Hang Tough
ジェフが好き、旅行も好き、仕事もがんばろう、うん。
プロフィール

khou

Author:khou
本好き、旅行好き。
でもここ数年、ずっと旅行に行けてない・・。

twitter、はじめてみました。

@khou_hangtough



ジェフ千葉_試合情報



ジェフ千葉_試合日程



最近の記事



月別アーカイブ



カテゴリー



ブログ内検索



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大分の田坂は、個人的に応援したい監督だったりする。
自分にとってサッカーを見るフィルターは、どうしてもまず初めに「ジェフ」が入ってきてしまうのだけれども、それとは別にやっぱり個々のサッカー選手への「好み」もあったりもする。当然、サッカースタイルへの好みもあったりするし、その言動や経歴や、作り上げるチームを通して見る監督そのものにも、好みがあったりする。


なので。
ジェフが好き!・・というものとはまた別のものとして、応援したくなる気持ちも多い。

徳島の美濃部監督は、彼のtwitterを見ると、ちょっと応援したくなる。
いくら悩んでるからって、一人で海を見に行くなよーっ!

最近までずっと鳥栖を支えてきた松本育夫も、応援したい。
彼の「燃えてみないか、今を!―サッカーに教えられた熱き人生」を読んだ以上は、その暑苦しさゆえに応援せざるをえまい!と思う(笑)

今週末に戦う草津の場合も、監督じゃないが社長兼GMとしてその支柱だった大西忠生のドキュメンタリーか何かを見たことがあって、ピッチと観客をながめながら、その時にはもう肺癌に侵されていたのだろう・・風にかすれるような声で、「草津は、自分の子供なんだ」ということを語っているのを見た。
やっぱりそういう、人の気持ちがこもっていると、それだけで応援したい気持ちが出てくる。
草津の場合は、「サッカーがやってきた―ザスパ草津という実験」を読んだってのもあるな。
あと、いつ見たのかもう覚えていないけどずっとずっと前に、草津の選手たちが出演している番組を見た。
おそらくスカパーの「Jリーグ30」とかじゃないかと思う。
その番組に、当時まだ入団してすぐの後藤涼が出ており、先輩選手が「サッカーで生活できて、応援してくれる人がいることが、どれだけ幸せなことか、お前はまだ若いからそれがわかってない」みたいなことを、移動中の車の中でしみじみと語っていた。
自分にとっての後藤涼という選手は、そのシーンと共に覚えている。


で。
先週末に戦った大分の田坂監督。
彼も、自分が個人的に応援したい気持ちがある一人だ。

自分の古い友人(静岡出身)がサッカーをやってたのだけれども、彼が高校時代に田坂と対戦したことがあって。そのころからめちゃくちゃ上手くてどうしようもなかった!と言っていた。
彼が大分の監督になるっていうので気になって、「負けずじゃけん。―サッカーがあったからこそここまで来れた」も読んでみると、小学生のころから今にいたるまでの田坂の経歴を知って、そり彩りと鮮やかさをもってキャラクターが際立ってくる。

そのうえで、昨日のエルゴラッソ。
見開き2ページで、ジェフx大分戦が取り上げられている。
(いつもいつも、エルゴラ様、ありがとうございますありがうございます・・笑)


田坂は、先の本の中で、「自分は、自分のやりたいサッカーありきの監督ではなく、選手やチーム状況にあわせてベストを尽くす監督になりたい」みたいな事を言っていた。
チームを組む選手たちは、今いる選手たちでしかないし、
監督に求められる結果や許される時間というのもあるし、
選手にもフロントにもいろんな条件やリクエストがあるのだから、
それにベストをもって答えられる監督になりたい。

だから、いっぱいいっぱい勉強したい、と書いてあった。

引退後、C大阪の下部組織のコーチとなった田坂。
成績が低迷して苦しむトップチームを支えるためにコーチとなって、残留を果たす。翌年、クラブフロントも当時の小林監督も、ゆくゆくはC大阪に在籍して給料をもらいながらS級ライセンスを受講してもいいという素敵な条件を出してまで強く田坂を慰留したけれども、田坂は一年でも早く・・とコーチを退任する。
そしてS級ライセンスを取得し、清水のコーチとして長谷川監督を支え、
今年から、大分の監督に就任。

その大分を率いて、ジェフと戦い、コメント。

「本当に人はいない」現状を踏まえ、認めつつも、
「このチームは若い選手を育てていくしかないんだ、そうやって勝っていくのが監督の仕事」と自分の役割への覚悟がある。

「システムは[4-3-3]にこだわっているわけじゃない」とし、
森島や前田俊介について「再生はしていると思う。でも、やらないといけない選手」と期待をかけ、
選手もまた「監督を裏切れない」とコメント。


今年の大分はジェフ戦以外を見ても、去年よりいいチームだなぁと思う。
まだまだ弱みもあるし、脆さもあるけれど、見ていて好きになれるチームだ。投げやりだったりいい加減なところがなく、できることやするべきことを、選手それぞれが積み上げていこうとするチーム。

誰もが認め、称賛し、年代別代表にも選ばれて将来を期待されながら伸び悩んでいた森島と前田。
あちこちで、彼らのモチベーションやコンディションに驚く文章を目にするし、彼らが「走っている!」というだけで驚く人もいる。
それはつまり、田坂の手腕だ。
人を見て、人と接し、選手をまとめていく田坂の器なのだろう。

田坂には、いい監督になってほしいなぁ・・と思う。

がんばれ。




※江尻もがんばれ。
※去年一昨年とジェフでは苦しんだけれども、もっとがんばれ。
※指導者人生はまだまだ続くんだから。

※名波や藤田の監督ってのも見てみたいな。
※三浦ヤスが北九州であんな頑張るとはちょっと予想以上で楽しい。

※あと熊本の高木もすげー期待したい。
※横浜FCといい、今の熊本といい、監督としては引き出しが少ないのかもしれないけれど、
※それでもああいうチームをしっかり作り上げる手腕、敵を分析し対応する知略は相当なものだと思う。
※あともう少し、こうキャラが立てば最高だと思うぞ!(笑)
※その点で、ぜひ、湘南の反町をみならってもらえれば・・オレ的には最高だ!



スポンサーサイト

テーマ:ジェフユナイテッド市原・千葉 - ジャンル:スポーツ


この記事に対するコメント
Re: タイトルなし
To:mattiさん
コメントありがとうございます!
そういえば、その田坂の本にも藤田が取材に応じてコメントを答えてるページがありました。二人ともに親友!だそうです。それを思えばぜひぜひベンチに入ってみてほしかったですね。

現役時代、試合中に「今日どうする?」「じゃあどこどこで待ち合わせ」とか会話してたってエピソードが書かれてました(笑)

田坂は、江尻のとこにも来てましたし、これからが期待したい監督です。
藤田のコーチや監督も見てみたいけど・・ものすごくサッカー小僧な印象なので、どうなんでしょう(笑) 名波とかは向いてそうですよね。
【2011/06/12 12:39】 URL | khou #- [ 編集]


田坂監督と藤田俊哉は同い年。指導者への道を早く歩みだした人と現役の人。ちょっと興味深い試合でもありましたね。藤田ベンチ入ればおもしろかったのに。清水のコーチ時現代表の岡崎を指導されていたよう。若手を伸ばす才があるのでしょう。先が楽しみな監督さんですね。藤田の監督もいつかはみてみたいですね。
【2011/06/02 18:46】 URL | matti #E5MZrhSk [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://khou.blog29.fc2.com/tb.php/1247-b7be275e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。