Hang Tough
ジェフが好き、旅行も好き、仕事もがんばろう、うん。
プロフィール

khou

Author:khou
本好き、旅行好き。
でもここ数年、ずっと旅行に行けてない・・。

twitter、はじめてみました。

@khou_hangtough



ジェフ千葉_試合情報



ジェフ千葉_試合日程



最近の記事



月別アーカイブ



カテゴリー



ブログ内検索



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

長崎戦で登場した選手たちの諸々・・
昨日、会社に行く途中でエルゴラを購入。
「長崎戦に勝ったんだから、ちょっとでいいから記事あるといいなぁ、でもJ1の広島や神戸やFC東京が敗れるアップセットの方が大きな扱いなんだろうな」と思いつつ、それでも少しでも、と期待してエルゴラを買ったら、

新聞休刊日の影響で、先週末、金曜日のものでしたよ!
二重に買っちまったよ!
テヤンデイ!


まぁ、そんなわけで、改めて今朝エルゴラを買い直そう、うん。


さて、長崎戦は勝ったからいいようなものの、試合全体としては厳しいものだったわけで。
いろいろと書き始めるとキリがないけれど、とにもかくにも、じれったく不満がたまるような試合。
消極的なシーンも多々。

前半、勇人が絶妙なタイミングで前線に縦パスを送る。
FWが裏に抜ければスルーパスに、納めてためるなり捌いてもよし、もしくはドリブルも!
そんな攻撃のスイッチになるような縦パスがあった。
ボールの行く先には、バイタルエリアで待つオーロイと深井。二人ともに1メートルもないような距離で近くにたっていたのだけれど。
あろうことか!
二人ともに左右に分かれて走り出す!
ボールは二人の間を転がって、敵CBがなんなく拾う。

はぅーん・・・。


後半も。
パスワークで敵守備陣を破り、ボールをもってドリブルで大塚が突き進む。
敵を引き寄せ、ためて、ペナルティエリア内で横パス! 後はFWが押しこむだけ!
待っていたのは米倉と町田!(だったハズ)
だけど二人ともにパスをスルー。

これまた、はうぅぅん・・・。


この時ばかりは、パスを出した大塚が「ナンデダヨー」と、立ちつくして呆然。
いや、ね、サポも呆然だったよ、うん。


そんなわけでチームとしては見るべきところが全くなかった。
そりゃもちろん、選手が大幅に変わったんだし、今年ほとんど試合に出れていない選手も多いんだから・・そんな言い訳も成り立つけれど。
だけどやっぱり、「今年のジェフはこうやって戦うんだ!」という基本戦術を、チームとして共有することができていない、そう思ってしまうのは、決して厳しすぎる感想ではないと思う。


【勇人】
この日の王様。勇人がいなければ試合にならなかったと思う。
だけど、前半と後半に一つずつあった決定機は決めておくれ・・特に前半・・。

【町田】
前半は勇人と二人でDMFのポジションに。守備に転じた時や、攻守をつなぐプレイに戸惑いを見せて苦しんでいた。正直、前半のジェフがチームとして苦戦していた要因の一つでもあったと思う。
しかしその前半であっても、大塚との連携で攻めに上がった時には素敵なポジショニングで輝きを見せたし、また攻め上がることで攻撃時にボールを引き出すプレイもあった。
後半になって伊藤が入り、町田が前線にあがるとプレイが一気に活性化!やっぱりこっちの方が向いてるんだろうね。・・とはいえ、90分プレイが続かない体力や走力は大きな問題。また、敵にプレッシャーをかけられ、体を当てられると、プレイ精度がいっきに落ちてミスが続くのも厳しい。谷澤や深井のような体幹の強さか、もしくは兵働のような捌きのテクニックで、キープできるようになってほしいなぁ・・。

【大塚】
勇人がこの日の王様なら、彼のもとで前線をしきっていたのは大塚だった。先制点のシーンはもちろんだけど、攻撃時にいいところにポジションをとることでボールをまわし、またパスを出したり個人で突破を狙ったりとプレイのバリエーションも広い。ただ、どうしてもスマートすぎる/キレイすぎる傾向があって、米倉や深井のようながむしゃらさが多少でも加われば・・と願ってしまうのは、サポのヨクバリかもね。
個人的には、ぜひぜひ、来季以降もジェフのユニフォームを着てほしいと願っている。

【戸島】
後半81分からの登場で、実質10分くらいしかプレイ時間はなかったわけだが、何度もポストプレイでボールを納めていた。ボールが高くても浮いてても転がってても、受けて納めて、捌く・・という点では、藤田やオーロイやロボよりもキレイじゃね!?と思ってしまうほど。J2のリーグ戦でどこまでできるかはわからないけれど。
特に終了間際、ロングボールを足元でぴたっ!と吸い込むようにトラップして(偶然!?)、身をひるがえしてのシュート!という流れは見事だった。
とはいえ、背の高さの割にはセットプレイでの強さは見る事ができず、また前線の選手としてはまだまだ存在感が弱く、もしスタメンでプレイとなったら結構試合の流れから消えてしまいそうな感じもある。試合に出る事で学んでいく事も多いだろうから、うん、いっそ次のSAGAWA戦ではスタメンで見たいぞ(個人的願望)。

【オーロイ】
ごめんなさい、ごめんなさい、日本の審判があんなんでごめんなさい。
両肩を敵DFにおさえられ、のしかかられてもノーファウルだなんて。
ほんとにごめんなさい・・。



スポンサーサイト

テーマ:ジェフユナイテッド市原・千葉 - ジャンル:スポーツ


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://khou.blog29.fc2.com/tb.php/1354-cc06c27f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。