Hang Tough
ジェフが好き、旅行も好き、仕事もがんばろう、うん。
プロフィール

khou

Author:khou
本好き、旅行好き。
でもここ数年、ずっと旅行に行けてない・・。

twitter、はじめてみました。

@khou_hangtough



ジェフ千葉_試合情報



ジェフ千葉_試合日程



最近の記事



月別アーカイブ



カテゴリー



ブログ内検索



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

愛媛戦は3-0! 右と左でプレイの違ったジェフ、布陣を変えて勝利!
愛媛戦の勝利、しかも3-0。
だけどそれは決して安穏できる数字じゃない。
開始早々の倉田の先制点がもたらした、愛媛の混乱、チームの瓦解。そこにつけこんだ米倉の追加点。展開の妙がもたらした結果でこそあっても、決してお互いのチームの力を示す数字ではない。

出会いがしらの決定打。
こんな試合は今年、最初で最後なのだろう。

この試合のジェフは、布陣をいじって試合に臨んできた。
CBと中盤の間をつなぐDMFを廃し、工藤と勇人が2ボランチのように並ぶ。太田と倉田の両サイドは、それまでの3トップにおける両ワイドほどに高くはなく、代わりに米倉が巻の直下に位置。
4-1-2-3から、4-4-1-1へ。

アレックスの上がった背後にできる隙を、DMFやCBがカバーできるように。
ネットではなく巻がトップに入るから、巻がキープするのではなく、はじいたボールをすぐに拾えるように、空いたスペースに迷わず進出できるように。
右ワイドが、テクニカルに動けるアレックスではなく、縦への突破が売りの太田。ほら、将棋でも格言があるじゃないか、「下段の香に力あり」って。突破するためには前にスペースが無いとね。

結果、ジェフの戦陣は左肩上がりとなり、攻撃時間の多くが左サイドでのボール回しになる。

だけど。
左肩上がりの陣形は、左サイドでの交通渋滞と手詰まりを生む。
5回も6回も狭い局面でパスをまわした挙句にボールを失う事もあった。
それに対し、得点となった3点中2点が、右から左へのボールの動きを伴うもの。

1点目は、右サイドの太田からアーリークロス。これが愛媛ゴール前を横断。
バウンド処理を誤った敵#16の背後で倉田がボールを受けて、シュート。

2点目は逆サイドにこぼれたボールが右のタッチラインを割る前に太田が追いついたところから。背中を敵DFに抑えられて反転できない太田がボールを戻し、これがさらにこぼれたところを勇人が追いすがって右からクロス。左から駆け込んだ米倉がスライディングでボールにあわせる。

3点目だって、自陣深くの右SB和田からのロングフィードによるものだった。


左サイドでボールを保持し、ショートパスをまわし、そこを突破しようというプレイが、時間も機会も大半を占めていた。しかし右サイドから大きく左にボールを動かした時の方が得点機につながっていたと思う。
・・そーいえば、後半の巻のビッグチャンスも右から左へのロングフィードだったっけ。

ネット/アレックス/倉田の3トップの場合は、両ワイド共に高く上がる上に、中央でも工藤と勇人が押し上げる。結果、右でも左でも真ん中でも交通渋滞に陥ってしまう。だけどこの日の場合は、右が太田だったからこそ、交通渋滞は左だけにとどまった。交通渋滞が片側だけだったから、全体のバランスは多少良くなったように見えた。一方で、太田と同じように香車的な動きをする和田は、動きが重なってしまい、進みどころが無くなっていたけれど。

ネットの出場停止があける次節は正念場の甲府戦。
トップをネットに戻すのか、それとも巻か。
同サイドでの組み立てと逆サイドへの展開を、江尻はどのようにバランス取るのか。

勝てば、甲府と勝ち点で並び、さらに得失点差で上回っての2位。
負ければ、1位/2位との差が大きく大きく広がって、4位以下に飲み込まれそうな崖っぷち。

さあ。
目指すは勝利のみ。

「Jリーグディビジョン2第16節」(ジェフ公式)
「試合結果 第16節(06月06日)」(愛媛公式)

「【J2:第16節 千葉 vs 愛媛】プレビュー:セットプレーの攻防が勝敗の鍵を握りそうな一戦。千葉は愛媛を上回る気迫あふれるプレーでサポーターの『愛』に応えたい。」
「【J2:第16節 千葉 vs 愛媛】ハーフタイムコメント」(J's GOAL)
「【J2:第16節 千葉 vs 愛媛】江尻篤彦監督(千葉)記者会見コメント」(J's GOAL)
「【J2:第16節 千葉 vs 愛媛】青野慎也コーチ(愛媛)記者会見コメント」(J's GOAL)
「【J2:第16節 千葉 vs 愛媛】試合終了後の各選手コメント」(J's GOAL)
「試合詳細データ 2010 J2 第16節 千葉 vs 愛媛」(J's GOAL)
「【J2:第16節 千葉 vs 愛媛】レポート:前節の反省から気迫あふれる攻守で前半に3点のリードを奪った千葉。後半は変化を加えた愛媛の反撃に苦しむが無失点で勝利。」(J's GOAL)


ジェフの布陣の変更は、攻撃時の交通渋滞を右サイド局面において解消する事ができた。
一方でアンカー役割の選手を廃した事で、ジェフCBの前で愛媛の選手がボールを持てるシーンが多かった。特に後半、ジョジマールのポストプレイを起点に愛媛が攻め立てる。実際、何度も「やべ!」というシーンがあった。
また福元も、ここ数試合と同じように不安定なプレイで自ら大ピンチを招く。
敵のボールホルダーにプレスに行くのはいいのだけれど、プレスをかける位置や選手お互いの距離感やカバーリングが不ぞろいなこともあり、愛媛のボール回しによって、スコン!と裏に抜けられるシーンも何度か。

確かに3得点したし、無失点に抑えたけれども、攻守共に消化不良を感じる。


贅沢な願いだけれど。
昇格するために・・、柏に追いすがり、甲府に競り勝ち、福岡や栃木から逃げ切るためにも。

がんばれ!



おまけ:
・一平ちゃん、可愛いよ一平ちゃん(笑)
・個人的には、あーゆーマスコットとか諸々の盛り上げイベントは大好きなので今度もぜひ♪
・そーいや一平ちゃん、ハーフタイムに車椅子に乗って、フクアリぐるっとしてたな。
・出愛シート企画、8組もカップル誕生だって!(蒲田健twitter)
・オレも出愛シート、応募しとけばよかった(笑)
・深井が大張りきり。最後のシュートが決まっていればなぁ・・。
・せっかくだから、金沢亮にもチャンスが欲しかったよ。
・その悔しさをぶつけたのか、金沢、翌日の練習試合ではフル出場2得点!(ジェフ公式)
・試合後の米倉、自分から「今日はクラクラコンビで決めました!」みたいなセリフ。
・倉田も携帯公式で「一緒に先発出場して」「一緒にゴールできて」って、仲良しだな!
・よしよし、そうやって二人仲良くなって、倉田は来季、完全移籍を・・(笑)


スポンサーサイト

テーマ:ジェフユナイテッド市原・千葉 - ジャンル:スポーツ


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://khou.blog29.fc2.com/tb.php/1078-5c1b6703
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。