Hang Tough
ジェフが好き、旅行も好き、仕事もがんばろう、うん。
プロフィール

khou

Author:khou
本好き、旅行好き。
でもここ数年、ずっと旅行に行けてない・・。

twitter、はじめてみました。

@khou_hangtough



ジェフ千葉_試合情報



ジェフ千葉_試合日程



最近の記事



月別アーカイブ



カテゴリー



ブログ内検索



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

五輪代表の敗戦は悔しいけれど、栃木戦を振り返る。
ぬぉーーーーーっ、悔しい悔しい逆転負けである!
ぬぬぬ!
だけど、銅メダル目指して4位決定戦、がんばれ!


寝不足もいい加減にしておくれと逆恨みしつつ・・五輪代表は、それはそうとして。
さて。
個人的には、五輪代表の敗戦よりも、もっともっと悔しい栃木戦。
思い入れの差だね、ソウカナ?、ソウダヨ、しょうがないよね。

その栃木戦、例によって例のごとく。
基本的にジェフがボールをもって攻めるも栃木が守り、きっちりとゾーンを埋めてスペースを与えず、時間を作ろうとすると囲んで隙を与えず、跳ね返した一撃でそのままカウンターを狙われる・・そんな試合だった。

いやもう、正味な話、櫛野のスーパーセーブが無ければ、敵のシュートミスが無ければ、0-2とか0-3で負けてたんじゃね?と思うような試合展開だった。

栃木の松田監督が作り上げたチームは、そのままジェフにとって最大級に苦手な相性の戦い方であり、さらに今期のジェフをきっちりを踏まえて対策を練ってきたのだろう。

主な対策は二つ。
===
1:兵働から裏へのパスコースを切る。
2:高木やサビアがレシーバーとし、上がるジェフ量SB裏へのロングボール攻撃。
===
これに加えて、佐藤健太郎の不在によって生じたジェフ中盤の「当たりの弱さ」を、パウリーニョが試合中に悟った事で、何度か彼単独で突破を見せた。(そのプレイによって暴露されたジェフ守備の混乱はまた別途)


対して、ジェフは・・というと、だ。
Away熊本戦やHome岐阜戦で攻めきれなかった理由を、敵守備ブロック内でボールを受ける動きの少なさに解答を求めたように思える。それがために、
===
1:中央でのロボの起用によって、足元で楔を受けて二人目が動き出すプレイ。
2:さらに大塚を同時に起用する事で、パスワークとう地上戦で、兵働に次ぐ中継点の創出。
3:加えて佐藤健太郎不在の代わりに伊藤大介を起用し、ボール回しの徹底。
===
という三つの狙いがあったと思う。

このジェフの狙いは、どれもそれなりには機能していた。
特に「2」の大塚。
栃木は特に兵働からのパス出しを徹底的にケアしていたものの、大塚にまではケアが回り切らない。彼の動きによって大岩の効果的なオーバーラップができたし、また、大塚と伊藤でボールを落ち着かせつつ、兵働から武田につないでの左サイドの崩しなど、両サイドの崩しはできていた。

そうなんだ。
両サイドは、思っていた以上に崩せていたんだと思う。

しかしサイドを崩してもそこからのプレイが、ゴールにつながらなかった。
クロスを上げても、中央にいるのはロボと深井。
藤田もいなければオーロイもいない。
味方が誰も触れないままボールが逆サイドに流れていくシーンも多く、深井がジャンプするも頭一つ・・!というシーンもあって。
工夫が無いといえば、切ないけれども、まさにそんな感じだった。


そしてロボの足元での楔も、不発というほどではなかったけれど。
しかしこれはまだ連携が未成熟というべきか、そこから深井へのワンツーはタイミングがずれる事も多く、またさらに、深井ではない他の選手が飛び出すかというとそれもない。
(なぜ他の選手が飛び出せないか?というのは大きな問題)
(兵働にはそこまでの走力はない)
(伊藤は自らの守備の弱さを意識しすぎているのか、飛び出すよりも一つ二つ下がったところでボールを待ち受けるポジションを取りたがっていた)
(勇人は・・伊藤との兼ね合いでこの日は守備的な動きに駆け回っており、飛び出せなかった)
(となると期待するのは大塚だけれども、大塚も「点を取るために飛び出す動き」ではなく「点を誰かに取らせるために後ろで待ち受ける動き」が多かった)

だからロボと深井、その二人だけが敵の中央守備ブロックにねじ込んでいくプレイが繰り返されていた。


という事で。
両サイドを崩しはするものの、この日のジェフには中央での強さ/高さに欠けており、またクロス以外のプレイの工夫も少なく、点にはつながらない。
ならばパスワークでねじ込む事を狙っても、人が足りない、また、敵守備陣の視線を切るほどのワイドなプレイだったり意外性のあるプレイも少ない。

そういう攻撃を繰り返してしまったと、思うのだ。


大きかったのは、佐藤健太郎の不在だとは思うのだけれど。
それはやっぱりまた別の話。



個人的には・・だ。
大塚にものすごく期待している。
兵働を軸に、あともう一つ意識を高めた大塚が、パスワークやポジショニングで見せるセンスをもって、自ら得点に絡んでいってほしい。

悔しくて悔しくて、思わずヤケ酒くぁーっ・・な栃木戦だったけれども。
オレは。
兵働や大塚が絡んでロボが決めるというジェフを夢見て、そしてまた次節も応援しよう。


がんばれ・・!

スポンサーサイト

テーマ:ジェフユナイテッド市原・千葉 - ジャンル:スポーツ


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://khou.blog29.fc2.com/tb.php/1343-0cf10661
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。