Hang Tough
ジェフが好き、旅行も好き、仕事もがんばろう、うん。
プロフィール

khou

Author:khou
本好き、旅行好き。
でもここ数年、ずっと旅行に行けてない・・。

twitter、はじめてみました。

@khou_hangtough



ジェフ千葉_試合情報



ジェフ千葉_試合日程



最近の記事



月別アーカイブ



カテゴリー



ブログ内検索



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Homeでもナイーブさを露わだった岡山戦。
岡山戦。
太田のクロスからあわせた工藤のゴールは、試合の流れを決定づけた意味でも、前節岐阜戦の敗戦を振り払う意味でも、チームをプレッシャーから解き放つ意味でも、ものすごく大きなゴールだった。

だけど、でも、しかし。

茶野の負傷交代からジェフは一気にリズムを失ってしまう。
それは前半が終わるまで続き、さらに後半が始まってからも続いた。
ジェフは3位。それに対して岡山は、順位から言ってもジェフよりも下位に位置しているし、今季リーグの得失点を見ても、差は、ある。

だけど試合が落ち着かない。

ジェフがボールを持ってまわして、攻めているようであっても、余裕はない。
プレスをかけてもかわされるシーンもあったし、
カウンターのロングボールに対して、追走/並走という、いつものヤバイ展開もあった。
後半、2点目を奪うまでの時間帯のような「攻めているのに煮え切らない」ところで、もし1-1の同点になっていれば・・。そうしたら、きっと、いっきに泥沼に引きずり込まれていただろうなぁ、と思う。

結果としては4-0で、後半、撃たれたシュートはゼロ。
どう見てもジェフの圧勝ではあったけれども、ナイーブさ/脆さと紙一重だった試合。
これがきっと、Awayでの苦戦につながっているんだろうなぁ・・と思う。


じゃあそのナイーブさを生み出しているのは何か?となると、やっぱり今の方向性に拠るところが大きいのだろう。そしてその方向性故に、(狭い局面で早いリズムで強めの速いパスが多いからこそ)パスミスが生まれやすく、(パスミスが自陣に近い場所で起こりやすく、しかも敵がすぐそばにいるケースが多いからこそ)目立ちやすく、しかもパスミスが大きな傷になりやすい。
だからミスをしないように慎重になるし、固くもなるし、気を飲まれやすく、焦りやすい。
そんな連鎖がナイーブさにつながっているのかとも思う。

すっごい単純化してしまうと。
最前線に超強力FWがいて、しかも「ボール奪ったらとにかく超強力FWに、お願い!」ってする戦術だったら、パスする回数自体が減るから、必然、ミスも減るわけだ。超強力FWがいなくとも、「とにかく敵陣にロングボールを放り込め」ってやるならば、ボールを失ってもそこは敵陣であるケースが多いし、ラインを割るケースも多いから、それがピンチへとひっくり返ることもすくなくなる。

ジェフはその正反対のチーム戦術を選んでいる。
だったらそのような脆さと二人三脚で進むしかない。
乗り越えるには、それだけのスキルをもった選手を集めるか、徹底的なパターン化しかないのだろう。
広島は、そのような選手(柏木/ストヤノフ/槙野/中島/森崎兄弟・・)に加えて、数年がかりであのチームに結実した。だけどやはり、柏木がいなくなると脆さは大きくなった。清水だって、ヨンセンや藤本/伊藤/本田という選手に加えて、小野が加わり、何年もかかってあのチームになった。

ジェフも、時間がかかるのだろうなぁ・・と思う。
江尻もいろいろ考え、試して、ようやくチームの背骨が見え始めてきたのかもしれない。

だから、がんばれ、って応援したい。




===<ネットの変化と、村井>===
ネット、どうしちゃったんだろうな?と思う。
いや、髪型の事じゃないよ、プレイスタイルの事。

あんなに無駄に献身的に走る選手だったっけ? あんなにゴール裏にアピる選手だったっけ?
来たばっかりのころって、そりゃチームのためにという献身さもあったけれども、それ以上に「オレが点を取る」に囚われて、そういう意味での視野の狭さがあった印象なのだけど。
今のネットは・・こう、まるで、巻が乗り移ったかのようだ。
そう言っちゃいろんな意味で、なんだけどさ。
でも、そう思うし、岡山戦直後にも書いたけど、勝利の立役者だったと思う。

敵のミスを逃さず奪った二点目は、あれは点をとるために集中していたストライカーならではだけれども。その後のジェフサポへのアピールは、・・なんか今まで以上に愛嬌にあふれていた。
何よりも村井の三点目、あれはネットの必死な走りが無ければ生まれなかった。
 もちろんあのゴールは、村井の戦術眼が活きたゴールだった。
 あそこで、素直にネット(およびネットが受けるための)ボールを出すのではなく、
 ぽっかり敵陣に空いていたスペースを村井が見逃さず、その空白地帯にボールを送り込み、
 そこにネットを走らせたロングパスだった。
 それをちょっと走って「遠いなぁー、追いつかないなー」なんて見逃さず、ネットが必死に走り、
 ボールを奪い、キープしたからこそ、バイタルエリアで村井がどフリーになった。
 (もちろん、それはそれでパスを出した村井がそこに位置していたのもまた素敵だが)


そこで、ふと思い出す。
ネットは、ジェフに来るまで何度も何度も移籍を繰り返し、チームを変えてきた。
2000年から2010年までの10年間で、のべ18のクラブに所属している。
だけど、今年いっぱいをジェフで過ごせば・・、実はネットにとって、ジェフが最も長く所属したクラブという事になる。

性格なのか、契約なのか、クラブ事情なのか。
渡り歩き続けてきたネットにとって、今が、一番落ち着いてプレイできているのかもしれない。
そしてそれが、彼を変えてきているのだとすれば。

・・ネットは、もっともっとかっこよくなるかもしれない。



そしてもう一つ、岡山戦。
村井。

村井がピッチに立った時、フクアリの温度が変わった。
単純に熱くなったのでもなく、戸惑ったのでもなく。
いろいろごちゃごちゃにかき混ぜて、どよめいた。

村井のゴール。
試合後の、村井のすっとんきょうな「こんばんは」と「オレたちジェフ」。

・・感傷的になるな、って言われたって、無理。

おかえりなさい。
ジェフサポは、みんな、あなたが大好きだったんだ。


※村井の「こんばんは」を聞いて、
※ラッシャーかよ!と胸の中で叫んでしまったのは、きっと、オレだけじゃないと信じてる(笑)
※しかも村井に続いて工藤も「オレたちジェフ」。
※みんなやりたいのかもしれない、あれ(笑)



スポンサーサイト

テーマ:ジェフユナイテッド市原・千葉 - ジャンル:スポーツ


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://khou.blog29.fc2.com/tb.php/1118-8db28c8a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。