Hang Tough
ジェフが好き、旅行も好き、仕事もがんばろう、うん。
プロフィール

khou

Author:khou
本好き、旅行好き。
でもここ数年、ずっと旅行に行けてない・・。

twitter、はじめてみました。

@khou_hangtough



ジェフ千葉_試合情報



ジェフ千葉_試合日程



最近の記事



月別アーカイブ



カテゴリー



ブログ内検索



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

完敗の次は快勝、Home横浜FC戦は3-0の勝利! こんな楽しいんだから、喜ばなきゃ!
山形を2-0で破って幸先良くスタートしたかと思えば、京都には0-2で完敗。
おおっと、どうなる!?と不安が首をもたげるなかで迎えたHome横浜FC戦。
率いるのは岸野監督。
トレードマークの赤い帽子の右側には「愛情」、左側には「根性」という刺繍。気合と根性を金科玉条に、特にジェフと戦う時にはケンカ上等の勢いでぶつかってくる相手。

いやなタイミングだけれど、気を引き締めてぶつかるには格好の対戦相手。

ジェフはそんな横浜FCを相手に、それまでとは三つの変化を加えて試合に臨んだ。
一つは、伊藤に代わって田中佑昌の先発起用。
一つは、武田に代わって渡邊圭二の先発起用。
最後は、ボックス型の4-4-2から、兵働を中央においた4-2-3-1への移行。

前の試合で消えてしまった伊藤に代わって交代出場でチームに勢いをつけた田中の先発起用。田中は、リーグ三戦目でスタメンをつかんだ。そして二試合ともにサイドを破られてピンチを招いた事を踏まえてか、左SBを武田から渡邊へ。残念なことに渡邊は試合早々に負傷交代となっていまうが・・怪我の功名か、渡邊に代わって入った山口慶が、去年の右SB以上に好プレイを見せる。
そして何よりも大きかったのは兵働の中央起用。
4-2-3-1のトップ下という役割&ポジショニングが最適な表現となるだろうけれど、時には藤田と並ぶ高さまで頻繁に攻め上がり、縦関係の2トップとも思える高さを保った。

その兵働がジェフの攻撃の軸となる。
先制点の場面しかり、惜しくも外れた前半の藤田への浮き球のパスしかり、決定的なラストパスはもちろんのこと・・チームが縦に攻める時も、ちょっと落ち着く時も、攻撃陣のリズムは兵働から生まれていた。
(チーム全体のリズムは最後尾の山口智が作りだしていたと思うけど)

その兵働が2点目を決めたのだから、こりゃもう木山監督しては、してやったり!だろう。
それどころか、深井の先制弾もダメ押しの3点目も兵働のアシストなのだから、これ以上はないほどの大活躍。
2点目を決めた後、深々とゴール裏におじぎをした兵働。
背中を向けて、背番号を両手で誇示。
ジェフの兵働としての、ド派手な存在証明。

まさにこの日は、兵働の舞台だった。


もちろん勝因は兵働ひとりのおかげじゃない。

最前線で、ばてて疲れて、両手をひざにつくほどまでに藤田が走り回ったおかげで、ボールをおさまった。そこでボールが収まるからこそ、藤田がスペースでボールをもって展開する事ができた。
その兵働の展開を受け、全速力で駆けまわった深井が2ゴールで試合を決定づけた。深井のゴールはどれもみな「ゴラッソ」になってしまうのは、プレイスタイルのせいだろうけれども、この日は2発ともやっぱり「ゴラッソ」だった。
京都戦に比べて格段にプレイが良かったのが佐藤健太郎。危険なスペースを埋めるだけじゃなく、敵がボールを持って攻め上がればすーっと詰めてその自由を奪い、タイミングを見ては攻め上がってチーム攻撃陣そのものを押し上げる。枠をとらえたミドルも放ち、クロスもあげた。あんなに効果的に攻め上がりができる選手だとは思っておらず、守備を専門にこじんまりとまとまった選手という印象があっただけに、ちょっと意外だった。・・そう言えば、ジェフに加入!という話を聞いた時にちょっと調べたら、大学時代の彼は背番号#10を背負った司令塔タイプの選手だったとか。それならば今後はもっと広い視野のプレイを見せてくれるんじゃ!?と期待してしまう。
佐藤勇人はチームが好調のバロメータ、頻繁にゴール前に攻め上がる。
山口智、竹内の3人はセンターラインで相変わらず安定。両サイドが不安定で破られそうになっても、それぞれがハードにケアして敵の攻撃をシャットアウト。

大岩も京都戦よりずっと良かった。本人はミスばかりと反省のコメントを残したいたし、そりゃあ彼のミスからカウンターを喰らったりもあったけど。しかし正面きっての1対1はCBが本職だけに敵を抑え込み、田原とマッチアップした時にも体の強さを見せた。攻め上がってアーリークロス!みたいなプレイはまだまだだけど、しかし機を見て何度もオーバーラップをしかけていた。
山口慶は、右SB以上に左で安定したプレイを展開。2点目はサイドでボールをキープする藤田を彼がフォローしてためたパスから生まれている。

田中も運動能力を活かして積極的にプレイ。前半と後半に1発ずつ惜しいシュートもあった。藤田とポジションが重なってしまったり、まだまだもっと連携を高める余地はあるけれど、それでも相手を抜き切る前にクロスを上げるシーンなど積極的にプレイ。


・・つまるところ、みんな良かったんだよ!


そりゃね、いろいろとあるよ、あるけれども。
ここまで快勝したんだから、まずは手放しで喜ぼうじゃないか!

Homeで3-0。
もっともっと、点が取れた試合だったし、もっと「上手」な試合運びもあり得ただろう。

だけど佐藤勇人が中盤で一人、悲壮に走り回る姿もない。
深井が孤立して一人でボールをこねまわして囲まれてつぶれていく姿もない。
最終ラインで敵に詰められても、前線に動きが無くて・・苦し紛れのロングフィードがそのままカウンターになる事もない。
ワンタッチのパスが味方の動きと噛み合わずに明後日の方向にボールが流れていくこともない。

久しぶりに、ジェフが、楽しくサッカーをしているんだから。

そりゃあ、楽しまなきゃもったいない!


これで昇格できるの?と言われたら、まだまだ微妙かもしれない。
だけどまずは、週末を楽しみにできること自体を、嬉しく思っていいよね。



3-0で勝利っ!!!!


「2012Jリーグ ディビジョン2 第3節」(ジェフ公式)
「2012 第3節 結果」(横浜FC公式)


スポンサーサイト

テーマ:ジェフユナイテッド市原・千葉 - ジャンル:スポーツ


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://khou.blog29.fc2.com/tb.php/1293-8895bced
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。