Hang Tough
ジェフが好き、旅行も好き、仕事もがんばろう、うん。
プロフィール

khou

Author:khou
本好き、旅行好き。
でもここ数年、ずっと旅行に行けてない・・。

twitter、はじめてみました。

@khou_hangtough



ジェフ千葉_試合情報



ジェフ千葉_試合日程



最近の記事



月別アーカイブ



カテゴリー



ブログ内検索



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日韓戦の勝利と、松田。・・それぞれの選手のユニフォーム。
昨日の日韓戦は仕事中だったけれども、帰宅後に録画をつけてみればなんと3-0の完勝。
試合におけるプレイの速さや正確さと言うのが、これほど武器になって戦っている姿というのは、見てて気持ちがいいもんだなーと。得点を決めた香川に本田もだけれど、2アシストの清武も、中盤で熟練とか流石としか言いようの無い遠藤の捌きも、駒野に内田の両SBも。
それは惚れ惚れするようなプレイであり、
美しさもあって、爽快さもある、完勝だった。

「代表」としてチームを編成していた選手たちは、普段のクラブのユニフォームではなく、代表の試合においては、同じ青い日本代表のユニフォームを身にまとう。

代表の選手たちの姿に、どんな色の、どのクラブのユニフォームを重ねてみてしまうかは、人それぞれだ。

香川や本田は、それぞれC大阪と名古屋のユニの印象よりも、個人的には代表ユニの姿を思い浮かべてしまう。C大阪時代の香川とジェフは対戦してない・・もしくは戦っても数試合だろうし、名古屋の本田はもうずっと前の話になってしまう。そしてどちらの選手も、今のクラブでの姿は報道では目にするが試合を追いかけてはいないから、イメージを重ねてしまうほどの記憶はない。

だけど、遠藤を応援する人は、彼にG大阪のユニを見る人も多いだろう。
自分なんかも、代表よりもG大阪の青と黒の印象の方が強い。


ユニフォームってのは、つまり、
それだけ選手の、個々の、歴史の積み重ねでもあるよな・・って思う。



先日、逝去された松田直樹。
横浜FMでプレイし続け、代表でも40試合を戦い、そして今年はJFLを戦っていた。
最期において、彼の体は、松本山雅のユニフォームと、移籍時に新調した緑色のスパイクだった。
「「マツありがとう」……松田直樹選手死去」(信濃毎日新聞:信毎はアタマの朝ごはん!)

松田に、
横浜FMのユニフォームを重ね見る人は多く、
自分なんかはだけど日本代表のユニをイメージしてしまい、
おそらく印象とか活躍とか功績でいえばどちらかではあるのだろう。
だって横浜FMで戦い続け、トルシエの日本代表の中核だったのだから。

しかし最期においては、松本山雅の緑色だった。

それは遺族のご希望だったと聞いた。
「本人もそれを望むだろう」・・と言ったそうだ。
そうかもしれない。
だって、最後に戦っていたのは、松本山雅だったのだから。


もし現役を退き、引退した後であれば、また話も違っていたのだろうけれども。
松田直樹が息を引き取った時、彼は松本山雅の選手だった。

それこそが、サッカーの、プロ選手の歴史であり、現在地だと思う。



松田直樹選手の、死を悼みます。
心から、ご冥福を祈ります。

そして、
喪章を腕に、韓国に圧勝した日本代表の選手たちの、これからの活躍を祈ります。



彼らの活躍が、選択が、日本のサッカーの歴史になっていくのだから。
オレは応援するだけだけど、
サッカーに関わる全ての人たちが、報われますように。


スポンサーサイト

テーマ:ジェフユナイテッド市原・千葉 - ジャンル:スポーツ


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://khou.blog29.fc2.com/tb.php/1278-ce7d3bdf
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。