Hang Tough
ジェフが好き、旅行も好き、仕事もがんばろう、うん。
プロフィール

khou

Author:khou
本好き、旅行好き。
でもここ数年、ずっと旅行に行けてない・・。

twitter、はじめてみました。

@khou_hangtough



ジェフ千葉_試合情報



ジェフ千葉_試合日程



最近の記事



月別アーカイブ



カテゴリー



ブログ内検索



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

悔しい引き分け!セットプレイから追いつかれて勝ち切れず!
幸い・・うん、それこそ幸いにして、
昨日は昇格を争うライバルたち(除く柏と甲府)がこぞって勝利を逃したからいいようなものの、

思うようにいかない前半、リズムを敵に奪われてもどかしさを感じながら、
しかもPKを与えてしまい、前半38分、先制される!
先制されたらそこから前半終了まではジェフが攻勢。
後半になってもジェフのいいリズムが続いて、セットプレイから茶野が同点!
さらに息を吹き返したジェフは、倉田が投入直後に逆転弾!

これでいける・・と思ったけれど、
けれどけれども、そうは上手くいかないのが大変なところ。

茶野が腰を痛めて坂本と交代。
じりじりと栃木に押しこまれる。
苦しいけれどやばいけど、逃げ切れるかと期待していたら、セットプレイから被弾。

そして、2-2の引き分け・・。

ぬぅーーーーっ。


これでHome全勝4連勝、Away1勝2分2敗。
完全な内弁慶モード。
これをなんとかしないと昇格はおぼつかない。

不安定な戦いが続く・・。


「Jリーグディビジョン2第9節」(ジェフ公式)
「4.27【2010J2第9節:ジェフユナイテッド千葉戦】試合に向けた監督・選手コメント」(栃木公式)
「4.29【2010J2第9節:ジェフユナイテッド千葉戦】スターティングメンバー」(栃木公式)
「4.29【2010J2第9節:ジェフユナイテッド千葉戦】ハーフタイム監督コメント」(栃木公式)
「4.29【2010J2第9節:ジェフユナイテッド千葉戦】試合結果」(栃木公式)
「4.29【2010J2第9節:ジェフユナイテッド千葉戦】試合後の監督・選手コメント」(栃木公式)

「【J2:第9節 栃木 vs 千葉】プレビュー:栃木をJ2へ押し上げた功労者に今季ホーム初勝利を捧げたい栃木。2度目のジャイアントキリング、千葉撃破に手抜かりはない。」(J's GOAL)
「【J2:第9節 栃木 vs 千葉】ハーフタイムコメント」(J's GOAL)
「【J2:第9節 栃木 vs 千葉】松田浩監督(栃木)記者会見コメント」(J's GOAL)
「【J2:第9節 栃木 vs 千葉】江尻篤彦監督(千葉)記者会見コメント」(J's GOAL)
「【J2:第9節 栃木 vs 千葉】試合終了後の各選手コメント」(J's GOAL)
「試合詳細データ 2010 J2 第9節 栃木 vs 千葉」(J's GOAL)


どうしても注目が集まってしまう、巻の投入。
今から何を誰が言っても結果論だし、それこそ賛否両論あるだろうけど、
自分としては、【2つ賛成、でも2つのミス、1つの逡巡、1つの軽率】だと思っている。

【2つ賛成】
これは巻の投入そのものと、交代が渡邊だったこと。
栃木が林を投入して3トップにし、ただでさえ背が低いジェフのDFラインにハイボールのプレッシャー(プレイ面でもメンタル面でも)をかけてきたのがまずあって。立ち向かうのがミリガンと坂本では、力づくで押し切られる危険性はやっぱりあって、工藤や勇人もハイボールには決して強いわけではない。
そうなるとやはり、あそこで残っていたベンチメンバーからすれば、やはり巻を投入してハイボールへの対抗策を強める事は、決しておかしくない判断だと思う。
また、巻のリーダシップも、あの押し込まれつつあった局面では有効だと判断できる。
だから、巻の途中出場はアリだと思う。
そして交代するのがネットではなくて渡邊、というのもうなずける。

【2つのミス、1つの逡巡】
あの局面にいたるまでの、チームとしての練習や意思疎通におけるものと、
そして実際にピッチに立つ選手たち、それぞれの意識やプレイそのもの。
あそこで巻がピッチに立ったら、誰が誰をマークし、どういう意識で(追加点を狙うのか、時間を稼ぐのか。つなぐのか、跳ね返すのか等)プレイするのか。
そこが瞬時に整理しきれなかったからこその、隙があり、そこからの失点。
巻の投入という判断自体はうなずけるとしても、あそこで巻の投入を受けるだけの準備がチームとしてできていたか、選手として整理できたかが、実際の問題だったんじゃないだろうか。
そしてあえて言うならば、セットプレイ直前に巻を交代させるか、それよりも早く投入すべきだったか、その戦場の呼吸は江尻が戸惑ったものもあると思う。

【1つの軽率】
ここ数試合、守備的な選手の控えは坂本だけとなる。
確かに坂本一人でCBからDMFから両SBまで対応はできるけれども、しかし栃木戦のように、茶野が交代した上に、高さ/強さで圧力をかけられると怖い。実際に押し切られる可能性もそうだけれども、監督やコーチたちベンチスタッフや選手たちも精神面でプレッシャーがかかる。
巻の投入はだからこそであり、それに至った理由はベンチメンバーの選択の問題でもあったと思う。
益山に青木良/福元/池田といった、DFが本職の選手はベンチ入りしていないってのは、なんかそれって、どんな攻撃を、どんな交代をしたいか、そういう気持ちの方が強かったんだろうなぁ、とかとか。
リスクヘッジは最小限。
自分が「サカつく」とか「フットボールマネージャー」とかで遊ぶ時は、もっともっと極端だけどさ(苦笑)。


何はともあれ、引き分けてしまった事を教訓とするしかない。

いつまでもそんな事を言ってはいられないけれど、
それでも引き分けてしまった試合をやり直す事なんて出来ないのだから、
次は、次のAway大分戦にこそ、昨日の悔しさをぶつけるしかない。


がんばれ!




おまけ:
米倉! 次こそはがんばれ!!!

スポンサーサイト

テーマ:ジェフユナイテッド市原・千葉 - ジャンル:スポーツ


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://khou.blog29.fc2.com/tb.php/1054-44993b09
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。