Hang Tough
ジェフが好き、旅行も好き、仕事もがんばろう、うん。
プロフィール

khou

Author:khou
本好き、旅行好き。
でもここ数年、ずっと旅行に行けてない・・。

twitter、はじめてみました。

@khou_hangtough



ジェフ千葉_試合情報



ジェフ千葉_試合日程



最近の記事



月別アーカイブ



カテゴリー



ブログ内検索



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

岐阜に敗戦! Homeで自壊したジェフ。
録画してあった日本代表のHomeオマーン戦を今さらながらに見終わったのですが。
いやはや。
みんな上手いねぇ・・。
さすが「代表」として選ばれているだけは、ある。
勝った負けたとか、戦術どうこうは、そりゃいろいろあるだろうけれども。

ボールを蹴る、止める。
そのために、どこにポジションをとるか、どのように動くか。
周りをどれだけ見ているか。
体の捌き。
そしてそれだけ上手いのに、ボールを獲る/獲られる、というせめぎ合いでの球際の強さ。

そういう方が目についた。


今のジェフのサッカーを突きつめていくならば。
兵働、伊藤、佐藤健太郎。
この三人は特にそういう部分をもっと高めていかないといけない。

佐藤勇人、米倉。
彼らは、奮起しないと、力はあっても出番が苦しくなるかも、だ。

敵の守備が人数を揃えてラインも保っているところを、ボール回しとスペースを突く動きで破っていく日本代表。ああいう動きやプレイをできるようにならないと・・。
ぬぬぬ。



岡山戦もそうだったけれども、この岐阜戦も、最後までジェフは敵守備を崩せなかった。
岐阜戦では特に、ゴール前中央を完全に守られていたから、
兵働と伊藤が思ったように動くことができず、藤田もまっとうなポストができず、楔がはいらない。そのためサイドにボールも選手も流れてしまうのだけれども、そこはそこで敵SBが蓋をしているし、味方SBも上がってくるから人数過剰になって突きたいスペースがなくなってしまう。

そこで木山監督が打った手は。

1つ目に佐藤勇人の後半開始からの投入。
今のジェフで、縁の下の力持ち的に効いているのが伊藤大介で、ボール回しにおいても縦パスの出し手としても貴重な存在になっている。その伊藤を残したまま、佐藤健太郎を下げて、勇人。ピッチの中央からより前へ。全体を押し上げ、必要なタイミングには勇人がゴール前まで進出する事を狙ったのかしら?と想像する。

2つ目は米倉。
トゥーロン遠征もあって動きに重さがあった大岩を下げ、そのポジションには田中佑昌。米倉は前線に入る。今の彼の売りは攻撃で体をはれる選手。足元のうまさも得点力もあるし、前に進む強さがある。結局これも、敵守備の中央を力づくでこじ開けようとした采配に思える。

だけど、この2つの手も、上手くいかない。
敵はますます中央を固めるし、なんていっても服部も李も百戦錬磨。慌てない。ジェフが長時間ボールを持っているとはいえ、単調な攻撃が多く、走り疲れもしていない。この二人が中心になって、岐阜は守備の連携に筋が通っている。


そして時間も無くなって76分にはオーロイの投入。
ジェフのパスと動きで敵守備を破れないのなら、絶対的な高さでねじ伏せる・・!
3人の選手交代で一番効果があったのは、このオーロイ投入だったと思う。
高さはやはり圧倒的なものがあって。
そしてオーロイも、時間短く起用されているから元気もあって、動けてドリブルもして。
惜しいチャンスもあったのだけれど・・。


こういう試合にこそ。
個人的には、大塚や町田、井出を見たかった。

こういう敵陣をどうにかしないと!・・という展開はこれからもあるだろうし。
それを破らない事にはジェフは昇格をつかめないわけで。
木山監督率いる今のジェフが、それを破るには、「パスと動きでスペースを作り、そこを突く」事が本筋なハズ。それができる選手のチャレンジを、見たかった。


・・勝つための采配、ではないと思うけれどさ(苦笑)

勝つための対応だったら、この岐阜戦のように、「チーム全体を押し上げる(=勇人投入)」、「フィジカルの強さで敵守備の密集を打開(=米倉投入)」、「高さでねじ伏せる(=オーロイ)」という3つの対応策の方が、現状、より得点できた確率は高かったと思う。
だから木山監督の交代策に不満があるのとはちょっと違うけれど。

日本代表がオマーンの守備を破ったように、
敵のDFが並ぶその中であってもボールを受けれる選手(大塚)であったり、守備に人数をそろえてラインを保っている状況でもスペースを突く選手(町田)に、期待してしまうのだ。


今のジェフは、まだまだ未成熟。
チームの錬度も、選手の構成も、もっと高めていかなければならない。
選手人数が多くても、起用メンバーが固定されていないからこそ、特に若手が奮起してくれれば!

岐阜戦の負けは悔しくて、そりゃもう、悔しいものだけれども。
でも、久しぶりに・・まっとうに、正面から悔しいなあ!と、思える試合でもあった。


スポンサーサイト

テーマ:ジェフユナイテッド市原・千葉 - ジャンル:スポーツ


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://khou.blog29.fc2.com/tb.php/1314-fcff53b1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。