Hang Tough
ジェフが好き、旅行も好き、仕事もがんばろう、うん。
プロフィール

khou

Author:khou
本好き、旅行好き。
でもここ数年、ずっと旅行に行けてない・・。

twitter、はじめてみました。

@khou_hangtough



ジェフ千葉_試合情報



ジェフ千葉_試合日程



最近の記事



月別アーカイブ



カテゴリー



ブログ内検索



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

あけましておめでとうございます。 ・・藤田にオファー、大塚獲得、でもまだ助走?
2013年、あけましておめでとうございます。
正月明けて帰省しようと予定していたのですが、どーにも体調が悪くてキャンセルしてしまった自分。
せっかくの連休なのに!
寝正月!

まぁでも、未整理で詰め込むだけの混沌と化していた本棚を大きく整理しなおしてみたり(それでもぐだぐだだけど)、五徳やレンジの上のファンを掃除してみたり、自転車をメンテしてみたり、せっかくだからの大掃除。掃除した後のきれいになった床にごろごろするのは、いいものである(笑)
でもって、ついつい魔がさして、steamにアクセス。
時間泥棒の「シヴィライゼーションV」の新ver.を購入して遊び呆けてしまいました。はい。


まぁ、そんな怠惰な自分の事はともかく。
ジェフですよ、ジェフ!

2010年から数えて4年目となるJ2リーグ。今年こそはぜひともJ1昇格を!・・と願いつつも、しかしG大阪に神戸に京都、さらに戦力を増した横浜FC、小林監督二年目の徳島に、戦力を維持して地力を増した山形、三浦ヤス監督のもとで新生を図る東京Vと、なかなかもって強豪な競合ひしめく昇格戦線、前途多難なことであることよ・・。

いやもう、ホント、昇格したい事ですよ、ええ。
新監督の鈴木淳さま、何とぞよろしくお願い申し上げますです。
個人的にはけっこう期待してます。
新しいジェフが実際にどんなチームになるかはわかりませんが、大宮時代はちょいっと微妙な評価だったかもですが、しかし2012年までの新潟の根幹を作ったのは鈴木監督だったと思うのです。柏に移籍する鈴木大輔しかり、広島に移籍した千葉しかり、矢野やそのほか、そういう選手たちを組み合わせ、その前時代の反町時代とはまた違った新潟の骨格を作ったのが鈴木監督だったかな・・と。

そして大宮時代を見る限りでは、自分たちでボールを動かして攻撃を作っていこう・・という嗜好に思えます。
それはまた木山監督の2012年ジェフの延長線上に位置づけられるものであるでしょうし、兵働(残留してくれれば!)や大塚(完全移籍で獲得決定!)、それに谷澤や町田といった選手たちが活きる方向性でも。

気になるのは、チーム全体をそのような方向性でまとめていったとして。
木山監督の2012ジェフの攻撃において苦しかった点・・
===
・兵働に入った後の攻撃の選択肢は、兵働しだい。
・兵働に入る前の攻撃の組み立ては、谷澤が孤軍奮闘するけれども、連動しきれない。
・兵働に入るか否か!?を、相手に対する選択肢にできない。
・相手チームの弱点に対して、ジェフの強みを当てられない。
・試合中の采配が、(結果論として)機能しきれない。
===
これらを前進させられることができるかどうか。

最後の問題は結果論なところもあるし、相手次第なところもあるので、置いておくとして。
結局のところ、「得点につながる最後の一手」が兵働ありきだった去年のジェフ。肝心要の兵働が、2013年もジェフで戦ってくれるかどうかという大きな問題はあるけれども、もし残ってくれたとしても。そこを前に進めなくちゃいけない。

そこを作ってくれることを祈ります。


なんだけれども。
いやでも、ごめんなさい、あまり新潟と大宮を見ていなかった自分のせいですが・・鈴木監督はその攻撃の肝心要なところを【キーパーソンにおまかせ】にしていた印象が強いのがちょいっと不安。
新潟ではマルシオ、大宮では東。この二人に攻撃のタクトを預けていたチームだったような気がします。
そうはいっても、新潟時代は、マルシオが攻撃を指揮をとりつつも、中盤の底からいい組み立てがあり、さらに矢野が飛び道具となり、堅守をベースに鋭いチームに仕上げていた印象があります。なのでジェフではどうなることか、と。

CF一人の下に兵働を配し、攻撃の全権委任な司令塔にするのか。
それともそこに大塚を配し、彼を中継点として受けてはたいて、中央からサイドからの攻撃を連動させるか。
はたまた町田を配し、ちょっと引いたところから二の矢三の矢をねじこんでいくのか。

この時期はいろいろと想像が膨らみます。


とはいえ。
やっぱり去年の要であった主力(特に兵働)が残ってくれること前提の妄想なんだけどね!



で、その去年の主軸だった最前線の藤田に、横浜FMからオファーが!!!
「横浜 千葉のFW藤田獲り!得点力アップが急務」(スポニチ)

いろいろと事前調査や下準備を終え、横浜FMからの正式オファー!

いーやー!
やーめーてー!
残っておくれーーー!

個人的にはそう叫びたいけれども、しかし藤田も今年の4月で30歳。
サッカー選手としての旬を考えると、J1からのオファーはめちゃくちゃ心悩むところだと思います。
サポとしては残ってほしい。
けれども選手人生を考えるといたしかない。
ぐぬぬ・・。

スポーツ新聞のこの報道だと、藤田が残ってくれる可能性もまだあるとは思うけれども。
彼が抜けたら、最前線のポストプレイから始まる連動が作り直しですよ!
残ってほしいなぁ・・。
(そんな事を言いつつも、ダヴィやレアンドロみたいな絶対的ストライカーの補強も望むのがサポ心だけどね)


そして。
そんな外からのオファーがある一方で、大塚は完全移籍でジェフに加入!
「大塚 翔平選手の完全移籍について」(ジェフ)
「大塚 翔平選手 ジェフユナイテッド千葉へ完全移籍のお知らせ」(G大阪)

改めてようこそジェフへ!
絶対、G大阪に戻ると思ってたからびっくりだよ、嬉しいよ!
それなりに背が高く(179cm)、敵が密集するなかでもワンタッチでボールを回していくスキルがあり、視野も広く戦術センスも高い。しかしチームが劣勢だったり選手間のポジショニングや動きが連動しきれないと、試合の流れに埋没してしまう怖れアリ。足が遅いわけでもない。シュートはそれなりに上手いし強い。がつがつと飢えた感じや華があるわけではないけれど、淡々と、でも気の利いたプレイができる選手。

もし鈴木監督が大宮時代のような布陣を敷くのであれば、兵働(くどいけれども残ってくれれば)、もしくはこの大塚のどちらかがトップ下に入るのだろうなぁ・・と思ってました。
(戸島や町田が、この二人に追いつき競ってくれることはもちろん期待しているけれど)

個人的にはぜひぜひこれからもジェフで!と願っていた選手なので、すげー嬉しい限りです!

完全移籍で来てくれてありがとう。
去年は15試合の出場だったけれども、スタメン~ベンチ~ベンチ外で起用も揺れ動いていたけれども、今年はさらなる活躍を願います。
あのHome京都戦の貴重な一撃を憶えてるよ!


倉田をアタッカーとして覚醒させた江尻がコーチとして戻ってきたのだから、
大塚もまた、"鬼軍曹”江尻の下で、さらに一つ覚醒しておくれ。

改めて。
ようこそジェフへ!



そして気になる他のレンタル組(兵働、武田、荒田、高橋峻希)の去就は未だ定かならず。
兵働がいるといないじゃ全く違うチームになるだろうし。
武田が横浜FMに帰るとすれば、じゃあ左SBは渡邊圭二に頼るのかしら? 実力はともかく怪我は!?
荒田も磐田に戻るのだろうか。他のFW陣とあわせ、補強戦略全体の中で判断なのだろうか。
高橋も浦和に戻ってたとしても・・選手層も、戦術も、かなり微妙。それならジェフで出場機会を!ね!

藤田以外は他クラブからのオファー情報はないけれど、水面下であってもおかしくありません。
(米倉とかね)

オーロイにロボがいなくなり、シーズン途中にレジナルドにミリガンもいなくなったジェフ。
外国籍選手の獲得動向も、どうなっているのか。


新体制の正式発表は1月16日(水)。
つまり、明日からの一週間(1月7日~11日)で、大きな動きが必ず発表されるということです。
その一週間で、2013年ジェフのチーム編成の骨格が見えてくるでしょう。

期待と不安がぐちゃぐちゃになって、それはつまり、わくわくとなって。


さあ、今年もまた、新しいシーズンの開幕が近付いてきます!

スポンサーサイト

テーマ:ジェフユナイテッド市原・千葉 - ジャンル:スポーツ


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://khou.blog29.fc2.com/tb.php/1403-cdbe229c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。