Hang Tough
ジェフが好き、旅行も好き、仕事もがんばろう、うん。
プロフィール

khou

Author:khou
本好き、旅行好き。
でもここ数年、ずっと旅行に行けてない・・。

twitter、はじめてみました。

@khou_hangtough



ジェフ千葉_試合情報



ジェフ千葉_試合日程



最近の記事



月別アーカイブ



カテゴリー



ブログ内検索



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

運営スタイルが変わったサポーターコミュニケーションデー
内容については議事録を待つとして。
今年のサポコミは、運営スタイルが大きく変わった。

【去年まで】
事前に質問を募集し、それに対する回答資料をクラブが用意した上で、
その資料説明と、資料以外も含めたクラブの状況をフロントが説明し、
そして会場のサポ全体から質問を募集しての一問一答方式。

【今年】
一問一答方式をやめて、ステージ上でのパネルディスカッション方式。
その「ディスカッションのテーマ」を事前に一般からも募集。


一問一答方式のメリットとしては、それぞれのサポが自分の質問をその場で聞く事ができるという事や、その質問が様々な角度からなされるという事にある。
逆にデメリットとしては、一問一答であるからこそ質問毎に流れがぶつ切りとなってしまってテーマを掘り下げづらく、またフロントの返答が不十分(的外れ)だった場合にそれを問い直すことも追及することも難しい。

それに対してパネルディスカッション方式の場合、テーマはかなり限られてしまう。ディスカッションなのだからそれも当然。しかしステージ上でのディスカッションなのだから、パネラーとフロントとで、テーマを深く掘り下げる事ができる。


去年のサポコミ終了後の自分のエントリーでは、正直、一問一答方式はもう限界だと書いた。
「サポコミ雑感。・・運営の限界、質問者の限界、ジェフ広報の醜態。」

だからこそ、去年を踏まえてパネルディスカッション方式に切り替えたのは、なるほど!と思ったし、そのサポコミを実際に見て、「今のジェフの場合はこの方がいいよね」と思いもした。


だけど、パネルディスカッション方式の場合は、どうしてもパネラーの質に左右されてしまうのも確か。
今回はサポーター連絡協議会のお二人も、一般参加のお二人も、随分と冷静にかつシビアに・・フロント憎しではなくディスカッションを進められたから良かったものの、そうじゃない参加者が登壇してしまったら、それはもう果てしなく怖い。そういうリスクはある。

またパネルディスカッションだからこそのもう一つのデメリットは、テーマがかなり限られてしまったということだ。今年の場合は、「2010年、昇格ならず」と「2011年、昇格するために」と、ほぼほぼ全ジェフサポに共通するテーマがあったから良かったものの。

しかし、
リザやユースについても聞いてみたかったし、
レディースについても聞いてみたかったし、
大きな赤字の原因はなに?だとか、今後のホームタウンコミュニケーションをどうするのか?とか、
色々とジェフに付随する様々なテーマもあったりする。

そのような事を踏まえると、来年以降は、
===
1:基本的な運営方式は、パネルディスカッション方式を継続。
2:そのパネラー選択にはかなり慎重に。
3:ゲストパネラーの参加をぜひ。
4:加えて、事前の質問募集を復活させてほしい。
5:その質問への回答を、資料として配布してほしい。
===
というところだろうか。


しかしそういう事を思ってみても、保守的で秘密主義で官僚的に思えてしまうジェフのフロントが、今回このようにサポコミのスタイルを大きく変更したのは、ちょっと「すげえ!」と思ったりもする。
だってフロントからすれば、一問一答方式の方が隠したいことを隠しやすいんだもの。
 あ、でも一問一答の方がヤジやブーイングが飛びやすいかな。
 今回はパネラーが突っ込む分だけ、会場からのブーイングは無かったもんね。
 唯一、神戸TDの某発言に対してだけブーイングが飛びそうになったけど。

だからサポもぜひサポコミに真剣に向き合っていこう。
こんなチャンスはそうそうないんだから。


自分がそのblogを愛読しているG大阪サポの某氏が、twitterでこんな事を書いていた。
(記憶に頼ってるので、オレの意訳です)

「その場で問題の解決を求めちゃ行けない。
 サポとフロントの間のギャップや問題意識が露わになるだけでも十分」

いやホント、そう思う。


サポがどのような不満を思っているのか。
フロントとサポの間に、どのようなギャップが存在するのか。
そして可能ならば、フロントとサポとで「今のジェフの問題」を意識共有できれば。
そこまで進む事ができれば、サポコミってのは大成功だと思う。

だからそういう意味では、今回のサポコミは十分合格点だった。
あのステージ上のディスカッションで新たな具体案とか解決策を出せるはずはないのだから。

サポコミの最後の最後で、三木社長がとあるサポからの手紙にあった言葉を紹介した。
「クラブとサポは、サプライヤー・・供給者とバイヤーの関係ではない」
ジェフのフロントがそれをわかってくれるだけでもいいと思う。


明日も明後日も、来年も、10年後も、ずっとジェフが続いていきますように。
その間、山も谷も、雨も晴れも曇りもあるだろうけど、
少しでもよくなっていきますように。


スポンサーサイト

テーマ:ジェフユナイテッド市原・千葉 - ジャンル:スポーツ


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://khou.blog29.fc2.com/tb.php/1198-c1c1569e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。