Hang Tough
ジェフが好き、旅行も好き、仕事もがんばろう、うん。
プロフィール

khou

Author:khou
本好き、旅行好き。
でもここ数年、ずっと旅行に行けてない・・。

twitter、はじめてみました。

@khou_hangtough



ジェフ千葉_試合情報



ジェフ千葉_試合日程



最近の記事



月別アーカイブ



カテゴリー



ブログ内検索



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

さて、週末の徳島戦を考えてみる。
熊本戦。
前半はパスもつながらず、ロングボールに押し込まれて苦戦。
後半、倉田とアレックスの個人の力で何とか1点を奪うと、その後は選手達のパスもつながるようになって攻勢。パスワークゲームだったら圧勝できるような、ショートパスの連続を繰り返すもなかなかシュートで敵ゴールを脅かすには至らず。
熊本に藤田が投入されるとピッチ上の空気が変わり、ロスタイムの最後の最後で同点。
引き分け、1-1。
勝ち点1。

鳥栖戦。
前半はこれまた縮こまってしまったかのようなジェフの選手達。
豊田めがけたロングボールに苦しめられたかと思うと、鳥栖両サイドの突破に脅かされる。
後半の立ち上がりにも致命的なピンチ。それを凌ぐとカウンターから米倉が二得点。ピッチを斜めに突き破るようなパスワークがステキだった。
その後は、深井に米倉、アレックス、巻・・。これまたジェフの攻勢が続くが追加点は奪えず。
またまた最終盤に鳥栖の猛攻に晒されるも、岡本のファインセーブもあって零封。
勝利、2-0。
勝ち点、これで4。


そして週末の徳島戦である。
三年間J2下位に低迷したクラブ。しかし、去年、柿谷/青山準/三木/徳重/ペスンジンといった補強によって9位に躍進する。その主力たちはそのままに、津田/平繁/輪湖といった補強を加えて昇格を目指す今季。
前評判の高いチームの一つだ。
昨年5位の昇格候補、鳥栖を破ったジェフだけど、この徳島とどう戦うかは、ひとつ試金石になるだろう。

ってなわけで、はてさて徳島とはどんなチームだ?と思い、開幕の草津戦と第2節北九州戦を録画で見てみたわけだけど。・・うん、イヤだなぁ・・このチーム(笑)

1:倉貫がやっかい。こーゆー選手にね、するすると中盤を破られるのがジェフのお家芸だよ!
2:津田がキライ。こーゆー選手に、ずばずばと守備陣を突破されるのが今季のジェフだよ!
3:CBが固い。巻一人にロングボール集めたら、跳ね返されるね、間違いないね!

この3つが、徳島の大きな強みかなぁ、などと思った。
しかも厄介なのは、この3つだけじゃなくて、ここに柿谷が加わるって事だ。
青山が拾ったボールをうまく倉貫が引き出し、つなぎ、そこから柿谷ドリブル突破!とか。
津田に送ったロングボールにジェフ守備陣が引っ張られ、その津田をなんとか止めはするものの、背後からするりと顔を出した柿谷がズドン!とか。
怖い。

それに今のジェフの中盤は、敵のボールにはタイトに行くものの、全体では大きなスペースを与えてしまっている。それはもともとの布陣の問題でもあるし、その運用上、両SB(坂本は積極的、アレックスは狂気的)が攻撃的なせいもある。中盤の選手達が前線のつなぎに駆け上がるせいもある。
そうなると、特に倉貫みたいな選手にとっては自由にピッチ上を泳ぎ回る事ができるわけで。
工藤や山口がどれだけタイトに倉貫をつぶしにいっても、それをかわすのが倉貫という選手だ。そして徳島の他の選手がボールを持った時でも、そこから巧くパスを引き出す事ができるのも、倉貫の特徴だ。狭くタイトにボールに寄せる今季のジェフは、ボールを動かされると一転して守備の破れが広がる危険性がある。
そうやって空いたスペースを、敵SBの輪湖やFW2トップの津田や平繁に突き破られるだろう。


しかしその一方で、徳島も意外と中盤にスペースを空けている。
草津と北九州を相手に戦っていた時は、待ち構えてボールを跳ね返すのではなく、積極的に選手が動いていた。その中で、守備に構えていたのは青山だけど、スペースを埋めたりカバーする動きにちょっと隙があった印象である。かえってゲームメイクに長ける濱田の方がうまく動きまわっていたかと。

よって倉貫/柿谷を引き寄せて、空いたスペースを使ってパスを回し、
固くて高い敵のCBをうまくかわして、深井や米倉が抜け出せるかが鍵になるだろう。
もちろん、これは今期のジェフの鍵になる攻撃パターンではあるけれども。
もしかしたら、そろそろ、工藤や勇人が抜け出してシュート!・・ってのも、期待できるかもしれない。

守備においてのターゲットは、倉貫と濱田だ。
津田も平繁も怖いけど、正直、今のジェフは敵FWを止めるための守備組織が作られていない。
足の速い津田が突破しようというなら、好きに走らせるしかない。
津田にボールが入ると、徳島の攻撃は一気に過熱し加速し鋭くなる。
だからそこにパスを出させないよう、倉貫と濱田、この二人を止めなきゃいけない。
そこにジョーカーとして絡んでくる柿谷にも要注意だけどな。


なんにせよ、熊本に引き分けて鳥栖にどうにかこうにか勝利というのはジェフの現状。
昇格を目指すには、この徳島戦がやはり試金石になる。

一つ一つ勝利をつかんで、自信と熟成を勝ち点を重ねていくしかない。


がんばれ!

スポンサーサイト

テーマ:ジェフユナイテッド市原・千葉 - ジャンル:スポーツ


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://khou.blog29.fc2.com/tb.php/1028-da55003e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。