Hang Tough
ジェフが好き、旅行も好き、仕事もがんばろう、うん。
プロフィール

khou

Author:khou
本好き、旅行好き。
でもここ数年、ずっと旅行に行けてない・・。

twitter、はじめてみました。

@khou_hangtough



ジェフ千葉_試合情報



ジェフ千葉_試合日程



最近の記事



月別アーカイブ



カテゴリー



ブログ内検索



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

週末のHome徳島戦。兵働をどこで起用するのか。そしていよいよレジナルド出陣か!?
2012のJ2が開幕し、2勝1敗1分で徳島をHomeに迎え撃つわけで。
ちばぎんカップを含めるとすでに5試合を戦っている。
それを見るに、ボールをつないで回して、サイドを重視する戦い方は変わらないものの、ボールがどのように動いていくか、自陣最高峰からゴールまでの道筋は・・しかし「これを狙うんだ!」と言えるほどに定まってはおらず。木山監督もまだまだ試行錯誤なのかしら、と思ったりもする。

結局のところ、
===
・山口智:最高峰からのビルドアップ。
・兵働昭弘:中盤から前のパスワークの司令塔。
・藤田祥史:最前線のポストプレイ。
===
ボール回しの要として、上記3点は完全に固定されている。
そこからバリエーションをつけられるか。特に兵働をマークされた時にどうするか。そこは各試合ごとに試合のポイントになっているけれども、米倉の怪我という痛手もあってまだチームとして「兵働がだめでもこっちがあるもん!」というべきものは確立できていない。

それが特に顕著だったのが先日のAway福岡戦。
連戦による兵働自身のコンディション低下や、福岡によるパスコース遮断、プレス、マンマークによって、ボール回しが寸断された。藤田にボールが入っても、それを兵働が受けて持つことがままならない。勇人や健太郎が兵藤にボールを預けても、そこから他の前線のアタッカー3人にボールを出しづらい。
結果として、兵働を飛ばすようなロングボールで藤田を狙ったり、パス回しや展開という意味では決して得意ではない深井にボールが渡って、彼の個人技での局面打開、一発勝負に賭ける事になった。

兵働は運動量もあるし、背も大きいし、足元でボールもおさまるという事で、中盤のいろんなポジションでプレイできる良さがある。しかし彼は決して、フォワードじゃないし、攻撃的ではあっても・・さあお前が行って来い!ゴールを攻め陥としてこい!というようなアタッカーでもない。
あくまでも、兵働は攻撃陣を活かすためのプレイこそが真骨頂。

その良さを活かしつつ、各選手のストロングポイントを最大化を目指すためにどうすべきか。
実際、これまで兵働が起用されてきたポジションを見ていくと、木山監督も試行錯誤中。

【1:DMFに配して、そこからゲームを作ってよ!】
ちばぎんカップのスタートポジション。
この場合、敵からするとちょっと深めに兵働が位置することになるから、必然、彼へのプレスは弱くなる。
その代わり、最前線からとは距離がでるので、ボール回しの前の要として伊藤を起用し、藤田に入ったボールをおさめるための米倉を2トップぎみに起用。
山口智から兵働、伊藤、米倉とボールをまわせる選手が、後ろから前の各ラインでつながっていくだけに、木山監督としては結構希望の布陣だったんだろうなぁ・・とかとか思っている。
しかし米倉の怪我によって、この布陣はいったんはお蔵入り。

【2:じゃあ兵働をサイドに配してみる】
開幕の山形戦、負けた京都戦。
サイドハーフといっても、兵働はサイドのライン際で縦に勝負するわけじゃない。しかし、敵のプレスはそこそこ弱めになるからこそ、ここでボールを持ってくれる事を木山監督は期待したのかな、と想像する。でもってそこから兵働が中に絞ることで、パス回しの重心をゴール前にもっていき、右SBの攻め上がりも期待したのかしら、と。
加えて伊藤によるボール動かしや、武田の攻撃参加も期待できる。
これはこれで悪くないものの、藤田と2トップわりに深井があまり活きてこない。

【3:ならば兵働をトップ下、つか2トップの一角!?】
快勝の横浜FC戦と引き分けた福岡戦。
藤田に入ったポストプレイを兵働が持ち、そこから左右のアタッカー(深井や田中)に展開することで、はまれば楽しげに攻撃陣が躍動した布陣。
だけどこれ、どうしても兵働は敵のプレスが最も厳しい場所で戦うことを余儀なくされるため、敵としてはまずは兵働を潰せ!となってくるし、それがはまりやすい布陣でもある。敵のプレスがなければ、横浜FC戦のように兵藤が輝き、それに伴ってアタッカーが躍動する。一方で兵働を消されてしまうと、ボールの展開が不得手なアタッカーが無理やり単騎特攻を繰り返し、ロングボールでの一発勝負が増えて、チームとして狙う形からは離れてしまう。

・・などと、木山監督もまだまだ悩んでるのかしら・・と、思ってるわけだ。


さて。
ならば徳島戦はどうなるのだろう。
トップ下で兵働がボールを持てれば良し。
しかしそれだけ兵働は狙われるし、止められた時に攻撃は手詰まりになる。
先日の、草津x徳島戦を録画で見てみると、徳島が草津を見事に抑え込んでいた。
その試合の草津は【リンコンがおさめたボールを、トップ下のヘベルチが受けて、両サイドの遠藤と後藤がアタック】という、なんて福岡戦のジェフと瓜二つ!?な展開を狙っていたのだが、しかしこのヘベルチを徳島が封鎖。加えて中盤の草津の司令塔である熊林が負傷交代したこともあって、守備的には草津を完封している。

そのパターンにはまってしまいそうだよなぁ・・と。

かといって、米倉が不在の今、
藤田と2トップを組んでトップ下に近い場所からボールを回しつつアタックもできる選手・・。
もしくはトップ下の兵働が抑えられた時に、もうひとつのパスワークの起点になれる選手・・。

深井か。 ・・速いし機敏だし、ボールをキープできるけれど、ボール回しやパス出しはちょっと。
伊藤か。 ・・ボールを引き出し、受けて捌いて味方を活かし、キッカーにもなれるが、アタッカーではないし、フィジカル面でちょっと。
田中か。 ・・とにかく速いのが魅力だが、パスワーク面ではまだ連動しきれず、本領は見えず。

ぬぬぬ・・。


まだ実力は不明だけれども。
来日したばかりだけれども。

レジナルドがいるじゃないか・・!!!


「[千葉]レジナルド選手「ブラジル人は自分だけですけど、ボール1つあればみんなでサッカーができるし、大きな問題じゃない」(blogola)

クラブ関係者によれば「登録も無事に済んだ」とあり、
木山監督は「起用に躊躇するということもない」といい、
本人も「体は万全」との事。


徳島戦、レジナルドが登場するんだよね!?とワクワクする。
期待の助っ人のフクアリ初登場・・お披露目!という期待はもちろんだけれど。
彼が参戦することでチームバランスがどう変わるか。
単独の個人の強さという期待はもちろんだけれど、彼が加わることで兵働や他の選手がより活きてくるんじゃないかと期待してしまう。

もし、そんなオレの勝手我儘な期待というか妄想がかなえば。
ジェフはチームとして、ぐいっ・・と一つ力を伸ばせるわけだ。
しかもそれを昇格のライバルである徳島相手に示すことができれば、いろんな意味で昇格戦線も明るくなる。


さあ・・どうなる。
レジナルド。
兵働。

週末の徳島戦は、Homeフクアリで16時、キックオフ・・!



スポンサーサイト

テーマ:ジェフユナイテッド市原・千葉 - ジャンル:スポーツ


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://khou.blog29.fc2.com/tb.php/1295-9fb213dd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。