Hang Tough
ジェフが好き、旅行も好き、仕事もがんばろう、うん。
プロフィール

khou

Author:khou
本好き、旅行好き。
でもここ数年、ずっと旅行に行けてない・・。

twitter、はじめてみました。

@khou_hangtough



ジェフ千葉_試合情報



ジェフ千葉_試合日程



最近の記事



月別アーカイブ



カテゴリー



ブログ内検索



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

オーロイ、正式決定間近、かもかも!?・・要田の涙。
先日、報道のあったノルウェーの巨人、トル・ホグネ・オーロイ。
どうやらノルウェーではその後の続報も出ているらしい。

ノルウェーのサッカーを追いかけているblog「フィヨルドの狼」さんより。
「オーロイ、移籍間近?!」(フィヨルドの狼)
「オーレスンのオーロイ、Jリーグへ?!」(フィヨルドの狼)
「夢はJリーガー」(フィヨルドの狼)

でもって、上記blogで紹介されているノルウェーのスポーツメディアの報道も。
「JEF United er Aarøys nye klubb」

「JEF UNITEDがオーロイの新しいクラブとなる!」って感じか。
日本ではニッカンに第一報が流れたきりではあるけれども、向こうではその後も情報が出ており、しかも電話インタビューまで! オーロイ本人は電話インタビューには答えてないようだけど、所属するオーレスンFKのディレクター(別記事の翻訳ではPresidentって出てきたから、かなりの上役っぽい)、ホフが色々と答えており、それが記事に。

その記事を翻訳通しながら、上記blogの慨訳とあわせて読んでみれば・・

まず、記事の冒頭と末尾に、それなりに詳しくジェフの紹介が書かれている。今年4位で終わって昇格できなかっただとか、20,000人弱のフクアリをホームとし、江尻で昇格に失敗し、最近は集客や資金にちょっと困ってるとか、電器産業の雄「富士」をスポンサーに持つとかとか。

何よりもジェフサポにとって重要な、移籍の実現性については、「極めて間近」。
ホフ氏いわく、「移籍金がねー、納得いかん、安いよ不満だよ!」・・「でもオーロイの希望なんだよ」だそうだ。この移籍はオーロイ自身の希望であり、彼がキャリアの終盤を迎える今、我々にはそれを止める事ができない、との事。
(別記事によれば、オーロイとオーレスンFKとの間にはあと1年、契約が残っているようだ)

そのホフが不満な移籍金については書かれていないが、オーロイが手にする年俸は、希望最低額で200万クローネ。約3,000万円ほどのようであり、オーレスンFKがオーロイに支払っている年俸より高額になるそうだ。加えて、家と車を無料で支給。さらにカメラも!(笑) スポンサーに「電機業界の巨人、フジがいる」からカメラもだそうだが、これは富士電機を富士通か富士フイルムと勘違いしているせいなのだろう。

で、契約期間は2年間+オプション1年。
オーロイの年齢が年齢だから、複数年契約じゃないと交渉がしづらいのもあるだろう。だけどもしこの移籍が成立すると二年間はこの巨人がジェフの最前線に聳え立つ事になるわけだ。その間に、「Jリーグで実績のある外国籍FWを!」なんて別クラブが獲得しようとしても交渉のテーブルに乗る事ができる。・・もちろん全然噛みあわなくて、ジェフから違約金払ってウンヌン・・ってこともあり得るけどな!


そして「フィヨルドの狼」さんでは、ノルウェーの国営放送NRKの記事も紹介されている。
「Aarøy går til JEF United i Japan」

こちらは先のホフ氏の電話インタビュー記事と同じものを元ネタにして書かれており、ほぼほぼ同一の内容。ただこちらの記事はさすが国営放送と言うべきか、「まだ色々あるよ」「何も決定して決まってないよ」と慎重なニュアンスにはなっている。


どちらの記事でも読者のコメントがつけられようになっており、これも適当に抜粋して翻訳かけてみれば・・賛否両論ありつつも、でも「がんばれ!」ってコメントも多い。

「だってさ、奴が欧州のビッグリーグに行けると思うか?それが彼の現実的な選択なんだよ」
「日本の二部リーグに行く事だって立派な挑戦じゃないか!w」
「日本で活躍できるかどうか自分は凄く疑問だけどなぁ・・」
「でもあっちだと、敵のDFより1メートルは高いよね」
「なぁなぁ!無駄な議論はやめようぜ。トル・ホグネの新しい門出を祝おうじゃないか。なんたって彼には素敵なゴールと興奮をいっぱい見せてもらったんだからな!」

コメントのノリはそんな感じだろうか。
(二つの記事のコメントをランダムに拾って、でもって意訳とゆーか超訳とゆーか・・なので、ノリはね、そんな感じだよね!って事で 笑)


向こうの報道を読む限り、移籍は現実になりそうな気がするのだけれど・・。
はてさてどうなるっ!?



おまけ:
こういう時っていつも複数の機械翻訳を使って、英語に訳して見比べながら読むのだが、
今回、機械翻訳によっては「希望を止める事ができない」の部分を「assassinate」(暗殺)って訳したよ!
暗殺かよ、オーロイの希望を止めるのは暗殺かよ!って一人、ビビりました(笑)




===<要田の涙>===
「AC長野パルセイロ 要田勇一「4年分の涙」【佐藤拓也】」(サッカーを読む!Jマガ)

ちょっとblogで書くタイミングを失っていたのだけれど・・、要田、お疲れさまでした!
良かったね、長かったけど長野パルセイロでなんとかJFLに昇格できて、ほんとに良かった!
一時は記事中にも触れられている左膝靱帯の損傷で、引退するって噂を聞いていたけれど、それでもここまでこれて本当にお疲れ様!

この記事を読んで、ほんとにそう思っていた。


そして昨日、要田は長野パルセイロを契約満了となった。
「お知らせ : 【クラブ】   ★契約満了選手のお知らせ」(長野パルセイロ公式)

これから要田はどうするのだろう。
膝の故障もあれば、年齢もある。
現役を続けたいという気持ちもあるだろうが、それは決して楽じゃない。

だけど要田なら、それでもがんばるハズだと思う。

ジェフで戦ってた時だって、上手かろうが下手だろうが、常に最前線でがむしゃらに身体を張ってがんばっていた。長野でだって、昇格まで4年間がんばりぬいた。

そんな人間は、これからもきっとがんばり続けるんだと思う。
楽な道を選べないからがんばるしかないのだろうし、そういう人が少しでも前に進むためにはがんばるだけなんだし。

これからも。



スポンサーサイト

テーマ:ジェフユナイテッド市原・千葉 - ジャンル:スポーツ


この記事に対するコメント

To:TACさん
コメントありがとうございます!

今年の夏は、ほんとうに暑さが厳しかったですね。ヨンセンと同じノルウェー出身だけに、オーロイがほんとに来日したら、夏の暑さと疲労対策が大きな課題になるかと思います。でもそれでもやはりあの身長それ自体は武器になるといいな・・という期待もあります(笑)

あとこれはあんまり考えちゃいけないのでしょうし、監督にもしそういう気持ちがあればですが、疲労対策にローテーションしていくことで、青木孝太や久保、そういった他FWにもチャンスがまわってくるといいなと(笑) 絶対無敵な点取り屋が最前線で全試合完全出場しちゃうと、彼らの出番がなくなっちゃいますし!

※富士フイルムの件、ありがとございます! 直します!
【2010/12/22 08:55】 URL | khou #- [ 編集]

オーロイは果たして活躍できるのか
こんにちは!

新外国人選手が決まらなければ不安になり、決まりそうならそうで不安になる。
果たして活躍してくれるのだろうか、と。

今年の夏の暑さが尋常ではなかったとは言え、年齢的なものがあったとは言え、清水のヨンセンの劣化ぶりに、同じ北欧出身で年齢もそこそこいっているオーロイが被って見えてしまうのは、私だけでしょうか。
ならば、巻を呼び戻した方が、まだ、計算ができるのではないだろうか。


余談ですが、富士フイルムのイは大きいイで表記します。
因みに、キヤノンのヤも大きいヤで表記します。
【2010/12/21 12:44】 URL | TAC #GCA3nAmE [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://khou.blog29.fc2.com/tb.php/1180-8c41f72c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。