Hang Tough
ジェフが好き、旅行も好き、仕事もがんばろう、うん。
プロフィール

khou

Author:khou
本好き、旅行好き。
でもここ数年、ずっと旅行に行けてない・・。

twitter、はじめてみました。

@khou_hangtough



ジェフ千葉_試合情報



ジェフ千葉_試合日程



最近の記事



月別アーカイブ



カテゴリー



ブログ内検索



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ジェフからまた、大事な大事な選手達が去り。・・・そしてまた新しい選手が来る。オーロイ加入!
先週末の金曜日には、工藤と谷澤と倉田の移籍が発表された。
昇格できなかった時点で、主力の流出は覚悟していたのだから・・いや、そもそもは降格の時点で主力が移籍してしまってもおかしくはなかったのだから、だから予想はしていたのだけれども。
それでもやっぱり、寂しくてやるせないのは変わらない。

「工藤 浩平 選手の移籍について」(ジェフ公式)
「谷澤 達也 選手の移籍について」(ジェフ公式)
「倉田 秋 選手 期限付き移籍期間満了のお知らせ」(ジェフ公式)

そもそも三人ともにJ1で戦っておかしくない選手達だ。
スタメンか?どのクラブでどんな役目か?、それぞれは違いはある。しかし三人ともにそれぞれに実力を持つ選手達だから、ジェフがこうなってしまっている今、移籍は仕方ないと自分に言い聞かせる事ができる。

移籍の原因だって、いろいろ想像できる。
===
・そもそもジェフに、もう予算がないからだとか。
・ジェフが減俸を提示をしたとか。
・ジェフの体制や人間関係に問題があったのかとか。
・より強いつながり(工藤は京都 祖母井GM、谷澤はFC東京 大熊監督)のためか。
・契約事由(倉田は期限付き移籍)によるものか。
・これ以上、ジェフで続けることに煮詰まりや限界を感じていたとか。
===
きっとどれもが正しくて、どれも「これひとつ!」という理由ではないのだろうけど。
結論として、移籍は形となった。

携帯公式の三人のコメントをみると、やはりやるせない。
ほぼほぼ同じ内容のコメントが、こちらは映像として公式の「UNITED.online」にも掲載されている。映像だから、声のトーンや語尾などニュアンスが携帯のものとは異なるらしい。
らしい、というのは伝聞だから。
携帯公式を文字では読んだけれども、ちょっとまだ、映像で見る勇気はない。

倉田は、華やかさを、
谷澤は、あの主力選手が大量に移籍した年に明るさを、ジェフにもってきてくれた。
工藤は、何よりも小学五年生からジェフで育った本当の生え抜きだ。

昇格できないとは、こういう事だ。
2011年も昇格できなければ、さらに出て行ってしまう選手もいるだろう。
だからジェフは、やはり今年一年がんばってがんばて、昇格を目指すしかない。
足掻き、もがくしかない。


三人とも。
今まで、ジェフで戦ってくれてありがとう。
新しいチームでの活躍を願います。
そして。
いつか叶うのならば、また同じユニフォームで笑える日が来れば、いいな。


※だけどさ。
※倉田の移籍先はJ1だけれども、
※工藤と谷澤が、J2の・・昇格を争うライバルへの移籍と言うのが、どうしようもなく、切ない。




===<そして、来る人もいる>===
「トル・ホグネ・オーロイ選手の加入について」(ジェフ公式)

今まで日本でも、そしてノルウェーでもたびたび情報が出ていたオーロイ。
ついに正式発表!
twitterで他のジェフサポの書いていた情報によれば、ユナイテッドパークで行われた「12JEFの日「お帰りなさい司!じゃんけん大会」」において、どんなシチュエーションかはわからないけどオーロイが飛び込みで登場した模様!
見に行けば良かったなー!

しかし改めて公式プロフィールを見てみれば・・204cm、95kgって、でかい!
怪我なく、日本の夏の暑さにめげることなく、
今季のジェフの最前線で、がんばれオーロイ!


「「横浜・大黒」近く発表、藤田は千葉入り決定的」(スポニチ)
年末にも情報が出ていた超ベテラン、藤田俊哉の続報。
やはりこうなれば獲得はほぼほぼ確定で、あとは細かい条件の詰めだったり確認だったり、メディカルチェックだったりという事だろう。
ドワイト新監督とは、名古屋でフェルホーセン監督の下で同じシーズンを過ごしていた藤田。
彼本人も、2003年には半年間、オランダのFCユトレヒトでプレイ。
山口ともいっしょにプレイし、山口は随分と藤田を尊敬していたハズだ。
戦力・・という以上に、コーチ兼プレイングマネージャー兼通訳兼選手として、監督の目指すサッカーをチーム全体に落とし込むための要としての獲得なのだろうなと推測する。

シーズンが進むにつれてチームとして苦しくなっていった去年のジェフ。
それを神戸TDは「組織作りが遅れた」(UNITED)とまとめている。
藤田の獲得が現実になれば、そこを補う意図があるのだろう。


今週末、1月14日には新体制発表会があるジェフ。
藤田は本当にジェフに来るのか。
そして他の選手の補強はどうなるのだろう。

さて・・。




おまけ:
工藤/谷澤/倉田の移籍を報じる読売新聞「ジェフ 主力3人離れる」の記事において、「海外クラブから外国人MFの獲得も検討」というコメントが載っている。
すでに正式発表のあった久保/藤本、竹内、オーロイ、それに先の藤田の他に、誰か外国籍選手の獲得を検討しているのだろうか。
アレックスの鹿島移籍が濃厚な今、昇格により近づくために、外国籍選手の枠はめいっぱい活用して戦力を上積みしてほしいのだけれども・・。


スポンサーサイト

テーマ:ジェフユナイテッド市原・千葉 - ジャンル:スポーツ


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://khou.blog29.fc2.com/tb.php/1189-92952a5d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。