Hang Tough
ジェフが好き、旅行も好き、仕事もがんばろう、うん。
プロフィール

khou

Author:khou
本好き、旅行好き。
でもここ数年、ずっと旅行に行けてない・・。

twitter、はじめてみました。

@khou_hangtough



ジェフ千葉_試合情報



ジェフ千葉_試合日程



最近の記事



月別アーカイブ



カテゴリー



ブログ内検索



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

開幕前の練習試合は、横浜FM戦、仁川コレイル戦と連勝!
連勝!
ったって、メンバーもコンディションもばらばらだけどなっ!
それでもキャッキャと喜ぶにはいい材料じゃありませんか!(笑)

【横浜FM戦】
「2月21日のトレーニングマッチの結果について」(ジェフ公式)
「練習試合の結果 (vs ジェフユナイテッド千葉)」(横浜FM公式)
「横浜の左はハト!空いたスペース占拠」(ニッカン)
「横浜 新加入の藤田が初ゴール!俊輔クロスを頭で叩き込む」(スポニチ)
「横浜M・藤田、俊輔アシストで“古巣”からゴール」(サンスポ)

【仁川コレイル戦】
「2月24日のトレーニングマッチの結果について」(ジェフ公式)

しかし結果を見て思うのは、米倉の好調っぷりである。
明治大学戦で1得点、ちばぎんカップで2得点、横浜FM戦で1得点、さらに仁川コレイル戦でも1得点。
連戦連発ですよ!
少しはシーズンに残しておくれよ!


まずは横浜FM戦。
平日なんで当然見に行けるハズはなく。しかし結果をみると、敵の1本目は中澤に栗原にマルキーニョスに中村俊輔、主力がずらりと並んでいる。ここにジェフから移籍した藤田が加わっているのはちょっと嬉しい。その藤田に点を決められているが、今年はリーグも違うし、それに藤田にはJ1で是非がんばってほしい気もあるので、決められてもちょっと嬉しかったりもする。
それよりも主力で編成された横浜FM相手に米倉が点を奪い、
失点も藤田の1得点で抑え、
主力同士の対決は1-1!
というのが、うん、開幕に向けて期待が高まるじゃありませんか。

2本目は完封で敵を抑え、さらに大塚が得点して1-0。

(意味はないけど)2本合計90分では2-1で勝利ですよ!勝利!



そして昨日の仁川コレイル戦。
韓国鉄道公社を母体にもつサッカークラブで、背中には背番号の下にKTX・・韓国の新幹線のロゴ。
JR東日本を母体の一つにもつジェフとは、日韓鉄道ダービー!

見に行ってきました!

個人的なトピックスは3つ。
===
1:いくら練習試合だからって審判は、ちょ、ちょっとどうだろう・・?
2:某選手は、うん、ごめんなさい、映像とは違ってたね。
3:金のフィジカルすげーーーーーーーー!
===

某選手の事は、開幕前で、フロントとしてはまだ情報を自粛モードだろうから置いとくとして。

練習試合の審判。
審判は、「プレイを流す」と言えば聞こえはいいけれども、実質的にはほとんど試合をアンコントールだったと思う。敵味方共に、そいつぁPKでもおかしくなくね?的なプレイがあったし、でも流したし。後ろからガツンガツン!と当たりに行って削っても流す事が多かったし。突進する選手の足元に(ボールにいっているとはいえ)足をぎゅんと延ばして、ぶつかってもつれて転んでもノーファウルで。
タフで粗いプレイ、というと仁川コレイルの方?って思ってしまうが、昨日に関してはジェフの方が荒かった印象である。
試合としてはそうまで荒れず、そして明確な故障者が出なくて良かったよ・・。


そして昨日の自分の最大のトピックスは金である。
金、キムヒョヌン、すげーよ、フィジカルすげーよ、バチバチだよ!
金と南は、ジェフのバトラーツだよ! 格闘探偵団ならぬ、フィジカル探偵団ですよ!
相手のね、敵のね、仁川コレイルはもう、体は厚いわ背は高いわ・・フィジカルをストロングポイントにしているような選手が多くて。そんなのが、サイドの裏を狙って、驀進!してくるわけですよ、一直線に。そんな驀進してくる敵のアタッカーに対して、金が全力で走って体を寄せて・・というか、あれはもうハリウッド映画のカーチェイスのように、もう肩と肩、体と体が大激突!
ばっちーん! がつん!
見ているこっちに音が聞こえるほどに筋肉と筋肉がぶつかりあって弾けて!
敵も味方も、二人ともに、ばちん!と弾けて転がって・・。でもクリーンな、どれだけ激しくてもまっとうなタックルだったから、二人ともに痛がったけれども立ちあがって、次のプレイに・・そんなシーンがあった。
あれはすごかった!
あんなフィジカルを持つ選手がジェフに、なんて、何年ぶりだろう。

あーゆープレイを見せられたら、金、応援しないわけにはいかないじゃないか!

やっぱり、サッカーの選手ってのは、タクティカルであると同時に、常にやっぱりアスリートだよなぁ・・と、金と南の二人を見ていると改めて思い知らされる。
サッカーは、フィジカルとタクティクスが、車の両輪。強いだけや速いだけ・・じゃダメで、上手いだけ・・でもダメで。その両方が噛み合って融合して、「賢く走って」ナンボのスポーツ。
ラグビーもそうだろうけれどさ。

あれだけのフィジカルをもつ金。
そして南だってかなり体が強い。
そんな二人をライバルとして、井出に町田に伊藤に、佐藤祥、彼らがチャンスをつかむのはかなり大変そうだ。そしてU-18の逸材である、和田に新堀、仲村。彼らもまた小兵ではあるから、そういった選手たちを昇格させるかどうかの判断にも影響しそうな気がする。



で。
実は見落としちゃいけないのだけれども、この目であまり見ていないからなかなか書けないのだが。

大塚である。
大塚翔平 。

彼も明治大学戦、横浜FM戦、仁川コレイル戦と、得点を連発!
個人的にはテクニックがあって視野も広くて、なかなか応援したい選手であるから、ぜひチャンスをつかんでほしいものだ。今年からジェフに完全加入だしね!


みんながんばれ!

スポンサーサイト

テーマ:ジェフユナイテッド市原・千葉 - ジャンル:スポーツ


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://khou.blog29.fc2.com/tb.php/1429-e65a82b4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。