Hang Tough
ジェフが好き、旅行も好き、仕事もがんばろう、うん。
プロフィール

khou

Author:khou
本好き、旅行好き。
でもここ数年、ずっと旅行に行けてない・・。

twitter、はじめてみました。

@khou_hangtough



ジェフ千葉_試合情報



ジェフ千葉_試合日程



最近の記事



月別アーカイブ



カテゴリー



ブログ内検索



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

札幌戦のクォリティで戦えるか横浜FC戦!・・「ジェフ☆コレ」も始まるよ。
「ジェフ☆コレ」。
文字の並びを見た瞬間に、頭の中では「さっさと始めなさいよ!」との声が再生。
つい、「らき☆すた」を連想してしまった(笑)
「らきすた」はその昔人気がピークだった頃、どんなもんだろ?と思ってみてみたけれど、あまりにもゆるくて2話ほど見て「もーいーや」となってしまった。そういえば今度映画にもなる「けいおん」も日常ゆるゆるで、自分としては苦手だったりする。
どーせマンガ見るなり映画みるなりするなら、そういう日常ゆるゆるな映像よりも、血沸き肉躍りハラハラして爆発ドッカーン!な方が好き。ええ、OVA版「ジャイアントロボ -地球が静止する日-」は名作ですとも! かっこいいよ!衝撃のアルベルト、めっちゃかっこいいよ!
日常ゆったり系の作品でも、それがマンガだったら大好きなんだけどね。

そーいや、最近人気の「まどかマギカ」も正式名称は「~まどか☆マギカ」なんだっけ。
「けいおん」も「けいおん!」だし。
「☆」とか「!」をつければヒットするのか!? そーなのか!?

昔のロボットアニメは、「タイトルのメカ名の多くが4音である(ガンダム/ボトムズ/ダグラム/イデオン/マクロス)」とか、「最後の音の母音がuが多い(ガンダム/ボトムズ/エルガイム/バイファム/マクロス/オーガス)」、「u音で終わらなければ「ん」で終わりやすい(イデオン/ダンバイン/ライディーン/エヴァンゲリオン)」とか、そんな法則を勝手に見つけた気になって喜んでたな、オレ(笑)

もちろん「ガイガオガー」とか「キングゲイナー」とか、そんな「全然違うじゃん!」って例はいっぱいあるけどさ。

と、そんなアニメ話はともかくとして。
なんぞ、JCN千葉でジェフの応援コーナーが始まるそうな!
オレは見れないけれど!千葉県在住じゃないから無理だけど!
しかしこういうのはぜひともがんばってくれ!
「ジェフ千葉応援コーナー「ジェフ☆コレ」放送開始のお知らせ」(ジェフ公式)


なんか最近、この「ジェフ☆コレ」だけじゃなくて、ジェフの広報とか営業が積極的になってきた気がする。札幌戦のスカパーでもつっこまれていたミリガンタオルだってそうだし、それにオーロイネタもそう。
「「ジェフユナイテッド市原・千葉トークバトルVol.8 Supported by ビーバーホームの君津住宅」開催について」(ジェフ公式)
「「ジェフ トークバトルVol.8」オーロイ選手 追加出演決定!」(ジェフ公式)
「7.31横浜FC戦は「オーロイ祭り」!!」(ジェフ公式)

去年は勇人に米倉に倉田が登場したっけ。
今年は深井に山口にオーロイか。どーせならミリガンも出てほしいなぁ(笑)
KAIENTAI-DOJOともまた何かやるみたいだし。
ぜひぜひジェフの広報も営業もがんばっておくれ!



===<そして、横浜FC戦!>===
5試合で勝ち点10を目指すと言うドワイト。
しかし3ラウンド目は勝ち点9で手が届かず、続く4ラウンド目も初戦のAway湘南戦を0-2で敗戦。
いったいどうなる!?・・と思ったところ、Home札幌戦は2-0で勝利。
ジェフは、イヤな流れをなんとか瀬戸際で食い止めた。

もしこの前の札幌戦を落としていれば、FC東京が頭一つ抜け出して、2位と3位を栃木/徳島、それをジェフが追いかけて、混戦模様がさらに泥沼となっていただろう。だから、札幌戦の勝利はシーズンの流れとしても大きかったと思う。
問題は、それを続けることができるかどうか、だ。

Awayで引き分けた横浜FC戦は、かなり敵にペースを握られていた。
ジェフの最終ラインに終始プレッシャーをかけられ続け、山口も竹内も、プレスをかけられると苦しくなってしまうからボール回しも危ないものになり、中盤で試合を作れずロングボールに頼る一辺倒となって、そうなれば敵はオーロイを追いこみ押しやってゴール前を固めていく。
絶対有利な武器であるオーロイ。
彼に頼るのはいいのだが、しかし頼り切る事でジェフの攻め手が単調となって、敵は守り易くなる。

熊本戦、湘南戦、横浜FC戦。
ジェフが苦しみ、勝てなくて引き分け、敗れた試合は、どれも攻めが単調になってしまった。
そりゃ変化に優れた攻撃を出来るようであれば、勝ててるんだろうけれど(苦笑)
問題は、じゃあ、なぜ札幌戦でそれができて、その前までの試合ではできなかったのか、という事だ。

サッカーは相手がある事だから、もちろんジェフの都合だけで全てが決まるハズもない。
しかしジェフの都合で組み上がっていく部分ももちろん大きい。
札幌戦でジェフの攻撃が気付かれていた土台。
それは中盤での村井のキープ力だったのかなぁ・・と思う。
そして、米倉と坂本。

坂本のフォローによって深井が活性化し、敵の守りを崩す。
米倉がオーロイと連動して幅広く守備に奮闘する事で、敵のDMFが自陣に押し込まれていく。
それによってボールを受けやすくなった村井が、持ち前のキープ力で時間を作る。

こういうポジティブなサイクルが回っていたのだと思う。


続く横浜FC戦で、これができるかどうか。
オーロイの高さに頼るだけでなく、深井の単騎突破に賭けるのでもなく、
チームとして連携し、スペースをつくってボールをまわせるか。敵の守備を崩せるか。
そこが見どころ。


湘南戦で負けたからこそ。
この横浜FC戦はぜひ勝ちたい。
勝って、FC東京に引き離されず、昇格戦線に生き残りたい。

せっかくの札幌戦の快勝、それがマグレではなく、チームとしての実力にするために。
村井に期待したい。


がんばれ!




===<伊藤もがんばれ!>===
今年、シーズン当初からスタメンで起用され続けてきた伊藤。
そのキックを武器に、FKやCKなど今年のジェフの強みであるセットプレイのキッカーとして活躍。それだけじゃなくて、機動力を活かしてボールを引き出し回していく中盤の潤滑油としても走り回っていた。

しかし湘南戦で怪我をしたらしく、離脱。
携帯公式で悔しそうなコメントを書いている。
エルゴラやスカパーでは、どうやら半月板を痛めてしまって長期離脱だとか・・。


悔しいと思うけれども。
まずは少しでも早くピッチに戻ってきてくれることを願う。
伊藤やゲッセルが中盤で戦っている間、村井は虎視眈々とチャンスをうかがっていた。その村井が今は代わりにチャンスをつかもうとしている。
同じように。
伊藤もまた、村井やゲッセルや林から、ポジションを奪い返せるように。

がんばれ!


スポンサーサイト

テーマ:ジェフユナイテッド市原・千葉 - ジャンル:スポーツ


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://khou.blog29.fc2.com/tb.php/1276-fc8f4ff9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。