Hang Tough
ジェフが好き、旅行も好き、仕事もがんばろう、うん。
プロフィール

khou

Author:khou
本好き、旅行好き。
でもここ数年、ずっと旅行に行けてない・・。

twitter、はじめてみました。

@khou_hangtough



ジェフ千葉_試合情報



ジェフ千葉_試合日程



最近の記事



月別アーカイブ



カテゴリー



ブログ内検索



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

FC東京戦。粘り切った守備は、固さと強さと、しかし未だ熟成途上。
ジェフの攻撃がオーロイ恃みって言われたっていーもん!
それ以外の攻撃手段が乏しい/少ない/貧しいって言われたってしかたないもん!
だけど、ぱっと見の印象よりもずっとジェフは、実は地上戦でボールを回している。オーロイの圧倒的な高さと強さ、そしてやはりジェフが困った時に局面を打開するのはまずはオーロイから・・それが現実。だからそう言われるのは仕方ない。
まだ構築途上だしね。

リーグを戦うに必要な分の攻撃戦術はデザインが間に合ったけれど、咀嚼し、飲み込んで、血肉にするほどにはまだ至っていないというわけだ。


代わって今、試合におけるジェフの強さ、足腰になっているのは、やはり守備。
ドワイトもFC東京戦の後に、こんなコメントを発している。

「私が考える攻撃とは、まずどうやって守備をして、どうやってボールを奪えるかから始まります」(ジェフ公式)

その守備が、ではFC東京戦ではどうだったかと思ってみれば。

結果は、零封、それだけ見れば万々歳。
しかし。
敵のシュートを17本。
しかもFKの数は27本。
個人対決の局面で押し込まれていた様子が数字に表れている。

組織全体で見れば綻びは少ないものの、局地戦では苦しい戦いを強いられていた。

一つは、ジェフの右サイド、高い位置。
マットがあまり守備に機能していなかったところから、谷澤と阿部、FC東京左サイドの猛攻を山口がひたすら受け着る格好となった。後半、ミリガンの登場後は竹内も山口のフォローに回るようになり、さらに青木孝太がマットに代わってからは、フォアチェックも機能するようになったけれど。
前半、バイタルからペナルティボックス脇へと斜めのパス出しやその逆に戻したりと、随分とスペースを使われ、ピンチに繋がっていた。

二つ目は、バイタルエリア。
これはDFラインが低すぎた事と、中盤の選手起用によるもの。竹内/青木良の二人のCBが押し込まれ、低めに位置取ってしまったために、広大なバイタルエリアの守備は、二人のDMFにゆだねられるようになる。しかし勇人も伊藤も、小柄なだけに機動性が特徴の選手。バランスを取り、パスコースを作るために二人ともかなり動き回っていたけれど、体をぶつけられてもそこで踏ん張って要塞になれる選手じゃない。結果、下がってきた高松にボールをキープされ、梶山から両サイドをえぐるパスを出されるなど、事実上、敵にバイタルのイニシアチブを奪われていたと思う。サイドからバイタルにポジションチェンジを変えた谷澤にミドルを撃たれたりね。
しかも米本(途中から羽生)がまた、ここを走りまわるから厄介この上ない。

三つ目が、ジェフの左サイド、低い位置。
坂本が守っていたエリア。しかし前半は鈴木達、後半はロベルト・セザー、さらに深い位置から駆け上がってくる椋原にここを蹂躙された。深井も坂本も頑張っていたけれども、後半のピンチはほぼほぼジェフの左サイドから作られていたと思う。深井は攻撃面で自分の守備エリアを空ける事が多く、その分、坂本が猛攻にさらされ・・しかしスピードやテクニックで裏を獲られてしまっていた。


だからジェフの守備も決して盤石ではない。
脆さを見せてしまった箇所はあったし、山口や米倉がファウル覚悟で敵を潰して、かろうじて食い止めたピンチは数知れず。最後の最後で竹内がシュートを足でブロックしたシーンもあった。
17本のシュートに27本のFKが現実。

これをドワイトは、ミリガンの投入で守備組織全体を引き締め直し、ラインを高く上げる事でまずはバイタルエリアを引き締めた。攻撃面も意図した青木孝太の投入で、後半は右サイドを破られる事はほぼなくなった。最後はゲッセルの投入で、中央をより高く強くする事で、左サイドを破られたとしても跳ね返せるだけの厚みを備えた。

試合中の采配としては、守備面を見ても巧みに立て直したと思う。
(個人的には、ミリガンをCBに投入、坂本を下げて、青木良を左SBかな?・・などと思ってた)


次の試合は、どうなるのだろう。
ミリガンは守備はもちろん、そのロングスローが大きな武器になる事を示した。
コンディションさえよければ、次こそCBでスタメンじゃないだろうか。

ゲッセルは・・わからない。
確かに強さに高さはあるし、ボールを持った時の落ち着きもある。だけどJリーグのスピードに、北九州戦ではまだまだ戸惑っていたように見えた。伊藤のように、味方のパスコースを作るために走り続けるほどの機動力と運動量はない。だからここは、ゲッセル先発が本命ではあるけれど、伊藤の先発起用もおかしくないと思う。

マット・ラムは、うーん(苦笑)
北九州戦とFC東京戦、けっして褒められたプレイじゃない彼に、もう少しチャンスや時間を与えるのだろうか。それとも青木孝太とか太田の先発があるのか。

左SBについては、実は選択肢だけはいっぱいある。
ミリガンをCB起用して青木良太を左に回すなり、坂本がこのまま務めるなり、村井を一列下げて起用するとか、はたまた福元/益山/太田など練習でSB起用されているメンバーをほんとに本番で試すなり・・そしてそんなに遠くない時に渡邊圭二も戻ってくる。


今年のジェフの根幹をなす、守備組織。
FC東京戦ではもう少しで破られそうになったけれど、次の試合ではどんな采配をしてくるのか。

徳島戦が楽しみだ!


スポンサーサイト

テーマ:ジェフユナイテッド市原・千葉 - ジャンル:スポーツ


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://khou.blog29.fc2.com/tb.php/1233-8697eeed
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

元ノルウェー代表オーロイ

Hang Tough FC東京戦。粘り切った守備は、固さと強さと、しかし未だ ... ジェフの攻撃がオーロイ恃みって言われたっていーもん! それ以外の攻撃手段が乏しい/少ない/貧しいって言われたってしかたないもん! だけど、ぱっと見の印象よりもずっとジェフは、実は地上戦でボ... 素晴らしい日々【2011/04/26 15:06】


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。