Hang Tough
ジェフが好き、旅行も好き、仕事もがんばろう、うん。
プロフィール

khou

Author:khou
本好き、旅行好き。
でもここ数年、ずっと旅行に行けてない・・。

twitter、はじめてみました。

@khou_hangtough



ジェフ千葉_試合情報



ジェフ千葉_試合日程



最近の記事



月別アーカイブ



カテゴリー



ブログ内検索



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

札幌戦の快勝。それを支えたベテランの活躍と存在感。
土曜日はフクアリで札幌戦の勝利にィャッホゥ!
でもって、日曜日は日曜日で、友人と両国に出かけてプロレスにィャッホゥ!

KUDOがんばった! 飯伏もハイスピードな試合で面白かったよ!
ディーノvsボブ・サップっていうトンデモな試合も面白かったしな!
最近はあまり行ってないけど、やっぱりプロレスも楽しいねぇ・・と。
でも実は最大のトピックスはこの日、試合を見終わった後にちゃんこ鍋を食べてたら、隣のテーブルに試合を終えた某レスラーがやってきたことだ!
びっくりだ!

「あの試合は・・」なんて友人と話してたら、通りがかった人影が「ありがとうございます」。
ん?と思って見てみれば、なんと!
「見に来てくれたんですよね、ありがとうございます」とかとか、
思わず乾杯しちゃったよ!
ジェフに例えれば、フクアリで試合が終わって、近くの飲み屋でサポ仲間でご飯食べてたら、隣に選手が来ちゃうようなもんですよ!びっくりで、どっきりで、キョドってしまったよ!

なんか、聞けば「今日は身内が見に来てくれてるんで、早くあがらせてもらったんですよ」とか。
「サップの試合は控室で選手みんなでモニター見てて爆笑!」とかとか。

「twitterに、ちゃんこなうとか書いていいですよ」とか言ってくれたんでblogに書いてみるさ(笑)
これからもがんばってください!


さて、そんなプロレスネタはひとまずおいといて。
快勝の札幌戦は、「こんな試合できるなら、Home熊本戦や栃木戦、何よりもこのまえのAway湘南戦でも見せてくれよー!」と苦笑いしてしまうほどの快勝だったのだけれども。
それはやはり選手個々の問題意識がチーム全体のバランスを組み立て直したって事なのだろう。
そしてこの試合に出場したベテランたちが、それぞれに持ち味を見せた事でもあるのだろう。

湘南戦でもそうだったし、熊本戦でもそうだったけれど、「攻めているのに勝ちきれない」試合では、最前線にジェフの選手が詰めすぎてしまう。オーロイがゴール前にはっているのは当然としても、深井も攻め上がってボールを持ってシュートを狙うし、米倉もセカンドボールから点を獲ろうと前に前にと足を運ぶ。それはそれで当然なのだが、チーム全体のバランスとしては崩れてしまう。
そして敵も味方もゴール前にぎゅうぎゅうに集まってしまう。
ゴール前の人口密度が高くなれば、当然、スペースも消えてしまうわけで。
そうなればプレイの選択肢も限られるし、活かす時間もスペースも無くなってしまう。
となれば敵にとって怖いのは空中戦だけとなるから、弾き返す事は難しくない。

札幌戦では、ジェフは自分たちでボールを持って攻めにかかった。
前半から試合を支配し、自分たちのペースでボールを回して攻撃を続けた。しかし前掛かりになりすぎず、深井/米倉/林の二列目が、あえて少し引いたところから攻撃を始めていた。チーム全体が、ひとつ落ち着いたバランス。

一つは坂本。
彼が左SBに入ったことで、深井がプレイしやすくなった。
青木良太に比べて、坂本は前線に上がった時のプレイのバリエーションが広い。
たとえば深井がボールを受けてサイドでためて、切れ込んで、敵を引きつけた時に坂本が上がってきてくれる。深井に代わって坂本が内へ切れ込むことだってある。
特に坂本は、故障から復帰したばかりではあるけれども、しかしそれがコンディションをリフレッシュさせたのだろう。この日はとてもプレイが切れていた。
そして坂本という援軍を受けた深井も、なんども左サイドからチャンスを作っていた。

そして村井。
サッカー選手って素直というか厳禁というか・・プレイが進むにつれて村井がボールに触る機会が増えていく。彼のキープ力は健在。実戦の中でチームメイトが村井のキープ力に頼るようになり、彼に預けてポジションをとりなおすようになる。
そして言わずもがな。
攻めても点にはつながらなかった前半のロスタイム、村井のミドル二連発が先制弾となる。

また、印象深かったのは藤田。
ジェフの選手として初出場。
つまり、彼を味方の選手として見たのも初めてだったのだが、凄かった。
何が凄いって、いやもうびっくりだ。だって藤田がピッチに入った瞬間に、チームの重心がはっきりと変わるんだもん。あれは驚いた。
後から見たスカパーの録画ではそこまで印象はないんだけれど、フクアリで見た時には一目瞭然。ピッチに入った藤田が指をさして声を出し、各選手にコーチング。すると勇人も山口もミリガンも、藤田を起点として自分の位置を修正していく。あの変化は鮮やかで面白かった。
確かに藤田は今年で40歳になる。90分フルタイムは難しいだろう。
しかし彼の存在感は、もうそれだけで十分に武器になる。
次はもうちょっと長く藤田を見てみたいなぁ・・。


米倉のごりごりとしたプレイや、伊藤のスキル、青木孝太や久保。
彼ら若手のプレイもチームに勢いを生みだすし、そのおかげでつかんできた勝ち点も多い。
だけど。
札幌戦のように、ベテランの選手たちが生み出すリズムや安定感、存在感、自信。
それがチームを支える事だって必ずある。

どちらか、ではなく、両方が噛み合ってくれれば、と願う。
昇格をつかむためならば。
「若手を育ててチームを立て直して」なんて考えは、どれだけわがままで贅沢で横暴な事か。
ジェフが昇格するために、また再びJ1で戦うために。
そのために、みんながんばれ。

若手も、ベテランも、関係ない。
それぞれが持てる力をもって、できることを為して、かなう限りを尽くして、
昇格を目指して、がんばれ。


札幌戦のベテラン達の活躍は、だから、とても頼もしかったんだ。


スポンサーサイト

テーマ:ジェフユナイテッド市原・千葉 - ジャンル:スポーツ


この記事に対するコメント

村井、坂本良かったですね。
特に村井のコントロール能力には驚きでした。

伊藤の離脱、ゲッセルの出場停止でのスクランブルシフトでしたが、次もこのスタメン(林は微妙)で行ってほしいです。

ホントにこんな試合できるなら優勝できるよと思ったくらいです。

オーロイが後ろに反らすヘッドを控えて手前(自陣側)に落としていたのが印象的でした。
私は口酸っぱく言ってたんですがね、こうするべきなんですよ。
鬼のようにDFラインくらいまで戻したこともありましたけど・・・
【2011/07/25 11:53】 URL | 野良犬 #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://khou.blog29.fc2.com/tb.php/1275-8f9a0600
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。