Hang Tough
ジェフが好き、旅行も好き、仕事もがんばろう、うん。
プロフィール

khou

Author:khou
本好き、旅行好き。
でもここ数年、ずっと旅行に行けてない・・。

twitter、はじめてみました。

@khou_hangtough



ジェフ千葉_試合情報



ジェフ千葉_試合日程



最近の記事



月別アーカイブ



カテゴリー



ブログ内検索



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Homeフクアリでの栃木戦は、両者痛み分けの2-2!
勝ちたかったなぁ・・。
先制され、一度は逆転したのだけれど、同点に追いつかれ。
苦しい時間も多かったけれども、決してそればかりではなくて、ジェフの時間も長かったし。
勝ってもおかしくない試合だった。
けれど、負けてもおかしくない試合でもあったけど。

攻めにおいては、深井のミドルは貴重な一発。
今シーズン、得点を積み重ねている深井はノっているだけに、がむしゃらでもシュートを打つとああいう事もある。ちょっとマークがゆるんだ隙をついて、自分の形に持って行ったところで勝負アリ。あとはシュートが枠に行くか行かないか。横浜FC戦では決められなかったが、しかしシュートを打ったからこその同点弾。

逆転弾は、ボールが久保の足元に転がった幸運をそのまま生かし、力と体格でボールを運んだ久保のクロスが見事だった。それをきっちりおしこんだ米倉も素敵。前節の横浜FC戦では、本人なりに丁寧に枠に飛ばした惜しいミドルを決め切れなかっただけに、クロスにあわせてきた得点は本人の意地もあったのだろう。


惜しむらくは。
逆転した直後の惜しいシュートを決め切れなかったこと。
そして、2失点ともに、本来ならば決められてはいけない無用な失点だった事。

先制されたのは試合開始直後の前半2分。
ジェフの選手の足がまだ地につかず、ふわふわとどこか漂っていた時間帯。選手と選手の間に、連携という糸が張りきらず、人はいてもチームになりきれていない隙に、あっけなくロングスローかたゴールを奪われた。
直接のミスは、ゴール前で崔根植とボールを競って、しかし、体の強い崔根植に、そのままボールをヘッドですらされ、ドフリーのロボにボールがわたってしまう。
あのゴール前で、あんなフリーでボールがきたら、そりゃ、ロボなら決めるだろう。

2失点目は横浜FC戦の失点を思い出す。
ゴール前の混戦。クリアしきれず、シンプルに守備ができない。その中からの失点。


深井の試合後コメント「このところ前半の入りや後半の入りの集中が良くない」だとか、
勇人の「、点は防ぎようのある失点だった。セカンドボールをのところで足が止まっていた」とか、
どちらも、まさにその通りの失点シーンだった。



守備において気になったのは二つある。

この日、栃木のブロックをきっちり作る守備組織をなかなか崩せず、何度もカウンターを浴びていたのは確かだし。中盤でボールにジェフの選手が寄せていっても、パウリーニョを軸にしたパス回しにかわされたシーンも多々あったけれども。

一つは山口と竹内のサイドを頻繁に破られていた事。
もう一つは、ゲッセルがまだまだ他の選手と噛み合っていない事。

栃木戦では両チームともに、左サイドで攻めて右サイドを破られていた。
ジェフからすれば、深井のサイドで敵陣に攻め込み、守備を破る事が多く、山口のサイドから自陣深くを抉られていた試合。この日、前目の伊藤と米倉がポジションを流動的に動く事が多く(いつもの違って、伊藤がトップ下に入る時間も長かったし、DMFというべきポジションにもよく入っていた)、それによって数的不利な状態で守らざるをえないシーンも多かったから、
・・そうなんだけど・・
なんかここ最近、山口が疲れがたまっているような印象がある。

そしてゲッセル。
動きたい場所、自分がここにいるべきだという判断。ポジショニングやその中での動き、役割が、他の選手と連動しきれておらず、プレイが周りと重なってしまった。何度も目にしたのはロングボールを、なぜ「勇人(他)とゲッセルが前後に重なって競ってるの?」みたいなシーン。
彼には高さがあるからハイボールを競るのはいいんだけれど、しかしそこでDMF二人の位置が重なってしまえば、そりゃ他の局面での人数は足りなくなるわけで、そうなればセカンドボールを拾えなくなるわけで。ましてや栃木にはパウリーニョというこれまた素敵な中盤の要がいるわけで。
栃木の固い守備組織、それにパウリーニョ。この二つの要素に大いに苦しめられたのはそうだけど、苦しんだからにはそれだけの理由もジェフにあったからだと思うのだ。

勇人や伊藤の運動量とクイックネス、それに行動範囲。
飛び出しまくるミリガン。
あっちにこっちに、牛若丸の八艘飛びを続ける深井。
・・これとバランスをとらなきゃいけないゲッセルも大変だと思うけどさっ!

そういや、試合の流れの中でときどき、勇人が前に進出してゲッセルが残り、まるで彼がアンカーかのようなシーンがあった。
そのほうが他の選手とゲッセルの動きが重なる事がなく、
いっその事、そのほうがすっきりするんじゃないかしら?などと思ってしまったよ。



なんにせよ、Homeフクアリでの栃木戦は2-2。
5試合1ラウンドで、勝ち点10を目指すというペースからすれば、苦しい展開が予想されたこの第3ラウンド・・2試合が終わって2引き分け、勝ち点2。当座の目標を達成するためには、湘南/富山/熊本で三連勝するしかない。

次の試合は、すぐに来る。


6月29日(水)、中二日で迎えるHome湘南戦。
これまた昇格戦線を争う対決だけに、勝利をめざせ!


スポンサーサイト

テーマ:ジェフユナイテッド市原・千葉 - ジャンル:スポーツ


この記事に対するコメント
Re: タイトルなし
To:野良犬さん
ゲッセルも、「いい選手だな」とは思うんですが、チームの中でまだその良さが出ていない印象でした。ゲッセルと、伊藤&勇人が上手く噛み合えば!
米倉の試合後コメントにもあるとおり、選手たちも、今までの試合以上に「ポジショニングを流動的に」プレイしてたみたいですね。伊藤がアンカーみたいな位置に下がってボールを引き出したり捌くシーンも多くて。それもドワイトのチーム作りが少しずつ前進している事なのかなぁ・・と期待です。
【2011/06/28 07:43】 URL | khou #- [ 編集]


今節は珍しく竹内のミスが多かったですね。
ゲッセルのボールを受ける(引き出す)動きはとても悪いです。
勇人が右に出て、伊藤が中に入ったのが印象的でした。
監督の指示なのかはわかりませんが、展開力がほしいですからよかったと思います。
まず伊藤は右では活きない。ゲッセルを交代させて勝負してほしかったですが、ヘディングの競り合いがことごとく負けてたので、しかたないかなと。

とにかく栃木は強かったです。特にパウリーニョ、渡部博文の能力には驚きました。
【2011/06/27 10:55】 URL | 野良犬 #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://khou.blog29.fc2.com/tb.php/1260-88a5b0d0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。