Hang Tough
ジェフが好き、旅行も好き、仕事もがんばろう、うん。
プロフィール

khou

Author:khou
本好き、旅行好き。
でもここ数年、ずっと旅行に行けてない・・。

twitter、はじめてみました。

@khou_hangtough



ジェフ千葉_試合情報



ジェフ千葉_試合日程



最近の記事



月別アーカイブ



カテゴリー



ブログ内検索



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

U-19との練習試合は引き分け!・・ジェフの混迷を、傍から見られて面白い(笑)
五輪代表・・予選突破おめ!
はてさて本番ではどんな組み合わせとなり、どんな試合を見せてくれるのだろう。
それまでわずか4ヶ月間とはいえ、今のスタメンを脅かす控え組が出てくるかもしれないし、特に発表されていないオーバーエイジ組の参加もあるかもしれない。
なんやかんや言っても、やはり楽しみである。

シリアに負けた時にはどの選手もそれなりに危機感を抱いただろう。そこから無失点で2試合の連勝。監督も選手も共にハードルを乗り越えた手ごたえは感じているハズ。
そのチームに参加できるという誇り/矜持、自信。ベンチだとしても、それなりの空気を経験したことは大岩にとっても意味のある事。出来得るならば、大岩には右SBの酒井、濱田&鈴木大輔のCBコンビに割って入ってほしいものだ。簡単ではないけれどさっ!

何はともあれ、予選突破はめでたい話。
本番も期待してる!



===<ジェフのサブ組は、U-19代表との練習試合で引き分け!>===
「【レポート】トレーニングゲーム U-19日本代表戦について」(ジェフ公式)

おお、個人的に期待している大久保が守ったのかー、とか。
この前の京都戦を欠場した坂本が出場してたのか!だいじょぶ!?とか。
オーロイも練習試合に出られるようになったんだなー、とか。
だけど荒田の名前は練習試合にもなく、レジナルドもまだなんだなー、とか。
練習生が、AにBにCにDにE、5人もいるのか。一人はジェフU-18の佐藤遵樹だったりして?いや平日の昼間は学校があるから無理かー、とか。

メンバー表を見るだけでもいろいろと妄想は広がるもので。
試合内容はわからないけれども、でもこのメンバーでU-19日本代表と練習試合を行い、結果は引き分けだったわけだ。できれば勝ってくれ!とは思うけれども、しかし練習試合は結果がすべてではないからね。コンディション調整が目的の選手だっているだろうし。
それでも勝ってくれるに越したことはないけどさ!(笑)

個人的に町田や井出といったタイプの選手が好きなだけに、ぜひぜひこういう練習試合からチャンスをつかんでほしいと願う。新加入選手とのポジション争いでサブに回っている山口慶や青木良太の巻き返しも期待したいし、佐藤祥だってぜひぜひ実戦への足がかりにしてほしい。
ここで1得点という結果を出した久保は、次の横浜FC戦につながる手ごたえはあったのか。


・・内容がわからないから、ただひたすらに妄想ばかりだけれど。
平日の練習試合、見に行きたいなぁ・・。


追記:
って、練習試合の詳細が「ゲキサカ」に載ってたよ!!!
「高校2年生MF野津田が終了間際の同点弾!!U-19代表候補は千葉とドロー」(ゲキサカ)

これを見ると主導権を握られて、ジェフとしては苦戦した印象を受けるなぁ・・。
後半もおされぎみではあったが、セットプレイからの流れで久保が先制点!
その後はジェフがペースをつかむも、最後の最後で追い付かれた、と。
ぬぬぬ・・!

しかしやっぱり武田のクロスは武器!というのが、良いニュースという事で(笑)



===<ジェフの監督迷走を傍から見れば、それは岡目八目で>===
「サッカーのフロントが絶対すべきでないこと PART I 」(pal-9999の日記)

昨日見かけたblog。
twitterでもちょっと書いたけれど、とても面白い、ので、blogでも。

フロントの迷走の代表例としてジェフが挙げられている。
この場合、書かれている「迷走」とは、監督=救世主という願望を大前提とし、チームの方向性がぶれ、新監督のたびにチームが作りなおしになることで、クラブとしての上積みが無く、賽ノ河原を毎年繰り返すこと。

いや、実際、監督は変わってるしね。
特にミラーから今の木山監督に至る流れは、チーム像もくるくる変わってしまった。監督の目指すチーム像が変われば必要とされる選手の質や特徴も変わるのだから、それが毎年変化すればチーム編成も強化も、それこそ選手たちもそりゃぁ大変だ。せめてアマル⇒クゼ⇒江尻⇒木山だとか、ミラー⇒ドワイトとか、そういう流れだったらなー、とは自分も思っている。
その点で、監督人事に芯を通せていないジェフのフロントは批判されてもしかたない。

そしてまた、ジェフサポの中にはやっぱりイビチャ・オシムに何かしらの理想像を見てしまった人もいると思う。誰よりも自分がそうだし。だから新しい監督に、イビチャ・オシムを求めないまでも、それでも期待する人ってのはいるだろうし。救世主願望だって、多かれ少なかれあるだろう。

そういう意味では、こういう風に書かれてしまったり、見られてしまう事は不思議じゃない。
でもそれは、「わはは」となんとなく力の抜けた笑いを伴う。


だってさ。
指摘されている点はごもっともなんだけれど。
岡目八目だよなー・・と。

「オシムって言っちゃったね」から始まる一連の流れの中の悪あがき。
主力大量移籍、社長人事、GM人事、そんないろんな問題。
J2降格。
それら全てがジェフの迷走なのであって。
泥沼の中にどっぷり首までつかったところから、今のジェフにつながってるのだから。

そういう過程を抜きにして、
「監督ってのは自分なりにチームを作りなおしたいものだ」とか、
「監督に救世主を求めるからダメなんだよ!すぐ批判するからダメなんだよ!」とか、
そう言われてもなぁ・・(笑)
でも、やっぱり傍から見ると、そう思われるんだろうなぁ・・(笑)


自分が応援しているクラブを、一面的に切って捨てられて、きょとんとする。
事ここに至る過程や悪あがきの諸々が、あっさり無視されるのも、「えー・・」と。

でも自分のようにクラブサポではなく、監督交代や成績低迷という事象をもって、傍から見る人にはそうなのだな。
だから面白い。


いくら事情があったとはいえ、監督人事にチーム像の一貫性を持たせられなかったフロントは批判されても仕方ない。同じように、監督に何かしらの救世主願望を見出して押しつけて、それが叶えられないとなれば、監督に批判的になるサポ心情というのは、やはり戒むべきものだ。
ジェフの今の現状は、フロントも選手もサポも同罪。

だから。
そういう自戒を込めて。
自分は、目の前の監督や選手たちを応援したいなー、と、思う。

スポンサーサイト

テーマ:ジェフユナイテッド市原・千葉 - ジャンル:スポーツ


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://khou.blog29.fc2.com/tb.php/1291-3956b52c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。