Hang Tough
ジェフが好き、旅行も好き、仕事もがんばろう、うん。
プロフィール

khou

Author:khou
本好き、旅行好き。
でもここ数年、ずっと旅行に行けてない・・。

twitter、はじめてみました。

@khou_hangtough



ジェフ千葉_試合情報



ジェフ千葉_試合日程



最近の記事



月別アーカイブ



カテゴリー



ブログ内検索



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ジェフのアカデミー新体制!
リザのライバル!?という新クラブの立ち上げが報道されてすぐ。
ジェフのトップチームではない、育成体制というか普及活動というか、そういうところに注目が集まる昨日、ジェフのアカデミー体制が公式HPで発表!

「2011アカデミー新体制について」(ジェフ公式)

U-18の大木監督に菅澤コーチは変わらず、新任で濱田堯GKコーチ、関大悟コンディショニングコーチ。
U-15は新任と兼務が多く、あの立石が現場復帰!で、八重樫研次コーチ(U-13)が新任。
で、けっこうな数の兼任コーチが目立つ。

去年からメンバーも変わり、兼任も多いのは、何かしら理由や問題でもあったのかな、と勘繰りたくなるのはジェフのフロントへの懐疑心というか不信感というか(苦笑) お金の問題か、人事の問題か、政治の問題か。もちろん実際のところは知りようがないし、見る角度や立場によってどうにでも解釈に幅はあると思うけれど。


ユースやアカデミーに対して個人的に思っているのは、ユースから育った選手がトップで活躍してくれる、というのが最も大きな理想。でもって、もちろん、ユース組織として、それ単独で強くあって欲しいのは理想だけれど、まぁ、それは全てじゃない。
ユースはアカデミーとも言われるだけに、教育機関的な側面をどうしても有する。
プロ選手になるための機能体としての役割が全てではない。
「健康に育つ一助になれば」「社会を知るきっかけや、逞しく前向きな経験につながれば」なんて、塾に近い認識のもとに子供を送り出す親だって多いだろう。

だから、「結果こそ全て!」なんて割り切れるものじゃない。
コーチだって、大会で優勝させるためのトレーニングだけを求められるものでもないと思う。


そんな中でのジェフのアカデミー体制の発表。
ここに名前を連ねる人たちと、誰とも個人的に接したことはなく、メディアやwebを通したテキストしか接点はない。だから個々の誰々がどうこうというのはないけれど。

でも、ここ数年、ジェフの下部組織やこういう物事について、ポジティブな情報や噂って目にした事がほとんどないからさ。去年のエルゴラには、「人に冷たい組織」「学校や親にもそういう評判が広まっている」と書かれたりもしたし。


願わくば、
新しくジェフのコーチになった彼らが、アカデミーに通う子供達と良い出会いになりますように。

そしてコーチとしての彼らが、ジェフのユニフォームとエンブレムの下で送るこの一年間。
子供達と接して悔いのないよう、ジェフという組織が彼らコーチはもちろん、アカデミーに通う子供たちにも、筋を通して報いることができますように。


そんな風に思う。



スポンサーサイト

テーマ:ジェフユナイテッド市原・千葉 - ジャンル:スポーツ


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://khou.blog29.fc2.com/tb.php/1219-fd06f6d1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。