上がるようになり、それによってジャイールが楽になったのは、先の通り。その攻め上がった金、しかしクロスを上げてくれ!というポジションに、何度もいい感じで駆け上がっていた。やはり攻撃面でもポジションに不慣れなところが出てしまい、クロスまでやり切ったプレイは少なかったけれども、しかし今までに比べれば一歩も二歩も良くなっている。
結局、金の場合は、サッカー選手としてのポテンシャルや技術という問題以上に、起用ポジションとチームのプレイスタイルとの組み合わせの問題が大きいのだろう。


そういえばあの同点弾につながったクリアミス。
あれは、山口と金とで、致命的にイメージがズレていたのが、一番のポイントなのだろうなぁ。

敵二人にプレスを受けて囲まれた山口が、まさかあそこで自分にボールをつないでくるとは、金は思ってなかっただろう。山口からショートパスが来て、びっくりした金に敵が猛プレス。慌てた金がボールの受け方/タイミングをミスって、足元に入れてしまい、クリアがああなってしまった。
誰のミス?・・となれば、金のミス。
しかしその金のミスの原因は?・・となれば、そこには山口のプレイ選択も引き金に入って来る。

同点の後、しばらく、ずっとずっと長く、10秒も20秒も天を仰いでいた山口が印象的だった。



今のチームは、ジャイールとケンペスを活かしつつ、ボールを回して攻めていきたいのだろうけれども、全体の攻守のバランスがなかなか作り切れていない。
バランスを取る事を優先すれば、他のスタメンの選択肢もあるだろう。
渡邊圭二が怪我してなければ・・という忸怩たるものもある。

あちこちにチームとしての歪みがいっぱいあるのが正直な印象だけど。
しかし最後には笑って昇格できるように、少しずつでもチームの力を積み上げるための、鈴木監督の選択だと思って、誰がピッチに立っても、自分は応援したい。


がんばれ!



テーマ:ジェフユナイテッド市原・千葉 - ジャンル:スポーツ

悔しいけれど、モヤモヤ!とするけど、でもぐっと我慢の鳥取戦。
いろんな事に、いろいろと物凄くモヤモヤ!とする鳥取戦だったから、
落ち着いて試合を振りかえるなんてできないので、とりあえず言いたい事だけ書く。


サポの「シュートを打て」コールなんて、いやだよ!!!!!!!


あんなフクアリはイヤだよ、
それよりも応援しようよ、
サポってのは、応援するためにフクアリに足運んでんだから!

でも、あのコールの気持ちはわかるよ、自分だって腹のなかで「ぁー」とか「ぅー」とか呻きながら試合見てたよ、でもさ、ボール回しながら敵の守備陣をずらしていくのはやり方なんだから、攻めきれない事にフラストレーション溜まるのもわかるけれど、そこにサポが切れてしまったらダメだよね!?
フラストレーションがどれだけ溜まっても、
それでもポジティブに応援するのがサポの大前提じゃないかしら。ららら。
だから野次もダイッキライだしな!

せめて試合後のブーイングでそれを表現するべきだと思ってる。


あとさ、あちこちで金がすっごく叩かれてるけれど、叩かれるのもわかるけど、
それを選手コールの時に露わにしちゃだめだろーよ!

ピッチに立つ選手なんだから、応援しようよ!


正直に言えば、渡邊不在の今、ジェフの左SBに起用するべきは、金が最適解か?と言われると悩むけれども、例えば大岩(去年イメージ)の左SB起用というアイデアよりは金の方がいいと思ってる。青木良太と山口慶の左SBよりも、金だと思う。個人的なサカツク妄想だと、高橋峻希を起用したくなるけれど。

金が起用される理由はシンプルで、その守備力だろう。
だって、昨日、1対1の守備ではほとんど完勝してハズ。
昨日に限らず、敵と1対1で攻守の局面に持ち込んだら、金はかなり強い。
大岩は、去年、そこで負けてるシーンが結構多かった。

確かにパス回しは苦手だし、プレイイメージは周りと噛み合ってないし、左SBのポジショニングは全く不慣れだし、スペースを使う感覚も常にとまどっており、さらに左SBとして敵選手の誰につくのかそれともスペースをケアするのかの判断もゴニョゴニョだし、そこから何度もピンチはあるけれども。
さらに言えば、第1~3節までは、攻め上がることでジャイールをフォローできなかったから、ジャイールのプレイの選択肢は狭まり、中盤MFとパスをまわすかサイドチェンジ、もしくは彼個人の単騎突破しか選べなかった。それも金の左SBによるネガティブ要素。

それだけ言ったら、ネガティブ要素の方が多いじゃん!という人もいるだろう。
いくら個人の守備が強くても、それだけネガティブ要素があったら、結局、トータル的な守備面では弱点じゃね!という人もいるだろう。

でもそういうのは、プロの監督はサポ以上にわかっているハズで、それを踏まえても起用しているんだから、少なくともそこで選ばれて選手はピッチに立ってるんだから、彼らをサポが応援しないでどーするのか!?と。


試合のモヤモヤ以上に、なんというか、フクアリの空気と応援にモヤモヤとしてしまいました。
はい。



自分はあくまでもブーイングしたくないし、
野次なんてダイッキライだし、
ジェフのユニフォームを着て、ピッチに立つ以上、それが誰であっても応援する。
(ユニフォームを投げ捨てた選手はゴニョゴニョだけどなっ)

自分はそういうスタンスでサッカーに接するので、
昨日の、フクアリはダイッキライだ。


「シュートを打て」コールなんて、
それを叫びたいサポの気持ちはめっちゃわかるが、ものすごーくわかるけど、
そうだよね、見ててモヤモヤするよね、悔しいよね、って思うけど、

でも、あんなコールは二度と聞きたくない。








おまけ:1
試合前、選手入場後。
岡本が金の方をぽんぽんとしたり、しきりと話しかけていた。
励ましている、リラックスさせようとしている、そんな印象だった。

数年前のAway横浜FC戦、ボールガールの一件以来、岡本イイヤツ!と思ってる自分だが、
昨日のそのシーンを見て、改めてまた、岡本イイヤツ!と思ってしまった(笑)

でもって加えて。
金、
それだけ、プレッシャー受けてるのかしら・・。



おまけ:2
かつてジェフに在籍した武田と奥山。
その奥山に恩返し弾を浴びてしまったが、それはそれとして、だ(苦笑)

試合前の選手紹介では大きな拍手があり、
そして試合後、二人がHomeゴール裏の前まで走ってきて、挨拶してくれた。
その二人に、ジェフサポから大きな拍手。

あの拍手が、ジェフサポのジェフ選手へのあてつけのような印象だったけれども、
同時に、少しでも「良かった探し」したい気持ちの行き先だったとも思うけれども、
でも、あの拍手は感動的だった。

奥山はすげー走ってた、ほんっとにがんばって走ってた。
武田もむきになって攻守に走ってた。
二人とも表情が想像できるくらい、がんばってた。

がんばれ、二人とも。



テーマ:ジェフユナイテッド市原・千葉 - ジャンル:スポーツ

守り切ったAway栃木戦!
順調に体重を減らしているダイエットですが、ある程度、体重を落として体のサイズも十分変化したので、今度は体質改善シェイプアップだー!、でもって自転車でもっと遠くまで行けるようになるんだー!、めざせ100km走ブルベ!・・という事で、ジムに入会したのはいいのですが。

3月17日、栃木戦の前に午後イチでジムに行ったはいいものの。
初回なので初心者カウンセリングを受け、「では血圧チェックを」となったわけだが。

自分、血圧が上が165、下が120!

そしたら、
「高いですねー、決まりなので筋トレはNGです」
だって!

立派に中等症高血圧ですよ!

・・まぁ、前職の健康診断でもそれくらいの血圧になった時はあるんだけど、最近は130-90くらいで落ち着いていたので安心していたのだが。
ぬぬぬ。

結局、ジムに行ってひたすら有酸素運動で帰ってきました。
はい。

テヤンディ、青森県人は塩が好きなのさーっ!
行きつけの焼き鳥屋では、自分があまりに追加の塩を頼むもんだから、今では何も言わずともお猪口サイズの小鉢にお塩を盛って出してくれるようになっちまったのさー!
ましてや父方は筋金入りの脳溢血家系で、父親も高血圧からくる心臓のヘタレで何度か心停止してるしな! まだ健在だけど!


・・ってなわけで、試合の前にオロローンな事がありましたとさ(笑)



で、Away栃木戦。
結果は引き分け、今年も鬼門グリーンスタジアムでは勝利ならず!

なのだけれども。

勝利よりも何よりも、正直、良く引き分けた!
でもでもこれ、シュート数はすげー差をつけられたけど、勝つチャンスもいっぱいあった!
そんな印象。

もともと松田監督率いる栃木とは、チームスタイルが江尻ジェフ&木山ジェフ&鈴木ジェフともに悪ハマりしてしまう。栃木の狙い通りにがっちりとジェフが噛み合ってしまう。
そんな相手なのだが。
この日はさらに、グリーンスタジアムのピッチが固い?荒い?せいもあったのか。
ジェフの選手たちが、簡単なプレイなハズなのにパスやトラップでミスを重ねてしまう。

さらに札幌x栃木戦とは全くちがって、栃木の前からのディフェンスがかなり厳しい。
谷澤はもちろんだけど、
勇人や健太郎のところで余裕をもってボールを持てない。
ちょっとボールを下げると、山口/竹内のところにまで廣瀬や近藤が圧迫してくる。
金も狙われている。

その中でもジェフはボールをつなごうとしていたのだけれども。
解説に何度も言われていたが、何はともあれ谷澤をはじめとするジェフのアタッカー陣が、バイタルエリアでボールを持つシーンがかなり少ないのが痛かった。
谷澤、勇人、健太郎。
ジェフのビルドアップを担う彼らを抑え込んでいたのは、パウリーニョ。
廣瀬や近藤がジェフのDF陣にプレスをかけてパスコースを狭め、追い込んで、そこからパウリーニョが食らいつく栃木の守備。菊岡も高木も決して守備をサボらず、パウリーニョがジェフを抑え込んだその後のセカンドボールを拾い、つないでいく。

ジェフとしてはそれをなんとかかいくぐりたかったのだが・・。
札幌戦も4-4-2のキレイなラインで守備を固められた。
敵のバイタルエリアには河合という強力なボランチがいた。
ジェフはバイタルでボールを持てずに、攻める糸口、リズムがつかめなかった。
ん、んん。

既視感、である。


こういう守り方に、去年までも・・そして今年も、ジェフは苦しんでしまう。
これじゃエステバン擁する神戸にも苦戦しそうだな、と思いつつ。

でもさ、負けなかったよ!


ケンペスは、前を向くターンは遅いし足元にボールが入りすぎてしまうとオロロとなるけれども、しかし体は強いのでそうそう当たられてもびくともしない。その強さを活かして前線で戦ってくれた。
ピッチに苦しんでる様子はあれども、勇人も健太郎も攻守に走り回って、ビルドアップの糸口を探し続けた。いやはや、健太郎様々!な試合だったと思う。
金も、いろいろ言われてるけれども、自分はかなり重要な選手だと思ってる。
たしかにSBとしての動きや細かいパスワークには不慣れだけれども、あの体の強さ、対面での守備の強さは、その短所を補って余るほどの武器だと思う。

だから、よく粘り切った。
よくよく、敵のペースのなかで最後の最後はゴールに鍵をかけ続けた。


だって試合のリズムは栃木だったしシュート数も倍以上打たれたけれども。
バイタルエリアを攻略されたピンチなんて、そうそうなかったよ!


浅はか素人の妄想としては。
ここでベンチにはいった大塚も見たかったなぁ・・とか。
ジャイールをもうすこし早めに下げて、谷澤/南/大塚/米倉の攻撃陣を見たかったなーとか。
そんな風に妄想してしまう。

大塚や井出や町田に、南ほどのフィジカルがあれば理想なんだけどね!



未だ勝ったことの無いAway栃木戦は、今年も勝てなかった。
引き分けに終わってしまった。

しかし、負けなかった。

それを良し、と思う。
やられてしまえば、やはり今年も「またか」となるけれども、負けない事のリアリズム。


一年間、勝ち点を積み上げていくしかないのだから。


さあ、中二日で連戦、明日も試合。
次は久保に武田に奥山のいる好調ガイナーレ鳥取!

久保は契約で試合を欠場だろうけれども。
武田!
奥山!
さらに志垣コーチ!
フクアリ凱旋!である!


負けちゃいけないよね!


がんばれ・・・!



テーマ:ジェフユナイテッド市原・千葉 - ジャンル:スポーツ

週末は、苦手Away栃木戦!
先週は、ィャーンなイメージのあるAway熊本戦だったが・・熊本の守りがかなりスペースを与えてくれた事もあり・・ケンペスに谷澤、米倉が躍動、さらにスーパーサブ南が輝き、結果は3-0、快勝!だったわけだけど。
しかし、「あらあらどうしたの?」的にジェフがばらばらになりかけた時間帯もあった。

顕著だったのは、後半の序盤。
ちょうどジャイールが1対1を外してしまった後のあたりから、南が投入されるまでの時間帯が一番酷く、二度三度とジェフのゴールを脅かされた。幸い、熊本の選手がシュートを外してくれたから良かったものの・・ここで同点にされていたら、「勝者のメンタリティ」に欠けるジェフだもの、逆転されてしまったんじゃなかろうか。
(つか、「勝者のメンタリティ」ってちょっと懐かしいフレーズになってしまったな 笑)

前半も、ジェフの中盤が敵をなかなか捕まえ切れずにパスをつながれて脅かされたり、
不慣れな左SBのポジショニングに苦しむ金の裏を狙ってパスをつながれたり、
ラッキーなゴールで先制したはいいけれど、それは決してスコアほどに「強さ」を示せた試合だったわけじゃない。かえって不安を掻き立てる要素の方が目についてしまう内容だった。
しかし。
だからこそ、そういう内容だったからこそ、札幌戦からの前進と、そして苦しみつつも掴んだ勝利という結果を喜びたいとは思うのだけれど。

であれば、
この週末の試合も、決して楽なものになるハズがない。
ただでさえ0勝2分1敗と苦しんでいるAway栃木戦。しかも率いるのはJリーグ屈指の戦術理論の松田監督。
今のジェフが抱える両SBや中盤の守備バランスを狙ってくるのはまちがいない。


ってなわけで、札幌x栃木戦の録画を見てみたわけだ。


基本的には4-4-2。
2トップに近藤とサビア、2列目にクリスティアーノと菊岡、そしてDMFに高木にパウリーニョ。
栃木というと、どうしても固い守りをベースに、対戦相手の弱点に対して戦術的に狙いを定めた鋭い攻撃、というイメージがある。

なのでまず、栃木の守備はどんなだったかというと。
完全に守備体制を敷くと最終ラインの4人がぎゅっとコンパクトにポジションを寄せて・・それこそ両サイドを捨ててしまうほどに、中央で固くブロックを作る。そこにパウリーニョが一枚加わって、4+1の堅陣。そういう守り方を試合中に何度も見せていた。中央が固くなる半面、どうしても両サイドにスペースが出来てしまうが、そこは突かれてもしかたない、中央で跳ね返してやれ!そういう守り方なのだろう。しかし古田をはじめとする札幌のアタッカーに、サイドから守備ブロックの裏を狙われると弱さを見せていた。

また、そのように中央に堅陣を敷く一方で、前線の守備が微妙な部分も見せていた。
今までの栃木は前線から賢いチェイスを繰り返し、自軍の守りの固いところ(パウリーニョ他)に誘い込むような守りをしていたと思うのだけれども。札幌戦ではあまりそういう印象は受けなかった。
録画だったのでカメラのアングルのせいもあるかも、だけど。
誰かが守備をサボってるわけじゃない。しかし守備において距離感が遠く、ばらばらな印象である。

これをジェフの攻撃陣と組み合わせて妄想すると・・。
ジェフがボールを持つ時間は長くなるだろうが、それを栃木ががっちりと守備体制を組んで虎視眈眈と迎え撃つ・・そんないつもの展開。
ぎち!と中央をかためる栃木だが、その分、サイドは空いている。

しかし、そこに駆け上がってクロスを上げられる渡邊はいない。
また、右の高橋は、スペースを突く速さと運動量はあっても、敵DFにコースを切られると(水野や米倉のように)単独単騎で突破できるわけではない。
なので前線のアタッカーだけで、無理に攻め込もうとしても・・。
ジャイールがサイドでボールをもって、こねてしまえば栃木の守備の餌食になるだろう。米倉が、ムキになって突撃しては跳ね返されたり、谷澤がドリブルでうろうろしてしまう間に囲まれる、そんな想像をしてしまう。

ジャイールや米倉が単純にサイドを使うだけでは、栃木にとってしめたもの。
ジェフとしては、どれだけアタッカーを栃木守備陣の裏に送り込めるか、もしくは、そういうスペースを敵の守備陣にこじ開けられるか。

ボールを左右に振って、敵守備陣をスライドさせ、そこからズレを狙うであったり、
中盤でのボール奪取からのショートカウンターであったり、
ケンペスをはじめとする攻撃陣がポジションを出入りしてマークを混乱させたり、
色々とあるとは思うけれども、
ジェフがどういう狙いをもって栃木戦に挑むのか、怖いけれども・・楽しみである。



また栃木の攻撃は・・となれば、
近藤のフィジカルの強さはもうとんでもないし、サビアには去年やられたし、クリスティアーノは(連携はまだいまひとつだけれども)やっぱり上手いし、セットプレイは怖いしと、色々と怖い武器がいっぱいある。
菊岡と高木のセットプレイも、これまた去年やられただけあって、やっぱり怖い。

札幌戦では、そんないろんな栃木の武器の中で、一番こわかったのはやっぱり高木だった。
パウリーニョを支えつつ、チーム全体の攻守のバランスに奔走し、かつ、好機にズバッ!という縦パス。
札幌x栃木戦の決勝点は、この高木の一発のパスで、札幌守備陣が廣瀬に裏を取られてやられてしまったもの。得点にはつながらなかったものの、それ以外にも何回か、おおっ!という縦パスを通している。

金や高橋峻希の裏、ジェフの両CBの横は間違いなく狙われるだろう。
勇人が前線に駆け上がり、そこに空いたスペースを菊岡に使われ、健太郎がフォローにまわったところで、高木から栃木FW陣にパスが通ったりだとか。

栃木の堅陣を攻めあぐねたジェフに、高木を軸にした栃木のきつい一撃が妄想できてしまう。


あああ・・・。
怖いよ(笑)


だけど、だからといって長いリーグ戦、一つ一つジェフは強くなっていくしかないわけで。
札幌戦と熊本戦で見せた修正点を、さらに栃木戦で前に進めてこれるのか。
そして何よりも結果を出せるかどうか。

がんばったね、残念だったね、じゃ、いつまでも昇格できやしない。

勝つために、勝ってJ1に昇格するために、栃木のような苦しい相手にどういう試合が出来るのか。


まだシーズン序盤だけれども。
そういう試合になりそうな気がする。


がんばれ!




テーマ:ジェフユナイテッド市原・千葉 - ジャンル:スポーツ

3月10日(日)は、福島の応援にも行ってきたよ!
生まれは青森県八戸市だけれども、お仕事の都合で、福島県や岩手県にも数年間住んだことがあり。
でもって何度も遊びに行ったし、これまた仕事の絡みもあって宮城県にも愛着があり。

よって。
あの大震災は、いろいろと思うところが多々あるのだけれど。

本当に、本当に、心から。
無くなられた方々のご冥福と、一日でも早い復興と、そして新たな生活の幸運を、祈ります。

自分がかつて住んでいたとある場所は、現在、放射能のせいで立ち入り禁止だしなっ!


とまぁ、そういう事もあって、もともと東北地方のクラブに対しては、ジェフを応援する気持ちとはまた別の勘定がある。ジェフの次に、だとやっぱりベガルタ仙台を応援したくなるし、その次だとモンテディオ山形にも頑張ってほしいし、そうなると今度は北国つながりで、コンサドーレ札幌や、ちょっと遠いけれどもアルビレックス新潟、という風に、こう・・応援したい気持ちが続いていく。

関西から向こうは、東北生まれ東北育ちの自分にとっては、そりゃもう、異国ですよ、マンガや歴史の世界ですよ(笑)九州や四国なんてはるか遠くですよ!
実際行ってみると、もう、山とか森の木の雰囲気が全然ちがうのなぁ・・。


そういう自分としては、だ。
今年からJFLに昇格して、さらにはJを目指す、となる福島ユナイテッドは、そりゃもう応援しないわけにはいかない。ジェフのように毎試合追いかけて、選手の移籍動向も追いかけて、一喜一憂やきもきどぎまぎ・・って事はないけれども・・

しかし!

3月10日(日)がJFLの開幕戦と決まり!
しかも、観戦に行ける関東圏内、町田との試合だとわかり!
チェックしたら、その日のジェフはAway熊本戦であり!
さらにさらに、福島は13:00キックオフ、ジェフは18:00キックオフ! 重なっていないし!

自分にとって、こんな都合の良いタイミングはありゃしない!
行くしかあるまい、あの町田に!
改装なった町田市立陸上競技場!

すげーキレイなスタジアムになってましたよ!


【試合】
組織だって守る福島。
JFL初戦ということもあって、かなり気合入ってる。選手が走り回る。
町田の方が個々では上回っているけれども、しかしそれを頑張りと組織でカバー。
前半開始早々に、右サイドの突破から元栃木の鴨志田がゴール!先制!
あとはこれを守り切って勝利、だったわけだけど。

福島は、JFL、今年はけっこう頑張れるんじゃなかろうか。
この調子で戦えば、残留はできる気がする。
得点した鴨志田はもちろん、白井、金弘淵、益子、こういった選手たちもがんばっていた。

一方で町田。なかなか攻めの形が見えなく、厳しげ。
後半はかなりもりかえしたけれども、それでもハイボールを中心にしたピンボールのような流れから、個人で福島を押しこんだ流れ。あとはセットプレイはチャンスにつながっていたように見えるが。
しかし・・。

選手たちの名前も背番号も覚えていないから、ジェフ観戦に比べてかなりいい加減な印象だけれども(あと後述の大花粉嵐のせいもあって目がしばしばすぎて)そんな風に感じた。



【花粉】
いやね、もうね、町田x福島戦の一番のインパクトはこれですよ、花粉ですよ!
鶴川駅を降りたあたりでもう目がしょぼしょぼになりつつ。
バスを待ってる間にも、くしゃみを何度か。
しかし、それまでは良かった。そこまでは。

問題はハーフタイムのあたりから、バックスタンドの向こうの空が、ずぁぁぁっ!と下から黄色く染まっていくのですよ! で、風も強くなって、一気に花粉が来襲!
ちょっと置いとけば、スマホの画面の上に黄色い花粉がちらはら降り積もり、
帰ろうとバッグを持ちあげれば、その表が花粉でざらり。
帰宅中の電車の中では、つらいので目を閉じてハンカチでぎゅーっと。

町田は花粉が多いのかしら?
排気ガス等、新宿の方が空気汚いんじゃね?と思うのに、小田急線を降りた新宿の空気の方が、ずっと呼吸が楽だったよ・・。

ええもう。
部屋に帰ったら最優先でシャワーを浴びて花粉を洗い流したとさ。

それでも、服やカバンに花粉をくっつけて部屋に持ち込んでしまったせいか、まだ微妙に残ってる気がする(笑)
自分、花粉症・・ではない、ハズ、なんだけどなぁ・・。



【応援】
そりゃええ、福島を応援するつもりで行ったので、福島側のAwayゴール裏に座ったわけですよ。
でも。
まるっきり初耳のチャント、メロディ、選手の名前。

音痴な自分には歌えません!!!

よって、「ふくしまゆないてっ!」とか、「ふくしまっ、れっつごっ!」とか、そういう時だけ声を出してました。拍手もねー、ぱんぱんぱん、だったら手を叩けるけれど、ぱんぱぱん、ぱんぱん、とかリズムに変化がでるともうお手上げです。
選手ごとに結構いろんなチャントがあるっぽいのだが、ほとんど追いつけませんでした(苦笑)

あと、Awayグッズ販売はなかったのだが、ゴール裏でサポーター団体?クラブ関係者?らしき方々が、タオマフを販売。買っちゃったよ!



【久しぶりの福島銘菓】
ゴール裏ちょっと離れたところで大きな声を出して応援していたおばちゃんがいて。
そのおばちゃん、ハーフタイムにお菓子を周りにくばってくれた。

「福島のお菓子なんです、どうぞ食べてください」って。

で、自分も一つもらったのだけれども・・ふと見てみたら、エキソンパイ!
うぉ、懐かしい!!!

仙台に銘菓「萩の月」があるように!
福島には「エキソンパイ」「薄皮饅頭」「ままどおる」があるのですよ!
向こうに住んでた頃、何度も食べたよ!

めっちゃなつかしかった・・・・!!!!




しばらくはまた福島ユナイテッドの試合に行くチャンスもないだろうけれども、機会があれば、またぜひ応援に行きたいものだ。ジェフを応援するのとは、なんかこう、また別だしね(笑)
隣県のグルージャ盛岡やガンジュ岩手もがんばってほしいし。
ほんとの地元の八戸の、ヴァンラーレ八戸もがんばっておくれ。

今年は東北社会人リーグ1部だしな!




※ラインメール青森やブランデュー弘前は・・同じ青森だけど、うん、南部vs津軽的にはライバルだよね(笑)



テーマ:ジェフユナイテッド市原・千葉 - ジャンル:スポーツ

Away熊本戦は、危うさナイーブさを露わにしつつも3-0で初勝利!
勝ったことの無い、苦手、Away熊本戦。
そして開幕札幌戦でのあの「ていたらく」。

お願いなんとか勝っておくれ!と願いつつも、しかし、不安要素は数多く、ましてやスタメンメールを見た瞬間に「兵働がいないぃぃぃ!? ひょうどーーーー!?」となってしまったわけで。

そんなAway熊本戦。
蓋を開けてみればおっとびっくり3-0で完封勝利&シーズン初勝利ですよ!
ぃゃっほぅ!


兵働が怪我で欠場した代わりに佐藤健太郎がスタメン。
チームの守備バランスは、彼の力で大きく改善される。確かに兵働だって守備をさぼるわけじゃないし、彼の得点を狙うパスはジェフにとって欠かせない武器だけど。佐藤健太郎だって、チームを前に推進させる縦パスを入れることができるし、何よりも局面に応じてスペースのケアや、対人守備フォローなど、彼ならではの良さがある。
ましてや左SBは、ポジションに不慣れな金。
ポジショニングや局面判断、細かいパスワークなど、今の彼が苦手とするポイントからピンチが生まれ、そのフォローに山口智と二人、ものすごく活躍していた。

昨日のジェフの勝利の立役者の一人は、佐藤健太郎で個人的には信じてるっ!


そしてケンペス。
初戦の札幌戦では、周囲との動きが噛み合わず、他の選手もケンペスを上手く活かせず、谷澤や米倉とはスペースを潰し合ってしまい、上手くいかなかった試合の象徴のようになってしまった。
そもそも、体がまだまだ重そうだったし。

しかし熊本戦では動き方が格段に改善!
体のキレも・・本調子にはまだまだだろうけれども・・良くなったし、それに何よりも周囲との連動(ポジショニングやスペースの使い方/受け渡し)が見違えるようだった。
本人のコンディショニングの問題もあるだろうけれど、選手同士でのコミュニケーションはもちろん、鈴木監督や江尻コーチがこの一週間でかなりその点を練習したのだろう。

ケンペスが最前線で体をはる事もあれば、引いてスペースを作り、そこを米倉やジャイールが使うシーンもあり。藤田とはまた違うCFとして活躍。彼がさらにチームに馴染んで連携が良くなり、コンディションも本調子になってくれば・・!
楽しみである。

昨日はそのケンペスがなんといっても2ゴール!

1得点目は、ゴール左上を狙って打ったシュートが熊本DFの背中に当たってコースが変わり、ゴール右側に転がり込んだもの。完全に逆をつかれたGK南は、彼がいくら名手とはいえ、ボールを見送るしか他はなく。
ジェフにとって貴重な先制点となった。
そしてケンペスにとっても、かなり気持ちを楽にさせるゴールだっただろう。

ケンペスの2得点目は、ジャイールが南に交代し、そして米倉が追加点を奪ってからのダメ押し弾だった。
佐藤勇人が右サイドでボールを持って、溜めて、敵の意識やポジショニングを右にずらしたところから、サイドチェンジ。それをケンペスが体のバネだけで高く飛んで南に落とす。。
敵ゴール正面でボールをもった南が、自分でも打てる!左にはケンペス!右にももう一人!
そこからケンペスに絶妙なパス。
ケンペス本人も「後は決めるだけ」というキレイな連携だった。


米倉の2点目は・・いやもう、あれはチームを救った得点だったと思う。
ジャイールが敵GKとの1対1を外して少ししてからの約10分間。
ジェフはピッチ上の選手がばらばらになり、ぼろぼろになり、連携も何もなく、「チーム」ではなくなってしまっていた。何度もピンチを迎え、あそこで同点にされていたら・・正直、逆転までいっきにひっくり返されていたと思う。
それがジャイールと南の交代をきっかけに、ジェフがチームプレイを取り戻しはじめる。
パスワークの中から、佐藤健太郎がやわらかい縦パスを入れる。
これを南が受け、敵守備陣の裏に抜け出した米倉にスルーパス。
米倉がきっちり決めたゴールだった。


この米倉の1点で、ジェフは落ち着きを取り戻した。
選手もサポも、いっきに盛り上がり、ピッチ上の動きやリズムがまるっきり変わる。


ゴールの持つ力。
そして決めたのが、米倉。

この二つが、ジェフを立ち直らせたのだろう。




兵働の欠場によってチャンスをつかみ、彼とは違う「良さ」を見せた佐藤健太郎。
スーパーサブ的に大活躍した南。
彼ら二人のスタメン奪取は十分に考えられる。

この日、インパクトを残したとは言い難いが、気合を入れて攻守に走っていた田中佑昌もいるし、伊藤もいる。大塚だって見てみたい。


大きな課題を残したHome札幌戦だったけれども。
熊本戦では、CFと周囲の連携というところで、ひとつ、ステップアップがあった。

悔しい悔しい札幌戦の敗戦も、そうやって乗り越えていくしかない。


さあ、次はこれまた勝利のないAway栃木戦。


がんばれ・・!




※ケンペスや谷澤、南の活躍の理由の一つは、ジェフが良かった、という点だけでなく、
※熊本の守り方がジェフ攻撃陣にかなりスペースを許してしまっていた、という点もかなり大きいよね。
※だから、札幌戦のようにがっちり守られたらどうなるか。
※スペースも時間も、ゆるしてもらえなかったらどうなるか。
※今後のリーグを戦う中で、そこも乗り越えないとね・・。




テーマ:ジェフユナイテッド市原・千葉 - ジャンル:スポーツ

週末はAway熊本戦! 札幌戦からどう前に進む?
ちばぎんカップでウヒョーッ!となり、
開幕 札幌戦で、ぐぬぬ!となり、
期待と失望とでアップダウンなジェフサポの皆様、いかがお過ごしでしょうか。
ええもう、札幌戦は悔しさをかみ殺しながら録画を見ましたよ、ぐっすん、およよ。

さて、そんな悔しさは試合ではらす他はなく。
とはいえ、札幌に復讐するためのAway札幌戦は、秋も深まる11月3日、厚別まで待たなければならない。

その前にどれだけ多くのリーグ戦があることか!


ジェフが勝つのが見たいよー。
でも、必ずしも勝利が必須ってわけじゃなくて、
選手がんばったね、いいプレイしたね、かっこよかったね、そう思える試合が見たいのよー。

どれだけグダグダでも応援するけどさっ!
やっぱりそういう試合を見たいじゃないですか!


ってなわけで、今週末はAway熊本戦。
何かとイヤーンな思い出のあるAway熊本戦。

去年は大雨の中、最後の最後、これまた終盤の85分にミスから武富にゴールを奪われて0-1の敗戦。

んー。
こう、やっぱりここ数年、同じ敗戦を繰り返してますな・・。
(失点につながる原因は、そりゃいろいろ違うかもだけど)


エルゴラのスタメン予想は、開幕の札幌戦と変わらないメンバー。
ケンペスをCFにおいて、2列目にジャイール/谷澤/米倉、そしてDMFに勇人と兵働。右SBに高橋で、左が金。CBとGKは頼れる3人。

スタメンが変わらないのはそんな気がするけれど、サブメンバーはどうなのだろう。
携帯公式の練習試合マッチレポートで好調そうだった、大塚や町田、井出、それにこの前も途中出場した深井に南。彼らにチャンスはあるのかどうか。

札幌戦のあの停滞感、閉そく感、どん詰まり感、ばらばら感。
熊本戦では、そこから少しでも前に進んでほしい。

もちろん、いきなりがらりと改善されるなんてあるわけないから、
一歩でも二歩でも、いやいや、それが半歩でもいいから、もがいてあがいてほしい。


Away熊本戦では、それが見たい。



テーマ:ジェフユナイテッド市原・千葉 - ジャンル:スポーツ

順天堂大との練習試合、開幕では久保に青木孝太に荒田が得点!・・和田が引退!
開幕札幌戦の翌日には順天堂大との練習試合。
大学生を相手に、1-1で引き分け!

・・ではあるけれども。
携帯の公式サイトに、そのマッチレポートが掲載されている。
練習試合なのに珍しいぞ!

深井と田中の突破や、町田と南のパスワークによる敵陣浸透。
さらに選手交代で大塚が投入されると、この大塚が田中や町田と絡んで多数の攻撃チャンスを演出。

ぬぬぬ!
ひ、引きわけではあるけれども、携帯のマッチレポートを読む限りでは、札幌戦よりおもしろそうな雰囲気! まぁ見てないから想像だけなんだけど(笑)


選手同士の連携でチャンスを作っての攻撃、が、トップでも見られるといいなぁ・・。

札幌戦だと、
谷澤がこねて一人でチャンスを探したり、
ジャイールが個人技でねじこんでいったり、
米倉が裏を突いたりぶち当たったりで打開しようとしたり、
そういう一人ひとりが個人でがんばってる事が多くて、チームとしてのつながりは見られなかったもんな。

ちばぎんカップの柏戦は、いったいなんだったのか、と(苦笑)
※相手の守り方やコンディションやスペースの問題や、違いが山ほどあるとはいえ、ね。

その辺がどうなるのか、熊本戦を見る楽しみとしたい。



でもって、久保と青木孝太。
久保は、期限付き移籍で今年も鳥取で戦い、青木孝太は完全移籍で群馬(元草津)で戦う事になった。
この二人、開幕戦でいきなりゴールですよ!!!

群馬の青木は、敵のトラップミスから味方がボールを奪った瞬間、敵ゴール目がけてダッシュ!
パスを受け、敵DFに体を寄せられて密着されるも無理やりシュート。
角度の無いところから、外れる!?というコースで打つが、ボールに回転がかかっていたのか、ピッチに弾みながらボールが吸い込まれていく。
前半22分、先制点!

しかしその直後、前半26分には負傷退場。
大事がないといいが・・。


一方、鳥取の久保。
こちらは、まずは熊本に先制される。ゴール前の混戦を鳥取の選手がカラ振りでクリアミス。そこからさらに混戦で弾んだボールを、藤本主悦がこりゃまた見事なバイシクル! ゴールに背を向けた状態であんな美しい弾道のシュートを打たれたら、GKはたまったもんじゃない。
で、それに対して久保は、味方のパスに反応して、上手く敵守備陣の裏へ突破。右サイドから中央に低いクロスを上げる。鳥取の選手がシュートを打つが、熊本もブロック! しかし、クロスを送ってそのままゴール前に迫っていた久保がこぼれ球をひろい、数歩のドリブルでシュートコースを作ると体をひねってシュート! これが名手GK南を破って同点弾。
さらに元ジェフの奥山が、敵CBの間を割って裏に飛び出し、逆転弾を決める。88分!

サポが盛り上がるような逆転勝利ですよ!


そして岡山の荒田。
こちらも先発フル出場である。
前半25分に長崎の佐藤が先制弾。長崎のクリアボールがそのまま攻め残っていた佐藤にわたり、偶然のようなビッグチャンス。そのカウンター、ちょっと距離はあったけれどもシュートをしっかりと決めて長崎が先制。
追いかける岡山。シュートを打って攻めるも、なかなか長崎の守備をこじ開けられない。荒田もなんどもなんどもチャレンジしつづける。そして時間が流れて・・そして後半45分。フルタイム表記だと89分40秒とか50秒とかそういう時間帯。セットプレイから、長崎ゴール前での大混戦。シュートもクリアもしきれずに、ゴール前で何度もボールが弾み、GKも飛び出し、転がってしまう。そこを押しこもうとする岡山。ボールがバーに当たって跳ね返ってきたところを、荒田が頭で押し込んで・・ぎりぎり終了間際の同点ゴール!

おおう、荒田らしいぜっ!



さらに岐阜では益山がスタメン、しかもフル出場!
(試合は0-2で横浜FCに敗戦)


みんながんばってるなぁ・・!



そして元ジェフの和田拓三が引退を発表。
「報告」(和田公式blog)

J1でダメでも、J2でダメでも、それでも現役を続けたくて・・しかし。
そんな報告。
まだまだ戦える選手だとは思うけれども。
深い事情はわからない。
しかし年齢や言葉、年俸、ポジション、人的コネクション、そういうめぐりあわせ。
その上での決断。

和田選手。
お疲れ様でした。

ジェフでプレイしていただき、ありがとうございます。

横浜FCでまた新たなサッカー人生を・・!




テーマ:ジェフユナイテッド市原・千葉 - ジャンル:スポーツ

札幌戦、「またか」は、またかなのだが、その中味というと。
結果、経緯、からすると、いやもう、頭のてっぺんを鈍器で殴られ、
いいようの無いドロヘドロがお腹の中にずっしりたまり、
徒労というか情けなさに、足腰から力が抜けて、

ぐぬぬ・・

となってしまった札幌戦だけど。


「ドロヘドロ」(wiki)面白いよね!
でもって「シドニアの騎士」(wiki)も大好きさっ!
ああいう世界観、大好き!

ゲームだったら、「Fallout3」とか「メトロ2033」とか「S.T.A.L.K.E.R.」とかね!
(って、全部、海外のゲームですな・・)


さて。
その試合の中身はどーだったのか、という話になると、ちばぎんカップと開幕の札幌戦では、戦い方も試合の運び方も布陣も大きく変わっていた。
というか、札幌戦は戦い方が整備されていないところが多く、急造チームすぎた。

象徴されるのは、左サイドの分裂とケンペスによるスペースの渋滞の二つ。
ちばぎんカップであれだけ輝いていたジャイールは、兵働や谷澤と連携する事ができずに孤立。パスが欲しくて、左サイドのスペースを何度も動き直しているにも関わらず、彼が欲しいタイミングでボールは来ない。ボールが来たかと思えば、彼の前に敵のDFがいるタイミングが多く、ボールをもって無理につっかけるか、スペースを探して中央に流れるばかり。

渡邊が万全であればまた話も違っていたとは思うけれども、金も不慣れなサイドバックでポジショニングやプレイの選択に悩み、試合中に何度も何度も兵働や勇人、山口、岡本から指示を受けていて。山口とのパス交換で判断をミスって敵にボールを奪われ、絶対的ピンチ!を倒して警告をもらってしまった際は、何人もの選手から肩を叩かれ慰められていた。

この左サイドの分断孤立が一つ。


そしてもう一つの象徴はケンペスである。
まだまだ体が重そう、という印象が先に立つのと、上下には動くものの左右にはあまり動かず、そしてスペースを空ける動きもない。特にこのスペースメイクに関する動きの悪さ、連携の悪さがものすごく大きい。
結果として、米倉が狙っていきたいスペースに、ケンペスが先に陣取り・・しかも敵DFにマークされたままだからより密集したままで。そんな中では、どれだけテクニックやフィジカルがあろうとも、突破するには限界がある。
谷澤とケンペスとのパスの出し入れもなかなか噛み合わず。

ケンペス一人が全ての原因ではないけれども、しかし札幌戦のジェフの苦悩はケンペスに象徴されてしまっていたとは思う。


守備に関しては。
みんなボールに寄りすぎじゃね?というシーンが何度も。
プレスをかけるとか、敵のボールホルダーをはさむとか、そういえば聞こえはいいけれども、3人4人と集まってしまう事も多くて、奪ったところで密集しすぎてて、一度下げないと展開ができなかったり。奪えなかったら一気にカウンターを喰らってしまうとか。
そういう不都合さが何度もあったと思う。

ましてやDMFは勇人と兵働の二人だ。
一方が佐藤健太郎であれば、もっとバランスが取れていたとは思うけれども。
兵働は、それこと2列目より前で輝く選手だし、運動量自体はともかく、体力面や足の速さを武器にできる選手ではない。勇人は運動量こそあるが、ガムシャラさが裏目に出て、スペースを空けてバランスを崩してしまうシーンも多い。
そういう二人のアンバランスさも、この試合においては、ジェフのボディブローになっていたと思う。


ちばぎんカップでは、南がその運動量と体の強さで、かなり中盤の守備を助けていたし、谷澤やケンペスと自在にスペースを作り、使っていたし。

それが札幌戦では見られなかった。



ジェフ側に問題があったばかりではなく。
札幌側も、かなり効果的にジェフ対策をしてきたと思う。

中盤では、河合が王様のように君臨。
周囲に指示を出しまくりつつ、ジェフのパスを封鎖していたのが、ものすごい印象的で。
それ以外でも、サイドアタックもしっかりと封じられていたし、ジャイールにも谷澤もなかなか自由にプレイをさせてもらえなかった。



ジェフも自滅した部分と、
それに札幌のジェフ対策とが加わって、噛み合って、
裏を狙い続けた内村に、最後、やられてしまう。

選手も監督も違うのだからそうなってしまった中味、要因は違うのだけれども、

しかし、「試合のストーリー」としては今までの繰り返しである。



敵がどうこう言うよりも、まず、
今はジェフというチームの問題を、ひとつひとつ、乗り越えていくしかない。

これだけ、ダメな試合だったのだから。



まずは熊本戦。

先発は、おそらく札幌戦と変わらないだろうけれども、サブがどうなるか。
町田、大塚、戸島や井出。このあたりが食い込んでこれるかどうか。
その上で、ケンペスの動きがどうなり、南がどういう使い方をされるのか。
ジャイールと、谷澤&兵働が、チームとしてちゃんとつながるか。

あとは守備のバランス。

どのように前進していくのか、楽しみである。


がんばれ・・!



テーマ:ジェフユナイテッド市原・千葉 - ジャンル:スポーツ

2013開幕戦は、終了間際に被弾! 「繰り返す」この悔しさよ
あぉーーーーーーーーん、といろいろと悔しい気持ちがぐっちゃぐっちゃなのだが、
なんにせよ、
負けてしまいましたっっっ テヤンディ!

まぁね、
札幌サポの方々も、開幕セレモニーに失礼なことしちゃいかんと思うな、オレ。
市原市長のあいさつもどーよ?だし。
試合後にはまた、札幌サポの一部の方々の愚行があったという話も聞いて。
さらには、蘇我駅に向かう途中、駅の向こうのビルのてっぺんに自殺未遂者がいて警察?が慌てて保護しようとしているのを、生で見てしまって。

まぁ、いろいろと、ぐっちゃぐっちゃに色々あった日曜日だったのだけれども(苦笑)

その夜、Jリーグサポの知人達とちょうど飲み会があったので、シュラスコ食べまくりの、しゃべりまくりのおかげで、ストレス発散!できた次第。
日曜日に行ったシュラスコ屋は。
一部のシュラスコ屋って、肉の質の問題もあったり、やたらと塩が効いてあったりしてキツイ味のところもあるが、そこのお店は肉も味付けもすごく美味しかった。あと野菜も食べ放題なのはありがたいよね。
あと、サンバタイムがあってダンサー登場!強引にお客もダンスに駆り出されて、お店の中をグレーシートレインならぬ、サンバトレイン!という事もあった(笑)
本来2時間のところを、3時間超も滞在させていただき、その他、いろいろと面倒なお願いも聞いていただいて、そのお店には感謝しております。
ありがとうございますです。


さて。
日曜日の試合の悔しさは、めっちゃくっちゃに悔しいのだけれども、

「試合に負けた」という一事も悔しいし、
開催セレモニーであんな失礼な事をされた相手にさらに負けたという事も悔しいし、
試合後にめっちゃ価値誇られてそれもテヤンディ!と悔しいし、
人伝に聞いたピッチ外の狼藉が事実なら、そりゃもうすっげー悔しいし、
市原市長の挨拶もナンダカナーだし、
いろいろと積み重なるものはあるのだが。

そういうものは、全部打ち捨ててかまわない。

おそらく、ジェフサポにとって一番悔しいのは、「またか」という一点だと思う。
少なくとも自分にとってはそうだ。

最終ライン4人にDMF2人、さらにSHを加えて、7~8人でしっかりとブロックを組んで守る札幌。
ときどきジェフがカウンターに脅かされても、最後は山口や竹内や岡本が個の強さで守り、こらえる。
それを踏まえて攻撃陣が攻めるも。
あまり攻撃に変化がなく、工夫もなく、ボールを持っているけれどもなかなかシュートも打てず、
ムキになって、前懸りになってチーム全体が間延びして、
そんなこんなで、
最後に一発、敵に裏を取られて失点。


この数年間、どれだけ見てきた光景なのか。
ましてや、
あの悔しくて悔しくてどうしようもないほど悔しいプレイオフの敗戦の、林のあのゴールを、まったく全て目の前でリプレイされたかのようで。

その「またか」・・という気持ち。
徒労感、虚しさ。

それが一番、悔しかった。


負けた相手が札幌だろうとどこであろうと、関係ない。
ジェフを打ち負かした相手が、失礼な行為をしていようと、関係ない。
いや、関係はあるのだけれども、それは決して自分にとっては主因じゃない。

だけど、この「またか」は、つらい。


あのプレイオフの悔しさを、また繰り返すのは、いやだ。


選手も監督もフロントも、あのプレイオフの悔しさに甘んじるハズはない。
正面から受け止めて、乗り越えて、結果で証を立てるしかない。
忘れるんじゃなくて。



こんな「またか」は、もういやだ。



テーマ:ジェフユナイテッド市原・千葉 - ジャンル:スポーツ

開幕スタメンを予想してみる
ある程度シーズンをこなせば、あー今年はこんな感じなのねー、と思ってくるのだけれども。
やはり選手が大幅に入れ替わったり、
もしくは監督が変わったりすると、それがどんな起用になるのかハテ?となるもので。

なので個人的な願望優先で、まずはスタメン予想なぞ。

※今週の練習を見学した上での予想でもなんでもないので、全く根拠はありません(笑)


【2013開幕戦 Home札幌戦スタメン予想 (願望版)】
GK:岡本
CB:山口
CB:竹内
右SB:高橋
左SB:渡邊
DMF:佐藤勇人
DMF:兵働
右CH:米倉
左CH:ジャイール
CH:南
CF:谷澤

【2013開幕戦 Home札幌戦スタメン予想 (予想版)】
GK:岡本
CB:山口
CB:竹内
右SB:高橋(金)
左SB:渡邊
DMF:佐藤勇人
DMF:兵働
右CH:米倉
左CH:ジャイール
CH:谷澤
CF:ケンペス


中央のGK~CB~DMFは、ほぼこれでいくんだろうなぁ・・と予想している。
悩ましいのは3つ。

1つは、右SB。
1つは、左SB。
最後は、CF。

これらをどうするか、である。

といっても、後ろの両SBはそんなに複雑じゃない。

特に左SBは、渡邊圭二のコンディションしだいだろう。彼に問題がなければ渡邊が開幕スタメンで間違いない。渡邊はもうほんとにほんとに「怪我さえなければ」という選手。ジェフの左SBとして実力はやはり主力級なのだから、彼が一年通して活躍できればなぁ・・と思う。
で、もし彼が怪我してしまった場合。
そうなると一気に不透明になる。
昨シーズンのスクランブルのように高橋峻希を左SBに回すのか。はたまた大岩や金に委ねるのか。もしくはこれまた昨シーズンのように山口慶? いやいや何度もそのポジションで出場経験のある青木良太もいるし、佐藤祥や、井出だって可能性はある。大穴で佐藤健太郎という手も・・。藤本の復帰はまだ先だろうし・・。
渡邊が欠場となったとたん、様々な可能性が散らばってしまう。
ここがまず一つ。

右SBもまたそんなに複雑じゃない。高橋峻希のコンディションは?という一点だろう。
高橋のコンディションが良ければ、やはり彼がスタメンだろうとは思う。ちばぎんカップの際、金の右SBスタメン起用は「人生初経験」の超スクランブルだったわけで。となるとここもまた、高橋のコンディションしだい、であって。そして、そう思えばまずは高橋をスタメン候補と考えて大丈夫だ。
問題は、これまた同じく、その高橋がコンディション不良だった場合。
一人は金。ちばぎんカップの実例があり、可能性は高い。
もう一人は大岩。彼には去年の実績がある。
高橋不在の場合はこのどちらかなんだろうなぁ、と思う。
佐藤祥や田中佑昌も、ここのポジション争いに食い込んでほしいよね。


つまり両SBも悩ましいけれども、しかし重要なのは、渡邊と高橋、二人のコンディション如何?というその一点でしかない。両SBで出場チャンスを狙う選手たちは、おそらくこの二人を上回る競争を戦うか、いざコンディション悪化で緊急出動!となったときにライバルを上回れるか、という次第なわけだ。



さて。
一番、見ものなのは、CFである。
ケンペスか、谷澤か。

鈴木監督への先入観/偏見としては、ケンペス起用に一票。
ちばぎんカップの実例や、練習試合を見た個人の希望としては谷澤に一票。

ケンペス(戸島)を使ってくるか。
谷澤(南、大塚)を使ってくるか。
それによって、ピッチ上におけるジャイールの機能の仕方がかなり変わって来ると思うし、
攻撃の組み立て方、ボールの運び方、フィニッシュへの流れ。
それらも変わって来るはずだ。


ある程度、方向性や求めるものに形がある両SBに比べ、
このチームがCFに何を求めるか、どんな役割を委ねるのかは、まだまだ見えていないし、選択肢も方向性もいろんな考え方がある。

SBは、ある程度定まったリクエストに対して、選手の実力とコンディションと、緊急対応で起用が決まってくると思うのだけど、
CFは、つまり「鈴木監督の意思判断」の問題だ。
(これで兵働の起用ポジションがDMFではなくCHで攻撃面でのパス回しを中心に起用するとかなってくると、またまた大きくチームのイメージを大きく塗り替えなきゃならないけどさ 笑)


鈴木監督、江尻コーチ。
この二人が今年のジェフをどうしたいのか。
ちばぎんカップを大前提として、その上で・・となると、彼らの「意思」は、CFに誰を起用してくるかで見えてくるんじゃないだろうか。



さあ、どうなることやら!


テーマ:ジェフユナイテッド市原・千葉 - ジャンル:スポーツ





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。