Hang Tough
ジェフが好き、旅行も好き、仕事もがんばろう、うん。
プロフィール

khou

Author:khou
本好き、旅行好き。
でもここ数年、ずっと旅行に行けてない・・。

twitter、はじめてみました。

@khou_hangtough



ジェフ千葉_試合情報



ジェフ千葉_試合日程



最近の記事



月別アーカイブ



カテゴリー



ブログ内検索



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

甲府との練習試合は1-2!・・千葉県内に、リザのライバルチームが誕生!?
さて、いよいよ今週末にはJリーグも開幕ですよっ!開幕!
なのであちこちでプレシーズンマッチが開催。今季の昇格を争うライバル達はというと・・。
水戸は柏を1-0で破り、走り続ける戦えるチームにまとまってきた模様。
栃木は浦和に0-1で破れるも観客1万人以上を集めて善戦。
岐阜は磐田と打ち合って2-4、選手も手ごたえを感じてるコメント。
そして今季のJ2の目玉であるFC東京は、同じJ2の草津と戦い1-1。
どうやら圧倒的にFC東京がゲームを支配すると、守って守った草津がカウンターから先制。平山のゴールで同点となるが、そのまま試合終了。FC東京が攻めて攻めても、攻めきれなかった感じだ。

今年のJ2は去年よりずっと厳しい一年になる。


で、ジェフはといえば週末に甲府と練習試合。
1試合目は非公開で、フクアリでやるのかなー・・なんて思っていたら、どうやら普通にユナイテッドパークで試合をしていたらしい。とはいえ、一応非公開は非公開。結果もメンバーも公開はされてない。

自分が見に行ったのは2試合目。
これがまた、想像以上に観客が多くてびっくり! いやホントにびっくり!
甲府サポもけっこう来ていたらしい。クラブハウスのバルコニーも、ベンチのある応援エリアも、外の歩道沿いにも、ずらりと並んでかなりの数。どうだろう、新シーズンのスタートイベント並みか、それ以上に集まっていたんじゃなかろうか。
・・やっぱり「ちばぎんカップ」で柏に勝って、「今年は期待していいの? ねぇ、だいじょぶなの!?」みたいな人が増えたのだろう(笑)


その公開された練習試合のメンバーは以下の通り。
===
GK:櫛野
CB:茶野(⇒リザ安川)、益山
LSB:練習生
RSB:太田
DMF:藤田、練習生
OMF:戸島
LWG:村井
RWG:青木孝
CFW:久保
===
練習生は背中に40番代を背負った選手。おそらくリザなんだろうな、って思ったけれども、顔がわかったのは安川だけ。その安川の他に、あと一人交代してたハズ。

甲府は・・というと、
GKが荒谷で、DMFに保崎、アタッカーに片岡がいて、左に内田、CFWにはキムシンヨン、あと新外国籍選手のフジネイ。

ロングフィードに詰め切れず、パスを通されてフジネイが独走、先制点。その直前にもジェフのミスからフジネイが独走・・櫛野が飛び込んでセーブという場面もあり、最終ラインはかなりヒヤヒヤものだった。で、奮闘していた茶野が交代で変わると、守備陣はさらに不安定になる。交代直後、敵をバイタルエリアでフリーにさせてしまい、見事なミドルで追加点。これで0-2。
しかし櫛野からのロングボールを戸島が繋ぎ、久保が落として青木孝太が突破。落ち着いてCBとGKを交わしてゴールに流し込んで反撃弾。
これで結果は1-2。
敗戦。

負けはしたけれども、サブ組もトップと同じ戦術で戦い、違いはやはり選手個々の部分だった。
以下、雑感。

【青木孝】
縦に突破する個人の仕掛けは多くはないものの、一度二度、敵をかきわけ馬力で進むシーンがあった。闇雲にしかけるだけではなく、中にもちこんで太田の上がりをまってスルーパスや、遠目からシュート、また守備でも駆け回るなど、かなりバランスを意識したプレイが多い。今年の戦術では、青木孝がCFWとしてピッチに立つチャンスは低いだろうから、この左右両ワイドのポジションでチャンスを掴めるか、ってトコだろう。
ミドルが強く打てるようになれば、おもしろいんだけど・・。

【久保】
この日はかなり可哀想だった久保。前半にはヘディングがバーに跳ね返され、後半には確度の無いところから決定機!もポストに跳ね返されるなど。得意のポストプレイでかなり前線で体を張っていたが、イマイチ、力を踏ん張り切れず、倒れそうになりながらのボールキープが多かった。クロスや敵CBとの兼ね合いもあるが、ヘディングシュートも力無いものばかり。太田のblogによれば体調不良の選手も多いみたいだから、もしかして久保も、風邪とかインフルエンザなのだろうか・・。

【戸島】
いい意味で目立っていたのが戸島。トップ下に入って攻守に奮闘。特に攻撃においてパスの収めどころとして活躍する。ロングフィードを胸で落として、そのままダイレクトに足で弾くようなアクロバティックなポストプレイや、ショートパスをまたぐようにして体を反転させながらトラップするなど、上手さが印象的。体が大きいだけに、ちょっと浮いたボールや雑なパスでもボールを受けられる。米倉に代わり、戸島のトップ下起用も実戦であるかも?なんて思ったりした。そういや、去年の江尻も練習試合で戸島のトップ下で起用した事あったっけ。

【藤田】
なんというか、さすがというか、やはりというか。周囲への指示出しが的確。味方がパスワークで組み立てる時には、すっと気の効いたポジションに移り、パスを受けては回す。ボールをキープしているプレイも落ち着いて、敵が詰めてきても平然、まあいを見計らって反転したり、パスを出したり。試合の流れの中でここまで落ち着ける選手って、今のジェフには他にいないだろうな・・。


とまぁ、そんな感じの練習試合。
結果は1-2で敗戦だけれども、良かった点もあるわけで。
特に久保/戸島/青木孝は、シーズンの中でトップの試合に食い込んでくるだろうなと思う。それに実力と経験の藤田をどのようにもってくるか。

さあ、楽しみだ。



===<市原市に新しいチームが誕生!?>===
「市民出資でサッカーチーム」(読売)

ジェフの、元育成普及部長である池上さんが監督をつとめ、SAI市原サッカークラブを母体として、市民密着型クラブの構想が立ちあがったそうな。
構想というか、実際の実施段階というか。

サッカーへの関わりにはいろんな形があっていい、トップに向けて先細っていくピラミッドではなく、下から上まで、様々に関われる四角い形であってほしい。
今は京都GMの祖母井さんや監督である池上さんが講演した講演会で、そういう理念を話していたと聞く。
このクラブは、その実現なのだろう。


市原市の市民や企業による出資による・・となれば、
もちろんジェフと市場を争う事になるし、リザのライバルでもある。
理念、理想ありきの、新しいクラブ。

この先、リザもそれこそどうなるかわからないが、このクラブの成功を祈ります。



スポンサーサイト

テーマ:ジェフユナイテッド市原・千葉 - ジャンル:スポーツ


この記事に対するコメント

To:ちばおじさんさん
コメントありがとうございます。
簡単にはお返事できない内容ですが、寂しいお話です。ここ数年のジェフは、いろいろとそういう人とのコミュニケーションにおいて寂しい噂や、ネガティブな話ばかりが伝わってきます。
Jリーグ全体の基本方針である「地域密着」を実現するには、ファンサービスとかイベント参加ではなく、そういうコミュニケーションの誠意が必要だと思うのですが・・どこか、やはり問題があるのでしょうね・・。
【2011/03/02 10:44】 URL | khou #- [ 編集]

うちの息子はクビだ!
 下積みスタッフで、ジェフ1本で頑張ってきた、息子がクビだ!!
リザーブを切り離せない責任をとらされてのことだとか。
かつてのオシムまでのスタッフは皆、切り捨てか、、、、
もうジェフを応援しないし、会員も抜けるだけだ、、、、
【2011/02/28 16:05】 URL | ちばおじさん #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://khou.blog29.fc2.com/tb.php/1218-0ed0680f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。