Hang Tough
ジェフが好き、旅行も好き、仕事もがんばろう、うん。
プロフィール

khou

Author:khou
本好き、旅行好き。
でもここ数年、ずっと旅行に行けてない・・。

twitter、はじめてみました。

@khou_hangtough



ジェフ千葉_試合情報



ジェフ千葉_試合日程



最近の記事



月別アーカイブ



カテゴリー



ブログ内検索



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Awayで五ヵ月ぶりの勝利! 青木孝太の三戦連続弾!
勝った、勝ったぜ! それも1-0!
相手を完封しての1-0!

しかも福岡は熊本に1-2と敗れて勝ち点は変わらない!
東京Vも草津に0-1で敗れて、こちらも勝ち点は変わらない!
柏に甲府も引き分けたので、勝ち点の積み上げは1のみ。

となれば、つまりはこういう順位表なのですよ!
===
1位:柏(65)
2位:甲府(57)
3位:福岡(49)
4位:千葉(48)
5位:東京(43)
6位:熊本(42)
===
上位3チームとの差は縮まって、直下の東京Vとの差は広がった。
これを喜ばずになんとする! だから今はとにかく大喜びすべし!
  (うん、守備がどうとか、バタバタがどうとか、そういうのは今日は書かない(笑))
  (それはもちろん、反省点として忘れちゃいけないのでまた別途)



ってことで、今日はひたすらにポジティブ編(笑)


昨日の勝利は、やはり決勝点の青木孝太に目が行ってしまう。
スローインから、アレックス、谷澤とつながって、青木孝太へ。
この青木孝太への横パスに敵CBが二人とも数歩スライドして引っ張られてしまう。だからワンツーで谷澤にボールが戻った時には、彼の目の前にCBはいても決して「正面」というわけではなく。そこで・・ちょいっ・・と谷澤がボールを前に弾けば、するりと抜けるスペースが空いていた。

谷澤の突破、CBが追いすがり、GKが飛び出してくる。
だけどのこのボールをGKが懐に収めきれない。谷澤の突進の衝撃でボールをかきだされてしまい、そのままゴールに向かってボールが転がっていき、ポストに当たって跳ね返る。
追いついてきた敵SBの足が宙をきり、
そこに駆けこんできた青木!

本人も解説も言っていたが、谷澤の突破が局面を決定づけたとはいえ、まさにそこにいた事が青木孝太の嗅覚と言えるだろう。そういう場面に突っ込んでほしいから、シュートを打ってほしいからこそ、FWってのは敵陣に一番近いところにポジションをとるのだから。

これで青木孝太は三戦連続ゴール、4得点!
それまでは今季2得点だったスコアを6に押し上げ、ジェフに二つの勝利をもたらしてくれた。
ネットがいつ復帰できるのか、確たる情報もない今、ジェフは青木孝太に頼らざるを得ない。
もっともっとスコアを重ねていってくれることを期待!

・・でも、最後はちょっとバテてたよね(笑)



でもってその青木孝太が何かにつけて頼りにしているのが伊藤。
この試合、彼がボールを触る機会が多くは無かったが、それはチーム全体の問題につながっていくので今日は置いとく。しかし・・やはり録画で見ても、頭がいい選手だなと思う。自分の役割・・それはつまり、ボールの中継点となり、攻撃へのスパイスとなり、青木孝太や谷澤の攻撃を補い、中盤の守備をフォローするという仕事を、考えながらプレイしていた。自分が今どこで何をすべきか、常にピッチを観察しながら動いていたように思う。
それは一歩間違うと、中途半端で試合から消えてしまうプレイだけれど、考えて観察しながらプレイしている伊藤は、「中途半端」から一歩踏み出してくれるだろうと、思っている。
ジェフの攻撃陣は、視野があまり広くない選手が多い。
そこで攻撃のバランスや変化をつけるという、必須な仕事を彼が担っている。

これで栃木戦/富山戦と、二試合続けてのスタメン。
ジェフが今のサッカーを突き進めていくのであれば、近いうちにスタメンに定着するんじゃないかと思う。
つか、定着できるくらいに成長してくれ(笑)



そして、個人的にMOMは山口慶。
そりゃ後半、敵陣内で後ろ向きにボールを受けたところで、背後から敵に突っつかれてボールを奪われ、そのまま敵につながれてのカウンター!・・なんてピンチもあった。しかしそれ以上に、いったい何度、山口が敵の攻撃を潰したことか。
ただでさえアレックスが縦横無尽に走り回るからスペースが空き、バランスが崩れやすいジェフの守備。しかも最終ラインに1対1の脆さが見える今、山口の重要性が今まで以上に大きくなってきている。柏戦のように山口を外してアタッカー投入!となれば、それはジェフにとって事実上のバンザイアタック。勇人や工藤と同じように、山口は今のチームに欠かせないメンバーとなってきた。
富山戦の終盤は、その山口でさえもチームを支えきれなくなり、坂本の投入につながったわけだが・・、それはまた別の話。ネットやアレックスなど、累積警告が溜まってきている選手も多い中、山口がどこまで休まずに試合に立てるのか。それも昇格戦線に影響するだろうな・・。


最後、岡本。
とにもかくにも、最後ロスタイムでの1対1を防いだプレイはお見事!
感謝感謝の雨あられ。
あれは福元の不用意なクリアが敵DFに弾き返されて、それがそのまま敵FWにわたってのカウンターだった。映像に映った時にはもう、ジェフの最終ラインを突破されてのGKと1対1、絶体絶命の局面!
あの瞬間に、TVの前で目の前真っ暗になっちゃったよ、オレは(苦笑)

しかし、岡本はPAを飛び出して飛び込んでのゴール死守。
あの時あの瞬間、岡本の飛び出しがなければ、試合は引き分けに持ち込まれていた事だろう。

それまでに危ういプレイが何度かあったし、どれも失点のピンチにつながってしまった。
それでも最後、あのワンプレイで試合を救ってくれた。
試合を救い、クラブを救い、ある意味では福元も救った岡本のファインプレイ。

櫛野とはまた違う、岡本の良さが光った瞬間だった。



なにはともあれ・・。
結果こそ全てのリーグ終盤、昇格戦線、ジェフはこれで上位にもう一度喰らいついた。

福岡への勝ち点差は、わずか1。
甲府とだって勝ち点差は、9。

まだあと9試合もある。


さあ、一つ一つ、何が何でも勝つしかない。
がんばれ!

スポンサーサイト

テーマ:ジェフユナイテッド市原・千葉 - ジャンル:スポーツ


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://khou.blog29.fc2.com/tb.php/1138-a134bcd4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。