Hang Tough
ジェフが好き、旅行も好き、仕事もがんばろう、うん。
プロフィール

khou

Author:khou
本好き、旅行好き。
でもここ数年、ずっと旅行に行けてない・・。

twitter、はじめてみました。

@khou_hangtough



ジェフ千葉_試合情報



ジェフ千葉_試合日程



最近の記事



月別アーカイブ



カテゴリー



ブログ内検索



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

木山監督退任。後任のTDは難航。 ぬぬぅ。
言いたい事は山ほどあるのだけれど、上手く文章にまとまらずに煩悶。
勢いで、ダァーーーーッと書いたら、いつもの3倍くらいの文章量になってしまって、自分でオオオッ!?とびっくり。
ただでさえ、文字ばっかりで長くて、読みづらいblogなのに・・。

ということで、エイヤ!と、言葉が足りない事前提でざっくり書いてしまうと・・。


【木山監督の退任について】
すでにそういうエントリーを書きましたが、オレは続投支持派でした。
木山監督への不満や、指揮官としての勝負運の無さ、その他はいっぱいあると思います。
そしてプロフェッショナルとして雇われている以上、一年間の契約であったのだから、その達成目標(J1昇格)を逃した結論として、退任、は已む無しとも思います。それを「フロントが迷走している」とは思いません。

ただ、ジェフのここ数年のチーム編成、監督選びは、迷走していると思っています。

イビチャは就任期間中にチームスタイルを徐々に作り変えていきました。アマルは、いろんな意味で非常事態だったので、どうこういう事はないと思いますし、それはクゼも同様だと思います。そこから成績低迷を受けて、藁をも掴む気持ちでミラー・・というのも、それ以上それ以外の余地はほとんどなかったんだろうなぁ・・とも想像しています。

しかし。

ミラー監督は、引いて中央で跳ね返す守備。攻めてはワイドに広く選手を配し、ロングボールからスペースを活かして縦に早く攻め上がるサッカーでした。

続く江尻監督は、高い位置での全力ハイプレス、密集を作ってショートパスをつなぎながら敵陣内への浸透を図ります。個人技で輝く選手はいても、守備のリスクヘッジや、攻撃時の精度の問題もあり・・あと、原因不明な極端なまでのAwayでの勝負弱さ・・、シーズン終盤はその戦い方を徹底できませんでした。

去年のドワイト監督は、オーロイの高さと、広く位置をとったワイドアタッカーの速さを活かしたサッカーです。これはオーロイの怪我と共に、最前線のポイントを作れなくなってしまい、限界を示してしまいました。

今年の木山監督は、中盤でのボールキープを軸として、そこから兵働のパス、谷澤の個人技で攻撃のポイントをつくっていくサッカーです。しかし藤田、山口、兵働といった個人の力に大きく左右されてしまったのも事実。

もしこの監督の流れが・・ミラー⇒ドワイト、だったならば。
もしくは、アマル⇒江尻⇒木山、だったならば。
チームの底力は大きく違っていたでしょうし、活躍する選手の顔ぶれさえ、全然違っていたと思います。

極端な例としては、深井。
深井という選手の特徴が輝くのは、敵陣に広いスペースがあり、そこを速さを活かして突き破れる瞬間です。つまるところは、江尻や木山のサッカーよりも、ミラーやドワイトのサッカーの方が、特徴をより活かせると思います。米倉もそうでしょう。


そういう選手達、それぞれの特徴が、縒り合されて一つのチームとして結実する事こそが、チームの熟成度や完成度であり、底力であり、強さだと思います。ジェフが「ぶれている」というのは、そのチームコンセプトに一貫性がなく、しかも大きく異なる方向性の監督をばらばらと起用してきた、という点にあると思います。
深井には申し訳ないのですが、彼の成績がシーズンによって大きく異なる事こそ、わかりやすい事例かと思います。

それを思うと、プロフェッショナルとしての木山監督が結果をもって退任する事には異論がありませんが、しかしそれを踏まえて継続的に発展させるチームの舵取りを、ジェフのフロントがはたしてできるのか?・・と、疑問があります。この点にかんしては、「できるとは思えねーよっ!」と思ってます(苦笑)

それならば、木山監督のもとで彼のサッカーにチームをあわせていく方が、まだ勝算があるんじゃないかしら?・・と思っており。よって、続投を願っていた次第です。


だから。
木山監督の退任は仕方ないけど、でもでも、そうであるならば。
ジェフのフロンは、来年のジェフをどうしたいのか。
どういうチームコンセプトなのか。
そのチームコンセプトを指揮できる監督を招聘できるのか。
ピッチ上で具現化できる選手を編成できるのか。

そういう部分を、フロントに期待・・したいと思います。



【後任のTD・・ということ】
今日のエルゴラによれば、夏から探しているそうだけれども難航、との事。
チームのごたごたや、イメージの悪化は、外から見ていてもわかるけれども、ジェフのフロントが本当にどうなのか・・は、そりゃ「組織の中の人」ではなく「サッカー業界の中の人」でもない以上、まったくわかりようがありません。

ただ。
先に書いたような事を、ジェフの現状を踏まえたチームコンセプトを具体的に進められる人が、強化責任者になってくれる事を、願います。



【関塚監督?というネタ】
鹿島のジョルジーニョ監督が退任!という事を受けて、関塚さんが最有力候補!という今日のニュース。
「そりゃそうだよねー」というのが感想。
ジェフからの監督就任オファーは、ほんとにあってもおかしくないし、あったのかもしれないが、プレイオフ直前の報道は・・ほんとに当て馬にされたんだろうなぁ、と。



木山監督、ほんとにお疲れ様でした。
ほんとにお疲れ様でした。

今年は、楽しいシーズンでした。


スポンサーサイト

テーマ:ジェフユナイテッド市原・千葉 - ジャンル:スポーツ


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://khou.blog29.fc2.com/tb.php/1390-aa44ebdf
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。