Hang Tough
ジェフが好き、旅行も好き、仕事もがんばろう、うん。
プロフィール

khou

Author:khou
本好き、旅行好き。
でもここ数年、ずっと旅行に行けてない・・。

twitter、はじめてみました。

@khou_hangtough



ジェフ千葉_試合情報



ジェフ千葉_試合日程



最近の記事



月別アーカイブ



カテゴリー



ブログ内検索



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

いよいよ今日、ちばぎんカップ! 個人的に見たいトコ・・ユースの試合に行ってきたよ!
数日前のあの陽気に比べて、この週末は寒いよっ!
いや雨や雪が降らないだけまだマシだけど。
・・考えてみたら、そろそろ開幕!なんて思ってるけれど、それってつまり3月が近づいてきてるわけで。って事は、冬もまた終わろうとしているわけで。暖かくなる事は嬉しいけれど、でも夏の猛暑に比べたら、オレ、寒い方がまだいいなぁ・・。


そして今日は、いよいよちばぎんカップ!
どんなスタメンになるのかがまず気になるし、ベンチメンバーも気になる。
ゲッセルが本調子じゃない、だとか、オーロイが練習で重くはないけどちょこちょこ傷んでるとか、そんな噂も耳にするけれどはてさてどんなメンバーで臨むのか。
どんな戦術で戦うのか。
想像妄想だけはいっぱいしていても、実戦を生で見るのは今日が初めてだ。

さて・・気になるポイント。


【選手起用】
おそらくドワイトは、彼の考える主力メンバーで挑むだろう。
そこに現状の選手のコンディションや、期待枠・・的なテスト要素も入れてくるんだろうな。
  GK:岡本との予想があるも、櫛野と大久保もいる。
  CB:竹内と青木良か、竹内と茶野。
  LSB:藤本か、青木良か、坂本か。・・藤本だと面白いな。
  RSB:山口(彼のblogを見ても)
  DMF:ゲッセルが出てくるかどうか。彼に加えて勇人と藤田。
  OMF:これは米倉で確定だと思う。
  LWG:深井か、村井。
  RWG:??? 太田かマット・ラムか、伊藤もあり得たりする。
  CF:怪我さえなければオーロイ。サブで久保と戸島のどちらが入ってくるか。

サブも含めて、どんなメンバー構成になるのか面白い。


【守備】
まず選手は自分のポジションを・・とのコメントが多いが、はてさて。
 ・そのポジションと動きは?
 ・サイドを攻められたときのSBの動きは?リトリートか、当たっていくのか。
 ・DMFと連動した最終ラインの位置取りやプレスは?
 ・バイタルぽっかり・・は無いよね、きっと・・。
 ・どれくらいの高さからプレスをかける?
 ・OMFやWGのメンバーのプレスは?フォアチェックをかける?
 ・CFのオーロイは、まぁ、あまり動かないと思っておこう(笑)
 ・セットプレイ時の守備の強度は?
 ・敵のキーマンへの対処法は?

【攻撃】
サイドでチャンスメイクし、オーロイにあてて崩して、そこからトップ下のOMFがフィニッシュワーク、というのが基本スタイルだと想像。
その時にDMFから前に進出していくだろう勇人や、逆サイドから詰めていくWGの動きとかも、ゴールを狙っていくだろうし、サイドからのボールをそのままオーロイが叩きこんでもいい。
 ・はたして自分の想像はあっているのか!?(苦笑)
 ・オーロイのポストプレイは?
 ・サイドの崩しの強度と、そこからフィニッシュにつながる精度、バリエーション。
 ・サイドを破れなかったときの、二の矢三の矢は、果たしてチームは備えているのか。
 ・ゲームの組み立てを任されるであろう、ゲッセルと藤田は?
 ・今年はあまりサイドバックが上がらないんだろうなと思うけど、どうか?
 ・前線と守備陣の間延びが心配されているが、果たして?
 ・セットプレイ時のキッカーは?

【監督采配】
監督を支える副官としてのキャリアは長いし、育成面での経験もあるのだろうけれども、じゃあ勝負師として現場指揮官としてのドワイトはどうなのだろう。そもそものゲームプランや、スカウティングを踏まえた戦い方を強いてくるのだろうか。前半から後半への修正はどうなのか。交代は。


新しい監督と、去年とは大きく違う戦い方。
このちばぎんカップの見どころは、結局は以下の三点に絞られると思っていいかもしれない。

1:まず取り組んだという、守備組織。この完成度と強度と内容。
2:ポジションサッカーの浸透度。
3:現状でどこまで攻撃戦術が組み立てられているのか。

だから今日は、例え無得点でも、無失点でさえあれば万々歳だ。1点や2点失ったとしても、それがセットプレイであれば、まぁ、シーズン中にも起こり得る。だけど問題は、流れの中でどのような守備をするのか、そしてそれがどれだけの強度を持っているかだ。
そこが一番の注目点だと思う。

さあ、ちばぎんカップ、13:00キックオフ!



スカパー!での緊急放送も決まったよ!
「【緊急決定!】ちばぎんカップをスカパー!にて放送」(ジェフ公式)



===<ジェフU-18は0-1で敗戦!>===
昨日は、ジェフU-18と柏U-18の試合。
千葉県クラブユース新人戦の最終戦を見に行ってきたよ!

いや、サッカーが見たかったからさ(笑)
ちょっと調べたら、今日、ジェフと柏のユースが対決するって言うじゃないですか! 家でお酒飲んでごろごろ転がるよりはいいだろう・・ってんで、柏の日立台まで行ってきました。

結果は0-1での敗戦。
スコア以上にチームの力では負けていた印象。だけどジェフも全く無力だったわけではなく、後半は何度か惜しいシーンもあった。運があれば、勝てはしないまでも同点までは想像できる内容だった。
とはいえ両チームともに代表選出だとか出場停止で、ベストメンバーなわけでもなく。
それは特に柏の方に影響が大きくて。

ベスト同士で戦うチャンスがあれば、また見に行きたいな・・。
半年とか時間がたっていれば、その間にお互いのチームがどう成長したかも見れるしね。

で、ジェフU-18は。
#11の井出(だよね?)がもう、攻撃の全権を握ってる感じ。攻撃だけじゃなく守備にも奮闘。つかもう、彼が王様。周りに対しても、「まず俺を見ろ!」みたいな指示を出しまくり(実際にそうは言ってないけど)。そしてその彼も、実力を認めている風だったのが#7の和田凌。試合中も寡黙で周囲への声出しはほとんどせずに、黙々と・・だけどアグレッシブにプレイ。背は小さいがスキルは高く、攻撃意識も高い。この二人が絡んだ時が一番「攻めてる!」って感じがした。そして後半から入った#14。背も大きめで、器用ではないが右サイドを全力で上下動。前半は右ワイドに入っていた井出が、#14の投入によって中盤にポジションを移し、それが後半の活性化につながっただけに彼の果たした役割は大きい。あとDMFに入っていた#16。主に守備でがんばっていた。

彼らの中から誰かがトップにあがってくるかもしれない。
かもしれないけれど、力の差があっての敗戦。

これが現実だと踏まえて、もっとがんばれ。

そしてぜひともトップへ!



===<巻がアムカルを退団!>===
「巻アムカル退団 ロシア国内外で移籍先模索」(スポニチ)
「巻、アムカル退団…Jリーグ復帰へ」(サンスポ)

ロシアに移籍した巻が、アムカルを退団。
国内外で移籍先を探すとあるが、やはりJリーグ復帰が濃厚との報道。

おそらく、今ここでジェフへの復帰はないだろう。
戻ってきてほしいとは思うけれども、しかしそれはない。
だから、ジェフ以外のクラブで、Jリーグに復帰するという可能性が一番たかいだろうなと思う。
まだまだ引退なんてしないでくれ。

一度報道のあった昼田さんつながりで東京Vかもしれない。祖母井さんつながりで京都とか。地元つながりで熊本とか。ジェフ関係者いっぱいの岡山でストヤノフと再会、とかとか。

もし敵チームとして再会するのであればそれは哀しいけれど。


でもでも、巻、まだもっと・・がんばれ。



スポンサーサイト

テーマ:ジェフユナイテッド市原・千葉 - ジャンル:スポーツ


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://khou.blog29.fc2.com/tb.php/1212-088d3ffc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。