Hang Tough
ジェフが好き、旅行も好き、仕事もがんばろう、うん。
プロフィール

khou

Author:khou
本好き、旅行好き。
でもここ数年、ずっと旅行に行けてない・・。

twitter、はじめてみました。

@khou_hangtough



ジェフ千葉_試合情報



ジェフ千葉_試合日程



最近の記事



月別アーカイブ



カテゴリー



ブログ内検索



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

堅守あってこその勝利!な、Away甲府戦。 ・・って、ロボ? ロボ加入ぅぅう!?
昨日は、お昼ぐらいになってニュースを聞いて、おったまげましたよ!
とんでもなくびっくりする、って事を「たまげる」といいますが、「魂消る」と書いちゃうわけで。いやはや、ホントに魂消ました。

「柏、FWロボを“放出”千葉に期限付き移籍へ」(スポニチ)

このネタ。
決してスポニチの独走暴走トバシ記事ってわけではなく。
今日発売のエルゴラに、もうちょい詳しい記事が書いてあって。

曰く。
昨季シーズンオフにも、ジェフがロボにオファーを出していた経緯があって、交渉はスムーズに進んだんだそうな。でもって現状、あとは交渉の細事を詰めるのみ。
熊本に移籍した北嶋が、移籍ウインドーの開く前に移籍を発表し、すでに練習に参加しているように。
契約が完全合意に至ったならば、ジェフもまたロボの加入を発表するのだろう。
でもってユナイテッドパークでの練習にロボが参加。
試合に登場するのは、最短で7月22日(日)のHome甲府戦からになる。

兎にも角にも、PAボックス内での決定力を誇るストライカー。
フクアリでは2戦して3得点。

どのように今のジェフに組み込まれるかはわからないけれど、
昇格への重要な戦力になってくれる事を期待・・!!!



閑話休題。
Away甲府戦である。

この試合、現地ではゴール裏で応援していた。
ちょうどバンデーラの端っこのところにいたのだが、カメラのアングル的にぎりぎり見切れており、幸いスカパーには映っていなかった(笑)

いやもう、先制点が入るまでは肝が冷えっぱなしでしたよ!

ジェフがボールを持っても、甲府の中盤の守備が固く締まっててボールを入れられない。
無理に縦パスを入れてもつながらないし、セカンドボールは拾われる。
そして甲府にボールを持たれると、隙があれば縦への突破を狙われる。

甲府の両サイドは絞りすぎず、一人はワイドに広く張って待ち受けていた。
でもってボールを持った甲府は、一度そのワイドに展開してジェフの守備陣を横にスライドさせ、ジェフの守備ブロックを揺さぶり、かつ、甲府FW(ダヴィ&高崎)へのマンマークが少しでもズレる事を狙う。
でもってそこからゴール前への放り込み。

ダヴィも高崎も強くて高いから、一発でもジェフDFが対応を誤れば即決定機なワケで。
これが続けば、ジェフは神経戦で擦り減っていくし、体力的にも追い詰められていく。
弾き返されても、そうそう簡単にはつなげない。佐藤勇人も佐藤健太郎も守備に帰陣している事が多く、カウンターに展開する前の一手が打てない。ジェフが無理に縦に入れても、そこには伊東輝悦と山本英臣が守りを固めて、中央への侵入を許さない。
前半30分までは甲府のゲームだった。

だから、米倉のゴールはまさに値千金。

ゴール前に臆せず飛び込んだ米倉のプレイは、彼ならではの体と意思の強さの現れ。
そこにマイナスのクロスをワンタッチで入れた田中も見事。
その田中にミドルのパスをぴたりと送り込んだ兵働はやっぱり流石であって。
じゃあ兵働がフリーでパスを蹴る前段階は・・勇人のパスカットと落ち着いたボール捌きこそ。

確かに甲府DF盛田が、縦パスをミスして、ジェフの勇人の真正面に蹴りこんでしまったのが、この先制点の直接の起点になっている。
しかしそれを・・つないでいったジェフのアタッカー達は、それはそれで素敵なわけだ。

これで甲府は攻めに出ざるを得なくなり、メンタルのバランスも崩れた。
動揺した流れのなかで、さらにジェフにPKを与えてしまい、
さらにはドウグラスの一発退場。
CBの盛田は、高さと強さがあっても、足元に不安があり、プレイエリアも広くない。
もう一人のドウグラスが範囲を広くケアしていたわけで。
そのドウグラスがいなくなると、今度はカバーリングに伊藤がひっぱりまわされることとなる。
必然、中盤にスペースができ、攻め込むジェフの選手を甲府が捕まえられなくなる。

攻めて攻めて、甲府のリズムで進んだ序盤だけれども。
ジェフの先制点、追加点、退場・・。
甲府の優位が、あっという間に崩れていった45分間でもあった。


だから、ジェフが先制点を奪った時点で、半ば勝負アリだったとしても、
MVPは確かに2得点に絡んだ米倉だろうけれども、
勝利を呼び込んだのは・・その30分間、ダヴィの圧力を1対1で防ぎきった竹内こそ、自分にとってのMOMだったりする。加えて、その竹内を支えて甲府の攻めを受け止め、守備陣を統率し続けた山口智。


なかなかスポットライトを浴びにくいDFだけれども、この日の竹内と山口はかっこよかったよ!
守る強さが、チームを支えたAway甲府戦。
二人のCBこそが、ヒーローだったと思う。


※もちろん、CBと共に奮闘していたDMFの佐藤&佐藤、二人あってこその堅守でもあるけれどね!





・・いや、ほんとは「現地ではすっげーオレ、ヒヤヒヤしてみてたのに、スカパーの録画ではそんなに危なそうには見えなかったよ!不思議!」という、印象の違い(もちろん結果を知っていることを踏まえても)をネタに書こうかと思ったのですが、いつのまにか「ジェフの堅守」ネタオンリーになってしまいました。
ぬぬぬ。
ってなわけで、タイトル修正ー。


スポンサーサイト

テーマ:ジェフユナイテッド市原・千葉 - ジャンル:スポーツ


この記事に対するコメント

To:地方犬さん
なんかほんと、現地ではヒヤヒヤでしたよねー(笑)
ゴール裏だと「自分に向って敵が突っ込んでくる」、スカパーだと「横から試合を見ている」という、アングルの違いもあるかもしれません。それに自分は、普段はバックスタンドから見ているので、ましてやゴール裏のアングルには慣れておらず・・。左右へのボール展開や、サイドのスペースが空いてる/中央に絞ってるとかはわかりやすいのですが、ボールの遠近感(前後の奥行き)が分かりづらいです・・。

きっとスカパーだけで見ていれば、全然違った印象だったでしょうね。
【2012/06/13 10:39】 URL | khou #- [ 編集]


初めまして。
地方犬と申します。
甲府戦は僕も現地にいましたが、現地で見ていると、前半はほぼ甲府ペースの印象でした。

しかし、スカパー!で見ると、思っていたより、甲府ペースではなかったですよね。

なんか、不思議な感じでした。
【2012/06/12 21:33】 URL | 地方犬 #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://khou.blog29.fc2.com/tb.php/1317-92b4372f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。