Hang Tough
ジェフが好き、旅行も好き、仕事もがんばろう、うん。
プロフィール

khou

Author:khou
本好き、旅行好き。
でもここ数年、ずっと旅行に行けてない・・。

twitter、はじめてみました。

@khou_hangtough



ジェフ千葉_試合情報



ジェフ千葉_試合日程



最近の記事



月別アーカイブ



カテゴリー



ブログ内検索



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

新監督、5日間の来日。・・FC東京が谷澤を狙うっ!?
ものの見事に風邪をひいてしまって、昨日は39度の熱にやっつけられながらベッドの中。
とにかく寒気がひどい。毛布にくるまっても震えが収まらず、しょーがないからお風呂に入っても、湯船の中で鳥肌が立つってどれだけなんだと!(笑)
日曜日の夜の予定はキャンセル・・不義理をしてしまいました。
ぬぬぬ・・。

風邪を引いてしまったのは、深酒のせいもあるけど、やっぱりどんどん寒くなってきたせいだよなー・・と思う。しかし日本以上に欧州の方がずっとずっと寒波に覆われており、エッフェル塔が閉鎖されるわ、ローマの噴水は凍るわ、スコットランドのエディンバラでは大雪で、なんと積雪76cm!
となれば、新監督ドワイト・ローデヴェーヘスの母国オランダもやっぱり大雪なわけで。
12月18日、その大雪によってKLMオランダ航空も、12時成田発が18時発になってしまったそうな。

「Preparation」(徒然日記)
「インカレ」(徒然日記)

元ミラーの通訳という形でジェフとの縁ができ、その後、福岡や大分に所属。そして去年はジェフでスカウトを務め、今シーズンオフからはドワイト新監督のスタッフとなる志垣良コーチ。
新監督が来日していた5日間について、彼が自分のblogで触れている。

読んで、新監督のイメージをいろいろと想像したくなる。。
ボールを奪ったら縦への突破を最優先、というわけではなく、ひたすらショートパスをつないで敵陣への浸透を図るわけでもない。ミラーとも江尻とも違うサッカー。
ピッチ上にワイドに広がった選手のポジショニング。その中を長短織り交ぜてパスをまわしていく攻撃。
遅攻と速攻。
守備においては、積極的なプレスと下がってブロックを作る守備を使い分ける。
パスコースを切って敵のプレイを限定させつつ、機を見てはプレスをかけてボールを奪取。

バランス。
状況判断。
特定のプレイに固執するのではなく、千変万化のピッチ上で、常に最適なプレイを選択していく。

そんなイメージだろうか。
だとすれば、とにかく状況判断が重要になってくる。
誰がどこにいて、自分が何をするのか。
自分が何をすることで、他の選手を活かせるのか。
意識の共有もそう。
米倉や青木孝太が、より成長するきっかけになるかもしれない。
山口や青木良太は、こういう監督の方がやりやすいだろう。

シーズン前に、新監督とスタッフとがディスカッションできたのも大きいと思う。
どんな宿題が、それぞれのスタッフに課せられたのか興味津津(笑)


江尻や巻といっしょにJ1に昇格したかったけど、それはかなわなかった。
新しい監督がジェフに何をもたらしてくれるのか。
期待しよう。



おまけ:
今度の新監督、まだその練習やチームを具体的に見たわけじゃないけれど、
読んだり想像している限りでは、ジェフU-18を指揮する菅澤コーチと、かなり相性がヨサゲな感じ。
菅澤コーチの目指すサッカーについて書かれたテキストと、似てるんだよな。
「「育成のジェフ」復活へ、下部組織の改革から1年半 高円宮杯 千葉U-18 5-1 立正大淞南」(スポナビ)
「菅澤大我コーチがやろうとしていること」(スポーツライター鈴木智之の記録)

下部組織とのつながりについても期待したくなる。




===<FC東京が谷澤に触手!>===
「東京が千葉MF谷沢獲得に動く」(ニッカン)

えー・・。
やだなぁ、もう(苦笑)

J1のどこかしらか谷澤が声をかけるかもなぁ・・とは思っていたが、まさか同じJ2のFC東京とは思ってなかった。それにFC東京が谷澤を獲得して、どこで使うのか、はてさて?という気持ちになる。石川もいるし羽生もいる。鈴木達也に重松に大竹もいる。さらに加えて、大宮や新潟で活躍したペドロ・ジュニオールの獲得にも動いているし、新外国籍選手ロベルト・セザーの獲得も決定。
前線の攻撃要員が過剰じゃなかろうか。

となれば、獲得に動く理由はなんだろう。

【1:大熊監督が希望。谷澤が好き!】
2003年、UAEで行われたワールドユースで、大熊監督率いるU-20代表に谷澤が選ばれている。
この大会で谷澤はスーパーサブとして活躍。
もしかしたら、それ以来、大熊監督は谷澤を気に入っているのかも!?

【2:FC東京はガチでACLを狙っている】
天皇杯に優勝するとACLに出場できる、ハズ。
これについては諸説紛々あるけれど、FC東京のフロントが「出れるもん!」って言いきってたから、とりあえずは出れるという事で考えて・・FC東京はこの天皇杯を真剣に勝ち取って、本気でACL出場を狙っているのかもしれない。そう思うとこれだけの補強は納得できる。
・・でも、もし天皇杯に敗退してACLに出れなかったら・・。

【3:J1昇格ライバルの戦力ダウン】
いや、ジェフがそのJ1昇格のライバルかというと、そう名乗りを上げるのもおこがましい気もするが、しかしFC東京は横浜FCから中盤の要、ホベルトの獲得も狙っている。これで京都から誰か、東京Vから誰か・・というように、上位陣に食い込みそうなクラブから主力を一人ずつでも引きぬいていけば、昇格争いにおいて長期的に優位に立てる。
・・でもそのためにウン千万の補強費を使うかというと・・。

つらつら考えるけれども「1」と「2」なのかなぁ・・と想像。
谷澤はFC東京の大熊監督が好む選手であり、そしてFC東京はクラブとして真剣にACLを狙っているのだから、そのための補強なのかと思う。


谷澤には、ジェフに残ってほしい。
ぜひとも残ってほしい。

そして来季こそ昇格をつかんで、そして谷澤に「俺たちジェフ!」と叫んでほしい・・。

残ってくれ。



スポンサーサイト

テーマ:ジェフユナイテッド市原・千葉 - ジャンル:スポーツ


この記事に対するコメント

To:くにさん
コメントありがとうございます!

あの残留を決めた試合、ジェフサポの自分たちもそうですが、対戦したFC東京サポにとっても谷澤の活躍は強く印象に残っていたのかもしれません。そう思えばなるほどなぁ・・という気も。それに一時は紅白戦も組めなかったというのは知りませんでした。FC東京は下部組織も含めて、けっこう選手が多い印象を勝手に持っていたので・・。

権田、米本をはじめとして代表でチームを離れる選手が頻発する事を考えれば、やはり層の厚さが欲しくなるのでしょうね。・・最近のジェフは代表に縁がなかったのでそこはつい想像してませんでした(苦笑)
【2010/12/22 08:59】 URL | khou #- [ 編集]


>獲得に動く理由はなんだろう。

たぶん、メンタルの強さに裏打ちされた経験。
2008年の最終戦には谷沢にやられたからね。

獲得の話ばかりだけど、それは天皇杯が終わってないからであって、
終戦とともに放出の話もでてくるでしょう。
獲得の話だって、まだ正式じゃないものもあるし。

ACL出れなくても、昨年の登録メンバーが少なすぎただけだし(一時は紅白戦も組めませんでした)、
五輪やA代表、夏場の連戦、怪我を考えるとこれくらいでちょうどいいのです。
【2010/12/20 12:33】 URL | くに #mQop/nM. [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://khou.blog29.fc2.com/tb.php/1179-21cf76ef
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。