Hang Tough
ジェフが好き、旅行も好き、仕事もがんばろう、うん。
プロフィール

khou

Author:khou
本好き、旅行好き。
でもここ数年、ずっと旅行に行けてない・・。

twitter、はじめてみました。

@khou_hangtough



ジェフ千葉_試合情報



ジェフ千葉_試合日程



最近の記事



月別アーカイブ



カテゴリー



ブログ内検索



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

いよいよ明日が最終戦。・・そして祖母井氏が京都のGMに。
いよいよ明日、今季最終戦を迎える。
Homeフクアリで戦う相手は徳島ヴォルティス。3月21日にAway戦では、1-3で破れた相手。
あの時は、平繁/津田/柿谷と、徳島の攻撃陣にケチョンケチョンにされた試合だった。
反撃もオウンゴールのみ。

初戦の熊本に引き分け、次節の鳥栖に勝ち、しかし徳島に守備の乱れを突かれて負ける・・。調子に乗れるかと思えば転び、だけどまた盛り返すも、でも大事なところで負けた、そんなシーズンだった。
ひととおり各チームと戦った後の後半戦では、ジェフは8勝1分7敗。
ほぼほぼ勝率5割の成績だった。
柏にも甲府にも福岡にも、勝つ事が出来なかった。
振り返れば、そりゃ昇格できないよね、・・という勝敗結果。

そんなシーズンも明日で終わる。
勝てない悔しさももどかしさも、今のチームへの愛着も、明日で終わる。
かなわなかった昇格という願いは、来年に持ち越されていく。
これからの約2ヶ月間で、チームはまた大きく変わるだろう。
すでに監督やコーチ達の退任は発表され、3人の選手がクラブを去る事が明らかになった。
契約交渉や移籍交渉の中で、さらに加えて何人かが離れていっても不思議はない。
天皇杯も負けた今、
今年のチームは、明日で最後となる。

終わり良ければすべて良しとは言うけれど、確かに今のチームは明日で終わるけど、
でもそれでも全てが終わるわけじゃない。
それでもクラブは続くし、Jリーグもサッカーも続く。
選手も年を重ね、引退していく。
フロントだってGMだって、クラブに来てはやがて去っていく。

サポだけが変わらない。


一年間J2を戦ってきて、昇格したいという願いはかなわなかったけれど、
おつかれさま、・・って思う。


徳島戦。
せめて笑って一年をしめくくろう。



===<祖母井氏、京都のGMに就任>===
「祖母井秀隆 氏 ゼネラルマネージャー(GM)就任のお知らせ」(京都公式)

ジェフが最も輝いていたのは、そりゃもちろんイビチャがいた時代であって、
それは祖母井氏の功績でもある。
あの年、ジェフからイビチャは去り、祖母井氏もクラブを去り、
以来、ジェフは一年ごとに泥の中に深く浸かっている。

グルノーブルを昇格させ、翌年もリーグ・アンに残留させる。
しかし2009/10シーズンでは開幕から11連敗と苦しみ、リーグ・ドゥに降格。
それにともなって祖母井氏はグルノーブルを去った。
そして、京都のGMに就任した。


新しい場での活躍をお祈りいたします。




スポンサーサイト

テーマ:ジェフユナイテッド市原・千葉 - ジャンル:スポーツ


この記事に対するコメント

To:TACさん
コメントのお返事、遅くなってすみません。
ありがとうございます!

サッカーの世界ってそう考えると実績や結果も色んな巡り合わせですよね。祖母井さんもジェフ就任当初に比べて、オシムによって名を挙げた今ではサッカー界における知名度や信頼も別物でしょうし、それにフランスでGMを務めたと言う以上、欧州へのコネクションもジェフ時代よりずっと強くなっていると思います。
そして年齢を重ねた事で、さらに賢明になっているかもしれませんし、もしかしたら頑迷になっているかもしれません。
ましてやジェフ時代と京都では、使える予算規模も異なりますし・・。

祖母井さんにはオシムとジェフを巡り合わせてくれたという感謝はあります。
だから京都でどのように手腕を発揮するのか、注目してしまいます。J1昇格へのライバルですからジェフが昇格して後に、活躍してほしいところですが(笑)


最終節は、・・今季一年間の戦いっぷりを象徴するような試合になってしまいました・・(苦笑)




【2010/12/06 08:57】 URL | khou #- [ 編集]

祖母井さんに想うこと
おはようございます。

祖母井さん、京都のGMになりましたね。
正直、複雑な気持ちですが、その手腕はどうなのでしょうか。

祖母井さんとジェフとの関わりは先ずは、育成コーチとしてだったと記憶しています。
そして、また、ジェフに外国人監督を初めて召喚した(と言っても、既に下部組織を指導していたヤン・フェルシュライエンの昇格人事だったかと)のがGMの初仕事だったのではないかと記憶しています。
しかし、
97-98 ヤン
99    エンゲルト
99-00 ザンフィール
00-01 ヴェルデニック
02    べングロッシュ
03-06 イビチャ
06-07 アマル
※イビチャ⇒アマルの監督交代は当時の社長・淀川さんの独断ではないかと推測(それが証拠に06年限りで祖母井さんはジェフを去りましたから)
の多くの監督を召喚したものの、結果が伴ったのは、01年と03年から05年までの計4年間のみで、それもイビチャの召喚によって弱小チームが素晴らしい成果を出せたから、であり、名古屋に強奪されたヴェルデニックのその後や、イビチャ体制下でアマルを下部コーチとして召喚したことなどを考えると、どうなのかなあ、と考え込んでしまうのです。
正直、00年オフに3年連続で残留争いをしてしまった責任を取らさんとばかりに、当時の岡社長と祖母井GMとに対して、今で言うところのサポコミに参加した者としては、特にね。


ま、時代も変わりましたし、クラブの色もチームの土壌も違うだろうから、京都でのマネージメントは見ものです。
願わくば、京都が成果を見せる前にジェフが結果を出して欲しいですね。

またもやの長文、大変、失礼いたしました。
今日の今シーズン最後のホーム・フクアリ戦、勝って終わりにしたいですね。
【2010/12/04 08:45】 URL | TAC #GCA3nAmE [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://khou.blog29.fc2.com/tb.php/1169-e7907978
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。