Hang Tough
ジェフが好き、旅行も好き、仕事もがんばろう、うん。
プロフィール

khou

Author:khou
本好き、旅行好き。
でもここ数年、ずっと旅行に行けてない・・。

twitter、はじめてみました。

@khou_hangtough



ジェフ千葉_試合情報



ジェフ千葉_試合日程



最近の記事



月別アーカイブ



カテゴリー



ブログ内検索



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Awayは北九州戦に続いて松本戦も破れ、連敗!!! ・・でもって今日は草津戦・・。
あれだけミスが多ければ・・!
そしてセットプレイやカウンターにどれだけ繰り返しやられてきたことか・・!
(そもそもサッカーの得点シーンの大きな割合を締めているとはいえ、ね)

なんかもう、ィャーンと身もだえして、不思議な踊りと奇妙な笑い声で、
深淵より来る、古の時の中に忘れ去られた偉大な者でも、
呼び込んでしまいたい気持ちですよ!

ぃぁ!ぃぁ!
ふんぐるい、むぐるうなふ、

「・・夢見るままに待ちいたり」って素敵な翻訳だよね!
大瀧啓裕ステキ!


と、与太話はともかく。
事、こんな状況であれば、サポとして無理やり「がんばれ!」と言ってもせんなく。


「【J2:第30節 千葉 vs 群馬】プレビュー:攻守を修正して勝つには選手の意識改革と、それに基づいたプレーが必要な千葉。4戦 負けなしの群馬は堅守と速く鋭い攻撃で連勝を狙う(13.08.21)」(J's GOAL)

の、最後の一文。


「千葉の選手には反省の弁を毎試合後に繰り返すだけでなく、反省の弁を生かして修正した姿を見せてほしい。そうでなければJ2残留のために必死で戦う群馬には勝てない。」



ただ、もう、ほんとにこれだけである。




スポンサーサイト

テーマ:ジェフユナイテッド市原・千葉 - ジャンル:スポーツ

北九州戦は悔しいロスタイム被弾!・・とか言ってたら、森本!森本!森本!
Away北九州戦は、ロスタイムの最後の最後で被弾して敗戦!
昇格圏を争う他のクラブもこぞって負けたとはいえ。
しかし、もし買っていればだってだって神戸との差を詰められていたわけで。

勝ち続けるしかないジェフとしては、なんともなんとも、ぐぬぬ・・と歯軋りするばかり。


チームとしてどうなのか。
勝っても内容は決して万全なものではなく、押し込んでも決めきれず。

チーム戦術の不備や未熟さのせいなのか、
選手の個の限界なのか、
コンディションなのか、
それとも何かしらのメンタル的なものなのか。

いろいろ思うところはあるけれど・・


ジェフフロントの回答の一つは・・最前線、FWの補強ということに!!!!




「森本貴幸選手加入のお知らせ」(ジェフ公式)



森本ですよ、森本!

かつてはJ最年少ゴールを、目の前で決められてしまったあの森本。
ええ、あの試合、スタジアムで見ていたともさ!
あの森本が、J1昇格への、まさに切り札としてジェフに加入!

サッカー雑誌(サカダイ?サカマガ?)で、ちらっとだけ噂があって。その時は、J1の新潟と甲府もアプローチを検討していたが、1億を超すという高額な移籍金のために断念とあり、ジェフが引き続き交渉中とあったけれども。
なんと、どこからそれだけのお金をひねり出したのか!

ヤクルト様のおかげ!?
JR東日本&古河電工、両親会社様からの臨時のお小遣い!?

なんにせよ、スポンサー様にありがとーーーーー!である(笑)


8月14日(水)にジェフ公式で正式に発表。
その日のうちに来日し、一部ジェフサポによればユナイテッドパークで軽いランニング等していた模様。

そして翌日、15日(木)には練習に参加し、記者会見!


「森本貴幸選手の新加入会見」(ジェフ公式)
「千葉、森本貴幸の加入を発表「一員になれること誇りに思う」」(サッカーキング)
「森本貴幸が7年ぶり日本復帰の理由を明かす「来年にW杯がある」」(サッカーキング)
「ジェフに完全移籍のFW森本貴幸が意気込み「J1に絶対に上げる」」(サッカーキング)

「J1に導き代表復帰へ 伊カターニアから加入の森本」(ちばとぴ)

「“和製ロナウド”森本、千葉から代表狙う」(ニッカン)
「J2千葉 FW森本貴幸加入を発表 「J1復帰へ少しでも力に」」(スポニチ)
「J2千葉・森本が会見 代表入りへゴール量産宣言」(スポニチ)
「【千葉】森本、ゴール量産宣言「代表を目標に」」(報知)
「【千葉】森本が帰国「J1に上げられるように頑張る」」(報知)

ジェフがここまでスポーツ新聞等で取り上げられるのも、・・去年のプレイオフ敗退以来かしら(苦笑)
海外組や代表組のメディアバリューの高さを改めて実感。

昨日の朝9時の練習には、ユナイテッドパークが見学のサポであふれていたそうだし。

これが、ジェフにとって、いろんな意味で化学変化のきっかけになる事を願います。


ダイジェストで、しかもyoutubeでしか、最近のプレイを見ていないけれども。
ほんとにほんとに、
J1昇格への切り札として、まさに助っ人として、
森本、がんばってくれ!!!



でもって。
今週末のAway松本戦は、鈴木監督がどのような選手起用を決断するのだろうか。
特に、ケンペスが2試合出場停止となった攻撃陣である。

大塚や南や谷澤のゼロトップに近い布陣?
田中や大塚のツートップ?
いきなり大手術で、米倉を右SBではなくアタッカーで起用するのか?

まさかまさかの、いきなり森本先発起用!も、可能性はゼロじゃないと思う。



いろいろと注目度も高まるし、そして期待も高まるけれども。
これをいろんな意味で起爆剤として、ぜひぜひ、連勝目指してがんばってほしい。

Away松本戦・・敵が反町監督という事もあって、注目!である(笑)






・・個人的には、中盤2枚の方が、現状、根深い問題に感じているんだけれど・・。
補強の発表があるとすれば、事実上、今日限りなわけで。

そっちは、どうするのだろう・・。





テーマ:ジェフユナイテッド市原・千葉 - ジャンル:スポーツ

補強はまだかしら!?と唸りつつ、暑い熱い!の真夏のAway北九州戦!
ところで!
来週8月16日(金)をもって、2013年「第2の登録期間」が閉まってしまうのだけれど!

今年は夏の補強は無いのかしら!?
まだなのかしら!?


GKは、守護神岡本、
CBは、守備職人山口に、竹内と金。ここに大岩に栗山。
右SBは、覚醒した米倉に、高橋と大岩がいて、若手の佐藤祥も試されている。
左SBは、今は高橋だけれども、大岩なり、若手の藤本なり補強した鈴木隆雅がいる。

前線に目を向けると、二列目は豊富というか過剰と言うか。
ついにそのセンスと技術を試合の中で表現し始めた大塚がトップ下でスタメン。
左には谷澤、右には田中。
兵働と南もいるし、
さらには井出に町田もいるし、さらに復帰した深井もいるわけで。
ここは、組み合わせやチーム戦術次第やコンディションにあわせて柔軟に対応できるだろう。


だけど。
最前線のCFと中盤底のDMFを、どうするのかなぁ・・と思っていたりもする。


ケンペスは・・うん、J2得点王であって。
背も高く、体も強く、得点王であるがゆえに敵の注目や警戒を引くから囮にはうってつけだし、やっぱり彼には得点を期待したいから、ゴール以外の試合の組み立てに多少の微妙さがあっても、やはりスタメンは当然だと思う。

だけど。
そういう強さ、高さを頼れるのは、ケンペス一人でもある。

ケンペスが故障したり、出場停止(今シーズン警告7枚目。次の1枚で2試合お休み)だったりしたら、おそらくは、谷澤か南を最前線にあげて、大塚と組んで、お互いに出入りする2トップの形になるとは思うけれども。しかし、彼らはやっぱり、そこが本職なわけじゃない。

このまま最前線を一人に頼り切る・・というのも、万が一の不安があるなぁ・・と。


戸島に期待したいけど、なかなかベンチにも入れない現状だからなぁ・・。



でもってDMFは。
ここは、層の厚さや人数、ではなく、選手の得手不得手やプレイスタイルが気になる。
書き出すとながーくなるので、あれだけどさ。
現状のどの組み合わせでも何かしらかの問題が見え隠れしてしまう。

それをチームの成熟や個人のレベルアップで補っていくのか。
それとも、補強するのか。

気になるところだ。



もちろん、補強は人数集めじゃないし、無理に補強して無理に使ってもチームが苦しむだけだし、
なにより予算の問題もあるし、
今の選手たちやコーチたちの、チームとしてのマネジメントの問題もあるから。

補強 イコール 正義! ・・ではないのだけれど。


ほら、やっぱり・・気になるじゃないですかっっっ(笑)
残る期間は一週間だしね!



でもって、徳島にHomeで負けて連勝が途切れたジェフは、そのHomeで水戸に打ち勝って連敗する事だけは免れた。しかし「免れた」と言いたくなるほど、試合内容はかなり厳しいもので。

それが、米倉の脳震盪によるものか。
連勝が途切れた事をふくめてのメンタル的なものか。
夏の暑さによる疲労か。
ここが、今のジェフの強さの現状なのか。

いろいろと頭の中でぐるぐるしちゃうのだけれども、今週末の北九州戦、改めてジェフが前に進むことができるかどうか試金石になる。
勝ち続けるしかない現状だからこそ。


米倉の脳震盪、
高橋の累積警告による出場停止、
谷澤や兵働や山口たちの疲労の蓄積、

そういったなかで8月を乗り越えなければ、昇格には届かない。


2010年も、2011年も、2012年も、夏に大きく失速して・・シーズンを苦しくしてしまったのだから。

【2010年7~9月】
10試合、4勝2分4敗、勝点14(1試合平均1.40)
⇒シーズン18勝7分12敗、勝点61(1試合平均1.69)

【2011年7~9月】
14試合、5勝5分4敗、勝点20(1試合平均1.43)
⇒シーズン16勝10分12敗、勝点58(1試合平均1.53)

【2012年7~9月】
15試合、5勝4分6敗、勝点19(1試合平均1.23)
⇒シーズン21勝9分12敗、勝点72(1試合平均1.71)

この3年間、7~9月の成績を確認すると、シーズン全体よりも1試合あたりの勝点がはっきりと落ち込んでいる。開幕と終盤には頑張ってるけど、夏には調子を崩している傾向が強い。



だからこそ、だからこそ。
ここまではなんとか上位に喰らいついてきているのだから、
今年こそは・・夏を乗り切らなくちゃいけない!

連勝が途切れて、勢いが止まって、ばたばた・・って行くのではなく。
水戸戦の勝利を、今週末の北九州戦につなげて、

そしてその次も、その次も、その次も、その次も、

上位2チームに追いつき、追い越して、昇格するために勝ち続けなくちゃいけない。



この夏を・・がんばれ!



テーマ:ジェフユナイテッド市原・千葉 - ジャンル:スポーツ

Homeで水戸に勝利!・・ぼこぼこだったけど、でもでも勝利!
体調が芳しくないのでスカパー観戦だったわけですが。
Homeで徳島に負けて、なんだかィャーンな予感しまくりで、
しかも試合内容的に最後の最後までハラハラドキドキだったのですが。

結果は、2-0!
勝利ったら勝利!
危ないピンチは何度もあったけれども、敵を零封、こちらは先制&トドメの二発!

これでジェフはG大阪と神戸にまだまだ食らいつき、
自動昇格圏内まであと2~3歩とはいえ追いかけつづけるんだもんね!



しかし、まったくもってリズムがつかめず、ミスも多く、腰も引けてて、最初から最後まで、水戸の気迫に押されっぱなしの90分だった・・。
谷澤の突破&米倉の先制ゴールがあったからこそ、試合を進めることができたのだが。
しかし、その前には何度も水戸の先制チャンス。
特にジェフ右サイドのギャップを突き破られて、角度のないところから敵(水戸の山村?橋本?)にシュートを打たれたシーンは危なかった。角度が無かったために、枠を外れて流れても味方が詰めてくれる!事を期待してだろう、ファー高めにシュートを撃ったため、岡本の両手が反応する事が出来た。しかも岡本、これをガッチリ掴んで事無きを得る。しかしあれが万が一、岡本のニア・・右下を撃ち抜かれていたりしたら、手が届かないし、腰から下の重心移動も厳しいから、足で止めるしかなく・・コースが枠内であれば水戸に先制されていた可能性はかなり大きい。間一髪である。
さらにはその前、ゴール前混戦からこぼれたボールを低空ミドル! 幸いにも水戸の選手に当たって跳ね返ったシーンがあったが、ここも失点の匂いがぷんぷんとしていた。
水戸の金龍起のフリーのヘディングシュートも、枠の上に外れて助かったっけ。

後半は言うに及ばず。

ジェフのボール回しがつながらない。
ミスが頻発。
ボールが回らないから、選手が動けない。
選手が動けないから、敵も動じない。

ジェフのボール回しに対して、水戸のプレスがガッチリはまり、
今のジェフがボールを回すには、時間的にも、空間的にも、水戸は余裕を与えてくれなかった。


よくまぁ、勝てたものだよ・・。



でも勝ったから全てはOK!なんだけどね!!!


ケンペスにも伊藤大介にも佐藤健太郎にも兵働にも、いろいろと弱点はあって。
選手が、個々の成長によって弱点を克服するのは、かなり厳しいとは思うけれども、
しかし、チームとしてなら補い合えるし、隠せるだろうし、相乗効果を生み出せるだろう。

夏の補強がどうなるか分からないけれど、大塚が欠かせない選手に化けたように、米倉が右SBで覚醒したように、佐藤祥や井出や町田、戸島、南、彼ら若手の底上げが、チームの穴を補い、底上げしてくれる事を願う。




細かい不安な点は、後でいーさ。

まずはとにかく、勝った事が素直にうれしい!



まだまだシーズンは終わらない。
G大阪も、神戸も、まだまだ射程距離内なんだから、

自動昇格目指してがんばれ!


テーマ:ジェフユナイテッド市原・千葉 - ジャンル:スポーツ

Home徳島戦の悔しさを噛みしめて、今週末はHome水戸戦!
頭痛が痛いなー、と思っていたらいきなり発熱して会社をお休みしちゃいましたよ、テヤンディ!
それもこれもジェフが負けるせいだよ、テヤンディ!
ええもう、前半は行ける!と思ってたんだけどなぁ・・。

悔しいなぁ・・。


というそんな徳島戦の悔しさはあるのですが。
しかし試合をじっくり見直そうにも、対戦する水戸の予習をしようにも、風邪を引いてしまったわけで。
アーコリャコリャ(笑)

みんな、体調には気をつけようね!



さて。
水戸戦といえば、どーにもこーにも、苦手な印象がある。
まずGKの本間が苦手。
本間に限らず、去年までは栃木で今年は北九州の武田とか。
ああいう、ふてぶてしいGKが、どーにもジェフにとって鬼門な気がする。

特にHomeでは。

なんかジェフサポがムキー!ってなっても、ブーイングしても、馬耳東風・・どころか心地よいBGM替わりにして、かえって集中力高めそうじゃないですか。ああいうGKって。
見方にしたらすげー心強いだろうけれども、敵にすると・・。

しかもジェフの選手って、ああいうガキ大将系オレ様キャラとは、微妙に反対側の、生真面目&大人しめな雰囲気の選手が多いじゃないですか。伊藤大介も佐藤健太郎も、岡本だって真面目そうだし、大塚も人見知りしそうだし、勇人も彼は彼で全部背負いこんじゃう生真面目さまがあるし。

それが、ひ弱さとなって試合に出てしまうと、
がむしゃらガツガツにプレスされて、つい受け身にまわってしまうわけで。

それもジェフのチームカラーなのかもしれない(笑)



とはいえ。
昇格するためには、そんな悠長な事は言ってられないわけで。


連勝は途切れたけれど、自動昇格圏内との差はまた開いてしまったけれども。
今までは、8月にこそチームコンディションが底を打ってしまったわけで。
あの徳島戦が、ネガティブな方向へのターニングポイントになりそうな気がしちゃうけれども。

それを払拭し、「今年こそ!」のためには。

今週末の水戸戦こそ、勝たなきゃいけない。



いやね、
マジでね、
本気でね、

ここで水戸戦も敗れて、連敗すると、またこう・・ずるずるいっちゃう気がするのですよ。



ィャン。
正念場な気がする。

でもって、金のレッドカード・・だけじゃなく、選手構成をいじってきそうな気もする。
特に中盤。



がーっと走ってきた六連勝が、自らのミスで躓いて、敗れて、迎える水戸戦。
ばたばた!・・と、転がり落ちるのも、
なにくそ!・・と、もう一度立ち上がるのも、
どっちもありえるだけに。

勝利をめざせ。



がんばれ!



テーマ:ジェフユナイテッド市原・千葉 - ジャンル:スポーツ





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。