Hang Tough
ジェフが好き、旅行も好き、仕事もがんばろう、うん。
プロフィール

khou

Author:khou
本好き、旅行好き。
でもここ数年、ずっと旅行に行けてない・・。

twitter、はじめてみました。

@khou_hangtough



ジェフ千葉_試合情報



ジェフ千葉_試合日程



最近の記事



月別アーカイブ



カテゴリー



ブログ内検索



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ようやく勝ったよぉぉぉおお! な、山形戦!
勝った、勝ったよ、勝ちました!
ぃゃっほぉう!

試合前の勝ち点差は、僅かに2ポイント。
しかもジェフの順位は、プレイオフ圏のはじっこ、6位にはりついている状態。
つまり、負ければ一発で山形に追い抜かれ、しかもプレイオフ圏から転がり落ちるという・・まさに生きるか死ぬかの瀬戸際だったわけで。

Awayの地で、昇格を争うライバルとの直接対決。

大分に敗れ、湘南に引き分けたこの試合、ジェフはぎりぎりまで追い詰められていて、


それをなんとか勝ちました!
スコアは2-0、完封勝利!


いやはやまったくもう・・。
最前線の藤田、そして最終ラインの山口。
この二人の復帰が大きいのは間違いない。二人がスタメンに復帰したことで、ジェフはチームとしての拠り所をもう一度見つけ出したのかもしれない。

シーズン終盤に勝ちきれなくて苦しんでいるジェフは、試合にもやっぱり固さはあったが、
しかしここにきて、これまた何試合も勝てずにもがく山形も、随分と固い動きが続く。
すわ、山形のカウンター!と・・スカパーで試合を見ていて、心臓がきゅん!となっても、飛ばしたクロスは味方の誰にもつながらずに転々としたり。フリーでボールを受けて、やばい!と震えても、そこからの突破やシュートが精度を欠いていたり。
勝ちたいのはどちらも同じ。
お互いに気負い過ぎていた試合は、前半は山形のペースだったかもしれない。

だから、二度あった山形のフリーキック。
どちらかが決まっていれば、試合は山形にがっつりと持っていかれてしまっただろう。

耐えて。こらえて。我慢して。
その粘りが、後半開始早々の竹内のセットプレイで炸裂する。

あの時の、選手の喜びようったら・・!

どれだけの重圧や悔恨を抱えながら、プレイしていたことか。
竹内が両手を広げ、拳を握って、吼える。

ああ、もう。
嬉しくなる。


荒田も「そりゃ決めなきゃダメだろ!」ってチャンスは外してしまったけれど、しかし直後、パスワークから渡邊のクロスにゴール前であわせたプレイこそが真骨頂。ゴールの嗅覚命!な、ハンターらしい得点で、試合を決定づけた。
荒田は・・、そのゴールの嗅覚は天下一品だと思うけれども、
嗅覚の鋭さのわりには点を獲れていないのが、もったいないよなぁ・・。




今節、京都が北九州に敗れ、大分/湘南/横浜FC、それにジェフが勝った。
これで差がまた縮まって、2~5位までは一節の動きでどこが2位になってもおかしくない。悔しいかな、ジェフは勝ち点が1ポイント足りないが。

一方で、山形は直接対決でジェフが退け、追いすがって来る東京Vは徳島に敗れ、ここにきて、プレイオフ圏とその外には、勝利ひとつ分の差が開いた。



残るリーグ戦は2つ。
自動昇格はかなり可能性は低いけれども、全くのゼロではないし。
プレイオフ圏内だって、上位のクラブが90分引き分けでも勝ち上がれるルールなのだから、順位の違いは大きなアドバンテージとなる。
だから少しでも、一つでも勝ち点の積み重ねを目指して、Home松本戦とAway徳島戦。
なんとしても、勝つしかない。


さあ、あと二つ!

スポンサーサイト

テーマ:ジェフユナイテッド市原・千葉 - ジャンル:スポーツ


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://khou.blog29.fc2.com/tb.php/1370-a361e46a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。