Hang Tough
ジェフが好き、旅行も好き、仕事もがんばろう、うん。
プロフィール

khou

Author:khou
本好き、旅行好き。
でもここ数年、ずっと旅行に行けてない・・。

twitter、はじめてみました。

@khou_hangtough



ジェフ千葉_試合情報



ジェフ千葉_試合日程



最近の記事



月別アーカイブ



カテゴリー



ブログ内検索



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

一夜明けて、鳥栖戦を振り返ってみる。・・クラクラコンビは今季のジェフの希望?
鳥栖戦で2得点の米倉。クラ。
熊本戦で1得点の倉田。クラ。
二人あわせてクラクラコンビ・・って、そんなダジャレにもならないよーな事、
自分でジェフの携帯公式に書くんじゃない!
米倉と倉田、二人で並んだツーショット写真・・それも同じ写真を使ってるし!

しかも!
試合が終わってフクアリをぐるっと挨拶で周ってる時も、米倉と倉田、並んで歩いているし。
お前らどこまで仲良しなんだっ!

こーなりゃもうあれだ、米倉には試合の外でも大きな仕事をやってもらわなきゃならぬ。
このままもっと仲良くなって、倉田が来シーズンもジェフにいてくれる力になってくれ(笑)
巻が坂本復帰のために夜討朝駆けしたように。
その坂本が茶野に「戻ってきなよ!」と言ったように。
人の信頼、人のつながりは、意思決定の大きな要素なんだからさ。
がんばれ、米倉!!!

・・って、その倉田と米倉の二人がジェフの全得点なんだもんな。
それもちょっと凄い話だ。


さて、その鳥栖戦だけれど、フクアリで見ていた時にはもうハラハラしっぱなし。
改めて録画を見直してみれば、いやはや良く勝てた!と苦笑い。

木谷のヘディング、藤田のミドル、豊田の突進、池田の突破、磯崎に野崎・・。
ボールを回す数はジェフの方が多いだろうが、作ったチャンスの数は鳥栖の方が上じゃなかろうか。
それはシュート数以上に、だ。
人数をかけて、前からボールにプレッシャーをかけるジェフのプレイ。だけど、ひとたびプレスをかわされてボールを蹴り出されれば、ジェフは一気に数的不利になってしまう。

特に、山口を振り回された時が怖い。

中盤の要としてスペースを埋め、パスをつなぎ、ボールをカットし、味方のフォローに走っていた山口。
ジェフの中盤が攻め上がった時にカウンターを受ければ、真っ先に駆けつけるのも山口であって。
彼のおかげで、何度助けられたかわからない。
もちろん左右両サイドの敵に対して、山口は何度もプレスに走っていた。
だからこそ、そうなるとバイタルエリアががら空きになってしまう。
幸い、鳥栖がバイタルエリアを積極的に狙うシーンはあまり多くなかったものの、次の徳島戦では、倉貫あたりが狙ってきそうで怖い・・。

そのためには、攻守の切り替えを早くして中盤のフォローを厚くするだとか、
ボールをつなぐ時のミスを減らす、なんだろうけど、簡単じゃないよね・・。


それから巻。
前半は巻のミスが目立つ展開だった。
仕方ないよなぁ・・という気持ちもある。
だって、多い時には三人の敵に囲まれていたわけで。巻は決して足元のキープ力に優れているわけじゃないから、そりゃもう素早くボールを出そうとする。それはそうなる。しかしワンタッチでボールをはたこうとすると、巻自身の技術の問題や周囲との距離感、動きの問題が悪い意味で露わになってしまう。それが何度も目立ってしまっていた。
巻がなかなか楔として機能しなかった前半、実質、その役目を担っていたのは米倉だったと思う。

しかしそれは、ある意味で巻の呪縛のようなものだ。
今から巻に、前田遼一や柳沢敦ような足元のスキルを求めても無理なのだから、彼が彼らしく輝ける術を目指した方がいい。

と、なると、だ。
期待するのは、まずは倉田。
彼のスキルやセンスがあれば、熊本戦のように巻をフォローできるし、相乗効果もある。
巻に当たったボールを倉田が受ければ、倉田から次の選手につなぐ事もできるし、もしくはボールを落とした巻自身が、倉田からのワンツーでゴールを狙って走る事もできる。
それが機能したのが、熊本戦だった。

そしてもう一つ期待したいのは、巻の負けん気。
米倉が2ゴールした後、それまではフォアザチームに徹していた巻が「俺も点を取りたい!」ってなった。気持ちを前面に出して、自分が点を取るために動きだした。
後半、米倉のゴール後に明らかに巻の動き方が変わる。
サイドからのクロスに飛びこむ巻ってのは、なんだか久しぶりだったよな。
低い弾道のクロスに飛び込んで巻のゴール!・・って、しばらく見ていない。
見たいぞ・・。


今のジェフでは、巻と山口に過剰なタスクが課せられている。
チームの軸としての二人の重責。それをフォローするのは、まずは中盤の仕事。
今シーズンが始まって二試合だけど、その二試合でまずは米倉と倉田が輝いた。
自称クラクラコンビ。


C大阪の香川&乾のように、
某マンガの・・翼くん!岬くん!のように、
クラクラコンビは、今シーズンのジェフの希望となってくれ。


スポンサーサイト

テーマ:ジェフユナイテッド市原・千葉 - ジャンル:スポーツ


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://khou.blog29.fc2.com/tb.php/1027-b7389a58
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。