Hang Tough
ジェフが好き、旅行も好き、仕事もがんばろう、うん。
プロフィール

khou

Author:khou
本好き、旅行好き。
でもここ数年、ずっと旅行に行けてない・・。

twitter、はじめてみました。

@khou_hangtough



ジェフ千葉_試合情報



ジェフ千葉_試合日程



最近の記事



月別アーカイブ



カテゴリー



ブログ内検索



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

つまり、江尻のやりたい攻撃サッカーやスタイルって、何だろう。
ずーっとずっと、試合見ながらいいキーワードを探してたんだけど、ようやく閃いてみた(笑)
「浸透戦術」、「分進合撃」、「局面制圧」の三つじゃなかろうか。


【1:敵守備組織への浸透】
敵の守備ブロックや敵陣バイタルエリアに対し、どれだけジェフの攻撃陣が潜り込めるのか。
そのなかで敵の守備をかいくぐって、間、間で、ポジショニングをとれるのか。

【2:主戦場に対する分進合撃、数的優位の確立】
敵守備ブロック内に侵入した選手にパスを通し、自らのポジションを崩してでもジェフ選手が集合。
その足がかりに多数の味方選手が集まる事で、パスコースをつくる。
(現実に敵守備陣を攻撃陣が数で上回れなくとも、少なくともパス回しに必要な人数は集まらなきゃいけない)

【3:数的優位とパスワークによって、局面制圧&打開】
確立した局面下でパスをまわし、敵DFを定位置からずらし、守備ブロックを解体。
そこではじめて、大きな横展開で止めをさすもよし、裏に抜け出してゴールに勝負を挑むもよし。

そういう仮説でいかが?、と。


過去の江尻発言で印象的で、サポ間で話題になった「逃げの横パスをしない」ってのは、
局面に集まりもせず、動かずに横パスするな・・つまり運動量の少なさの言い訳にするな、とか、
局面打開にチャレンジせず手詰まりになったからって、それこそ横パスに逃げるな、とか、
そういう意味なのかとも想像している。

だけど、
そうやって、その局面を打開してから、裏に抜け出すのならそれは良し。
敵も味方も局面に集中した後に、横幅を使うのであれば、それも良し。
そこまで準備した後ならば、クロスだって点につながりやすい。

「まずは局面制圧」を攻撃の基本においているので、逆サイドへの展開や斜めへの大きなスルーパスとかが少なくなり、局面にこだわりすぎてるように見えてしまう。
故に、次のような批判がしょっちゅう出てくる。
  ・縦への速さがない。
  ・敵守備組織にチャレンジする初期段階で、スペースを活用しない。
  ・シンプルな攻撃が少ない。

でも江尻にとってしてみたら、
「敵守備ブロックを崩さないままゴール前で勝負して、それで点を獲れる選手」(例:川崎ジュニーニョや、名古屋ケネディ、鹿島マルキーニョス、香川)とか、「個人で起点になって、敵守備ブロックを解体できるような選手」(例:遠藤/ケンゴ/小笠原)とか、ジェフが毎年毎年、彼らを獲得&確保できるクラブではない・・そんな現実から始まっているんだと思う。
そして「それでもちゃんと点をとって勝ちたい!」という彼の志向があって。

加えて、一年限り/自分限りの結果の追求ではなく、ジェフ全体のスタイルを確立するために、
わざわざ勝利という結果に行きつくためには、遠回りした練習や戦術を目指しているのだろう、と。
例え、何人かの選手が出番を少なくなったとしても。



江尻にとってちょっと不幸なのは、「今のチームが取るべき戦術スタイル」と長年積み重ねられていく「クラブとしてのスタイル」の二つを区別し、定義づけて説明できていないところだと思う。

多くのサポやメディアにとっては、一般にスタイルというと前者の意味でうけとめる。だから「監督が変わればスタイルが変わる」という表現が通用する。それにおそらく、チームのスタイルといえば、こっちの用法の方が一般的だ。

しかし江尻と今のフロントが育てようとしているスタイルは、おそらく後者なのだと思う。
ジェフ全体で、今後の礎となるスタイルを確立し、今後はそのスタイルの下で育成や獲得を組み立てていくのだろうと。U-18やU-15との整合性は、まだまだこれからなところはあるにしても。
   そしてそれだからこそ、「犬の生活」の西部謙司さんは、
   「江尻さんがユースの監督をやるべき」、
   そのうえで「毎年一人ずつでも、そういうサッカーができる選手を育てた方がいい」
   ・・と、かつて発言したのだと思う。




だけどそれは、現有戦力の積み重ねから選択した、勝利に最適化されたスタイルではない。
誰のどのような武器に点を取らせるかという逆算があるわけでもない。
「巻とネットを並べて、太田や村井からクロス放り込めばいいじゃん!」とかジェフサポなら誰だって一度は思ったはずだ。
でもそれはやらない。
それは彼らの個人能力に依存したサッカーだから。
来年彼らがいるのかいないのか、敵に通用するのか、誰もわからないから。


Jリーグから代表、ユースや学生の試合まで、多数のサッカーの試合のレビューを描いている「プロパガンダファクトリー」では、「ジェフの戦い方に、ピッチ上のグラウンドデザインが見えない」「選手の感覚で試合しているように見える」と、毎回のように書かれている。
とあるFC東京サポには、「どうやって点を取るのか、ゴールからの逆算が見えない」とも言われた。

それは、初めの3つのポイントをジェフが形にしきれていないから、中途半端に見えてしまい、
また、ジェフの現有戦力の最適戦術を選んでいないからじゃなかろうかと、思う。



ジェフはそもそもJ1クラブとしては全くお客が入らず、お金が無く、
そこからイビチャに全面的に依存していた時代があり、主力が大量に移籍した。
その移籍金による資金ドーピングで、多数の選手を獲得し、監督も変えた。
そんな数年がかりのジェフの混迷低迷を脱し、フロントや江尻が【ジェフ百年の計(クラブのスタイルの確立)】を目指そうというのなら、それはそれで、応援したいと思う。

もちろん、以上のところは全てオレの勝手な妄想と想像と仮説にしかすぎないんだけどな!!!
もし多少なりとも正しければ、今後の選手獲得や監督の人事にもそれは現れるハズだから、

・・まぁ、サポとしてはいろいろと想像してやきもきしながら、応援するだけなんだけどね(笑)




ところで、
おそらく今のJリーグにおいて、一番、サポの人気と支持を集める最大公約数のサッカーは、
===
・中盤でめっちゃプレスをかけてボール奪取。
・ボールを奪ったら速攻をかけ、ショートカウンターからシュート。
・つまりは、一時のFC東京や浦和、それに川崎のサッカー。
===
だと思ってたりします。



スポンサーサイト

テーマ:ジェフユナイテッド市原・千葉 - ジャンル:スポーツ


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://khou.blog29.fc2.com/tb.php/1151-3fe32be9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。