Hang Tough
ジェフが好き、旅行も好き、仕事もがんばろう、うん。
プロフィール

khou

Author:khou
本好き、旅行好き。
でもここ数年、ずっと旅行に行けてない・・。

twitter、はじめてみました。

@khou_hangtough



ジェフ千葉_試合情報



ジェフ千葉_試合日程



最近の記事



月別アーカイブ



カテゴリー



ブログ内検索



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

まずは固くしっかりとした守備を。ちばぎんカップから見る、今季のジェフの守り方。
スカパーで放送されたちばぎんカップを録画。
でもって会社から帰っていそいそと再生してみる。総じての印象はそんなには変わらないけれど、細かいディテールの部分では、スタジアムで見ていた時と違って見えたり、現地では勘違いして見ていたり、はたまた新しくこんな事あったんだーみたいな事もあったり。

やっぱりスタジアムで見るのと、録画は違う。
お互いに見やすいトコも見づらいトコもあるけれど、両方見るのが一番いいな。
例えば、サブの選手がピッチサイドでアップしている時、茶野がやったらめったらニコニコしていたのとか、録画じゃ映らないだろうしね(笑)


で。
今季のジェフは、組織戦術、チームバランス、ポジショニングを大事にする事は、今までのコメントやインタビューやらで散々語られてきた事。
去年との違いもかなり大きい。

今年の守り方は、まず、各選手が自分のポジションに帰るところから始まる。
最終ラインは左右にスライドしつつも、ほぼほぼ4人フラットの横一列。DMFも二人が横に並んで中央のスペースを警戒し、埋めて敵に寄せ、さらに両サイドには左右のワイドに張っていた選手が戻る。

高い位置でボールにプレスに行く役目は、トップ下に入るOMFがその引き金を担い、両ワイドもしくはDMFと連動するように囲い込んでいく。
1トップのFWオーロイには強いプレスを求められていないものの、敵GKやCBからのパスコースを切るような位置取りは当然のようにサボらずまじめに行っている。

この基本ポジションに対して、敵が襲いかかってきたとして。
サイドを攻められた場合、まずは両ワイドの選手がそのフィルターとなる。青木孝と深井の二人は、スピードと運動量を活かして攻守に走り回っていた。その守備タスクは必ずしも彼らのところで敵を止め、ボールを奪う事ではなく、苦しいプレイに追い込めればそれでいい。もちろんボールを獲れればそれに越したことはない。

敵MFが中央でボールを回したり隙を見せたりすれば、トップ下の米倉が圧力をかける。そこから敵がサイドに逃げれば、米倉と両ワイド(深井/青木孝)が包むように囲んでいく。後ろに戻せば壁のようにオーロイがいるし、前に大きく蹴って逃げればジェフの最終ラインが跳ね返し、DMFが拾うという寸法だ。

中央はというと、DMFの二人(勇人/伊藤)がスペースを潰して敵に易々とはプレイをさせない。
彼らの後ろにはCB二人(青木良/竹内)が控え、高いボールを跳ね返す。
ジェフの守備から距離をとって、FWが下がって楔を受けようとすれば、CBがラインを崩して食いついていくシーンもあった。

また、ジェフの両SBは、裏を獲られないようかなり警戒したポジションをとりつつ、そこで敵を潰す事を意識しているのだろう。何度もファウルは取られたが、その半面、スピードに乗った敵のサイド突破はなかなか許さない。さらに彼ら両SBの前には、味方両ワイドの選手がフィルターのように頑張っているから、不十分な形からのボールに詰めればいい。


そんな感じで、ジェフは、おおよそ三層の守備ラインで敵の攻めを削いでいく。
一枚目は機動力重視の両ワイドとトップ下。中央ではフォアチェックをかけ、両サイドを守る。
二枚目はDMF。スペースを埋め、敵のプレイ時間を削り、他のポジションと連動しつつのボール奪取。
三枚目が最終ライン。自分のエリアを守りつつ、時には各々が相対する選手には食いつき、潰す。

そしてGKは、その背後を守る。
彼が守るべきエリアは去年よりも狭く、そして敵のシュートコースもプレイ時間もかなり限定されるから、去年よりもずっと守りやすいだろう。実際、ちばぎんカップでは岡本のビッグセーブが何回かあったが、それはそれだけ敵がシュートコースを搾られていた事でもある。撃てるコースが狭くて、そこに撃つしかないのだから、岡本の反射神経が十分に対応できたという事だ。


随分と、組織だった守り方をするようになったものだし、
よくもこの短時間でチームに落としこんだと思う。
もちろん柏側の問題(コンディションやジェフとの相性や)もあるし、ツキに恵まれた事もあったが、あの攻撃陣を零封したのはそれなりにジェフの準備があったからだろう。


一方で。
やはり各選手がポジションに帰陣する前に強襲されると弱みが出る。
敵が選手交代して茨田が登場後。
伊藤の戻りが間に合わず、彼が埋めるべきバイタルエリアが空いてしまった時に、そこを使われてパスを通され、ピンチになったシーンもあった。隙を見逃さない茨田も偉いが、今季のジェフにおいて、例え近くに味方がいたとしても、それぞれのポジションの遅れがそのまま弱点となる事でもある。

また、両ワイドに張る前目の選手の守備力も、かなりの重要度を持っている。
柏が選手交代によって・・特に大津投入後に活性化したのは、彼個人のクォリティの高さもその理由だけれど、同時に、相対するジェフ右ワイドが青木孝から久保に代わった事も大きい。
大津/ワグネルの二人と、久保と山口がマッチアップ。
しかし久保はかなりこの二人に苦戦し、フィルターの役目を果たしきれない。
それが山口の負担を増やし、ジェフ右サイドのスペースを使われる事で、他の守備も乱れていった。


だけどそれでも柏を零封した事を喜ぼう。
この時期にチーム全体で守る意図がはっきりしている事は、とても大きい。
これからは、より組織立てて各人が習熟し、よりバランスを整えていくだけだ。

勝つために。
昇格するために。

今季のジェフは、各選手がそれぞれの役目と責務を負って、守備を固めてく。


スポンサーサイト

テーマ:ジェフユナイテッド市原・千葉 - ジャンル:スポーツ


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://khou.blog29.fc2.com/tb.php/1215-4cd76e6c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。