Hang Tough
ジェフが好き、旅行も好き、仕事もがんばろう、うん。
プロフィール

khou

Author:khou
本好き、旅行好き。
でもここ数年、ずっと旅行に行けてない・・。

twitter、はじめてみました。

@khou_hangtough



ジェフ千葉_試合情報



ジェフ千葉_試合日程



最近の記事



月別アーカイブ



カテゴリー



ブログ内検索



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ネット契約満了、新人の藤本修司加入! オーロイは基本合意で、さらに熊本から藤田俊哉!!!
昨日はジェフの公式に、選手編成のニュースが二つ。
そして今朝、どかーん!とびっくりした加入のニュースと、今までの情報の続報が。
そんな・・年末。

この時期、やはりどうしても選手の動向は気になってしまう。
大好きな選手は残ってくれるのか。
来年こそ!のそのために、どのようなチームが出来上がっていくのか。
一年間でもっとも辛くて寂しくて、しかし一年間で最も楽しいマゾヒスティックな二ヶ月間。

去年は年明けの1月5日だけで山口/倉田/鎌田の加入、新井の移籍が発表された。
さらに1月7日には、渡邊と村井の加入。
1月8日には、林の加入と市原の移籍が発表され、
1月15日に茶野の加入、1月17日に勇人の加入が、それぞれ発表されている。

だからこの年末に立ちあがった噂や報道が、正式に発表されるのは年明けなのだろう。
そこにはもしかしたら、報道されていない情報も含まれるかもしれない。

昇格できなかった今季を踏まえて、ジェフはどのように来季に臨もうというのか。



===<ネット、契約満了>===
「ネット・バイアーノ選手の契約について」(ジェフ公式)

1年半、ジェフに在籍したネット。
パワフルな左足と、強靭なフィジカル。長身な割にはヘディングシュートは上手じゃなくて、しかし突破力はもちろん、ピンチの時には自陣まで下がってのディフェンスという、ジェフサポ好みの選手だった。印象的なのは、ネットのチャントが歌われ、彼の名前がコールされるたびに、試合中であっても振り返って挨拶するところ。

流浪の傭兵のように、数多くのクラブを渡り歩いたネット。
彼の今までのキャリアにおいて、ジェフが一番長く在籍したクラブとなった。
何か問題でもあったのかなと初めは思ったけれど、ジェフに来てくれてからは、明るいキャラクターのブラジリアんだった。
勝利した試合の後、ゴール裏の前で自分から志願して「俺たち、ジェフ!」もやったっけ。


彼のフリーキックはパワフルではあったが、あまり入る気はしなかったけれど、
しかし足元のスキルは高く、アシストも数多く記録。
地上戦でのポストプレイは、今季のジェフで一番の戦力になっていた。

本当は、オーロイを獲得したとしても、来季も残ってほしかった。
オーロイが落としたボールをネットが叩きこむとか、
オーロイを囮にネットが溜めて、駆け上がってくる米倉や伊藤にパス、シュート!とか。
オーロイの怪我やコンディション低下の時の最前線とか。
やっぱり、昇格のためにネットに活躍してほしかった。

だけどそこは予算の問題だろう。
期限付き移籍期間の終了によって、更新でも買い取りでもかなりの
もしかしたら、それに加えて久保に青木孝、さらに攻撃的な中盤の選手の出番が減ってしまうバランスも考慮されたのかもしれない。


今シーズン、公式戦15得点を記録。

ありがとう、ネット。
新しいクラブで、更なる活躍を。



===<専修大から藤本修司が加入!>===
「藤本 修司 選手 加入内定について」(ジェフ公式)

久保に続く新人加入決定!
専修大の左サイドバックとして、スタメンを務めてきた藤本がジェフ内定!

はてさてどんな選手だべ?と調べてみる。
するとこの選手、「四年間で一番試合に出た選手」として表彰されているらしい。体力があり、怪我に強く、そして先輩に勝ってスタメンを張るだけの武器があるという事か。

じゃあ、その武器は何よ?といろいろ検索してみれば、どうやら彼の左足がスペシャルらしい!
フリーキックを直接決めた試合もあり、彼のFKやCKから味方が得点を決めた試合もある。
個人の突破や守備力がどうかはわからない。
それだけの有力選手ならば、この時期にジェフ内定!となるよりも、先に他のJ1クラブが彼を獲得しているのだろうから、何かしら、選手としての特徴に凸凹はあるのだろう。

だけど、そうだとしても。
もし来季もジェフが4バックを敷くのであれば、左SBは人員不足なのは間違いない。
アレックスが鹿島移籍のピンチであり、青木良は、右SBとしてもCBとしても、実はジェフの守備陣において引っ張りダコ。坂本は年齢や怪我故障の問題もあり、さらに青木良以上に多様な役割をこなせるためにバックアップとして重宝されるだろう。両SBでプレイできる和田は契約満了となってしまった。鎌田はレンタル元の湘南に帰還。渡邊圭二は怪我がち。

藤本・・・もしかしてもしかしての、開幕いきなりスタメン!もありえるか?

ジェフに来てくれてありがとう。


来季からがんばってくれ。
そしていっしょにJ1にあがろう!



===<まさか!いきなり!藤田俊哉獲得!>===
「藤田 既に条件面で合意!来季は千葉に移籍へ」(スポニチ)

いきなり!びっくり!
青天の霹靂!

熊本を今季いっぱいで退団する藤田俊哉が、なんとジェフに加入ですよ!!!

個人的には大歓迎。
これはいろんな軋轢を生むと思うけれども、しかし大歓迎!


【1:戦術意識がトップからピッチまでの徹底される事への期待】
ドワイト監督が名古屋時代に、藤田は名古屋に在籍していた。
山口もいた。
もちろん神戸TDもいた。
彼らは旧知の間柄であり、そして当時、彼ら自身がどんなサッカーをしていたのかを知っている。

名古屋派閥かよ!ってツッコミはあるだろうけど、でもこれによって、
[神戸TD]=[ドワイト新監督]=[藤田プレイングマネージャー]=[山口 中盤の要]・・と、チーム編成のトップから戦術指揮、ピッチ上の主力選手まで、気心の知れたラインががっちりできあがる事になるわけだ。
これは大きい!

もちろん、藤田はオランダはユトレヒトで戦った経験もある。
ドワイト新監督のやり方をチームに落としこんでいくに、最適な選手だと思う。



【2:プロ意識とサッカー脳の教育効果】
二列目の中盤の選手として、試合を支配し、ボールをまわし、さらに機を見て得点を決める藤田。
彼の凄さは、やはりそのサッカー脳の頭の良さであり、それを支え続けるプロ意識。
これが若手の見本となる事を願う。

特にセンスやフィジカルに優れているが、チームの中で活かしきれない米倉。
フィジカルのハンデを、サッカー脳とセンスで補おうという伊藤。
この二人には、これ以上ないくらいベストな見本となるだろう。
もう少しサッカー脳が・・と願ってしまう、青木孝や工藤にとってもそう。

彼の加入が、若手選手の出番を削ぐリスクもあるけれど、
しかしそれ以上に、彼とチームを共にする事によって、若手がさらに伸びてくれればと願う。
来年の後半からは、藤田の薫陶を受けて一皮むけた米倉や伊藤が見れますように!

藤田俊哉、ようこそジェフへ!


※おまけとして、藤田俊哉自身の人脈やコネクション効果もあるといいなぁ・・。



===<オーロイ基本合意! ・・なのか?(笑)>===
「12月29日(水):読売京葉版のJEF記事」(空一風さん)

なんと、今日の読売新聞(千葉版)に、オーロイ獲得が基本合意!と記事があるとの事!
いよいよジェフに来るか、ノルウェーの巨人!
ヴァイキングの末裔、身長204cm!!!

だけどこのネタ。
一方でノルウェーの地元紙「Aftenposten」においては、こんな記事が二つ出ている。

「- Ikke sikkert Aarøy blir konge i luften i Japan」(Aftenposten)
「AaFK-oppstart mandag」(Aftenposten)

一つ目の記事は、「オーロイって、日本で活躍できるん?」というテーマで、清水のヨンセンにインタビューしている。ヨンセンの予想は、「かなり苦労すんじゃね?」との事。
「ノルウェーよりもボールへのプレスが速いし、個人のテクニックもある」という評価に加え、「身長はたしかに有利だけれど、各チームに日本人なり外国人(多くはブラジル人の)デカイ奴がいるから、大変だと思うよ」だそうな。

確かにそれはその通りだろう。
身長という絶対的なアドバンテージはあれども、日本の審判の特性(ジャンプした時の姿勢で、簡単に「肘/腕」のファウルをとる)という問題もあるし、例えば大和田とか・・とにかくデカくて強い!が売りのDFもいる。

だがしかし。
映像を見る限り、オーロイは身長だけの選手じゃない。
巻のようなつっこむヘディングではなく、身長を活かした高い打点からのコントロールされたシュートが打てる。これに期待したい!


そして二つ目の記事は、チームディレクターのホフ氏が登場。
彼がジェフとの交渉過程についてコメント。

「だってさ!ジェフから返事こないんだもん!」・・だそうだ(苦笑)

「クリスマスが締め切りだったはずなのに、3日間すぎてもジェフから返事ないんだ」
-交渉のデッドライン、切ってないの?
「デッドラインは切ってるハズだよ。でも僕はそれがいつかは知らない(ニッコリ)」
-彼は、日本のJ2で戦うジェフが、いつオーロイの移籍金に対して返答するのか知らないという。


・・よ、読売新聞の記事と違わね?と思うが・・だけど!
きっとこれは時差の問題だろう、そうしよう、うん(笑)
ノルウェーの「Aftenposten」が報道した後に、ジェフが返答を戻し、そして大枠合意したと・・そう思いたい。


オーロイの加入に、期待!

スポンサーサイト

テーマ:ジェフユナイテッド市原・千葉 - ジャンル:スポーツ


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://khou.blog29.fc2.com/tb.php/1184-e418f7bb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。