Hang Tough
ジェフが好き、旅行も好き、仕事もがんばろう、うん。
プロフィール

khou

Author:khou
本好き、旅行好き。
でもここ数年、ずっと旅行に行けてない・・。

twitter、はじめてみました。

@khou_hangtough



ジェフ千葉_試合情報



ジェフ千葉_試合日程



最近の記事



月別アーカイブ



カテゴリー



ブログ内検索



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ちばぎんカップ、柏を完封勝利! 深井のPKで1-0!
ちばぎんカップは1-0でジェフの勝利!!!
いやっほぉ!

そりゃまぁ、ええ、この時期ですから。
勝ったからといって、それがシーズンを象徴するわけではないのはそのとおり。去年だって、江尻ジェフは柏を相手に素敵な攻撃を繰り広げていたじゃないか。その前の年は1-3でぼろぼろにやっつけられて、そのまま降格しちゃったけれど。

だけど勝った事、勝利というそれよりも、この時期とはいえ柏を完封できた方が嬉しい。
あのレアンドロ・ドミンゲスをはじめとする強力ブラジル人3人や、林や大谷や茨田や大津に、結局最後までゴールを破らせなかった。
もちろん危ないシーンはあった。速くて鋭い弾道のクロスをCBがカットしきれなかったり、ロングボールを守備ラインの裏に通され、CBギャップにFW二人が飛び込んであわや!というシーンだとか。開始早々の山口のクリアだとか、後半だって敵のシュートがクロスバー直撃だとか。
だから完封の理由にはジェフの幸運・・つまり柏がコンディションやミスもあった。
本当に守備が固くて固くて、敵がどうしようもなかったわけではない。

しかしそれでも、だ。
去年に比べて戦術が大幅に方向転換した今、ちばぎんカップのジェフの姿は新監督の就任/始動から約1ヶ月半で組み上げられてきたもの。1昨年から1年半もの間、実戦を経て練り上げられてきた柏に比べれば、そりゃ強度は違うってもんだ。それがある程度、形の見えてきた守備戦術が柏に通用したのだから、やっぱりここは喜んでいいと思う、うん。


「第17回ちばぎんカップ」(ジェフ公式)
「2011Jリーグプレシーズンマッチ 第17回 ちばぎんカップ」(柏公式)

「【2011Jリーグプレシーズンマッチ 柏 vs 千葉】レポート:身長204センチ、オーロイの高さを生かした千葉が第17回ちばぎんカップを制す。柏は昨季のスタイルを発揮できずに課題の残る敗戦。(11.02.21)」(J's GOAL)
「【2011Jリーグプレシーズンマッチ 柏 vs 千葉】ネルシーニョ監督(柏)記者会見コメント(11.02.20)」(J's GOAL)
「【2011Jリーグプレシーズンマッチ 柏 vs 千葉】ドワイト・ローデヴェーヘス監督(千葉)記者会見コメント(11.02.20)」(J's GOAL)
「【2011Jリーグプレシーズンマッチ 柏 vs 千葉】試合終了後の各選手コメント(11.02.20)」(J's GOAL)

「千葉204センチ砲オーロイ勝利のPK呼ぶ」(ニッカン)
「【千葉】ドワイト監督「約束事は重要」」(ニッカン)
「【柏】ネルシーニョ監督が敗戦にも及第点」(ニッカン)
「千葉の2メートル04新助っ人“大きな”存在感」(スポニチ)
「千葉“下克上”ダービー勝利 204センチFWがPK演出」(スポニチ)
「柏、新ブラジル人トリオそろい踏みも不発…」(スポニチ)
「J2千葉がダービー制す」(報知)
「零敗も前向き…柏」(報知)


細かい話はまた明日にするとして、いくつか雑感。

【ミリガン、また怪我!?】
「J's GOAL」の監督コメントに「マーク ミリガンはこの前の練習で怪我」とあってびっくり! でもこれ、公式を読むと「例えば、マーク・ミリガンだったり、サンダー(ファン・ゲッセル)もこの間の練習でケガをしてしまいました」って、文脈によれば、怪我したのはゲッセルなのね。いやまあゲッセルが怪我してもつらいんだけどさ。二人とも早くよくなっておくれ!

【ピッチの中では熱いオーロイ】
競り合いで自分がファウルとられたり、もらったりするのが常だけど。納得できる笛の時はポーズでもあまり講義しないのに、納得いかない時にはかなり吠えるオーロイ。両手をぶんっ!と振りおろして審判に何か言ってみたり。抗議でイエローってのは無いようおねがい!

【表情が冴えなかった青木孝太】
右ワイドの位置にはいり、ウイングというほど高くはなく、右サイドハーフというほどでもない位置取り。なるべく広く広くピッチを使おうというコンセプトなのだろう、かなりサイドに張っていた青木孝だけど。どうにも本人的にまだしっくりきていないのか、表情もプレイも煮え切らなかった。本人的に右ワイドに位置に入るからには、中に切れ込んでのシュート!を狙いたいのだろうなぁ・・。

【米倉たのむ、おねがい、いろいろとがんばれ】
戦術上、要になるのはオーロイの高さとポストプレイなのだけれども。オーロイの存在によってジェフが手にする「優勢」を、得点という「結果」に結び付けるフィニッシュワークは米倉の仕事。米倉が打ってもいいし、ワイドの位置から切れ込んでくるであろう深井や青木孝につないでもいい。オーロイの高さが通じると思える今、ジェフが点を取って勝つためには、このトップ下への注目がいやでも増してくる。
八千代高校ではトップ下で活躍した米倉。しかしプロに入ってからは、その位置で起用されても今一つ。ポジショニングやプレイが、チームの中で中途半端な事が多かった。しかし今年はそれじゃいけない。チームのためにも、本人のためにも、がんばれ米倉。今年のこの戦術って、まるで米倉のためにあるような側面もあると思ってみたり。

【歯を欠いてしまった伊藤】
前半にちょっと倒れるシーンのあった伊藤、どうやら歯を欠いてしまったらしい!
「勝利」(青木良太)
ちばぎんカップではDMFの位置に入って、守備やキッカーとして奮闘していた伊藤。1対1の守備ではやはり厳しいシーンもあるが、スペースをケアした位置取りで、敵の攻撃を上手く邪魔をしていた。個人的には、もっとボール回しに絡んでほしかったし、惜しいシーンもあったが、もっと積極的にミドルを撃ったり、前線に飛び込んでいく事を期待してみたりする。
DMFが本職ではないとはいえ、今のジェフの戦術では、トップ下には米倉、右ワイドには青木孝や太田やマット・ラム。ライバルは多い。
でもがんばれ、伊藤!
何よりも、今年のセットプレイは、伊藤のFKに期待したいのだから。



その他にも久保の起用方だったり、サイドバックにはいった山口だったり、坂本だったり、村井や太田はどうなの?だとかとか。ちばぎんカップ前にはいろいろと想像妄想してたけど、ちばぎんを見たら見たでやっぱりまだまだシーズンに向けて想像や期待がふくらんでくる。

なんにせよ。
新しいチームが形を作ろうとしている。


開幕まで、あと二週間だ。



おまけ:
今日のエルゴラもすごいぞ!
「『巨人の猛威、ちばぎんを席巻』」(エルゴラスパイレポート)
買わねば!
ジェフサポならぜひぜひ買わねばっ!!!



スポンサーサイト

テーマ:ジェフユナイテッド市原・千葉 - ジャンル:スポーツ


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://khou.blog29.fc2.com/tb.php/1213-033e8bb9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。