Hang Tough
ジェフが好き、旅行も好き、仕事もがんばろう、うん。
プロフィール

khou

Author:khou
本好き、旅行好き。
でもここ数年、ずっと旅行に行けてない・・。

twitter、はじめてみました。

@khou_hangtough



ジェフ千葉_試合情報



ジェフ千葉_試合日程



最近の記事



月別アーカイブ



カテゴリー



ブログ内検索



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Away熊本戦は、危うさナイーブさを露わにしつつも3-0で初勝利!
勝ったことの無い、苦手、Away熊本戦。
そして開幕札幌戦でのあの「ていたらく」。

お願いなんとか勝っておくれ!と願いつつも、しかし、不安要素は数多く、ましてやスタメンメールを見た瞬間に「兵働がいないぃぃぃ!? ひょうどーーーー!?」となってしまったわけで。

そんなAway熊本戦。
蓋を開けてみればおっとびっくり3-0で完封勝利&シーズン初勝利ですよ!
ぃゃっほぅ!


兵働が怪我で欠場した代わりに佐藤健太郎がスタメン。
チームの守備バランスは、彼の力で大きく改善される。確かに兵働だって守備をさぼるわけじゃないし、彼の得点を狙うパスはジェフにとって欠かせない武器だけど。佐藤健太郎だって、チームを前に推進させる縦パスを入れることができるし、何よりも局面に応じてスペースのケアや、対人守備フォローなど、彼ならではの良さがある。
ましてや左SBは、ポジションに不慣れな金。
ポジショニングや局面判断、細かいパスワークなど、今の彼が苦手とするポイントからピンチが生まれ、そのフォローに山口智と二人、ものすごく活躍していた。

昨日のジェフの勝利の立役者の一人は、佐藤健太郎で個人的には信じてるっ!


そしてケンペス。
初戦の札幌戦では、周囲との動きが噛み合わず、他の選手もケンペスを上手く活かせず、谷澤や米倉とはスペースを潰し合ってしまい、上手くいかなかった試合の象徴のようになってしまった。
そもそも、体がまだまだ重そうだったし。

しかし熊本戦では動き方が格段に改善!
体のキレも・・本調子にはまだまだだろうけれども・・良くなったし、それに何よりも周囲との連動(ポジショニングやスペースの使い方/受け渡し)が見違えるようだった。
本人のコンディショニングの問題もあるだろうけれど、選手同士でのコミュニケーションはもちろん、鈴木監督や江尻コーチがこの一週間でかなりその点を練習したのだろう。

ケンペスが最前線で体をはる事もあれば、引いてスペースを作り、そこを米倉やジャイールが使うシーンもあり。藤田とはまた違うCFとして活躍。彼がさらにチームに馴染んで連携が良くなり、コンディションも本調子になってくれば・・!
楽しみである。

昨日はそのケンペスがなんといっても2ゴール!

1得点目は、ゴール左上を狙って打ったシュートが熊本DFの背中に当たってコースが変わり、ゴール右側に転がり込んだもの。完全に逆をつかれたGK南は、彼がいくら名手とはいえ、ボールを見送るしか他はなく。
ジェフにとって貴重な先制点となった。
そしてケンペスにとっても、かなり気持ちを楽にさせるゴールだっただろう。

ケンペスの2得点目は、ジャイールが南に交代し、そして米倉が追加点を奪ってからのダメ押し弾だった。
佐藤勇人が右サイドでボールを持って、溜めて、敵の意識やポジショニングを右にずらしたところから、サイドチェンジ。それをケンペスが体のバネだけで高く飛んで南に落とす。。
敵ゴール正面でボールをもった南が、自分でも打てる!左にはケンペス!右にももう一人!
そこからケンペスに絶妙なパス。
ケンペス本人も「後は決めるだけ」というキレイな連携だった。


米倉の2点目は・・いやもう、あれはチームを救った得点だったと思う。
ジャイールが敵GKとの1対1を外して少ししてからの約10分間。
ジェフはピッチ上の選手がばらばらになり、ぼろぼろになり、連携も何もなく、「チーム」ではなくなってしまっていた。何度もピンチを迎え、あそこで同点にされていたら・・正直、逆転までいっきにひっくり返されていたと思う。
それがジャイールと南の交代をきっかけに、ジェフがチームプレイを取り戻しはじめる。
パスワークの中から、佐藤健太郎がやわらかい縦パスを入れる。
これを南が受け、敵守備陣の裏に抜け出した米倉にスルーパス。
米倉がきっちり決めたゴールだった。


この米倉の1点で、ジェフは落ち着きを取り戻した。
選手もサポも、いっきに盛り上がり、ピッチ上の動きやリズムがまるっきり変わる。


ゴールの持つ力。
そして決めたのが、米倉。

この二つが、ジェフを立ち直らせたのだろう。




兵働の欠場によってチャンスをつかみ、彼とは違う「良さ」を見せた佐藤健太郎。
スーパーサブ的に大活躍した南。
彼ら二人のスタメン奪取は十分に考えられる。

この日、インパクトを残したとは言い難いが、気合を入れて攻守に走っていた田中佑昌もいるし、伊藤もいる。大塚だって見てみたい。


大きな課題を残したHome札幌戦だったけれども。
熊本戦では、CFと周囲の連携というところで、ひとつ、ステップアップがあった。

悔しい悔しい札幌戦の敗戦も、そうやって乗り越えていくしかない。


さあ、次はこれまた勝利のないAway栃木戦。


がんばれ・・!




※ケンペスや谷澤、南の活躍の理由の一つは、ジェフが良かった、という点だけでなく、
※熊本の守り方がジェフ攻撃陣にかなりスペースを許してしまっていた、という点もかなり大きいよね。
※だから、札幌戦のようにがっちり守られたらどうなるか。
※スペースも時間も、ゆるしてもらえなかったらどうなるか。
※今後のリーグを戦う中で、そこも乗り越えないとね・・。



スポンサーサイト

テーマ:ジェフユナイテッド市原・千葉 - ジャンル:スポーツ


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://khou.blog29.fc2.com/tb.php/1438-424bf97f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。