Hang Tough
ジェフが好き、旅行も好き、仕事もがんばろう、うん。
プロフィール

khou

Author:khou
本好き、旅行好き。
でもここ数年、ずっと旅行に行けてない・・。

twitter、はじめてみました。

@khou_hangtough



ジェフ千葉_試合情報



ジェフ千葉_試合日程



最近の記事



月別アーカイブ



カテゴリー



ブログ内検索



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

経営陣刷新の栃木。その初戦を戦うのが、ジェフ。
サッカークラブ。
それ自体がどれだけの儲けを出せるのか、以前に、純粋にどれだけの売り上げを立てられるのか。
実はものすごくあやふやな存在でしかなく。
興味のない人にとってはほんとどーでもよくて。
ビジネスとしてみたら、決して効率がいいとは思えない。

だけど。

J1で18クラブ。
J2で19クラブ。
JFLで18クラブ。
これだけで55クラブもある。
選手とフロントを足して、無理やりまるめて1クラブ30人だとしても、1,650人が関わっている。
さらに強引に1クラブ5,000人のサポの動員を仮定すれば、275,000人だ。
これに、さらにスポンサーがいる。
ユニのサプライヤー、スタジアム関係者、医療関係者、ピッチ整備の関係者、スパイクやボール、食事、場合によってはシャトルバス等の交通機関、行政関係者、スカパーやサカマガ/サカダイのようなメディア関係者、JリーグやJFLなどのリーグ関係者・・。

数字を分析したいんじゃない。
つまりはそれだけの、それ以上の人間が、日本のサッカーに関わっているという事だ。


だけど

今のJリーグやJFLは、それだけの関係者を潤せるだけのお金が循環しているとは思えない。
浦和やG大阪、名古屋といったJ1クラブは予算も大きく、今のジェフは恵まれているけれど、J2やJFLとなると予算規模はぐっと小さくなる。


だから。

昨日までの、栃木の社長は、完全無給のボランティアだったそうだ。


「栃木SC・新井社長 きょう退任」(読売)

複数の会社を経営し、立て直してきた、そんな人が栃木SCの社長として4年間走り回ったわけだ。
就任から今まで・・71歳から75歳までの4年間を積み重ね、栃木SCの予算規模は2006年の約7,000万円から5億円強まで大きくなった。
それが、昨日をもって退任、新しい経営陣が就任した。

「株式会社栃木サッカークラブ 新役員選任および就任のお知らせ」(栃木公式)
「就任会見における新代表コメント」(栃木公式)
「J2栃木:新社長に中津氏 トヨタウッドユーホーム社長」(毎日)

これでまた、新しい関係者が日本のサッカーに加わった事になる。


自分が好きなクラブはジェフだけど。
ジェフ単独で試合やリーグが成り立つはずもない。
今のジェフはJ2リーグの1クラブであり、そういう意味では栃木とも一蓮托生なわけで。

同じJ2として、
同じ日本のサッカーリーグが大好きな一人として、
新井社長に、お疲れさまでした、と思う。

こういう人たちががんばってくれたから、栃木に一つ、サッカークラブが育った。
栃木SCが育ったからこそ、サッカーを見るようになった栃木のサポもいるだろう。
だから、ジェフは明日、栃木SCと戦う事ができる。
ワールドカップや、日本代表や、海外移籍や、そういう事だけじゃなく、
こういう積み重ねこそが、日本のサッカーを底支えしていくんだろうなと信じている。


栃木SCの、新しい経営陣、新しい社長、新しい関係者たち。
彼らの前にジェフは「敵」として立つ事になる。


・・かかってこい♪



スポンサーサイト

テーマ:ジェフユナイテッド市原・千葉 - ジャンル:スポーツ


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://khou.blog29.fc2.com/tb.php/1052-c377953b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。